はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

どこまでがコピペ?(レポート)
考察などの場合、少し変更を加えても元の文章をベースに書いてしまえばコピペにあたるのだとはおもうのですが、
調査課題のような引用がないとどうにもならない場合も、元の文献をベースに自分なりに改良を加えるのはいけないこと(減点対象)なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3,4の再訪です。



>例えば電子書籍の著作権問題について調査せよ。なんて課題がでても自分の場合知識のベースがないので自分の言葉で書くのに限界があります。

まあ,学生レポートというのは,そういうものでしょう。あなただけじゃありません。

>一応今のところ引用した文献を要約したり、統合したりしたりして自分なりにまとめてきたので、まる写しでないにしても文の構成が似ている部分があります。(もちろん自分の意見書く所で他人の意見の構成とかぶっていたらまずいでしょうが)

「著作権問題」なら,まず旧来の著作権の概念をいくつかの文献を読んでまとめます。このとき,それぞれの引用文献の内容ごっちゃにしてはいけません。文章構成を工夫して,「歴史的に著作権が最初に主張されたのは・・・(文献1)。のちにレコードや映画という表現手段が加わったとき・・・(文献2)。国際的には・・・が共通の基準概念といえよう(文献3)。」

つぎに,電子書籍の場合に,あらたに発生した問題を書きます。「しかし,1990年代になると・・・の問題や(文献4),・・・の問題が発生した(文献5,6,7)。大学レポートにおいても,○割ていどがそのような剽窃であるという推定もある(文献8)。それへの法的対応は,アメリカでは・・・(文献9),ヨーロッパ各国では・・・などである(文献10)。日本では,・・・(文献11,12)。」

以上が「事実」の記載となります。このあと,あなたの考察になるでしょう。
「筆者がとくに重視するのは,著作権者の承諾なしにその作品に改変を加えるという問題である。この問題は,パロディストのマッドアマノ氏が,ある写真家が撮影した写真を無断で改変して使用した事件で,日本でも問題性が周知されることとなったようである(文献13)。コンピュータ時代には,このような改変(画像処理)が素人でも簡単にパソコン上で行えるようになったことや,インターネットから「素材」が簡単にダウンロードできてしまうという危険性があると筆者は考える。・・・」

なんてぐあいでしょうか。上に書いたことは,適当に書いただけで,事実を確認したわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。歴史の流れとかについてまで調べようとは思いつきませんでした…
課題をそのまま調べるのでなく派生させていくといいかもしれませんね

ということは事実の部分については、構成同じで他のものをつなげるげて自分なりの構成にしていくのはありというか、普通の学生ならみんなそうやってるということでいいでしょうか?

お礼日時:2010/07/04 21:56

No.3の補筆です。

投稿したあとで,「質問者はこういうことを尋ねたかったのかな?」と思い直すものがありますので,書き足します。あなたがいいたい状況は,こういうものですか?

・自分ひとりの力で考察をしたのだが,文献を調べてみたらすでに他人の論文(鈴木 2004)におなじことが書いてあった。
→職業研究者であれば,他人に先をこされてしまえばプライオリティ(優先権;特許権みたいな権利)は主張できなくなり,論文を発表する意味はほとんどなくなります。しかし,学生レポートであれば,正直に「自分の結果も鈴木(2004)とおなじになった」と書けばいいです。

・自分の考察をするときに他人の意見(鈴木 2004)も参考にしたが,同一ではない。
→「鈴木(2004)は○○における××の効果を認めたが,△△が存在する条件下では効果がないことがわかった」というような流れにします。
→露骨に,「鈴木(2004)は誤りである」「鈴木(2004)には同意できない」と書いてもいいでしょう。

いずれにしても,鈴木(2004)が主張するところを正確に引用し,これとはっきり区別して自分の考察・見解を書く必要があります。ごちゃごちゃにしてはいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます。
質問の趣旨ですが、自分の意見を述べる(考察)ものではなく、
○○について調査しなさい。引用は明記すること。(別の問いには調査した後意見を述べよ。とあったので特に考察メインのものではないと思われます。)
とあったので勉強した事を提出する課題(?)だと思います。(自分の勘違いの可能性もあります・・・)

例えば電子書籍の著作権問題について調査せよ。なんて課題がでても自分の場合知識のベースがないので自分の言葉で書くのに限界があります。
一応今のところ引用した文献を要約したり、統合したりしたりして自分なりにまとめてきたので、まる写しでないにしても文の構成が似ている部分があります。(もちろん自分の意見書く所で他人の意見の構成とかぶっていたらまずいでしょうが)
別に構成崩してもいいですが、結局同じですよね…(笑
もしだめならどういう風に皆さん書かれているんでしょうか?

お礼日時:2010/07/03 22:36

引用には,「他人がえたデータを引用する」と,「他人の考えを引用する」の2種類があるでしょう。



データの場合,もとの数値を改変(改竄)することは不可ですが,一部を抽出して使うとか,自分独自の解析をやりなおすということはありうるでしょう。このとき,「これこれの条件のもとでこれこれのデータが得られた」という部分に注意しないといけません。特殊な条件下でえられたデータは自分用には使えないことがありますし,「」内の但し書きも引用しないとデータだけが一人歩きしてしまいます。

考えの場合,本や論文の記述を自分で要約して書きます。原著者の意図を自分勝手に変えてはいけません。これをしてしまうと,原著者から「曲解にもとづく引用だ」というクレームがつきます(公表される原稿の場合)。

原文の字句どおりに引用するのは,誰かがつくった定義,法律条文,文学作品,古文書などです。これらは,上記の2大別では「データ」のほうに近いでしょう。自分の文章中では,「」でくくる,字体を変える,段落を切って上下に1行ずつあけ引用の各行を字下げする,などの方法で自分が書いた地の文とは区別します。

---------------

以上のいずれの場合も,出典を明示しないと「剽窃」になります。これが発覚すると,たいていの大学では「筆記試験時のカンニング」と同程度の処分(たとえばその学期のすべての履修科目が無効)がなされます。

以上は,教員の指示(授業中の口頭の注意だけでなくシラバスに書いてあることもある)にもよりますので,確認したほうがいいでしょう。
    • good
    • 1

ご質問のやり方を盗用、盗作といい、学者さんがもしやってバレると学界から放り出されます。


特に改変は原著者の人格権にまで触れる最も悪質な行為なのでやるべきではありません。
    • good
    • 0

こんにちは。

文系の大学院に在籍しております。
文献を引用する場合は、原文を改変せず(中略、後略などは可)引用した文献、作者、出版社、出版年を明記するのが原則です。
そのうえで自分の考え(この意見に賛成、反対など)を述べるのがレポートです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポート「剽窃」ってどこまでを言うのか?

今大学一年生なのですが、質問させてください。

レポートを書く上で、「剽窃」がいけないというのは当たり前のことですが、
それはどのレベルまでのことを言うのでしょう?
参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは不可能だと思います。
参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
参考文献の文章をそのままでなく、アレンジしてまとめるのはOKなんでしょうか?
そもそもあまりレポートの書き方がわかりません…。
問題提起→その背景などを参考文献からまとめる→自分の意見→まとめって形でいいのでしょうか?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

 大学教員です。

>>参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは
>>不可能だと思います。

 学生でなくても、研究者ならなおのこと、無理です。どんな短いレポート(短報)でも、先行業績が重ねられきた上に成り立っているわけれすから。

>>参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
>>参考文献の文章をそのままでなく、アレンジして
>>まとめるのはOKなんでしょうか?

 OKです。直接引用ではなく、一人、あるいは複数の人の参考文献を自分で要約したりまとめたりして使うわけですね。
 次のように書きましょう。

 この教絵手の見解を○○○○の視点から要約すると、
・・・・・・・・・・・となる(教絵手 2000 pp123-125)

 あるいは、

 この問題については、教絵手と寓は、正反対の見解を発表している。つまり、教絵手は、○○○○○が問題であると指摘して、△△△△△と主張し[1]、寓は、逆に*****問題について、・・・・・・・・・・と分析している[2]。

(以上、あくまで参考例)

 上掲の○○○、△△△、***、・・・・の部分については、あなたなりの要約、あなたの言葉で参考文献の記述をパラフレーズしたものを書いたらよろしい。その要約のしかたや言い換え方にこそ、あなたの独創性や論理構成力が発揮できます。
 しかし、上の記述でもわかるように、あなたオリジナルの考えではないということは明示し、出典をきちんと書いておかなくてはなりません。
 
 私が回答した次の質問も参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2276708

レポートの書き方については、木下是雄さんの名著をぜひ読んでください。理科系、文科系を問わず「レポートの組み立て方」「理科系の作文技術」いずれも役に立ちます。
 今学期のレポートには間に合わなくても、座右の書として卒業論文を書くまで、いや卒業後もずっと、大変役に立つことでしょう。
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2276708

 大学教員です。

>>参考文献がないと、学生ではレポートを書くというのは
>>不可能だと思います。

 学生でなくても、研究者ならなおのこと、無理です。どんな短いレポート(短報)でも、先行業績が重ねられきた上に成り立っているわけれすから。

>>参考文献の考えをまとめたりするのは必須だと思うんですが、
>>参考文献の文章をそのままでなく、アレンジして
>>まとめるのはOKなんでしょうか?

 OKです。直接引用ではなく、一人、あるいは複数の人の参考文献を自分で要約したりまとめたりし...続きを読む

Q大学の卒業論文について

クズな質問なので真面目な方は無視してください。

卒論にまったく意欲が湧きません。

そもそも書きたくありません。

でも書かないと卒業できないので、とりあえずテーマを決めました。

私の考えたテーマは、所属ゼミの教授の専攻と全く関係ありません。

それに使えるネタをネットで見つけて、それをコピペして、適当に書き直し、自分の言葉も付け加えて、第一章まで書き終えました。

しかし、「引用・参考文献一覧」に、使用した資料のページ数まで示す必要があることに気付きました。

「引用・参考文献一覧」には、コピペに利用したサイトは全て載せる予定です。

当初は、ネットからのコピペを繰り返し、それを打ち直していけば簡単に完成するだろうと考えていました。

でも、私はコピペしかしていないので、「引用・参考文献一覧」に載せる書籍がありません。

ネットで適当に探した書籍の情報と、適当な書籍のページを載せるのはバレる危険性があるのでしょうか?

そもそも卒論で、コピペがバレる理由がよくわかりません。

ウィキペディアの情報をそのままコピペしただけのものならわかります。

でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。

後は、これに適当に探したダミーの資料一覧と、適当な使用ページを書けばバレない気がします。

もし真面目に資料を見つけ、それを参考に書いたとしても、それ自体コピペと大差ない気がします。

資料を参考にして書くなら、それもまったくコピペと同じじゃないですか?

終始クズな質問ですみません。

とりあえず私が聞きたいことは、触ってもいない書籍の情報と、思いつきのページを、「引用・参考文献一覧」に載せて大丈夫かと言うことです。

よろしくお願いします。

本当にクズですみません。

クズな質問なので真面目な方は無視してください。

卒論にまったく意欲が湧きません。

そもそも書きたくありません。

でも書かないと卒業できないので、とりあえずテーマを決めました。

私の考えたテーマは、所属ゼミの教授の専攻と全く関係ありません。

それに使えるネタをネットで見つけて、それをコピペして、適当に書き直し、自分の言葉も付け加えて、第一章まで書き終えました。

しかし、「引用・参考文献一覧」に、使用した資料のページ数まで示す必要があることに気付きました。

「引用・参考文献一...続きを読む

Aベストアンサー

愚かな学生の迷信を打ち砕かせてもらいます.

まず,大学教授というのはよほど愚かでもない限り
自分の精通する分野の文献は目を通すものです.
それが教授の近い分野であっても,やはり目は通します.
(まさか政治学の研究室で量子論をやってるわけじゃないですよね.)
したがって,大学生がネットやアマゾン・図書館などで手に入れられる
書籍は教授もチェック済み,そんなところから盗用したら即座にバレます.

>でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。
>後は、これに適当に探したダミーの資料一覧と、適当な使用ページを書けばバレない気がします。
それがコピペである以上,多少文章を前後させようが,語尾を変えようが見破れます.
現在の文章解析技術は,文章の微妙な言い回しも比較することができ
またそのデータベースも日々進化しているのです.学生の悪知恵で追いつけるレベルではありません.

私も今年の4月に,大学で行われたコピペ防止ソフト講座に出席したばかりです.
(私のところでは,教員には原則防止ソフトが配られるようになっています.)


最後に
学問の世界において,盗用は犯罪行為であり
他人の文章を自分の主張のように書くことは,その原著者の人格を否定する行為に他なりません.
先生がまともな感性の持ち主なら,こんな学生を卒業させません.
(もしこれを学会でやったらよくて村八分,悪くて追放もの)
無論,原著者のわかる「引用」という形でのコピペは問題ないですが
それのみの論文の価値は限りなく低いというのは言うまでもないでしょう.
私が指導教員だったら卒業させられません.

犯罪に手を染めて100%卒業できなくなるか
論文としては3流以下だが万が一の卒業に望みをかけるか
それとも一念発起してまともに仕上げるか

選ぶのは質問者です.

愚かな学生の迷信を打ち砕かせてもらいます.

まず,大学教授というのはよほど愚かでもない限り
自分の精通する分野の文献は目を通すものです.
それが教授の近い分野であっても,やはり目は通します.
(まさか政治学の研究室で量子論をやってるわけじゃないですよね.)
したがって,大学生がネットやアマゾン・図書館などで手に入れられる
書籍は教授もチェック済み,そんなところから盗用したら即座にバレます.

>でも、私はコピペですが一通り文章を全て打ち直しています。
>後は、これに適当に探したダミ...続きを読む

Q卒論の引用について教えてください。

今年、卒論を書くのですが、引用が多いとよくないとゼミの友達にいわれました。

そして、引用を少なくするには、参考文献の言い回しなどを少し変えて自分の言葉にすればいいと教わりました。

しかし、それは、著者の意見をあたかも自分の意見のようにする行為だと思いますので、著作権法などに違反するのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、論文とは何かを確認します。論文とは資料(コーパス)の寄せ集めたものではありません。1次資料と2次資料という段階の人には、わからないと思いますが(笑)。1次資料とは、その当時の資料、また研究者の論文や研究そのもの。2次資料とは、1次資料を基に分かり易く一般に解説したものです。つまり、翻訳された文章は二次資料といっても過言ではありません。
 少し楽しく考えましょう。黒澤明監督の「羅生門」という映画があります。それを500円でDVDとして出した会社が2009年10月7日に最高裁判所で著作権法違反が確定しました。まず、羅生門の原作者は芥川龍之介ですね。それを映画化したものを製作したのが黒澤明です。黒澤明は1998年に亡くなりました。
 まず、そこで論点になったのは何か。芥川龍之介が原作者で彼の死後から著作権保護期間を考えるか、黒澤明監督の死後からかでした。結局は最高裁は黒澤明監督の死後から著作権保護期間を数えるという事でした。
 つまりは、現実問題に1次資料と2次資料とかがあっても誰も気にしません。小説を書いたのが芥川龍之介。映画を製作したのが黒澤明。だから、別のものとして判断している。
 しかし、研究者になりたいなら、先行研究をしっかりしましょう。第一発見者に研究の優先権があります。そのため、第一発見者が亡くなっても、「●●年●●氏によって●●が発見された。」という一文は入れましょう。

 論文の最低条件について。自論や自説を主張できている。自論を裏付け(データー・厚い記述・論理)できているか。データーとは実験や調査の結果。厚い記述は文献で引用して裏付ける。論理とは論証により裏付ける。つまり、3つの証拠のいずれかでないといけない。
 自分の研究結果があたかも一般的に利用できるという展開にしない(オーバージェネラリゼーションは不可)。

 そこで、引用とは何かを明らかにします。引用は〈和辻は「風土」(岩波文庫)によって気候をモンスーン、牧畜、砂漠と分類している。〉などと書くことです。それは、第一発見者への尊敬という事で書きます。
 しかし、論文は資料(コーパス)の集合体ではないと私は説きました。その理由として、資料に頼りすぎている論文は、レポートの類である。レポートは調べたことを報告するものです。だから、レポートとしては認めますが、論文では資料の報告だけでは不可です。
 論文とは、自分で問題を立て、自分の足で調べたデーターについて、世間一般に公表するものです。つまりは、文献など他人の資料に頼って書こうとしないと言いたいです。論文とは基本的には、実験や社会調査など自分の足で資料を集め、分析し結果を出して書くのが基本です。だから、論文の書き方も「実験の目的・実験方法・結果・考察」が基本かと思います。論文を書く前に自分の足で調べる。だから、文献よりは調査の方がイメージしやすく書きやすくなります。どんな風景だったか、地域の方はどういう問題を感じているか、どう歴史的町並みを守ってきたかなど歴史などを思い出しては書くことができるわけです。

 それと「引用を少なくするために、参考文献の言い回しを少し変えて自分の言葉にする」は見当違いです。その方法は何十年も研究しているプロだから成り立つ、経験と学識で書きかえられる事です。大学生が言葉を置き換えるとしても、それに代わる良い言葉や言い換えができるわけがありません。どんどん引用を自分の言葉にして書き換えていくときに、怪しくなるのは「実際にあり得るように空想で書く・浅知恵な事を強気で書くことにより論理的なおかしさを感じる・資料に資料を重ねて意味不明瞭な文章になっている」という三つがあるからです。つまり、(1)思い込みや空想世界の物語を書く、(2)自分の器を相手に見抜かれる、(3)資料の引用を誤魔化すためインターネットの検索上位のサイトの文章の言葉に置き換え盗用が発覚する。それが最悪な方法です。
 ちなみに、(3)を使ったら剽窃や盗用で卒業研究の成績が不可になるばかりか、それ以上の責任を問われます。教授が盗用が発覚したら大学から職を追われます。だから、絶対にしないでしょう。それと、論文にとって(1)は不適切。(1)が得意なら大学を辞めて小説家になるべきだ。

 それと現実問題ですね。論文の中身を確認しないとそれ以上は言えない。まず、私が知りたいのは論文本体ではなく、論文の引用数の総合計です。まさかだと思いますが、文献の抜粋や引用を繰り返して全部他人の文章ですとか言わないでください。それをどうすればいいかが、他人の言葉を自分の言葉に言い換えて書くという言葉の意味ではないですよね。そういう場合は、教授がぎりぎり合格させてやるために考え出した最後の手段ですね。10月中旬でそれだと論文を1から書き直させたら、その学生の卒論が完成しないで未提出になり留年するから。だから、そういう措置を講ずる。
 たぶん、そんな大学があれば教授はいずれか問題になりますよ。

 少し、私の妄想が酷すぎたので話を元に戻します。引用は〈鯖田が「肉食の思想」(中公新書)でキリスト教圏は動物を安楽死することが動物保護だという。〉とかです。その文献が1970年代の物で少し古いです。現在は「動物の権利」が言われ、人間と同様に動物にも生存権があるという考え方です。でも、ペットのみだけど。それが日本の「動物愛護法」のきっかけでもある。
 自分の言葉で言い換えるは、つまりは一言で言い切る姿勢が大事だと私は主張します。それは、一言で要約して書くときには言葉の言い換えが必要です。その場合は必要な箇所のみを要約するのは認められます。それが文献の全体を示しませんが問題ありません。
 でも、自分の言葉に置き換えても、誰が言ったかは明らかにしないといけません。勝手に自分の発見にするのは盗作ですよ。

 最後に論文教本のお勧めです。
伊丹敬之 「創造的論文の書き方」 有斐閣
 その論文教本は対話編と概論編に分かれます。対話編は一橋大学で伊丹氏と院生の対話を会話形式で書いています。暇な時以外は読まなくていい。概論編が他の論文教本よりも具体的に書かれており良い。

 まず、論文とは何かを確認します。論文とは資料(コーパス)の寄せ集めたものではありません。1次資料と2次資料という段階の人には、わからないと思いますが(笑)。1次資料とは、その当時の資料、また研究者の論文や研究そのもの。2次資料とは、1次資料を基に分かり易く一般に解説したものです。つまり、翻訳された文章は二次資料といっても過言ではありません。
 少し楽しく考えましょう。黒澤明監督の「羅生門」という映画があります。それを500円でDVDとして出した会社が2009年10月7日に最高裁判所で著作...続きを読む

Q卒業論文について

現在、卒論の仕上げ段階なのですが、卒論について友人から聞いたことが気になったので質問させてください。
「すでに出版されている著作物の引用をしすぎると後で発覚したときに問題になって、卒業取り消しという場合もある」と聞いたのですが、これはどの程度の引用に当てはまることなのでしょうか?
実際に私は卒論の進め方がいまいちよくわかってなく、文章丸写しというわけではないのですが、引用するということが多くなっています。その場合は、脚注などで参考文献などを示しているのですが、これは問題となる可能性はあるのでしょうか?
担当の教授からは、「私がOKを出してから提出ということになるのだから、問題があればOKは出さない」と言われたのですが、やはり気になってしまいます。

Aベストアンサー

一時期研究室でアシスタントをしていました。

卒論はあくまでも論文、なので自分の主張がなければなりません。引用などは、その主張を証明する為に使うものです。
そして引用はあくまで「引用」ですから、言葉尻を変えていかにも自分の論のような書き方はいけません。

※引用とは・・・
古人の言や他人の文章、また他人の説や事例などを自分の文章の中に引いて説明に用いること。
「古典の例を―する」
gooの国語辞典で載っています。

あくまでも、自分の文章の中に引いて、説明に用いるなら問題はなく、その説明によって自分の論を立証させればいいわけです。

自分の論文の結論部分が引用、じゃ、自分の主義主張がなさ過ぎますよね。引用した著作物の検証になってしまいます。

次に、引用だらけで、自分で検証してない論文もいただけません。「Aちゃんが○○と言ってるから、○○でただしいんだ!」なんて、卒論でもなんでもないです。自分の主義主張を、検証し、正しいものであり、だから自分としてこう考える、というのが論文です。

自分のテーマを掘り下げ、検証しつつそのために使われる引用であれば、量が多かろうが少なかろうが、問題ないと考えます。

一時期研究室でアシスタントをしていました。

卒論はあくまでも論文、なので自分の主張がなければなりません。引用などは、その主張を証明する為に使うものです。
そして引用はあくまで「引用」ですから、言葉尻を変えていかにも自分の論のような書き方はいけません。

※引用とは・・・
古人の言や他人の文章、また他人の説や事例などを自分の文章の中に引いて説明に用いること。
「古典の例を―する」
gooの国語辞典で載っています。

あくまでも、自分の文章の中に引いて、説明に用いるなら問題はなく...続きを読む

Q文章をわずかでも変えれば著作権に抵触しないのか

Wikipediaの文章を無断転載(ちなみに商用利用です)するのは、著作権的に良くないらしいと、OKWaveの過去の質問履歴を見たりしていてわかりました。

ただ、そこで疑問に思ったのが、文章をまるごとコピペせずに自分の言葉で書き直せば大丈夫だという指摘があったのですが。

それは、ほんのわずかでも変えればもう大丈夫なのでしょうか。

例えば、

東京スカイツリーは、東京都墨田区押上にある電波塔(送信所)である。

東京スカイツリーは、東京の墨田区押上に存在する電波塔である。

観光・商業施設やオフィスビルが併設されており、ツリーを含めた周辺施設は東京スカイツリータウンと呼ばれる。

観光や商業の施設、オフィスビルが併設され、周辺施設は「東京スカイツリータウン」と呼ばれている。

2012年5月に電波塔・観光施設として開業した。

2012年5月に電波塔及び観光施設としてオープンした。

こんな変更でも、著作権的にはもう問題なくなるのでしょうか?

「てにをは」をいじくったり、句読点の位置を変えたり、単語を同異義語に言い換えたりしただけで、事実上パクリ同然だとは思うのですが。

アドバイスよろしくお願いいたします。

Wikipediaの文章を無断転載(ちなみに商用利用です)するのは、著作権的に良くないらしいと、OKWaveの過去の質問履歴を見たりしていてわかりました。

ただ、そこで疑問に思ったのが、文章をまるごとコピペせずに自分の言葉で書き直せば大丈夫だという指摘があったのですが。

それは、ほんのわずかでも変えればもう大丈夫なのでしょうか。

例えば、

東京スカイツリーは、東京都墨田区押上にある電波塔(送信所)である。

東京スカイツリーは、東京の墨田区押上に存在する電波塔である。

観光・商業施設やオフ...続きを読む

Aベストアンサー

著作権は,表現の独自性に対して認められるものです。
引例された事柄に関しては,「東京スカイツリー」が,その所在地及び施設の目的,営業内容と運用開始日,建設工事の開始・進行状況に至るまで広範なメディアによって繰り返し知らされた事実であるため,Wikipediaの文章そのものに特段の独自性があるとは認められません。つまり,常識の範囲内の事柄を的確に纏めたと言うだけのもので,文意そのものにも表現にも,これといった特徴が有りません。

『東京スカイツリーは,天空の悪魔を突き刺す槍であり,日本経済の守護神の降臨を促す御柱である』と言うような独自の表現がある場合には,その引用元を明示する必要がありますが,前記Wikiの引用文には文学性も独自性も認められないため,特段の著作権は無いと考えます。少なくとも,法的抗争に至るとは思えません。上記『』内の文章は,私個人の創作です。
私の場合は,自己の著作権について特に争う意志は持ち合わせていませんが。

Q大学のレポートについて

最近、教員たちは
「コピペをしたレポートは論外」などと言うことが増えてきました。

僕は、レポートのコピペは
wikipediaなどで調べたいことをすぐに見つけて
それを写して書く事だと思っていました。

実験のレポートを書くとき、
「○○の原理」の部分は自分で調べて書く事になっているのですが

僕はそこを書く時
たとえば「シーケンス制御の原理」など調べるために
「通信用語の基礎知識」というサイトを使用し、
そこで調べて分かったことを少しずつ文章を変えながら簡潔に
レポートに書き、下に参考としてURLを載せるようにしました。
それを繰り返すようにして書き、きちんとそれぞれの考察も書いたのですが

図や表ので番号の書き忘れがあって返されたときに教員に「コピペっぽいね」と
言われました。

これがネットでなくて本だったら良かったのですかね・・・?

こういうことってコピペなんでしょうか・・・?
調べながらでないと書けないレポートはどうすれば良いのでしょうか?
コピペが駄目なのは分かりますが、
良いレポートの書き方がいまいち分かりません。

アドバイスお願いします。

最近、教員たちは
「コピペをしたレポートは論外」などと言うことが増えてきました。

僕は、レポートのコピペは
wikipediaなどで調べたいことをすぐに見つけて
それを写して書く事だと思っていました。

実験のレポートを書くとき、
「○○の原理」の部分は自分で調べて書く事になっているのですが

僕はそこを書く時
たとえば「シーケンス制御の原理」など調べるために
「通信用語の基礎知識」というサイトを使用し、
そこで調べて分かったことを少しずつ文章を変えながら簡潔に
レポートに書き、下に参考としてUR...続きを読む

Aベストアンサー

え~と、ネットとか紙の本とか、関係ありません。昔も、事典を丸写しにするお馬鹿なレポートや、新書本や専門誌の記事を自分なりに解釈し直して書いて平気というレポートを書いて、ダメだしされる学生はいましたからね。

1次文献、2次文献の区別がつかないのは、研究論文としては最低です。また、原典とリファレンスの区別がつかないのも。

ただ、ご質問内容をみると、そういうことを教えていないみたいなので、そういう大学なら、そういう手法もアリなのでは? 
将来研究者と科学者さんになろうというわけではないんでしょう? 特に、ゼミなどで論文や抄録を書こうということでなければ、先生も目こぼししてくれるのではないかと思います。

一応、書き足しておくと研究論文では、教科書を参考にしてもNGです。学生さんの普段のレポートは、将来、研究論文を書くための練習という側面が大きい大学も多いので、その手の大学だと、かなり厳しく指導されると思います。

Qレポートの書き方/「事実」の引用について

文系の大学一年生です。

大学の授業で「○○という活動について説明せよ」というテーマで2000字程度のレポートの提出を求められたので、その活動をしている団体のホームページを参考にしてレポートを書こうと思っています。

ですが、事実として行われている活動を「説明する」ことが求められているレポートなので、自分の意見(と言うか、まとめ)を書けるのは最後の結論部分くらいで、本論の大部分はそのホームページから得た情報で構成することになります。

アカデミックライティングの授業で習ったように、文章を一字一句変えずに括弧でくくって引用し、その直後に出典箇所を示すような形を取ると、本論部分は、括弧の海の中にわずかな接続詞が埋まっているような酷い状態です。

そこで質問なのですが、


(1)「団体Aは何年にどんな活動を始めた」といった団体に関連する事実、また、「団体Aが活動してるB国はこのような国である」といった一般的な事実についても、いちいち引用の形を取らなければいけないのでしょうか。

「参考文献」の欄にそのホームページについての情報を載せて、本論中ではそれらの事実について自分の言葉で説明してはいけませんか。


(2)普通、書籍から引用をするときは、

田中(2003)は○○について「・・・・・」(p.5)と述べている。

のように書きますが、ホームページの場合、この(p.5)の部分には何を書けば良いのでしょうか。


授業では、ある物事に関する自分の意見を述べるタイプのレポートについての指導しか受けなかったので、「説明せよ」と言われた場合の書き方が分かりません。

回答をよろしくお願いいたします。

文系の大学一年生です。

大学の授業で「○○という活動について説明せよ」というテーマで2000字程度のレポートの提出を求められたので、その活動をしている団体のホームページを参考にしてレポートを書こうと思っています。

ですが、事実として行われている活動を「説明する」ことが求められているレポートなので、自分の意見(と言うか、まとめ)を書けるのは最後の結論部分くらいで、本論の大部分はそのホームページから得た情報で構成することになります。

アカデミックライティングの授業で習った...続きを読む

Aベストアンサー

1 本当に一般的な事実の場合は引用のひつようはありません。ただし、その判断はあなた自身が、もっとたくさんの論文を見ないと感覚的に分からないでしょう。
また、要約の場合、かっこは必ずしも必要ありませんが、引用である以上、参考文献の書誌情報は明示しないといけません。

2 ネット資料の場合は、ページなんてないんですから、参考文献リスト方式の場合は、リストにURLを記載するしかありません。
ただし、PDF形式の場合は、ページ数が示されているので、その場合はページ番号が必要です。

いずれにしても、引用の仕方については、各分野で若干ルールが異なります。参考文献の明示についても、参考文献リスト方式以外に、脚注に記載する方法もあります。

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q卒論、これってコピペ?

卒論が不安です。卒論ってどれくらいレベルが低いと落ちてしまうのでしょうか?

現在卒論を書いている者です。書いている中で、研究テーマの類似した資料を見つけてしまい、それに沿って書いたところが多くあります。もちろん、文章コピぺはしていません。文章の形式もまとめ方もすべて全く違うものになっています。
しかし、今見返しても、調査の対象や着眼点など似ている部分がいくつかあります。

やはりこれってコピペと同様、アウトになってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

大体去年と今年で大きく変わったのはビットコインぐらい。社会が変化しなければ人文も、社会科学も視点は変わり様が無い、理系なら大発見は重力波と中性子星の衝突でその他の日常には何も起きず去年と同じ。あなたは先輩の卒論に眼を通すだけ偉いし、それだけの着眼点の良さがあるから不安に思うのでしょう、それは素晴らしいことではないでしょうか。あなたは全く考えた事が無いでしょうが理工系の卒論で、それも結構有名な私立で数人で一つの卒業研究というのが長いことありました。ここから先を読むとガッカリするでしょうが、大学側は卒論生にはすんなり出て行って欲しいのです、就職が決っている人も多いので企業や役所に謝ることになると就活実績に汚点が残ります、院に決っているなら全面書き直ししても良いですが、教授・准教授は時間の無駄だから新しいテーマを押し付けます。上を見てもきりがないので切りの付いたところで終えるのが上策、気になったら指導教員にテーマを毎年変えて欲しいと言っても構いません、できる学生からのレスポンスはまともな教員なら喜びます、それで腹を立てる様では大学の外、つまり学会・学界へ出ることさえできません。

大体去年と今年で大きく変わったのはビットコインぐらい。社会が変化しなければ人文も、社会科学も視点は変わり様が無い、理系なら大発見は重力波と中性子星の衝突でその他の日常には何も起きず去年と同じ。あなたは先輩の卒論に眼を通すだけ偉いし、それだけの着眼点の良さがあるから不安に思うのでしょう、それは素晴らしいことではないでしょうか。あなたは全く考えた事が無いでしょうが理工系の卒論で、それも結構有名な私立で数人で一つの卒業研究というのが長いことありました。ここから先を読むとガッカリ...続きを読む

Q学部の卒業論文、引用、引き写しなどについて

大学4年で、卒業論文の制作をしているものです。
引用、参考文献について質問です。

ある参考文献から「」をつけてそのままの文章を引用し、文章のあとにすぐ注もつけ、更に最後に参考文献についての詳しい情報を載せるのは引用する際のルールということは知っているのですが、

たとえば、いわゆる"引き写し"と言われる、ある筆者の書いた文章を自分の考えた(自分の蓄えた知識)のように、文章を少しアレンジして乗せた場合、本来はしてはいけないこととは分かっていますが、もしこのような文章を書き、最後の最後に参考文献だけちょこんと載せておく。。。。という場合は、参考文献欄に載せているのだから、安全圏(?)なのでしょうか?それとも、参考文献欄に書いてあるだけではだめで、文章の中で△△氏によれば~~~~~~。と書かなくてはだめでしょうか??

特に、歴史的なことについてはどうしても、本からしか情報収集できないので、引き写しのようになってしまっています。

非常に無責任で、本来はいけないことは分かっていますが、
審査にあたり、セーフかそうでないかを教えていただきたいです。

また、実際、文学部4年生の書く論文は引き写しやってる人の割合大きいのでしょうか?私には、みんながみんなオリジナルな論文を提出しているとは思えないのですが・・・・・・・。

大学4年で、卒業論文の制作をしているものです。
引用、参考文献について質問です。

ある参考文献から「」をつけてそのままの文章を引用し、文章のあとにすぐ注もつけ、更に最後に参考文献についての詳しい情報を載せるのは引用する際のルールということは知っているのですが、

たとえば、いわゆる"引き写し"と言われる、ある筆者の書いた文章を自分の考えた(自分の蓄えた知識)のように、文章を少しアレンジして乗せた場合、本来はしてはいけないこととは分かっていますが、もしこのような文章を書き、...続きを読む

Aベストアンサー

No.1さんの仰る通りなんですが、実際には「本で読んで学んだこと」と「自分で思いついたこと」の区別が曖昧な場合がありますよね。昔本で読んだ事は特に。

そういう場合は、論文の最初に「先行研究」の一覧を載せるのも手です。自分が研究しているテーマについて、先に○○氏はこのようにいっています、□□氏はこのようにしています、というのを一覧にしてまとめてしまうのです。こうすれば少なくとも、盗用する意図が無いことだけは相手にしっかり伝わります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング