プロが教えるわが家の防犯対策術!

干物は危険?

知人から干物は干す過程で酸化が進でいて癌を誘発する危険がある為、
食さないほうが良いというような話を聞いたのですが、
これはどういった種類、状態のものに当てはまりますか?

これまで干物は好物でスーパー等で売られている輸入物、魚種、製法を問わず色々食して
来ましたが安全な物、危険な物の判断がつかない為、現在は控えております

もしご存知の方がおられましたら宜しくご教授下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こちらを見る限り、危険でないとは言い切れません。




乾物と干物

http://ameblo.jp/hm810509/entry-10514319471.html

がん予防のため

http://www.ikumou.jp/kenkou/seikou/gan.html

伝統は常に安全か

http://at5239.agr.ehime-u.ac.jp/gmo1/orig_articl …

自然食は安全か

http://www.kujila-books.com/001-002/04/03-02

これらを参考に、安全か危険か、自分なりの考え方で判断されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

こんばんは



知人の方の話なかなか意味シンですね!
よく考えてみれば、日本人の死亡原因の三大疾病の一つはまぎれもなく癌です。
しかし、とても大事なこと
それは癌の原因物質と言われるタバコといえども絶対ではありません。
国も’恐れがある’との見解です。
まだ、深い深い謎の部分が多いです。

ですから、その方の話はまんざらマトを100%外れてるとは言えません。
小生の友人の癌専門医は人間の肉体の80%は未解明とのことです。
鯖などは鮮度が落ちてくるとアレルギーの原因物質(アレルゲン)が発生します。
それを食するとそれを攻撃する好酸球!のことでは。

白血球の一つ好酸球は細菌を殺す役割です。しかし多すぎると自分自身を攻撃してきます。
これがアレルギーやアトピーの発症です。
白血球のもう一つNK細胞は癌細胞などの異物を攻撃します。
ただしこの時の異物としての判定ができないことがある。
白血球にはその他T細胞やマクロファージなど5つの細胞が組み合わされています。

どうも、バランスが崩れたときに危険な状況になるのではと思います。
ですから、少ないから大丈夫ということでもないです。
    • good
    • 0

その説についていろいろ調べてみたのですが、塩干物とと言われるように、干物には塩分が多いのと干物をよく食べる人は塩蔵品もよく食べるので、あまり厳密に区別できていないようですし、そのリスク差は1.11倍程度なので、果たして意味のある数字なのか疑問です。

空気には酸素が含まれているから、酸化のリスクで空気を吸うとガンになりやすいと言っているようなもので、どんなものでも過度に摂取すると良くないのは当然なので、そんなこと言ってる人もいるなー程度の認識で良いと思います。日本は世界でもトップクラスの長寿国です、今生きておられるお年寄りはそんなものを食べてこられたわけですから。
    • good
    • 0

過度の誇大妄想ですね。


失礼ですがその人は、健康系番組や健康食品が大好きなタイプではないですか。
ハッキリ言って、こんなの気にし過ぎていたら何も口に出来なくなりますよ。
極端に片寄ったり食べ過ぎたりしなければ問題にはなりません。

それこそ、真っ黒焦げで炭化したのだったり、毎食そればかり、もう見るのも嫌だ、吐くくらい食べ続けたらいざしらず、普通に食べている分には問題ありません。

干物や焼き魚の焦げた部分には体内で発ガン性物質に変化する二級アミンとか含まれているけど極々微量です。
大根に含まれる消化酵素がこれらの物質を中和する働きあるので、一緒に食べればいいです。
気になるなら、更に緑茶には抗酸化作用があるから、食後に飲んでおけばいいでしょう。

http://www.health.ne.jp/library/0300/w0305021.html
    • good
    • 1

おそらく誇張された話を鵜呑みにしているのでしょう。


そんなことを言えば呼吸をするだけで寿命が縮みます。
空気中には人間が排出した色々な化学物質や細菌、カビ、ウイルスがいます。
呼吸をすれば吸い込みます=体内に入る=寿命が縮むと考えるのと同じです。

過度の摂取(毎食など)をしないなどちょっと気を付ければ大丈夫な程度の話です。
    • good
    • 0

干物屋に居ました


そんなこと言ったら、私は癌だらけですね(^-^)
確かに天日干しの場合には、多少酸化はすると思います
特に日の強い時に、直射日光を当てると、焼けてしまって美味くありません
そこで店では、夏場は陰干しをしたり、機械干しをします
添加物に関しては、輸入物は知りませんが、味醂干しなど特別な物を除いて、塩しか使いません
干している時間も、3~6時間しか干しません
特に夏場は天日干しの場合には、常に魚の乾き具合を見て時間を調整しています
酸化して体に影響するほど干す事はしません≪そんなにほしたら焼けてしまって不味いです≫
焼けるとは、火を入れて居ないのに、火を通したように白っぽくなった状態を、焼けると言います≪肉を冷凍庫に入れて居て白くなったこと無いですか?あれが冷凍焼けと言う現象です、あれと同じような事が起きます≫
ですからまず冷凍物か≪ほとんどが機械干しです≫日本で加工したものでしたら、添加物も有りませんし安全です≫
スーパーの値札に、添加物として、アミノ酸等と書いてありますが、味醂干し以外は塩と水しか使っていませんので安心してください、
因みに、海水は安全の為とわざわざ汲んで来なくても水と塩で出来るためにに使われていません
烏賊の一夜干しは、開いたら、水洗いをして、そのまま干していますので、塩も使っていません
少なくとも日本産は安全ですよ(^-^)
    • good
    • 1

こんにちは。



 下記サイトをご参照ください。
  http://wellfrog4.exblog.jp/13662560/
  私も、以前、ネットニュースで見て、干物を食べるのを控えています。

では。
    • good
    • 0

>干す過程で酸化が進でいて癌を誘発する危険がある



 失礼ながら、そのお知り合いは何か妙な宗教(健康食品系)にはまりこんでいませんか?
 干物は日本人だけでなく人類が何千年も継続して食べてきたものです。癌を誘発するなんて学説も研究結果も見たことないですし、そもそも癌を誘発するほど酸化がすすんでいたら臭くって食べられません。
 
 「この世に存在するすべての物質は毒物である。それが実際に害をなすかどうかは摂取量による」というのが毒性学の基本です。食べもので安全を求めるのであれば、できるだけ様々なものをバランスよく食す、ひとつのものに偏らない、というのが一番の方法とされています。
    • good
    • 1

>干物は危険?


初めて聞きました、日本はある意味干物文化ですね、
魚は当然ですが、内陸部で食すには干物が最適の食材です。
 知人が言う程危険なら日本人の食生活そのものが
成り立たなくなります。
 知人がどんな方か知りませんが、そのような感覚的発言に
翻弄されてはいけません。
 むしろ何を言っているんだぐらいの気持ちが無いと、
まさか毎日干物を10kgほど食べてる訳ではないでしょう。
笑い飛ばしましょう。
    • good
    • 1

というか普段食べている加工食品の中から発ガン物質が含まれないものを探すほうが難しいと思いますが、「要は過ぎたるは及ばざるが如し」で適度に食している分には問題ないです。


そんな事をいい出したら食塩だって発ガン物質ですし、天然食品だからといって発ガン物質をまったく含まないということも無いです。
魚を焼くと(生魚も)コゲが出ますがこれだって発ガン物質です。
勘違いしてはいけないのですが、発ガン物質=ガン化、ではないですよ。

>知人から干物は干す過程で酸化が進でいて癌を誘発する危険がある為、
>食さないほうが良いというような話を聞いたのですが、

断片的な情報のみであまり惑わされないようにして下さい。
こういう人に限ってヘビースモーカーだったりして(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青魚の干物の体にいいの?

血液サラサラのためには青魚とよく言われています。
その効果は、干物や塩漬け、味噌漬けなどでも良いのでしょうか?
なんとなく、青魚は油が多くて、干物などにすれば、過酸化脂質が増えていそうな気がするのですが、どうでしょう?
干物とかでも、積極的に青魚を食べた方が良いでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 あー 
その辺は勉強中でまだわからないやー
わからないけど干物は過酸化脂質が多いのとプリン体が多いので痛風の人とか高コレステロールの人は避けたほうがよかった気がするので一応書き込み。

Qもやしは生で食べられる?

もやしは生で食べてもいいんですか?今さら聞くのも何なのですが。ナムルなど、シャキシャキ感を残そうとほんのチョッとゆでたりします。皆さんのレシピを見ていると結構茹でていらっしゃるようなので。

Aベストアンサー

おいしいかどうかを別にすれば、生で食べても問題は無いと思います。
特に緑豆もやしは生でも甘みが有り、生に適しているのではないでしょうか。
大豆もやしは少し臭いが有るので、加熱したほうが良いのかも知れません。
でももやしは足が早くて腐敗してくると、根の部分はタンニンに、芽の部分は微青酸に変化するそうです。
こうなるとこの部分を取り除くか、熱を加えないとお腹をこわすかも知れないです。
下のサイトで、一般知識 ⇒ もやしの栄養 と進んでご確認ください。

参考URL:http://city.hokkai.or.jp/~moyasiya/fureme.html

Q酸はプラスチックを溶かすのでしょうか?

料理本を読んでいたら、
レモンの砂糖漬けの作り方の欄に
「柑橘の酸がプラスチックを溶かすので、ガラスの容器で作るべし」と
書かれていました。
ジャムを作る際、
アルミ鍋を使うと果物の酸で鍋に穴があいたりするから避けるべし、
という話は承知していましたが、
プラスチックも酸に弱いというのは初耳でした。
以前読んだ別の本(お酢料理の本だった)には
酢漬けを作る際
「ほうろう、ガラス、プラスチックならOK。金属製は避けるべし」
と書かれていたので、
よくわからなくなってしまいました…。

酸はプラスチックも溶かすのでしょうか?
柑橘の酸なら×で、酢の酸なら○、ということはありえますか?

また、
酸の少ない果物であれば
砂糖漬けにする際プラスチック容器を使っても問題ないのでしょうか?

お詳しい方からのご回答をお待ちしております。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

プラスチック(樹脂)といっても色々な種類のものがあり、どんな物質に弱いかはそれぞれ種類ごとに異なります。また酸も種類によって特徴(腐食性など)が様々です。


レモンに含まれている酸はクエン酸ですね。

家庭用で使われるポリ容器で最もスタンダードなのはポリプロピレンでしょうか。
この組み合わせであれば問題ありません。

容器にプラスチックの名称がカタカナやアルファベットで記されていないでしょうか?
PP(ポリプロピレン)やPE(ポリエチレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)などなど

レモンに含まれている程度のクエン酸で腐食されるのはごく一部の樹脂に限られますのでご安心ください。

ちなみにNo1の方がおっしゃられているリモネンですが、これが腐食する樹脂はポリスチレン(PS)のみですので、これ以外であれば問題ありません。

他にプラスチック容器がガラス容器と比べて問題になるのは、ガスバリア性の違いでしょうか。ガラスはほぼ酸素などの気体を通しませんが、プラスチックは種類によって透過率に違いがあるとはいえ、ガラスに比べると酸素などの気体を僅かに通してしまいます。

ですから密閉保存で数か月、数年と長期間保存する場合はガラス容器の方が風味をより高く保てます。

参考URL:http://www.kyowa-r.com/catalog/proof.html

プラスチック(樹脂)といっても色々な種類のものがあり、どんな物質に弱いかはそれぞれ種類ごとに異なります。また酸も種類によって特徴(腐食性など)が様々です。


レモンに含まれている酸はクエン酸ですね。

家庭用で使われるポリ容器で最もスタンダードなのはポリプロピレンでしょうか。
この組み合わせであれば問題ありません。

容器にプラスチックの名称がカタカナやアルファベットで記されていないでしょうか?
PP(ポリプロピレン)やPE(ポリエチレン)、PET(ポリエチレンテレフタレート)などなど

レモン...続きを読む


人気Q&Aランキング