【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

私は小~中学生の間、親に毎日のように叩かれていました。
私はそれを「虐待」だと思っていたのですが、昨今ニュースで
取り上げられる虐待や、ネットにある虐待の経験談などを読むと
あれしきのことで「虐待」と思っていた自分は甘いのではないかと
思うようになってきました。

・毎日少なくとも一回は叩かれる。
・外に放り出されて玄関に鍵を掛けられ家に入れてもらえなかった。
 子供の私には長い時間に感じたが、せいぜい10~15分くらいだったと思う。
・「おまえなんか産んだ覚えない」「育てた覚えない」「牛や豚でも
 叩かれたら覚える。叩かれても同じことをするお前は家畜以下」
 とよく言われながら叩かれた。
・泣くと「うるさい」といって口をふさがれた。
・「叩いてたらこっちの手が痛い」といって新聞紙を丸めて叩かれた。

細かいことを言いだすと、もっとあるのですが・・・。
これらのことは躾の範疇でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

貴方が親を信頼しているかどうか、です。


大人になった貴方が、困ったとき苦しいとき悲しいときに、親に頼りたいと思えるなら、それは虐待ではないと思います。
実際に頼りになるかどうかではないですよ。
子供が困っていたらなんとかしようと必死になる親だから、あえて頼らないのと、最初から助けてくれるわけないと諦めているのとでは全然違いますから。

生活の面倒さえ見ていれば、それで親の義務は果たしていると考える方も多くいらっしゃいますが、私個人としては、親の最大の義務は「子供に信頼されること」だと思っています。
それをせずして叩くなら、それは親の躾ではないですよ。
言葉通り、家畜としての躾です。

貴方の親は、いざというとき自分の身を投げ出してでも貴方を守ってくれると信じることができますか?
イエスなら大丈夫。貴方は虐待なんてされていません。
でも、ノーなら…他人がなんと言おうと、やっぱり虐待だと思います。

その場合、間違えないで欲しいのは、他のときに優しくしてくれても虐待は虐待だということ。
親がのべつまくなしひたすら子供を苛め続けるのは珍しいんです。大抵、機嫌の良いときは優しくて、機嫌が悪くなると子供に暴力を振るいます。

「生活の面倒を見ているのだから、親は子供を殴っても良い」とか「愛情があれば殴っても良い」などと思わないで下さいね。
虐待された人は、それを認めたくなくて、なんとか状況を肯定しようとします。
そして「殴られたけど、でも…」と必死に親の良いところを探して「虐待じゃない」と思い込もうとします。
しかし、そうやって肯定してしまうと、一番恐い「虐待の連鎖」が始まってしまうんですよ。
「殴られたのは自分が悪いからだ」「つまり悪い子供は殴って良い」
絶対にそんなふうに思っちゃダメですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
信頼しているかしていないかといわれれば、していません。
あえて頼らないのでも、諦めているのでもありません。私にとって親は頼ってはいけない存在です。
「虐待の連鎖」怖いです。こんなにかわいい我が子をあんなに叩いたり蹴ったりすることが
あったらと思うと本当に怖いです。

お礼日時:2010/07/16 21:17

今ならどれも立派な「虐待」ですね。

でも昔、特に昭和の時代はそんなの珍しくなかった
    • good
    • 3

そこまで親を怒らせた原因が、あなたにはないのでしょうか??


ないなら虐待かも知れませんが…。
小中学生だったあなたを知らない回答者には判断出来ません。
『叩かれても同じことをする』とあるので、あなたにも原因がありそうですが…。
普段は勉強出来て、明るい性格であったとしても、家では別人かも知れませんし。
その辺りにも触れて頂かないと、まともな回答は出来ないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他の方のお礼にも書きましたが、叩かれた理由をはっきりと覚えていないのです。
多分妹とチャンネルの奪い合い、ピアノの練習中に余所見をしていた、食事中テレビを見たなど
ささいなことだったと思います。

お礼日時:2010/07/16 21:09

 質問者さん同様虐待されて育ちました。



 これは、立派な虐待です。

 私は自分が産んだ二人の子供と、6人の甥、姪の子守の経験がありますが、「これは良い事なんだよ」「これは悪いことなんだよ」というように短い言葉できちんと目を見て話をすれば、0歳の赤ちゃんでさえ理解します。

 ただ、それでどう行動に移すのかはいろいろで、無視したり、分からないふりをしたり、逆にちゃんと聞こうとしたり、十人十色です。

 昔なら当たり前のことでも、一度も殴られなくても、性行為を強要されなくても、子供が悪い事をしても、躾のためでも、言葉の暴力がなくても、虐待は虐待です。

 子供の心を八つ裂きにし、絶望感を植えつけ、叩きのめす行為は全て、間違いなく虐待です。

 質問者さんは何も悪くありません。

 本来、他の親御さんのように分かりやすく言って聞かせ、抱きしめ、「大好きだよ」と優しい言葉を絶えずかけられ、温かい愛情に包まれて育って当たり前のはずが、未熟な社会と未熟なご両親によって大切な子供時代を台無しにされたのです。


 でも質問者さんと、質問者さんの現在または将来のお子様の幸せのためには、質問者さんの協力が一番必要です。

 関連の本を読むとか、その方面に詳しい人に話を聞くとか、グループカウンセリング(私の市では無料)をうけるとか、たくさんの情報を集めてください。

 質問者さんは被害者で、何の落ち度もなかったし、加害者を許さなくてもいいし、加害者を許してもいいなどがきっとご理解いただけると思います。

 最後に質問者さんに心の回復、安心や納得が訪れますように。

 心からお祈り申し上げます。


 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
カウンセリングを受けたりはしたことないのですが、関連の本などは読みました。
でもそういったものを読む度に、わからなくなるのです。
母を許せない自分が一番悪いような気すらしてくるのです。

お礼日時:2010/07/16 21:01

親父が昔堅気の頑固親父系で、男3兄弟、ケツを叩かれたり締め出しをくらったりした事は結構あります。


でもそれは悪い事をした時だけです。
それ以外の時はたくさん愛情をかけてもらいました。

今も近所でたまに締め出しやゲンコツは見かけるのでそれは躾の範囲と捉えますが、
他は私の中では躾の範囲を超えています。

「あれしき」ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
他の方の回答を読んで、やっぱり「あれしき」だったのではないかと思って
今頭を悩ませておりました。
ますますわからなくなってきました。
愛情・・・かけてもらったのかもしれませんが、覚えていないくらい
そのほかの印象が自分のなかで大きいのです。
被害妄想なのでしょうか・・・

お礼日時:2010/07/16 20:56

毎日一回は必ず良いところを褒められ、また毎日一回は抱き締められたり頬ずりされていたのであれば、スパルタ教育という昔のしつけの範囲かもしれませんね。



ただし、褒めたり、抱きしめたりが無かったとすると、ただの家庭内暴力(DV)ですよ。

人はその親からされたことを子にすると言われます。
DVの伝統を質問者さんの代で断ち切ることができればよいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
抱きしめられたり頬ずりされたりといった記憶はありません。

>人はその親からされたことを子にすると言われます
中学生のとき、授業でこのようなことを聞き、本気で自分には子供を産み育てる
資格がないんだと思い悩みました。
今、7ヶ月の我が子が横で寝ています。この子を育てていくにあたって自分の
幼少の頃を振り返り、思い悩んだわけなのです。
我が子はいっぱい抱きしめて育てたいと思います。

お礼日時:2010/07/16 20:53

親が自らの怒りをぶつけているなら虐待ですが、


叱っているのなら虐待ではありません。

言うことを聞かない年齢ではこれ位当たり前だと思います。

ただ、毎日一回は殴られるというのは行き過ぎのようには思います。
親の話を聞かずに判断はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
母親は「一人目だったし、私も若かったから必死だったのよ~」なんて
笑って言います。私にとっては笑い事ではないのですが。

お礼日時:2010/07/16 20:48

怒られた後で飯を食わしてくれましたか?



何かものを買ってもらいましたか?

そうであれば厳しい躾の範囲です。ご両親の「教養」の程度にもよりますが引用された文面の範囲なら多くの親が使う言葉の範囲でしょう。

その後の質問者様の生活を支えてくれているなら断じて虐待などではありません。

とくにその後食事の世話をしてもらったのであれば・・ここが肝心です・・虐待などと思わず、自分を強くするためにしてくれた事だと感謝せねばなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
食事ですか・・・。食事はさせてもらいました。
生活をさせてはもらいましたが、自分は強くはなれませんでした。
自分なんていなくなればいいんだ、と卑屈になるばかりでした。
でも育ててもらったのだから感謝しなければならないのですね。

お礼日時:2010/07/16 20:45

質問者さんの年代が30代以降なら当時どの家庭でもわりとよくあった光景。


素っ裸で外に締め出されたりしました、今だと虐待って言われるだろうなと思うけど当時的にはありだったんだろうと思っています。
質問者さんにまったく非がないのに叩かれていたなら虐待だけど何か悪さしてだったらしつけの一環。
この辺は子どもでも判断ついているはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は30代半ばです。
非があったのかなかったのかといわれればきっとなにか非があったのだとは
思うのですが、メガネが割れた・鼻血が出たなどのインパクトのあったもの以外は
全く理由を覚えていません。本当にささいなことだったと思います。
判断がつかなかったからこんな年になっても迷っているのです。

お礼日時:2010/07/16 20:40

虐待…かもしれません。



私も親は怖いっていう気持ちは持っていましたが、少なくとも滅多に叩かれることはなかったですし、外に放り出された記憶もありません。

そう考えると、親御さんは一線越えられていたかも、と思われます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む


人気Q&Aランキング