オリンパスのC-2500Lを誤って80cm位の高さから落としてしまって、キズは付きましたが動作等は問題ありませんでした。ただ、ファインダーの見え方と撮影した画像に若干ずれ(画像が若干左側と上側に)が生じていて、以前からある程度ずれるものとは分かっているのですがずれ方が大きくなったようで気になります。
以前は、そこまで気にして見ていなかったので、気のせいなら良いのですが、一眼レフなのでずれることは無いような気もします。もしかして、CCDが若干ずれたとか、このような経験をされた方がいらしたらアドバイスお願いします。

仕様:
型式      C-2500L
ファインダー  TTL一眼レフレックス方式
        視野率95%
モニタ画素数  約122,000画素
レンズ     F2.8~3.9 7群7枚
        (35mmフィルム換算36mm~110mm相当)
測光方式    撮像素子によるTTL中央重点測光方式
        スポット測光

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ファインダー内の反射ミラー、もしくはプリズムの角度がずれちゃったんでしょう。


デジカメではないのですが、ニコンの一眼レフでそういう経験があります。
修理に出して、たぶん微調整で直ると思います。
取付部のゆがみ等、部品交換でもしない限り安く直ります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q測光方式はどう使い分ければ?

キャノンイオスKissデジタルXを使っています。測光方式が三つありますが、どう使い分ければいいでしょうか。

Aベストアンサー

測光方式の違いは、ファインダー内で測光するエリアが違うだけです。評価測光ではフレーム全体の平均から算出された露出になりますし、中央部重点では中央の被写体が適正露出になるように、またスポット測光(部分測光)ではより狭く周りがどんなに明るかったり暗かったりしても、中央にあるもののみで露出が決定されます。それぞれ長所と短所があります。

評価測光は全体的に無難な露出になりますが、やはり限界があります。暗いものや黒いものを画面いっぱいに撮影する場合、暗すぎると破断して勝手に露光量を多くして明るい写真にしてしまいます。画面が明るいときや白いものを撮影するときはその逆で暗くなります。逆光で人物などが真っ黒になるのは、周りの光に影響されてカメラが明るすぎると判断するからです。(ちゃんとプラスに露出補正するクセなどをつければ、逆光のほうがいい写真撮れる事も多いです)

スポット測光(部分測光)は中央以外の明るさに影響されませんから、厳密に露出を決めたいときに重宝します。例えばスポット測光をで人物を測光した場合、被写体の背景が真っ暗だろうと逆光だろうと、測光した被写体が適正露出になります。風景などでも、全体の明るさに影響されずにある一部分を厳密に測光したいことが多いので多用されます。
真ん中に人物がいる場合などは逆光でも露出補正せずとも被写体が真っ黒になったりはしません。しかし基準にしたい被写体がフレームの中央にいるとは限りませんから、まず基準となる部分を測光し、AEロックしてからフレーミングを決めてシャッターを切るというプロセスが必要です。
また、黒い服を着ている人を測光するか白い服を着ている人を測光するか、あるいはアップで、測光する場所が頬か唇か、瞳かでまったく露出がかわります。
頬を測光するのが一般的ですが、それだけでは色白な人でも色黒な人でも、出来上がる写真は同じ肌の明るさになってしまいますから、当然撮る人が表現したい明るさに露出補正して撮影します。

最後に中央部重点測光ですが、これは中途半端でどう使えばいいのかわかりません。昔のカメラは全て中央部重点測光しかありませんでしたので、その方式になれている人も多いので、その配慮で残してあるモードだと思います。

とりあえずなにも考えなくても無難に写るのが評価測光です。特にデジタルの場合はヒストグラムに収まるというのが一番大切で、ヒストグラムに収まってさえいれば撮影後にどうにでも調整可能なので評価測光が楽でしょう。
単に無難な明るさでは満足できず、被写体によってしっかり露出を決めたい場合はスポット測光と露出補正で練習するのもいいと思います。慣れてしまえば、評価測光よりも仕上がりが確実に予想できるようになります。
どの測光方式で撮るにしてもカメラの個性を把握して、その都度露出補正が必要かどうか考えるクセをつけましょう。

測光方式の違いは、ファインダー内で測光するエリアが違うだけです。評価測光ではフレーム全体の平均から算出された露出になりますし、中央部重点では中央の被写体が適正露出になるように、またスポット測光(部分測光)ではより狭く周りがどんなに明るかったり暗かったりしても、中央にあるもののみで露出が決定されます。それぞれ長所と短所があります。

評価測光は全体的に無難な露出になりますが、やはり限界があります。暗いものや黒いものを画面いっぱいに撮影する場合、暗すぎると破断して勝手に露光量...続きを読む

Q200万画素、300万画素、400万画素、正解はどれ?

 少し前のデジカメに関する質問の回答の中で、300万画素は、200万画素に比べて画像が荒くなる、400万画素はCCDが改善されていて良くなってる‥‥と言う意味のお話がありましたが、それを受けての質問です。
 CAMEDIAの2040、3040、4040そして最近発売されたばかりの3100、この4機種を比べた場合にベストバイはどれになるでしょう。
 ちなみに私は2040のユーザーです。

Aベストアンサー

こんばんは。
カメラおたくの一人としての回答をします。
3100は3030がベースボディです。

外部フラッシュの接続端子が省かれているようです。
連写機能も少し落ちるようです。

ノイズリダクション等の処理が加わったようなので
画質に関しては3030より、いいかもしれません。

以前の、一般的な常識のようなことですが、
CCDの大きさが同じであれば、画素数が増えると
1画素の大きさが小さくなるので、1画素あたりの
受光量が減り、ノイズが多くなったり、階調性の
悪さが指摘されていました。

しかし、指摘されていたにも、かかわらず、1/1.8、1/2
インチクラスで200万画素から400万画素まで
増えてきたということは
それだけ、CCDメーカーの製造技術やカメラメーカーの
画像処理技術の向上の裏返しだと思います。

結果的には結局400万画素機が一番無難な気がいたします。
しかし、前述した一般的な内容がうそではないので
現在の最高の技術をもってCCDを作成すれば
400万画素機より、200、300万画素機のほうが
画質はいいと思いますが(CCDの大きさが同じならば)、
メーカー側がそういうふうには製造していないような
気がします。その理由の根拠は値段がそうなっている
からです。画質のいいもののほうが値段は上に
くると思ったからです。

2040ユーザーなら、3100に買い換える
必要性はあまりないような気がするのですが、
A3までプリントする機会が多いのであれば
4040にされてはいかがでしょう。

こんばんは。
カメラおたくの一人としての回答をします。
3100は3030がベースボディです。

外部フラッシュの接続端子が省かれているようです。
連写機能も少し落ちるようです。

ノイズリダクション等の処理が加わったようなので
画質に関しては3030より、いいかもしれません。

以前の、一般的な常識のようなことですが、
CCDの大きさが同じであれば、画素数が増えると
1画素の大きさが小さくなるので、1画素あたりの
受光量が減り、ノイズが多くなったり、階調性の
悪さが指摘されていました。
...続きを読む

QAF。(TTL)位相差検出方式の仕組みを解説しているサイトを教えてほしい。

題名どおりです。
TTL(through the lens)位相差検出方式は一眼レフタイプのボディに多いと書いてあったのですがそれはボディのスペース的に余裕があるからでしょうか?
また、TTLの利点を知っていれば教えてください。

Aベストアンサー

原理については下記URLが参考になるかと

TTL位相差検出のメリット
・撮影レンズによる像を直接使ってピント検出をしているので、ピント合わせ精度が高い。(コンパクトカメラのように別途距離計を持っている形式だと、距離計により距離計測、測った距離分だけ撮影レンズを移動 の手順でピント合わせをします。このとき、距離計に誤差があったり、レンズ移動量と距離の関係に誤差があるとピントずれに繋がります。TTLによるピント合わせでは、この誤差によるピントずれが発生しません)
・ピントずれの量と向きがわかるので、撮影レンズをどちらにどれだけ動かせば良いのかが検出できる。このため、高速のピント合わせが可能。

といったところでしょうか。

参考URL:http://www.pentax.co.jp/ppc/product/pro_d/tech1.html

Q35mm換算36mmと40mmの違い。

35mm換算36mmと40mmの違いを知りたいのです。36mmの場合を15cm×10cmの範囲とした場合に同じ距離でも40mmでは何cm×何cmの範囲が写せるかです。約何倍でも結構です。(40/36=1.11・・・と単純に計算してもいいんですか?)

Aベストアンサー

私も腑に落ちないところがありましたので、あまり正確ではないのですが、愛機NiconCOOLPIX880を使って実験してみました。
18センチの物差しを広角側で画面いっぱい(画面長手方向)に入れたあと、最大ズームにした場合7.5センチほどが画面に入りました。ちなみに、上記デジカメは、8mm-20mm(35mm換算38mm-95mm)の2.5倍ズームレンズです。
18/7.5=2.4となります。プラスチック製の安い物差しのため、両側に約3mmほど目盛りがないところがあるので、誤差を考えると、お考え通り単純計算しても良いのではと思います。ただし、レンズ性能によるので、一概に全てが当てはまるとはいえません(たとえば、魚眼レンズなど)。
また、35mm換算の話ですが、デジカメの受光部は一般的に35mmフィルムの受光面積より小さいので、同じレンズでも、焦点を結ぶ距離が変わります。このため、たとえば、50mmのレンズを持ったデジカメと35mmカメラがあった場合、デジカメではかなりの望遠レンズ、35mmカメラでは人が見たままの大きさに写るくらいのレンズとなります。
レンズから入った光を、点ではなく、面で切り取っていると考えてみるとわかりやすいかと思います。
以上、感覚的な話で申し訳ないのですが、ご参考になりましたら。。。
追伸:レンズで言う、n倍ZOOMというのは、望遠側の焦点距離/広角側の焦点距離の値を言います。たとえば、35mm-70mmのズームレンズの場合、2倍ズームと言います。

私も腑に落ちないところがありましたので、あまり正確ではないのですが、愛機NiconCOOLPIX880を使って実験してみました。
18センチの物差しを広角側で画面いっぱい(画面長手方向)に入れたあと、最大ズームにした場合7.5センチほどが画面に入りました。ちなみに、上記デジカメは、8mm-20mm(35mm換算38mm-95mm)の2.5倍ズームレンズです。
18/7.5=2.4となります。プラスチック製の安い物差しのため、両側に約3mmほど目盛りがないところがあるので、誤差を考えると、...続きを読む

Qピントずれと画素数は関係しますか?

カメラ、撮影に関しては全くのド素人です。絞りとか感度とか、ISOとかの事も良く判らない自分です。
現在キャノンのPowerShotA70(320万画素)を所有しており、旅行に行った時に風景写真を撮るくらいの使い方で「Auto」設定で写しています。いつも思う事は、きれいに写ったと思う写真でもよ~く見ると(パソコンで見ているのですが)ピントがずれている(少しボケている)事です。
自分の腕の無さは承知なのですが画素数が多ければピントずれも無くなるのでは、と思いキャノンのPowerShotG6(720万画素)を買うことにし注文しました。

ところで、今ふと思ったことなのですが、画素数とピンとずれ(ボケ)とは関係が無いのでは?、全くの素人が高価なカメラをを手にするのは無謀では?

そこで質問なのですが、
(1)ピントずれは画素数に関係しますか?(写真撮影の腕前は別として)
(2)ド素人の私にPowerShotG6(720万画素)はもったいないのでは?

皆さんの意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

(1)について、
ピントと画素数とは原理的には関係ありません。
ピントは、レンズを通して受光面(CCDなど受光素子)に達する光の像の状態です。画素数は、その受光素子が受けた光を電気信号に変換して記録する際の、「画素」の数です。
ただ、もしかしたら、画素数が多いと言うことは、価格の高い機種であり、そのような高級機種は自動焦点の機構の精度も良くなっているという相関関係はあるかもしれません。が、原理的には上に書いたように無関係です。

(2)について、
せっかく注文されたのですから、もったいないといわず、もったいなくないように使いこなすことをお勧めします。絞りとかシャッタースピードとか感度とかのことも、基礎的なことは入門書を買ってでも読めばすぐにわかりますので、勉強してみたらどうでしょうか。写真が楽しくなるはずです。

さらに付け加えますと、「ボケ」た画像は、ピントも大きな要因のひとつですが、必ずしもピントだけによるものではありません。例えば、手ぶれでボケる場合もあります。シャッターを押す瞬間に、無意識のうちにカメラ本体を動かしてしまうと、それによってぶれます。これは初心者には結構多いです。慣れれば、カメラを固定したままシャッターを押せるようになります。また、悪条件下では、三脚や一脚を使って手ブレを防止することもできます。ピントがずれているのか、手ブレなのかは、慣れれば画像を見て区別も付きます。

(1)について、
ピントと画素数とは原理的には関係ありません。
ピントは、レンズを通して受光面(CCDなど受光素子)に達する光の像の状態です。画素数は、その受光素子が受けた光を電気信号に変換して記録する際の、「画素」の数です。
ただ、もしかしたら、画素数が多いと言うことは、価格の高い機種であり、そのような高級機種は自動焦点の機構の精度も良くなっているという相関関係はあるかもしれません。が、原理的には上に書いたように無関係です。

(2)について、
せっかく注文されたのですから...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報