「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

もし暴漢や強盗に襲われた時に催涙スプレーをかけたら犯罪になりますか?また催涙スプレーの所持は違法なのでしょうか?

A 回答 (6件)

催涙スプレーは「使用方法」では「第三者」に損害を与えます


その場合は「傷害罪」として処罰されます。

私の場合は「特殊警棒」を携帯しています。
これはきちんと「登録」して「業務上必要」と判断され「許可」されました。

>もし暴漢や強盗に襲われた時に催涙スプレーをかけたら犯罪になりますか?また催涙スプレーの所持は>違法なのでしょうか?
犯罪にはなります、しかし「凶器」所持の場合に限られ、素手の相手の場合は「過剰防衛」となる可能性があります。
最高裁での判決はありますが、「絶対」にその判決を守る必要がありませんから「警察官」の判断となります。
催涙ガスは「暴発事故」が多々あり、気温でも膨張して噴出してしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうます。

お礼日時:2010/09/09 11:02

所持に関しては必ず違法になるわけではないし、必ず違法にならないわけでもありません。



最高裁では
「護身用に販売されている比較的小型の催涙スプレー」で、
「健康上の理由からしていた深夜のサイクリングに携帯すること」
は社会通念上相当な理由として認められるとして無罪となりました。

なので、普通に昼間に大通りを通ったり電車に乗るときに携帯することまでは認めていませんし、
たいした理由が無く深夜にうろつく場合も認められない可能性があります。


暴漢や強盗に対しては正当防衛が認められる可能性が高いですが、
場合によっては過剰防衛で犯罪になることもあります。
    • good
    • 2

補足です。

最高裁で軽犯罪法に触れないとした判例です。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_i …
    • good
    • 0

今の日本では「護身」の目的で武器を隠して持ち歩くことは「軽犯罪法」に抵触します。

ただし、現金輸送等の仕事に携わる人など、犯罪に遭う確率が高い人は正当な理由があると看做されます。
珍走団などが抗争相手から身を守るために持ち歩く、ということは正当な護身の目的とはみなされません。
また、暴漢や強盗に襲われた時に使用する場合、正当防衛との兼ね合いが問題となります。世間では正当防衛の概念が相当ゆるいようですが、実務上は正当防衛の要件は相当厳しいものです。催涙スプレーは下手すれば相手を失明させたりする恐れもありますから、下手に使うと過剰防衛、または防衛すら認められず傷害罪に問われることも考えられます。
    • good
    • 3

催涙スプレー自体の所持については、違法とは言えません。


軽犯罪法に違反するとした判決を、無罪とした最高裁判決もあります。
強盗などに襲われた際に使用しても問題ありません。

それより、風向きなども考慮しないと自爆する可能性もありますが。
    • good
    • 0

>もし暴漢や強盗に襲われた時に催涙スプレーをかけたら犯罪になりますか?



その場合は正当防衛が認められますので罪にはなりません。
(当然正当防衛自体を立証しないとダメでしょうが)
ただし、その際に無関係な人を巻き込んだ場合は障害行為として扱われる可能性
がありますのでご注意下さい。

ネット上での情報で情報の確度としてイマイチですが、満員電車の車内で痴漢を
撃退しようと催涙スプレーを使用した際に周りの無関係な乗客を巻き込んだとし
て傷害行為として警察に扱われた事例があったとのことです。

>また催涙スプレーの所持は違法なのでしょうか?

ポケットに催涙スプレーを入れていた男性が書類送検された事がありますが、2009
年に最高裁判所で無罪が確定、催涙スプレーの携帯だけでは直ちに違法となるわ
けではないとの認識を示した事例があります。
この事から単純所持だけで違法とは言えませんが、一部の自治体では有害玩具指
定をしているため、警察からの職務質問を受けた際に発見されると軽犯罪法違反
や条例違反の疑いをかけられる可能性はありますのでご注意下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q催涙スプレーはむしろ相手を逆上させる?

こんにちは。防犯グッズの一つに催涙スプレーがありますよね。 目は急所なだけに 効果は高いと思います。しかし、↓は 催涙スプレーではありませんが、法律のカテで 突然 暴漢から襲われた時、目を狙うのはむしろ危険だという指摘がありました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6397229.html


ということは、催涙スプレーもむしろ相手を逆上させるのでしょうか?私は 普通は目を狙われたら 激痛のあまり 一時的に戦意喪失すると思うんですが、 爆発的殺意を抱くというのは 相当な強者か怪物でしょうか。

Aベストアンサー

>ということは、催涙スプレーもむしろ相手を逆上させるのでしょうか?

 リンク先の質問、回答を読みました。

 <目を狙うのはむしろ危険>という指摘は
「過剰防衛」になる恐れがあるという指摘であって
「相手を逆上させる」からではありませんよ!

 それに逆上しようにも目が痛くて
戦意が消失すると思いますが・・・

Q過剰防衛で相手を失明させたら

例えば街で暴漢から襲われ、逃げ場がなくなり相手に反撃して相手を失明させても正当防衛が認められれば、刑事・民事的にも一切責任は負わされませんよね。しかし、正当防衛が認められず、過剰防衛にされた場合は、刑事的には処罰が軽いかもしれませんが、相手からは莫大な慰謝料を請求されるんでしょうか?

Aベストアンサー

暴漢から襲われた人をAさんとします。
これはホントにケースバイケースでどうなるのかは一概に言えませんが、Aさんが女性の場合は正当防衛が認められる確率が高いですが、男性だと、過剰防衛どころかAさんが一方的な加害者に扱われかねません。しかし、暴漢が両眼を潰され、Aさんがそのまま立ち去り、目撃者もいなければ、Aさんを割り出すことが難しくなります。何しろ、警察のモンタージュ写真でAさんを割り出すことが不可能になります。それにしても、こういう場合、暴漢がその後どういう行動に出るでしょうかね。恐らく、誰かに助けを求め、自分が逆に暴漢から一方的に襲われたようなことを言うでしょうね。恐らく、失明した暴漢を助けた人が警察に通報するでしょうけど、そもそも殺人ではないので警察も真剣に捜査するかは疑問です。繰り返しますが、Aさんがそのまま立ち去ればAさんを割り出すのは難しいですが、ご質問のケースはではAさんが男性で警察で特定され、体格的にも暴漢と大きな違いがなければ、Aさんが一方的な加害者にされかねないことです。しかし、暴漢が連続通り魔の犯人だとしたら、Aさんが過剰防衛だとしても、暴漢の取調べと懲罰が最優先なので、Aさんへの慰謝料など後回しになります。恐らく、懲役を食らえば服役中に民事訴訟を起こすのは事実上不可能に近いので、刑期を終えてから訴訟を起こすことになるでしょうけど、それでは、訴訟の時効を過ぎているかもしれません。それに、訴訟を起こしても棄却されるでしょう。

それから#5のお礼で書かれた銀行強盗を失明させた行員ですが、銀行強盗は非常に重大な犯罪です。その行員は正当防衛が認められる確率が高く、仮に過剰防衛だとしても強盗を私人逮捕した功績も考慮され不起訴になるでしょう。この場合、強盗は強盗未遂罪で警察に現行犯逮捕されます。この時点では警察は行員を任意の事情聴取を求め、その上で調書を取り、検察に送検しますが、検察が過剰防衛と判断し傷害罪として起訴し、裁判で行員の有罪が認めなれない限り、行員が責任を負うことはありません。もっとも、検察が起訴する可能性は極めて低いですけどね。#6さんの仰る“「はじめから目を潰す目的で目を潰そうとしているわけでして、しかも武道の心得があるとくれば「他にいくらでも方法があったのではないですか?」”ですが、先ほど書いた行員の傷害罪の
裁判が万が一実現した時に検察側が主張するでしょうけど、この裁判自体 行われることは可能性が極めて低いと思われます。強盗側が慰謝料の民事裁判を起こすとすれば、刑期を終えてからになるでしょうけど、
棄却される可能性が極めて高く、控訴してもほぼ100%敗訴します。
それに、銀行強盗するくらいだからお金に困っているんだろうし、その上めくらでは何も出来ませんよ。誰も、そんな人の弁護士になる人はいませんよ。

暴漢から襲われた人をAさんとします。
これはホントにケースバイケースでどうなるのかは一概に言えませんが、Aさんが女性の場合は正当防衛が認められる確率が高いですが、男性だと、過剰防衛どころかAさんが一方的な加害者に扱われかねません。しかし、暴漢が両眼を潰され、Aさんがそのまま立ち去り、目撃者もいなければ、Aさんを割り出すことが難しくなります。何しろ、警察のモンタージュ写真でAさんを割り出すことが不可能になります。それにしても、こういう場合、暴漢がその後どういう行動に出るでしょうか...続きを読む

Q催涙スプレーの携帯は違法なの?

過去の質問に催涙スプレーの携帯は違法だとありました。
納得がいきません。なんで一般的に販売されている商品の携帯が違法なのでしょうか?

これではショップで購入し自宅に持ち帰る際に職質されたら逮捕という道理になってしまいませんか?

また催涙スプレーの定義を教えて下さい。自分でカラシやなどの香辛料を調合したものも対象になるのでしょうか?

※ここでは行使ではなく携帯だけで考えて下さい。

Aベストアンサー

>過去の質問に催涙スプレーの携帯は違法だとありました。

私が知っているのは、「違法だとの疑いによって取調を受けた」
という質問だけですが…

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1597874
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1621834
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1624553

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1597874
では、私も回答を書いていますんで、ご参考まで。

Q因縁をつけられた時… 催涙スプレーは違法?

皆さんに質問です。
僕は、大学生 男で、よく自転車旅行など自転車で遠出をします。
左右確認、車・歩行者に警戒をはらうなど、自転車好きとしてエチケットに心がけていますが、最近路上駐車している車に服がかすりワックスがはげたので弁償しろ と因縁をつけられる出来事がありました。
因縁がつけられないようにより気をつけるのが一番であるとは思うのですが、似たような場面に出くわしてしまった時の対処法を模索しております。
旅行中、やも得なく治安の悪い所・人手の少ないところを通ることがあるもので…
なお、今のところ
治安の悪い所に行くときは催涙スプレーを携帯するよう心掛け、万が一絡まれた場合は、第一に逃げる。
もし逃走が阻まれ、胸倉をつかむなどの接触があった時は相手を不安を覚えさせるような仕方でつきまとった者と相手を認識し、暴力をふるわれると判断。 携帯している催涙スプレーを噴射し逃走を図る。 以後必要に応じて警察に連絡。 
が一番穏便かつ後々面倒が少ないのではないかと考えています。

しかし、このような場合の催涙スプレーの携帯は軽犯罪法に引っかからないのか。
催涙スプレーの使用は常識的に正当防衛範囲内か。

この二点がひかかっています。この件についての回答に自身のある方、お答えいただけないでしょうか? どうぞ、よろしくお願いいたします。

皆さんに質問です。
僕は、大学生 男で、よく自転車旅行など自転車で遠出をします。
左右確認、車・歩行者に警戒をはらうなど、自転車好きとしてエチケットに心がけていますが、最近路上駐車している車に服がかすりワックスがはげたので弁償しろ と因縁をつけられる出来事がありました。
因縁がつけられないようにより気をつけるのが一番であるとは思うのですが、似たような場面に出くわしてしまった時の対処法を模索しております。
旅行中、やも得なく治安の悪い所・人手の少ないところを通ることがあるも...続きを読む

Aベストアンサー

まず、正当防衛が成立するためにはいくつかの要件があるのですが、
「やむを得ず」した行為であることも欠かせない要件の1つです。

なので、「ここまでならやっても大丈夫」なんて情報をもらっていて、
そのとおりやる、なんていう冷静な判断ができるようだと、
正当防衛とは認めてもらえない可能性があります。

正当防衛の問題というのは、言ってみれば
「ここまではやっても大丈夫です」ではなく、
「ここまでやってしまったけど、大丈夫でしょうか?」という話なんです。
(この2つのニュアンスの違い、分かりますよね?)

なもので、

>催涙スプレーの使用は常識的に正当防衛範囲内か。

まさにそのときの状況による、としかいえないです。
私、催涙スプレーがどの程度人に害を与えるものか知らないのですが、
胸倉捕まれたとしても、そんなもの使わなくても逃げられる状況もあれば、
(相手が自分より強そうで)にっちもさっちも行かない状況もあるかもしれません。

回答の順序が前後しますが、

>このような場合の催涙スプレーの携帯は軽犯罪法に引っかからないのか。

これも、まさに「催涙スプレーってどんなもの?」によります。
軽犯罪法1条2号にいう「他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」に当てはまるかどうかで、
当てはまれば隠して携帯していればこの条項に引っかかるでしょう。
疑いを持たれて警察に職質された、と言う話はこのQ&Aでも出てきたことがありますが、
携帯スプレーかそうでないかというよりも、個別に該当性を検討されるものだと思います。
(ちょっと目が辛くなるものと、失明の危険があるものとでは、やはり違いがあると認められるでしょう)

ちなみに私が聞いたことがある自己防衛手段は、
・何かでかい音を立てる(女性用の防犯具にそういうのあったはず)
・「火事だ」と叫ぶ(ただ、今では通用しないかも…)
です。

まず、正当防衛が成立するためにはいくつかの要件があるのですが、
「やむを得ず」した行為であることも欠かせない要件の1つです。

なので、「ここまでならやっても大丈夫」なんて情報をもらっていて、
そのとおりやる、なんていう冷静な判断ができるようだと、
正当防衛とは認めてもらえない可能性があります。

正当防衛の問題というのは、言ってみれば
「ここまではやっても大丈夫です」ではなく、
「ここまでやってしまったけど、大丈夫でしょうか?」という話なんです。
(この2つのニュアンス...続きを読む

Qしつこいナンパ男に、催涙スプレーをかけたら、過剰防衛ですか?

しつこいナンパ男に、催涙スプレーをかけたら、過剰防衛ですか?

Aベストアンサー

過剰防衛には当たらないと思いますが,過剰避難にはなるかもしれません。

刑事事件としての【正当防衛】は刑法36条1項に,【過剰防衛】はその2条に規定があります。

刑法
(正当防衛)
第三十六条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

過剰防衛はその反撃が「防衛の程度を超えた行為」というだけで,侵害行為の定義は変更されていませんので,過剰防衛が成立するには侵害行為も正当防衛が成立するものである必要があります。正当防衛の要件として「急迫不正の侵害に対して」というものがありますが,ご質問では不正に侵害に対抗するために催涙スプレーが準備されているので,「急迫」という要件から外れます。このことから,正当防衛にも過剰防衛にも当たらないと解されると思います。

ちなみに刑法37条には,緊急避難というものが定義されています。

(緊急避難)
第三十七条 自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。
2 前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

正当防衛には「急迫不正の侵害」が必要ですが,緊急避難の反撃は「現在の危機」に対するものであり,急迫性は求められていません。また,相手方の行為が侵害行為である必要もありません。催涙スプレーの使用が「やむを得ずにした行為」に当たるのかどうかが問題になりますが,相手方が行く手に立ち塞がる等してあなたがその言動に畏怖した場合には,情状判断により認められるかもしれません。

とにかくその辺りは情状がどうであったか,弁護士がどう動くか(刑事事件ですので弁護人が付きます)によりますので,可能性はあるけど断定はできないということになります。安易に行動しないほうがいいでしょう。

過剰防衛には当たらないと思いますが,過剰避難にはなるかもしれません。

刑事事件としての【正当防衛】は刑法36条1項に,【過剰防衛】はその2条に規定があります。

刑法
(正当防衛)
第三十六条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

過剰防衛はその反撃が「防衛の程度を超えた行為」というだけで,侵害行為の定義は変更されていませんので,過剰防衛が成...続きを読む


人気Q&Aランキング