MLBとNPBの理想。
個人的にですがMLBはもうニチーム増やして一地区四チーム。そうなればワイルドカードが無くなり一位だけがプレーオフに進めます。増やす場所はニチームともカナダで。プレーオフは最初がニ勝、リーグチャンピオンシップが三勝、ワールドシリーズはいつも通り。NPBは四チーム増やして一地区四チーム。クライマックスを無くし、各四地区の一位同士がリーグチャンピオンシップを三勝制で。日本シリーズはいつも通り。皆さんはどんな理想があるのか教えて下さい。今書いた僕の理想の意見でも構いません。ヨロシク!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アメリカ球界には興味がないので、よくわかりません(すみません)。



日本に関しては、仰る通り、8チームずつで両リーグ2地区4チームずつというのが理想だとは思います。ただ、日本の人口や景気動向を考えると、かなり難しいと思います。
なのでいっそ、パ・リーグだけ8チームにして、セとパで違うというのも面白いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

>増やす場所はニチームともカナダで



かつてモントリオールにエクスポズと言うチームが
ありましたが年間の観客動員が70万人台と散々な状態が
続いていたのでアメリカへ移転したのがナショナルズだったと
記憶してるんですが・・・

現実的ではないと思います。ただでさえカナダは人口少ないし・・・

個人的にはMLBは24くらいに減らして前みたいに1リーグ2地区制
のほうがいいですね。チームが多すぎて覚えるのが大変だし、
よっぽどアイデアがないのか、できて間なしのチームのロゴの
デザインがそろって最悪。
MLBってよく2,3年でチームのロゴを変えたりしますが、
ここ10数年で見ても変えてカッコよくなった、と思えたのは
マリナーズとアストロズくらいか・・・

NPBは選手(主力級)の年俸が5,000万くらいに下がったら
可能性はあるでしょう。新潟とか呼びたそうですし。
いまの主力の年俸って完全な”どんぶり”状態ですよね!?
明確に基準があるわけでもなし・・・
今はほとんどが人口100万人以上のところばかりにあるので
金銭面で何とかなれば、人口50~100万人あたりの都市では
可能性はあると思います。いまのCSは賛否両論あるでしょうが、
興行面ではうまく行ってる(球場は常に満員、しかもホームは
シーズンの1,2位の本拠地)ので、今のまんまでもいいと思います。

あくまで個人的な意見ですが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセリーグの優勝チームはペナントレースを勝ったチーム、それともプレーオフでセリーグ代表になったチーム?

プレーオフはよくわかりません。一年もかけてペナントレースを戦ってかなり差がある三位の中日が勝つ可能性は十分あります。そこそこ調子よければ三位でも優勝可能です。経営難のパリーグがするならわかりますが、人気のセリーグまで同調するとは・・・ 客は入るだろうけど、客が入ればいいのかなあ? 筋が通ってない。
ところでいまデッドヒートを巨人と阪神がやっていますが、プレーオフで中日がセリーグ代表となった場合、中日がセリーグの優勝チームとなるのでしょうか? それともペナントレースを勝ったチームが優勝チームなのでしょうか? もし後者であった場合はある程度理解できます。プレーオフはあくまで日本シリーズのセリーグ予選と思えばわからなくもないから・・・

Aベストアンサー

No.1です。

>パリーグは当初、パリーグの優勝チーム決定もプレーオフで決めていたような気がするのですが

その通りです。2004年から始まったパのプレーオフはリーグ優勝を決めるものでした。
その結果、2004年は西武、2005年はロッテがペナントレース2位から優勝し、ソフトバンクは2年連続で
プレーオフ第2ステージで敗れています。
それを受けて2006年は1位チームに1勝のアドバンテージが与えられるようになりました。

そして昨年はセでも導入となり、名称もクライマックスステージとなります。
さらに今年は第2ステージでの優勝チームへの1勝のアドバンテージが復活。
当然、昨年巨人が第2ステージで敗れたことが大きく影響しています。

このように毎年変更されている制度なのでまだまだ改善の余地は多いです。
特に今後、3位のチームの勝率が5割を切るようなことになればまた議論を呼ぶでしょうね。
12チーム中6チームが進出できるというのは、144試合ものペナントを軽視し過ぎていると自分は思います。

QMLBとNPBではどちらが強い?

WBCでは我らが「侍ジャパン」がめでたく連覇を果たしました。野球の本場アメリカや大リーガーを多く抱える国はあのていたらくです。

 昔は大リーガーはパワーもスピードもテクニックもあって、日本人選手よりも一枚も二枚も上だと思っていました。仮にガチンコでやったらMLBが大きく勝ち越すであろうと予想していました。

 しかし二度もあの醜態を見せられては大リーグの実力にはクエスチョンマークがつきます。その点、やはり日本人はやるときはやると誇りに思います。はたして近年ではガチンコでやったらMLBとNPBではどちらが強いのでしょうか?

Aベストアンサー

全てのMLB・NPBクラブチーム42チームで一年間戦えば上位はMLBのクラブチームになってしまうと思います。

「MLB-日本人」と「NPB+日本人メジャーリーガー」で戦っても100試合くらいやればハッキリ「MLB-日本人」のほうが強いという結果になると思います。

QMLBとNPBの投手

去年活躍したカープの野村祐輔投手と、日本ハムの吉川光夫投手の身長177cmというのは、NPBの投手としては長身に入ると思うんですが、MLBの投手として見れば、標準になってしまうのですか?

Aベストアンサー

プロの野球選手ともなればみんな背が高いのです。

177cm程度ではNPBですら標準扱いですよ。とても長身とは呼べません
MLBなら標準以下で、小柄な選手扱いされるでしょう


最新のデータは知りませんが
NPBの選手の平均身長は180cm前後くらいです
MLBになると186cm前後くらい、投手に限定すれば188cm前後になります


177cmでは平均よりやや下くらいで、全然長身とは言えないことが分かりますね。

NPBでも田中将大(188cm)レベルになって初めて長身と言われるのですよ

その田中もメジャーに行けば標準扱いで、
ダルビッシュ(195.6cm)クラスでないとMLBでは長身扱いしてもらえません

QMLBとNPBの選手名鑑について

MLBとNPBの選手名鑑で、それぞれおすすめのものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 自分としては…

 メジャーリーグ…メジャーリーグ・完全データ選手名鑑(廣済堂)
自分の中では情報量ではこの本が一番だと思っています。過去の成績や対左右打率や持っている球種など結構データが載っています。欠点としては、主力選手にページを割きぎて控え選手が網羅されてないことと、比較的最近のトレード情報(サンタナのツインズ→メッツのトレードなど)が反映されてないことです。今年は発刊が早かった気もするのでその影響かと思います。
あと、細かい情報やマイナー選手を調べるには、すべて英語ですがMLBの公式ホームページが便利です。

 日本プロ野球…プロ野球選手データ名鑑(宝島社)
過去五年間の成績が載っているので好きです。(他は一年分しか載っていないので)でも日本プロ野球の名鑑の場合は各出版社であまり差がないので、自分の好みに合ったものが一番いいと思います。

 参考になれば幸いです。

QNPB出場選手登録とMLB25人枠の相違について

日本のプロ野球では、1軍選手登録(出場選手登録)は28人でそのうち25人がベンチ入りできるとされています。残りの3人は、前日の先発投手など当日に出場する予定のない選手が相当するものと考えられます。そして、出場選手登録を外れると、10日間再登録できないものとされています。

これに対し、メジャーリーグ(MLB)では、まず40人枠(40人ロースター)があって、その中からベンチ入り選手の25人枠(アクティブロースター)が選ばれるものとされています。

インターネットのサイト等、巷では、出場選手登録と25人枠(アクティブロースター)がほぼ同義のように説明されることが多いようです。ただ、MLBで25人枠から外れた選手が、日本のプロ野球での出場選手登録を抹消された選手のように、再登録までの制限期間が設けられているかどうかについて説明されているサイト・文献を見かけません。どのような取り扱いになっているのでしょうか。

もし、MLBの25人枠に関し再登録のための制限期間がない場合、日本のプロ野球で敢えて例えるなら、日本シリーズの出場資格(40人の有資格者を定め、ベンチ入りはそのうち25人。ただし、有資格者の中であれば、ベンチ入り選手は毎試合自由に入れ替えできる。)に近いものと考えていますが、いかがでしょうか。

日本のプロ野球では、1軍選手登録(出場選手登録)は28人でそのうち25人がベンチ入りできるとされています。残りの3人は、前日の先発投手など当日に出場する予定のない選手が相当するものと考えられます。そして、出場選手登録を外れると、10日間再登録できないものとされています。

これに対し、メジャーリーグ(MLB)では、まず40人枠(40人ロースター)があって、その中からベンチ入り選手の25人枠(アクティブロースター)が選ばれるものとされています。

インターネットのサイト等、巷では、出場選手登録と...続きを読む

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC_%28MLB%29

#1 の方が提示されたのと同じリンクですが、特に「マイナー・オプション」の項を参照してください。
端的に言えば、40人枠の選手を25人枠に入れるのは自由ですが、25人枠の選手を40人枠に落とす場合にいろいろと考慮すべき点があるということです。
人数枠と再登録制限期間がない点は日本シリーズの出場資格と共通していますが、かといって日替わりオーダーで頻繁に選手を行ったり来たりさせるような使い方はしにくいのではないでしょうか。

尤も、ずっと25人枠に置いていても6年経てば FA 権を手に入れるわけですし、マイナー・オプションの制約がどの程度25人枠の使い方に影響するのかはよく分かりません。
いずれにしろ、部分的にNPBの概念を当てはめて理解しようとするのは避けた方がよいと感じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報