起業に失敗した方は、その後の生活はどのようにしているのでしょうか?

今は正社員での就職は非常に難しい社会だと思います。
特にある程度の年齢であれば、ますます難しくなると思います。

起業後、失敗して廃業した場合、それから安定した正社員の仕事を
探すことは非常に難しいと思います。
だからと言って、何度も何度も起業ができるものとは思えません。

起業に失敗した方のその後の仕事や生活はどのようになるのか
教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まぁ・・いろいろですよ。


事業に失敗して廃業=個人破産
というわけではありませんし(そもそも破産しなくてはならないほどの資金を貸し付けてもらえるようになるのはずいぶん先のことでしょう(笑))
改めて再出発ということもあるでしょうし,取引先や知人・友人のやっている会社に入ったり(これ以上のコネはありませんしね(笑))、あるいは個人事業として業務請負っていうこともあるでしょう。どうなるかは自分の実力,そして周囲からの自分の評価次第でしょう。

会社員時代というのは,仕事は会社から与えられるものっていうイメージかもしれませんけど,自分で事業をやっていくということになればやはり全てはネットワークで動いているのだということが身にしみてよく分かると思います。そのネットワークの中で自分は他の人を助けることもあれば,逆に助けられることもあります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かにそう簡単に再起不能になるくらいの借金は
作れませんね。
消費者金融やヤミ金に頼るような場合は別ですが。

ネットワークですか、、、やはり人脈ですかね。

お礼日時:2010/08/23 22:41

こんにちは。

ご質問拝見いたしました。

「起業に失敗」とは、起業した事業を辞めたという解釈で良いでしょうか。
起業が失敗した(自分のお仕事を辞めた)場合、働く形としては普通に会社で働く人が多いです。
正社員はそうでないかは、人それぞれだと思います。
正社員に戻れる保証はどこにもないですが、絶対戻れないということではないと思います。

質問者様は起業を検討されているのでしょうか?
「お金を稼ぐ方法」はいくつもあります(最近では「投資」もあります)。
ですので、起業を考える場合は、自分がお金を稼げるかという視点で考えるのではなく「自分は社会でどんな形でお役に立てるか」「何をしてお客様のお役に立ちたいか」を考えてみることをお勧めします。

情熱のない商品はどなたも興味を持って下さらないですので、売れない=ビジネスが続きません。

売り方(販売方法)も時代の流れによって変化していきます。

起業独立を考えているようでしたら、起業独立して成功している人にお話を聞いてみることも良いかもしれません。

お役に立てば幸いです。
    • good
    • 0

専門家紹介

高橋果内子

職業:ビジネスアドバイザー

女性が本当の意味で真に自分を解放しなりたい自分を楽しむことが自由に自分らしく生きることだ、という信念を持っています「メイク力」という素晴らしい解放力を価値に換え世の中を豊かにする“女性の魅力の覚醒”のお役に立つことを志命とします

詳しくはこちら

専門家

自営業者です。

答としては千差万別人それぞれです。新しく起業する人、知人や今までお付き合いしてた企業に拾われる人etc...
一概にはいえません。

但し、自殺者が急増する昨今、自営業者・中小企業の社長が占める割合が非常に高いのもまた事実です。

>>>私は、現在正社員として働いており、それなりに満足しています。
ただ、もっと自分の力を試したいという気持ち、多くの人に感謝されたいという願望があり、
そのために独立を考えています。<<<<

お気持ち非常に分かります。自分もそうでした。ただ今回の不況は中小の起業者にとって現在、出口の見えない
袋小路です。自分も含め周りの起業者はほとんど持ち出し状態ですね。

別に独立を否定するわけではありません。勿論成功者も沢山います。しかし上記の事実も知ってほしいのです。

起業者は野原を枕にのたれ死に....

これをモットーに頑張っております。話がかなり反れましたが参考までに....
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自分の夢や希望で安易に独立を考えない方が
良いということですよね。

今の私には確固たる信念があるとは言えません。
ビジネスのイメージはあり、多くの人に感謝はされると
思うのですが、それで十分な利益が出るというところまでは
考えられてはいません。
そのような状態ですから、今は失敗する可能性が高いと思います。

回答からは今の景気によって厳しい状態であることが
よくわかりました。ですので、安易に独立を考えないように
しようと思います。参考になりました。

お礼日時:2010/08/23 22:48

補蛇足です(主旨が読めなかったので)


この欄は 固有名詞が使えないので 
隔靴掻痒的な 言い回しになります が
・当方スーパーゼネコンを辞めました
 企業利益(ドラマにもありました)を個人志向より
 優先が 談合とか権力者に阿る人&金の流れ
・某トップバンク&官庁勤務者の建築コンサルした時
 1/3以上は仕事上の苦情聞きでした
 嫌なら辞めればいいのに(外見の良さを捨てられない)
・結局 人は遣りたい処に居るのです
 給与が安泰でも 精神が不満であれば起業し
 苦労の連続の日々でも 精神的充足が得られ
 良いもの継続する信念に賛同する人は必ずいる
 反面 楽して稼ごう的起業家は一時の宴はあっても
 継続がない 是は周囲隣人に伝わらない所為
・意志信念 他利 誠実 そして継続すると
 支援サポートの手が現れるものです 三十数年そうでした
 
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、信念を持って、誠実に仕事をしていくことが
大事なんですね。

お礼日時:2010/08/23 22:33

見聞きする限りでは、何度も何度も起業していますね。


なんとか資金を集めてチャレンジしています。
起業家というのは、雇われて働くということが出来ない性癖の持ち主が多いので、結局そうなってしまうんでしょう。
再起できないヒトもいますが、それは金銭よりも信用の問題が大きいです。
他人を裏切ったヒトは、成功し続けない限り、次はありません。


なかには、一回の失敗で懲りて、勤め人に戻るヒトもいます。
年齢がいっていると、ご質問にもある通り正攻法では難しいので、縁故を活用しての就職ということが、私の知る限りでは多いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり、何度も何度も起業という方が多いですか。
確かに一度起業をしたら、中途半端に勤め人に戻るのは
抵抗があるように思います。

私も一度起業をしたら、きっと勤め人に戻ることは
ないように思います。
もちろん、経済的にどうしようもない場合は除きますが。

お礼日時:2010/08/23 22:17

正社員と雖も 自分の意志を封じ込め


怨み辛みを 何かで紛らわせる
生き方が 良いとは思わない

しかし 喰わせなければならない
年齢 素養 資格 特技
意志があれば 得られるものはある

安泰だという 人が
仕事は詰らないから
趣味に凝るこそ 屍 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ただ、私の理解が不足しており、おっしゃりたいことが
よくわかりません。

サラリーマンとして、我慢して生きていくのは良いとは
思えないが、やむをえないことがある。
嫌々仕事をしている人は、趣味を楽しめばよいと
いったことでしょうか?

私は、現在正社員として働いており、それなりに
満足しています。
ただ、もっと自分の力を試したいという気持ち、
多くの人に感謝されたいという願望があり、
そのために独立を考えています。

しかし、実際に独立した場合にどうなるのだろう?
という不安はあります。

お礼日時:2010/08/21 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正社員のまま起業(法人設立)は可能ですか?

いま現在、正社員として働いています。

もし独立して起業したいと考えたとき、
現在の会社に正社員として属したまま、法人設立登記を済ませてしまい、
新会社設立&そこの代表取締役就任&(今の会社の)正社員、なんてことは可能でしょうか?
(なお、会社にバレてクビ等の問題は抜きにして、法律上やその他あり得るデメリットの問題でお願いします。
もしこのお話が可能ならば、会社公認でやるかも知れないからです。)
それとも、やはり一旦退職し、無職または個人事業主になってからでないと法人設立は無効でしょうか?

また、もし上記が有効だと仮定した場合、
暫くの間は正社員と新たに作った会社の代表取締役として、
2足のわらじを履き続けることは可能でしょうか?
それとも、現在の会社は退職して、
現在の会社に新たな会社から私自身を派遣または請負契約し、
現在の会社に出向、その契約料金は新たな会社の売上として計上、
という契約にした方が無難でしょうか?

起業の仕方はいろいろな本やサイトに書いてあるので調べられますが、
このようなケースではどうなるのか、興味があります。
上記2点、よろしくお願いいたします。

いま現在、正社員として働いています。

もし独立して起業したいと考えたとき、
現在の会社に正社員として属したまま、法人設立登記を済ませてしまい、
新会社設立&そこの代表取締役就任&(今の会社の)正社員、なんてことは可能でしょうか?
(なお、会社にバレてクビ等の問題は抜きにして、法律上やその他あり得るデメリットの問題でお願いします。
もしこのお話が可能ならば、会社公認でやるかも知れないからです。)
それとも、やはり一旦退職し、無職または個人事業主になってからでないと法人設立...続きを読む

Aベストアンサー

今の会社が認めてくれるのであれば問題ないです。

自分で興す企業の規模によって二束のわらじが出来るかどうか決まってくるでしょう。
休日だけの仕事で大丈夫なら良いですが、平日も自分の会社の仕事をしないといけないとなると今の会社の仕事が出来なくなります。
そういう問題が無ければ全然問題ないですよ。

よくあるパターンが実家の不動産を持っていて、税金対策で法人化してその会社の役員もやっている従業員。
これなどは実際にその会社での仕事など無いに等しいので何の問題も無く働いています。

一番のデメリットは自分の仕事以外の時間が少なくなることでしょう。

>現在の会社に新たな会社から私自身を派遣または請負契約し、
>現在の会社に出向、その契約料金は新たな会社の売上として計上、
>という契約にした方が無難でしょうか?
これは辞めた方が良いです。
派遣業の資格を取らないといけない上に、会社のほうも偽装派遣とされてしまう可能性が高いです。
そんなリスクの高いことをするよりも会社が認めてくれるのであればそのまま社員でいたほうが良いですよ。

今の会社が認めてくれるのであれば問題ないです。

自分で興す企業の規模によって二束のわらじが出来るかどうか決まってくるでしょう。
休日だけの仕事で大丈夫なら良いですが、平日も自分の会社の仕事をしないといけないとなると今の会社の仕事が出来なくなります。
そういう問題が無ければ全然問題ないですよ。

よくあるパターンが実家の不動産を持っていて、税金対策で法人化してその会社の役員もやっている従業員。
これなどは実際にその会社での仕事など無いに等しいので何の問題も無く働いています...続きを読む

Q夫が起業 正社員の妻は役員になれるのか?

夫が株式会社を設立予定です。

私は他社で正社員で働いていますが、主人の会社の役員になれるのでしょうか?

主人が税理士さんに確認したところ「問題ない」という回等だったのですが、
私の会社の規定では「会社の許可なく、他の会社の役員に就任し、又は他に雇用され、もしくは自ら営業を行わないこと」とあります。

役員になるメリットとしては、(1)私名義の領収書を使用できる、(2)利益が出た時に報酬がもらえる。
デメリットは何もないと言われました。

詳しい方、どうぞご教授ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは貴方の会社の就業規則で副業禁止になっていないかを確認したほうが良いと思います。
多くの会社では副業は禁止です。これは会社への忠誠を維持すること、機密保持目的などいろいろな理由です。

そこでそういう禁止条項があればお止めになったほうが良いでしょう。無断でそれを犯すと処分の対象になります。

もっともその規定の有効性を裁判でで争うつもりでもあるのならば別です。

それが無ければ取締役就任は自由です。

>メリットは、(1)私名義の領収書を使用できる、(2)利益が出た時に報酬がもらえる。デメリットは何もないと言われました。

これは要注意です。取締役は善管理注意義務ということがあって、万が一不注意で株主や第三者に損害を与えたときには連帯して賠償の義務が生ずる場合があります。
実際そういう判例も出ています。その判例でたとえ名ばかりの役員であっても、当然に役員としてのその注意は払うべきであり、名ばかりだからといって責任がなくなるわけではないといっています。

取締役になる以上会社の経営には常に注意を払うことができ、良くないことは事前に差し止めることができることが最低の条件です。それもできない条件では引き受けないほうが良いと思いますよ。

これは貴方の会社の就業規則で副業禁止になっていないかを確認したほうが良いと思います。
多くの会社では副業は禁止です。これは会社への忠誠を維持すること、機密保持目的などいろいろな理由です。

そこでそういう禁止条項があればお止めになったほうが良いでしょう。無断でそれを犯すと処分の対象になります。

もっともその規定の有効性を裁判でで争うつもりでもあるのならば別です。

それが無ければ取締役就任は自由です。

>メリットは、(1)私名義の領収書を使用できる、(2)利益が出た時に報酬がもらえる...続きを読む

Q起業した夫の会社で経理をする妻(正社員)

夫が起業したのですが、私は別の会社で正社員として働いています。

夫が私に簡単な経理処理をやってほしいと言っているのですが、
お給料をもらう事は可能ですか?
(一応副業は禁止されてますが、相談すれば問題ないと思われる)
ちなみに私の会社は「特別徴収」ではなく「普通徴収」です。

もし私がお給料をもらう事が可能なら、いくら位なら節税対策になりますか?
(多くもらえるのには越したことないのですが・・・)
(私は役員ではありません)
正社員で働いているお給料は約300万円です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業したというのが「法人」の場合と「個人事業」の場合では取り扱いが違います。

1 法人の場合
 法人が貴方に払う給与はすべて法人の経費にできます。
 貴方は、現在勤めてる会社から受け取る給与と、夫が主宰する法人からの給与を合算しての確定申告をすることになります。
 節税は「法人と、夫と、妻と全員でどれほど負担する税金が減るか」という視点から見ることになります。
 個人で負担する租税とは別に、法人の支払う国税・地方税を加算して考えないとなりません。

2 個人事業主の場合
  個人事業主の場合には、生計を一にしてる者(夫が事業主なら妻は生計を一にしてる者です)に支払う給与は、事業所得の計算上経費にできません。
 給与を支払ってはいけないという事ではありません。
 経理をしてくれた賃金として、貴方が支払を受けるのはかまいません。
 夫の税金の計算をする上での決算では「経費にしてはならん」となってます。
 これは白色申告者の場合です。

 夫が青色申告の承認を受けてる場合には「生計を一にしてる者に給与を支払っても経費にできる」特例があります。
 これを青色専従者給与といいます。
 専従者というぐらいですから、夫の仕事に専ら従事してないとなりません。
 貴方が他会社に勤務してるのですから、青色専従者にはなれません。
 つまり、貴方に支払った賃金を経費にすることが、できないというわけです。

「私は役員ではありません」といわれてますから、個人事業主ではなく、法人設立されたのだと思います。
すると「節税」は貴方の場合だけを考えればよいということでしょう。
すでに年間300万円の給与を受けてる方は、控除対象配偶者の金額条件(年間所得38万円以下)も非該当ですし、夫が加入してる保険組合の被扶養者条件にも非該当でしょう。

ということは「幾らまでに抑えておくほうが、控除対象配偶者になれる、社会保険の3号扶養者になれるという事を考えてもしょうがないという事になります。

夫の会社から受け取った給与分だけは、貴方が負担する所得税・住民税は増加します。

企業したというのが「法人」の場合と「個人事業」の場合では取り扱いが違います。

1 法人の場合
 法人が貴方に払う給与はすべて法人の経費にできます。
 貴方は、現在勤めてる会社から受け取る給与と、夫が主宰する法人からの給与を合算しての確定申告をすることになります。
 節税は「法人と、夫と、妻と全員でどれほど負担する税金が減るか」という視点から見ることになります。
 個人で負担する租税とは別に、法人の支払う国税・地方税を加算して考えないとなりません。

2 個人事業主の場合
  個人...続きを読む

Q起業者の年齢割合、開業数・廃業数

近年の起業希望者と起業実現者の年齢割合を教えていただきたいです。
そしてそのおよその人数を教えていただきたいです。
近年の開業数・開業率、廃業数・廃業率も教えていただきたいのです。いろいろ調べてみましたが資料が古く、なかなか明確な情報が得ることができません。資料のあるサイトでもかまいません。質問ばかりで申し訳ないですがぜひお願いします。

Aベストアンサー

事業所の把握としては公的なデータで見るとすると
特にリアルタイムな動態を知りたいのであれば
6.のタウンページデータベースが有効でしょう。
-----------------------------------------------
1.(財)中小企業総合研究機構「わが国における開業率の要因分析に関する調査研究」(2006年3月)
2.総務省「事業所・企業統計調査」
3.法務省「民事・訟務・人権統計年報」
4.国税庁「国税庁統計年報書」
5.厚生労働省「雇用保険事業年報」
6.エヌ・ティ・ティ情報開発(株)「タウンページデータベース」
-----------------------------------------------
データの詳細はそれぞれ問い合わせてみてください。

くれぐれも参考まで

Q起業するにあたって、廃業届に50万円必要?

起業するにあたって、廃業届に50万円必要?
10年間、ある店舗にてバイトで働いて来ましたが、
8月上旬に店舗を閉めると、社長から告知がありました。
8月末には店舗は閉店、片付けも終わりました。

今、11月に入って廃業届に50万円必要で、
今まで自由に営業?させてきたから、それも含めて
払って下さいと元社長から言われました。

今までの店舗名を利用し、これから自分で
営業していこうと思いますが、その場合
元社長にするべきことはありますか?
また、廃業届の50万円は払うべきなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 廃業届けは元社長側のことですので、50万円の請求理由がよくわかりません。
 しかし、今までの店舗名を利用していくことに50万円以上の価値があるとお考えなら、支払うべきです。
 
 その上で、元社長にするべきこととしては、契約書を作ることです。

 契約書には、
1 今までの店舗名を自由に使って良いということ
2 元社長の時代の債務があったとしても、すべて、元社長の責任で解決すること
  もしも、あなたが、立て替えて支払った場合は、あなたに返済すること
3 同じ商売を近所でしないこと(どのエリアか、いつまでかを明記する)
4 これらの対価として50万円を支払うこと

以上最低入れるべき事項です。ほかに、
5 従来の仕入先、販売先に元社長名で、「当社は廃業した。しかし、この店舗は、○○が営業するのでよろしくお願いします。なお、債権債務は、引き継いでいない」という趣旨の通知を出すこと
6 店舗の家賃などはどうする
なども入れると良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報