一番体に良い油は何でしょうか?
料理をしていて常々疑問に感じていました。サラダ油、キャノーラ油、ヒマワリ油、コーン油、オリーブオイル、グレープシードオイルなど、他にもいろいろ沢山種類がありますが、どれが体に一番優しいのでしょうか。主人と2人暮らしのため用途別に使い分けるには消費ペースが遅いので、一種類に決めたいと思っています。体に良く、炒め物・揚げ物と何にでも使えるものとして常備するにはどの油が理想的でしょうか。ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

油の種類によって性質や、健康への影響が大きく異なりますので油は選び方が大切だそうです。


体に良い油・悪い油について掲載されている下記サイトの内容が参考となるかもしれませんね。

・油を知って上手に選ぼう! : タニタ運営[からだカルテ]
http://www.karadakarute.jp/tanita/column/columnd …

A 回答 (9件)

#3です。


前の回答は味重視でしたので訂正します。

健康重視で選ぶならば、生きていく上で絶対必要な必須脂肪酸をバランスよく含んでいることが大切であると考えました。必須脂肪酸というのは、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 です。

このなかで、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 は魚に、アラキドン酸は肉と卵に含まれていて油に期待しなくても良いので、リノール酸、γ-リノレン酸、α-リノレン酸のバランスと考えます。

単品原料油では必須脂肪酸のバランスに偏りがありますので、何種類かの油をブレンドしたものがよいかと思います。

普通にサラダ油と称して販売されている油は、大豆とキャノーラ菜種のブレンドですから、必須脂肪酸のバランスも悪くないなではないかと思います。また、すべての料理をカバーすることを考えると、あまり個性の強い油も良くないのではと思います。

ということで、健康も配慮しすべての料理をカバーできる「これ一本」となるとサラダ油となります。

栄養素というのは、みんなそうですが、健康に良いからといって、やたらにたくさん取れば良いものではありませんで、過剰摂取は病気の原因にさえなります。

最近健康食品として人気のオレイン酸やα-リノレン酸も所詮は高カロリーの油ですから、過剰摂取はメタボの元になります。ふつうの食生活で必須脂肪酸不足になることはありません。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

度重なるご回答ありがとうございます。
巡りめぐって最終的にサラダ油になるのは以外でした。
今まで深く考えずに使用していたサラダ油は体に悪かったのではないかと心配していたので、本当に安心しました。勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/02 16:53

ウチは、グレープシードオイルを使ってます。


コレステロールがゼロなので、なんとな~く体に良いかと思って。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
グレープシードオイルは今まで試用したことがなかったので、ぜひ使用して見たいと思います。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/02 16:54

オリーブオイルかえごま油ですね。


生(非加熱)ならオリーブオイルエクストラバージンです。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オリーブ油の回答が多いですね。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/02 16:51

体に良いという表現は極めて曖昧だし、どこも適当な宣伝をしているので疑わしいです。



ただ比較的体に良いと見られていて、かつ炒め物・揚げ物と何にでも使えるという観点ではひまわり油を推奨します。
まず一般的に言われることですが、揚げ物油などで油を大量に取るなら、不飽和脂肪酸の多いものでしょう。
逆に炒め油として便利なのは粘度があるものだと思います。
ですが不飽和脂肪酸は粘度が低い、だからといってたくさん使っては本末転倒です。

この点ひまわり油は不飽和脂肪酸も多く、それに粘度もそれなりにあり余計な香りも少ないので、汎用性という意味では便利だと思います。

注意するべきなのが、不飽和脂肪酸が多いほど酸化しやすい、つまり劣化しやすいということです。
体の中で酸化することによって抗酸化作用を発揮してくれるならありがたいのですが、使う前に酸化してよろしくない物質に変わってから摂取するくらいなら、一番安い油のほうがかえって安全です。
よってそういったこだわりの油を使うなら、小さな容器の油を買ってこまめに使い切ることです。

あと飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸どちらも必要であることは確かですが、多くの油は飽和脂肪酸で、ほっといても必要以上に摂取してしまいます。避けるに越したことはありません。

十年前はひまわり油も安かったんで私も常用していたんですけどね・・・。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ひまわり油は今まで試用したことがなかったので、ぜひ一度使って見たいと思います。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/02 16:51

体によい、の基準はいくつかありますが、大雑把なところでは「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の油があって、「不飽和脂肪酸」の方が体によいと言われています。

どっちも栄養素としては大事なんですが、「飽和脂肪酸」の方が血管をつまらせやすかったりするんです。「不飽和脂肪酸」はこれを溶かす働きもあるので、積極的に取るべきと言われています。

見分け方としては、「飽和脂肪酸」が固形で、「不飽和脂肪酸」が液状だと、大雑把に思っておけばいいと思います。お肉は両方含まれていて、魚は主に「不飽和脂肪酸」です。で、肝心の調理用の油って大体不飽和脂肪酸なんですよね。カロリーもあんまり差がないので、安いし、サラダ油とかでいいんじゃない?とも思います。

でも、私もオリーブオイルがおすすめ。
ムニエルやマリネをすると、やっぱり違います。パスタにも合います。普通の揚げ物でも問題がないので、一種類ということならオリーブオイルがいいと思います。
うちは1人暮らしの癖にサラダ油とラードとごま油とオリーブオイルとバターとマーガリンとショートニングがあるという酷い家だったりしますが、実家はオリーブオイルで統一してます。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはりオリーブ油がいいようですね。脂肪酸にも注目して今後油を選んで生きたいと思います。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/02 16:37

市販されていて、お手頃なのはオリーブオイルですが、


エキストラバージンオイルが一番お勧めです!

これは、オレイン酸がたっぷりなオイルなので、体にいいです。

ゴマ油・紅花油・綿実油・ヒマワリ油・コーン油などのリノール酸は

今までは体にいいと言われていましたが、
コレステロールは下げるが、悪玉と一緒に善玉コレステロールも減らし、
心臓病・血栓・アレルギーの原因になるので、
使用は避けた方がよいです。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オリーブ油の回答が多いのでぜひ使って見たいと思います。
コレステロールの話は勉強になりました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/09/02 16:35

一番には「太白ごま油」をあげます。


 煎っていない胡麻を絞った油です。
 色は白くて胡麻油特有の胡麻臭さがなく、ほのかな甘味があります。
 太白ごま油だと、揚げ物を食べたときに感じる胃もたれや胸焼けがありません。
 高級天ぷら店で使われているので、揚げ物専用と思われていますが
 脂肪酸バランスがよいので、炒め物、サラダと何にでも使えます。
 もちろん、植物油なのでコレステロールはゼロです。

次は「キャノーラ」
 キャノーラは、菜種の品種名なのです。
 従来の菜種油は心臓に悪いといわれていたエルシン酸を大量に含んでいました。
 エルシン酸を含まないよう品種改良したのがキャノーラです。
 エルシン酸が無くなったことで、結果的に脂肪酸バランスがよくなり
 揚げ物、炒め物、サラダと何にでも使える万能油になりました。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
太白ごま油は使用したことがないので、一度使って見たいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/02 16:34

体に良いのはオリーブオイルだと思います。

そうだと思ってました。
ウチはオリーブオイルの使用頻度が一番高く、いつも3リットル入りの缶で買ってます。
でも日本料理にはオリーブ油の匂いは合わないと思うので、天ぷらなどにはキャノーラ油を使ってます。
中華料理用の香り付けにはごま油も必需品です。
「何にでも使える」観点ではキャノーラ油かな。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オリーブ油とキャノーラ油の2種類であれば常備しても大丈夫かと思いました。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/02 16:33

一種類の食用油にされたいならオリーブ油をお奨めします。

そのままでも、天ぷらや、炒め物にも素材の味を比較的忠実に出してくれて、あっさり味ですから・・・
我が家では、このオリーブ油を常用し、胡麻油と白絞り油が脇を固めています。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オールマイティに使うにはオリーブ油はよさそうですね。
参考になりました。

お礼日時:2010/09/02 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椅子などの車輪に挿す潤滑油は何がいいのでしょうか?

ドレッサーの椅子についている、車輪が、キーキーという音が鳴って困っています。
油を挿す必要があると思うのですが、どのような油がいいのでしょうか?
クレ556のようなもので大丈夫でしょうか?それとも、グリセリンのようなベットリとしたものがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

キャスターのような高荷重低回転の部分にはグリスと呼ばれる粘着性の高い油を使うのですが、
わざわざ買うのもなんですし、CRC556でもいいと思いますよ。

もし買うのであれば、呉工業の製品であればグリースメイトというグリスのスプレーがありますので、それが便利でしょう。
スプレーじゃない、チューブや缶入りのグリスは、車輪の奥までは注しにくいです。

注油したあとには余分な油を拭いてください。あとでたれてきます。

Q卵料理はバター?サラダ油?

オムレツやオムライスなどの卵料理のレシピの材料にバターと書いてあるのとサラダ油と書いてあるのがあります。
この2つの違いは何ですか?

Aベストアンサー

これは間違いなくバターを使った方がおいしくできます。
ただ、バターは焦げる温度がサラダ油よりも低いので、鉄のフライパンを空焼きする場合にバターでは真っ黒になってしまいます。
そこで、ふつう鉄製のものをくっつかないようにするには、空焼きして、煙が出始めたフライパンに、うすくサラダ油を敷き、温度が少しさめてからバターを入れて玉子を入れます。
家庭のフライパンはおそらくテフロンが主流なので空焼きの必要はありません。サラダ油は使わなくてもいいと思われます。
オムレツなどの場合、中火でちょっと多目かなというぐらいのバターを溶かして、色が変わり始めぐらいで玉子を流しいれるとバターの香ばしい香りが出ていいと思います。焦がしすぎるとオムレツが黒ずんでしまうので注意してください。
ただ、サラダ油だけのほうがコストは安く済みますが・・¥

Q次に勉強する料理は何がいいでしょうか

30半ば男です。
学生時代に喫茶店でアルバイトしてたおかげで、スパゲッティ類は一通り作れます。
ナポ、ミイトソース、トマト茄子、トマトほうれん草ツナなどなどです。
少しも俗っぽくない貴族用ナポリタンとかが得意だったりします。
ハンバーグ、餃子、肉じゃが、ポテトサラダ等も作れます。

軽食類はだいたい作れるのですが、和食は作れないので挑戦してみようと思いました。
何か作ると勉強になるような料理ってありませんか?

和食以外でもOKです。
揚げ物などの油モノ以外でお願いします。
みりんを使った煮物が苦手なのでそういうものでもよいかも。
筑前煮を作ったことがありますが、異常なまずさだったので、そのままゴミ箱行きになりました。

Aベストアンサー

最近私のお気に入りのお料理ご紹介します。
生鮭2切れ・・・骨皮を取って一口大の削ぎ切りにし、酒大さじ1・ショウガ汁小さじ1をもみこみ、小麦粉を薄くつけて揚げる(超少量の油でOK)だし2カップ・酒大さじ2・薄口醤油大さじ2を煮立て、そこに鮭・わかめ・しめじを入れてできあがったものに大根おろしとともに食べる!これ簡単で美味です☆

あとは保存の利く「高野豆腐」
だし1と1/2カップ・砂糖大さじ3と1/2・酒大さじ1・薄口醤油小さじ2・塩小さじ1/3を煮立てたところにぬるま湯で戻した高野豆腐を入れ軽く煮て、生卵をポトンと落として半熟になったらできあがり☆

これもなかなかですよ!

あ・・・みりん使ってない(  ̄m ̄)

まぁ、参考までに(笑)
がんばってください☆

Qキャノーラ油 遺伝子組み換えアブラナだと危険?

市販のキャノーラ油ほぼ全てに、遺伝子組み換えの菜種油が使われている(混入している)と思います。

ところで、搾油・製油したキャノーラ油(またはその他の菜種油)においても、原料が遺伝子組み換えとそうでない場合の、成分(分子レベル)の違いがありますか?

アブラナや菜種をそのまま食べるのなら、違いがあるかも知れませんが、例えば、食塩(塩化ナトリウム)は互いに違いがないのと同じよう、キャノーラ油はキャノーラ油で、遺伝子組み換えでもそうでなくても同じなのでしょうか?

それとも、精油後といえど不純物があり、その中に良くないものが含まれるのでしょうか?

※食塩もミネラルや不純物があるので、原料・製法により実際には塩化ナトリウム以外の成分は異なりますが、言いたいことは察して下さいませ。

Aベストアンサー

 ご期待に添える答えにはならないと思います。気分を害されたら申し訳ございません。

>搾油・製油したキャノーラ油(またはその他の菜種油)においても、原料が遺伝子組み換えとそうでない場合の、成分(分子レベル)の違いがありますか?
 ⇒違いはありません。仮にあるとしても油脂にはDNAやタンパク質が残存しない(現在段階では正確に検出する方法がない)ので、判別ができないということです。表示義務がないのもこれが理由です。

>キャノーラ油はキャノーラ油で、遺伝子組み換えでもそうでなくても同じなのでしょうか?
 ⇒GMOであってもNONGMOであっても同じキャノーラ油です。定義にGMOかそうでないかはありません。日本で流通しているキャノーラ油の多くは遺伝子組換え原料を使っていると考えられます。そうでないものはその旨謳って販売しています。

>キャノーラ油 遺伝子組み換えアブラナだと危険?
 ⇒遺伝子組み換え作物が世に出て四半世紀が立ちますが、ヒトに害があると公式に確認されたケースは今のところ一件もありません。そのため国内の遺伝子組換え作物反対派の団体の多くも、その主張を「ヒトへの危険性」から「生態系への影響」に切り替えています。

 ご期待に添える答えにはならないと思います。気分を害されたら申し訳ございません。

>搾油・製油したキャノーラ油(またはその他の菜種油)においても、原料が遺伝子組み換えとそうでない場合の、成分(分子レベル)の違いがありますか?
 ⇒違いはありません。仮にあるとしても油脂にはDNAやタンパク質が残存しない(現在段階では正確に検出する方法がない)ので、判別ができないということです。表示義務がないのもこれが理由です。

>キャノーラ油はキャノーラ油で、遺伝子組み換えでもそうでなくても...続きを読む

Qこのような女性へのお歳暮(兼お年始)は何がいいでしょうか?

友人が年末年始に帰省します。
その友人のお母様には、かねてよりいろいろとお世話になっていた時期がありますので、お母様に贈りものをこの機会にしたいと思っております。
(時期的に、お歳暮のような、お年始のような、どちらも含めて・・・のような感じで)

ちなみに、私は実家が東京。友人とそのお母様のほうは、滋賀になります。

そしてここが大事なのですが、お母様はやや太めの方で年齢も60代なので、むやみにお菓子のような糖分の高いものやツクダニのような塩分の多いものは糖尿病や高血圧を招くので、さけたいと思っています。

東京土産らしさがあり、さらに塩分や糖分が多すぎない、いいおみやげ(油やノリやカニといったお歳暮の王道ではないもので、食品関係)はありますでしょうか?

なお、予算的には、5千円以内くらいで考えております。

いいアドバイスをぜひよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

友人が帰省の際、持たせるのでしょうか?
それとも宅配でもいいのでしょうか?

目先を変えてお花はどうですか?
私も先日、母の誕生日に5千円位のシクラメンを
贈って喜ばれました。
お花好きな方でしたら(母がそうです。)
翌年も咲かせる楽しみもあります。
あと、昔大酒飲みで糖尿を患ってしまった義父
に果汁100%の産地直送の日持ちのするリンゴジュースを
セットであげて喜ばれた事もありますよ。

ちょっと、東京らしさには欠けますが
その辺りが私のオススメですね。
参考になれば幸いです。

Q揚げ油とサラダ油。

揚げ油の代用品として、サラダ油を使って揚げ物を作りたいのですが、出来る物なのでしょうか?

Aベストアンサー

 下のURLでも見られるのですが、サラダ油というのは、揚げ物や炒め物にも使えるけれど、生で食べるのに適しているというものなので、加熱して使う分には何も問題ないです。
 私も実際に使ってるけど、普通にできますよ^^

参考URL:http://www.j-oil.com/products/oil/qa/eachgoods_qa.html

Qゴム弁用のオイルは何がいいでしょうか?

乾電池式の小型エアポンプ(魚釣り用)の調子が悪くなったのでばらしてみると、本来付いているはずのオイルが乾燥しており、空気の逆流が起こり、ポンプの機能が働いていないことがわかりました。

ゴム弁の密着性を高めるためには、どんな種類のオイルを塗ればいいのでしょうか。
素人考えでは、粘度が低すぎると流れてしまうだろうし、グリスほど粘度が高いとゴムがくっついて離れにくくなるだろうし、と思います。
所詮安物なのでどんなオイルでもいいような気がしますが・・・

ホームセンターに行って購入しようと思いますので、妥当なオイル名が知りたいと思います。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

bakachauさん、弁に塗るオイルと解釈してもいいでしょうか?
ゴムは石油で出来ていますのでグリス等の鉱物油が付くと劣化してしまいます。
 非常に急いでいるのでしたら天ぷら油が植物油なので代用できますがすぐ酸化して堅くなるのであまりお勧めできません。
 一番良いのは離型剤などに使用されているシリコンだと思います。
 ご家庭での代用ならホームセンター等で販売しsている車のタイヤにつや出しで使うワックス(固形、液体どっちでも)が簡単に入荷できて安全だと思います。

Q豚の油はラード 牛は牛脂 では一般的に使われるサラダ油などは?

こんにちは、今回少し健康に気を使い油を代えたいと思っています。

一般的にある、ラード、牛脂は天然由来かと思われますが、例えば目玉焼きに使ったり、てんぷらに使うにあたってサラダ油に代用できるもので、天然由来の物と言えばどんな物でしょうか?

詳しい方、ご意見をいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

目玉焼きやてんぷらに、といったら菜種油やオリーブオイル、ごま油、といったところでしょうか。

 なお、サラダ油といったって別に化学合成したものではなくて、原料は主にコーンや大豆、菜種の油をブレンドしたものですので天然のもののひとつですよ。

 一般的な製造方法で「有機溶剤抽出法」が使われることが多いので忌避される方もいますが、有機溶剤抽出法は菜種油やオリーブオイル、ごま油でも使われることがあります。
 したがって、有機溶剤抽出法が嫌な方は油の種類ではなくて、製造方法で選ぶ必要があります。普通は表示なんかしていないのでメーカーに聞くしかないように思いますけれど。なお、昔ながらの圧力による絞り方(日本では玉締め法といいます)で作られたものは、普通の油の数倍の値段であることが大半です。

 さて、有機溶剤抽出法が危険かどうかの話ですが、これに使われる溶剤はヘキサン(ベンジンみたいなもの)で、いわゆる石油化学製品です。こんなものを食品に使って、という気もしますけれど、最終製品にはほぼ残存しませんので、科学的には安全性は高いとされています。缶詰のミカンの製造でも塩酸を使いますが、これと同じですね。
 ヘキサンは多量に摂取するとアレルギーの原因とか免疫機能の低下につながるかもね、とされています。ただ流通している食用油脂で問題になるほど残存していた例は皆無です。ただし特定の国なんかの製品だとちょっとわかりません。
 余談ですけれど、遺伝子組換え作物が世に出て四半世紀が経過しましたが、ヒトに危険という事実は今のところ1件も確認されていません。そのため反対派の団体の多くもその主張を「危険性」から「固有の生態系破壊」に変えつつあります。というより、食用油にはたんぱく質が残存しませんから、そもそも遺伝子組換え作物の危険性を云々するのはナンセンスだと思いますけれど。

 あくまで個人的な感想ですが、有機溶剤抽出が怖い、というサイトの多くは「だからこっちの(高価な)油を買え」という誘導をしているように思います。

脱線してすみません。

 

目玉焼きやてんぷらに、といったら菜種油やオリーブオイル、ごま油、といったところでしょうか。

 なお、サラダ油といったって別に化学合成したものではなくて、原料は主にコーンや大豆、菜種の油をブレンドしたものですので天然のもののひとつですよ。

 一般的な製造方法で「有機溶剤抽出法」が使われることが多いので忌避される方もいますが、有機溶剤抽出法は菜種油やオリーブオイル、ごま油でも使われることがあります。
 したがって、有機溶剤抽出法が嫌な方は油の種類ではなくて、製造方法で選ぶ...続きを読む

Qピラフと・・・あと何がいいでしょうか?

ピラフを作るつもりにしています。
同時に何か作りたいと思うのですが、
おかず?なにがいいでしょうか・・・。
出来ればあまり手がかからないものがいいのですが。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

サラダで良いんじゃないでしょうか。バランスが良いと思います。
それと、カップスープとか。

Qサラダスパという料理の名前を見ましたが、その「スパ」の意味は何ですか?

サラダスパという料理の名前を見ましたが、その「スパ」の意味は何ですか?
教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 「スパ」は「スパゲッティー」の略です。
 「サラダスパゲッティー」だと長いので略して「サラダスパ」と呼んでいるのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング