『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…



客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

この回答への補足

補足です。(この回答にまとめてさせていただきます)

ギターアンプにはマイクを立てて、PAで鳴らす仮定で考えています。
ある程度有益な答えもいただきましたので、以下の点を特にお答えいただけると助かります。

・どの程度のワット数だとモニター不要となるか
・音質やPAのしづらさ等、品質面での内容
・その他経験談や情報など

引続きお願いします。

補足日時:2010/09/12 23:29
    • good
    • 7

ジャズ、フュージョン系のコンボ(小編成バンド)やジャズのビッグバンドでギターを弾いている


ものですが、他の回答者さんからもありますように、アンプのワット数云々はアンプの種類や
演奏者が使うボリューム領域、会場でまったく特性が変わりますので、ほとんど無意味です。

たとえば、フェンダーのチューブアンプの15ワットで音量が十分だと思っても、
マーシャルではどうか分かりません(多分不足します)。

また、アンプのクリーン領域で使うのか、オーバードライブ領域で使うのかによっても
音量はまったく異なります。

会場に関する留意点は、PAさんからの回答のとおりだと思います。

ですので、ライブ会場で焦らないように、マスターボリューム付きのアンプで、
若干出力に余裕のあるアンプを持ち込み、PAさんと相談しながら、リハで作り
こむしかないでしょう。

ちなみに、Fender Hot Rod (フルチューブの40W)程度でしたら、生音でも、
管楽器隊、ベース、ドラム、パーカッションの20~25人編成の中で、クリーントーンのソロが
余裕でできる音量は得られます。
まあ、保険みたいなものですね。

実際問題は、よほど小さな会場でない限り、PAがないと演奏がグチャグチャになる可能性大です。
ステージが広くなると、ご自身の立ち位置の横で演奏している人とステージの端で演奏している
人との距離が違いますので、微妙ですが音がずれてきこえ、正確には合わせられません。
また、会場の反射がある場合はなおさらです。反射の音は大きくずれています。

したがって、モニターを聞きながら演奏できるようなセッティングをリハで素早く決め、
どうしてもモニタの返りが弱い場合に、ギターアンプ側で調整できるようにしておくのが
無難だと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

そうですね、参考にします。

お礼日時:2010/09/14 23:24

俺少し前迄コンサートのバイトしてたけどプロもそんなでかいアンプ使ってなかった。

アルフィーの阪崎氏は市販の小さいアンプ2つ位でマイクどりしてたけどメーカーは忘れたけどキャビネットがオレンジ色で素人が使う様なサイズだったけど
だいたい15W良くて25W位かな?良く見てなかったので情報はここまでです。小田氏の場合は小田氏専用マーチンラインが引いてあって直接ミキサーに行ってた様です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

オレンジですかね、参考にさせてもらいます。

お礼日時:2010/09/14 23:22

それではまぁNo.5ですが…


既出のとおり、私は素人相手の素人PAですので、プロの携わる現場の事はプロの方の情報に期待ということと、どうしても前回の繰り返しになりますが…

・どの程度のワット数だとモニター不要となるか

私の携わる現場では、既出のとおり「ギタリストが、どれだけ自分のアンプ直音を聞きたがるか次第」です。
その上で、ギタリスト本人が(ステージの物理的広さの制約も踏まえて)どれくらいアンプから離れるか次第です。

ぎゅう詰めのステージでギタリストが動き回る余地が無く、アンプはアンプスタンド等を使ってギタリストの耳元直近で鳴らせれば、個人的には10Wのフェンジャバの練習アンプでもモニターにほぼギターの返しは不要だった事もあります。
間口6間、奥行き2間くらいのステージだと、JC-120をガンガンに鳴らして、まだ「モニターが足りない」と文句言われた事もあります。

自分のアンプ音を直接聞く事に拘るギタリスト(アマチュアには結構多い)だと、素人PA屋の立場では、会場キャパに関係なく50W以上のアンプを用意しないと、本音で不安です。そういうタイプのギタリストは、自分のアンプ音が聞こえてないと演奏にも支障が出るので。

ただ、ある程度の腕の人なら、大抵のキャパ200台くらいの会場規模であれば、個人的にはチューブなら30W程度で自分のアンプ直音的には問題ないとは思ってます。これで足りないという奴は、それなりの耳=それなりの腕です。まぁアマチュアだから仕方ないですが。

・音質やPAのしづらさ等、品質面での内容

さんざん言っている「ギタリスト本人の自己モニタ」の問題が無く、PA側が出す返しで十分であれば、極論どんなに小さいアンプでもOKです。これも既出のとおり、アンプ無しでPODだけってケースもあるくらいで。
ちゃんと鳴っていれば、マイク自体はオンで構えますから、さすがに8Wは経験無いですが10W台なら十分です。
また、ソリッドギターでアンプにオンマイクで録る分には、ハウリングの問題はありません。技術的にはあり得ますが、そこはPAの腕の問題です。
ただ、アコギ/エレアコは話は別です。アンプではなく本体側でハウリングするので。

品質的にも、ギタリストが納得いってるならどうということはないですけどね。
無音時のノイズの多いアンプだと、PAの立場では、それ相応の苦労がありますが、これはアンプの大きさには関係ないので…大型アンプでもノイズのやたらでかいモノはありますから。

・その他経験談や情報など

繰り返しですが、アンプにマイク立ててモニターにも返せる環境であれば、ギタリストの性分というか覚悟というか経験というか…次第です。
ステージ上にも、ギターの音圧を頑なに求めるギタリストなら、(客席がええ迷惑という問題はちと置けば)大出力大型スタック置くしかないです。
ギタリストがモニターだけで十分に演奏できて、下手な我が儘言わないなら、どんな小さいアンプでも、むしろアンプ無しでシミュレータだけでも問題有りません。

ただ、ギタリスト側からすると、私のようなモニターが下手なPA屋だと、ステージ上の自分の音は、PAに頼らず自分で面倒が見られる…程度のアンプが無いと、かえって不安かもしれません。

でも、素人PA屋的には、そういうPA屋に対する信頼感/不信感も含めて、すべてギタリスト次第です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、シミュレーターでもやれると考えれば、その他の答えも自然に出てきますね。
アンプ直の音はそんなに大きな音にすることは無いので、小さいので大丈夫かも知れません。

ノイズについても確かに電気的なものの方がきつそうですね。

お答えありがとうございました。

お礼日時:2010/09/14 23:21

30年ほど前のことですが、安田生命ホールで、私は背後に居並ぶマーシャルアンプではなく、エーストーンの8Wのチューブアンプでギターを演奏しました。

ベースはマーシャルを使ってました。
PA屋さんがちゃんと音を拾ってくれて、会場内には充分な音量のギターサウンドが届いていました(と思います)。
自分はステージにいたわけですから会場内の音は聞いていませんが、PA屋さんが録音してくれたカセットにはバランスよく納まっています。

思うに、マイクで音を拾ってPAで音量を上げようとした場合、ハウリングを起こしてしまうほど元の音量が小さかったり、他の楽器の音がかぶってしまったりしなければ大丈夫だと思います。
自分がPAみたいなことをやったときは、やたらとギターアンプのボリュームを上げられるのは困りましたね。PAよりも大きな音を出されるとバランスも何もありません。
ま、ギタリストとしてはでっかい音をだしたいのはよく分かりますが。
「小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使」の回答画像4
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

PA環境にもよりますが、エーストーン8Wでの演奏も可能と言うことですね。
音質を無視すればそれなりの音量でも問題無いみたいですね。

お礼日時:2010/09/12 23:24

PA屋です。



去年、ホテルのクリスマスディナーショウ(女性ヴォーカルおよびバックバンド)で
ギタリストの持ち込んだアンプはフェンダーの「ブルースジュニア」でした。

一応PAでマイクで拾いましたがマイクで拾わなくてもアンプの音量をあげれば大きすぎるくらいでした。

少しアンプの音量を下げてマイクで拾いました。

ブルースジュニアは真空管の15Wですね。

ポップスなら15Wで問題なく実用になると思います。

ロックでは多分15Wでは無理だと思います。

あと私はバンドを組んでいますが
以前はブルースデラックス(40W)を使っていましたが
現在はスーパーチャンプXDを使っています。

これまた真空管の15Wですが狭いライブハウスならPAなしで
100名規模のホールではPAで拾って充分実用になります。

私のやっているジャンルはブルースです。

私の経験ではポップスやジャズ、ブルースなら15Wあれば
実用になると思います。

ロックだと多分60Wは必要になると思います。

参考まで・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

15WでもジャンルによってはPA無しでもいけると言うことで了解しました。

お礼日時:2010/09/12 23:21

 公民館のようなところで機材持ち込みで何度かやったことのある者です。


 基本的にその規模ならどんなアンプでもPAで拾うのが当たり前なので、30Wくらいでも何とかなりますけど、質問の雰囲気からすると、PAを通さないでギターアンプだけで聴かせるという意味なのでしょうか。そうだとするとロックなら30W程度では全く使い物になりませんよ。だいたい、ロック系の曲なら、パワフルなドラムの生音でほぼ完全にかき消されます。
 また、ライブハウスのようなところでは、練習スタジオとは違って、ハウリング防止のため大抵どこもデッドな造り(反響を極力抑えた構造)で、室内の反響音は全く期待できませんから、アンプの直接音だけで聴かせることになりますが、ギターアンプの音は直進性が強いため、正面以外の人にはほとんどまともに聞こえません。席によって全く聞こえ方が違うし、そもそも弾いている本人が聴きづらいです。これは音圧と指向性の問題ですから、真空管アンプかどうかも関係ないです。まあ真空管アンプはヘボなソリッドステートより音圧が高めというイメージがありますから真空管のほうがいくらかはましかもしれませんが、五十歩百歩でしょう。
 PAの基本として、客一人当たり最低1W、ロックなら3~5Wの出力が必要と言われています。これは客の服や体に吸音効果があるためらしいのですが、それ以外にも客が出すガヤ音などの雑音の影響もあるというのが経験者としての実感です。キャパ100人でロックなら出力500Wは必要で、それもピーク音でオーバーロードしないためには機材の規格上その倍以上の出力の余力があることが望ましいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございます。
記入洩れがありましたが、ギターアンプにもマイクを立てる前提です。

PA周りの知識については非常に有益でしたので、今後参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/09/12 23:19

んーー、、30Wは厳しいかな、最低でも50-60は必要ですね


また、ベース、ドラム、ボーカルと必要に成ると思いますが、
それも絡みますので一概に言えませんが、

この回答への補足

私の経験だと、40Wのフェンダーアンプでもそれなりに余裕がありました。
なので30Wはおそらくフルまで持っていく前に十分な音量が稼げると判断していますが、どのような根拠でしょうか。

実際最低でも必要だと思ったアンプとその時のシチュエーションを教えて下さい。
感覚での回答は求めておりませんし、そのようにしつこく書いております。

>ベース、ドラム、ボーカルと必要に成ると思いますが、

何が必要になるのでしょうか?
PAは利用しますし、ベースアンプもあると思いますが、
いわゆるライブハウスのステージでの音量について確認が必要な要件がありましたら補足しますので教えて下さい。

補足日時:2010/09/12 16:52
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターアンプ ライブで使えるW数

ドラムの音に負けないぐらいの音量が出るのは、何Wぐらいのアンプからですか?

5Wの今使っているVOXのでは少々キツイかなと思い、新しいアンプの購入を考えています。

おすすめのものがあったら是非教えて頂きたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'66 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112
値段は安いけれど一生物の価値あり。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...ギターアンプはこの位の出力が必要なのです
youtubeサンプル(チェックしたい事をキーインすれば良いので活用してください)
http://www.youtube.com/watch?v=K9J3wqrguWU
http://www.youtube.com/watch?v=ithxOtJaAGQ
http://www.youtube.com/watch?v=GvwltTuJrnU
http://www.youtube.com/watch?v=85i8ZvpLWdc
http://www.youtube.com/watch?v=i9ds2Xc73A4
http://www.youtube.com/watch?v=LfcDdO7njfQ&feature=related

日本では事実上、総代理店が廉価直売している為、店頭には並ばないメーカーになっていますがアメリカ映画の酒場等の1シーンにも出てくる程、全米一の音響メーカーです。
実に勘所を捉えている音色、BANDIT 112はそのベストセラーで歴史もある機種です。
特に真空管の必要性を感じさせない音色、TRANSTUBEシリーズの最高位の製品でもあります。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉価直売で楽器店店頭に並ばず知る人ぞ知るの存在、リンク先レビューの如く間違い無く優れもの。
ほぼ真空管同様の音色、テストの為購入した下位機種ENVOYIIで私の愛器'67 Fender Vibrolux Reverbと比較、遜色無し、むしろファット、お奨めです。出力調整機能付き。PEAVEY BANDIT 112 値段は安いけれど一生物の価値あり。
ギターアンプはこの位の出力が必要なのです。http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=571%5EBANDI...

ZTもThe Clubなら実用出来ますが価格が少し高めです。

事実上Bandit 112に勝るアンプはありません。購入者レビューの通り優れものです。
繰り返し改良を重ねて来た製品は次元が異なるのです。

真空管アンプでも15や30Wでは使い物になりません。
ジャズコンボでもPrinceton Reverbは音量不足、Vibrojux Reverbでどうにか、結局Twin Reverbで決着。
しかし後年ソリッドステートのPeterson、Polytoneも使用、実際には使われているスピーカー音色で決まります。
Banditの良さはEminence製スピーカーBlue MarvelとTransTube回路によります。価格が破格に安いことも特筆出来ます。

要は前述の各アンプと並べてジャズギタートーンの音色合わせ込みが出来るレベルのアンプであると言うことです。

Peavey Bandit 112をお薦めします。
以下、重複部も含みますが過去の回答を貼っておきます。

ジャズギタートーンも良い歴史的なロングセラーです。 初来日のジム・ホール、バーニー・ケッセルも使っていました。

youtube で「peavey bandit112」 キーイン 1ページ目http://www.youtube.com/results?search_query=bandit112+&aq=f

Peavey を紹介しておきます。
このアンプが抜群に素晴らしい、40年を越えるロングセラー、来日ジャズギタリストも使用していた程の定番ギターアンプ。
近年は輸入総代理店が廉...続きを読む

Qバッファーをどこに・・・

ギター(パッシブ) > コンパクトペダル3台 > 7Mのケーブルで真空管アンプに接続しています、さらにアンプのループでわ空間系マルチを使用していて、音の劣化が気になります、そこでバッファーを購入して対応しおうかと思うのですがどこにかますと効果的なんでしょうか?ギターの次?

Aベストアンサー

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質問の趣旨が「音痩せ(音劣化)対策」であるならば、以下の回答になろうかと思います。
(1)ギターのメンテ(弦の張り方(ネジレが無い)とペグの巻き方、弦高、オクターブ調整、
   ネックの反り、フレット調整など)をきちんとして、物理的に「鳴る」ギターにする。
   これができていない人が多いですネ。物理的に「鳴らないギター」は、どんなにエフェ
   クターをかましても良い音は出ません。
(2)シールド(ケーブル)は安物は使わない。また、可能な範囲で短く使う。
   特にエフェクター同士をつなぐパッチケーブルは、1本数百円のような物は、中の芯線
   (銅線)が5本程度しか入っていない粗悪品もあり注意が必要です。予算の関係もあろう
   かと思いますが、パッチケーブルは、できれば1本2,000~3,000円のしっかりした物を
   使うことをお薦めします。
(3)エフェクターは直列でつなぐ個数をなるべく少なくする。
   やはり、エフェクターやボリュームペダル等はつなぐ数が多いと音は劣化して行きます。
   直列でつなぐ個数を減らすためには、スイッチングで並列にし、チューナーを別系統に
   するとか、歪み系と空間系に分けるとかにするのも良いですネ。


「バッファーをかませる」と言う行(くだり)は、バッファーが何の役割をするのか?を正しく
理解していないといけませんので関連する事項を少し解説します。

<バッファーの意味>
バッファーとは「物と物の間が衝突や不和の状態にある場合、それを緩衝する(和らげる)」と
いうのが本来の意味です。
エレキギターやベースの世界では、出力側と入力側のインピーダンス(交流信号における抵抗値
/単位:Ω)のマッチング(状態)がよろしくない時に緩衝するのがバッファーの役目です。
通常は「ロー出し:ハイ受け」と言って、出力側のインピーダンスを低い値で出し、入力側の
インピーダンスを高い値で受ける(入力する)と電気信号的に都合が良いとされています。
つまり、出力側のインピーダンスを低くするための機器がバッファーで、言うなれば「インピー
ダンス変換装置」とでも言えます。
例えば、パッシブのベースをPA卓に直接つなぐ時、パッシブPUの出力インピーダンスは数百kΩ~
数千kΩという高い値なので、そのままではPA卓につなぐと音声レベルが低くなり、さらにそのまま
増幅するとノイズ等もいっしょに増幅するため、良い音にならないと言う不都合が生じます。
よって、パッシブPUのベースは、DI(ダイレクト・インジェクションBOX)を介し、インピーダンス値を
低くしてPA卓につなぎます。つまり、このDIがパッファーの役目(インピーダンスの変換役)をする
ワケです。
※DIは、ベースの音痩せを防ぐための機器ではありません。
※市販されている「バッファー」は、ブースターに入っているものが多いため、ブースターを
 バッファーと勘違いされている方も多いようです。

<インピーダンスとノイズ>
出力インピーダンスが高いと他の不都合もあります。
エレキギター等の交流信号はインピーダンス値が高いため、そのままケーブル(シールド)を伝わって
行くと電気ノイズに弱く、いわゆるハイ落ち等の現象が出てきます。
※その「ノイズ」を拾わないために、ケーブルには「シールド」といわれるガードが施されていて、
 ギター・ベースにつなぐケーブルを通称「シールド」と呼んでいますネ。

つまり「バッファー」は音痩せ対策のための機器ではなく、インピーダンスの不和を緩衝(調整)した
り、音声信号への不都合(電気ノイズ、ハイ落ち)を防ぐするための「インピーダンス変換(調整)
装置」と認識された方が良いかと思います。


<ノイズ 対策>
ノイズ対策をすると言う趣旨あれば、以下の回答になろうかと思います。
(1)物理的な対策(ギター本体のアース、スイッチ、ポット、ジャックの状態)をきちんとする。
(2)シールドはなるべく良い物で短く使う。(電気ノイズ対策)
(3)ギターのPUをアクティブ化する。(インピーダンス対策として)

PUをアックティブ化するとバッファ回路が組み込まれます。ギターからの出力インピーダンス値は
低く(ローに)なり、シールドに伝わる音声信号が電気ノイズ等に強くなるワケです。アクティブ
PUはEMGなどから販売されていると思います。
但し、PUをアクティブ化する際は何点か注意が必要です。
ご存知だと思いますが、バッファを組み込んだアクティブ回路のPUは、低インピーダンス値でロー
ノイズになりますが、出力が弱いためプリアンプ(電源が必要)で出力を上げる必要があります。
電源は通常、9Vの電圧(最近のアクティブベースは18Vもあります)が必要で、9Vの四角い電池を
ギターのボディーに収納しなければなりません。収納できなければザグリ(ボディの削り)を広げ
たり、新たに彫ったりすることが必要になります。
また、アクティブ化すると常に電池の残量を気にしていなければなりません。電池がなくなってくると
とてもショボイ音になります。また、LIVEの本番ステージで「電池切れで音が出ない!」ということも
あります。

<その他>
「音痩せ」を防ぐには、元々の音が太く、芯があることが重要です。
「音」は電気的な回路だけで決まるものではありません。ギター本体やネックの材質、ネックと本体の
セット状況、ナットやブリッジの材質・形状、PUの種類・位置、コンデンサーの種類、弾き方など
など、切が無い(?)ほどです。

<まとめ>
ベース暦:40年の経験から言いますと、ベースは特に「太い音」「芯のある音」を追求しますので、
私も「音痩せ」には相当悩みましたが、結局辿りついたことは・・・、
(1)元々「太い音」「芯のある音」でないと、エフェクターをかましても意味がない。
(2)物理的に「鳴る」ように、セッティング・調整を怠らない。
(3)エフェクターはオーディオレベルの物を使い、1系統あたりの個数は可能な限り少なくする。
(4)シールド・ケーブルは良い物を使い、なるべく短い物を使う。

てなところです。 ギターとベースだと少し異なると思いますが、参考にしてください。
「イイ音づくり」は悩みますが、悩めば悩むほど楽しいものです。

 楽しいギターライフを!  長文、失礼しました。

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Q今度、友達の披露宴でバンド演奏をすることになり、ギターとベースのアンプ

今度、友達の披露宴でバンド演奏をすることになり、ギターとベースのアンプを準備する必要があるのですが、ほとんど素人なもので、どのくらいの出力(ワット数)のものを準備すれば良いのかが分かりません・・・。大体の感覚で構いませんので、教えて頂けませんでしょうか?

ちなみに、会場の正確な大きさは分からないのですが、100名(8名がけの円卓が12台)まで入るホールとなるようです。

Aベストアンサー

そういう事に、年に2~3回は必ず駆り出される素人PA屋ですが、その経験から言えば、何よりもまず会場の状況を正確に知りましょう。

本人達は、誰に何を聞けばいいかわからないし、だいいちそんな暇もないでしょうから、とにかく披露宴の場所(建物住所的な点と使う部屋の名称)と時間だけ正確に確認して、あとは自分たちで直接会場と連絡を取る方が良いです。変に間に人が入ったら、絶対に情報がぶれます。
私は、電話で会場の担当者のお前を確認したら、アポ取って直接現場に会いに行きます。
もちろん、相手も忙しいですから、こっちが仕事休んででも相手の都合に合わせざるを得ませんが、会場も客商売ですから、そんなに無茶を言われた事はありません。

ホテルや挙式専門会場であれば、あんまりごっつい機材は持って行かない方が良いです。
セッティングも大変だし、馬鹿でかいアンプを持って行って、自分たちの会場ではなく隣室に騒音をまき散らすハメにもなりかねません。
むしろ、最低限の小型アンプ、全ての楽器にライン送りできる機材(D.I.など)と、小型ミキサーを用意して、もっぱら会場側のPAを通して音を出す…というのが、最近の私の所の定番手段です。

最近では、ギターとベース各1くらいなら、D.I.等さえ用意すれば、会場のPAミキサー側で受けてくれるケースも多いです。

アンプは持って行っても、ギターは自宅練習用の10W台ので十分。前述のラインで録るか、会場のマイクで拾って貰うのを前提に。
ベースも会場にラインで拾って貰うのを前提に、持って行ける中で最低限ので良いです。

で、会場側で、楽器音を流して狙える余地があるかどうか…を、何よりもしっかり確認する必要があるわけです。

間違っても、自分たちのアンプでホール全体をカバーしようとはしない事です。
素人がどう足掻いても、アンプ前の円卓は大騒音でみんな顔が引きつりまくり。後方の円卓は「なにやってるかわからない」にしかなりません。

最近の会場なら、会場全体にまんべんなく音を送るPA設備は必ずあります。
それをどう使わせて貰えるかがカギですね。アンプなんかよりそっちの方が重要です。

そういう事に、年に2~3回は必ず駆り出される素人PA屋ですが、その経験から言えば、何よりもまず会場の状況を正確に知りましょう。

本人達は、誰に何を聞けばいいかわからないし、だいいちそんな暇もないでしょうから、とにかく披露宴の場所(建物住所的な点と使う部屋の名称)と時間だけ正確に確認して、あとは自分たちで直接会場と連絡を取る方が良いです。変に間に人が入ったら、絶対に情報がぶれます。
私は、電話で会場の担当者のお前を確認したら、アポ取って直接現場に会いに行きます。
もちろん、相...続きを読む

Q自宅で使うFenderの真空管アンプが欲しくて考えております。歴2年ほ

自宅で使うFenderの真空管アンプが欲しくて考えております。歴2年ほどの初心者です。
現在アンプはVox Ac4を使ってます。
歪ます事はほぼなくクリーンで気持ちのよいのが欲しいのです。
動画ではビンテージのVibro Champあたりが気に入ったのですが
知り合いからやはりド素人の私には手を出さない方が良いと言われました。
注意点としてどこを一番気をつけないとだめですか?

仕方ないのでVibro Champ XDというのを試したのですがどうもトランジスタぽい感じがしました。
イメージしていた感じではなかったです。それともVibro Champも同様な感じなのですかね?
Xdの方はシュミレーターでChampion 600同様のフルチューブではないのですか??
'57Champぐらいしか良いのはないでしょうか
あと一度も弾いた事はないのですがやはりPrinceton Reverbは自宅では爆音なのでしょうか?

Aベストアンサー

Fenderは目盛1が最小、2.2くらいから音が生きて来て家では2.5~3で使います。
15Wのほんの一部を使うだけです、家以外でも使える良いアンプを一台、先述の様に将来の音楽活動も考え、なるべく買いなおし無しの賢い選定をします。(ドラムが加わるならジャンルにもよりますが60W以上は必要)5Wとか7Wのアンプは無用、かえって勿体無い浪費です。
調べたいモデルは先述の手法でチェックして下さい。
15Wは15W、大差ありません、練習に出掛けますのでまた思い付いたこと等、連絡します。
そちらからも気になること等コメントして下さい。
繰り返しますがTwin Reverbでも家族に迷惑をかけずならっしていますので使い方(ただ必要位置にVRをセットするだけのこと、Twinで2.2~2.5)
ではまた。(決定には仕様の細かい事まで調べる必要があります、いくらでもカタログは検索で見られます、またユーザーレビューは経験の浅い多くを知らずの記述も多く注意が必要です)

Qライブでのギターのリバーブって。。

すいません教えてくださいm(. .)m

エレキギターにBOSSのSD-1をかましてライブやるつもりです。

普段のストロークでの音色はアンプで作っておいて、
ソロの時SD-1を踏んでブースターとして使うつもりです。

しかし、そのソロの時結構深いリバーブが欲しくて(だいたい皆さんソロはリバーブ深くないですか)、
その方法をどうすればいいのかわかりません。

以下聞きたいことをまとめてみました。
・PAに「ソロの時だけリバーブ深くしてくれませんか?」と言う。
↑これは一般的ではないのでしょうか?
・リバーブのエフェクターも繋いで、ソロの時SD-1と一緒に踏む。
↑これが一般的な気がするんですが、皆さんそうしてるんですかね。。?

ずっとアコギでライブやってたのでエレキの用い方に関してド素人です。
お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

皆が、ソロの時に複数のエフェクターをいっぺんに踏んでいるのかどうかという質問ですよね?

2つだったら踏んでいる人を知っています。
いつもPAさんにお願いしている人も知っています。(リハに時間がとれる事が条件でしょう。)

いっぺんに3個以上のエフェクターを踏むのは難しいので、そういった人はマルチエフェクターを使っているのではないでしょうか?

SD-1のようなコンパクトエフェクターの音にこだわりを持っている人は、高価なスイッチングシステムを使っていたりします。

それぞれメリット・デメリットがあると思うのでどれが正解とは、言い難く人それぞれ工夫して好みの音をつくっているのではないかと思います。

わたしは、エフェクターを踏むのが苦手なので、ソロ以外の時にもショートディレイをかけっぱなしで、ソロの時にコンプレッサーを踏んで音を持ち上げています。

ライブ当日、ソロの時にエフェクターを2つ踏む準備だけはしておいて、PAさんにソロのときだけエフェクトをかけてもらえないか相談してみてはいかがでしょうか?

Qなぜ,ライブでエレキギターはアンプのスピーカーぎりぎりにマイクを置くの

なぜ,ライブでエレキギターはアンプのスピーカーぎりぎりにマイクを置くのか?

ライブでは,ライブハウスのPAの方が必ずエレキギターのアンプのスピーカーのすぐ前にマイクを置いています。
ところが,エレアコは必ずDIを通します。
なぜでしょう。
エレキギターと同じようにアコギ用のアンプにマイクを置くことをしないのでしょうか?
PAに詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

逆に言えば、
「なぜエレキギターはDIを通さないのか」とも言えますね。
ギタリストからすれば答えは単純で、
「アンプ・キャビネットを含めた音作りをしているから」です。
エレキギターはアンプまで含めて楽器なんですね。
Podなどのアンシミュは、直接DIに送ることも想定されてます。

対して、エレアコの目指す場所は「ギターの生音の再現」であり、
アンプは言ってしまえば余計な要素です。
内蔵マイクやピックアップで既に拾っている音を、
またアンプで出力してマイクで拾い直す必要は無いからです。

・・・というのが素人なりの解釈です。
詳しい方からはもっと的確な回答があると思います。

ちなみに、ベースをDIに送るのも似た理由でしょうね。
アンプで出力してマイクで拾うと、低音成分が拾い切れないらしいです。

Qライブでも使えるアンプ教えてください!                

ライブでも使えるアンプ教えてください!                       いろいろな質問の回答により、アンプ直で音をつくることにしました  なのでいろいろなアンプを買って試していこうと思っています(予算は気にしません) 僕はバンドを組んでいてセカンド(リズム)ギターをします。ジャンルはロック・パンク系(RADWINPS・バンプオブチキンなどなど) (1)ライブでも使えるアンプ(Peavey Bandit 112以外)を教えてください!(予算は気にしません) (2)ライブハウスに自分のアンプを持っていってするということはできるでしょうか? 持っていって良い事・悪いことを教えてください! (3)Peavey Bandit 112を購入を考えています! ライブでも十分使えると思いますか? 

Aベストアンサー

(1)について-将来のアンプとして
MESSA/BOOGIE ROAD KING HEAD
・高価だがオールマイティ
MESSA/BOOGIE LONE STAR HEAD
・少しだけ安価。Distortion pedalを使えばオールマイティ

MESSA以外の競合機種は、比較的安価だが、特にクリーン音で味わい深さが劣る。また音の立ち上がりが遅い。MESSAは頑丈でもあり、あなたが成長するにつれ音楽の好みが変わり続けてもずっと使える。ヘッドアンプを奨めたのは、軽くはないが可搬性が良いことと、ライブハウスに最低でも大型キャビネットが一基は置いてあるから。

(2)について
他の人が詳しく回答しているとおり。

(3)について
最初の練習機としてはかろうじてOK。だが、ライブではどうかなあ。比較的小さなハコでもコンボアンプなら、フルチューブ50W以上+スピーカ2基は欲しいね。すると、30kgを超えてかなり重い。運ぶのが苦にならないのなら、そうしたスペックのアンプがいいんじゃない? 月並みだけど手堅いメーカーを上げておく。MARSHALL、MESSA、FENDER。みんな重いよ。FENDERが一番軽いかな。

(1)について-将来のアンプとして
MESSA/BOOGIE ROAD KING HEAD
・高価だがオールマイティ
MESSA/BOOGIE LONE STAR HEAD
・少しだけ安価。Distortion pedalを使えばオールマイティ

MESSA以外の競合機種は、比較的安価だが、特にクリーン音で味わい深さが劣る。また音の立ち上がりが遅い。MESSAは頑丈でもあり、あなたが成長するにつれ音楽の好みが変わり続けてもずっと使える。ヘッドアンプを奨めたのは、軽くはないが可搬性が良いことと、ライブハウスに最低でも大型キャビネットが一基は置いてあるから。

(2...続きを読む

Qエフェクターをマルチかコンパクトかで悩んでます…

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」と。
そのときは決めきれず、お金も13000円程しかもっていなかったので今日は何も買いませんでした。

家に帰ってからインターネットでマルチエフェクターについての意見というか、使用感を調べてみると… あんまり良くないみたいですね。
そもそもなぜそんなにマルチエフェクターがバッシングを受ける必要があるのでしょうか。
僕も実際マルチエフェクターを購入する気はさらさらありませんでした。
それはマルチエフェクター自体が嫌いなのではなく、僕の好きなギタリスト(浮雲さんです)がライブなどでコンパクトエフェクターを使っているということで、「真似しよう!」という単純な理由です。

実質的にコンパクトエフェクターを繋いでいくのと、マルチエフェクターを使うのでは音が違うのでしょうか。
ネットで意見を見ていると、みんながみんなマルチを批判し、ただ「みんながマルチを批判してるから確かに俺もそう感じるかも…」というので言ってるように思わなくも無いのです。(気を悪くされた方、申し訳ないです。)

今日の楽器屋見物でマルチエフェクター購入も考えの中に入ってきました。
「マルチがいいかコンパクトがいいか、それは個人の好みです。」て言われるとどうしようもなくなるのですが、皆さんの場合はどうお考えなのか、聞きたく思い、質問させていただきました。
また、もしオススメのマルチエフェクターがあるというなら教えていただきたいと思います。
皆さんの率直な意見をお聞かせくださるとうれしいです。

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」...続きを読む

Aベストアンサー

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材をつないでいく関係上、音が出ないなどのトラブルが出たときにチェックするべき項目が多くなるというのも頭の痛いところです。それに、細かなところまで突き詰めれば、ケーブルの接点は音質劣化の元になる要素ですので、配線が増え接点が多くなること自体も音質面では不利といえます。マルチエフェクターの場合は、電源は一括して管理できますし、配線関連や配置でも頭を悩ますことはないでしょう。
また、パッチを記憶させておくことでエフェクトをまとめて一気に変更することができると言うのも一つの利点ではあります。コンパクトペダルの場合は、特別な機材を追加するか、一つ一つのペダルをon/offしていくしかありませんので、たくさんのエフェクトを変更するのが難しいことがあります。

ただ、マルチエフェクターは直感的な操作が難しいものが多く、パラメータにも癖がある場合があります。特にコントロール類が簡素化されすぎて細かな調整が利かなかったり、エフェクトの内容によっては煮詰めきれないと感じることも少なくないでしょう。痒いところに手が届かないマルチエフェクターも多いと感じます。
また、マルチエフェクターに含まれるエフェクトについて、同じエフェクトで比較するとそれ単体を商品化したコンパクトの方が肌理細やかな調整がしやすかったり、音質的な品質についてもより高品位なものの方が多くあります。
それと、一部の機種を除いて、コンパクトエフェクターでは可能なつなぎ順を変えたり、一部の欲しいエフェクトだけをフレキシブルに交換したりというような使い方ができないことがあるのも、マルチエフェクターの弱点の一つともいえます。エフェクトはつなぎ順のセオリーはあるものの、つなぎ順を変えることでエフェクトのかかりを変えることができることもまた事実で、そうした要素によりいろいろと突き詰めることにも一つの楽しさがあります。マルチエフェクターはそうした楽しみができる機種が非常に限られます。

マルチエフェクターは、便利さの点ではコンパクトを突き放す利点があると思います。ただ、音質的な追求の上では、マルチエフェクターはコンパクトエフェクターよりも制約が多くなることも多いでしょう。

個人的には、自宅練習用のエフェクターと割り切るのであれば、安いマルチエフェクターでも使いでがあると思います。ただ、大型アンプにつないで使う場合には、安いマルチエフェクターでは少々心許ないかも知れません。ただ、特にこのエフェクトが欲しいと確固たる目的がない場合には、マルチエフェクターの便利さの方が際立つでしょう。マルチエフェクターを通じていろいろなエフェクターの種類や実際の効果などを知るのもよい経験だと思います。

参考まで。

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材を...続きを読む

Qセンドリターンが無いコンボアンプにセンドリターンを付けたいのですが

GLAYDAY731と申します。宜しくお願い致します。

現在VOXのVT30というデジタルギターアンプを持っているのですが、最近POD X3 LIVEを買った為、それをアンプのリターンに繋ぎたいと思い始めました。
でもVT30にはセンドリターン端子がありません。
改造して増設しようと、中身を確認してみたのですが、大きな基板が2つほどあり、しかもそんなに回路に詳しくない為、どこまでがプリアンプ部でどこからがパワーアンプ部なのか見つけることが出来ませんでした。
そこの分かれ目さえ見つけることが出来れば、あとは線引っ張ってきて増設した端子に繋いで・・・という風に改造出来そうなのですが、どうしても分りません。(基板上のどこで分かれているのか)

プリ部とパワー部を回路的に見分ける基本的な方法などありますでしょうか?


別なお願いになってしまいますが、VT30と同シリーズのVT100にはセンドリターン端子が付いています。
もしVT100を持っている方おられましたら、センドとリターンの端子が基板のどこに接続されているか、分りませんでしょうか?
すごい迷惑な話だと重々承知ですが、もし心優しい方おられましたら教え頂けませんでしょうか?
センドリターン端子と基板との接続部分の写真等でも構いませんので。。
お願い致します!!!

パワーアンプ買えばいいじゃん、って声が聞こえてきそうですが、家に置き場所がもう無くて、あんまり機材は買えない状況なのです・・・。
今ある資源(機材)を有効活用したくて、この改造計画を立てている所存です。

ご教授の程、宜しくお願い致します。

GLAYDAY731と申します。宜しくお願い致します。

現在VOXのVT30というデジタルギターアンプを持っているのですが、最近POD X3 LIVEを買った為、それをアンプのリターンに繋ぎたいと思い始めました。
でもVT30にはセンドリターン端子がありません。
改造して増設しようと、中身を確認してみたのですが、大きな基板が2つほどあり、しかもそんなに回路に詳しくない為、どこまでがプリアンプ部でどこからがパワーアンプ部なのか見つけることが出来ませんでした。
そこの分かれ目さえ見つけることが出来れば、あと...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、他人には絶対にお勧めできない「私なら…」の方法ですが…

まぁ、あんまり回路に自信がない(私でもパッと見て解析できない時)なら、No.1の方の「マスターボリューム前」が一番触り甲斐はありますが、
>ポットの端子1がGNDに繋がってたら、ほぼアナログといっても大丈夫でしょうか?
自体は、これっぽっちも判断根拠にはなりません。
といっても、万一マスターボリュームポットがコントローラだったら、カプラー付きの細い配線だと思うので、ある程度の太さのシールド線かツイスト線だったらアナログっぽいですけどね。

ただ、私だったらまずボリュームポットのΩ値見て、せめてほぼ同じボリューム値のポット用意して、本体ボリュームの配線外して手持ちボリュームに同じように配線して、、ボリュームを経由した出力を手持ちの「壊れても良い」小型パワーアンプかラインレベル入力機器(ヘッドフォンモニターできる奴)に繋いで、まずちゃんとアナログかどうか、併せて概ねの出力信号強度のあたりはつけますね。
もちろん、デジタル出力だったら繋いだ機器がぶっ壊れるのは一定覚悟の上です(まぁ、デジタルだったら前述の通り引っ張り出せるような配線材ではないと思いますが)。

信号出力のあたりはつけとかないと、POD X3なりなんなりの入力規格とあんまりかけ離れたプリ出力だったら、PODでゲイン不足/過大が起きて使い物にならないので、何か整合回路を噛ませないとどうしようもないし、特にプリ出力が大きめなら、POD X3の出力をそのままパワーアンプに送ってもちゃんと鳴らないですから、なんか増幅段が必要になります。
そういう意味で、まともなセンド/リターン回路は、ただ単にプリとパワーの間の配線をちょいちょいと引っ張り出してるだけとは限らず、意外と手が掛かっている事も多いですから、注意深くやんないとえらい目に遭います。

うーん、他人には絶対にお勧めできない「私なら…」の方法ですが…

まぁ、あんまり回路に自信がない(私でもパッと見て解析できない時)なら、No.1の方の「マスターボリューム前」が一番触り甲斐はありますが、
>ポットの端子1がGNDに繋がってたら、ほぼアナログといっても大丈夫でしょうか?
自体は、これっぽっちも判断根拠にはなりません。
といっても、万一マスターボリュームポットがコントローラだったら、カプラー付きの細い配線だと思うので、ある程度の太さのシールド線かツイスト線だったらアナログ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング