最新閲覧日:

 自治体の名称で、「町村」を「まち・むら」と呼ぶか「ちょう・そん」と呼ぶか、それぞれの地元で呼び方がありますが、これに法則はあるのでしょうか。

 沖縄などは「ちょうそん」で統一されているみたいですが、京都や大阪は「町」が「ちょう」のくせに「村」が「むら」(南山城村と、千早赤阪村と一つずつだけれど)です。
 さらに、京都はみんな「ちょう」なのかと思えば「向日町」(現在は向日市)は「むこうまち」(駅名と競輪場がのこっている)です。
 みなさんの地元で、こういう法則がある、と思われる方、情報をおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 これは私も昔から疑問をもっていて、自治省(当時)発行の「全国地名一覧」(←正確にこの名前だったか、定かではありませんが)で調べたことがあります。

この本は東京の都立図書館にありました。
 確かに、ある程度の法則性があるようです。
 私は関東の出身ですが、関東1都6県と新潟、長野、東北では青森、秋田、山形、福島の各県では、「町」はすべて「まち」と読みます。それで私は子供の頃、自治体の「町」はすべて「まち」と読むのが正しく、「ちょう」と読むのは、間違いだと信じていました。アナウンサーが例えば栃木県那須町を「なすちょう」と読んだりすると、ものすごく違和感を感じたものです。それは今でも変わりません。多分、都会出身のアナウンサーが有楽町、兜町などからの連想で、誤ってそう読んでいるのだろうと思っていました。私の感覚では、町長、議会などがあり、小中学校を設置し、小さいながらも一応、都市としての形を備えた「町」は「まち」と読む方が重厚な感じがして相応しく、「ちょう」というのは、有楽町など、都市の一角を指す言葉で、かなり軽い感じがすると思っていました。自治体の「町」で「ちょう」と読む所もあると知ったのは、かなり成長してからでした。
 一般に西日本では「ちょう」、東日本では「まち」と読む傾向があるようですが、九州でも福岡、熊本ではすべて「まち」、北海道ではすべて「ちょう」、宮城、岩手でも一部は「ちょう」と読んでいます。静岡ではすべて「ちょう」(例えば函南町、中伊豆町など)と読むので、神奈川、静岡間が一応、東西の境界なのかもしれないと、私は思っています。
 なお念のため申しますが、ここで「町」というのは、例えば神奈川県箱根町、東京都大島町、栃木県那須町など、自治体名としての「町」のことです。市町村をさらに小分けした、単なる地名(大字、小字に相当するもの)としての「町」は別です。
 市町村をさらに小分けした「ちょう」の中には、「町」でなく「丁」という字を使う所も、昔はあったようです。(今もあるかどうかはわかりませんが。)例えば仙台では、武士の住む地域を「丁」、町人の住む地域を「町」と言って使い分けていたようです。ただし、これも今では、例えば「片平丁」が「片平一丁目」などと変えられてしまい、「丁」と「町」の区別はなくなってしまったようです。
 「村」は沖縄ではすべて「そん」ですね。これにはちょっとカルチャーショックを受けました。東日本では多分、「村」はほとんど「むら」だと思いますが、私の知っている例では、唯一、東京都新島本村が「そん」と読んでいるようです。
 多少ともお役に立ちましたでしょうか?
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古い質問にご回答ありがとうございます。

私などは、「ちょう」のほうが「ちょうぎかい」や「ちょうりつとしょかん」のある、しっかりしたものに感じるのですが、さまざまですね。
(「まち」の人は「町内会」など「ちょう」を日常に使うせいでしょうか。田舎では「ちょうないかい」じゃないから。

お礼日時:2002/07/21 15:52

私は古くからある集落が「そん、ちょう」と呼ばれ、行政区域が出来てから名付けられたものが「むら、まち」であると、ラジオで聴いたことがあります。

たぶん永六輔さんがいっていたような・・・
向日町は、明治22年に周辺の村と向日町(この時の呼び名は不明)が合併して「むこうまち」になったようですから、そんなに古い時代の話ではないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あたらしいほうが「まち」という説ですね。
京都で明治22年、というのは古いというのかどうか、判らないところですが、京都のほかの「町」の、たとえば「美山町」や「久美浜町」などの「ちょう」は「向日町」より新しいと思うのですが・・。(ネーミングが、新しく公募してできたような名前です)

お礼日時:2001/04/14 17:14

岡山県に「茶屋町」(瀬戸大橋線)という駅がありますが、現在は倉敷市に合併されています。


ほかの「町」は「ちょう」ですが、「茶屋町」は「ちゃやまち」です。

「法則」ということだと、「○○まち」は駅名で最後までのこる」という法則があるでしょうか。「向日町」とちがって、「茶屋町」はいなかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「茶屋町」が合併しなければ、100%「ちょう」をくずせた?
くずしたからといって、何でもないですが・・。「向日町」もおしいところ・・?
(何が・・笑)

お礼日時:2001/04/14 17:22

例えば兵庫県には「××市○○町○○町」という地名があり、「○○ちょう○○まち」と読みます。


つまり、「ちょう」の中に「まち」があります。
土地ごとに、それぞれの法則があるのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「○○市○○町」は「○○ちょう」なのをよく聞きますが、その下に「まち」があるとは・・。郵便番号は「まち」でついているんでしょうかねえ。

お礼日時:2001/04/14 17:25

私は以前、放送局に勤めていた者です。


ご質問の内容に対しての回答にならないかもしれませんが。
放送局には地名(市町村、そして大字小字に至る)の
正式な読み方を表記してある総覧が置いてあります。
ニュースで地名を間違って放送してはいけないからです。
私が勤めていた放送局でも『むら』と読む自治体と『そん』と読む自治体とを
間違えずに放送するよう注意を受けていました。
しかし、その総覧が発行された後に読みが変わった自治体もあり、
市の地籍調査課に確認することもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロの方はたいへんですね。
上のようなのは、とくにややこしそうですね。

お礼日時:2001/04/14 17:26

きちんとした回答ではありませんが…


「地理データ集」というページの中に,県別の表及び分布図がありました。(下記URL)
1969年現在と少々古いのですが,その後合併が進んだり市制施行などで町村の数自体が減っているので,地域別の数を見るにはむしろ古いほうがよいかもしれません。
大まかには,東日本が「まち・むら」,西日本が「ちょう・むら」,ただし中国・四国・九州の一部と沖縄は「ちょう・そん」ですが,細かく見ていくと一概に言えないところもあって興味深いものがあります。
「地理データ集」では,これらの傾向が生じた原因として,「町村制の施行に際してそれぞれの府県で指導方針に違いがあったのではないか」としていますが,このほかに各地域における,「語感」ないしは「音の響きに対する感覚」も働いているような気がします。
以前,ある県の「○○町(ちょう)」を「○○まち」と読んだところ,その近所の出身者に「○○ちょう!! 地名はちゃんと読んで!」ときつく怒られたことがあります。
東京にもほぼ同じ地名があって(私は東京出身),そちらは「まち」と読むので,私には全然違和感がなかったのですが,その人にとっては,「ちょう」と読むことは違和感以前の問題で,「まち」などと読まれると生理的に気持ち悪くて許せないそうです。
もっとも,町村制の施行以後に読み方が固定された結果,各地域でそのような感覚が育ったという可能性もありますが。

ちなみに,佐賀県には,「脊振村(せふりむら)」の隣に「東脊振村(ひがしせふりそん)」があったりします。何かお互い譲れないものがあったのでしょう。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/data/matimu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
東西で「まち」と「ちょう」の傾向がわかれますか。やっぱりこれも「関ヶ原」が「境」だったりして。(ちなみに滋賀県は「ちょう」ですね。岐阜県は?)

歴史的には、「市町村」制度ができるまえから「まち」と呼ばれていたところがそのまま「まち」になって、あとからできたところが「ちょう」かな、という気もしたのですが、それだと、西日本のほうが歴史がふるそうなので、逆のようですね。
京都の「むこうまち」は、平安京のまえに長岡京があったような「都会」だったので、京都のほかの「町」とは歴史が違う、とアピールしていたのかと・・・。

「語感」は説得力がありますね。東西で「語感」も違うでしょうから。

京都・大阪の「むら」で、名前が長いと「むら」かなあ、と思ったりもしましたが、脊振村、東脊振村は、長いほうが「そん」ですね。(ここまで書いて、「そんです」は「損です」に通じるから、いやがって、となりが「ちょう」なのに「むら」なのかなあ、とも思いました。沖縄の人は、そんなに損得を気にしない、心がひろい人ばかり?

お礼日時:2001/04/11 12:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ