自治体の名称で、「町村」を「まち・むら」と呼ぶか「ちょう・そん」と呼ぶか、それぞれの地元で呼び方がありますが、これに法則はあるのでしょうか。

 沖縄などは「ちょうそん」で統一されているみたいですが、京都や大阪は「町」が「ちょう」のくせに「村」が「むら」(南山城村と、千早赤阪村と一つずつだけれど)です。
 さらに、京都はみんな「ちょう」なのかと思えば「向日町」(現在は向日市)は「むこうまち」(駅名と競輪場がのこっている)です。
 みなさんの地元で、こういう法則がある、と思われる方、情報をおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 これは私も昔から疑問をもっていて、自治省(当時)発行の「全国地名一覧」(←正確にこの名前だったか、定かではありませんが)で調べたことがあります。

この本は東京の都立図書館にありました。
 確かに、ある程度の法則性があるようです。
 私は関東の出身ですが、関東1都6県と新潟、長野、東北では青森、秋田、山形、福島の各県では、「町」はすべて「まち」と読みます。それで私は子供の頃、自治体の「町」はすべて「まち」と読むのが正しく、「ちょう」と読むのは、間違いだと信じていました。アナウンサーが例えば栃木県那須町を「なすちょう」と読んだりすると、ものすごく違和感を感じたものです。それは今でも変わりません。多分、都会出身のアナウンサーが有楽町、兜町などからの連想で、誤ってそう読んでいるのだろうと思っていました。私の感覚では、町長、議会などがあり、小中学校を設置し、小さいながらも一応、都市としての形を備えた「町」は「まち」と読む方が重厚な感じがして相応しく、「ちょう」というのは、有楽町など、都市の一角を指す言葉で、かなり軽い感じがすると思っていました。自治体の「町」で「ちょう」と読む所もあると知ったのは、かなり成長してからでした。
 一般に西日本では「ちょう」、東日本では「まち」と読む傾向があるようですが、九州でも福岡、熊本ではすべて「まち」、北海道ではすべて「ちょう」、宮城、岩手でも一部は「ちょう」と読んでいます。静岡ではすべて「ちょう」(例えば函南町、中伊豆町など)と読むので、神奈川、静岡間が一応、東西の境界なのかもしれないと、私は思っています。
 なお念のため申しますが、ここで「町」というのは、例えば神奈川県箱根町、東京都大島町、栃木県那須町など、自治体名としての「町」のことです。市町村をさらに小分けした、単なる地名(大字、小字に相当するもの)としての「町」は別です。
 市町村をさらに小分けした「ちょう」の中には、「町」でなく「丁」という字を使う所も、昔はあったようです。(今もあるかどうかはわかりませんが。)例えば仙台では、武士の住む地域を「丁」、町人の住む地域を「町」と言って使い分けていたようです。ただし、これも今では、例えば「片平丁」が「片平一丁目」などと変えられてしまい、「丁」と「町」の区別はなくなってしまったようです。
 「村」は沖縄ではすべて「そん」ですね。これにはちょっとカルチャーショックを受けました。東日本では多分、「村」はほとんど「むら」だと思いますが、私の知っている例では、唯一、東京都新島本村が「そん」と読んでいるようです。
 多少ともお役に立ちましたでしょうか?
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

古い質問にご回答ありがとうございます。

私などは、「ちょう」のほうが「ちょうぎかい」や「ちょうりつとしょかん」のある、しっかりしたものに感じるのですが、さまざまですね。
(「まち」の人は「町内会」など「ちょう」を日常に使うせいでしょうか。田舎では「ちょうないかい」じゃないから。

お礼日時:2002/07/21 15:52

私は古くからある集落が「そん、ちょう」と呼ばれ、行政区域が出来てから名付けられたものが「むら、まち」であると、ラジオで聴いたことがあります。

たぶん永六輔さんがいっていたような・・・
向日町は、明治22年に周辺の村と向日町(この時の呼び名は不明)が合併して「むこうまち」になったようですから、そんなに古い時代の話ではないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あたらしいほうが「まち」という説ですね。
京都で明治22年、というのは古いというのかどうか、判らないところですが、京都のほかの「町」の、たとえば「美山町」や「久美浜町」などの「ちょう」は「向日町」より新しいと思うのですが・・。(ネーミングが、新しく公募してできたような名前です)

お礼日時:2001/04/14 17:14

岡山県に「茶屋町」(瀬戸大橋線)という駅がありますが、現在は倉敷市に合併されています。


ほかの「町」は「ちょう」ですが、「茶屋町」は「ちゃやまち」です。

「法則」ということだと、「○○まち」は駅名で最後までのこる」という法則があるでしょうか。「向日町」とちがって、「茶屋町」はいなかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「茶屋町」が合併しなければ、100%「ちょう」をくずせた?
くずしたからといって、何でもないですが・・。「向日町」もおしいところ・・?
(何が・・笑)

お礼日時:2001/04/14 17:22

例えば兵庫県には「××市○○町○○町」という地名があり、「○○ちょう○○まち」と読みます。


つまり、「ちょう」の中に「まち」があります。
土地ごとに、それぞれの法則があるのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「○○市○○町」は「○○ちょう」なのをよく聞きますが、その下に「まち」があるとは・・。郵便番号は「まち」でついているんでしょうかねえ。

お礼日時:2001/04/14 17:25

私は以前、放送局に勤めていた者です。


ご質問の内容に対しての回答にならないかもしれませんが。
放送局には地名(市町村、そして大字小字に至る)の
正式な読み方を表記してある総覧が置いてあります。
ニュースで地名を間違って放送してはいけないからです。
私が勤めていた放送局でも『むら』と読む自治体と『そん』と読む自治体とを
間違えずに放送するよう注意を受けていました。
しかし、その総覧が発行された後に読みが変わった自治体もあり、
市の地籍調査課に確認することもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

プロの方はたいへんですね。
上のようなのは、とくにややこしそうですね。

お礼日時:2001/04/14 17:26

きちんとした回答ではありませんが…


「地理データ集」というページの中に,県別の表及び分布図がありました。(下記URL)
1969年現在と少々古いのですが,その後合併が進んだり市制施行などで町村の数自体が減っているので,地域別の数を見るにはむしろ古いほうがよいかもしれません。
大まかには,東日本が「まち・むら」,西日本が「ちょう・むら」,ただし中国・四国・九州の一部と沖縄は「ちょう・そん」ですが,細かく見ていくと一概に言えないところもあって興味深いものがあります。
「地理データ集」では,これらの傾向が生じた原因として,「町村制の施行に際してそれぞれの府県で指導方針に違いがあったのではないか」としていますが,このほかに各地域における,「語感」ないしは「音の響きに対する感覚」も働いているような気がします。
以前,ある県の「○○町(ちょう)」を「○○まち」と読んだところ,その近所の出身者に「○○ちょう!! 地名はちゃんと読んで!」ときつく怒られたことがあります。
東京にもほぼ同じ地名があって(私は東京出身),そちらは「まち」と読むので,私には全然違和感がなかったのですが,その人にとっては,「ちょう」と読むことは違和感以前の問題で,「まち」などと読まれると生理的に気持ち悪くて許せないそうです。
もっとも,町村制の施行以後に読み方が固定された結果,各地域でそのような感覚が育ったという可能性もありますが。

ちなみに,佐賀県には,「脊振村(せふりむら)」の隣に「東脊振村(ひがしせふりそん)」があったりします。何かお互い譲れないものがあったのでしょう。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~ishato/tiri/data/matimu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
東西で「まち」と「ちょう」の傾向がわかれますか。やっぱりこれも「関ヶ原」が「境」だったりして。(ちなみに滋賀県は「ちょう」ですね。岐阜県は?)

歴史的には、「市町村」制度ができるまえから「まち」と呼ばれていたところがそのまま「まち」になって、あとからできたところが「ちょう」かな、という気もしたのですが、それだと、西日本のほうが歴史がふるそうなので、逆のようですね。
京都の「むこうまち」は、平安京のまえに長岡京があったような「都会」だったので、京都のほかの「町」とは歴史が違う、とアピールしていたのかと・・・。

「語感」は説得力がありますね。東西で「語感」も違うでしょうから。

京都・大阪の「むら」で、名前が長いと「むら」かなあ、と思ったりもしましたが、脊振村、東脊振村は、長いほうが「そん」ですね。(ここまで書いて、「そんです」は「損です」に通じるから、いやがって、となりが「ちょう」なのに「むら」なのかなあ、とも思いました。沖縄の人は、そんなに損得を気にしない、心がひろい人ばかり?

お礼日時:2001/04/11 12:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蝶の図鑑教えて

 野鳥で言えば「フィールドガイド日本の野鳥」(日本野鳥の会編)のような蝶の図鑑を教えてください。(1)絵や写真が実物の特徴をよく表している。(2)解説が要領よくポイントをおさえている。(3)ハンディーでページの構成が検索しやすい。(4)丈夫である。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本で見ることのできる蝶246種類を紹介。種類の識別ポイントをわかりやすく明示した標本写真部と、美しい生態写真の2部構成。初心者から上級者までだれもが使える携帯判蝶図鑑の決定版。(山渓HPより)
書  名:蝶(チョウ)
     フィールドブックス 11
著  者:猪又 敏男(イノマタトシオ)編集・解説
発行年月:199507
本  体:1748円  B6変 256ページ ISBN:4-635-06051-9
山と渓谷社
実物を見てないので3・4については条件を満たしているかわかりませんがご参考までに.

Q首長は話ことばとして「くびちょう」でもいいのか。

ラジオで評論家や政治学者が自治体の首長のことを「くびちょう」と言っているのを再三ならず聞きましたが、話ことばとして分かりやすくするために言っているのだとは思いますが、このような読みは手許の字引きにはありませんが通常使うのでしょうか。

Aベストアンサー

もし振り仮名をつけろと言われたらやはり「しゅちょう」となるでしょうね。ですから,あくまでも話し言葉用だと思います。

で,あまり耳にしないという回答もありましたが,地方自治が話題になる場,たとえば政治座談会,国会や自治体の議会などでは「くびちょう」という言い方はしばしば耳にします。
酋長はともかく,「首長」が出てくる文脈では,他にも「主張」や「市長」が登場する可能性はありますので,それらと区別するということで生まれた言い方だと思われます。
(「主張」は動詞だけでなく,名詞としても使われますし。)
「自治体の長」というと長くなるし,「首長のリコール」と「自治体の長のリコール」では意味は同じでもニュアンスが違うような気がします。

ちなみに,何年か前に新聞(たしか毎日)で読んだ話ですが,国会の議事録で「くびちょう」が「組長」と書かれていたそうです。
校正のときに発見したものの,危ういところだったとか。
その筋に近い議員の発言だったのかもしれません。(^^)
ただ,普通の文脈では議会で「組」の話が出てくることはあまりないので,「くびちょう」という言い方が行われているのだと思います。
もし言い換えた結果かえって「組長」と間違えられるケースが多かったら逆効果ですからね。
それよりは「しゅちょう」と発音して一瞬戸惑われる可能性のほうが高いでしょう。

もし振り仮名をつけろと言われたらやはり「しゅちょう」となるでしょうね。ですから,あくまでも話し言葉用だと思います。

で,あまり耳にしないという回答もありましたが,地方自治が話題になる場,たとえば政治座談会,国会や自治体の議会などでは「くびちょう」という言い方はしばしば耳にします。
酋長はともかく,「首長」が出てくる文脈では,他にも「主張」や「市長」が登場する可能性はありますので,それらと区別するということで生まれた言い方だと思われます。
(「主張」は動詞だけでなく,名詞...続きを読む

Qこんな事、ありませんか?⑤ 1図鑑を見るまでは、ジャノメ蝶やコジャノメ蝶の事を、ずっと蛾だと思っ

こんな事、ありませんか?⑤


1図鑑を見るまでは、ジャノメ蝶やコジャノメ蝶の事を、ずっと蛾だと思っていた。



2よく箪笥の角に足の小指をぶつける。


3職場の飲み会は、あまり頻繁に参加しても、大体聞かされるのは愚痴とか他人の悪口、そして更に話題が尽きると、どこぞの真面目で優秀な人間の欠点をわざわざ探り出して揚げ足を取ったり悪口を言うなどで、またかよ、って思う。
例え、文武両道で性格が良くて一見何でも出来るような者でもやはり人間なので欠点はある。そう言う人の短所をわざわざ見付けて中傷誹謗するような負け犬の遠吠えは、どこでも聞く。



4疲れているとデジャヴが時々起こる。


5光が強まればやはり影も濃くなる。
男らしくなければ『男のくせに。』と謗られて面倒臭いぐらいで済むが、いざ努力して男らしくなれたと思うと、すると出し抜こうとするライバルや、極限まで追い詰めてやろうとする輩が現れたりする。なので結局は何をどうしようが同じ事だ。



6他人の失敗は参考になるが、他人の成功は、自分の失敗を生み易いものである。

Aベストアンサー

1、何それ美味しいの?
2、あるある。^^
3、飲み会には行きません。
4、一度もデジャヴって経験したことないです。
5、光がどうしたの?よくわかんないです。
6、あるあるあるあるある。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Qこれは蝶でしょうか

住宅地の道路沿いで見つけましたが、蝶の図鑑を探しても見つかりません。
蛾の仲間でしょうか?体長5から6センチくらいでした。
写真を撮り損ねましたが、羽根の裏は白(ギン)でした。

Aベストアンサー

「ウラギンシジミ」ではないでしょうか。
蝶の仲閒です。
http://www.insects.jp/kon-tyouraginsi.htm

Q「海の家」を「浜茶屋」と呼ぶ地方

今年新潟に行ったのですが海の家を例外なく
ここでは浜茶屋と呼んでいました。
関東では海の家だと思うのですがわりと広範囲で
使われる言葉なのでしょうか?
新潟、甲信越独特の言葉なのでしょうか?
ご教示ください

Aベストアンサー

こんにちは。

下記サイトによると『浜茶屋』と呼ぶのは、新潟、富山、石川、福井、京都、兵庫、三重の7府県らしいです。

私は関東人ですが、『海の家』より『浜茶屋』の方が風情を感じます。

参考URL:http://www.jjp.co.jp/special/swim.html

Q蝶についての本

最近、蝶々の美しさの虜になっているのですが図鑑ではない蝶に関しての本で、何かオススメな本は有りますでしょうか?

美術関連、小説、写真等何でも良いです。

Aベストアンサー

こんばんは。
蝶オンリーではないのですが、北杜夫の「どくとるマンボウ昆虫記」などいかがでしょうか。この中の一章「詩人の蝶」に出てくるアポロチョウ(ウスバシロチョウの仲間)のエピソードが非常に印象的でした。
また、そのエピソードは、実はある書物からの引用なのですが、―私も探して読んだことがあるのですが、書名を遺憾ながら忘れてしまいました。が、「詩人の蝶」章中にあるはずです―これもまたなかなかおもしろい本でした。生態うんぬんよりも、神話やなんかの詩的な興趣を主にして書いたものだったと記憶します。

参考URL:http://www.timebooktown.jp/Service/bookinfo.asp?cont_id=CBJPPL1C03754001

Q不等式の問題です。教えてください。 A町からB町までの道のりXkmを時速4kmで進み、B町からC町ま

不等式の問題です。教えてください。
A町からB町までの道のりXkmを時速4kmで進み、B町からC町までの道のりYkmを時速20kmで進んだところ、全部で2時間かからなかった。数量の関係を不等式であらわせ。

Aベストアンサー

単位をきちんと書いてみることで、数式の妥当性が確認できます。

(1)道のり X km を時速 4km (= 4 km/h )で進んだときにかかる時間は、

  X (km) ÷ 4 (km/h) = X/4 ( km * h/km → h )

(2)同様に、道のり Y km を時速 20km (= 20 km/h )で進んだときにかかる時間は、

  Y (km) ÷ 20 (km/h) = Y/20 ( km * h/km → h )

(3)従って、全体にかかった時間は

  X/4 + Y/20 (h)

(4)これが「全部で2時間かからなかった」のだから

  X/4 + Y/20 < 2 (h)

Qこの蝶の名前を教えてください。

おそらく九州に生息する蝶だと思うのですが、図鑑を見てもよくわからず、名前を教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

イワサキタテハモドキでしょうか。石垣島の方に定着しつつあるみたいです。
http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/shubetsu/tateha/iwatamo/iwatamo.html

かなり羽がぼろぼろになって蛇の目紋が消えかかっていると考えれば。
間違ってたら済みません。

Q「いい」→「ゆい」「食べろ」→「食べれ」

「い」の連続「いい」が「ゆい」になる現象のある地域は、どこでしょうか?
「かわいい」が「かわゆい」になったり、「濃いい」が「濃ゆい」になったりなどです。

それから、「食べろ」「見ろ」のことを
「食べれ」「見れ」というのも気になってます。

Aベストアンサー

食べれ!見れ!は福岡かもしれません.
「早く食べなさい」→「はよたべれ」「はよたべんしゃい」
とか。

岡山では
「(どうぞ)お飲みください」→「のまれ」
「お食べください」→「くわれ」

そーいえば、私はもともと福岡人ですが、
味噌汁の味が「こゆい」時などに「こゆーかぁー」って言ってました.
あ、「濃いい」が「濃ゆい」ですねー


人気Q&Aランキング

おすすめ情報