最新閲覧日:

スキー板について、身長170cmの場合、145~150cmの板は短すぎるのでしょうか。自称中~上級者で小回りやコブ斜面で上達したい為、短い方がよいと思いますが、一方で安定性などが心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

身長でスキーの長さを決めるというよりは、Radius(回転径)がどのくらいなのかで決めます。


大回り系だとRは大きくなるし、小回り系だと小さくなります。

各メーカーでは板の長さ、トップ・センター・テールの幅、素材などで大回り系、小回り系のスキーを作っています。

スキーは板によってトップ・センター・テールの幅が長さに関係なく決まっていることが多いですから、トップ・センター・テール幅の差が小さいほどRは大きくなり、大回りにむいていることになります。逆に差が大きいものはRが小さくなり小回りにむいています。
大回り系ですとRが20~30、小回り系ですとRが11~13が主流だと思います。オールラウンド系はその中間くらいです。

どのような指向でスキーをするのかわかりませんが、楽しみながらスキーの上達を考えるなら大回り系と小回り系の中間(オールラウンド系)がお勧めです。
テクニカルプライスなどを目指すのであれば大回り系、小回り系の2種類あった方がいいと思います。

今は、スキーの性能がかなりよくなりましたから短いからといって安定性が落ちるということはあまりありません。

ちなみに私が技術選手権(北海道予選)に挑戦していたときは、160センチの板でコブ斜面練習で何度もトップがコブに刺さって転倒しました。トップがコブの谷から浮ききれないのが原因だったと思います。
165センチではそのようなことはありませんでした。コブの深さや滑走スピードにもよりますが、板が短すぎると私のようなことになると思います。

以上、参考になるかどうかわかりませんが、私の経験も含めてのアドバイスです。
販売店で詳しい店員さんからアドバイスしてもらって決めるのが一番よいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験に基づいたアドバイスに感謝します。

お礼日時:2010/09/24 18:19

コブ斜面やカービングショートターンの初期の練習段階においては確かに短い板を使うメリットはあります


ただし、短い板のままで練習を続けると変な癖(ターンではなくブーツを軸としたスピンに近い操作)が付いてしまって上達に時間がかかる場合があります

男性上級~エキスパートだと
小回りは160~165cmが主流です、10年近く前に150~155cmなんて時代もありましたが身体的な負担が大きいので廃れていきました

コブの場合は160~170cm程度が主流でしょうか、滑るラインによって板の長さの選択が変わってきます、回し込むなら短めを選び、縦に滑るなら長めを選びます



私も同じような体格ですが
ここ2~3年は手持ちの最も短い板は175cmでした、これでコブも整地のショートターンも問題なくこなしていましたし、コブなどは短い板より楽でした(例外的に凍ったコブだと165cmくらいの短い板の方が楽ですが)

去年165cmの板を入手したので使ってみましたが結局シーズン中1日しか使わず、7割が175cmの板で残りは190オーバーの板で滑っていました(どれもここ6年以内に製造された板ばかりです、念のため)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かな助言ありがとうございます。板が短い場合に身体的な負担が大きい訳を教えて頂けると幸いです。

お礼日時:2010/09/24 18:18

僕も身長170cmで、スキー歴32年の自称上級者です。


僕は140cmの板を使用しています。昔はモーグル用でも170cm
を使用していましたが、板の性能が向上して身長-20cmくらいが
普通のようですよ。

もちろん、中級者用と競技用の板では全く違います。
小回りやコブ斜面を重視するなら短い方がやはり滑りやすいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

親身なアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2010/09/24 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報