レアアースとレアメタルの違いを教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「レアメタル」は希少な金属のことで、特に厳密な定義はありません。


実際に埋蔵量が少なくても、あまり産業に使われないなどの理由で
価値が低ければ「レアメタル」と呼ばれない可能性はあります。

次に「レアアース」ですが、手元に周期表はありますか?
(なければ参考URLを見てください)
一番上の行に左から1,2,3,…,18とありますが、これを「族」と言います。
このうち3族(左から3番目の縦の列)の元素をレアアース(希土類)と言います。

大抵は周期表の下の方など、メインの表から外れた所に
「ランタノイド」や「アクチノイド」というものがあります。
(ランタノイドは57Laから71Luまで、アクチノイドは89Acから103Lr)まで
これは、表本体に書ききれないので欄外に書いてあるのですが
これらも3族の仲間に入りますので、希土類になります。

つまり
 21Sc(スカンジウム)
 39Y(イットリウム)
 57La(ランタン)から71Lu(ルテチウム)までのランタノイド(第一希土類)
 89Ac(アクチニウム)から103Lr(ローレンシウム)までのアクチノイド(第二希土類)
をまとめて「レアアース(希土類)」と言います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%9C%9F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。大変勉強になります。

お礼日時:2010/09/26 23:12

レアアースのほうが学問的な呼び方でしょう。

メタルと呼ぶと、工業用材料とか天然資源という意味が強くなります。
元素を軽い順に並べると、性質が循環するのですが、この仲間だけが、互いに似た性質を持っていて、天然に希にしか存在せず(まったく存在しないものもある)、特別な性質から産業的な価値が非常に高いものです。
希土類という言葉から思い出すのは、ずっと昔、日立製作所が「キドカラー」というテレビを宣伝するのに飛行船を使ったことがあります。あの「キド」は「希土類」元素をブラウン管に使って色をきれいに出そうとしたものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

お礼日時:2010/09/26 23:10

レアアースは18世紀の学者が発見した、希少価値のある元素だが、


現在はそれなりの埋蔵量があることが判ってきました。
レアメタルは現代の基準で希少な金属類の事。
※レアメタルの希少の定義は埋蔵量ではなく、商取引量となります。
商取引量が少ない理由の一つは埋蔵量かも知れませんが、金額や用途なども含んだ商取引量が少ない物が
レアメタルとなります。

参考例
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A2% …
http://www.saisoku.biz/archives/shurui/post_71.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

お礼日時:2010/09/26 23:09

レアメタルは希少な金属という意味で



その中で、希土類元素な物をレア・アースと言います
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%8C%E5%9C%9F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

お礼日時:2010/09/26 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレアアースの輸出規制

インターネットニュースで見た内容です。
尖閣諸島の漁船衝突事件から中国はレアアースの輸出規制をしてきていたのは記憶に新しいです。
日本はチャイナリスクから脱却する為に、レアアースを

使わなくても可能なモーターを開発したり、レアアースのリサイクル方法を生み出したり・・・他にも様々な技術を日本は生み出したと見ました。
結果的に日本が中国のレアアースにあまり頼らなくなり中国からの輸出が減った為、中国のレアアース業者は利益が極端に下がり悲鳴をあげてるとのことでした。
又、中国のレアアース業者が日本にレアアースの販売を促進しているようですが、日本が他国からの輸入に切り替えようとし、更に中国の業者が利益悪化に繋がってるとも見掛けました。
日本の技術は本当に世界に通用すると日々感じていますが、レアアースに関する中国の動きは今後どうなっていくものでしょうか?

Aベストアンサー

非鉄金属商社に勤務する者です。
レアアースは高性能磁石やハイブリッドカーのモーターなどに欠かせない素材ですので
日本においても需要がなくなるなんてことはまず無いでしょう。
日本メーカーはジスプロシウムの添加量を劇的に減らし、表面に塗るだけで性能を維持する技術等
尖閣衝突事件以降、大学、企業ともに真剣に技術開発に取り組んで中国依存からの脱却が止まりません。
現在進行形で中国離れが加速しております。
また、日本にはレアアースをリサイクルできる技術を有した企業がいくつかありまして
レアアーススクラップの国内循環も国家主導で行っており、わざわざインゴットを輸入せずとも
必要量はリサイクル技術でなんとでもなり始めています。
わたしもネオジムやジスプロシウムの価格下落を今まさに目の当りにしておりますが下落はまだまだ続くでしょう。

他国も中国依存リスクを考慮して、数年以内に採掘再開しますし、すでに再開している大手鉱山会社もあります。
こういった現状からさすがの中国もいずれ我慢の限界に達し、国際市場で競争力のある価格で市場に戻ってくることが予測されます。
レアアース価格は中国の横暴により、何百倍と高騰しましたが、その勢いそのままに下落している最中です。
何もなかったかのように他国と同じ価格帯で供給を再開し、正当な金額で商売(中国にとってはおもしろくない商売)することになると予測します。
その時に一度離れたユーザーが戻ってこず、中国のレアアース企業が次々に倒産しても後の祭り。
中国政府に文句を言いなさい、ということです。

毎日相場の変動を見ていると、レアアースは中国内でも現在ほとんど取引されておらず閑散としております。
週1~2回のペースで大幅に下落しておりますので、数年以内に淘汰、市場再形成がなされると思いますよ。

非鉄金属商社に勤務する者です。
レアアースは高性能磁石やハイブリッドカーのモーターなどに欠かせない素材ですので
日本においても需要がなくなるなんてことはまず無いでしょう。
日本メーカーはジスプロシウムの添加量を劇的に減らし、表面に塗るだけで性能を維持する技術等
尖閣衝突事件以降、大学、企業ともに真剣に技術開発に取り組んで中国依存からの脱却が止まりません。
現在進行形で中国離れが加速しております。
また、日本にはレアアースをリサイクルできる技術を有した企業がいくつかありまして
レア...続きを読む

Q化学にお詳しい方よろしくお願い致します。

化学工学に詳しい方よろしくです。全くの初心者で、いろいろやってみたのですが、解りませんでした。
(問)25%苛性ソーダ水溶液をmol%の換算せよ。
(問)10mol%の苛性ソーダ水溶液をwt%に換算せよ。
なんですが、換算の仕方がよく分かりません。わかりやすい方法ってあるんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。まずはヒントだけ。

「25%苛性ソーダ水溶液」とは、全体の質量の25%の質量の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの75%分の質量の水が含まれています。

「10mol%の苛性ソーダ水溶液」とは、全体のモル数の10%のモル数の苛性ソーダが含まれているのです。そして残りの90mol%は水です。

あとは質量とモル数の換算ですが、これは
 モル数[mol]=質量[g]÷分子量
の関係にあります。

ちなみに25%という場合は通常は重量パーセント濃度、すなわち、溶質の質量÷全体の質量をパーセント表示で表しています。

さらに貴方の混乱を防ぐためにあえて言うと、No.2の回答は考え方の根本から間違っています。答えも間違っています。

Q中国のレアアース政策は敗北?

昨今レアアースの価格が暴落しています。

以前は中国の独壇場だった物質が価格上昇にともない
新技術や新しい鉱山が開発されて
結局は中国の過剰生産により
中国自身が損をすることになっています。

中国のレアアース政策は、なぜこのような実行をして失敗したのかを
教えてください。

Aベストアンサー

> 中国のレアアース政策は、なぜこのような実行をして失敗したのかを教えてください。

簡単に言っちゃえば、「中国がバカだから」ってコトになっちゃいますが・・。

ただ当時、レアアースの対日禁輸措置などを行って、領海侵犯した漁船船長を釈放させると言う目的は達してますので、中国側の立場では「失敗なんてしてないも~ん!」と嘯くのでしょうね。

結局は、それが発端で、各国が中国リスクを再認識した結果です。
即ち、輸入各国は「中国を資源ソースとして依存するのはおっかない」と感じると共に、代替原料を模索したり、少量化を進め、需要は減少しました。

一方では、他の産出国は「多少高くても売れる!」と、産出を増やしたり、新たに供給体制を整え、供給が増加しましたので、受給バランスが一気に逆転しました。

「レア」とは言うけど、微量元素と言うだけで、テキトーにそこら辺を掘っても、多少は出て来るモノなんですよ。
日本などは法律が厳しく、テキトーに掘っちゃいけませんし、掘るにも人件費が高いので、今時、山師みたいな仕事は流行りませんけどね。

しかし世界じゃ、未だに砂金採りみたいな仕事で生計を立ててる国はゴマンと存在しますので、日本などが資金や技術提供すりゃ、レアアースを産出したり、優良な鉱山を開発するのは、そんなに難しくありません。

世界がそんな動きになると、中国人は「安売りするのはイヤだけど、他人が儲けるのはもっとイヤ!」と言う国民性で、バカスカ掘って、どんどん叩き売りする国民性なんですよ・・。

中国人も、商売は下手じゃありませんが、こと資本主義経済においては、日本や西側が、一日の長があるってコトですね。

> 中国のレアアース政策は、なぜこのような実行をして失敗したのかを教えてください。

簡単に言っちゃえば、「中国がバカだから」ってコトになっちゃいますが・・。

ただ当時、レアアースの対日禁輸措置などを行って、領海侵犯した漁船船長を釈放させると言う目的は達してますので、中国側の立場では「失敗なんてしてないも~ん!」と嘯くのでしょうね。

結局は、それが発端で、各国が中国リスクを再認識した結果です。
即ち、輸入各国は「中国を資源ソースとして依存するのはおっかない」と感じると共に、代替...続きを読む

Qレアメタル

現在レアメタルのセリウムについて調べています。
その中で、イオンの価数やその錯体について詳しく書いてある本を教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

錯平行定数の辞書だけ
L.G.Sillen,A.E.Martell,Ed,"Stability constants", The chemical soiety, London(1964).

Qレアアースとレアメタルの違いについて

レアアースとレアメタルの違いについて

こんにちは。
日中間で発生している尖閣諸島問題で、中国側のレアアース日本への輸出制限が危惧されています。
レアメタルはよく耳にするのですが、レアアースとの違いをご教示お願い致します。

Aベストアンサー

 レアメタル=希少金属で、レアアースはその種類の1つです。

Qパラジウムってレアアースなんですか?

今、池上さんが出ているテレビで
「パラジウムはレアアース」と言っていましたが
レアアースって13族(希土類)のことではないのですか?
ネットでも同様な記述がありますが
レアメタルと混同してるんじゃないですかね?

Aベストアンサー

No.4です。
> テレビで自信満々に説明されていたので…。

とのことですが、それはテレビでレアアースとレアメタルを混同して言っただけですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Rare_earth_element
にありますように、
As defined by IUPAC, rare earth elements or rare earth metals are a collection of seventeen chemical elements in the periodic table, namely scandium, yttrium, and the fifteen lanthanides. Scandium and yttrium are considered rare earth elements since they tend to occur in the same ore deposits as the lanthanides and exhibit similar chemical properties.
ということに尽きておると思います。

No.4です。
> テレビで自信満々に説明されていたので…。

とのことですが、それはテレビでレアアースとレアメタルを混同して言っただけですね。

http://en.wikipedia.org/wiki/Rare_earth_element
にありますように、
As defined by IUPAC, rare earth elements or rare earth metals are a collection of seventeen chemical elements in the periodic table, namely scandium, yttrium, and the fifteen lanthanides. Scandium and yttrium are considered rare earth elements since they tend to occur in th...続きを読む

Q南鳥島 レアアース発見。 

南鳥島で大量のレアアースが発見されたそうです。レアアースと言えば、中国が、値打ちをつけて輸出を禁止した経緯がありますが、これで偉そうな顔をさせず、刺激するには十分でしょうか?それともまだ、大陸棚を主張しますか?

Aベストアンサー

海底から、コストをかけずに採取出来るかどうかでしょう
採取して価格が中国産と同じか安価で販売できるときには
中国は慌てると思います。

南鳥島は日本領土。EEZ内で採取出来るのであれば
他国は採取出来ません。中国は、いちゃもんは
つけられません。仮に将来いちゃもんを、つけたら
中国が焦っていると、言えるかも知れません。

Qレアメタルが地球上に偏在している理由は?

レアメタルでニオブ(Nb)の98%はブラジル、ビスマス(Bi)の75%は中国というように偏在していますが、何か理由があるのでしょうか?
ふと、思い質問しました。
何かお分かりの方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本では
採掘コストがかかりすぎて生産しない
という場合が多いです。日本では取れない鉱石のほうが珍しいです。
しかし、採算に乗らず採掘されていない鉱石がほとんどです。

Qレアアースの地球資源について教えてください。

レアアースの地球資源について教えてください。

日本は中国から90パーセント輸入しています。
(コスト的に安い中国が戦略的に独占したと言われています)

しかし、開発すればベトナム やモンゴル或いはアメリカにも
採れるといわれていますが

技術的には中国と同等のレアアースはほんまに取れるのでしょうか?

つまりちっともレアではないと言うことでしょうか?

Aベストアンサー

レアアースはほとんど中国でしか生産されないような報道がされてますが、例えばイットリウム、テルビウム、ガドリニウムなどの元素名が旧ソ連の採掘地名から採られているように、中国でしか採掘されないというわけではありません。
また、地殻含有量も決して少ないというわけではなく、レアアースの中で最も埋蔵量が少ないと言われているツリウムでさえ銀より埋蔵量は多いと言われている点でプラチナやイリジウムなどの貴金属とは決定的に異なります。

地球全体の存在量で見ればちっともレアではないのですが、鉱石としては基本的に様々な元素の混ぜ物としてしか入手できず、しかもそれぞれの元素を分離精製するのがそう簡単ではないという点では入手が比較的困難な(すなわちレアな)元素であるということもできます。

現在の中国にはレアアースの採掘はできても分離精製技術が確立しておらず、中国に技術が流出しないうちに他の国に生産拠点を作れば中国独占状態は打破できるとの見方もあるようです。

Q充電式の電池からレアメタルを取り出してリサイクルした後に残るリサイクル

充電式の電池からレアメタルを取り出してリサイクルした後に残るリサイクルする価値がない金属(鉄とかアルミ)はどう処理しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 残った金属もリサイクルされています。
 金属に「価値がない」というのはありません。
 鉄やアルミは回収後に金属製の棚になったりしているらしいですよ。
 アルミの一部は新幹線の車体に使われたりもしているらしいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報