「貸幣証券」←これ何て読みますか?

第二種証券外務員の勉強しているのですがこれが読めなくて困っています。
ネットで調べたのですがわかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ネットで分らなけりゃ漢字辞典でも引けば出てるのにw



「かへいしょうけん」

簡単に言えば手形や小切手のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、漢字辞典という手がありましたね。
正しい読みが分かり、助かりました。

お礼日時:2010/10/04 23:00

普通に読むなら「かへいしょうけん」ですが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

かへいしょうけんですか、どうも有難うございます。

お礼日時:2010/10/04 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Q証券外務員資格を目指して

証券業務で
(1)「顧客から取引等の注文を受けた場合、自己がその相手方となり取引を成立させる」
(2)「委託者の名をもって自己の計算で」
というのが意味が分かりません。
具体例を挙げて押しえてください。

Aベストアンサー

(2)について
私の勘違いでした。申し訳ございませんでした。
「取次ぎ」とは、自己(証券会社)の名をもって委託者の計算(顧客のお金)において法律行為をなすことを引き受ける行為でした。ですから先程の私の回答は反対のことをいっていました。
ちなみに「委託者の名をもって自己の計算で」という行為は証券会社はできません。
なぜなら、顧客が直接東証へ注文を出すことはできないからです。文字どおり読めば、証券会社のお金を使って顧客が東証に直接注文を出す行為ということになりますから現実的にはありえません。
話はちょっとずれますが、顧客の名義を借りて、証券マンAが顧客Bの口座を開設し、証券マンAは自分のお金を使って顧客Bに成りすまして証券取引を行うことは、日本証券業協会規則にて禁止されています。証券マンは自分の口座を作って信用取引などは行うことはできないので顧客の名前を使って自分のお金で信用取引などしようとするのです。そんなことしないでちゃんと働けよということですよね。そういう趣旨から、そういった行為は禁止されています。

Q年末調整時に火災保険の控除を忘れた場合

昨年の年末調整の際に火災保険の控除申請ができませんでした。(12月末に加入したので年末調整の時期に書類が間に合わなかったのです)確定申告で控除はしてもらえるのでしょうか?
すでに年末調整は終わっているようです。

Aベストアンサー

#1・2です。

>年末調整をした人でもいただけるものなのでしょうか?
問題なく請求できます。
源泉徴収票は、どんな風に年末調整をしたかの証明書のようなものです。

Q外国証券管理料が不要な証券会社を、

教えてください。

私なりに調べましたが、UFJつばさ証券、Eトレード証券しか見つかりませんでした。

大中小かかわりなくご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.2 お礼欄への返信です。
>管理料を払い続けると明らかに手取り利回りが低下しますよね。

確かに10万円の10年もの米国債の利回り程度です。
これを単独で長期保有するのであれば管理料はふっとびますが、外債は全般に長期戦です。為替と金利を見ながらどんどん有利な債券を増やしていけば、そのうち管理料は無視できる投資額になります。
豊富な種類の外債を提供してくれる証券会社は実際管理料を取ります。
まあ米国債だけなら無料のところがあるかも知れませんが、個人的には寂しい品揃えの証券会社はお呼びではありません。
ユーロ債(フランス/ドイツ)、ポンド債、NZドル債、豪ドル債、カナダドル債、これらの品揃えがないと長期にやっていけません。

Q解約返戻金つきの保険について

解約返戻金のある保険に入ったとします。
死亡した時、死亡保険金より解約返戻金のほうが多い場合、死亡保険金を請求じゃなく解約して、解約返戻金を受け取ることってできるんですか?

出来るものと、出来ないものがあるんでしょうか?

出来ないなら、解約返戻金つきの医療保険のメリットとは何ですか?
くわしい方教えてください。

Aベストアンサー

死亡した場合荷は、死亡保険金+死亡解約返戻金が支払われます。

死亡事由が死亡保険金支払いに該当しない場合は「解約返戻金」該当事由なら「死亡保険金」です。

死亡保険で、死亡保険金額より解約保険金額の法が上回る場合も発生しますが、この場合は多い方が受け取れます。

Qネット証券と従来の証券会社の比較

それぞれのメリット・デメリットについて教えて下さい。特に手数料について、なるべく具体的に知りたいです。

Aベストアンサー

日経マネーの後ろにのてます。
SBI  株100万で  639円
大和 株100万で3,622円
ネットは相談相手がいませんから全部自己責任で。

従来証券は一応、担当がついて相談してくれます。
でも証券会社は売買してなんぼですからお客のお金が増えようが減ろうが関係ありません。

株は損得が解りやすいので、ファンドに力をいれてます。
銀行もファンドに力をいれてます。
売るとき3%程度、  毎年、信託報酬1.5%程度が入るからです。

Q火災保険の(総合)ランキングを教えてください。

火災保険の(総合)ランキングを教えてください。

Aベストアンサー

何のランキングが知りたいんでしょうか?

売上高のランキングですか?
従業員数?
社員の年収?
社内結婚の数?

それとも、全てを含めたランキングって事ですか?

だったら無理ですよ。
順位付けする基準がありませんから。

Q第二次債券市場

こんにちは、お世話になります。
フランス語の表現の中で、
バブル崩壊後、日本の銀行の建て直しが遅れた理由の中に
「日本には第二次債券市場が存在しないことも遅らせた原因の一つである」
と書いてある記事があったのですが
「第二次債券市場」の意味が分かりません。
分かるかたおりましたら教えてください。
ありがとうございます。

Aベストアンサー

原語は,英語ならばprimary marketとsecondary marketではないですか。

それでしたら,secondaryを第二次と訳すのは,日本語の専門用語としては普通じゃないですね。
primary marketは,発行市場
secondary marketは,流通市場
です。

発行市場と流通市場の簡単な説明は,下記のURLにあります。

たとえば,企業Xが資金調達のために社債を発行するとしましょう。発行した社債を,はじめて投資家に買ってもらい,企業Xがキャッシュを手に入れるのが,発行市場(primary market)です。

しかし,経済情勢の変化や企業Xの信用リスクの変化などによって,この社債を買った人が,今後も持ち続けることを不安視し,もう手放したいと思うかもしれない。そのとき,この社債を次に欲しい人に転売する市場を,流通市場(secondary market)といいます。

文脈に即していえば,以下のようになるでしょうか。

バブル崩壊後の日本の銀行は,それまでの甘い見通しが崩れて,返済が危うくなってきた不良債権を多く抱えていました。貸付先の信用リスクがきわめて高くなっていたわけです。

このことは,社債で言えば,発行した企業の破綻の可能性が高くなり,額面どおり償還されるか危ぶまれる債券(junk bond)を,それなりに持っていたともいえます。簡単な例は,破綻したマイカルの社債でしょう。

もし,そうしたjunk bondのようなリスクの高い債権を銀行が第三者に転売できれば,それまでの損失を確定して切り離すことができますから,銀行の収益性は徐々に回復し,健全な案件に融資を拡充させることができたでしょう。

ところで,junk bondでも,大幅にディスカウントするのなら,欲しいという投資家は広く薄く存在するかもしれない。実際,現在の米国では,GMの社債なんて,額面より大幅に割り引かれているものの,買手がいて,ちゃんと取引されています。GMが破綻しない方に賭けるような,大穴を狙う(底値で拾おうという)投資家は,それなりにいるのです。しかし,当時の日本では,そういうjunk bondを転売できる市場が十分に機能していなかった。

そこで,銀行が手放したいハイリスクな資産を,速やかに切り離すことができなかった。このことで,銀行の収益性は長らく低迷し,利益が出ないものだから,健全な貸出案件も必要以上に手控えざるをえなかった。それが,経済活動全体を長らく沈滞化させる一因となったということです。

なお,当時の日本でも,債券の流通市場が「存在しない」というのは言い過ぎで,社債の店頭取引(取引所ではなく証券会社の「店頭」で売買をつなぐ取引)は行われていました。ですから,全く売れなかったわけではなく,転売先を見つけるのに長い時間と手間がかかったという方が正確です。

参考URL:http://www.findai.com/yogo/0085.htm

原語は,英語ならばprimary marketとsecondary marketではないですか。

それでしたら,secondaryを第二次と訳すのは,日本語の専門用語としては普通じゃないですね。
primary marketは,発行市場
secondary marketは,流通市場
です。

発行市場と流通市場の簡単な説明は,下記のURLにあります。

たとえば,企業Xが資金調達のために社債を発行するとしましょう。発行した社債を,はじめて投資家に買ってもらい,企業Xがキャッシュを手に入れるのが,発行市場(primary market)です。

しかし,経済情...続きを読む

Q前歯を保険でブリッジにする場合

前歯をブリッジにする予定ですが、今のところ保険で考えています。
(片方の前歯と2番を支台歯にします)
保険診療の場合、よく言われるのが色あわせの問題ですが、もし、自分の歯とかなりの色の違いが出るのであれば、自費もやむなしと思っています。
保険のブリッジだと色が合わないというのは、最初の診察でわかるものでしょうか?
※年数が経つと、保険のブリッジは黒ずんでくるそうですが、それは今は考えないとします

Aベストアンサー

>保険のブリッジだと色が合わないというのは、最初の診察でわかるも
>のでしょうか?
歯の色にもいろいろあります。硬質レジン前装冠(前歯)の色を決める場合、既成のシェイドガイド(色見本)から色合わせが可能です。

ガイドで色が合っても、硬質レジン前装鋳造冠の色調再現性に十分な満足が得られない。指定したシェードガイドの色調と、完成した硬質レジンの色調に隔たりがあることが多いのです。
陶材冠の場合でも運が悪いと、下手な術者にかかった場合色合わせのマズい被せ物に仕上がることもあります。

私が言うのもはばかられますが、もしよければこのことを理解されたうえで、担当医と相談され、出来上がった前装冠の色調が自分の許容範囲内であれば選択も考えられましょう。

前装冠を軽視して、自由診療重視の考えを持っている歯科だと説明が不十分になる可能性もあります。
歯科によって意見や希望を聞きながら、患者の色にできるだけ合わせて作製してもらえることもあります。
予備知識をもって、良心的な歯科を選ぶのも大切になります。

Q岡三証券からの株他の移管に最適なネット証券は?

祖母が岡三証券ですすめられて、株、投資信託、外国債券を持っています。高齢なので営業はやめてほしいと再三申し入れましたが、無視されてまた外国債券を買わされたようです。

これらの株、投資信託、外国債券を岡三証券からネット証券に移管して、今後は岡三証券とは縁を切りたいと考えています。岡三からの移管で最適なネット証券を教えてください。

岡三ネット証券もありますが、岡三ネット証券を選んだ場合は、これからも岡三証券からのしつこい勧誘がありますか?

祖母がこのまま岡三証券と関係があるのはとても不安です。助けてください。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…移管で最適なネット証券を教えてください。

個別の証券会社を推奨するのはよくないと思いますので、一般論を中心に回答させていただきます。

まず、「移管」には、「移管先の証券会社が同じ金融商品を取り扱っている」ことが前提ですから、移管ではなく「売却→同様の商品を再購入」が必要になることもあります。

「投資信託 移管」での検索結果
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97%E3%80%81%E7%A7%BB%E7%AE%A1&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a#client=firefox-a&hs=Te1&rls=org.mozilla:ja%3Aofficial&hl=ja&q=%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97+%E7%A7%BB%E7%AE%A1&oq=%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97+%E7%A7%BB%E7%AE%A1&gs_l=serp.3..0j0i7j0l5.1719.1719.0.2075.1.1.0.0.0.0.120.120.0j1.1.0....0...1c..19.serp.FNYnfAuhh4o&bav=on.2,or.&bvm=bv.48705608,d.dGI&fp=1a402d976adacc70&biw=960&bih=610

個人的には、(移管可能ならば)どこの「ネット証券」でもたいして変わらないと思います。
原則、「ネット口座の顧客」にたいして、【人による】営業は行いません。

それもそのはずで、「人件費」という最大のコストをかけないからこそ「格安の手数料」が提供できるので、「ネット口座の顧客に人件費を使って営業させる」のは本末転倒だからです。

ただし、「ネット口座の顧客でも残高によっては社員が営業をかける」ような証券会社(あるいは社員)がない(いない)と断言することまではできません。

ちなみに、かつて、大手証券会社は「1億円以下の顧客はゴミ」という感覚のところが多かったです。

『手数料稼ぎ第一で、クズ株も押し付け。顧客の損に興味なし』(2013/04/08)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1731.html

>…岡三ネット証券を選んだ場合は、これからも岡三証券からのしつこい勧誘がありますか?

営業社員の「個人プレー」が無いとはいえませんので、「勧誘がなくなる」とまでは言い切れません。

>祖母がこのまま岡三証券と関係があるのはとても不安です。助けてください。

「投資」は、「やるもやらないも本人次第」なので、不安ならば「きっぱり断る」以外に方法はありません。
つまり、本人が承諾してしまえば誰も助けることはできません。

ただし、昔ながらの「客殺し営業」がなくならないのも事実なので、しかるべき機関に相談して下さい。

『日本証券業協会>証券・金融商品あっせん相談』
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/kujyou/index.html
『法テラス>金融商品取引』
http://www.houterasu.or.jp/service/shouhishahigai/kinyuushouhin/index.html

*****
(その他参考URL)

『投資信託、銀行窓販の肉食化 』(2011/2/23)
http://diamond.jp/articles/-/11249
『投資教育が教えない禁断の四択問題 』(2011/8/29 )
http://diamond.jp/articles/-/13759
『金融マーケティングの何に気をつけたらいいか』(2011/9/7)
http://diamond.jp/articles/-/13903

※上記の記事の筆者は、「楽天証券経済研究所客員研究員」という肩書きがあるので、完全に中立な立場ではありません

長いですがよろしければご覧ください。

>…移管で最適なネット証券を教えてください。

個別の証券会社を推奨するのはよくないと思いますので、一般論を中心に回答させていただきます。

まず、「移管」には、「移管先の証券会社が同じ金融商品を取り扱っている」ことが前提ですから、移管ではなく「売却→同様の商品を再購入」が必要になることもあります。

「投資信託 移管」での検索結果
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%8A%95%E8%B3%87%E4%BF%A1%E8%A8%97%E3%80%81%E7%A7%BB%E7%AE%A1&ie=utf-8&oe=utf...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報