『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

卓球で高校に入ってカットマンに移行した高校一年です。
そこで質問です。
フォアカットが上手くできないのでなにかコツとかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 カットはどれだけ切れたカットが出来るかでカットの変化量が決まります。

テイクバックとインパクトの距離は必要と考えます。ラケットにボールが当たってからスイング速度を高めようとすると力が入ったカットになるのではありませんか。
 チョセヒュクのカットでフォアカットは十分テイクバックを取っています。粒高ラバーを使っているバックカットはそれどテイクバックを取っていないようですが、それはラバーの特徴が理由ではないでしょうか。後陣でのバックカットではミートまでのスイング距離は必要でしょう。
 比較的台に近い場所でカットする場合はカットポイントが高くなるので、テイクバック距離を稼げないのでミート後のスイングが大きく見えると考えます。
 ミート後のラケットとボールが接していないスイングを大きくする意味は、カット全体のスイングの流れで基本姿勢に戻ることではありませんか。カットボールの質とは物理的に関係しないでしょ。

 粒高ラバーは自分のスイングで切るというより相手ドライブのトップスピン量に大きく関係するのですから、裏ソフトラバーのカットも同じように考えるのは良くないと思います。
 
 カットラリーは自分と台との位置関係でスイングの方法が変わってくると考えます。基本的なカット練習は台より少し下の位置でカットし、低く深く返球することになりますが、応用編になるとネットより高いカットポイントで練習したり、フロアーの近くの低いポイントでカットするなど色々な対応が求められます。
 カット性ショートのような対応もしなければならないこともあり、カットスイングは一つの方法で対応できるものではないと考えます。

 カット選手としては、基本的にカットラリーで負けない継続力が求められますが、それに回転の変化がわかりにくいカットがどうしても十分に出来なければなりません。
    • good
    • 1

もっとも手っ取り早い方法は、うまい人の真似をするということです。


高校に入ってからカットマンに…ということなので、恐らくカットマンとして、きちんとした指導者の教えを受けたことは無いのではないでしょうか。
きちんとした指導者がいれば、その人の教えに従い、いないのであれば、ネットで韓国の朱世赫選手や日本の松下選手などのプレーを参考になされてはどうでしょう。

自分も中1~高2の夏までドライブ、そこからカットに変えました。
教えてくれる人はいなかったので、朱世赫選手の動画を何百回と見て、フォームを細かいところまで真似し、フォームを定着させました。


フォアカットのコツですが、まずはボールをよくひきつけるということでしょうか。これはバックでも同じですが、通い球を打っても安定しませんので、まずはボールをしっかりと体にひきつける、また自分から足を出して近づくということが大事です。

次に、無駄な振りをしない。
初心者カットマンにありがちですが、やたら大振りをします。特にフォアです。それこそギロチンのごとく上から下へ振り下ろすような感じです。
基本は『ボールにラケットが当たってから振る』
これくらいでいいのです。ただし、ボールを打った後のスイングはしっかり取りましょう。
朱世赫選手などのフォームを見ていると、そんなに大振りはせず、打った後をしっかり振っています。
    • good
    • 0

 私はDVDつきの卓球の本を買い、渋谷選手の画像を嫌と言うほど見てカットの仕方の感覚を覚え実際に練習し、画像を見ては自分の問題点を改善して行く方法で覚えました。

実力は自慢できるようなものでは有りません。しかし、素人として最近卓球を始めた中では自画自賛しています。
 
 たしかに最初はバックカットのほうが難しいと思っていましたが、実際にはフォアカットの方が難しさがあります。フォアカットは肩から先の腕全体を使う自由度が高いので、肘を中心にするバックカットより難しいといえるでしょう。

 ここの戦型別レッスンのカットマンの画像も良く見ました。それと私が通っている市の協会でカットマンの人がいましたので、人から盗む方がより参考になりました。

 文章ではここの2008-8-27日付の「カットの仕方」の回答が上手く説明されています。それを参照願います。

 用具についての情報がありませんが、問題は無いでしょうね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカットマン用ラケットだとカット(回転)がかからない

カットマンを目指し練習しています。困ったことにカットマン用のラケットを用いるとボールに回転がかからないのです。攻撃用の中国式ラケットや、単板の攻撃用ラケットを用いるとうまく回転がかかります。自分の何がいけないのかよくわかりません。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

中学時代ペンのドライブ(スレイバー厚)からカットマン(タキネスCHOPウス~中)に
変更した者です。
当時顧問の先生にアドバイスされたことをかいつまんで書きますので、
参考になれば幸いです。
※自分の手に「キレを感じ始めた」のも、下記の練習がうまく行き始めた
 頃だったと記憶しています。
※このサイトには、私よりも素晴らしい回答を書いてくださる方が
 大勢いらっしゃいますので、その方々の意見も参考にしてください。
※文章ですので、「極端」に書きますが、お許しください。


たぶんですが、攻撃型からカットマンになる時に苦労するのは、
1、2、3、4のような簡単だと思えるところだと思います。
5、6、7は当時の顧問の先生と私達のオリジナルで、
早く体に「型」を染み込ませるための「養成ギブス」みたいなことです。
6と7の※印の所は、求めている「キレ」を実感できるポイントのような
気がします。合うかどうかはわかりませんが、実践(実験)してみてください。


1.「インパクトの瞬間」までボールを目で追ってください。

2.「垂直に切り落とすようなカット」を心掛けてください。
  ※球が下に落っこちる気がしますが、それでも自然と下回転が
   掛かり、ギュンと伸びる球になります。
   球をラケットで上からたたき割ってしまったこともあります。
   その数日後、ギュンという感覚を手に入れた覚えがあります。

3.カット、ツッツキ、反撃スマッシュの後は、
  必ず「中央に戻る」ようにしてください。
  フットワークが大切(右斜め前→中央→右斜め後→中央→
  左斜め前→中央→左斜め後→中央 反復練習を実施)

4.必ず「重心移動は後ろから前」を基本としてください。
  そっくり返るカットやへっぴり腰のカットは練習しても実践では
  全く役に立ちません。

5.初心者は、型を体に覚えさせることと負荷を掛けるために、
  ラケットをかまえる時は、ラケットの先を「アゴにつける」ように
  して、常に待ちの体制をつくると良いかもしれません。
  ※初心者にフォア打ちを教える時は、「おでこ」まで手を振り抜く
   ようにと言われることと同じイメージです。
  ※タキネスを使っているなら、アゴがタキネス臭くなります(笑)。
   これは、「手が下がったままで球を待たない」ためにしていました。
   下がったままでは、次の動作に遅れますし、次の6で説明する「肩とヒジ」の
   イメージを忘れてしまうからです。

6.バックカットは(極端に書けば)、右足が前で左足が後ろで構え、
  ラケットを「耳に触れる位置からスタート」して「右ヒザ」を
  かすめるようにカットしてください。もちろん、「モモを叩く」
  「右ヒザより右」でカットする場合だってあります。
  ※これは、目とボールの距離を近づけ、「インパクトの瞬間」を
  見る練習になりますし、自然と「右肩を入れ」、「ヒジを支点」
  にしてカットするクセをつけることができるかと思います。
  ※右肩を入れ、ヒジを支点にすると、「下からすくうような」
   弱いカットをしなくなります。床ギリギリの球でも、
   すくうのではなく、やはり「上から切る」イメージだと思います。

7.フォアカットは、バックカットと違い、左足が前で右足が後ろで
  構え、台のエンドラインと右足と左足で「三角形のスペース」を
  作ってください。カットは耳からでなくて「右肩辺り」から
  スタートし、極端に書けば「足元の三角スペース」を目がけて
  カットしてください。
  ※中学生の時は、仲間とふざけて「チ○チ○カット」と言って
   いたくらいです。「股間」から「左足のふくらはぎ」を
   エンド(フォロースルー)するイメージでしょうか。
  ※このことに注意し、体勢が反り返っていなければ、
   自然と重心移動が後ろから前になると思いますので、
   ズバッと切れた感触が伝わってくると思います。
  ※三角形の外(両足を結ぶ線より遠い所)でカットしていると
   基本が身に付きませんので、遠い球でも、必ず移動するクセ
   「チ○チ○はどこだ!」をつけるように練習してください。
   そしてまた中央に戻り「アゴ構え!」です。

8.最後に、カットは「大きく、大きく、体を使って」練習してください。

それでは、お互いがんばりましょう!

中学時代ペンのドライブ(スレイバー厚)からカットマン(タキネスCHOPウス~中)に
変更した者です。
当時顧問の先生にアドバイスされたことをかいつまんで書きますので、
参考になれば幸いです。
※自分の手に「キレを感じ始めた」のも、下記の練習がうまく行き始めた
 頃だったと記憶しています。
※このサイトには、私よりも素晴らしい回答を書いてくださる方が
 大勢いらっしゃいますので、その方々の意見も参考にしてください。
※文章ですので、「極端」に書きますが、お許しください。


たぶん...続きを読む

Q粒高の使いかた。

僕は学校で卓球をやっていて、
新しくラバー・ラケットと買おうと思い、
以前質問させていただいたのですが、
参考にした結果、ラバーはバンブーカールを使うことに決めました。
しかし、粒高は初心者なので、詳しく書いているサイト
もしくはうまく扱うポイントなどを教えていただけたらと思い質問しました。
卓球に詳しい方、粒高を使っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は押すように強打して返すと良いです。

ナックル性(無回転)の玉や、下回転の玉を返すときには、ツッツキの構えで玉の下までラケットを移動させて、そこから打球するときにかけて、手首を回転させ、ラケットを立てて返すと良いです。

動画や連続写真があると良いのですが、見つからないので、わかりにくいとは思いますが、文章での説明で終わらせていただきます。

自分も粒高ラバーを使い始めておよそ1年がたったところです。粒高をはじめて手にしたときは、思うように打球が返せずに大変でした。文章で説明するより、やはり自分でいろいろな打ち方を試し、経験する方が良いかもしれません。『慣れ』が大切だと思います。
(「バンブーカール」は、変化幅が大きく、ナックルボールを出しやすいようなので、慣れて使いこなせるようになれば、とても強い武器になると思います。自分のことで申し訳ありませんが、自分も次にラバーを変えるときには、「バンブーカール」にしてみたいと思います。)
頑張ってください!

粒高ラバーは、裏ソフトや表ソフトと違って、名前の通り、粒が高い(細くて長い形状をしている)ので、その分とてもコントロールが難しいです。しかし、その粒の細長さで、逆に打球に変化をつけることができ、しかも相手の回転の影響を受けにくくすることができます。なので、No.1の方の回答にもあるように、こすり上げて強打するよりも、角度をあわせて押して強打する方が良いと思います。


詳しい打球の仕方としては..........

上回転の玉を返すときは、かぶせるようにしておさえるか、浮いた玉の場合は...続きを読む

Q卓球 粒高でのスマッシュ

僕はカットマンをしています。
それで、反転して裏ソフトでバックスマッシュするときはいいんですけど、反転がまにあわなくて、
粒高でバックスマッシュを打つ時があるんですけどそれが入りません・・・
粒高でのバックスマッシュのやり方を教えてください。
  お願いします。

Aベストアンサー

自分も粒高(だけ)でバックスマッシュするカットマンなので回答させていただきます。

≫僕はカットマンをしています。それで、反転して裏ソフトでバックスマッシュするときはいいんですけど、反転がまにあわなくて、粒高でバックスマッシュを打つ時があるんですけどそれが入りません・・・粒高でのバックスマッシュのやり方を教えてください。お願いします。
う~ん、確かに粒高は裏で打てる人にとっては難しいかもしれません。(自分は逆に反転できないので…泣)
まあ、まずは「粒で打つんだ」と意識し過ぎないことですかね。あんまり意識しすぎると入るボールも入りませんから。自分的にはスイングがどうこうってよりは、しっかり強くインパクトすれば意外と入っちゃいます。朱世赫選手はしっかりインパクトして粒を倒すイメージだといっておられます。
あとは、あんまりテイクバックはとらないほうがいいかなと自分は思います。
裏みたいにしっかりラケットを引いてぱちんと打つのもいいと思うんですが、プッシュみたいにボールに高さを合わせてぱちんとツッコミみたいにコンパクトなスイングで打ったほうが、空振りも減りますし、低いボールだったらプッシュとスマッシュどっちがくるかわからないっていう風にできるので、一石二鳥ですよね。

まあ、とにかく打って打って感覚をつかむしかないと思います。(打ち方とか理論を頭で理解するよりこれが一番早いと思います。)自分なんかは、バックドライブもできるようになりましたし。なんでも感覚をつかむのは大きいです。
まあでも、バックスマッシュでもバックドライブでも「しっかり強くインパクトする」ことが出来れば入ると思います。

適当な回答ですいません。なんか質問があったらまた回答しますので、気軽にお礼に書いてくださいね。がんばってください

自分も粒高(だけ)でバックスマッシュするカットマンなので回答させていただきます。

≫僕はカットマンをしています。それで、反転して裏ソフトでバックスマッシュするときはいいんですけど、反転がまにあわなくて、粒高でバックスマッシュを打つ時があるんですけどそれが入りません・・・粒高でのバックスマッシュのやり方を教えてください。お願いします。
う~ん、確かに粒高は裏で打てる人にとっては難しいかもしれません。(自分は逆に反転できないので…泣)
まあ、まずは「粒で打つんだ」と意識し過ぎない...続きを読む

Q卓球 カットマンからドライブマンへの転向

中一のカットマンです。(大体一年くらいやってます)
カットマンが自分に(性格的に)あってないと感じドライブマンに変えようと思ったのですが・・・
部活の先輩たちに相談すると「続けていたらうまくなるかもしれないから続けてみたら?」
とアドバイスをもらったのですが、
続けたほうがいいのでしょうか?この時期に戦型を変えても大丈夫なのでしょうか?
個人的な意見でかまわないのでアドバイスをもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

高2女子です。

私も中学のとき卓球やっていました。

私は1年ぐらいやってから、逆にドライブからカットに変更しましたが、
やっているうちに自分はドライブの方が向いていると思いました。
ツッツキを続けて相手がミスするのを誘ったり、相手のスマッシュをカットで返球するということよりも
自分から積極的に攻撃をしかけていくことのほうが楽しかったし、
なによりカットが下手だったので・・・
ですが、それから卒業まではカットマンとしてがんばりましたよっ
試合で自分からせめてばかりであまりカットマンらしくないカットマンになってしまいましたが・・・

カットマンでも積極的に攻めてはいけないという理由があるわけでもないので、
そのまま続けてみてもいいと思いますよ。
オールラウンダーを目指すのもいいと思いますし、かっこいいとおもいます!
今の時期に戦型を変えるということに関しては、ぜんぜん心配することないと思います。

卓球がんばってください^^

Q卓球 中国式ペンでシェイクハンドとペンの両方がしたい。

私は、ペンで卓球をしてましたが、自分のタイプなどを総合して、シェイクハンドに変更したいと思います。また、子供たちに卓球を教える機会もあるので、ペンにも持ち替えたりしたいと思います。
そこで質問なんですが。
中国式ペンで、シェイクハンドをすることは、OKでしょうか。遊びならできると思いますが、実際に大会などでそのような人はいるのでしょうか。

Aベストアンサー

試合で使うとなるとかなりの腕が無ければ厳しいと思います。
シェークハンドはしっかり握って打つのでラケットも分厚く作ってあります。ペンハンドは指で固定して打つためどうしてもシェークと同じ重量では使いこなせないと思います。
またペンハンドでは前方で打つのに対してシェークは体の近くになりがちです。体の近くつまり相手から距離のある状態で軽いラケットをいくら強く振り回しても強いショットが打てるとは思いません。
結局は大会のレベルですね。

Q相手をカットマンの戦術にのせる方法を教えて下さい

新米のカットマンです。徐々にフォアもバックもカットができるようになってきました。ところが、練習ではできるものの、いざ試合となると話は別です。そこでカットマンの方にお教え頂きたいのですが、相手をカットマンの戦術にのせる方法(鉄則のようなもの)を教えて下さい。つまり、こちらが無理なくカット(カットのラリー)ができるようにするにはどうしたらいいのですか?
「どのようなサーブをどこに出すのか」
「レシーブは長短どのようなものがいいのか、どこに打つべきなのか」
などいろいろお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご連絡が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
ご質問等について書かせていただきます。
参考になりましたら幸いです。

>バック側にP-1OXを貼っており、なかなかツッツキができず(プッシュになってしまって)、これが原因ではないかなと感じていたところです。
●その方の打球感があるので、そちらを優先しても良いと思いますが、私個人としては、スポンジが多少あった方がやりやすいと思います。

>やはりスポンジ有りの粒高で深いツッツキが必要なんだと感じておりました。もしよろしければktthさんはどのようなラバーをお使いでしょうか?
●両面裏の時もありましたが、ツブ高でしたら、カールP-2(廃止)をはじめカール系とフェイントロングIIIなどのフェイントロング系を使用しておりました。現在は、フェイントAGにトライしております。
理由は、ツブ高でも打てることとテンション系なので球離れの早さに注意すれば威力のある返球(変化を含む)ができるからです。

>スポンジの厚さを含めお教え頂ければ幸いです。
●通常のラバーでしたらウスですが、現在はテンション系なので、お店の方からゴクウスをすすめられ、それをはっています。
その方はとても親切な方で、ゴクウスの中でもグラム数の重い(=ウスに近い厚さのゴクウスもの)を棚から選んでくれました。今までウスだったので、その感覚を狂わせないようにとのことでした。ただ、やはりウスでは飛びすぎるからゴクウスなのだと思いましたし、実際に打ってみてそうだと思いました。

深いツッツキは難しいですよね。精神力も必要ですし。「集中力が切れてきたときどうする?」って仲間のカットマンと話して決めたことが、こんなことです。
レシーブ時で構える際、ネットの上の白ラインと相手コートのエンドラインが重なるように(見えるように)構え直すというもの。そうすると、なぜかツッツキが浮かない(気がする)んですよ。集中できていることと、腰と足が低い体勢になり、目は弾道をより見ることが出来て、足は次の一歩が素直にグっと台の下に入るからなのかなぁ……と思っております。ツッツキの打点も良いし。
オマケみたいな話しですが、一度試してみてください。
これからもお互い頑張っていきましょう!
失礼します。

ご連絡が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
ご質問等について書かせていただきます。
参考になりましたら幸いです。

>バック側にP-1OXを貼っており、なかなかツッツキができず(プッシュになってしまって)、これが原因ではないかなと感じていたところです。
●その方の打球感があるので、そちらを優先しても良いと思いますが、私個人としては、スポンジが多少あった方がやりやすいと思います。

>やはりスポンジ有りの粒高で深いツッツキが必要なんだと感じておりました。もしよろしければktthさ...続きを読む

Q卓球の戦型 カットマン

僕は今、中学3年です。中学1年から学校の卓球部に入り卓球をしていましたが7月で県の総合体育大会も終わり、今は夏休みです。
中学1年から2年くらいまでシングルスでドライブ型の戦型でした。そして2年の途中くらいからダブルスになり3年の県大会までダブルスをやってきました。
高校に入ってからまた卓球をやろうと思っています。そこで質問なんですが、僕は自分から攻撃して攻めていく戦型はあまり好きではないのでカットマンになりたいと思っています。中学のときは部員全員がドライブ型や前陣速攻型でカットマンのような守備型が1人もいませんでした。僕はカットマンがよかったのですが顧問の先生がカットマンはつくらないらしくて結局今までドライブでやってきました。今は土曜日と木曜日に町の体育館でやっている(夜の8時から10時くらいまで)卓球のサークル?のようなものに行っていますがクラブチームのような本格的な練習ではなく、町内の卓球が好きな大人や子供がきて卓球をするという程度のもので、ほとんど遊びみたいなものです。
やはり、高校に入ってからカットマンになるためにはクラブチームのようなところに入ったほうがいいのでしょうか?(その高校の部活動への取り組みの姿勢などにもよると思いますが…)同じような経験をした方などいたら、よろしくお願いします。

僕は今、中学3年です。中学1年から学校の卓球部に入り卓球をしていましたが7月で県の総合体育大会も終わり、今は夏休みです。
中学1年から2年くらいまでシングルスでドライブ型の戦型でした。そして2年の途中くらいからダブルスになり3年の県大会までダブルスをやってきました。
高校に入ってからまた卓球をやろうと思っています。そこで質問なんですが、僕は自分から攻撃して攻めていく戦型はあまり好きではないのでカットマンになりたいと思っています。中学のときは部員全員がドライブ型や前陣速攻型でカット...続きを読む

Aベストアンサー

私は元カットマンです。
中学2年の終わり頃に顧問兼コーチにカットを仕込まれてカットマンになりましたが、中学3年でその顧問が異動になって、フォームは完成したものの、その後は指導者もいなくて大変でした。
そして高校生になりましたが、カットマンとしての力の伸び悩みで今はシェーク前中陣オールラウンド型としてやっています。
と、前置きが長くなりましたが、正直なところ指導者がいないととてもじゃないけど難しいです。高校でやっていけてるカットマンはほとんど実力がありますからね。本気でカットマンを目指すならクラブチームへ行くことを薦めます。
カットマン以外にも、前陣で粒高ラバーで繋いで相手のミスを誘う戦型もありますよ。

Qブツ切れカットができなくて困っています

左カットマンです。カットがなかなか切れず強打されてしまいます。めちゃめちゃ切れている重いカットがしたいです。ラバーは裏と粒フェイントロング3超極薄です。

Aベストアンサー

強い回転を生むには強いインパクトが必要で、切るというよりはぶつけていく感じでやってみてください。他の方が回答されている「当たる瞬間にラケットをぎゅっと握る」のも強いインパクトを生むコツです。

ちなみに。強打される理由が切れていないと解釈するのは正確ではないと思います。カットが浅かったり、高い場合はどんなに切れても強打されますよ。
回転より、低く深く確実に返球することが大事です。

Qカットマンの粒高ラバー スポンジ有りとOXどちらがいいのですか?

カットマンを練習しています。徐々にですがカットができるようになりました。現在、バック側にカールP-1OXを使っています。自分としてはOXの直接ラケットにあたる感覚が気に入っています。卓球用品店の店長には、「自分が気に入った感覚であればそれが一番いい」と言われました。

ところで、カットして相手側に返る打球は、スポンジ有り(例えば超ゴクウス)とOXではかなり違いがあるのでしょうか?どちらが相手にとって嫌な打球になるのでしょうか?

バック側がOXということもあり、台上ではあまりツッツキができず、プッシュぎみにいれることになるのですが、これでいいのですか?

P-1OX以外にお薦めの粒高ラバーがあればお教え下さい。友人は「フェイントロングIIIOXを試してみるといい」とアドバイスしてくれました。
粒が倒れやすい粒高ラバーや、ゆれて返る打球が出せる粒高ラバーお教え下さい。

みなさんよろしくご助言下さい。

Aベストアンサー

回答1の者です。
ツッツキの基本は、1.球にこちらから近づく、2.力を入れず押し込まない、3.ラケットのヘッドを下げない、4.気持ち体の方へ引く動作(バックツッツキなら少しだけラケットを左から右へ横移動)をする、5.打ったら体勢を素早く戻す 等だと思います。
※インパクトの瞬間はラケットをキュッと握るか、ラケットをキュと止めるかして強烈な力を加える方もいます。(私はそうしています。)

のこぎりツッツキ(勝手に名前を付けていますが)の場合は、上記4の時、体の方から手を伸ばして、押し出すように横(横下)回転を掛ける感じです。プッシュと似ていますが、プッシュではなく「バックなら時計回りの強い回転、フォアなら逆時計回りの強い回転」を掛けます。ただし、むやみに力を入れると球が浮いてしまうので、ツッツキの基本は忘れないでください。
(下回転は落ちるので注意。コツをつかむまでは、通常のツッツキをしてください。回転に90度逆らうことになるので。ただし注意すればできるようになりますよ。そこが邪道もできるという、ツブ高の魅力の一つでもあります。私にとっては。)

要するにツブ高の「ツブ」を、球を当てる時に、ちゃんと寝かせる(歯磨きする)ことでスピンを掛けることを目標にしています。

プッシュや押し出すナックル・ツッツキなら、「ツブをつぶさず押し出す」。正統派のツッツキ、のこぎりツッツキなら、「ツブをつぶして(寝かせて)切る」ということでしょうか。

何かの記事(ニッタクかバタフライ関連の雑誌だったでしょうか?)で読んだことがありますので、技術的にそんなにトンチンカンなことは言ってないと思います。私の書き方が悪いだけ(ごめんなさい)だと思いますので、一度試してみてはいかかでしょうか。自分に合えば、ぜひ使ってみてください。

それでは。お互い頑張りましょう!
失礼します。

回答1の者です。
ツッツキの基本は、1.球にこちらから近づく、2.力を入れず押し込まない、3.ラケットのヘッドを下げない、4.気持ち体の方へ引く動作(バックツッツキなら少しだけラケットを左から右へ横移動)をする、5.打ったら体勢を素早く戻す 等だと思います。
※インパクトの瞬間はラケットをキュッと握るか、ラケットをキュと止めるかして強烈な力を加える方もいます。(私はそうしています。)

のこぎりツッツキ(勝手に名前を付けていますが)の場合は、上記4の時、体の方から手を伸ばして...続きを読む

Q粒高でのツッツキ

粒高でのツッツキ
粒高でナックルサーブをツッツくと強打されてしまいます。粒高によるナックルの切り方または強打の回避方法を教えてください。ちなみにカットマンです。

Aベストアンサー

元卓球部、中ペン粒高前衛です。

ナックルサーブはいやですよね。粒高にとっては。


自分はナックルサーブに対しては強打するようにしていました。前衛でしたので。
バックならプッシュ、フォアならカット打ちのような打ち方で返すようにしていました。
どちらも、低く速い突き刺さるようなボールを目指していました。
ナックルサーブは、なんでか分らないですけど、ボールが落ちてしまいやすいくせに浮きやすいので、針に糸を通すような精密さを必要としていた気がします。

出来ないときは触れるだけのようなストップ等でネットぎわに落とすようにしていました。

ナックルサーブは嫌いだったので、二度と打ってこないように
「ナックルサーブが来たらレシーブエースで叩いてやる」と印象づけられればベスト
と思っていましたね。


カットマンということですが、どんなボールでもバックスピンで返さず、返球の幅を広げてみてはいかがでしょうか。
叩かれないようにするには手前に(低く)落とすか、こちらから打って出るかです。


ちなみに
自分はバックスピンが得意だったので、ナックルに近いボールを強引にバックスピンにして返したりもしていました。
(実戦向きではありませんでしたし、フォアでは出来ませんでした)
サーブでバックスピンをかけるときのイメージで、深く強く踏み込みながら、出来るだけ水平に素早く、ラケットの移動距離がなるべく長くなるよう胸元から台にぶつかる位まで押し出してボールの下をこする、ボールを返すことは考えずバックスピンをかけることだけを考える、といった返球です。
成功すれば、まさか粒高でナックル気味のボールがこんな強いバックスピンになって返ってくるわけない、といったボールタッチをするので、みんな面白いように落としてくれます。

シェイクだと難しいかも??おためしあれ。


もう六年もラケットを握っていない自分ですが、参考になれば。
フェイントロングIIはもう使えないのだろうか…。

元卓球部、中ペン粒高前衛です。

ナックルサーブはいやですよね。粒高にとっては。


自分はナックルサーブに対しては強打するようにしていました。前衛でしたので。
バックならプッシュ、フォアならカット打ちのような打ち方で返すようにしていました。
どちらも、低く速い突き刺さるようなボールを目指していました。
ナックルサーブは、なんでか分らないですけど、ボールが落ちてしまいやすいくせに浮きやすいので、針に糸を通すような精密さを必要としていた気がします。

出来ないときは触れるだけのような...続きを読む


人気Q&Aランキング