北大はノーベル賞を取るのにどんな活動をしたのですか
北海道大学の鈴木章名誉教授がノーベル化学賞を受賞しましたが、
北海道大学はノーベル賞を取るためにどんな活動をしたのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.jsps-sto.com/admin/UploadFile.aspx?pa …

上記資料の P9参照。
ノーベル賞レベルの研究成果というのは日本には何十もあります。
スウェーデンの選考委員会は日本にも、ツアーに来ますが、全員が来るわけではない。なので、スウェーデンで説明会を行うことは、有効な手段です。
取材ツアーを受けた先生が、「あんまり熱心に聞いてなかったので、まだ重要な候補に達して無いな」と感じたそうだ。
東大関係者に聞いたら「東大は候補が多いから、PRの集中ができないよな」と言っていた。鈴木先生の研究成果がノーベル賞に値するものであることにはなんら問題はないが、PR活動が必要なことは事実です。

また、ノーベル賞の候補アンケートのようなものはあります。
現物を見せてもらったことがあるが、わら半紙みたいなあまり高級な紙の感じではなかったが、スウェーデン王室の透かしが入っていた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2010/10/18 22:42

#1のお答えは間違っているので一言。


ノーベル賞の各賞について各国にはノーベル賞推薦委員会があります。学者仲間には公然の事実。ノーベル賞が欲しい人は自薦書を書いて渡します。
ここから推薦が来ないとスウェーデンの委員会は「無理」を言えない。
もちろん国内委員会はどっさり候補を挙げます。それでも国内委員会からの推薦に入らない人は、島津の田中さんのように他国の誰かの仕事に先立って業績があるので「落とす事が出来ない」人に限られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2010/10/18 22:43

北大だけではありません


http://dir.u-tokyo.ac.jp/kokusai/utforum.html
東大フォーラムの開催地一覧を御覧ください。
学術面での交流度合いを考えれば、アメリが多いのはわかる。近隣国として中国・韓国・シンガポールで行っているのはわかる。
欧州で、イギリスとスウェーデン・・・国の規模を考えたら、イギリスとフランスやドイツが先行されるのではないかと思いますが、スウェーデンで行われています。
何らかの意図を感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/18 22:42

なにも、してません。



ノーベル賞は、全部門、独自の選考委員が、各分野の業績を審査しており、外部の推薦はうけつけてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
世界中から推薦を受け付けているはずですが・・・?

お礼日時:2010/10/18 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノーベル賞の候補者は発表されるのですか?

下の記事にノーベル賞の候補者として3人の日本人の名前が挙げられているとありますがノーベル賞機関からの正式なものですか?
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=65119

Aベストアンサー

>ノーベル賞の候補者は発表されるのですか?


       ↓
アカデミー賞とかオスカー賞、レコード大賞や芥川賞&直木賞の様なノミネート作品とか候補者の公表は正式にはありません。
ただ、一部の漏えいかリーク的な予想、憶測記事が広く出回っているのは現実である。
また、有力な予測として注目を集めるのがトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月3日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉賞)」を発表いたします。


「ウイキペディアより引用」
ノーベル賞の選考は秘密裏に行われ、その過程は受賞の50年後に公表される。
よって「ノーベル賞の候補」というものは公的には存在しないことになるが、「いつか受賞するだろう」と目される人物が各分野に存在するのも事実である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E

http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2011/2011-Citation-Laureates/

>ノーベル賞の候補者は発表されるのですか?


       ↓
アカデミー賞とかオスカー賞、レコード大賞や芥川賞&直木賞の様なノミネート作品とか候補者の公表は正式にはありません。
ただ、一部の漏えいかリーク的な予想、憶測記事が広く出回っているのは現実である。
また、有力な予測として注目を集めるのがトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都千代田区)は、10月3日から予定されているノーベル賞受賞者の発表に先駆け、「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄...続きを読む

Q日本人のノーベル賞(科学部門)受賞者の卒業大学について

ノーベル賞の科学部門での日本人の受賞者の卒業した大学について;

(1)全員が国立大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   私立大学出身者はノーベル賞級の研究は無理なのでしょうか?

   国立大学と私立大学は、研究者を育てる環境が違うのでしょうか?

(2)全員が偏差値の高い有名大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
   とよく聞くように思うのですが、
   全員が、受験秀才だったのに独創的な研究が出来たのは何故ですか?


日本人のノーベル賞受賞者(科学部門)の卒業大学:

湯川秀樹(京都大学)、朝永振一郎(京都大学)、江崎玲於奈(東京大学)、福井謙一(京都大学)、利根川進(京都大学)、白川英樹(東京工業大学)、野依良治(京都大学)、小柴昌俊(東京大学)、田中耕一(東北大学)

Aベストアンサー

(1)現実的には、私立出身者には無理でしょう。研究の環境にも教員の質にも
差がありますから。たとえば、研究室での一人当たりの学生数は国立ではせいぜい3人程度
ですが、私立だったら10人以上もざらです。また、昔は違ったのかもしれませんが
大学の施設も国立は24時間利用可能ですが、私立でそういうところは珍しいと思います。
さらにいえば、大学受験時に私立を選ぶような人は研究には向いていない
ようにも思います。

(2)「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
この二つの意見が単に受験勉強ができなかった人の僻みから出てくる
もので、全く現実に即していないからです。

ある程度頭がよければ受験勉強になって苦労しません。むしろ楽しいものです。
また、知識がつけばそれだけ独創性は増します。独創と言うのは、基本的に
既存の知識の組合せですから。たとえば、料理なんかでも基礎的な知識の
ある人の方が、無い人より独創的になれるでしょう?
受験勉強で問われるのは、基礎的な知識です。ちゃんと勉強すれば無駄になる
ようなものではないのですが、ちゃんと勉強したことの無い人にはそれがわからない
のでしょうね(だから独創性が育たない~なんて意見が出るのでしょう)。

ちなみに(1)の内容に関係しますが、私立の試験問題より国立の試験問題のほうが
より本質的で考えさせる内容になっている傾向があるように思います。

(1)現実的には、私立出身者には無理でしょう。研究の環境にも教員の質にも
差がありますから。たとえば、研究室での一人当たりの学生数は国立ではせいぜい3人程度
ですが、私立だったら10人以上もざらです。また、昔は違ったのかもしれませんが
大学の施設も国立は24時間利用可能ですが、私立でそういうところは珍しいと思います。
さらにいえば、大学受験時に私立を選ぶような人は研究には向いていない
ようにも思います。

(2)「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕...続きを読む

Qノーベル賞はなぜ事前に候補者を発表しないのですか

映画のアカデミー賞や、グラミー賞などは、授賞式の前に、あらかじめノミネートされた受賞候補者が発表されているのに、
ノーベル賞はなぜ事前にノミネートされた受賞候補者を発表しないのでしょうか?

Aベストアンサー

アカデミー賞は大々的に候補者を発表しますね。これに対してノーベル賞は全く発表しません。それはアカデミー賞の対象者が映画俳優や映画監督等で、名前が出ることがたとえ受賞しなくても大変有利な結果をもたらし、またアカデミー賞の主宰者側もマスコミが騒いでくれた大きな利得を得ことができます。
 これに対し、ノーベル賞の候補者はマスコミの寵児になることを嫌がる研究者で、名前が出たことが決して当人には有利に働かず、またノーベル賞の主宰者は著名になることを目的で賞を与えているのではないことが公表しない理由なのでしょう。
 それぞれの立場で公表したりしなかったりすることは当然で、どちが正しいというものではない筈です。

Qモスクワ大出身のノーベル賞受賞者っていないの?

wikiでモスクワ大を調べたら、フィールズ賞はいっぱいいるのに、
ノーベル賞は一人もいません。

モスクワ大卒のノーベル賞受賞者っていないのでしょうか。

Aベストアンサー

ゴルバチョフがモスクワ大学出身でノーベル平和賞だなぁ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E8%B3%9E
とかあったんだけど、「資本主義者の賞なんて受けられるか!」って事で作ったらしい

Q日本でノーベル賞候補になる作家は村上春樹だけ?

日本でノーベル賞候補になるような作家は村上春樹だけなんでしょうか?
ほかにいないんですか?

Aベストアンサー

以下の方々らしいです。

津島佑子、多和田葉子、小川洋子、谷川俊太郎、吉増剛造

https://note.mu/nanaoku/n/n6f4171f774c8

Q名誉教授と栄誉教授の違いを教えて下さい。

名誉教授と栄誉教授の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

どちらも、そういう規定を作ってそうしてる。
名誉教授:勤続○○年になると自動的に振られる照合。何人いても関係ない。人数枠は無い。自動的に名誉教授となる。

栄誉教授:その大学が特別に設けた役職教授。
栄誉という名称も独自で勝手。
人数枠を大学が独自に決める。

Qノーベル賞候補!「刺されても刃物の通らない服」ってないんですか?

昨今物騒な世の中で、街を歩いていても、トイレなどに行っても、どこに変な奴がいて、いきなり刺されないとも限りません。又、身内でもすぐキレる人間も多く、いつ寝首をかかれるかわからない世の中です。
このような殺人事件が連日ニュースになっています。

こうなると自衛するしかありません。誰か、刃物を通さない、しかし風通しはよくて、夏でも冬でも着心地がよくて、丈夫で軽い生地を発明しないでしょうか?きっとノーベル賞に値する発明だと思うのですが・・・。
防弾チョッキなら既にありますよね。これらはやはり重くて暑くて、一般の使用には耐えられないので、流通しないのでしょうか?

本来は、衣装関係のカテで質問すべきかと思いますが、「美容&健康--ファッション」の問題ではないし、ライフの中に衣装に関しての中項目はないし、社会問題とも違うし、結局自由な発想で回答して頂きたいと思い、アンケートにしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

#2さんの挙げてらっしゃる「ケブラー繊維」製のものを使った事がありますが、「厚手のセーター3枚重ね着」よりましかも・・・といった程度でした。刃を当てて引ききれば、1回では無理でも、数回で切れますし・・・
着心地も悪いし・・・
本格的(官公用)は、やはり#1さんが挙げてらっしゃるような、チタン(?)や強化カーボン(ケブラー入り?)のプレートとの組み合わせが多いようです。
それほど重くはならないようですが、赤同鈴之助がチョッキをつけたような感じになるかもしれません(古い?)。

また、ケブラー(アラミド繊維)の40%増しの強度のあるというスペクトラ繊維(超高分子量ポリエチレン繊維?)で作られら物もあるようですよ。
日本の東洋紡も「ダイマーニ」というのを出しているみたいです。

面白そうなので、いろいろ検索してみました。

スペクトラ繊維(英語のページしか見つけられませんでした)
http://www51.honeywell.com/sm/afc/products-details/fiber.html
http://www.ring-g.co.jp/bouha/#1

ダイマーニ
http://www.toyobo.co.jp/seihin/dn/dyneema/tokuchou/index.htm

よさげなチョッキの通販(ケブラーとダイマーニ使用)
http://www.yumetai.co.jp/shop/g/g51244000000/

よさげなべストの通販(プレート併用だそうですが、別売り)
http://www.ring-g.co.jp/bouha/under.htm

同じサイトの、予想どうりのチョッキ(ステンレス内臓)
http://www.ring-g.co.jp/bouha/bouha.htm

命とはかえられないにしても、いい値段しますね。
それに、効果のほどはどうなのでしょう。

あとは、日本古来(?)のくさりかたびら!これを現在の軽くて丈夫な合金で作るとか・・・

こんにちは

#2さんの挙げてらっしゃる「ケブラー繊維」製のものを使った事がありますが、「厚手のセーター3枚重ね着」よりましかも・・・といった程度でした。刃を当てて引ききれば、1回では無理でも、数回で切れますし・・・
着心地も悪いし・・・
本格的(官公用)は、やはり#1さんが挙げてらっしゃるような、チタン(?)や強化カーボン(ケブラー入り?)のプレートとの組み合わせが多いようです。
それほど重くはならないようですが、赤同鈴之助がチョッキをつけたような感じになるかもしれません...続きを読む

Q学会での賞受賞

はじめまして。
このような場合はどうしたらいいのでしょうか?
現在、大学院生ですが学会で発表を行い見事賞を受賞しました。
来年からの就職先も決まっております。
そこで、今回の学会での賞の受賞を内定先の会社にも報告したほうがよいのでしょうか?
報告したのであれば、来年から専門職なのでもしかしたらその受賞で私のイメージがプラスになることもありえるのかなと考えていますが、逆にマイナスのイメージなのかなとも思っております。
どうか、皆様の意見をお待ちいたしております。

Aベストアンサー

採用の立場からの意見です。どのくらいの規模の会社かわかりませんが、大きな会社の場合には、採用されてから、配属先を決めるのに何らかの研修期間があり、希望調査や面接があると思います。そこで伝えればいいのではないかと思います。大学院で行った研究がそのまま企業で受け入れるところ、あるいは配属先と直結することは少ないのが普通と思います。企業は、新しいことに対する潜在的な対応能力があると考え、採用するのが多いのではないかと思います。賞をとられることにこしたことはありませんが、指導教官の指導の下と企業は普通考えます。かなり昔のことですが、大学院卒で、事業部、研究部門の配属先の希望調査が、採用前、内定後、採用後にありました。たとえ、研究開発部門を希望していても、PRと希望を述べるのは当然としても、”事業部に配属されたらどうするか”という問いにこたえられるようにしておく心構えが必要です。自分が、採用側、配属担当側だったら、どのようにとらえるだろうかということも含めて、いろいろな立場に立ち、判断されるのがいいと思います。

Qノーベル賞

昨年、山中伸弥今日中がノーベル賞を取った次の日くらいに本屋さんには山中成就の本が並んでましたが
ノーベル賞を取る場合。数日前から
「あなたはノーベル賞を取りますよ」と本人に知らせてあるのでしょうか?

だから本を作る準備をしてノーベル賞が発表されたと同時に売り出したのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、山中氏がiPS細胞の研究で注目を浴びたのは07年です。
その頃から、iPS細胞や山中氏に関する書籍と言うのはそれなりの数が刊行されていました。つまり、ノーベル賞を受賞する前から、それなりに売れるだけの需要はあったわけです。
そして、ノーベル賞の有力候補だ、となれば、それだけでも十分な宣伝効果はありますし仮に受賞しなくても、大きな損をすることはありません。

で、調べてみたのですが、昨年の10月8日に山中氏の受賞が決まったわけですが、山中氏やiPS細胞などの新刊が翌日に単行本の形で発売されたものはありませんでした。
10月10日に『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』という、山中氏へのインタビューをまとめた書籍が刊行されていますが、この本の内容紹介では次のようになっています。

「日本で最もノーベル賞に近い男がはじめて明かした、研究人生のすべて」

つまり、ノーベル賞の有力候補である、ということはわかっていても、刊行時点でもまだ山中氏が受賞するという確証はなかった、というわけです。偶然、その刊行の直前に受賞となった、ということでしょう。



書店などで、山中氏の本が並んでいた、というのは、タイミングに併せて新刊が出た、のではなくて、受賞に併せて山中氏の過去の書籍を集めてディスプレイした、ということだと思います。

そもそも、山中氏がiPS細胞の研究で注目を浴びたのは07年です。
その頃から、iPS細胞や山中氏に関する書籍と言うのはそれなりの数が刊行されていました。つまり、ノーベル賞を受賞する前から、それなりに売れるだけの需要はあったわけです。
そして、ノーベル賞の有力候補だ、となれば、それだけでも十分な宣伝効果はありますし仮に受賞しなくても、大きな損をすることはありません。

で、調べてみたのですが、昨年の10月8日に山中氏の受賞が決まったわけですが、山中氏やiPS細胞などの新刊が翌日...続きを読む

Q何で東大はノーベル賞取れないのか

自然科学分野では2人しかノーベル賞受賞者が出てません。京大の後塵を拝し、東工大や東北大とも僅差なのは何で?

Aベストアンサー

ノーベル賞で大学の価値観を判断するのは、いささか疑問に感じますが、とりあえず言えることは、別に京都大学に偏ってはいないだろうということですね。

湯川、朝永さんは戦前から日本が貧乏な時代を切り抜けて成し遂げた研究で、彼らは別格に当たると私は思っています。かれらは京大でも友達同士でいずれも超優秀な人材同士が切磋琢磨してあそこまで上り詰めたとだと思っています。

他の人たちはどうかと言うと、企業での業績が身を結んだ人、他の大学に移った後の研究成果も含めて、受賞した人などが多数を占めるとおもいます。そのまま、出身大学に残って研究して身を結ばれた方は小柴さん、福井さんくらいではないでしょうか?

まあ、とりあえず日本のノーベル賞受賞者はアメリカの一大学にも及ばないことが多々あることから、自然科学の研究はこれからというべきではないでしょうか。東大、京大ともに世界で次第に評価が上がってきていますしね。よく「日本は大学よりも企業のほうがはるかに評価が高い」と言われますしね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報