これからの季節に親子でハイキング! >>

軽自動車でタイミングベルト変えて20万キロ乗ってるのは最近ではザラだそうですが、僕の中では10万キロで買え時やと思ってたので本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>軽自動車でタイミングベルト変えて20万キロ乗ってるのは最近ではザラだそうですが



その通りですね。
基本的なメンテナンスを行っていれば、国産車は長期間乗り続ける事が出来ます。
私の後輩は、S42年製のスバル360(通称てんとう虫)に乗っています。
オイル交換を定期的に行っている程度ですが、今でも高速道路を走行しています。
まぁ、他の回答にもありますが「メンテナンス次第」です。

>僕の中では10万キロで買え時やと思ってたので本当でしょうか?

国産車は「世界最低の品質・性能だ!」と、旧運輸省が断定していました。
この方針を、今でも国土交通省も受け継いでいます。
「10年過ぎた国産車は、非常に危険だ。走行距離に関係なく、買い換えろ!」とね。
この政府指導に基づいて、メーカー・ディーラーでも「10年経ったら買い替え」を推奨しています。
この政府の指導に従わないオーナーに対しては「増税」を行い、買い替えを強要しています。
昔は、10年過ぎた車は「毎年車検」でした。アメリカ・EU諸国の命令により、以降も2年車検となった経緯があります。
ですから、意地でも「政府・メーカー・新車ディーラー関係者にとっては本当」です。

最近は、この政策の矛盾に気がついたのか「ECO対策」と名を変えています。
「10年過ぎた国産車は、環境に悪い。走行距離に関係なく、買い換えろ!」とね。
新車1台を製造する事による環境破壊は、10年過ぎた車を乗り続ける環境破壊よりも大きいのですが・・・。
「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ!」という、政府の基本方針が変わらない限り「今後も、10年で買い替え強要」が続くでしよう。

メーカー技術者・ディーラーメカ担当者・中古車販売店関係者の立場だと、「ウソ」となります。
定期的なメンテナンスを行っていれば、問題ありません。
    • good
    • 21

20万キロの軽自動車ですかすごいですね




軽自動車もそうですが、普通車も10万超えるといろいろ壊れ始めるので質問者様のように10万キロで買い替えで間違ってないと思います

ただ最近の車はいろいろ頑丈な気がしますが・・

後はその人次第です直して乗るか乗らないか・・
    • good
    • 4

乗り方次第ですが、だいたい車検毎に交換していれば問題無いです


ただ、輸入品等は質も悪いのでこまめに点検したほうが賢明です
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Q軽自動車の耐久年数はどのくらいでしょうか。

軽自動車の耐久年数はどのくらいでしょうか。

ダイハツの初期のタントカスタムに乗ってます。乗りはじめて五年になります。
もう一台、国産のSUVに乗っており、こちらは夫の通勤とたまのレジャーでしか使いません。
なのでタントは平日の買い物や祖母の受診や送迎、こどもの習い事の送り迎え、土日も夫の草野球などほぼフル稼働状態で、満五年で五万キロを越えました。
夫が、軽自動車で七万キロも走ったら引退だぞと言っていて、まだまだ私はタントを手放す気持ちはサラサラないんですが夫は次の車検(来年)受けたら替えると言ってます。
軽自動車って七万キロくらいが寿命なんでしょうか?
親戚が修理屋さんなのでメンテはこまめに行ってて、ガソリンもひとつの会社で限定してます。

こどもが二人いるので、大変便利な車なのでまだまだ大事に乗っていたいのです。

夫が言うように七万キロあたりがかえどきなんでしょうか?メンテさえしっかりしていれば、もっと長く乗れますか?

Aベストアンサー

数万点のパーツの集まりなので、消耗品関係(多少大物系も)の交換時期がやってくるだけです。
それら面倒くさがったり、妙に勘違いされて(壊れる=買い換え検討)いるのかもしれません。
金銭的な事を考えたら買い換えが一番高いのにね。。。

>夫が言うように七万キロあたりがかえどきなんでしょうか?メンテさえしっかりしていれば、もっと長く乗れますか?

メンテさえしっかりしていれば大丈夫ですが、なにぶん機械なので絶対はありません。でもリスクは大幅に減らせます。愛着を持っていれば以外に車って元気に走ってくれます。
でも、気持ちが離れたらあちこち不具合が出たりします。
不思議な事ですが、ちょくちょくそう思わせる出来事があります^^;

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qターボ付き軽自動車のトラブルをおしえてください

こんにちは、よろしくおねがいします。
中古車販売業者さんから、「ターボ付きの軽自動車は、とにかくターボ機構のトラブルが多いよ」と言われたんですが、具体的に知りたく、お詳しい方、または経験者様、「軽のターボにまつわるトラブルいろいろ」ということでおしえてください。

(1)どういう原因でどういうトラブルが起こるのか。
(消耗により不可抗力なものでも、メンテを怠った結果のものでも知りたいです。)
(2)その症状はどんなものか。
(3)それが起こってしまうと所有者は何をしないといけなくなるのか。
 (走行の可不可や、修理費用なども)

ちなみに私は、メンテがきっちりされてきた5万キロ走行くらいの
ターボ付き中古軽を買って、15万キロくらいまでしっかり乗りたいなと
考えているので、質問しました。

Aベストアンサー

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いていれば』問題ありませんが、手入れを怠ると意外ともろいのも事実です。具体的には既に回答にあるとおり『オイル管理不良に因る焼き付き』が最も多く、他に同じ原因で起こるセンターシールブローによる白煙吐き、インペラシャフトのガタ発生によるタービンのハウジング接触(異音、破損)などが代表的な症状となります。なのでオイルだけはそこそこ以上のモノを3000~5000kmに1回は必ず交換しましょう。また最近のタービンは水冷なので水漏れも致命的ですから発生したらすぐ修理しましょう。ちなみに先の回答にチラッと出ていました『アフターアイドル』ですがサーキットで使うのでない限り必要ありません。本当に必要でしたら車両メーカーがそうする様に最初から作ってます。

最後にタービン本体ではありませんがターボ車の不具合で一つ。
ターボ車はターボゆえにブースト圧が掛かります。 ターボ無しの車は負圧のみですのでバキュームホースは常にマニホールド負圧によって『引っ張られている』為に抜けにくいですがターボ車はブースト圧が掛かり始めると『ホースが押される』形になり、そこへ吹き返しのオイル等も加わってホースがふやけ、抜けてしまう事があります。するとエアフローメーターで測っている分以外の空気をそのホースから吸ってしまい、結果『ガスが薄い』状態となり最悪ピストンが溶け落ちます(経験者)。これは全開時ではなくゼロ発進でアクセル半開位の時にエンジンから『カリカリッ』と音が聞こえた次の瞬間にはもうピストンが逝ってしまっています。10万km近くなってきたらバキュームホースも総とっかえしましょう。

ターボチャージャーとは本来空気の薄い高高度を飛ぶ航空機用に開発された部品です。戦時中アメリカのB-29が日本の戦闘機の届かない高高度を悠々と飛行し本土爆撃を敢行出来たのもターボが在ったからこそです。

航空機に採用されるという事は、車と違い『壊れたから停まる』という事が出来ない航空機においても使用出来るだけの、ある程度の信頼性が確保されていると言う事が出来ます。そういう部品ですから、手入れが行き届いていれば滅多な事で壊れる事はありません。

上記の通り『手入れが行き届いて...続きを読む

Qタイミングベルトが切れるってホントにあるの?

10万キロでタイミングベルトを交換という目安がありますが、実際に交換しないと
切れちゃうものなのでしょうか?
また、運転中切れたらどうなるのですか?

今11万6000キロですが、まだ交換していません。

また、エンジンオイルの漏れが若干あるようです。
放っておくとどうなりますか?
3000キロを目安にオイル交換していますが、若干減っているようです。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワタクシ15年自動車整備士やってますが、10万キロ以内でタイミングベルトが切れた車が3台ありました。スバルサンバー、ボンゴワゴン、キャリーです。サンバーとボンゴは10年以上経過した車で距離80000km程度でしたからベルトのゴムが劣化したのでしょうが、キャリーは5年35000kmで切れました。

切れれば走行中でも即エンジン停止、再始動はできません。また一部の車種を除きエンジン内部のピストンとバルブが衝突してバルブが曲がってしまうため、シリンダヘッドを取り外してバルブ交換が必要になります。これをやらないと、切れたベルトを新品に交換しただけでは元に戻りません。


これまで延べ2万台位整備したなかでベルト切れ3台です。確率は0.015%ですね。
いじってある車はもっと高確率で切れます。


10万キロ以内で切れる確率は悩んでもしょうがないレベルだと思いますが、ゴム系の部品ですから単純な距離ではなく年数による劣化のほうが影響ある気がしますね。


オイル漏れのほうは、車種がわからないのですが、漏れがどこからなのかは把握しておいたほうが良いでしょう。神経質にならなくても3000km毎で交換してるなら、いきなりオイルが全量抜けて焼きつくなんてことはありません。

ワタクシ15年自動車整備士やってますが、10万キロ以内でタイミングベルトが切れた車が3台ありました。スバルサンバー、ボンゴワゴン、キャリーです。サンバーとボンゴは10年以上経過した車で距離80000km程度でしたからベルトのゴムが劣化したのでしょうが、キャリーは5年35000kmで切れました。

切れれば走行中でも即エンジン停止、再始動はできません。また一部の車種を除きエンジン内部のピストンとバルブが衝突してバルブが曲がってしまうため、シリンダヘッドを取り外してバルブ交換が...続きを読む

Q車は何万キロまで乗れますか?

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方...続きを読む

Aベストアンサー

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。...続きを読む

Qダイハツか、スズキの軽自動車の中で、燃費もよく、エンジンも強く、事故の

ダイハツか、スズキの軽自動車の中で、燃費もよく、エンジンも強く、事故の際の強度もばっちりな分で収納が多い分が何か教えてください。

タントを考えていましたが、660ccにしたら、重量が重過ぎて、夏がんがんエアコンしたら走りがのろく、坂道、山道が大変と、長いこと乗れないと知人にいわれました。

高い買い物なので いてつも車買うときは12年以上は乗るつもりなので、教えてください。

幼児つれて走ります。軽自動車にかぎります。(普通自動車はかんがえていません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再びA.No.4です。

続き

このワゴンRのフロントフェンダーを見てみろ!!他社は、ボルト締めなのに鉄板ビス↓※1で留めてある!!
大概、フロントフェンダーを交換する時に、錆びていて途中で折れて穴がバカになる。
交換する事など、最初から考えていない!!それが、スズキの車作り(-_-)

よってボデーの強いのは、ダイハツ!!私は、ハイゼットトラック9代目S200P↓に乗っていて対向車のいすゞビッグホーン4駆RV車がセンターラインを越えて飛び込んで正面オフセット衝突※2しましたが、近所の消防士の話じゃ他社の軽トラなら命は助かっていなかった!!と思う。と言われましたしね。(現在も、乗っています新車買って)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:DaihatsuHijet123.jpg

※1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Screw_(bolt)_21A-J.PNG
↑真ん中スクリュー参照の事
http://store.shopping.yahoo.co.jp/fujix/9354710252.html

鉄板ビス=ドリルねじ
ドリリングタッピンねじと同様に、下穴加工を必要とせずにねじだけで穴を開けてタップを作り締結まで行える。先端部にドリル状の部分を持つ。比較的薄い鋼板から多少厚みのあるものまで自身で穴を開けられる。以前は「セルフドリリングねじ」と呼ばれていた。

※2オフセット衝突
http://www.honda.co.jp/safety/technology/car-safety/labo/way/index.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/ast/05/inf/oinf.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E7%AA%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC

後輩の弟も、スズキのディラーメカニックですが・・・・・

新車を売ると他社では、考えられないクレームで修理に入庫してくる。

新車からエンジン不調・水漏れ3日もホースで水をかけて原因を追及したり、とんでもない内装他の樹脂パーツが折れて(破損して)交換。

そんな修理ばかりしている・・・・・僕が言っちゃいけませんが、スズキの車はお勧めしません!!

それが、ダイハツとスズキの違いです。

車好きなら、細部の作り等一目瞭然!!

エンジンも、焼付きが多いのがスズキ!!近所の解体屋にスズキのエンジン焼付きがゴロゴロしていますよ。

スズキのエンジンは、最初は力・出足があり良いですが5万キロ超えるとね・・・・・(汗)
燃費も悪いし・・・・・

A.No.2さんの友達他、7000kmも軽のターボエンジンでOil交換ならそりゃエンジン壊れますよ(- -;)

軽のエンジンは、普通車より負荷を掛けていますからね。

再びA.No.4です。

続き

このワゴンRのフロントフェンダーを見てみろ!!他社は、ボルト締めなのに鉄板ビス↓※1で留めてある!!
大概、フロントフェンダーを交換する時に、錆びていて途中で折れて穴がバカになる。
交換する事など、最初から考えていない!!それが、スズキの車作り(-_-)

よってボデーの強いのは、ダイハツ!!私は、ハイゼットトラック9代目S200P↓に乗っていて対向車のいすゞビッグホーン4駆RV車がセンターラインを越えて飛び込んで正面オフセット衝突※2しましたが、近所の消防士の話じゃ他社の軽トラな...続きを読む

Q軽自動車の寿命は何年、何十万キロメーター?

軽自動車の中古販売サイトでは、十年以上、十万キロ以上の車が展示されていますが、寿命は何年、何十万キロメーターでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

走行状態で全く変わってしまうので。
営業車のように、一日何十キロも稼働させているようなものだと、あっというまに10万キロに達してしまいますが、案外と足回りなどはへたらないものです。
もちろん、エンジンも好調なことが多いですね。
オイル交換をきちんとしてれば、という話ですけど。
なので、営業車などは、オーバーホールまではしないで、交換したりしてしまうのでしょうね。

逆に「お買い物グルマ」と呼ばれるような、一日数キロも乗らないような車は、エンジンよりも「補機類」がへたります。
マフラーは水分で腐りますし、タイヤも変形したり、ひび割れが早かったりします。
ゴム類、プラスチック類も劣化しやすいようです。
エンジンそのものも、動作領域が狭かったため、いわゆる「眠いエンジン」になってしまうのだそうです。
また、こういう車ほど、整備に出してないんですよねー…ドライブシャフトブーツが切れっぱなしで乗ってたりして、結果ベアリングを錆びさせたりね。

結局、そういった違いを了承した上で選ぶしか無い、ということになりますか?。
中古車はやはり「運」なのですよね。

走行状態で全く変わってしまうので。
営業車のように、一日何十キロも稼働させているようなものだと、あっというまに10万キロに達してしまいますが、案外と足回りなどはへたらないものです。
もちろん、エンジンも好調なことが多いですね。
オイル交換をきちんとしてれば、という話ですけど。
なので、営業車などは、オーバーホールまではしないで、交換したりしてしまうのでしょうね。

逆に「お買い物グルマ」と呼ばれるような、一日数キロも乗らないような車は、エンジンよりも「補機類」がへたります。
...続きを読む

Q軽自動車のタイミングベルト交換の費用について教えてください。

軽自動車のタイミングベルト交換の費用について教えてください。
車はH12年式ムーヴCLセレクション(MT)です。走行距離は8万km。まだ10万kmに達していませんが、年式が10年目となっているので、交換したいと思います。
そこで、どれほと費用がかかるのかを教えてください。

Aベストアンサー

いつも出す整備工場では、ウオーターポンプなどついでにやっておいたほうがいい部品やベルト類交換などで、3万5千円くらいです。ディーラーだと5万くらいですかね???わかりません。

Q軽自動車のエンジンオイル交換の目安

一般的に軽自動車のエンジンオイルの交換て、どのくらいの期間を目安にすればいいでしょうか?
私が住んでる家は田舎にあり周りに車屋が一件しかなく、ほぼ自動的にそこで修理を任すことになってる感じです。
そこの店主が言うには軽自動車の場合3か月ごと、もしくは3000kmごとというのですがそれで合ってますか?
ちなみに車はダイハツのタントカスタムです。一応今までは言われた通りにしてましたが、
もう少し間を開けてもいいならその方が経済的にも楽なので。

Aベストアンサー

メーカー推奨オイルの品質以上で、交換サイクルは取扱説明書かボンネット裏側に記載があると思います。車の使用状況によって交換サイクルをやや早めるのは構いません。

作業のやり方も大事ですね。
きちっとオイルを排出して、入れる際には慎重にセルを回す。

ちなみに私の軽はターボ車、5千キロ毎の交換、フィルター2回に1度。
(マニュアル通り)
15万キになろうとちなみしてますがノントラブルです。燃費も変わらず好調です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング