OCNのモバイルに新コース登場!キャンペーン続々開催中

サッカーは体力もいるし、
足も速い方がいいです。
なので体力もつくし、
短距離の練習にもなるトレーニングはありませんか?
坂ダッシュで体力はつきますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



まず、「坂ダッシュ」について。下り坂スプリントは「スプリント頻度(回転率)」を上げます。7度以下の坂を30~50m、適切なフォームで駆け下りてください。7度以上の坂ですと、無意識にブレーキがかかって逆効果になります。
一方、上り坂スプリントは「スプリント長の増加」を目標に行われます。こちらも3~7度以下の上り坂を用います。坂だからといってフォームを崩さないようにします。また、10%以上、タイムが遅くならない坂を選ぶことが大切になります。タイムが随分遅ければ、それは、勾配がまだまだキツイということです。もっと、ゆるやかな坂を探すべきでしょう。

次に走法に関してです。長距離ランナーは、踵から母趾球への着地ですが、ポイントは踏み込まないこと。股関節の真下に着地するのが正しいわけで、これより前に踏み込みますと、これはオーバースライドといってブレーキがかかります。

ただし、サッカーということですと、短距離ダッシュもかなり必要ですよね。ポジションチェンジに余裕があれば、踵着地の走法で良いのですが、ダッシュ(スプリント)では踵で着地しません。踵を浮かして着地することで無意識に踵は自重(体重)に押されて嫌でも一瞬下がります。筋は伸びると強く収縮しようとしますが、この理屈をプライオメトリックスといい、これを利用して踵着地より力強い蹴り出しが可能になります。また、接地時間も短縮されてスピードアップに繋がります。いずれにせよ、ダッシュ時の支持局面中は母趾球に集中し、地面を離れた足は臀部に真っ直ぐ向かいます。「スプリントスピードの増大は、足が臀部に向かって動く高さ(ヒールキック)が増すことと同義」というのが某団体のガイドラインですから、その場にて、踵で自分のお尻を蹴る動作を頻度を上げて繰り返すと良いでしょう。それに、走りに関して必須なのはフォワード・ランジです。両手にダンベルを持って(下げて)行うランジもあります。

ああ、そうそう、股関節の真下に着地というのが分かり難ければ、腰(重心)の真下か、それよりほんの少し前という感じです。なにより、母趾球の着地場所に注意して、下肢の後方への速度(接地した瞬間の足も含めて)を最大にすることがスプリントスピードを決定します。
以上、個別に最適なストライド長とストライド頻度を発見してください。

あとは、アジリティとフィジカルですが、こちらは上半身を含めた地道な筋トレでしょうかね。
私の個人的な見解としては、サッカー選手もベンチプレスやバックスクワット、更にはパワークリーンなどもやって欲しいのですが……。

長々と失礼しました。ご健闘を祈ります。
    • good
    • 1

サッカーを抜きにして速く走りたいなら、やはりインターバルトレーニングだと思います。



体力もつけたいということなら、200mや400mのインターバルが良いのではないでしょうか。

また、サッカーのようなスピードの変化が多い競技でのスピードアップを狙うならアップダウンの多いクロスカントリーランもお薦めですね。

よりトレーニング効果を上げるためには具体的なペースのイメージが必要だと思います。
(100mなら何秒位で走りたいというイメージです)

このイメージを実現するために、インターバルの距離やタイム設定を行ってサッカーの試合時間である90分内に最低でも10~15kmはこなせるようにすれば良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

サッカーしてましたが、ポジションによりますが結構体力いりますよね。


ですが、必要なのは50mダッシュより10mダッシュです。

例えば走りにいって次の電信柱までダッシュ、二本くらい小走り、また次の電信柱までダッシュ。
坂ダッシュもいいとは思いますが…。
まぁ好みで。

経験談ですが、私がクラブチームのジュニアでやってたときは電信柱でしたね。
まぁ50mは6.7で遅いですが、スタートダッシュはあまり負けませんでしたね。

あと体力付けるなら毎日走るべきです。
できれば土がいいです。
足を痛めるので。
90分は走れるようにしたいですよね。
    • good
    • 0

いろいろ器具などございますが、


わたしは「自力訓練」をおすすめします。
自分というものを総合的に奥深く知ることができるからです。
自分を知れば知る程、自分を活かすことができます。
戦略・状況把握・仕掛け・緩急・など、
総合コントロール面で、活きてくると思います。
やはり訓練は大昔から、原始的です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q瞬間的ダッシュ力と敏捷性のトレーニングについて教えてください。

最近、友人とともにフットサルを始めました。
ドリブルで相手を抜くときの瞬間的なダッシュ力や、スピードに乗ったときの急激な方向転換の連続をスムーズに行える敏捷性、のトレーニング方法を教えてください。26歳男性です。

Aベストアンサー

■瞬発力のトレーニング
・重心をずらす
・一歩目を出す
・5m以上の加速する
という3段階をトレーニングします。
(サッカーではここまで意識しませんが^^;)
フットサルでは3つめは必要ないので省略します。

○重心をずらす
スムーズな加速をするために、
・腕を振って歩いている状態からダッシュを開始
・ジョグからダッシュ開始
等をします。

○一歩目を出す
色々な状況から足を出すために、
・その場ジャンプからダッシュ
・その場で180度ジャンプ×2の後ダッシュ
・ビーチフラッグスのようにうつぶせ状態からダッシュ
・インサイドキックをした後に反転ダッシュ
など、ダッシュ開始時のシチュエーションを色々工夫してみましょう。

■敏捷性
ボディバランスと細かいステップ、それとその後のダッシュにつなげる動きが重要ですので、

・ラダートレーニング:ハシゴを置いて細かいステップ
・コーン走:コーンを色々な形に置いてその間をダッシュまたはドリブル
・3m前進、2m後退、を前を向いたままダッシュで繰り返す
・同様のことを交代時には反転ダッシュ
・笛が鳴ったら反転するダッシュ
・ボールを置いてもも上げし、ボールの上頂点にソールでタッチ
・ハードルジャンプ:できるだけ膝を曲げずに連続ジャンプ
・反復横跳び

等が有効です。
まあ・・・・どれも大変です^^;

がんばって下さい。

■瞬発力のトレーニング
・重心をずらす
・一歩目を出す
・5m以上の加速する
という3段階をトレーニングします。
(サッカーではここまで意識しませんが^^;)
フットサルでは3つめは必要ないので省略します。

○重心をずらす
スムーズな加速をするために、
・腕を振って歩いている状態からダッシュを開始
・ジョグからダッシュ開始
等をします。

○一歩目を出す
色々な状況から足を出すために、
・その場ジャンプからダッシュ
・その場で180度ジャンプ×2の後ダッシュ
・ビーチフラッグスのよ...続きを読む

Q少年サッカーでの走り込みトレーニングについて

少年サッカー(U9~U12)のトレーニングに走り込みは必要でしょうか。

担当コーチさんやベテラン父兄さん方は、強豪チーム(地域レベルですが)は「走り込みをしているからここ一番に強い」などと言っておりますが、自分的には違和感を感じました。

走り込みの効果について、皆様のご意見をお願いいたします。

必要、不要、適度に必要などの回答があるかとは思いますが、その理由も教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを育て上げるのも、よいと思います。
個々人に適切な指導を行え(手間暇を掛けれ)ば、前述のオスグットやセーバーの発生を下げることもできます。

または、
将来を信じて、ユース世代にフィジカルを鍛える事を念頭に置いて、この年代でフィジカルは鍛えないで、技術・判断など個の力を磨き、ある意味チームとしての目先の勝負を捨てて子供達の未来の勝利を目指す、と言うやや曖昧なのもありだと思います。

いろいろな人がいろいろな立場で回答していると思いますが、結局はあなたの考え方次第だと思います。

個人的な意見としては、
しっかりと一人ひとりの力や成長度合い・疲労度合を見極め個別のメニューを組み立ててフォローが出来、なおかつあなた自身が子供たちを高みに連れていける自信があるのならば、走り込みはありだと思います。
なんか良く分からないけど走り込むと試合で勝てるなら、うちのチームも走らせておくか、って考えなら、絶対に走り込みはやめた方がよいと思います。

あなた自身が、子供の将来とサッカーについてどうなって欲しい?を、よくよく考えて、そこから逆算したトレーニングを計画したら良いと思います。

走り込みは効果があると思います。
しかし、弊害もあります。特に怪我の可能性が高くなります。オスグット病やセーバー病など。


怪我をしない選手が「いい選手」と言われます。
本当にサッカーの才能があふれていても幼少時の怪我のためサッカーを辞めてしまうことも多々あると思います。
それらのふるいを乗り越えて一流のプロが生まれるのかもしれません。でも怪我をしなければ凄いプレーヤーになった子も絶対にいるはずです。

走り込んで、鍛え上げて、ふるいにかけて、多くの屍の上に、強い子/強いチームを...続きを読む

Qサッカーで1試合走りきれるスタミナをつけるには、

サッカーで1試合走りきれるスタミナをつけるには、
どのようなトレーニングをしたらよいのでしょうか?
自分は持久走は速い方なのですが、試合になると前半くらいしか走れません。
これでは使い物にならないので、どうにかしたいです。
サッカーに詳しい方の回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。

まず貴方の年齢やどのポジションか分かりませんが、「1試合走りきれるスタミナ」をつけるには
様々なトレーニングが必要となります。

1.瞬発動作を繰り返し出来る力(ダッシュ、ターンなどの切り替えし動作)
2.一定した速度での持久力

これはサッカーでは必要不可欠だと思います。

しかし、サッカーは考えて動かねば、無駄な動きになってしまいます。

ですので、まず今のご自身のスタミナを把握し、どうしたら効率的に動くことができるかを
自分なりに分析してみては如何でしょうか?

貴方の文面からはあまり読み取れませんでしたが、「動きの強弱のバランス」が今は上手くとれて
いないのかな?っと感じました。

一番大事なのは周りの状況を常に観てプレーすること、また予測しておくことが大切だと思いますので、
まず、自分のポジションの役割を把握したらよいと思います。

Q少年サッカー(コーチの考え)で悲しいです。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではありません。会費を払えば誰でも入れます。

さて、前置きが長くなり申し訳ありません。

試合に出して貰えない悲しさが募ってまいりました。

フェスティバルのような全道がかかっていない試合すら出してもらえません。
例え出れても3分がいいほどです。

先日も息子の学年13名と下の学年7名登録された、第三ピリオド(第一と第二は同じ選手が出てはいけないルール)制、12分ハーフ?の試合が先日行われました。
下の学年の男の子は5年大会などに登録される3,4名以外は、初お目見え…
いつもいつも、点差が開かない限り1日四試合しても、5試合しても出して貰えない息子。
今回ばかりは…と、少しの期待をしていたところ。
第一は5年レギュラーと誰だろう?的な下の学年の男の子。第二も同じ。
レギュラーの残りのメンバーを全て四年で補ったのです。

我が家の息子と残りの三人(全て5年)の計四人は、毎回毎回ベンチで、今回も交代すらさせてもらえませんでした。
親同士では毎回固定だね…と、悲しさで溢れます。
正直、嫌われてるね…とさえ出てくる始末です。

新しい子どもが入団しても、4年が入ってもその子どもたちだけスルーされ、あげく「今日の試合では、随分とレベルアップしたように感じます。」と、出た子どもだけ上手い子どもだけを誉めて、出てない子どもに対しては何も無し。

練習の時点で試合に出る出ないの選手を分けていて、試合に行く前から凹みます。

そもそもが、息子と同じ補欠の補欠だったコーチ(現トレセン代表コーチ
)のお子さんがトレセンメンバーに入ってから、チームと言うかコーチの選手の使い方がおかしくなって来た気がします。

突然のスタメン、フル出場…もちろん試合中、どれだけ自分の息子の名前を呼ぶんだ?くらい、指導や怒鳴り声。
だからと言ってここ一番の試合はスタメンですらない。

そして、チームの取締役から「実績」問題を追及され。
多のお母さんたちからは、そのコーチが見てから弱くなったまで言われ。

子どもたちへの愛情は見えず(ボランティアコーチですが、小学校教諭です)、勝利至上主義、自分の勝ったと言う実績を残したい!
そればかりが見えてしまいます。

すみません…
愚痴になって、そして止めどなく出てきそうですので、この辺で質問させてください。


息子は、辞めたくないと楽しいと泣きますが、同時に試合に出して貰えないとも泣きます。
親も朝から夕方まで手伝い、我が子の為と協力を惜しまないで来たつもりですが、虚しさで昨日の息子の出ない試合は見てて初めて泣けてきました。

サッカーのお陰で弱かった体も今では風邪も引かないくらいに丈夫になり感謝しています。

それを差し引いても、虚しさで悲しさでいっぱいなのです。

やりたいと言う以上、やらせていこうと思いますが、この虚しさの方向転換(気持ちの持ち方)
がありましたら、教えていただきたくご質問させていただきます。

長々と大変失礼いたしました。

読んでいただきありがとうございました。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではあ...続きを読む

Aベストアンサー

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり楽しいと言う事もあったので、そのまま卒業まで通い、中学は部活でサッカーをしました。

今は、22歳ですが、今だにサッカー部の先輩と、フットサルを趣味としてやっています。
好きなら、まだこれから先に、出番はやって来ます。

中村俊輔も高校時代は、使ってもらえなかったとか。

親は実際問題とても悲しいですが、本人がもっと試合に出たいのか、出られなくても今の友達とここでやりたいのか。

他を探してみてから決めるのも良いかもしれないですね。

サッカーが好きなのか、サッカーをやっている友達と遊ぶのが好きなのか。
子供の性格にもよりますね。

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり...続きを読む

Q小4年生のトレセンなどの選考のポイントって?

来週、小学校4年生の息子がトレセンの選考会に参加させていただくのですが、選考員の方々の見るポイントとはどのようなところにあるのでしょうか?またサッカー素人のオヤジとしては「知らない子ばかりだろうし、これから試合とかで顔を合わすのだから、友達を作れば^^」程度しかアドバイスが浮かびません。当日、何と声をかけてやればよいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

見るポイントはいろいろ有りますが、いずれにしても来週の話なので今からやれることもほとんどないでしょう。また、見る側も限られた時間の中で見極めることに限界があることも承知しています。
トレセンとなると、慣れない環境の中で知らない選手と一緒にプレーする訳です。他の選手も同じことです。大事なのは、その中で萎縮して埋もれることなく、のびのびといつもどおりのプレーをすること。
またトレセン制度はこの先もずっと続くセレクションの連続であり、今回はその第一歩なわけですから、上の環境へ行っても大丈夫な選手かどうかというのも大事な要素です。
そういう意味では、大きな声を出してリーダーシップを取り、周りの選手を引っ張っていくようなプレーが出来る選手はとても好印象に残ります。

でも実際に私(一応JFA公認C級コーチ資格保有です)がひと声かけるとしたら。。。
「思いっきり楽しんでこい!」ですかね ^^;

Q少4 少年サッカーをやってる息子について

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でもたまにリレーの候補に選ばれたり
するので普通ぐらいなのかな??と思います。!


なにか足が早くなれるトレーニングなどありますか??
小学生時代では筋トレなどは体の成長の妨げになるから
あまりさせない方がいいかもよ?と他のお母さん方から
聞いたこともありますが、無理にさせない方がいいので
しょうか!?

それかもっとサッカーの技術を磨かせた方がいいのでしょうか。。

親が無知なもので、あまりいいアドバイスしてあげられなく困ってます(*ToT)


ちなみに身長135センチ、体重31キロの少しぽちゃっとした
感じです(>_<)太ってはいないです。

ご回答おまちしてます!!

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でも...続きを読む

Aベストアンサー

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状でも人並みのスピードがあるのは、サッカーで基礎的な力がついているからだと思います。ちゃんとした基礎ができていれば、中学になってからぐんと伸びる可能性もあるので、今は焦る必要はないと思いますよ。

特に小学4~5年の間は、子供によって体の成長が著しく異なります。
スピードや運動能力は体の成長の度合いに大きく左右されてしまいますから、どうしても差が生じてしまうのはある意味仕方のないことだと思ってください。
お子さんの技術は必ず未来に生きてきますので、目先のことにあまりとらわれず、今は子供が自信を失わないようにケアしてあげてください。

ちなみに子供は4~6年生でゴールデンエイジを迎え、この時期に運動に必要なほとんどの技術を習得することになります。
そして6年生中盤頃から体の急激な成長期を迎え、この時期は一時的に体が不安定な時期に入ります。この間は、成長の度合いに神経がついていけず体を動かすときのバランスが崩れてしまうことがあります。なので一時的に下手になったと錯覚することもあります。
この成長期を終えると、体が本格的にできあがってきます。
基本的には筋力を付けたりするのはそれからです。

今は体力的にも運動能力的に劣っている相手にも、ここで大逆転が起きることがあります。
基本的に体が早熟の子は、むしろスピードや運動能力に頼ってしまいがちで、本来ゴールデンエイジでやるべき技術の習得や体の使い方が疎かになり、この成長期に一気に追い抜かれてしまうことが良くあります。

つまり、ご質問者様のお子さんは、むしろ丁度良い成長を遂げていると前向きに捉えても良いと思います。
今の時点でスピードや運動能力に頼らず技術に磨きをかけられると言うことは、それだけ未来に大きな可能性をもたせてくれると、そう思ってください。

確かに現状は8人制サッカーが主流ですから、正直サッカーセンスのある子より、とにかく運動能力の高い子、特に足の速い子が有利であるのは確かです。
8人制サッカーでは、足の速かったり運動能力が高い子が勝ち負けを左右してしまう状態です。
なので、小学生の間はご質問者様のお子さんにとっては少し辛い状況が続くかも知れません。

ですが、11人制サッカーになると、たぶんご質問者様のお子さんのような技術やセンスのある子が生きてきます。
このゴールデンエイジの時期に、スピードや運動能力に頼りすぎて、ちゃんとした技術を身につけられなかった子は、むしろ置いていかれます。

わたしは、ご質問者様のお子さんのような選手が好きですよ。
将来が楽しみですね。

ご参考まで。

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状...続きを読む

Qサッカー やっとけばよかった自主練(自主トレ)

お願いします。

小学生の息子がサッカーをしています。

サッカー経験者の方にお伺いしたいのですが、
大人になってから「小学生の時にもっとやっとけばよかった~」と
思う自主トレはなんでしょうか?

また、自主トレ以外でも、サッカーがうまくなるためにやっとけばよかった事
(食事面やフィジカル面、生活面など)などがあればお話しいただけますでしょうか。

ちなみに息子はリフティングと、腕立てを一生懸命やっているのですが、
方向性としてあっているのか自信もなくて、皆さんの経験からのご意見を
お教えいただけますでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ちょっと複雑なポリリズムのヤツ。 ブラジル人は皆踊りますね。 最初は決まったステップでも良いですが、サッカーの為にはもっと自由で適当な感じ、。状況に即座に対応する為です。
 ボクサーステップというのが一番かな。 前後左右、柔軟に動けて、リズム変化にも付いていけるようなトレーニング。
 本来は外での色々な遊びで身に付けるのが良く、自然と体幹筋も付いたのですが、今は木登りとかも難しい環境でしょうね。ぶら下がったり逆立ちしたりの三半規管のバランス感覚は重要です。
 成長期にはトレーニングであまり筋力付けない方が良い、私は走り込みで成長阻害されました。 高学年なら心肺機能向上の為の持久走、たまにならやって良いのですが、頻度は専門家に聞いて下さい。
 あと、他のスポーツ。欧米のクラブでは、ユース世代には複数やらせます。やらないまでも、見て興味を持つこと。 元日本代表のオシム監督は、バスケやチェスや数学からも戦術取り入れてたと伝記に書かれてます。 サッカーフィールドでは自分でパス等の戦術を、とっさに考えるクリエティビテが必要であり又、フェアーでタフなメンタルや、チームメイトや敵への敬意も必要ですので、勉学もある程度は重視されます。ご参考までに、。兎に角、楽しむ事でしょう。

こんにちは。 他回答様に付け加えると、
足裏でのコントロール。ボールを引いたり横に転がしたりです。
やっときゃ良かった!出来ると大違いです。 「スーパージンガ」というテクニックの、巧い子の動画に出てるかも知れません。 リズム感と、自然な筋力も付くと思います。リフテの後にでもやりましょう。
 重要なのはボールと戯れる事。 メッシやロナウジーニョ選手は小さい頃から、犬と一緒にボールを追い回してたそうです。
 ダンス! 今主流はヒップホップでしょうが、それだけでなく、サンバとかの、ち...続きを読む

Qフットサルが上手くなる方法を教えてください!

私は22歳の男です。
職場のフットサルサークルに入っているのですが、今までにサッカーの経験がなく、自分の運動神経も悪いせいか、なかなか上達できません。
他のメンバーは経験者だったり運動神経が良かったりで、自分があまりにも役に立てないのが悔しくてたまりません。
フットサルサークルの活動は、ほとんど基礎練習は無しで練習試合を主としているので、一人でもドリブルやシュート精度を効率よく上達させることが出来る練習方法を教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

サッカー未経験から30歳からはじめていまではフットサル大会では優勝総なめにしています。

私も始めた当初はひどいものでした。
体力もスキルも視界も本当に素人でした。

まず体力ですが、5分と走れません。
ボールをもったり相手を追っかけたりするとさらに体力を消耗します。

数ヶ月サッカーに取り組み、体力が付くまではディフェンス的に後方で援護すると
明日にでもすぐに上達します。

初心者は前にでてしまい、得点しようとしますが、それではうまくなりません。
前にいるとプレッシャーもきついです。

後ろに張って、チームのためにクリアに徹したり、カウンターを食らっても攻撃を遅らせることです。決してボールにつっこんではいけません。上級者にはかわされますから、相手の動きにあわせて抜かれないようにするだけです。

こうすることで体力がついて、味方からも感謝されます。
明日からでもチームに合流できるでしょう。


ここからは中級テクニックです。

ドリブルについては、なるべく実践で技を試すことです。
私はYoutubeでクリスティアーノロナウドの技をいくつか実践で習得しました。

抜き技については、ダブルタッチができれば十分でしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=HUcRfhFhZeQ
上の動画の1:10あたりがダブルタッチです。

イニエスタという選手はダブルタッチの名手で、これ一本で相手を抜き去ります。
ちなみにドリブルについては前線でのみトライすることです。
後方でトライして失敗するとメンバーに疎まれます。

シュートについては私もシュート力がありません。

ただ、フットサルではシュートはサッカーほど重要ではありません。

なぜならゴールにパスすればよいからです。

サッカーのように強いシュートを打ってゴールを入れるのではなく、キーパーを揺さぶって外してからゴールにけりこめばよいです。

私はサッカーでよく使うインステップは使いません。
インサイドで軽くこするだけです。
たまにミドルからトーキック(※シューズ選び重要)で四隅を狙います。
簡単に得点できますからお試しください。


最後にポジショニングです。

上級者同士になると、ボールをもってないときの動きが重要になります。

スペースに走りこんだり、相手をブロックして味方を進ませてあげるのです。

上級者同士だとボールが自由に回りますし、スペースにボールを出しても必ず
味方が回り込んで拾ってくれます。

また、味方がボールを失ってもすぐにカバーリングされて、ボールを奪い返し、
カウンターを食らわせることができます。

個人的には真ん中に張ってしまう人が困ります。

下の動画のようにグルグルとみんなが動き回り、相手にマークさせないのが理想です。
http://www.youtube.com/watch?v=Oa9C7IIWrYI


これまで長々と話してきましたが、結局フットサルがうまくなる一番のポイントは、技ではありません。

体力です。

下手でもいいから、走り回ってくれる人が一番上手いのです。

kyohei0511さんが運動経験者で、体力があれば、技とかはどうでもいいので走り回るとよいでしょう。

フットサルはボールに触る機会も多く、身近にすぐできるスポーツなのでぜひ個人フットサルにも参加して、日々ボールに触るとよいでしょう。

サッカー未経験から30歳からはじめていまではフットサル大会では優勝総なめにしています。

私も始めた当初はひどいものでした。
体力もスキルも視界も本当に素人でした。

まず体力ですが、5分と走れません。
ボールをもったり相手を追っかけたりするとさらに体力を消耗します。

数ヶ月サッカーに取り組み、体力が付くまではディフェンス的に後方で援護すると
明日にでもすぐに上達します。

初心者は前にでてしまい、得点しようとしますが、それではうまくなりません。
前にいるとプレッシャーもきついです。

...続きを読む

Q子供のジョギングは体に負担になりますか?

最近、小学3年の息子と、1日おきの早朝にジョギングをしています。マラソン大会も控えているので、2kぐらいの距離を少々速めのペースで走っています。今では親よりもペースが速くなってきました。
そこで少し心配になったのですが、成長期の子供にあまり無理な運動(関節に負担をかけるような運動)はさせない方が良いと聞いたことがあるのですが、これは、「無理な運動」になるのでしょうか?それとも、このくらいなら毎日させても問題はないのでしょうか?息子は嫌がらずに走っているので、できることなら毎日でも走らせてやりたいのですが・・・

Aベストアンサー

2kmくらいなら、特に問題はないと思います。

市民マラソン大会では、だいたい幼児から小学生低学年は2km、小学生3年以上は3km、中学生は3~5kmくらいになっていると思います。ご心配のようにあまり若い内から負担がかかりすぎる運動はよくないということで、競技では10kmは高校生以上、ハーフやフルマラソンは、18歳以上としている大会が多いように思います。この距離を走るのが絶対によくないというのではなく、距離の長い競技をやると、それに応じたトレーニングをやりすぎる選手がでてくるからでしょうね。

お子さんは、全力を出し切っているのではなく、楽しく走れているのなら、毎日2kmくらいは大丈夫だと思いますよ。

毎日走るのでしたら、必死で早く走ったりせず、楽しく余裕を持って、遊び感覚で走るように、気をつけてあげてください。日常の練習では、ゆっくり走った方が持久力はつくので、有名選手も実は練習では力一杯走ったりはしないのだと教えてあげましょう。ゆっくり長い距離を楽しく走ったあとで、50mとか100mくらいの短い距離を、全力疾走したりすると、よりトレーニング効果があがると思います。

要は、競技で勝つために毎日10kmとか、毎日3kmを全力でタイムトライアルとか、疲労が蓄積していくような走り方をしていなければ、大丈夫でしょう。

どのくらいの距離が負担でどのくらいなら大丈夫というのは、いちがいに言えません。ケニアの選手は、毎日10kmの道のりを走って小学校に通ったというような話も聞きますが、これは、もとから体力があって、10kmはらくらく走れたからでしょうね。いまの日本の普通の小学生では、やはり毎日10kmはやめたほうがいいと思います。

2kmくらいなら、特に問題はないと思います。

市民マラソン大会では、だいたい幼児から小学生低学年は2km、小学生3年以上は3km、中学生は3~5kmくらいになっていると思います。ご心配のようにあまり若い内から負担がかかりすぎる運動はよくないということで、競技では10kmは高校生以上、ハーフやフルマラソンは、18歳以上としている大会が多いように思います。この距離を走るのが絶対によくないというのではなく、距離の長い競技をやると、それに応じたトレーニングをやりすぎる選手がでてくるからでしょうね。
...続きを読む

QJ傘下のスクールかクーバーか

QNo.3200356で質問された方と多少ダブるのですが。
小2の息子がサッカーをやっております。ただ練習は週1回+日曜・祝日に試合とちょっと物足りなさそうです。
近くに広場もなく、学校の校庭も放課後使用できません。
もっとサッカーしたいというので、スクールに行かせようかと思うのですが、調べたら家から通えるところにJのスクールとクーバーと言うスクールがあります。
(どちらも電車で30分から40分ほど)
単純に技術だけなら予算的にもクーバーかなぁとも思うのですが、クーバーはあくまでスクールのようですが、
Jは可能性は低いながらも数年後もしかしたら選抜されてなんて事も考えると(苦笑)、Jの方も捨てきれません。
Jやクーバーの状況がわかる方、教えていただけませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すべてのJのスクールが同じではないと思いますが、体験談です。
Jのスクールといえども、スクールはあくまでもスクールです。チームではありません。子どもが行っていたJスクールの場合、学年があがっていくと、スクール内でも選抜のクラスが用意されています。一般クラスよりもやや高度な練習内容になりますが、あくまでもスクールです。(すごく上手かったですが)
スクールとは別に、クラブのジュニアチームのためのセレクションがあり、これはスクール生以外でも(というかその方が多い)受けることができます。なので本当に実力勝負。スクール受講中にいい意味でかなり目立っていないと、アドバンテージにはなりません。逆に目立っていれば、それなりに有利とは思います。
クーバーは基礎をきっちり固められるコーチングスキルなので、小学校低学年であれば価値があるのではないかと思います。低学年のうちに基礎を、上達したらJの傘下の選抜クラスにチャレンジとかいうのもアリかもしれませんね。ぜひお子さんのためにいい選択を!


人気Q&Aランキング