ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

AD/DC]ポケット検電器 EA707D-40
と言うものを購入したのですが、海外製でいまいち使いたかがよくわからなく教えてもらいたいのですが、

AC100Vのコンセントに挿した時に片方(HOT側)は反応し、もう片方は反応しないのですが、反応しない方も挿した瞬間、一瞬反応しLEDが点くのですがその後消えます、反応する方は挿した瞬間から抜くまでLEDは点灯したままです、また、一瞬反応しLEDが点くのですがその後消える方もそのまま挿したままぐりぐり中で動かすと点灯する場所と消える場所とあります、これは正常なのでしょうか?

反応しない方も挿した瞬間、一瞬反応しLEDが点くのですがその後消えます>これはどうしてこのような現象になるのでしょうか?

一瞬反応しLEDが点くのですがその後消える方もそのまま挿したままぐりぐり中で動かすと点灯する場所と消える場所とあります>点灯する場所があるということは触ったら感電すると言うことでしょうか?


また、車のバッテリーのプラス側にあてても全く反応しません、車の場合、接地がされてないので反応しないのでしょうか?もしそうなら空いてる手でボディーアースすれば反応するのでしょうか?その場合危険ありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ANo2&3です。

検知部が金属なら電流が流れますから検電するはずです。
自動車の場合は車体がマイナスですから、車体に触れた状態でプラス側に検電器を当てれば理屈では電流が流れて検電するのですが、検知電圧が下限一杯で検電器が動作しないのかも知れません。
ネオン管式の検電器は12V程度で反応(点灯)するものはありませんから、普通はテスターで電圧を測るか検電テスターでチェックします。
自動車用検電テスターの動作原理はクリップが付いてますから、それを車体に落として検電テスターの先端をプラス側に触れるとランプが点灯する仕組みです。
小学生の理科で乾電池で豆電球を点けるのと同じ原理ですから、わざわざ検電テスターを買う人は少ないと思います。
まぁ、検電器とテスターのような電圧計を併用するのが無難です。
検電器は、あくまでも電圧が 掛かってるかをチェックするだけですが、テスターなら電圧値が分かるので確実です。
    • good
    • 0

ANo2です。

お礼ありがとうございます。
ご質問の検電器はAC/DC兼用で12Vから検電出るようですが、先端の検出部は金属ですか?
私の持ってる検電器はAC専用ですが、先端が絶縁されてます。
直流は誘導電流ではないので、直接電流が流れないと検電しないのではと思います。
もっとも、自動車のバッテリー電圧は12Vですから電極に触れても感電しませんが、検電出来る機能がありながら検電しないのは納得出来ないですね。
もう一度、取説を熟読されたほうが良いと思います。
交直両用の電子式検電器を持ってないので、手持ちの検電器で試せないのが残念です。

この回答への補足

再度回答ありがとうございました。

先端部は金属です。
取り説にはAC、DC共に検電したい所に検電器の先端をあてて本体のtouchプレートを触るとしか書かれてないです。

直接電流が流れないと検電しないのではと思います>電気の流れている回路内でしか検知できないと言うことでしょうか?電気を流しながら検電してないのでわかりませんが、もしそうだとしたら、何もつなげてない状態のシガーソケットなど回路が出来てない所は検電できないというのは納得できました。
電位差で検知する物だと思ってたので、故障じゃなければ車の整備などにはこの検電器は全く使い物にならないですね。
車で使うにはみなさんネオン管式を使っているのでしょうかね?

補足日時:2010/11/29 19:01
    • good
    • 0

検電器は低圧用と高圧用があり、それぞれ検電可能電圧があります。


昔からある「ネオン放電管式」検電器は微電流を流す事でネオン管が発光する動作原理なので誤検出することはありませんが、ネオン管の発光輝度が電圧(電流)によって変わる難点がありました。
また、電極に直接触れないと検電しない特徴です。
ご質問の検電器はLED発光の「電子式」検電器ですから、微弱な電気誘導電流を増幅してLEDを点灯させる原理なので非接地側の影響を受けて誤検出する事があります。
感度調整が出来るタイプなら感度を下げれば誤検出し難くなると思います。
電子式検電器は電線の被覆からも検電出来る特徴があります。
車のバッテリーに反応しない理由は、検電可能電圧の範囲以下が考えられます。
車のバッテリーはマイナス側が車体接地ですから、車体に触れた状態ならプラス側は検電しますが、検出電圧以下なら検電しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なるほど、誘導電流を拾ってしまい点灯してしまうのですね、残念ながら感度調整などの機能がないため誤検出は避けられないですね、とりあえず点灯した場合は電気が来ているか、来ているかも知れないので注意!点灯しなかった場合だけ電気が来ていないので安全と判断しようと思います。

車のバッテリーの件ですが検電可能範囲が12Vからとなっているので、実際13V出ている車のバッテリーが検知できないのは故障でしょうか?(車体に触れた状態、触れない状態共に検知しなかったです)

お礼日時:2010/11/29 00:05

正常です


家庭に供給される電灯線にはホット側と接地側(コールド側)があります
白線の側は柱上トランスで地面に接続されています
これを一般にはアース側と言っています
ホット側は接地されていません
検電の原理は地面に接続された側とそうでない側の電圧を検出するのです
ホット側は常に点灯します
コールド側は原理上は点灯しないのですが地面は電気抵抗が大きいのでトランスと地面の間でわずか電圧降下が起こって検電時の短時間点灯するのです
添付図のトランスと計測場所の間の抵抗が大きいと一瞬点灯することがあります
この間の抵抗が極端に大きいと
どちら側を計測しても全く検電出来ません
コンセントの検電には出来ればコンセントに差し込むプラグ型検電器を使います
ドライバー型やペン型の検電器で検出されなかったからといって必ずしも電気が来ていないことにはならないので気をつけて下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
コールド側で一瞬反応するのは特に異常ではなく正常なんですね、検電器が壊れているのかな?と思ったので安心しました。DC回路の車のバッテリーで反応しないのはDCの方だけ壊れてしまっているのかもしれません。

ドライバー型やペン型の検電器で検出されなかったからといって必ずしも電気が来ていないことにはならないので気をつけて下さい>そうなんですか、無反応でも電気が流れていて感電する危険があるということですね、テスターでいちいち当たるのが面倒で検電器を購入したのですが、あてにならない検電器は危険ですね、誤判断の元となるので検電器はDC/AC24V以上の回路では恐いので使わない方が賢明ですね。

お礼日時:2010/11/29 00:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペン形検電器の原理について

ペン形検電器の原理はどういう仕組みで、ブザーを鳴らしたりランプを点けたりしているのでしょうか?

今わかっているのは、
「電圧のあるところへペン先をくっつけて、自分の体を通してアースへ電流がながれ、検電器の内部にある抵抗に発生する電圧を増幅してランプとかを点ける」
みたいな感じなんですが、電圧を増幅するというのはどんな方法なんでしょう?

検電器の中に発生する電圧なんかすさまじく小さいようにも思えます。

どなたかご存知の方教えてください!!

Aベストアンサー

検電器といっても私の知っている範囲で次の3種類あります
1.ネオン管を光らせるもの 検電ドライバなどがある
2.低圧検電器  AC100/200Vを検出してLED点滅、ブザー鳴動するもの
3.高圧検電器  400だか600V以上を検出してLED点滅、ブザー鳴動するもの
#1の回答は多分1のタイプだと思います
質問者の想定しているものは#2のタイプではないでしょうか?
推定されているとおり検電器内部の微小電流を検出増幅しています。増幅にあたっては50/60Hzのみ検出するようにフィルタを通したりして検出精度を上げているようです
詳細は検電器メーカに尋ねるのが早道ではないでしょうか

Q接地側電線は、なぜ検電できないのでしょうか?

電気工事士初級者です。新築・改修ともにやってます。

ちょっと疑問に思った点があったので、教えていただければありがたいです。

○接地側電線は、なぜ検電できないのでしょうか
 機器を接続して、通電し動作している状態で、検電すると非接地線(+黒)しか、反応しませんよね。今まで当然だと考えていたのですが、よくよく考えると不思議です。
 通電している状態では、接地線(-白)にも電圧・電流が存在する(交流での+-)はずなのに何故なのでしょうか。

○上記に関連して
 単三回路はN相が接地されており、対地電圧は当然0Vですが、大方の場合不平衡で、電流は流れていますよね。(実際によくクランプで測定します)
 つまりどれかの回路の-には、電圧も電流も存在するはずだと思うのですが、未だかつて検出したことがありません。何故なのでしょうか。

○さらに
 片切スイッチは、開状態で機器に電圧をかけない為に、非接地線に接続しますよね。実際、開状態では、機器をテスタで測定しても0Vです。
 でもこれは直流ならば理解できますが、交流の場合、-からも(機器に)電圧・電流がかかるのではないか?と思うですが、実際そんなことはありません。何故なのでしょうか?
 (単相200Vを片切SWで切ると、機器に電圧がかかったままなのは、確認しました。当然かもしれませんが)

※ おそらく僕が「交流電源」について、正確に理解していないのが、原因と思いますが、どこを誤解しているのか、指摘していただけたら有難いです。

 ・交流電源は、電圧・電流が交番する・・・・2線は、+→-、-→+と周波数によって電圧・電流の方向が変わる。

 と理解していたのですが、

 ・-は常に0V(圧力無し)であり、+が+100V~-100Vに変動する。・・・・つまり圧力(例えれば給気と排気)は、+側にしか存在しない。
 (イメージとしては、一本のホースの片側をふさぎ、もう片方にコンプレッサーで給気と排気を繰り返している状態)

  こんな感じなのでしょうか。これにしても-側に何らかの圧を検出できると思うのですが・・・・

  ちなみに使用している検電器は、三和電気KD1です。他の検電器でも同じでした。

  いろいろな上司や先輩に質問してみたのですが、誰からも明確な返答が無かったので、こちらで質問させていただきました。
  よろしくお願いいたします。

電気工事士初級者です。新築・改修ともにやってます。

ちょっと疑問に思った点があったので、教えていただければありがたいです。

○接地側電線は、なぜ検電できないのでしょうか
 機器を接続して、通電し動作している状態で、検電すると非接地線(+黒)しか、反応しませんよね。今まで当然だと考えていたのですが、よくよく考えると不思議です。
 通電している状態では、接地線(-白)にも電圧・電流が存在する(交流での+-)はずなのに何故なのでしょうか。

○上記に関連して
 単三回路はN相が接地されてお...続きを読む

Aベストアンサー

 N相に電流が流れているのに、検電器が反応しないのはなぜか。

 一般住宅などで電流が流れている状態で、N相電線と近くの接地端子など確実に接地されている金属の間の電圧を測ると、1A当たり0.1V程度(屋外電線の長さによる)の電圧があることがわかります。
 つまりN相の電圧は、その程度なので検電器は反応しないのです。

 N相の電線は、柱状トランスで接地されています。住宅内で測定されるN相と大地間の電圧は、住宅と電柱の間の導線の抵抗に発生する電圧です。わずかなものです。
 検電器というものは、電圧相と大地間の100Vの電圧により静電容量を通じて流れる微小な電流を感知するようにできています。
 つまり100Vの電圧がかからなければ反応しません。

 片切スイッチの御質問も同様で、電圧というのは2点間の電位差のことで、どことどこの間の電圧を測っているのかよく考えてみてください。
 交流は電流・電圧の方向が変わるのですが、2点間の電圧ということは同じです。

Q静電容量って何ですか?

各電線メーカーの電線便覧等にKm当たりの静電容量が記載されておりますが、静電容量とはどういう原理で存在するのでしょうか?
ケーブルの静電容量は、ケーブルが長くほど、太いほど多いとされていますが、どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

>>5で回答した者です。
>>2補足欄については>>7の方が触れていますが、そもそもケーブルにはシースアース(接地のシールド層)がある
ため、懸架位置は影響しません。導体とシースアースの位置関係、絶縁体の特性によってKm当たりの静電容量を
掲載されているということです。
裸線であれば、絶縁体である空気がコンデンサの誘電体にあたりますから、懸架位置によって静電容量が変動します。
そのため電線メーカーの電線便覧にはKm当たりの静電容量は掲載されていないと思います。

電極間の距離(絶縁体=誘電体の厚さ)を>>5の例で考えれば、「水槽の深さ」が妥当かと思います。
 ・厚さ(深さ)を薄くすると容量(体積)が減る
 ・電圧(水圧)を上げて耐用値を超えると絶縁破壊(水槽が破壊)
   ※この場合の水槽は上面開放でなく密閉構造で想像していただいた方が分かり易いです。

Q2E、3E、4Eってなんですか?

電気設備の設計を勉強中の気分は若者です。
モーターなどの保護回路でよく2Eリレーとか3Eリレーと
か聞くのですが少し調べてみると、
 2E、3E、4E
とあるようです。周囲に聞いても確固たる説明のできる人
がいないので質問なのですが、
 1.各々の意味とその出典は何ですか?
 2.他に1Eとかもあるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)サーマルリレー(熱動形過負荷継電器)・・・1E,2E
(2)モーターリレー(静止形継電器)・・・1E,2E,3E

ここででてくるEは要素(ELEMENT)のことで
1E・・・過負荷
2E・・・過負荷、欠相
3E・・・過負荷、欠相、逆相

一般的に使われるのは2Eリレーです。水中ポンプ等で回転方向が目視出来ないものは3Eリレーを使います。

ちなみにサーマルリレーの1Eは2素子(2E)タイプ、2Eは3素子(3E)タイプと使ったりするので紛らわしいです。

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Qブレーカの極数、素子数とは

ブレーカの表記で2P2Eとか2P1Eとかの
PとEについて教えてください。

カタログで
P・・・極数
E・・・素子数
とあるのですが、その意味を教えてください。

Aベストアンサー

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても、大地間と同電位の為、電流は、ほぼ流れません。よってN線には、L1線又は、L2線より大電流が流れる事はありません。
その為、N線をつなぐ電極=Pには、素子=Eは、必要ありません。

単相100Vの場合は、L1線又は、L2線とN線の本を使用するため、2P1Eのブレーカーを、使用します。
単相200Vの場合は、L1線とL2線を使用するため、2P2Eのブレーカーを使用します。
単相200V3線は、L1線とN線とL2線の三本を使用します。3P2Eのブレーカーです。
※よく勘違いされますのは、アース線は、この3本には、含まれておりません。アースが必要なときは、L1,N、L2+アースと思ってください。

又一般家庭の場合単相3線は、分電盤の主幹(大元)のみです。200V回路もほとんどありません。

単相2線、単相3線、動力回路などの説明は、省かせてもらいます。
又、L1,N、L2の後に(線)とつけたのは、電線という意味です。(普通は、つけません。)

まとまりが悪くてすいません。

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても...続きを読む

Q低圧直流ペン型検電器で極性のわかるもの

タイトルの性能のある検電器欲しいです。
希望は測定範囲がDC30~100V程度で、測定電路の極性(+電位、-電位)が分かるペン形検電器です。

ネットでさがしまくったのですが、どうしてもみつかりません。

しかし、存在はしているようです。

どなたか売っているサイト・メーカーなどご存知の方おられましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、フルークを使っているのですが皮膜の上から使えて便利で発光ダイオードタイプですが、音はでないしDCには対応していないのでお求めの物ではないかもしれません。一応参考程度に・・リンクは下記です。

http://www.fluke.com/jp/IG/kendenki.html

検索では出てきたのは、下記の長谷川電機工業の低圧の3タイプの内どれかがお求めも物かも知れません。自分では使ったことがないので後はご自分で判断して下さい。

http://www.hasegawa-elec.co.jp/

Qテスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。

具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか?

実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。

上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、
乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、
乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか?

どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体...続きを読む

Aベストアンサー

テスターで、電池残量は測定できません。
起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。
使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。
>適当な抵抗器を直列に接続・・・。
残量というより、能力のチェックです。
可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。
>乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。
内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。
その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。
※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。

Q高圧の電路・機器の絶縁測定

現在、外注にて高圧設備6600Vの定期点検時に、絶縁測定を1000Vメガーで実施しています。今後、使用電圧に近い5000Vメガーで測定しようと考えておりますが、1000Vメガーとの違いは現れるものなのでしょうか。また、5000Vメガーによる計測のメリットはあるのでしょうか。

現場では1000Vメガーから5000Vメガー使用の流れがあるというようなことも聞いたことがありますが、実際のところいかがなのでしょうか。

今後の点検仕様をどうするか迷っています。

電気設備技術基準にも1000Vで測定するとあるようですが。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

高圧受電設備のことだと受け取りましたが。

確かに通常、高圧ケーブルの芯線と遮蔽層(アース)の間の絶縁抵抗を1000Vメガーで測定して、新設なら2000MΩ、使用中なら100MΩ(晴天・気温20℃)なら良としておられるんではないかと思いますが。


技術基準では1kVの計器で全然問題は無いでしょう。
技術基準では「高圧回路の絶縁については絶縁耐力試験で確認し、絶縁抵抗値は目安として管理する。」となっていますから。

バックり言えば、絶縁抵抗は飽くまでデイリー的な傾向監視の意味合いが強いってことです。
例えば、測定機器や周囲温度によっても絶縁抵抗は変化しますし、降雨や湿気により絶縁抵抗値が大きく左右されますよね?

なので、測定記録には必ず天候・気温・湿度・使用機器の種類まで記載していると思いますし、これが無い記録は全くと言っていいほど意味が無いとも言われますし。

なので、絶縁耐力試験の値で健全性を確認し、デイリーには絶縁耐力試験以後の絶縁抵抗の変化で、事故に至る可能性を素早く察知して予防保全するという流れが本線であり、絶縁抵抗は傾向値であるなら、絶対値の精度は余り求められない(相対変化、すなわち繰り返し精度が重要)と考えられたら宜しいかと思います。


実際には、高圧ケーブルは固有抵抗が大きいので5000Vメガーで測定した方が絶縁抵抗は正確な値(精度の高い値、外乱等が少しましになる。)がでるとも言えます。
こうなると、「少しは絶縁耐力試験の領域まで踏み込んで評価出来るかな?」って意味が出て来るので、5000Vメガーは全く無意味とも言えないです。
むしろ、5000Vメガーで測定できるなら、それでやられる方がベストだとは断言します。(やっぱり、精度云々は大きいですもん。)


>現場では1000Vメガーから5000Vメガー使用の流れがあるというようなことも

う~~ん、どうなんでしょう。
本職の電力屋の場合は可変式絶縁抵抗計をかなり昔から使っていて、最大レンジは大抵が5kVか10kVだったので、最大レンジで測定していました。(1kVでも測定していましたが)
他方、客先の高圧受電設備関係を見たら、系統がシンプルでもあるので、自主測定では1kVの絶縁抵抗計を使っているお客様も多々居られました。
ここらから見て、一概に「流れがある。」とも言えないような気がします。

上に書いたように「傾向値でいいや」「少しは絶縁体力っぽい風味も出して」の考え方の差(流行?)と、最近(と言っても、ここ10年程度ですが)では高圧絶縁抵抗計も相当安くなって来たということが相まって、そういう流れっぽく見えているんじゃないですかね?



重複ですが。
設備の安全性(予防保全)を第一に考えるなら、やはり10kVだとか5kVのメガーを使うのがベストでしょう。
1kVなら、清掃をこまめにやって高頻度で測定することをお勧めします。

高圧受電設備のことだと受け取りましたが。

確かに通常、高圧ケーブルの芯線と遮蔽層(アース)の間の絶縁抵抗を1000Vメガーで測定して、新設なら2000MΩ、使用中なら100MΩ(晴天・気温20℃)なら良としておられるんではないかと思いますが。


技術基準では1kVの計器で全然問題は無いでしょう。
技術基準では「高圧回路の絶縁については絶縁耐力試験で確認し、絶縁抵抗値は目安として管理する。」となっていますから。

バックり言えば、絶縁抵抗は飽くまでデイリー的な傾向監視の意味合いが強いってことです...続きを読む


人気Q&Aランキング