今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

「○時間ごと」と「○時間おき」は同じ意味ですか?
また、「2時間ごとに10分休憩して運転する」といった場合、
休憩の10分は2時間に入りますか?(運転時間は110分)
それとも運転120分・休憩10分ですか?
「2時間おきに(以下同文)」の場合はどうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>「2時間ごとに10分休憩して運転する」といった場合、



「>休憩の10分は2時間に」入る、と思います。

>(運転時間は110分)

とお考えになってよいでしょう。
「この神社は年毎に参拝者が増えている」
「会う人毎にお礼を言われる」
などと同じで、
「〇〇毎に△する」は「〇〇の範囲内で△する」という意味だろうと思われます。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/80382/m0u/% …

>「2時間おきに10分休憩して運転する」といった場合、

「〇〇おき(置き)」は、「〇〇だけの間隔を置く」という意味のようです。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/30068/m0u/% …
つまり、
>運転120分・休憩10分
:ということになると思います。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「ごと」は休憩を含む、「おき」は含まないということですね。
辞書のURLも参考になりました。

お礼日時:2010/12/02 13:15

>「○時間ごと」と「○時間おき」は同じ意味ですか?


例文の場合は同じ意味になると思います。

A.2時間ごとに10分休憩して運転する
・・・これは2時間運転したら10分休憩するという意味でしょうね。(運転時間120分と休憩10分)
休憩の10分は2時間に入らないと考えた方がいいでしょう。
例文に極端な数字を放りこんで考えてみますと・・・
「2時間ごとに2時間休憩して運転する」
・・・これは2時間運転したら2時間休憩するという意味でしょう。(運転時間2時間と休憩2時間)
もし、2時間の中に休憩を含めると言う解釈をすると、運転時間はゼロという珍現象が生じます。
「XX毎に△する」は「XXの範囲内で△する」ではなく、「XXに付随して△する」のほうが自然でしょう。

B.2時間おきに10分休憩して運転する
・・・Aと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「ごと」と「おき」は同じ意味ですか。
違ったご意見がありどちらと考えるべきか悩みますが、
人によって解釈が違い自分の思うように伝わらないおそれがあるということを覚えておきたいと思います。

お礼日時:2010/12/02 13:25

「ごと」(毎)は塊。


「おき」(置き)は間隔。

2時間ごとに10分休憩は2時間と言う塊の中に休憩時間を含み(110分仕事で10分休み)、2時間おきは2時間間隔で10分の休憩(120分仕事でその後10分の休憩)をすると言うことと成ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「ごと」は塊、「おき」は間隔なのですね。
簡潔でわかりやすいです。

お礼日時:2010/12/02 13:18

日本語の曖昧さです。


「○時間ごと」・・は、決定事項で、必ず、時間時間に・・・と、行います。
「○時間おき」・・は、曖昧で、0時間になったら・・何々ということで忘れても構わないくらいの案件です。

「○時間ごと」に観測します。・・・正確な観測が出来ます。
「○時間おき」に観測します。・・・正確な時間が指定されていませんから不正確です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
正確かどうかという見方があるのですか。
「おき」を使うと曖昧に伝わることがあるということですね。

お礼日時:2010/12/02 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「…おきに」と「…ごとに」の違いを教えていただけないでしょうか

 『日本語文型辞典』によりますと、「おきに」について次のような説明がのせてあります。

(1)大学行きのバスは10分おきに出ている。
(2)この道路には10mおきにポプラが植えられている。
(3)この薬は二時間おきに飲んでください。
 以上の例文のように、時間や距離の軸上の点を意味する場合は、「ごとに」と置き換えられる。ただし、1という数の場合は、次の例のように「おきに」を「ごとに」変えると意味が変わる。
(例)一年おきに大会が開かれる。(2年に1回)
(例)一年ごとに大会が開かれる。(1年に1回)

 ここでお伺いしたいのは、「おきに」と「ごとに」の意味が違うのは1という数の場合だけでしょうか。例(1)~(3)の場合は「ごとに」に置き換えても意味に何の変わりもないですか。そうだったら、「一年おきに」と「二年おきに」の意味が一緒になるのではないでしょうか。
 わずらわしいですが、どうか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

「Nおきに」(Nは数量)というのが、「Nごとに1回」なのか「(N+1)ごとに1回」なのかを明確に決める文法上のルールはないようです。

 単位によって違うのだとか、数によって違うのだとか、連続量(アナログ)と離散量(デジタル)で違うのだとかいろいろ説明できますが、どれも決め手に欠けます。

「2年おきに」は「2年に1回」かもしれないし、「3年に1回」かもしれません。

~おきに
といわれたら、聞き返したほうがよいと思います。
人によって意味が異なるからです。

(例1)
Aさん「この行事は、来年から2年おきに行います。」
Bさん「3年に1回ということですね?」
Aさん「いえ。2年に1回です。2年ごとに開催します。」

(例2)
Aさん「5分おきにベルを1分間鳴らしてください。」
Bさん「5分に1回鳴らせばいいのですね?」
Aさん「いえ。1分鳴らしたら5分休みます。6分に1回鳴らすということです。」

何かの文書に書いてあって、聞き返すことが不可能な場合は、残念ながら本当の意味は不明のままになるかもしれません。

自分が使う場合は、「~おきに」は意味が明らかな場合以外は避けたほうがいいと思います。
「~ごとに」とか「~に1回」を使うのがいいでしょう。

http://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/kotoba_qa_02100101.html
研究中らしいですね。あいまいな表現は避けようという内容です。

http://allabout.co.jp/auto/carmaintenance/subject/msubsub_9.htm
「2年おきに」を2年に1回という意味で使っています。

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/suidou/ryokin/keisan.htm
「水道料金は2か月おきに下水道使用料といっしょに請求いたします。」とありますが、3か月に1回でなくて、2か月に1回請求されるはずです。

「Nおきに」(Nは数量)というのが、「Nごとに1回」なのか「(N+1)ごとに1回」なのかを明確に決める文法上のルールはないようです。

 単位によって違うのだとか、数によって違うのだとか、連続量(アナログ)と離散量(デジタル)で違うのだとかいろいろ説明できますが、どれも決め手に欠けます。

「2年おきに」は「2年に1回」かもしれないし、「3年に1回」かもしれません。

~おきに
といわれたら、聞き返したほうがよいと思います。
人によって意味が異なるからです。

(例1)
...続きを読む


人気Q&Aランキング