最新閲覧日:

実家の敷地内にタラの木の林があり、
毎年春においしいタラの芽を提供してくれています。

去年あたりから、その林の根本から小さな苗木が
たくさん生えてきました。

駐車場や庭にもたくさん出てきて、少々邪魔になってきました。
かといって抜いて捨ててしまうのももったいないと思うのです。

何とか嫁ぎ先へ移植したいのですが、
移植に適した時期、方法などご存じの方、宜しくお願いします。

前にタラの木は丈夫なので、10cm位の根っこだけでも移植できるような話を聞いたことがあるのですが、その時は何げに聞き流してしまいました。

A 回答 (3件)

タラの木も他の樹木と同様休眠期、つまり落葉している冬季に移植するのが最適ですので、四月になって移植するのはおすすめできませんが、沢山の本数があるようですのでダメモトでやってみるのも悪くないと思います。


この時期の移植で最も重要なポイントは、タラの木は細根が少なく太い根が地中深く伸びていきますのでなるべく広範囲にスコップを入れることが重要です。

タラの木は、地下根から新しい芽を出してどんどん増えていきます。広がって困るようでしたらその場所は、地際部分から切断すればその幹は枯れてしまいます。

この時期に移植するのに重要なポイントは、
(1)なるべく小さい木を選ぶ。
(2)根はなるべく広範囲につけるようにスコップを入れる。
(3)掘り上げた後、根を乾かすことなく速やかに移植する。
(4)肥料はあまり必要としないので、定植時肥料を与えず追肥で対処する。
(5)根付くまで数日間出来れば日陰を作ってやる。
(6)根付いたと感じるまで水は与え続ける。
以上がポイントと思われます。

根付いた以降は、あまり肥料は与えすぎないことがポイントです。里山のタラの木も肥料はもらっていませんからね。
最初にも書きましたが、本来は冬季が理想ですが、沢山あるみたいですので気楽にやってみたらいかがですか。
    • good
    • 1

>目下タラの芽が食べ頃なので今移植するのは忍びない気もするのですが、



タラの芽を取るかどうかは参考URLを参照してください。

参考URL:http://www.rose.sannet.ne.jp/japan-healing/html/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます!とても参考になりました。

お礼日時:2001/04/16 10:43

時期については3~4月頃、


方法としてはタラの木の根元だけを残し、差し木の要領で植えてやればいいそうです。

あるページによると冬場にスコップで移植しても大丈夫なほど強いが枝だけは折ってはいけない。と言うことでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。目下タラの芽が食べ頃なので今移植するのは忍びない気もするのですが、心を鬼にして!移植してみます。

お礼日時:2001/04/15 13:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報