外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

単純な質問ではありますが、
日本語では、デスクトップPCに対して、ノートPCやラップトップなどと呼んでいます。このノートタイプのパソコンを英語では正しく何というのでしょう?

Note PCでは通じませんでしょうか?(ネイティブの方)

Portableやlaptopがどうも正解とは思うのですが、隣にアメリカ人が居ませんので、それが正しいと確信できずにいます。
できれば北米にお住まいだった方やネイティブの方を希望したいのですが。
(厳密には「PC」も不可でしょうが、今回それは無視して下さい。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



私なりに書かせてくださいね。

使い方に違いがあるのですね.

まず、notebook/notebook PC/Notebook computerは、今、日本で言うノートブックのことを言います. これと較べてlaptopと言うと、ひと昔の厚さが7-8cmもあったものを言います. (その頃、もっと大きいけど、運べるサイズのものをポータブル、と使い分けをするために作られた単語が、このひざの上の置けるコンピューターだったんですね)

ですから、コンピューターショップにはこのlaptopはないんですね(骨董品屋にはあるかも)。

しかし、アメリカでは、laptopと言う言い方は今だされいます. どこでか、と言うと空港とか図書館などで、一般的に持ち運べるコンピューターのことを言う時なんですね.

じつは、notebookもlaptopなんですね. 膝におけるサイズのPCと言う定義を使えば. ですから狭い意味をもつ、notebookと言う単語よりも、laptopと言う単語を使ったほうが、「無難」だと言う事です. よって、サインなどを書く人によっては、今だ、Portableと言う単語を使っているわけです. 

よって、今のノートブックのことを日常で言う時は、notebookと100%に近い人が言うと思います. (もっとも、年齢的にlaptopの時代に人は今だこの単語を使っているかもしれませんが)そして、一昔のラップトップのは大が出れば、laptopと言う単語を使う、と言う事ですね.

notebook, notebook computer, notebook PC, どれも全く問題なく使えます. Note PCは通じる可能性はある、と言うところでしょうね. 

私はここでいろいろ書いてきましたけど、アメリカ人の英語に対する姿勢として、相手が意味の通る事を言っていれば、文句も「正しい文法」の説教もしません. 意味があやふやだと言って、知りたければ聞くかもしれないと言う姿勢ですね.

ですから、もしnageki_ryuさんが、note PCと言った時、私の思うには、前後する文章から考えると言う習慣から、「ア、この人はnotebook PC」のことを言っているんだ、「通じる」ことになるんですね.

よって、空港で、do you have a laptop?といわれたら、そんな古いコンピューターなんか持っていないよ!と言っては、ダメだよ、と言う事ですね. <g> Yes, I have.と言ってノートブックを見せればいいのですね.

そして、友達がDo you have a laptop?と言ったら、Are you kidding? I don't have that old machine, I have a notebook!! No, not a schoool notebook, a notebook computer!! <g>冗談言うなよ、そんな古いやつ(わざと機械と言う単語使って古めかしいと言う事を強調する)なんか持っちゃいないよ、ノート-ブックを持っているよ. チャウチャウ、ノート(帳面)じゃないよ、ノートブックコンピューターだよ!! (笑)

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
大変勉強になりました。NO.3同様意味合いはほぼ理解できてきました。
notebookまたはlaptopまたはportableで良い結論になりそうです。
もしこれ以上分析していくと違う分野になってしまいそうです(笑)。
本当に真面目に迅速にお答え下さり助かりました。

お礼日時:2003/08/27 08:50

えっと・・・私は彼氏がアメリカ人でネイティブなんですが、彼は普通にLap Topって呼んでます。

。。会話の中でも普通にLaptopって言ってますし、私の彼だけでなくネイティブ、ネイティブじゃなくても英語話す友達はLaptopもしくはNotebookって言います。会話の最中に出てくるNotebookはいわゆる「大学ノート」って思わないんじゃないでしょうか・・・。あなたは正解だと思いますよ☆あと、日本人はPCってよく使うけどネイティブには「???」って感じみたいです。なんとなく「ああ、PersonalComputerね・・・。」って分かってくれたりもしますが、「は?!」って言われた事もありました(笑)
ちなみに彼はパソコンが本業ってくらいなので信じていいと思います(それにネイティブだし・・・。)
ちなみに「Personal Computer = PC = Home Computer
」ってのがネイティブの思考だそうです。

少しはお役に立てましたでしょうか・・・???
    • good
    • 3
この回答へのお礼

日本ではだいたいOKのPCが、アメリカ人ネイティブには「???」って感じ。参考になりました。
また、Personal Computer = Home ComputerはOKです。
computerより少し狭義の意味合いも必要でしたので。
本当に多くの皆様の迅速なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/27 08:54

米国の空港を時々利用しますが、手荷物検査のところで「カバンに Laptop は入っていないか?」と聞かれます。

Laptop が一番普通だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
海外出張する事情もあって大変参考になります。

お礼日時:2003/08/27 08:44

同僚のイギリス人に聞きました。



先に回答から言うとNote PCは意味は通じるでしょうが、一般的ではないようです、かわりにNotebook PCならOKです。Portable PCは通じます。

彼いわく、言い方が変ってきているのですね。下記に持ち運べるPCと言う意味で使われてきている名前を古い方からあげます。形が変るたびに呼び方が変ってきているのですね。LaptopはNotbookより大きく太い物を(1世代前)を指すみたいですが、Notebook PCをlaptop PCと言ってなんら問題はありませんね。


一番古い言い方から(検索ヒット数):
Luggable PC
Portable PC (50,100)
Laptop PC (1,390,000)
Notebook PC (302,200)

となります。検索ヒット数の多さでは、Laptop PCが一番多いですね。

追加補足ですがPCは彼の本国では普通に使われています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうございます。
>言い方が変ってきているのですね。
ズバリのような気がします。そういえば日本語でもある程度あいまいな言い方しかないような気がします。それが詳しい人である程、専門の人である程、名称の使い方も変わりますものね。

英国ではPCはなんとかいけるんですね。

お礼日時:2003/08/27 08:42

こんにちは♪


私もずーっとネイティブのお友達と話す時は「Laptop」と呼んできたのですが、改めて探してみました。

DELLやHPのアメリカの公式ページでの製品紹介では「NOTEBOOK」と「DESKTOP」と紹介されているので、「NOTEBOOK」も使えると思いますよ。
(Note PCはダメだと思います。 日本語のノートのことは英語ではちゃんとbookまでつけてnotebookと言いますので。 note単独だとメモとかのことになり意味が変わります)

また、以前図書館の注意書きで「portable computerは使っちゃダメ」って書いてあるのを見たことあります(英国)

どれも使えるのではないでしょうか。

あと、PCですが、ネイティブのお友達は「computer」と言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考まで丁寧な回答ありがとうございます。
「Notebook」はあえて商品名か何かで通用しないのかと思ってました。マジックをサインペンと呼ばないといけないように。
そうですね、私のあいまいな英語力からNoteなどとしてしまったようです。反省。
またPortableについては、一応もっと広義の意味の感じですね。
参考になります。

お礼日時:2003/08/27 08:38

No1です。



私の友人達がコンピューターサイエンス学部を卒業しているからでしょうか、PCは十分通じますよ、普通にコンピューターをPCと呼んでいます。

Googleでも、PCの検索で6720万件Hitします。
PCとcomputerを検索語にしても5000万件以上ヒットしますね、ま、これは世界中のサイトが絡んできますが・・・

発音の問題も係ってきますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。
発音もそれと文脈、話の流れで違ってくるでしょうね。今回は今更ながら、会話でなく、あるビジネス文書等に使う必要がありましたので切迫しておりました。

お礼日時:2003/08/27 08:33

laptopまたは Laptop computerですね。

 たいていはLaptopって言う人がほとんどです。
PCって言って通じたことはなく、は?って聞き返されたパターンが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
PCって香港が起源て聞いた事があります。
これだけ「PC」が発達しても、こればかりはグローバル言語とは言い切れませんね。

お礼日時:2003/08/27 08:24

翻訳をしています。



Laptop Computer
Laptop PC

でOKですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。やはりlaptopですか。他にlaptopにかわる名称なさそうですね。
またまたしつこいのですが、Note PCやPortable PCでも通じますか?通じませんでしょうか?

わかるネイティブの方おられたら嬉しいです。

お礼日時:2003/08/26 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q未、済、完了の英訳は?

前回類似件名で質問したのですが、
質問の仕方があまり良くなかったと思い質問し直させて頂きます。

ある項目に対して「未」、「済」、「完了」のいずれかを選択させたい帳票があるのですが、
これを英語で実現するにはどのような単語が当てはまるのでしょうか?(1,2語程度で)
「済」、「完了」については「done」が好ましいのかなと思っていますが
いかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No. 2 です。

なるほど。。。
そういうことなのでしたら、“Done” と “Not Yet” が適切だと思います。

“Yet” は単独で用いられる場合、『まだ~ない』という意味に取られることはなく、接続詞の『でも』の意味で取られます。
なので、選択肢が “Done” と “Yet” であったとしても、理解してもらえない可能性が残ります。
それを排除するためには、“Not Yet” とするべきだと思います。

ご参考まで。^^

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。


人気Q&Aランキング