ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

倫理社会で『現代の人間像』というところを学習したとき、アメリカの社会学者リースマンが登場した。
彼の言葉として、「孤独な群衆」,「他人指向型」
というのが出てきましたが、いまいち意味が理解できません。
どういう意味のある言葉なのでしょうか。
ご存知の方は、教えてください。
 ※出来れば9月1日までに

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リースマンの本は、全部読んだわけではありませんがですが、大学の授業で聞いたことと、その後得た情報や部分的に読んだリースマンの文章などから、僕なりに以下のようにまとめてみました。



リースマンは、アメリカ人の性格の分析を通して、「現代の人間像」の一側面を鋭く描き出した社会科学者です。彼に拠れば、アメリカ人の代表的な性格は、時代・社会の変化とともに「伝統指向型」→「内部指向型」→「他人指向型」へと変遷しているということです。

「伝統指向型」の性格とは、中世封建社会を典型とする停滞的な、つまり社会的な階級や場所の移動が少ない伝統的な社会(レヴィ=ストロース的にいえば「冷たい社会」)に支配的な性格類型です。伝統的な社会で人々は、土地に縛られ、階級に縛られ、社会・地理的な移動はほとんどなく、個人の生まれつきの性別や身分などに由来する特定の社会的役割に限定された生活だった、と一般的に考えることができます。たとえば村祭りの役の担い手に規則的な順番が決められていたり、ある家に習慣的に役割が決まっていたりするのは、社会・地理的な移動が例外的な出来事だからだということができます。そのような社会においては、個人の主体的な意識よりも、家長や首長等、権威への恭順などが重要な価値を持ち、従って性格もそのようなものとして社会的に共有されるようになるわけです。伝統指向型が代表的な性格として機能する社会とは、そのような同調性がしっかりと確保された社会であるといえます。

しかし、時代がルネサンスから宗教改革期に至ると、産業の分化が進み、社会が流動的になってきます。そんな流動化する社会の中で、次の「内部指向型」の性格が登場を促されることになったのです。流動的な社会は、既に「伝統指向型」の性格を育んだ社会とは異なって、人々は容易に土地を離れることができるようになったことで、共同体の権威への恭順が最大の価値とされるような状況が崩れ始めました。それに代わって、登場した価値が個人の内面性だったのです。個人の内面的な価値は、たとえばお金であったり、名誉であったり、善であったりするわけですが、それは個人の生活の目標として掲げられます。つまり、「内部指向型」の性格が支配的な社会にあっては、人々の生は、目的・目標を指向するものであって、その方向を決めるのは「内なる声」であるわけです。このような「内部指向型」の性格は、「近代人」の性格と言っても良いでしょう。この性格の発生論的な言説は20世紀の思想家ジクムント・フロイトによって提起されます。有名なエディプス・コンプレックスがそれです。子どもは親の規範を内面化する、というのがその骨子ですが、このようなフロイトの親子関係の捉え方は優れて近代的な人間のあり方を語ったものということができるでしょう。

要するに伝統という安定が得られない中で、人々は新たに自らの内面の主体性に安定を求めることで、この時代精神を形成してきたと言えます。近代哲学は、まさにその中で産声をあげたわけです。近代哲学の父と呼ばれるルネ・デカルトの有名な言葉、「われ思う ゆえにわれ在り」もこの時代精神を体現したものと言えるでしょう。

そうそう、マルティン・ルターが、「人間が救われるためには教会を媒介とした神の恩恵に浴しなければならない」とするカトリック教会の「権威への恭順」を求める態度を拒否して、「一人ひとりの人間がただその信仰によってのみ、神との精神的合一が果たされ、その恩恵を蒙ることができる」と宣言したことに端を発する宗教改革も、伝統指向から内部指向へという人々の社会的性格の変遷を反映した事件として興味深いですね。そしてそのプロテスタンティズムの考えかたが後の資本主義を用意する精神的基盤になったという、有名なウェーバーの資本主義起源論へと繋がっていくわけです。

そして、現代にいたり、通信や交通が目覚しい発展を遂げ、社会の変動はますます急激になります。その中で、内面への指向すら立ち行かなったとき、発ち現れる性格類型が「他人指向型」の性格です。この他人指向型の人がもつ同調性は、フロイトが指摘したような大人(親)の権威を受け入れることより、むしろ同時代の人たちが抱く期待に敏感に反応するようになります。内部指向型の人は生涯の目的に向かって進みますが、他人指向型の人はその代わりに手近にある目標――同時代の人たちが抱く期待――に従います。

他人指向型の人にとって常に他者との関係が気になることであり、他者との関係が良いか、悪いかが、彼の行動の基準になります。ここに分類される性格の人にとって、最も重要なことは、他者の視線です。他者にどのように見られているか、他者に自分をどのように見せるか、それは言い換えれば、他者をいかに上手に操ることができるか、そして他者によっていかに上手に操られることができるか、ということです。つまり、他者の意図をいかに上手く読み取って、いかに上手く自分に好意を抱かせるか、あるいは自分を高く評価させるかということが重要だということです。昨今の心理ゲームや心理本の流行は、この「他人志向型」性格が呼んだものかも知れませんね。あるいは「共依存」という病理現象もこの性格類型の帰結なのかも知れません。

いずれにせよ、リースマンは「豊かな社会」の分析によって、このような性格類型を導き出しました。まとめると社会は豊かになったけれど、僕らは自分のことについて常に他者の目が気になるという状況に置かれるようになった、というわけです。他者はかつての伝統指向段階の社会のように協働の相手ではありません。また内部指向段階の社会であったように自分の目標を追及するだけでいいというわけにも行かなくなりました。他者は常に監視する他者であり、僕らは群衆の中にあっても、周りを意識しつつ、ひとりなのです。これって「孤独」ですよね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

大変詳しいお返事ありがとうございました。
参考になりました。
人の目を気にする。
人の評価が気になる。
確かに最近はそういう人がおおいように思います。
自分自身もその1人です。
このことを表現していたのですね。

お礼日時:2003/08/28 10:44

私個人ははじめてその言葉を聞きましたので参考にはならないかと思いますが、言葉の感じから私なりに解釈しますと、「多数の意志の中に埋もれてしまって、個を主張できない。

」という意味あいのように感じます。
つまり、他人の顔色ばかりを伺うばかりで、何をするにも他人の意見に左右されて、他人から支持されるのを待っている人間が存在しているということではないでしょうか。
そのような人間のことを「孤独な群集(仲間と群れをなしてはいるが実際は群集の意志には賛同していない)」や「他人指向型(他人の意志を中心に自己の行動を決定している)」と呼ぶのでは??と私は感じますが、リースマン自体初めて聞きましたので、この意見はあくまでも私の感じたままです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。今の人々の状態を上手く表現した言葉ですね。
表面上の友達などというのは、最近多いですからね。
よくわかりました。

お礼日時:2003/08/28 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qデュルケームの「社会分業論」って何?

明日、デュルケームの「社会分業論」についての試験があります。語句説明や、カッコに用語をいえれないといけなかったりするそうで、試験時間は20分ほどです。さて、ポイントはなんなのか、さっぱりわかりません。どこを重点的に理解していけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

有斐閣の『社会学小辞典』から。

社会的分業
技術的分業や経済的分業に対置される概念。これについて説いた学者は多いが、とくにデュルケムは分業が能率や経済効率を増進させるという側面よりも、複数の個人のあいだに道徳的連帯を生み出す事実に注目して、社会的分業を体系的に明らかにした。そして、この分業の発達が社会を機械的連帯から有機的連帯へと、連帯の性質そのものの変化を伴って進むものと見た。また、とくに有機的連帯が正常な道徳的連帯を生まない場合の分業を無規制的分業、拘束的分業などの異常形態と見て、現代社会を批判した(以下略)。

キーワード:機械的連帯、有機的連帯

大学のテストはすくなくとも講義に出席していたことを前提として行なわれますので、マルクスと対置させる場合、スミスと対置させる場合もあります。その場合はご愁傷様です。
社会学史のテストなのでしょうが、講義に出ていなければ当然点数は低くて然るべきと考えましょう。点数が低くても、すべてはbinbouさんの自己責任です。

関連概念:マッキーヴァーの「コミュニティ」と「アソシエーション」など。
『社会学の基礎知識』(有斐閣)で復習しましょう。

訳書は田原音和(たわら・おとより)訳『社会分業論』(青木書店)。
井伊玄太郎訳(講談社学術文庫)はお勧めできません。

有斐閣の『社会学小辞典』から。

社会的分業
技術的分業や経済的分業に対置される概念。これについて説いた学者は多いが、とくにデュルケムは分業が能率や経済効率を増進させるという側面よりも、複数の個人のあいだに道徳的連帯を生み出す事実に注目して、社会的分業を体系的に明らかにした。そして、この分業の発達が社会を機械的連帯から有機的連帯へと、連帯の性質そのものの変化を伴って進むものと見た。また、とくに有機的連帯が正常な道徳的連帯を生まない場合の分業を無規制的分業、拘束的分業などの...続きを読む

Q社会学的なものの考え方ってなんですか?

社会学的にものを見たり考えたりするとは具体的にはどういうことなんですか?
普通のものの考え方とはどこが違うのですか?
社会学的なものの考え方について教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

社会学的にものを見るとは、
(1)あらゆるものの中に「社会性」を見いだすということである。
(2)では、社会性の「社会」とは何か、というと、「個人と個人、集団と個人、個人と集団との関係」ということであると一応定義しよう。
(3)「社会性」とは(2)の「関係性」と言い換えることができる。
(4)蛇足的に付け加えれば、人間が関係するもの、あらゆるものの中に社会性を見いだすことができる。これを社会学的にものを見るということである。

例えば、夫婦喧嘩を例にしてみよう。

(1)夫婦は「夫」という役割、「妻」という社会的役割をになっている。
(2)具体的に原因が夫の「浮気」であるとするならば、「浮気」が社会的になぜいけないのか、「浮気」が社会的にどいういう意味を持つのか、ということを、まず考えることが必要である。すると、妻は「浮気」が「社会的に許されていない」「一夫一婦制」という社会的規範に従い、そのような社会的価値観を有しているということが分かる。このように社会学的に物事を見ると、「浮気は許せない」という個人的「感情」の前に、つまり「妻」個人を見るのではなく、「妻」という社会的規範(価値観)を身につけた「妻」の社会的役割をも見るということになる。これが社会学的にものをみるというときの一例である。

つまり、社会学的ものの見方とは、個人的に見えることをも「社会的な流れの中」から見るというものの切り口のことを言う。おわかりいただけたでしょうか?

ちなみに、質問者の方は社会学を学ぶ学生さんでしょうか?それとも、良く言われるような、「○○○の社会学」などという時に「社会学」ってなんだろう?と思われたのでしょうか?教えて下さると私も勉強になります。よろしく。

社会学的にものを見るとは、
(1)あらゆるものの中に「社会性」を見いだすということである。
(2)では、社会性の「社会」とは何か、というと、「個人と個人、集団と個人、個人と集団との関係」ということであると一応定義しよう。
(3)「社会性」とは(2)の「関係性」と言い換えることができる。
(4)蛇足的に付け加えれば、人間が関係するもの、あらゆるものの中に社会性を見いだすことができる。これを社会学的にものを見るということである。

例えば、夫婦喧嘩を例にしてみよう。

(1)夫婦は「夫」という...続きを読む

Qスタンダードパッケージって??

スタンダードパッケージの具体例をあげなさいという課題が
出たんだけど、どういうのを書いたらいいか誰か教えてください!!!

Aベストアンサー

学校の課題ということですが、ハンドルネームを見ると高校生でしょうか? この課題が出た前後の授業の内容がわからないので、検索の際のキーワードをお教えします。高校生と大学生だったら、説明の仕方が違ってくるので、そういったことを明記された方がいいですよ。

『 デイビット リースマン 』

『 消費社会 』

このキーワードで検索したら、幾つかサイトが出てくるので、それを読まれたら良いと思います。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。


人気Q&Aランキング