旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

共産主義国家、社会主義国家、自由主義国家の違いを教えてください

前回、カテゴリを間違えて投稿してしまいましたので、再び投稿させていただきます

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず自由主義の説明から、


自由主義は元々は市民革命に揺れる1600年代のイギリス辺りで確立したシステムです。ちなみに、それを理論化したのが哲学者のロックです。
その基本は私的所有権です。
つまり経済的には
1.俺のものは俺のものである。
2.俺が働いて稼いだものも俺のものである。
3.それを侵害してはならない。
という考えの社会です。

つまり、経済システムに限るなら、純粋な自由主義は純粋な資本主義と考えていいでしょう。
この考えの下、人類は大幅な躍進を遂げたわけですが200年ぐらいして、1800年代中ごろから格差が拡大し恐慌が頻発するようになります。
一方では餓死者が発生する反面、一方では商品が売れず廃棄され首をつる資本家が続出するわけです。
それを見た人々の中から自由主義・資本主義には根本的問題があるのではないか?問題解決に何らかの措置が必要なのではないか?という考えが生まれます。

そういう考え一般を、社会主義といいます。
ですから、自由主義・資本主義に何らかの措置が必要だとしてもどれくらいの措置が必要かというのはそれぞれ異なるわけです。
ソ連のように資本主義を原則否定するような国もあれば、戦前のナチスや日本のように独裁政治に都合のいいように資本主義を改造し利用するような国もあれば、現在の北欧国家のように民主主義と自由経済については最大限確保するけれども税や保険などの制度を通して分配は平等にすることで修正を目論むという考えもあります。
ですから、日本やアメリカのような国ですら1800年代の資本主義と比べればかなり社会主義的です。

そして共産主義とは社会主義の中で最も過激な思想です。
つまり、貧者が生まれるのは資本主義が原因なのだから、諸悪の根源である資本主義なんていうシステムなんて捨て去るべきだという考えです。
その為には、私有財産制度を否定し全て国で管理することで、平等な社会を実現しようという思想です。これは銀行強盗が生まれるのはお金があるからだ、だからお金なんてなくしてしまえばいいんだというレベルの論です。
そういう考えを主張した人は沢山いましたが、その中で最も多くの人々から賛同を得たのがマルクスです。
しかし、共産主義思想はあまりにも人間原理を無視した考えだったので上手く行きませんでした。

また、共産主義はあまりにも高い理想なため、共産主義に移行するにはステップが必要だと考えられました。
つまり最終的には共産主義を目指すんだけど、その過程として社会主義を経由するということです。
ですから、ソ連は共産主義国の建設を目指す共産党がその過程として作り上げた社会主義国なわけです。
(まあ共産主義国家なんて神の国と同じ永遠に到達することのないマヤカシの希望なわけですが…)
ですから、共産主義系の社会主義は、基本的に資本主義否定します。
そして資本主義とは経済的自由主義ですから資本主義を否定するということは自由主義を否定するということでもあるわけです。

ちなみに共産主義社会は、国民皆が配給だか生活保護を受け取り、国民皆が国営工場で配給だか生活保護の原資を稼ぐ社会のようなものを想定していたっぽいです。
それに近いモノといえば戦時中の日本でしょうか、国民皆が国の命令で軍需工場などでほぼ無給で働き、国民皆が国から食料などの配給を受けていた時代が最も共産主義的だったと思います。


・補論 社会主義と自由主義 平等と自由
例え北欧系の社会主義であっても経済的自由は阻害されます。
年収1000万円の人が税金で半分持っていかれたら、500万円分出来た筈のことができなくなるわけですから、その分自由を阻害されていることになります。
頑張って必死に稼いだお金をそのように取り上げられるのには反発が起きて当然ですし、何も考えずに金持ちから金を取って貧乏人に分配すれば、有能な働き者から金を奪い無能な怠け者に金を渡すということにもなりかねません。

しかし、それと同時に一方では使い切れないほどのお金があるのに、もう一方では明日の食費も困っているという社会に問題があるのも事実です。

ですので、この二つの問題をどれだけ両立させた上で、どちらを重視するのかというのが、ここ100年の経済的課題です。
    • good
    • 2

「自由主義」は、個人の考え方や活動の自由を最大限尊重しようとする考え方です。


「自由が一番!」ってやつですね。

「自由主義」を根底に、
経済において、資本家たちが自由に利益を追求するという考え方を「資本主義」といいます。
この考え方だと「稼いだモン勝ち」の社会になりますね。


この「資本主義」の対義語となるのが、「社会主義」と「共産主義」です。


自由すぎるとどうしても、例えば、「資本主義」でいえば、
貧富の差が生まれるなどして平等が損なわれてしまいます。

そこで、この「平等」を重視したのが、「社会主義」と「共産主義」といった考え方です。
「平等が一番!」ってやつですね。


ここで大事なのは二つの考え方の違いです。


例えば、生活品に関して言えばこういうことです。

「社会主義」 … 働いた分だけ生活品を受け取ります。

「共産主義」 … 必要な分だけ生活品を受け取ります。


こう見ると「社会主義」が高度に発展したものが「共産主義」である事が見えてきます。


つまり、

「社会主義」では働いた分だけ生活品を受け取るけど、
生産力が高い「共産主義」になれば、誰でもほしいだけ生活品が受け取れるようになる!

です。

「共産主義」は、ある種の理想なんですね。

ちなみに「その生活品、誰がくれるの?」
おわかりかとは思いますが、それは国家であればもちろん「政府」です。


できるだけ誰にでもわかるように説明してはみたつもりですが、
わかりにくかったらすいません。(^_^;)
    • good
    • 3

経済学のカテゴリで、社会主義、共産主義の社会の仕組みを研究されるなら、資本主義社会と比べて、



どこが違うのか?生産手段の私有があるか、ないかでしょう。

現代の世界史では、経済的には、資本主義的な生産、流通、消費、投資が一般的です。

日本も、まだ、社会主義社会には移行していません。

「社会主義、共産主義」は、未来社会の話です。

「未来社会」のことは、その道の専門家に聞くことです。

「マルクス 未来社会論」不和哲三著、新日本出版社、この本を図書館で読んでください。

「共産主義国家」もう国家が必要でなくなる状態、どんな社会なのでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本主義・自由主義、社会主義・共産主義の違い

資本主義と自由主義の違いがわかりません。また、同様に社会主義と共産主義の違いも分かりません。
辞書を引いてもその違いが明確でなく、西側のどちらの言葉と東側のどちらの言葉が対義語なのかも・・・。
私の辞書では社会主義、共産主義のどちらの対義語も資本主義となっています。

社会制度、あるいは思想・概念で捉えた場合の違いなのかなーと思ったりもしますが、それでも何か釈然としません。
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

社会主義
生産材を国有にし、国民は(共産党に認定された)能力に基づいて働き、生産された富の配分を受ける経済体制

共産主義
社会主義のうち、富の配分が(共産党の認定した)必要度に応じて行われる経済体制

資本主義
生産財を、資本を提供した資本家たちの所有に帰し、資本家の利潤追求と市場原理に基づいて、生産、富の配分が行われる経済体制

自由主義
個人の自由な活動や思想を最大限擁護しようという政治思想、体制
経済的な側面は当然の事ながら資本主義となる

Q日本は社会主義国家なのになぜ発展できたのでしょう?

かつてソ連のゴルバチョフ大統領が‘日本は世界で一番成功した社会主義国だ‘と発言したそうですが、確かに日本は表向きは資本主義国家ですが社会主義的要素が強いように思います。税金の累進性は欧米より強く高額所得者は税金をたくさんとられます。貧困層は福祉や公的補助、医療制度など優遇され高額所得者から巻き上げた税金が還元されます。サラリーマンは年功序列で能力で関係なく昇給しました。(以前は)
経済格差は‘悪‘と公言する政治家までいます。ソ連、旧東ドイツ、北朝鮮など社会主義国家はどこも貧困に喘ぎ崩壊しました。日本だけなぜこんなに発展できたのでしょう?またこれからも発展できますか?自分は経済学、政治学には疎いのでどなたかお教えください。

Aベストアンサー

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないので、市場に任せず、政府が責任をもって経済を運営すべきだ」との、社会主義と資本主義の折衷政策「混合経済」政策をとった。このため多くの企業が国有化された。フランス石炭公社、フランス電力会社、フランスガス会社、鉄道部門、エール・フランス、フランス銀行 と四大預金銀行 クレディ・リヨネ、ソシエテ・ジェネラル、全国割引銀行+全国商工銀行⇒パリ国立銀行、保険会社、ルノー公社、航空機エンジン開発製造公社が国有企業として活動し始めた。
 石炭・鉄鋼に関してはドイツとの国境周辺地域に「欧州石炭鉄鋼共同体」を設立し、ドイツなど欧州6ヶ国で、アメリカ政府の援助資金であるマーシャル資金によって運営された。これは一国社会主義ではなくインターナショナル社会主義であった。1983年、フランス企業の売り上げ上位20社の内13社が国有企業であった。
 政治を見れば、ドゴール派の保守政権と社会党とが政権交代を繰り返した。日本に置き換えてみれば、石炭・鉄鋼がアメリカ政府資金による韓国との合弁、トヨタ自動車が国有、自民党と社会党が政権交代を繰り返す、といった状況だ。フランスから見れば日本は「市場原理主義」「自由放任主義」であった。
 イギリス──労働党の「ベヴァリッジ報告」による「ゆりかごから墓場まで」の社会主義政策を戦後の経済方針としていた。鉄鋼は、国有⇒民営⇒国有⇒民営と政権交代毎に弄ばれた。石炭はアーサー・スカーギルが率いる全国鉱山労組が仕切っていた。つまりアナルコ・サンディカリズムをやっていた。戦前アメリカに次ぐ自動車産業国であったが、中小企業が多く、このため国有企業に集約したが成果が上がらずホンダの支援を受けたがダメだった。政権は保守党と労働党が競い合い、その勢力は均衡していた。イギリスから見れば日本は「自由奔放経済」で「保守党独裁の反社会主義国家」であった。
 西ドイツ──アメリカ政府のマーシャル・プランによる援助資金をもとに戦後復興政策を進めた。戦後復興の基幹産業である石炭・鉄鋼は「欧州石炭鉄鋼共同体」という多国家管理による非民間企業に頼った。エアハルトは社会主義と資本主義の良いところをとった「社会的市場経済」を目指した。フォルクスワーゲンは戦後再出発にあたり、その株式20%を連邦政府が、さらに20%を地方政府が保有した。こうした石炭・鉄鋼・自動車産業を日本に当てはめるとどうなるか?それに比べれば日本経済は民間主導の自由経済であった。
 仏・英・独とも戦後何度も左翼政党が政権を担当した。現在英・独が保守政党を破っている。それに比べいかに日本の左翼・社会主義が信頼されていないか、よくわかる。

 日本では行政指導という政府の関与が話題になる。しかしそれ以上に「官に逆らった経営者」がいた。
 (1)天皇とまで言われた日銀一万田総裁に「川崎製鉄が千葉工場建設を強行するならば、ペンペン草を生やしてみせる」とまで言われた、西山弥太郎の大胆な設備投資、それに刺激され他社も追従した。戦争で古い設備が使えなくなったのは仏・英・独も同じ。しかし欧州の官僚にはあれほど大胆な発想は出来なかった。
 (2)「井深さんはトランジスタを使って補聴器を作るのですか?」と皮肉られ、特許導入を1年間遅らされた東京通信工業(後のソニー)。その1年の間に世界初のトランジスタ・ラジオはアメリカにやられた。大宅壮一に「ソニー・モルモット論」と皮肉られたが、今日の電子産業、官に逆らってトランジスタ特許を導入したソニーに始まると言って良い。
 (3)政府が成長産業を育成しようとした特定産業振興法、それに逆らって通産省で大型政務次官と言われた佐橋滋と喧嘩した、本田宗一郎は1983年のテレビインタビューで、佐橋滋と会った時を振り返り、次のように語っている。 「どうにも納得できないということで、僕は暴れたわけで、特振法とは何事だ。おれはやる(自動車を作る)権利がある。既存のメーカーだけが自動車を作って、われわれがやってはいけないという法律をつくるとは何事だ。自由である。大きな物を、永久に大きいとだれが断言できる。歴史を見なさい。新興勢力が伸びるにに決まっている。そんなに合同(合併)させたかったら、通産省が株主になって、株主総会でものを言え!と怒ったのです。うちは株式会社であり、政府の命令で、おれは動かない」(1995年2月5日、NHKテレビ「戦後経済を築いた男たち」から)
 (4)「官と闘った経営者」ヤマト運輸社長・小倉昌男が始めた「宅急便」、この普及は日本の流通業を大きく変えた。郵政民営化が問題になるのも宅急便の普及があったからだ。
 日本が「官民一体」ならば、仏・英・独は「民なしの、官のみ」だ。官に逆らった経営者たちのハイリスクな事業計画、前例を尊ぶ官僚にはとてもできない。戦後の荒廃はどの国も同じ、日本は度胸のある経営者が力を発揮できる自由な経済体制だった。進化論に例えれば、突然変異が出やすく、育ちやすい環境だったと言える。
 はしょって書きました。「官に逆らった経営者たち」「戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義」をキーワードに検索してください。詳しく書かれたサイトがあります。

戦後復興政策 ヨーロッパ西も東も社会主義
 「資本主義経済では、政府はなるべく経済に介入せず、市場のメカニズムに委ねるべきだ。それなのに日本では政府がマネーゲームのプレーヤーになっている。これでは社会主義のようだ」との見方もあるでしょう。
 でも同時代の欧州先進国、フランス、イギリス、ドイツと比べると日本は「市場原理主義」とも言えるほど、政府の介入の少ない自由経済であった。
 フランス──戦後のフランスはジャン・モネの考えによる「フランスは未だ十分に市場が成熟していないの...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q社会主義の問題点を教えてください!

ちょっと急いでます。何でも良いので、社会主義の問題点を教えてください!

Aベストアンサー

【生産性が落ちる】
国が生産の管理をしているので、新しい知識、技術を受け入れる事がなく
生産性が落ちていく。
【人材が不足】
国が生産管理をするので、肝心の生産をコントロールできるだけの人材がいない。
【利益の追求がない】
商品を一定の量だけ生産し、供給するシステムなので、利益の追求は必要がないため、
コスト意識に乏しく、作っても利益が生まれず、だんだんと行き詰まっていく。
【勤労意欲が薄れる】
働いても一定の賃金しか得られないので、勤労意欲は衰えていく。
【作る喜びがない】
決められたものを供給するシステムなので、工夫、発明が生まれにくく、
生産に従事する人、研究者に作る喜びが生まれにくい。
【経営が上手くいかない】
失敗しても責任が伴わないので、経営の知識がないものでも、いつまでも
トップにいることになり、経営が必然的に行き詰まる。

こんなところが社会主義の問題点です。
参考になさってください。

Q社会主義国と共産主義国の違いは?

社会主義国と共産主義国の違いは何でしょうか?また、中国は、どちらの主義国になりますでしょうか?

Aベストアンサー

 社会主義と共産主義の違いについて

学者も含めて、これらの言葉を広い意味で使ったり、政治体制と経済体制が裏表の関係にあるので混同したり、厳密な使い方をしなかったりで分かりにくくなっているようです。

 狭い意味で本来の使われ方からいうと、「個人の自由」に対し「社会の規律」と言う言葉が対立します。
 つまり、自由主義と社会主義が対立する考えで、個人の自由な考え方を優先するか、個人の自由を規制して社会全体の調和を優先するか、つまり一個の人間と社会との関係をどう捉えるかのを示す用語です。
 ですから、これは政治用語で本来は政治体制を意味します。

 資本と共産(共に生産する)は、共に経済用語です。つまり資本主義と共産主義が対立する用語で、これは経済体制を意味します。

 現実問題として、資本主義は自由主義政治体制でなければ、資本の効率的流れが生まれないため、自由主義経済と言ったり、社会主義体制の下では計画経済が行ない易く、共産主義を標榜することが多くなります。その結果これらの言葉の使い分けが曖昧になってしまいました。

 また、経済用語である共産を冠した政党が存在することにより、更に分かりにくくなっているのが現状です。
(社会を優先して個人の権利を規制するという政党名より、共に生産しようという名前の方が受けがよいと思ったのでしょうか?今では「共産」と言う言葉はは、元の意味を離れて、政治的に最も左の考え方という意味に変化しているのが現実でしょうか。)
 そして、自由主義国家の中には、資本主義体制の下で政治的には穏やかな社会主義を目指す政党:社会民主党や労働者の権利を守ることを標榜する労働党もあり(社会主義国の政権党名が共産党ではなく、労働党である場合も多い。)、現在の中国は、共産党政権下で自由主義経済を行なおうとしているなど複雑怪奇で今までの概念では捉え切れません。

 今の中国を一言で言うなら、一党独裁政権下での資本主義経済を導入した巨大発展途上国です。
 独裁政党の名前が如何なるものでも、一党独裁である以上、政治体制としては個人の自由より社会の秩序優先であることは間違いありません。

 ソ連の終焉と冷戦構造の崩壊で、世界の二極構造はなくなりました。
 米ソ二極構造時代のパターン化され意味の限定された政治・経済用語を無理やり当てはめて、それぞれの国が行なう独自の政治・経済状態を理解しようとすると、現実を見失います。

 

 社会主義と共産主義の違いについて

学者も含めて、これらの言葉を広い意味で使ったり、政治体制と経済体制が裏表の関係にあるので混同したり、厳密な使い方をしなかったりで分かりにくくなっているようです。

 狭い意味で本来の使われ方からいうと、「個人の自由」に対し「社会の規律」と言う言葉が対立します。
 つまり、自由主義と社会主義が対立する考えで、個人の自由な考え方を優先するか、個人の自由を規制して社会全体の調和を優先するか、つまり一個の人間と社会との関係をどう捉えるかのを...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Q夜警国家って何ですか!?

新自由主義が目指している国家ですか!?夜警国家とは何ですか!?今までに夜警国家って実際にあったのでしょうか!?

Aベストアンサー

夜警国家は、自由主義国家論を批判する言葉ですね。
国は警察・消防といった治安維持と、国防といった最低限のことだけを
すべきという、『自由主義国家論』を批判して、ドイツのフェルディナント・
ラッサールが夜警国家と批判しました。
自由主義国家は理想であって、そのような国は存在していないでしょう。
全ての国で、経済・流通等に法による規則・罰則があり、また他国との
条約が結ばれていますので。
つまりは自由主義国家が夜警国家という事であれば、夜警国家は
存在しないという事だと思います。

すいません。自分の知識ではこんな感じだったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報