ローレンツ力を使っているモノってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あります。



というか、電気で動くほとんどすべてのものがローレンツ力で動くといってよいと思います。ローレンツ力って、「磁場の中で電流を流すと力が働く」わけですから、電気モーターの原理そのものです。
逆に、「電気で動くのにローレンツ力を使わないモノ」を考えると、うーん、ピエゾ素子を使ったアクチュエーターとか…本当に考え付かないです。こすった下敷きに吸い寄せられる髪の毛!?

ちなみに参考URLに載せた質問では「電磁誘導を使ったもの」があげられています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=40432
    • good
    • 0

原子核実験や、素粒子実験で使用されるサイクロトロン加速器やシンクロトロン加速器などがあります。

電荷粒子を円運動させたり、方向を変えたりする時などに使います。簡単ですが、こんなんでも良かったですか?・・・がんばってね!!
    • good
    • 0

あまり聞かないと思いますが、電場と磁場を直交させて生じるローレンツ力をエンジンの変わりに用いる船がありました。

    • good
    • 1

モーター以外で身近に使っている物としては、ブラウン管ですね。


ブラウン管は電子銃から電子を放出して、蛍光物質に当てて色を出しています。
その電子の大まかな向きは電場で行っていますが、これの焦点を合わせたりするのに磁力が使われています。
電子は磁場内を通過する時ローレンツ力によって方向が変えられます。

スピーカなども磁石の近くに置いたコイルに流した電流によって、
振動板を振動させると言うことでローレンツ力を利用しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身近な電磁誘導について

電磁誘導を使っている身近な機器についてその機器の原理を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

どこの家にでも必ずあるものとしては、積算電力計(電気のメーターです)があります。二つのコイルに挟まれたアルミの円盤(アラゴの円盤と言います)がクルクル回っているあれです。アルミの円盤は磁石にくっつかないのに電磁石で回るのはなぜでしょうか?答えは流れているのが交流だからです。電磁誘導とは簡単にいってしまえば導体(電気を流す物体)に磁界の変化を与えると、導体に電流が発生すると言う現象です。さてコイルに交流を流すと磁界は常に変化を続けることになり、間に挟まれたアルミの円盤には電流(渦電流と言います)が発生します。電気を流すものに電流が流れると電磁石になるので磁石にくっつかないはずのアルミの円盤が、磁力によって回転するのです。msystemさんの言われる扇風機のモーターなど(誘導モーター、インダクションモーターなどと言います)も同じ原理によるものです。自転車の発電機も電磁誘導を利用した装置ですが、この場合はコイルの内側に置かれた永久磁石が回転することで、導体(この場合はコイル)に磁界の変化を与え、電圧を発生します。トランス(正式にはトランスフォーマー)の場合は電磁石の周りにもう一つの電磁石を作り、片方の電磁石に交流を流すともう片方の電磁石(コイル)に流した交流と同じ波形(時間と電圧の関係をグラフにした時の形、コンセントなどの交流では三角関数のサインのグラフになる)の電圧が出てきます。このとき出てくる電圧の大きさは交流を加えた方の電磁石のコイルの巻き数と、もう一つのコイルの巻き数に比例します。交流を加えた方のコイルが100回巻き、もう片方が200回巻きなら、加えた交流の倍の電圧が出てきます。これをうまく使えば必要な電圧を自由に作り出すことができる、とても便利な方法です。また、ラジオやテレビのアンテナも電磁誘導で働いています。電波も電磁波の一種でアンテナはこの磁界(電界)中に置かれた導体であるので、当然そこには電流が流れます。これを効率よく取りだして、テレビやラジオに送るのがアンテナの役目です。

電磁誘導を利用した装置は、ちょっと見ただけでもかなりのものが身の回りにあふれています。上の説明はごくごく簡単に書いたもので、実際にこの原理を応用するには、かなり複雑なファクターを理解する必要がありますので、電磁誘導をきちんと理解するには基礎からしっかり勉強することをお勧めします。そうそう、ここでは述べませんでしたが、今あなたが使っているパソコンの電源回路、トランスを使わずに自由に電圧を変える回路が使われています。これも電磁誘導を利用した回路です。

どこの家にでも必ずあるものとしては、積算電力計(電気のメーターです)があります。二つのコイルに挟まれたアルミの円盤(アラゴの円盤と言います)がクルクル回っているあれです。アルミの円盤は磁石にくっつかないのに電磁石で回るのはなぜでしょうか?答えは流れているのが交流だからです。電磁誘導とは簡単にいってしまえば導体(電気を流す物体)に磁界の変化を与えると、導体に電流が発生すると言う現象です。さてコイルに交流を流すと磁界は常に変化を続けることになり、間に挟まれたアルミの円盤には電...続きを読む


人気Q&Aランキング