プロが教えるわが家の防犯対策術!

10年ほどに渡り3~4台のコンデジを使ってきて、昨年、ほとんど衝動買いでパナソニックのLUMIX DMC-G1を購入しました。
それまで、カメラについての知識は全くなく、このカメラがマイクロフォーサーズ規格品であること、ミラーレスという一眼レフとは異なる仕様であることも、購入後に知ったほどです。
その後、いろいろと『デジタル一眼』(敢えて”レフ”は付けません)の勉強をし、絞り・シャッタースピード・ISO・測光等々、一通りの知識を身に付け、実機で実践し、かなりのレベルまで使いこなせていると思っています。
ほぼ同時期にコンデジ(パナソニックLUMIX DMC-FX66)を購入しており、それとの比較で、やはりデジタル一眼はコンデジとは桁違いの性能だと感じています。

ところが、インターネット上では、マイクロフォーサーズは撮像素子が小さいのでAPS-C機の足元にも及ばないとか、ミラーレスは一眼レフよりはコンデジ寄りだとか、マイクロフォーサーズもミラーレスも散々な言われようです。
まるで、カメラに不可欠な要素をスポイルしてしまった、本質を理解できないナンパユーザー向けの家電品かのように言われていると思います。
私は、上記のように最新のコンデジと比較してデジタル一眼の桁違いの優位性を実感しているので、少なくとも「ミラーレスはでかいコンデジ」のような乱暴な意見には耳も貸す気はありませんが、
一眼レフというものは、マイクロフォーサーズ・ミラーレスと比較して、一体なにがそれほど優れているのでしょうか?
私でも、一眼レフというものを使ってみれば、その明らかな違いが実感できるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

カメラ LUMIX」に関するQ&A: カメラのメモリーカードを買おうと思っています。機種はLUMIXのgh7で人生初カメラ購入です。 趣味

A 回答 (11件中1~10件)

 コンデジにはコンデジの、ミラーレスにはミラーレスの良いところはあります。


 単に適材適所なんですね。

 さて、ここの質問の回答を見ていると、妙に、ミラーレスが排除されがちなのはなぜでしょう。
 答えは簡単。質問される方の目的が、ミラーレスにそぐわないように指定されていることが多いからなんです。

 「一眼レフというものに手を出してみたいと思います。」まではよしとして・・・
 良くあるのは、とかく動態を撮りたい。「スポーツを撮りたいんです。」とか、「室内で動き回るペットを撮りたいんです。」とか。コンデジで撮っていると、被写体の動きにカメラの反応が追いつかないという状況を提示される方まで・・・。
 こうなると、答える側は、AF速度の事を考えざるを得ません。(どのくらいハードな状態なのかまでは質問にないんですね。となると、とりあえず、難易度の高いレベルを想定せざるを得ない。)そして、そこら中の回答に散見されるとおり、一眼レフとミラーレス一眼では、その構造上、AF速度は一眼レフの方が速いです。
 ただし、比較の問題です。ミラーレス一眼のAF速度で十分に対応できる状況は多いと思います。どこまで必要かの問題だけ。

 次によく見られるのが、「背景をぼかした写真が撮りたいんです。」です。これを実現するには、出来るだけ大きな撮像素子があった方が有利なんです。これも、程度問題のはずなのですが、こう書かれると、出来るだけ大きな撮像素子があるものを勧めることになります。ただ、フルサイズのカメラは総じて高価ですから、予算を指定されると、次善のAPS-Cサイズのカメラを勧めることになります。

 お次は、「マクロ撮影がしたい」です。これは、AFが出来ないことが多くなります。マクロ撮影がしたい人の求める絵って、大概背景がぼけた被写界深度の浅い絵であることが多いです。この場合、ピントを合わす位置が重要で、AFでは、ピントを合わせる位置が選びきれないことが多いです。となると、必然的にMFとなるわけですが・・・・あなたのお持ちのカメラで、MFで撮影してみてください。素早くピントを合わせることが出来ますか?技術より前に、環境が悪すぎます。液晶の画面で厳密なピント合わせをしようとすると、液晶の画素数が少なすぎるため、どうしてもピントを合わせる部分を拡大表示する必要があります。のんびりとピントを合わせて、のんびりと撮って大丈夫な被写体ならそれで充分です。でも悲しいかな、そこまでは質問文からは読み取れない。勧める方は、必然、オールマイティーな方を勧めます。

 では、普通にカメラを使う人が普通に撮影するのはどんな場面なんでしょうね。普通に旅行に行って、普通に景色を撮り、普通に町中の気に入った景色のスナップを撮り、普通に記念写真を撮る。でも、コンデジの画像よりより広い表現能力が欲しい。それなら、マイクロフォーサーズやミラーレスも充分に選択範囲の中です。一眼レフより、小型で軽い機種が多いですから、手軽に持ち歩いて撮影できますから、このほうが機動力がある場合は多いと思います。(そして、単純に考えれば「普通」の場面を指定して質問してくる人は何故か意外と少ない。もしかすると、質問することに大上段に構えて、「撮る目的は?」と聞かれておろおろしているのかもしれません。)

 一眼レフのオールマイティーは、機動力を犠牲にしている面が多々あります。フルサイズの機種に至っては体力勝負ですよ(笑)(カメラが重すぎて手ぶれします。どうすればよいですか?→腕立て伏せで鍛えてください。というのは、あながち冗談ではありません。重さを生かしてバランスを取るための一定のやりかたはあるわけですが。)

 でも、ここで終わると、ミラーレスに対して悪いと思うので、もう一つ付け加えておくと、一眼レフの構造は、フィルムカメラの時代からの積み重ねで得られた、良い意味での枯れた技術です。基本的構造は歴史の積み重ねで充分に練られています。
 これに対して、ミラーレスに関しては、まだまだ発展途上だと思います。MFの障害になる液晶の画素数なんて、この最たるもの。こんなものは、半導体の技術が上がればいくらでも細かくできます。AF速度も、どんどん早くなっています。ソニーの透過型ミラーもおもしろいですしね。後、液晶画面の反応速度の問題もあるのですが、これも、繊細なタイミングを計る必要がある厳しい条件でなければ、一般的には十分な領域に達しているとおもいます。もちろん、これも発展途上。
 後、10年20年たったらどうでしょうか?一眼レフなんて重くて大きいだけの過去の遺物かもしれません。

 ちなみに、私が一眼レフを選択した最大の理由は、当時まだミラーレスがなかったです(苦笑)今なら後付けで他の理由もつけますけどね=^・。・^=
    • good
    • 38
この回答へのお礼

なーるほど。とっても良く理解できました。

よくあるQ&Aの流れとして、こんな撮影をミラーレス機でやりたいんですがいかがでしょうか?という質問に対して、
そんな厳しい条件をカバーするには中級一眼レフorフルサイズが必要 ⇒ミラーレス駄目
そんな程度の用途なら、わざわざミラーレスじゃなくてもコンデジで充分 ⇒ミラーレス駄目
ということになってしまうのですね。

やたら口汚く、ミラーレスはおもちゃ、一眼レフ最高! と言う人はまた別なのでしょうが、ミラーレス機が選択肢として排除されがちなのは、カメラを知らない人たちのすっとんきょうな要求によるところが大きいという側面があるのでしょうね。

お礼日時:2011/02/01 11:46

>ファインダー


富士フイルムが面白そうなものを開発してますね。光学式ビューファインダー(OVF)とEVFの複合でハイブリッドビューファインダーだとか。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article …

これが普及するようになるとOVF必須だとかEVFで十分だとかいう論争にもケリが付くような、新たな火種になるような…
X100にはさすがに手は出ませんが、値段がこなれてきたらIYH必至なギミックかも。
    • good
    • 4

私はオリンパスのデジタル一眼レフを使っていますから、最初からフォーサーズのユーザーで、今はPENとパナソニックのGH1も使っています。


画質のことを言えば、1200万画素のPENやGH1より、1000万画素のE-3の方が上級機種ということもあり、上だと感じますが、使い勝手はコンパクトなマイクロフォーサーズが上です。
同じ1200万画素のE-620と比べれば、同等と思っています。
なので、マイクロフォーサーズに関してはミラーレスというだけで、一眼レフと同じと考えます。
確かにフォーサーズはAPS-Cと比べればセンサーが小さいですが、デジタル専用設計ですし、レンズとのバランスなどでむしろ良い物だと思います。
非難するようなことを書き込む人たちは、中には使ったこともない人もいるでしょう。そうでなければでかいコンデジとは言わないはずです。
    • good
    • 19

ミラーレスが35ミリカメラの原型です。


ライカではコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)と呼んでいます。
http://jp.leica-camera.com/photography/compact_c …
http://getnews.jp/archives/28865

これにミラーをつけて光学式ファインダーを組み込んだものが一眼レフになります。

初期の頃の一眼レフはミラーが壊れやすく、プロ用途では使い物になりませんでした。ライカの全盛時代にニコンがFという壊れにくいカメラを発表して世界的に有名になったのとともに、時代は一眼レフへと流れが変わっていきます。

フォーサーズと一般の一眼レフの違いはファインダー形式の差と撮像素子の画素ピッチの差です。
一眼レフのファインダーは高画質で、オートフォーカスは長年研究されてきたのでミラーレス機よりも有利です。しかしフォーサーズも研究していますのでパナGH2で静止した被写体では特定のレンズとの組み合わせで一眼ハイエンドを含め世界最速を実現しています。
また一眼レフの位相差よりもコントラスト方式のフォーサーズが、画面内のドコにもピントが正確にあわせることが可能。一眼レフはF8以上の暗いレンズではピンと合わせが非常に困難ですがフォーサーズでは明るさを保ち一部を拡大してピントを合わせることができます。特にマクロ撮影時に有利。
なお、入門クラスの一眼レフではファインダー性能が低いためにいかなる場合もマニュアルでのピンと合わせは困難。

移動する被写体ではやや不利になりますが、下記程度の撮影では実用上十分な性能です。
http://ascii.jp/elem/000/000/426/426075/
また人物撮影では顔認識が有効になってきます。

高速連写でオートフォーカスの追従能力が優れている機種が必要な場合には一眼レフの中級機以上が必要になります。
かんたん撮影ゾーンで連写
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2008/ …

画素ピッチ(光を受ける1画素の大きさと考えてください。)はキャノンの1800万クラスと同等です。ニコンはやや画素数が少なめですから、やや高感度画質は優れています。
ただしとって出し画像のノイズ感は画像処理で大きく異なります。ノイズと解像感は相反し、フォーサーズはE5のように解像感を高める画像処理を行っている関係で高感度撮影ではキャノンよりはノイズは多めです。

通常の撮影でフォーサーズが問題になることはありませんが、高感度撮影でノイズが少ない画像が必要であれば画素ピッチが広い大きな撮像素子の一眼レフが良いです。
(仮に1画素の受光部の大きさが2倍であるとすれば、大きいほうは2倍の光を受けるので、ISO200の画質と小さいほうのISO100の画質が同じになる。ただしISOが1600以上にもなれば絶対的な光量が不足してきますので画質の差は大きくなる。)

大型の撮像素子のカメラの欠点は十分な性能のレンズが揃っていないことです。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/06/19/1 …

フォーサーズではこのこと(安価で画面全体高画質な高性能レンズが作れる)を考慮して撮像素子の大きさを決めたわけです。
もちろん上のような機種でも、~十万も出して最近の高性能レンズを揃えた場合にはフォーサーズでは再現不可能な高画質が得られます。
    • good
    • 9

「ミラーレスはでかいコンデジ」みたいな物言いを、ことさらに言い立てる人は、ここにも沢山いらっしゃいますね^^;



一部の動体撮影については、機構上、一眼レフの方が適しているのは仕方ないので、その手の撮影が多い人には一眼レフを使って頂くとして、一般的な撮影の殆どはミラーレス機で対応できると思いますけどね。

ま~、仕事で写真を撮る人は、一眼レフの方が効率が良かったり、仕上がりの歩留まりが良かったりするのでしょうね。

コンデジと一眼レフの違いの一つに、撮像センサーの大きさがありますね。
当然、一眼レフの方が桁違いに大きく、それが一眼レフの画質の良さに寄与している。
一眼レフユーザーの多くが、常日頃、そのことを主張しています。

ってことは、一眼レフと同じサイズの撮像センサーを持つミラーレス機も、一眼レフと、画質という点では同等なはずです。
でも、狂信的な一部の一眼レフユーザーには、それが気に入らないらしい^^

「キング・オブ・カメラ!」「一眼レフこそカメラ界の頂点!!」 みたいな変な思い入れ持った、不気味に眼を血走らせたような人たちが結構いるんですね。

一眼レフもミラーレスもコンデジも、カメラのカテゴリーの一つに過ぎず、別に優劣は無いんですけどね。
ユーザー個人が、それぞれ自分の撮影スタイルに合ったものを使えばいいだけなんですから。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

私も、もし最初に手にしたデジタル一眼が『多数派の』APS-C一眼レフだったとしたら、それよりスペック上で劣るマイクロフォーサーズ・ミラーレスには、「でかいコンデジ」までは言わないまでも、見向きもしなかったと思います。
書類審査の段階で落としてしまうようなものです。
幸か不幸か、最初に手に入れたのがLUMIX-G1だったので、偏見なくマイクロフォーサーズ・ミラーレスの性能を評価できているのだと思います。

確かに、APS-C搭載のミラーレスもできるはずだし、そうすれば光の取り込みに関しては一眼レフとなんら劣る点はないはずですが、「それでも駄目だ、まがいものだ」という声が上がるでしょうね。

お礼日時:2011/02/01 10:50

撮像素子が大きければ良いと言うわけでも無いでしょう。


そうならば35mmフルサイズの一眼レフやPENTAX645Dはかなりの台数売れ価格ももっと低く設定されると思います。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/mediu …

35mmフィルムの一眼レフを使い慣れた私にはミラーレスには手が出ません。
ファインダーが無いタイプ、電子ビューファインダーはまるでビデオカメラのように思えます。
多くの35mmフィルムの一眼レフであった人達は私と同じ感覚だと思います。
マイクロフォーサーズのオリンパスは従来の一眼レフ層向けとPENとに分けていますね。
電子ビューファインダーはパナソニック、APS-Cですがソニーと両社ともビデオカメラメーカーで動画性能も重視しています。
この2社がライカレンズ、ツアイスレンズも出しているのは面白いですね。

撮像素子に関して言えばやはり大きい方が有利です。同じ解像度の場合一つの素子の光りの量に差が出てきます。
光りの量に差は色の表現に差になるようです。
しかし、23.4×16.7と17.3×13.0とでどれほどの差が有るかは難しいところです。
写真はレンズの差、デジタルカメラは画像処理も加わってきます。

カメラは道具で写真は好みです。
ご自分が使い易く好みの写真が撮れるカメラを使えば良いと思います。
絵画も日本画、油絵、水彩画、水墨画、クレパス、・・・・・・
名画は名画ですね。

>私でも、一眼レフというものを使ってみれば、その明らかな違いが実感できるものなのでしょうか?

機会があったら使ってみてはいかがですか「百聞は一見にしかず。」でしょ、「食わず嫌い。」かも知れませんよ。
>かなりのレベルまで使いこなせていると思っています。
ならご自分で判断できるでしょう。
パナソニックならライカレンズも試してみていかがですか。

余談
フォト蔵と言う写真公開サイトを見ると携帯電話でもこれはと言う写真撮っている人がいますね。
ご参考に
http://photozou.jp/photo/show/277776/65228132
http://photozou.jp/photo/show/277776/46599783

注意
長時間電子ビューファインダーを覗くのは目には良くないと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

> ファインダーが無いタイプ、電子ビューファインダーはまるでビデオカメラのように思えます。

私の機は、電子ビューファインダー搭載です。
近頃は、パナソニックのGF、オリンパスのPENなど、ファインダーがないタイプも多いですね。
私の撮り方としては、せっかくファインダーが付いているので、これまでのコンデジと違う感を楽しむためにファインダーを覗いて撮ることが多いですが、正直言って視認性が良いのは背面液晶モニターだと思っています。
つまり、ファインダーは、あってもなくても良いと思っていることになります。

ここまでに頂いた回答で、一眼レフの優位点としてファインダーの視認性を挙げる人が多いですが、それほど光学ファインダーというものは優れているものなんでしょうか?
私にはどうしても、鏡に映った像よりも、最終的に写真になる像を見ての撮影の方が効率的に思えるのですが・・・。


撮像素子サイズに関しては、
フルサイズ:36.0×24.0
APS-C:23.4×16.7
フォーサーズ:17.3×13.0
コンデジ:6.2×4.6 (1/2.33型CCD、私のサブ機FX-66に搭載)
なので、確かにフォーサーズはAPS-Cより小ぶりで不利ではありますが(それでもコンデジよりは遥かに大きい)、あまりそのことを仰る人はいないようですね。
このあたりは、私が思っている通り、さほど違いが明らかに現れる点ではないということでしょうか。


> 機会があったら使ってみてはいかがですか「百聞は一見にしかず。」でしょ、「食わず嫌い。」かも知れませんよ。

一眼レフを「嫌っている」わけじゃないんですよ。
私がコンデジとの桁違いの性能を実感しているマイクロフォーサーズ・ミラーレスが、あまりにケチョンケチョンなので、一眼レフってそんなに凄いの? ひいては、そんなに劇的に優れているはずはない、と感じているのです。
嫌っているわけではないですが、「食べていない」のも事実。
1年前まで絞りも知らずにマイクロフォーサーズに手を出し、立て続けに中級一眼レフに手を出せるほどお金持ちではないので、何年後に食べられるか分かりませんけどね。

お礼日時:2011/02/01 10:32

使えば分かる。



が、道具なんてな適材適所で使い分ければいいだけ。重要なのは道具を扱う人間がそれを理解出来るかどうかだと思われ。

質問者様が今所有している機材に不満が無いならそれは結構なことじゃん?新しいカメラが出るたびに買い換えないと他人に負けた気がして落ち着かないような人間よりよっぽど幸せだぞ(笑)
    • good
    • 15

現在、EOS 7Dを使用しています。


つい先日、妹がデジタル一眼を欲しいと言い出し(自分の影響もあるのでしょうが)DMC-GF2を買いました。
失礼な話ですが、正直“ミラーレス一眼なんて本質を理解できないナンパユーザー向けの家電品”と思っていました。
カメラ屋に行ってもミラーレス一眼なんて見向きもしませんでしたし…。

でも妹が購入したときに少しだけ触らせてもらい、何枚かですが撮影してみて驚きました。
コンデジの延長くらいに思っていましたが、なんのなんのいい画を吐き出してくれます。

確かにミラーレス一眼はOVF(光学式ファインダー)を搭載したカメラに比べれば、動き物などの一瞬のチャンスには不利だと思います。
また光学的に大きなボケを出すのが難しいかも知れません(APS-Cの自分もフルサイズの人に比べればたいした事ないですけど…)。
でもそれを補って余りある魅力があると感じました。
軽さや小ささ、そして自由度です。
それは今まで偏見でミラーレスを触ってこなかった自分の食わず嫌いを後悔したほどです。

ただそれでも自分はデカくて重たい一眼レフを使い続けていくつもりです。
写真は一部のプロを除けば趣味の世界です。
個人的にファインダーを覗いて見える世界を、文字通り“シャッターを切って撮る”という行為も含めてカメラや写真撮影が好きなんだと思います。

だから質問者様がミラーレス一眼がいいと思っているのはまったく間違いではないですし、マイクロ4/3だから撮れた写真がAPS-Cやフルサイズに劣るなんて考える必要はまったくないと思います。

ただ自分のように食わず嫌いにはならないで欲しいなと切にも思います。
お互いカメラや写真を趣味とする者どおし、お互いをちゃんと理解して楽しくカメラ談義できるといいですね。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

私は、G1を買った後で、マイクロフォーサーズやミラーレスといった言葉を知ったくらいなので、決してマイクロフォーサーズ・ミラーレス信仰者というわけではないんです。
初めてのコンデジでないデジカメで、コンデジとの大きな性能差を感じて満足しているのに、一眼レフユーザーの(一部の?)人たちから、ほとんどおもちゃのように言われるのが不思議でならなかったのです。
確かに、APS-Cユーザーの人が、自分のAPS-Cよりも撮像素子の小さいマイクロフォーサーズに魅力を感じるなんてあり得ないんですが、逆にAPS-Cより劣ると具体的に実感する機会もないはずなんですよね。

ですので、もし、充分に良い絵が撮れると実感したならば、サイズが小さく安価なミラーレスもそれなりにセールスポイントのある存在であるとは思うのです。
でも、もし私が最初にAPS-Cを買っていたら、マイクロフォーサーズなんて、まあ綺麗に撮れるじゃん、とは思っても、手を広げようとは思わないでしょうね。
私も、デジタル一眼の勉強を進めていくうちに、そんなにイイと言われる一眼レフの良さを知りたくなってきた、というのもありまして、この質問をしてみました。

お礼日時:2011/01/26 17:46

>一眼レフというものを使ってみれば、その明らかな違いが実感できるものなのでしょうか?


そうですね、ここで100の議論をするより体感すれば理解できると思います。

しかし、自分で使っているマイクロフォーサイズで満足できればそれはそれで良い
んじゃないですか、ちゃんと写って満足できる作品が作れるか否かですから。

私はメインが野鳥撮影ですからマクロフォーサイズとかミラーレスは永久に使えません。
ファインダーで鳥さんの目を見てピントを合わせ一瞬の動きを切り取り、ミラーレス
には出来ない芸当です。
AFすらあまり使いません。(笑)
ですから自分に合った道具を使えば良い事で仕上がりに問題が無ければ何の機種でも
良いのでしょう。多様な道具が使える時代です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

野鳥撮影では、数十メートル離れた小さな被写体の目というピンポイントにピントを合わせるんですよね。それは、光学ファインダーの鏡に映った像を調整するよりは、写真の完成品の表示形態である液晶の像を見ながら調整した方が効率的と思うのですが、そんなことないんでしょうか?
私は近眼なので、ファインダーを覗いた像の見え方よりも、出来上がりの液晶表示の方を信頼してしまうのですが、光学ファインダーを覗きながらのマニュアルフォーカスって、近眼の人にもできる芸当なのですか?
ちなみに、私の機では、マニュアルフォーカスにすると背面モニターの任意部分を5~10倍に拡大表示することができ、これを使って鳥さんの目にピントを合わせて・・ というのができるのですが、それじゃあやっぱり駄目ですか?

お礼日時:2011/01/26 17:22

カメラも写真を撮る為の道具。


道具と言うものは、万能工具など有り得ません。
だからこそ、目的に適った専用工具の方が、より良い仕事が出来る訳です。
要は、その道具が目的に適うかどうかと言う事ですね。

ミラーレス一眼は、背面のモニターにしろ電子ビューファインダー(EVF)にしろ、一旦、画像処理プロセッサー(エンジン)を介するので、表示画面がワンテンポ遅れます。
AF方式もコントラスト検出方式では、どう頑張っても原理上、位相差検出方式には適いません。
また、液晶で有る限り、如何に高精細モニターでも、光学ファインダーの視認性には勝てません。
そう言った、要素が有って、道具としては使い辛い側面がある事は否めません。
それ以外にも、新しいジャンル故に、システムとしての充実度も一眼レフには遠く及びません。

が、反面、ミラーを廃する事で生まれるメリットも多くあります。
フランジバックを短縮する事で、交換レンズが設計し易くなるとか、マウントアダプタをつかったオールドレンズの味を楽しむとかですね。
それは兎も角、最大のメリットは、ボディーが小型軽量化できる事ですね。

いずれにしても、ミラーレス一眼は発展途上。G2のAFは随分早くなっているようですし、イメージセンサー自体に位相差センサーを組み込んだものも実用化されるようです。
要するに、どんなカメラも得て不得手があるので、それに適した使い方をすれば良いと言う事です。


>私でも、一眼レフというものを使ってみれば、その明らかな違いが実感できるものなのでしょうか?

違いが出易いのは、動体の一瞬を切り取る場合とか、高速連写でAFがどこまで追従するかですね。
ただし、この辺の性能は、カメラのグレードに正比例しますが、それにもまして、その性能をフルに引き出せる技量が重要になります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

原理的には、光を取り込んで映像エンジンで処理し液晶モニターに表示する方が、被写体を鏡で映すよりも手間がかかるだろうし、ひょっとしたら若干前の瞬間の被写体が表示されているのかもしれませんが、そこまで動きの早い被写体を狙ったことがないので、ラグを感じたことはありません。
オートフォーカスも、特に遅いと感じたことはないのですが、一眼レフの位相差検出のスピードを体感してみれば、差を感じることができるんでしょうか?
ファインダーの視認性については、私が一眼レフを覗くのは電気屋の店内だけなので、むしろEVFの方が遥かに見やすいと思っており、「光学ファインダーの視認性には遠く及ばない」というのが、実感として得られないのです。

一眼レフのレンズを始めとする装備バリエーションは、凄まじいものがありますね。
一眼レフになぜああも多様なラインナップがあるのか、掘り下げもせずただ不思議がっているのですが、マイクロフォーサーズにはレンズが10種弱程度しかないので、そのバリエーションを理解できれば、一眼レフの優位性が理解できるのかもしれませんね。

お礼日時:2011/01/26 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLUMIXのライカレンズは本物ですか?

掲題の通りですが、写真を撮っている専門の方が「LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です」と言われたことがありました。
自分はLUMIXを2台持っていますが、ライカレンズということも購入の理由でした。
銀塩カメラのライカレンズとは全く違うものですか?。
LUMIXがライカと銘打っている以上、どこがライカなのでしょうか?。

Aベストアンサー

>LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です
◎何を持って「正真正銘」と言うべきかの問題ですが。
パナソニックは、カタログやウエブサイトで以下の説明を掲載しています。
いわく、
「LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です」
「ELMARIT/エルマリートはライカ カメラ社の登録商標です」
「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズは、ライカ カメラ社の品質基準に基づき、ライカ カメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産されています」と。
すなわち、
「ライカ製」ではないが「ライカと名乗るべき内容である」というわけですね。

ルミックス『L1』は、オリンパスの技術をベースに開発された「レンズ交換式一眼レフ」ですが、
今後は、外観や仕様を変えて、ライカブランドで発売される予定と言われています。
そして『LC1』は、一眼レフではありませんが、ライカ社が将来のデジタルカメラ参入を狙い共同開発、もしくは技術提携することにより開発されたと言われて、その延長線上の発展形が『L1』です。
このように考えれば『LC1』のコラボレーション云々は、説明がつくかと。

まぁ、銀塩時代のライカレンズと大きな差があるとしても、それは価格相応というべきことではないでしょうか・・・。

>LUMIXのライカといってもエルマートでしょ、ライカの関連会社に作らせているもので、正真正銘のライカとは別物です
◎何を持って「正真正銘」と言うべきかの問題ですが。
パナソニックは、カタログやウエブサイトで以下の説明を掲載しています。
いわく、
「LEICA/ライカはライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です」
「ELMARIT/エルマリートはライカ カメラ社の登録商標です」
「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズは、ライカ カメラ社の品質基準に基づき、ライカ カメラ社が認定した測定機器と品質保...続きを読む

Qマイクロフォーサーズを使うプロ

プロカメラマンでも、P5やE-M5を使う人結構いますよね。
そして、今度出たE-M1って「買いました」とか「今後の主力」とか
言ってるカメラマンのブログってありますよね。

ところが、この「教えて」では、MFTのようなちっさい撮像素子は
フルサイズの足元にも及ばないといった意見が多いです。

もしその意見が正しければ、それを使ってるプロの方は
「目の腐った」ダメプロということなのでしょうか?

それともMFTは、充分プロユースの性能があるのでしょうか?

よろしくお教えください。

Aベストアンサー

>MFTのようなちっさい撮像素子はフルサイズの足元にも及ばないといった意見が多いです。
だからどうしたの?
「プロのお仕事」の意味が分かれば、自ずと答えが出るんじゃないか と。

プロのお仕事は「最高の追求」ではありません。「要求(注文)に答える」ことでクライアントからお金をいただくことで生活できるのであり、クライアントの要求以上のお仕事をしたからといって割増料金がいただけるわけではありません。

画像データのオーダーであれば要求以上のデータ容量で応えることは、クライアントに余計な手間を招くでしょうし、プリントアウトのオーダーでも必要な画質さえ確保できればそれで十分です。

また、画質に拘るあまり大きくて重い機材でシャッターチャンスを逃しても、誰も褒めてくれません(当然、お金になりません)。多少の妥協があっても機動力に勝る機材は当然の選択でしょう。

「高性能の追求」に、あーでもない、こーでもないと能書きを垂れていられるのは「アマチュアの特権」でしょうね。

Qデジタル一眼レフカメラの買い替えは何年おき?

素人質問で申し訳ございません。
色々な思い出を高画質のデジタルイメージで保存したいと思うようになり、デジタルカメラの購入を検討しております。
疑問点が2点あります。

1.デジタル一眼レフカメラって高級なものを買ったら10年ぐらい現役で使用できるものでしょうか?

2.例えば、5年前のデジタル一眼レフカメラと、最新のコンパクトデジタルカメラではどちらが画質や使いやすさは上なのでしょうか?

以上2点、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10年近く前のデジタル一眼レフ(600万画素)、4年ほど前のデジタル一眼レフ(1000万画素)、2年ほど前のコンデジ(1000万画素)を持ってます。
カメラの特性を理解して使えば10年前のデジタル一眼レフでもコンデジよりはるかに高画質です。
高ISO感度での画質は太刀打ちできませんが。
一眼レフ同士なら一般的な使用・観賞では致命的な優劣は高ISO感度で撮影されたもの以外は付けられません。
でも、新しい物ほどAFの速度や精度が良くなったり、AEやオートWBが賢くなったりと改良が重ねられるので、単に「高画質」と言う点ではカメラのランクに関係なく新しい物ほど高画質です。
カメラお任せのフルオート撮影を卒業し、適切な設定が出来るようなら画質的に極端に劣る事は数年間は無いと思います。
プロがプロ用のカメラを使って(それも多くは最新型)綺麗な写真を撮っているので、誰でも同じカメラを使えば綺麗な写真が撮れると思われるがちですが、プロは多くの経験や知識に基づいて適切な設定で撮影するからの結果であってカメラのせいではありません。
彼らは、一般的なユーザーの数十倍シャッターを切るので早く傷むので機材更新しているだけです。
中には高速AFや連写、高ISO感度の画質などに特化し、従来型では撮影できなかったものが撮影可能になった新型なんてのもありますが。
操作性は人にもよりますし、そのカメラ、メーカー、慣れなどにより異なります。
実際に店頭でデモ機を操作して確かめるのが一番です。

10年近く前のデジタル一眼レフ(600万画素)、4年ほど前のデジタル一眼レフ(1000万画素)、2年ほど前のコンデジ(1000万画素)を持ってます。
カメラの特性を理解して使えば10年前のデジタル一眼レフでもコンデジよりはるかに高画質です。
高ISO感度での画質は太刀打ちできませんが。
一眼レフ同士なら一般的な使用・観賞では致命的な優劣は高ISO感度で撮影されたもの以外は付けられません。
でも、新しい物ほどAFの速度や精度が良くなったり、AEやオートWBが賢くなったりと改良が重ねられるので、単に「高画質...続きを読む

Qミラーレスと一眼レフ、レンズは共用できますか?

いつかはデジタル一眼レフが欲しいと思い、ペンタックスのK-30の購入を決めました。
が、今すぐの購入は少々厳しいので、今はもう少し安価なミラーレスを買おうと思っています。
そこで質問なのですが、同じメーカーの一眼レフとミラーレスなら、レンズは同じものが使えるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮めることができないのでボディが一眼レフとそう変わらない大きさ。
ミラーが無いと、その部分のどっか(?)で被写体までの距離を測る位相差AFが使えないので、
オートフォーカスはコントラストAFというコンパクトデジカメと同じ方式。
これがまた遅い。レンズを大きく動かして、一番はっきり見えるところに戻すというやり方だから。
オリンパスはコントラストAFだけど技術開発によってかなりの高速AFになっているけど、
K-01のコントラストAFはドジでのろまなカメです。
のろまなだけではなく、なぜドジかというと、ピントが合わないことが多々あります。
そういうときにはマニュアルで合わしてます。
画質はミラーレス最強らしいのですが、ユーザーが欠点を理解して、受け入れてあげないと使えないカメラだと思います。

でもさ、なんでも平均点以上を取る優等生より、国語も算数もダメだけど、図工だけは学校一番の子のほうが、なんか良くないですかね。
写真を撮る道具というよりは、写真を楽しむカメラ、と思ってます。

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮める...続きを読む

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

Q広角レンズとワイドコンバージョンレンズの違い

カメラ素人です。
広角レンズとワイドコンバージョンレンズは
どのような違いがあるのでしょうか?

カメラ本体はまだ購入前です。
広角レンズは価格が高いのと
めったに使用しないものなので
ワイドコンバージョンレンズで良いのか?
狭い室内や狭い路地からの建物全体などの撮影に
使用したいと考えています。

Aベストアンサー

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入れた構図」の場合、絞りを絞り気味にすれば、なんとか耐用可能かもしれない。
しかし、これは画像の評価の問題ですから「これじゃダメ!」という場合も十分考えられるわけですね。

私の場合、広範囲の画像を撮りたい場合は「パノラマ合成」を使って、写真をつなげてしまいます。
これはこれで欠点があるのです(直線が歪みやすい)が、手軽だし、面白い効果が期待できるので、好んでそうしています。

性能を考えると、やはり今のところ「一眼レフに超広角レンズ」もしくは「シフトレンズ」になってしまいます(しかもフルサイズCCDで)。
35ミリ換算で「20ミリ」ほどのレンズが欲しいところですが…キリがないですものね。

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入...続きを読む

Q各メーカー 色合いの比較

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込んで加工するとか、フォトコンテストに応募するとか、そんな高度なことはしません(^_^;

富士フイルムのFinePixを使ってましたが、キレイに撮れるけど、室内や暗いときはあまりキレイに撮れないような気がしてます。
ちょっとぼやけるというか。
友達がリコーのコンパクトデジカメを使ってましたが、こちらはマットな感じというかベタッとした出来上がりでした。
風景も撮りますが、かなり被写体に近づいて撮ったりすることもあるので、キレイに鮮やかに撮れるカメラがいいなと思ってます。

人それぞれ好みがあるのは重々承知です。
独断と偏見、主観的なご意見で結構です。
各メーカーの特色など、詳しく教えて頂ける方にご回答をお願いします。

こんにちは。

カメラに詳しく、質問に答えて頂ける方、よろしくお願い致します。

オート機能を使って素人が撮影する場合、各メーカーでそれぞれ撮った写真の色合いの違いについて詳しい方、教えて下さい。
例えば、このメーカーは自然な色合いが出るとか、このメーカーは青味が強いとか。。。

ミラーレス一眼カメラを買いたいと思ってます。
私は、国内や海外旅行の時に、遺跡や自然、花、風景、夜景などを撮って、プリントしてアルバムを作って、自分だけで見て楽しむタイプです。
パソコンにデータを取り込ん...続きを読む

Aベストアンサー

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカメラに言われているような気が
するんですよね。娘用には買ってますし、先輩の持ってるEOS7Dと
70-200/2.8の性能はいつも羨ましいとは思いますけどね。でも、
自分用に買うかと言われると、多分買わない。

一方、癖のある、でも惚れると「それ以外なくなる」発色をするのが
FujiFilm。特に「ハニカムCCD」機の作る発色は、リバーサルでの
撮影に慣れた人には好まれる筈です。裏面照射CMOSになった今
でも、CCD時代と余り変わらない発色をするので、悪くは無いです。

ただねぇ。Fujiのカメラは安物だと個体差があってねぇ。外れ機は
発色はともかく片ボケとかがひどかったるするんだな、これがまた。
おまけにFujiって、AFもAEもそれほど頭が良くない。自分である程度
補正してやらなきゃ良い色が出ないんだな。

ま、補正が決まった時の発色が気持ちいいんでね。それで使ってる
みたいなトコがありますよ、ウチのFinePixS5Proって・・・。

同様に「自然を撮らせると上手い」のが、OLYMPUS。特に山岳や
水中など、「青」が強い写真の自然さは他を圧倒しますね。ただ、
OLYMPUSはどうも「機種ごとに発色の携行が微妙に違う」面もあり、
最近のPenは「どうもね~」って気がします。E420とかは良かったの
にねぇ。X10とかも結構いいのにさ。

それと、OLYMPUSは昔から「基本性能が良い」って所で納得して
しまい、ユーザーインターフェイスがイマイチな所があって、コンデジ
だと動作がもっさりしてるとか、AFやAEをダイナミックに外すとか、
とにかく「カメラの癖をよく呑み込んで」使わないとダメダメ写真を
量産してしまい、一般評価は余り良くなかったりするんですね。
でも、一旦あの「青」に惚れ込むと、他社に行けなくなる点なんぞ、
Fujiと似たところがあります。

「俺たちゃ色ってよくわかんない。だから皆さん頑張ってね」とユーザー
を突き放すのがNikon。実際全てAUTOにした時のJpeg撮って出しの
発色は、どう頑張ってもCanonより変です。でも、RAWデータには深い
発色のデータは残ってますし、撮影レンズも超一流(安いレンズは手を
抜くCanonより上かも)ですから、RAW現像するとCanonに負けないん
ですよね。Nikonって。

もっとも、一眼がそうだから、原則JpegのNikonコンデジの発色は、何を
考えてるかわからない微妙な発色なことが多いんですよね。あたしゃ、
Nikonのコンデジは勧めません。

一方、コンデジの世界で「判ってる人には判る」発色をするのがRICOH。
基本地味な発色なんですが、光線を考えて撮影すると、何とも言えない
自然な発色をするんですよね。先輩が使っていて、いつも懐に入れてる
んですよ>GR Digital。いやあ、いつ見てもいいんだな、これが。昔の
Rollei35とか、LeitzMinoltaとかを思いだします。

もっともRICOHのカメラも結構個体差があることと、何も考えずに撮ると
メチャメチャな発色になるので、判ってる人にしか勧められませんね。
ま、「ブラタモリ」で「タモリ」さんが使ってる、と言えば、雰囲気が判る
と思いますよ。

反対に「普通に判ればいいや」と考えてるのがPanasonic。Panaは
とにかく「人肌」の表現が上手いですね。それにさすが家電出身だけ
あって、インターフェイスが良く考えられてる。複雑なコンデジの操作を
あれだけ判りやすくしてるのは凄いと思いますよ。それに電源スイッチ
がスライド式、というのもこだわりがあって良いと思います。また、AFや
AEの頭が良く、手ぶれ補正が強力ってのも良い。個体差が余りない
ってのも安心できるかな。

もっともその分自然の風景、特に「緑」の発色がデジっぽくてね。RAW
で撮ってもどうにもならないから、そういうもんだと割り切るしかないと。
まあ、最近は皆さん「デジ色」がお好きなので、気にしなけりゃそれで
済むんですが。

こりゃ、コンデジじゃないよ。もっと別の何かだよ、というのがCASIO。
色々言ってますが、多分ここのメーカーは初めから発色とか画質とかで
他社と勝負することを諦めてるフシがあります。ベストである必要はない
グットで十分だ・・・という見切りと言うか。

でもその分、バッテリーの持ちが良いとか、連写能力が異様に高いとか
GPSの頭が良いとか、とにかく「付加機能」が充実してるだけでなく、
それが「使える」レベルになってるのが凄いですね。ある目的を持って
デジカメを使い、その目的に合っているなら、CASIO、イチオシです。


とりあえず、よく知ってるカメラメーカーはこんなもんですかね。

独断と偏見を前提に。

とにかく、バランスが取れた「一般受けをする」発色をするのが
Canon。Canonは安物コンデジから高級一眼まで、同じ傾向の
発色をする点でも安心ですね。普通に誰にでも勧められるカメラ
で、私も初心者への回答ではCanonをイチオシすることが多い
です。

でも、私はその「一般受け」を見切った設計があまり好きじゃない。
それにマニュアルで使うと、途端に発色バランスが崩れる場合が
あって(多分露出にシビアなんじゃないかと)、「おめーら、勝手に
いじるとロクなコトは無いぜ」とカ...続きを読む

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む

Qズームレンズは必要ですか?

ミラーレスカメラの購入を考えています。
パワーズームレンズキットかダブルレンズキットのいずれかの購入で考えています。

購入目的は、赤ちゃん(0歳)を撮影することを考えています。
一緒に買うと安いとったアドバイスから、ダブルレンズキットを進められていますが、
本当に必要かどうかで悩んでおります( ̄へ ̄|||) ウーム

ズームを使う場面があるとすれば、運動会ですが、
子供が運動会にでるころに今のカメラを使っているかどうか・・

初心者で申し訳ありませんが、アドバイスをいただけると嬉しいです(○⌒∇⌒○)

候補は以下の通りで考えています。
・SONY NEX-6、α5000、α6000
・オリンパス E-PL5

Aベストアンサー

例えばα6000ボディだけだと55000円くらいから。
標準ズームで68000円くらいから
ダブルズームが85000円くらいから
http://kakaku.com/camera/digital-slr-camera/itemlist.aspx?pdf_ma=76

基本的によく使うのは標準ズームですから
それに17000円もだして望遠ズームを買うかどうかですよね。

普通に買うと28000円程度なんでお得といえばお得だけど、
実際にそれをどの程度使うか。ちょっと悩ましいところです。
http://kakaku.com/item/K0000281852/

まず、望遠をよく使うのは、小学生からではなく、
幼稚園くらいからです。比較的、校庭も狭く、保護者席も近いですから、
200mmもあれば、まずまず子供の顔も大きく写せます。

また、家族旅行などに行ってもちょっと遠方のものを撮りたい
時に重宝します。

ただ、レンズの付け替えって自宅にいる時は苦になりませんが、
旅行先なんかだと荷物になるし重いし、結構面倒なんですよね。
写真が趣味になつているひとだといいんだけど。

だから望遠レンズは後で欲しくなったら買えば。
という意見もでてくるでしょうけど、たぶんその時には買わないですね。
レスポンスや画質、その他もろもろの理由で一眼が欲しくなるからです(笑)

ですから、とりあえずは予算が許せば買う方向。
なければ買わない。。という感じでいいのではないでしょうか。
レンズ資産は残りますが、別に残らなくてもいいのです。
自分なら、そのカメラがよいか悪いかは別にして、
それを買うなら、望遠も買います。
買わずに後悔するより、買って後悔するほうを選ぶ。かな。
だって、あればあったなりに使いますからね。

例えばα6000ボディだけだと55000円くらいから。
標準ズームで68000円くらいから
ダブルズームが85000円くらいから
http://kakaku.com/camera/digital-slr-camera/itemlist.aspx?pdf_ma=76

基本的によく使うのは標準ズームですから
それに17000円もだして望遠ズームを買うかどうかですよね。

普通に買うと28000円程度なんでお得といえばお得だけど、
実際にそれをどの程度使うか。ちょっと悩ましいところです。
http://kakaku.com/item/K0000281852/

まず、望遠をよく使うのは、小学生からではなく、
幼稚園くら...続きを読む

Q200mmの望遠レンズでどのくらいの性能でしょうか?

こんばんは、僕はよく鳥の撮影をするのですが(メジロ、キツツキ)、近づくと逃げるので望遠レンズはどうかなと思っています。
そこで、200mmのレンズを買おうと思っているのですが、この程度だとどの程度距離をとっても満足行く絵が撮れるでしょうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

満足のいく絵がどの程度のものかという疑問はあるのですが、野鳥撮影に 200mm のチョイスはやめておいた
方が良いです 。 。 。 投資の無駄になります。

僕も野鳥撮影がライフワークになっていますが、200mm は広角レンズですよ。

ツグミってご存知ですか? 冬に渡ってくる鳥なのですが 600mm くらいで 4m 強の距離から横位置でほぼ
縦一杯に撮影可能です。
ツグミが神経の図太い鳥で近づかせてくれるというのもあるのですが。

ツグミの体長がだいたい 24cm 程で、メジロの平均体長が 12cm 程と言われますから、半分の大きさ。
200mm だと短辺の 1/6 の大きさに写るはず。
これは銀塩一眼相当の話なので、一般的なデジタル一眼なら、短辺の 1/4 かな?
実際には、体長だけではなくてボリュームも小さくなるので相当物足りないはずです。

さらに、ここまで近寄れればの事なので、条件が限定されすぎです。
すぐにでも、もっと長い焦点距離が欲しくなる事を保証します。

デジタルという事で、バランス的には 400mm程度がいいと思います。
80~400mmの手ぶれ補正付きなどが、レンズメーカーからも出ていますので検討されてはいかがでしょうか?
これより長いレンズは、三脚据付が基本になって機動力が極端に落ちますので扱いが難しくなります。

満足のいく絵がどの程度のものかという疑問はあるのですが、野鳥撮影に 200mm のチョイスはやめておいた
方が良いです 。 。 。 投資の無駄になります。

僕も野鳥撮影がライフワークになっていますが、200mm は広角レンズですよ。

ツグミってご存知ですか? 冬に渡ってくる鳥なのですが 600mm くらいで 4m 強の距離から横位置でほぼ
縦一杯に撮影可能です。
ツグミが神経の図太い鳥で近づかせてくれるというのもあるのですが。

ツグミの体長がだいたい 24cm 程で、メジロの平均...続きを読む


人気Q&Aランキング