新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

最近、大学に特任○○という先生が増えていますが、この特任とはなんですか?

大部分は企業から来られた方が多く、いわゆる教育の部分に重きをおかない研究専門というイメージを持っていましたが、中には通常の教授から特任教授になるケースもあります。

その場合でも定年で教授から特認教授になるケースと定年よりも前に特認になるケースがあるみたいです。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

 教員というより、日本では定年まで働ける、というのが一般的。

教員が、定年前にクビになることはまずありません。
 ところが、3年なり、5年なりの任期を区切って採用するのを特任○○としている。

大学側から見ると
1 安い給与良い。
2 5年たてば、クビを切れる
3 論文(大学教員は論文の数が第一)が無くても、専門的であれば良い。
4 非常勤の教員でなく、常勤の人員としてカウントできる
 などなどのメリットがあります。

 でも、5年も働いた人をクビ切れるかと言うと、教授会で審議するので、赤字でもないのにクビを切る正当な理由が見つからず、・・・。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

定年の数年前に特任教授にして通常の定年時に退官というケースは、
まあクビにする理由がないので、特任にして減給→定年時には確実にオサラバという感じですね。

お礼日時:2011/02/03 00:14

どこから来たのか、何をするのか「訳の分からない人」がなるのが特任教授。

(爆笑)
    • good
    • 29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング