出産前後の痔にはご注意!

もし、民事訴訟中に原告が刑事事件で逮捕されたらどうなるんでしょうか?

拘留中でも裁判に出席できるのでしょうか?
もし、取調べで出席できなくなったら、裁判所が裁判の日取りを改めるんでしょうか? それとも、もし出席できなくなった場合は 警察に補償を求めることができるんでしょうか? それとも、原告不在で弁護士だけが出廷して争うことになるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>拘留中でも裁判に出席できるのでしょうか?


当然できません。
逮捕さらたらとのことですので、おそらく質問の趣旨としては拘留中ではなく、勾留中とのことだと思いますが、その場合もできません。

>原告不在で弁護士だけが出廷して争うことになるんでしょうか?
原告が逮捕されていると否とにかかわらず法定代理人のみが出廷する状態というのは、民事訴訟においては珍しいことではありません。むしろ、出廷の煩わしさを避けるということも弁護士選任の理由の一つといえますので、本人が出廷しない方が一般的と言えるでしょう。

>取調べで出席できなくなったら、裁判所が裁判の日取りを改めるんでしょうか?
上記のとおり代理人が出席できますので、原則として期日の変更はありません。
ただし、本人尋問など本人の出廷が必要ある場合で、口頭弁論期日の変更がやむを得ないと言える場合には、申立てにより変更することも可能です(民訴93条)。
ただ、期日変更を可能・必要と考えるかは裁判所の判断なので、勾留の場合をどのように考えるかは、事件の性質、本人尋問の必要性、釈放の可能性等々を勘案して決めることになるでしょう。

>それとも、もし出席できなくなった場合は 警察に補償を求めることができるんでしょうか?
ご質問の趣旨は、民事訴訟継続中に民事事件出席を阻止するために警察が逮捕した場合というのを想定されているのでしょうか?
もし、警察官の行為が国家賠償法1条に該当するなら、賠償を求めることは可能でしょう。
ただ、上記の通り、代理人がついていれば(つければ)本人が出席することは必要でない以上、民事訴訟に出席できなかったことを以て損害が発生したとは言えないと考えるのが一般的かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/14 21:16

#1です。



記述ミスです。
(×)原告が逮捕されていると否とにかかわらず法定代理人のみが出廷する状態というのは、
(○)原告が逮捕されていると否とにかかわらず代理人(本件では弁護士)のみが出廷する状態というのは、

大変失礼いたしました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事裁判中、被告側から刑事告訴すると脅されました

民事裁判の原告です。

被告側は刑事告訴も辞さない、とのことですが、
内容は事実無根、でっちあげです。

このような行為は法的に問題ないのでしょうか?

しかも、裁判中の争点とはまったく別件です。

被告は近隣では問題行動で「有名」な方だそうで(裁判になってから被告を知る人から聞いた話)、
弁護士も懲戒歴のある強面の先生です。

書面における人格攻撃や虚偽などは酷いもので、
こちらの弁護士も私に読ませることをためらうほどです。

作り話で私を犯罪者に仕立て、刑事告訴も辞さない等、とても恐ろしく感じます。

玄関の施錠など何度も確かめずにいられない時もあります。

気持ち的には脅迫されているような状態です。

裁判ではよくあることなのでしょうか?
虚偽で原告を犯罪者と決め付けても法的に罰則はないのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判の準備書面でそのような脅迫をしてくるということですね。
他の人も書いてましたが、「むしろチャンス」と捉えるべきではないですか。
相手がオウンゴールをしてくれた又はこれからしてくれるという状態だからです。
弁護士は、弁護士同士のギルド社会があるので、準備書面に書いたことで脅迫などの刑事告訴すると、相手の弁護士もその共犯になり相手の弁護士から恨まれるので、嫌がるのですね。
だから、もう少し相手を泳がせて様子を見た後にですが、そのような刑事告訴を自分でやるか、弁護士にやってくれと頼み、やってくれないような「弁護士ギルドを依頼者の利益より優先する弁護士」ならば、他の弁護士に交代させた方がよいと思います。

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q刑事罰の服役中に民事裁判に出廷できるか?

ちょっとした疑問が起こったので質問します。

有名女性タレントが覚せい剤所持で逮捕されました。
彼女の口から「夫と離婚したい。」と言ったとか、
言わなかったとか・・・

仮の話ですが、
裁判で有罪になり彼女が刑務所で服役することになったとします。
服役中に夫との離婚を望んだが夫側が離婚を拒否し、
離婚調停→離婚裁判に発展したとします。

質問
この場合、服役中に民事の離婚裁判に出廷することはできるのでしょうか?
それとも服役中は刑務所から出られないため、
民事裁判には出廷できず、
代理人・弁護士が代わりに代弁するのでしょうか?

服役中の刑事裁判なら出廷できると思いますが、
服役中の民事裁判の場合はどうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出廷を認めるかどうかは、刑務所の判断ですが、現在、刑務所が出廷を認めることはありません。したがって、受刑中の場合は、弁護士に代理人を依頼しない限り、事実上、民事裁判を起こしたり、それに応訴したりすることができず、裁判を受ける権利に一定の制約が生じることになります。

なお、訴訟の中で本人尋問の必要があれば、裁判官が刑務所に出張します。

Q電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

 そのまんまです。よくそういう話は聞きますけど、噂以上にわかりません。家族だからと言って連帯保証人でもないと思いますし、仮にそうでも額がでかいと即自己破産なきもしますし、死者の財産を放棄すれば債務放棄ということにもなるような気がしますが、良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話しでは実際に請求、支払までいくことはないと言ってましたが・・・

自殺→電車に飛び込む→通常の精神状態では出来ない

のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や
慰謝料の話しは鉄道関係者がある程度意図的に流しているようで(そう簡単に電車に飛び込まれては困る)。
それよりも飛び込まれた電車の運転手さんの精神的ショックのほうが大きくて事故後強制的に1ヶ月の休暇をとらされるようです。

いずれにしろ、電車で飛び込み自殺なんて絶対にいけません!!

Q民事訴訟で和解を提案してくるのはどんな場合ですか。

民事訴訟で和解を提案してくる場合があると聞きました。
(裁判所or被告)
たとえばこちらが原告で、提出した証拠などを見て勝ち目がないと被告側が和解を提案してくる場合とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 民事通常訴訟の場合,白黒をはっきり着けるというより,原告被告双方が折り合えるところで決着させるという進行が多いですね。
 明らかに原告の主張を被告が全部認めていても,裁判所が和解を模索する例が多々あります。
 完全に原告勝訴の判決が得られる訴訟の場合でも,被告から原告に譲歩を求めることがあります。原告としても,判決を得ても,被告に差押えによって回収できる財産がない場合などは分割払を容認する和解案を受け入れ,和解条項に違反した時点で強制執行をかけた方が若干でも債権が回収できると判断した場合に和解案を受け入れることがあります。
 
 民事訴訟は白黒をはっきりさせるより,判決と和解とを比較して,より実利がある方を選択する裁判であるとも言えると思います。

Q(民事)訴訟の取下げについて

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取下げを撤回し、訴訟を維持することが可能ですか?
現在、民事で提訴されており、原告から取り下げるとの連絡を受けました。(第一回期日前です。)
しかし、取り下げ書が提出され、取り下げの送達が来るまでは安心出来ないと思うのですが、送達が来た後ならば、もはやその訴訟は取り下げられたもので、原告が再度提訴に至らない限りは既に訴訟は消滅していると解して良いものか、それとも提出後、または送達後、原告には撤回する猶予が与えられているものなのかが分からず、困っています。
ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取...続きを読む

Aベストアンサー

第一回口頭弁論開始前であれば、取下げに被告の同意は不要なので、手続といっても、取下書を裁判所に出すだけです。取下げ書が提出されると、裁判所はこれを被告に送達し、送達が終れば、裁判所の手続は終わりです。

送達されなくても、取下げの効果は取下げ書の提出で、既に生じており、送達は、被告を手続的に保護する意味合いしかありません。

再度の訴え提起の可能性について述べておられますが、弁論前に取り下げられた場合、既判力は生じておらず、再度、同じ訴えを起こすことも禁じられてはいません。

しかし、何度も同じ訴えを起こしてくることは、将来、同じ訴えを起こされたら証拠として出し、訴えの濫用に基く損害賠償を求める根拠となると思います。

また、取下げの撤回はできません。
取下げには、確定と言う観念はなく、2週間で確定というようなことも考えておられるようですが、これも考える必要のないことです。

裁判所に、取下げ書が出ているか聞かれたら、答えてくれますよ。問い合わせの際には、事件番号を伝えることをお忘れなく。

Q民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

先日、たくさん訴えられすぎてもう裁判所に行けなくて
自動的に敗訴になっている有名な人の対談の動画をみました。
その方は敗訴で賠償金?のような判決がたくさん出されていますが、
実際には1円も払っておらず、普通に暮らしているそうです。
裁判所が払え、と決めただけで、実際に怖い人が取り立てに来るようなことは
ないらしいです。
映画にあるような強引な取り立てはだれもやることができず、
すれば逆に刑事事件として訴えることができる、
といっていました。

民事裁判の賠償は払わなくても特になにもないのでしょうか??
詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

「支払わないことに対する罰則」は存在していません。
しかし、支払わないと強制執行で差し押さえされます。

けど生活必需品は差し押さえしてはいけない決まりになっているので、
家にそういう物が無ければ何も差し押さえは出来ません。

銀行口座に振り込まれる収入を差し押さえすることも出来ますが、
収入の振り込まれる銀行口座がわからなければ差し押さえすることは出来ません。



要するに、普通のサラリーマンなら会社からどこの口座に振り込まれているかわかるので銀行口座を差し押さえて強制的にお金を取ることが出来るんですが、事業主だと使用している銀行口座がわからないので家の物を差し押さえるしかない。しかしそれも生活必需品しかない場合はどうにもならない。
ということです。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q債権差押が空振りに終わった場合

賃金未払で強制執行の申し立てをしました。
3つの銀行を押さえたものの、1つは「残高0円」、1つは「債権なし」(会社が名称変更しているため、銀行に電話で確認したところ、現在の名称での債権はないとのこと)でした。
もう一つの銀行も空振りに終わる可能性が高いです。

1.「残高0円」というのがとても怪しく思うのですが、最後通牒で請求した際に「払わなかったら強制執行する」と債務者である会社に伝えたので、財産隠匿も考えられるのですが、それを証明するには、銀行に「いつ残高が0になったか」を聞いたら教えてもらえるのでしょうか。
また、財産隠匿の可能性が濃厚な場合は、どこにどのように訴えればいいんでしょうか。

2.「債権なし」の銀行は、「前の名称で再度裁判所に申請してくれれば教えられる」と言っていました。
この銀行からは借入金があり、回収できないのは分かっています。
ただ、会社に打撃を与えたいためだけに入れたのですが、わざわざ前の名称での再申し立てをすることは無駄でしょうか。

3.空振りで再度差押えする場合、書記官の方が「一部取り下げ」と「全部取り下げ」という方法があるということを言っていました。
「一部取り下げ」して、そのあいた枠に債権を追加する場合と、「全部取り下げ」して再度債権差押えを申請する場合では、提出書類や手間にどのような違いがありますか。

4.上記3の「一部取り下げ」して追加申し立てする場合の申立書の書き方や必要書類がわかりません。このやり方を知っている方、やり方を紹介しているサイトをご存知だったら教えてください。

5.上記3の「全部取り下げ」して再度申し立てする場合は、債務名義を返還してもらって、一から最初と同じように申し立てすればいいのでしょうか。

どれか一つでも分かる方、ご指導よろしくお願いします。

賃金未払で強制執行の申し立てをしました。
3つの銀行を押さえたものの、1つは「残高0円」、1つは「債権なし」(会社が名称変更しているため、銀行に電話で確認したところ、現在の名称での債権はないとのこと)でした。
もう一つの銀行も空振りに終わる可能性が高いです。

1.「残高0円」というのがとても怪しく思うのですが、最後通牒で請求した際に「払わなかったら強制執行する」と債務者である会社に伝えたので、財産隠匿も考えられるのですが、それを証明するには、銀行に「いつ残高が0になった...続きを読む

Aベストアンサー

>銀行に「いつ残高が0になったか」を聞いたら教えてもらえるのでしょうか。
銀行にはその義務がありませんので無理ではないでしようか。

>財産隠匿の可能性が濃厚な場合は、どこにどのように訴えればいいんでしょうか。
残高があるにもかかわらず「残高0円」と裁判所に虚偽の陳述をした、このことによって○○万円の損害があった、よって、○○万円支払え。と銀行を被告として損害賠償請求します。もっとも、よほどの証拠がなくては敗訴となるでしよう。

>「債権なし」の銀行は、「前の名称で再度裁判所に申請してくれれば教えられる」と言っていました。
そうであるなら、再度申請すればいかがでしよう。

>「一部取り下げ」して、そのあいた枠に債権を追加する場合・・・。
えー、ワープロの削除や加入ではありませんので、それはできないと思います。一般的に「一部取り下げ」とは第三債務者○○に対する部分を取り下げる。などとして取り下げ、そのようにして取り下げたなら取り下げで終わりです。その第三債務者○○を第三債務者××とするには申立の変更となります。ただし、この方法は裁判所でいやがります。何故なら、一旦○○に対して命令が発せられているからです。(その変更の申立は「できない」が正解かも知れません。)

>上記3の「全部取り下げ」して再度申し立てする場合は、債務名義を返還してもらって、一から最初と同じように申し立てすればいいのでしょうか。
上記のように「一部取り下げ」として、再度、新第三債務者を記載した債権差押命令申請し債務名義や送達証明書は「平成○○年(ル)第○○号事件で使用中」とすれば添付書類は省略できます。(裁判所では併合事件として扱います。)

>銀行に「いつ残高が0になったか」を聞いたら教えてもらえるのでしょうか。
銀行にはその義務がありませんので無理ではないでしようか。

>財産隠匿の可能性が濃厚な場合は、どこにどのように訴えればいいんでしょうか。
残高があるにもかかわらず「残高0円」と裁判所に虚偽の陳述をした、このことによって○○万円の損害があった、よって、○○万円支払え。と銀行を被告として損害賠償請求します。もっとも、よほどの証拠がなくては敗訴となるでしよう。

>「債権なし」の銀行は、「前の名称で再度裁判所...続きを読む

Q夫が逮捕されて恐らく裁判へ・・・離婚したい場合どうなる??

こんばんは。
私の親友のケースについての質問です。
その彼女は妊娠中で七月中旬が予定日です。ただでさえ大変な時なのですが、夫がある事件に巻き込まれていたか関わっていたかしたらしく、逮捕されてしまいました。見通しはまるで立っておらず、警察もほとんど何も話してくれないのですが、容疑は認めているらしいです。
生まれてくる子供は初めての子供なのですが、今後の養育や生活を考えると離婚をした方がいいだろうという事で離婚を考えているようなのですが、以下のことについて質問があります。

1 慰謝料・養育費が取れたとして、相手が拘留中または刑務所に入っていて払えないような状態の場合支払いはどうなるのでしょうか?民事も絡むと慰謝料の他に損害賠償も払わないといけない可能性もあるようですがそちらがもちろん優先になってしまうのですよね?

2 慰謝料はともかく養育費は通常は夫の収入等に応じて決まると思うのですが場合によっては刑務所暮らし、執行猶予があっても前科がつくとよい職を得るのはかなり困難だと思うのですが、このようなケースはどうなるのでしょう?ほとんど期待できないと考えるべきでしょうか?

3 離婚訴訟は相手が拘留中もしくは服役中の場合どうなるのですか?

他の事情を説明いたしますと、結婚してからまだ5ヶ月ほど、親友は結婚を機に出産後の仕事を大幅に減らす予定にしており職場には連絡済で元のようには働けない・・・。
夫には隠してあった借金があった事が逮捕前に判明している・・・。などがあります。

補足していきますので、少しでもアドバイス・回答お願い致します。
なお弁護士も見つける予定ですが、早く先のめどをつけるためにも今質問しています。宜しくお願い致します。(申し訳ありませんが代理質問の為、こちらからの補足には時間がかかることもございます)。

こんばんは。
私の親友のケースについての質問です。
その彼女は妊娠中で七月中旬が予定日です。ただでさえ大変な時なのですが、夫がある事件に巻き込まれていたか関わっていたかしたらしく、逮捕されてしまいました。見通しはまるで立っておらず、警察もほとんど何も話してくれないのですが、容疑は認めているらしいです。
生まれてくる子供は初めての子供なのですが、今後の養育や生活を考えると離婚をした方がいいだろうという事で離婚を考えているようなのですが、以下のことについて質問があります。

1...続きを読む

Aベストアンサー

今回の逮捕容疑・これからの裁判等への推移等々が不明ですので、推測を含めた愚案です、アドバイスの一部程度にお受け下さい。

◎1及び2につては、
 ●容疑は認めている
 ●損害賠償も考えられる容疑
 ●隠してあった借金があった事
ご質問の、これらの文言だけでも、大変難しいと云わざるを得ないと思います。
ご心配のとおり、「慰謝料・養育費が取れたとして」とは、公正証書にした離婚協議書(強制執行認諾文付き)に明示されても「相手が支払ってくれなければ」、若しくは「支払う原資がなければ」を指しておられると思慮致します。
万が一、支払いがなく、強制執行に移行しても押さえるべき資産・給与がなければ、意味をなさない事は云うまでも有りません。
これは、ご主人側の誠意と奥さん側のエネルギーにも、大きく左右される事柄だと思います。

◎慰謝料については、やはり相手の現状を見極めないと「絵に描いた餅」に為りかねないと思います。親権の問題は置いて、養育費の事例はやはり相手の経済状況と、お子さんのその時点の現状(例えば学校・私公立の差等)に、因るところが大きいとされています。
これからご出産ですから一般的には、お子さん一人に対して、月当たり2万から8万程度(少ないですよね)の事例が多いと思われます。

◎3については、
やはり訴訟になるのでしょうか・・・。ご存じの様に離婚には「協議・調停・審判・裁判」と四段階の離婚がありますが。
ご質問の「離婚訴訟は相手が拘留中もしくは服役中の場合どうなるのですか」のみで考えますと、ご主人が実刑(執行猶予でなく)になり、服役に為った場合長期刑で有れば、服役中でも離婚訴訟は進捗すると考えます。
短期刑(拘留中)で有れば、出所(釈放)を待ちながらの進捗と考えます。

◎これが、協議で有れば拘留中・服役中に係わらず、手紙や面会等で話し合えるですが・・・。
このWebでも、何度か書かせて頂いたのですが・・・私は良く「結婚は仲が悪くても出来るが、離婚は仲が良くなくては出来ない」とお話しすることが有ります。
ご主人の心に、奥様に対する愛情と優しさが、残って居てくれればと、願わずに居られません。

◎離婚関係のHPです、ご参考までに・・・
http://www.ikeuchi.com/rikon/

参考URL:http://www.ikeuchi.com/rikon/

今回の逮捕容疑・これからの裁判等への推移等々が不明ですので、推測を含めた愚案です、アドバイスの一部程度にお受け下さい。

◎1及び2につては、
 ●容疑は認めている
 ●損害賠償も考えられる容疑
 ●隠してあった借金があった事
ご質問の、これらの文言だけでも、大変難しいと云わざるを得ないと思います。
ご心配のとおり、「慰謝料・養育費が取れたとして」とは、公正証書にした離婚協議書(強制執行認諾文付き)に明示されても「相手が支払ってくれなければ」、若しくは「支払う原資がなければ」を...続きを読む


人気Q&Aランキング