今、メジャーリーガーになるための方法を調べていますが、いまいちつかみきれません。どなたかわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?入団テストを受けて通過しても、二軍、三軍と長い下積み生活を経てメジャーデビューする選手が本来多いのですか?イチローや松井のようにスカウトされてメジャーデビューというイメージが私の中では強く、本来の仕組みを知りたいのですが。どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いきなりメジャーというのはほとんど稀ということはまず言えます。

それからイチローのようにポスティング、松井のようにFAでメジャー移籍するケースは数えるほどしかありません。

入団する方法としてはまず6月に開かれるドラフトです。これは各チーム60人以上獲得します。
それからテスト入団。これはドラフトにかからなかった選手が受けます。
そしてドミニカ等の各チームの養成所から引き上げる選手。

ドラフトにかかって、チームと合意して契約した選手は、ショートシーズンリーグと言って、7月から2ヶ月くらいの短いリーグに送られます。ドラフト上位ではチームとなかなか合意せずにこのリーグに参加しない選手もいます。
ここでは大体新人ばかり60人くらいが集まるのですが(つまり同期ですね)この中でメジャーデビューできるのは3人程度、活躍できるのは1人いるかいないか・・・というくらいの競争率です。

だいたいメジャーリーグチームは、ルーキーリーグ、1A(クラスAとハイA)、2A(チームによっては2つ)、3Aのチームを持っているのでつまりはマイナーだけで5段階存在することになりますね。

そして3月になって新シーズンが始まるとドミニカからやってきた選手や、テスト入団してきた選手もルーキーリーグに加わって来ます。それに伴って解雇される選手も当然出てくるわけです。
そして順調に1A、2Aと昇格していくうちに(飛び進級もあります)選手は厳しい生存競争を目の当たりにします。昇降格はシーズン中でもガンガンおこなわれるのですが、選手枠という制限があるので当然のように新しい選手が上がってくるということはいらなくなる選手が出てくると言うもの。降格を言い渡されるならまだしも、解雇されてしまうというケースも少なくありません。
昨日までのチームメートが試合前にガサゴソとロッカーを整理していて、「どうしたのかな?」と思ったら実は解雇されていたんだってケースです。
これによってノイローゼになる選手もいるようです。

最初はそんなぴりぴりした中で緊張感ある選手も4年、5年とマイナーを続けるうちにだんだんとだれてきます。それが3Aの壁です。3Aとメジャーには大きな壁があります。
2Aが実力本位の可能性あふれる若者の修行の場であるならば3Aはメジャー予備軍。2Aのようにボロボロエラーするような完成度が低い選手は少ないですが、その分自分の限界を感じ始めている選手も少なくありません。
メジャーとしても3Aはメジャーに怪我人など欠員が出たときの補欠置き場というふうに見ています。もちろん明日のメジャースターを目指す若手選手も半分くらいはいるのですが。
ただしそういう選手は完成度がまだまだなので、メジャー側がこのポジションの若手を育てようと選手枠をあけてくれない限りメジャー昇格はなかなかかないません。

ここで腐ってしまう選手もかなりいるようです。「俺のほうが能力をもっているのになぜあの選手が昇格なのか?」「ここまで這い上がってきたのになぜあと1段階が・・・」
しかしそれは間違っています。メジャー側としては大きな目でみて、選手の完成度を高め、自信をもってメジャーでプレーできるようにしないとその選手をつぶしてしまうことをわかっているからなかなか昇格させないのです。そして機を見て昇格をさせると(そういう期待の若手なら)できるだけたくさんチャンスを与えて早く結果を残させて自信をつけさせます。

これがメジャーにあがるまでの簡単な形です。

現在現役の選手でドラフト後マイナーを経験していない選手はJオルルッド選手だけです。あのボンズもAロドリゲスもみんなマイナーを経験しています。
マイナーを経験するということは野球人として、一社会人として技術面だけではなく精神面でも成長するために非常に重要なステップです。
ですからどんなに有望な選手でもドラフトされて社会経験が無い選手は(社会人野球と言うシステムが存在しないのです)できるだけマイナーに送り、どんなに早くとも3年はメジャーに上げないというのが基本的な構想です。
その選手の潜在能力を最大限引き出すためです。

あとメジャーデビューしても期待の若手は大事に大事に使われます。たとえば投手ならばできるだけプレシャーにかからない場面で登板させ、半年くらいやって自信をつけさせてから徐々に厳しい場面で登板させていく・・・という具合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細かつ分かりやすいご説明を頂き、ありがとうございます!!おかげさまで、松井やイチローのような選手はきわめて例外で、メジャーの選手は長い下積みを経て今の活躍があるのだと言うことがよ~くわかりました。ぜひ参考にさせて頂きます。改めましてありがとうございました。

お礼日時:2003/09/11 23:54

いきなりメジャーというのはほとんど稀ということはまず言えます。

それからイチローのようにポスティング、松井のようにFAでメジャー移籍するケースは数えるほどしかありません。

入団する方法としてはまず6月に開かれるドラフトです。これは各チーム60人以上獲得します。
それからテスト入団。これはドラフトにかからなかった選手が受けます。
そしてドミニカ等の各チームの養成所から引き上げる選手。

ドラフトにかかって、チームと合意して契約した選手は、ショートシーズンリーグと言って、7月から2ヶ月くらいの短いリーグに送られます。ドラフト上位ではチームとなかなか合意せずにこのリーグに参加しない選手もいます。
ここでは大体新人ばかり60人くらいが集まるのですが(つまり同期ですね)この中でメジャーデビューできるのは3人程度、活躍できるのは1人いるかいないか・・・というくらいの競争率です。

だいたいメジャーリーグチームは、ルーキーリーグ、1A(クラスAとハイA)、2A(チームによっては2つ)、3Aのチームを持っているのでつまりはマイナーだけで5段階存在することになりますね。

そして3月になって新シーズンが始まるとドミニカからやってきた選手や、テスト入団してきた選手もルーキーリーグに加わって来ます。それに伴って解雇される選手も当然出てくるわけです。
そして順調に1A、2Aと昇格していくうちに(飛び進級もあります)選手は厳しい生存競争を目の当たりにします。昇降格はシーズン中でもガンガンおこなわれるのですが、選手枠という制限があるので当然のように新しい選手が上がってくるということはいらなくなる選手が出てくると言うもの。降格を言い渡されるならまだしも、解雇されてしまうというケースも少なくありません。
昨日までのチームメートが試合前にガサゴソとロッカーを整理していて、「どうしたのかな?」と思ったら実は解雇されていたんだってケースです。
これによってノイローゼになる選手もいるようです。

最初はそんなぴりぴりした中で緊張感ある選手も4年、5年とマイナーを続けるうちにだんだんとだれてきます。それが3Aの壁です。3Aとメジャーには大きな壁があります。
2Aが実力本位の可能性あふれる若者の修行の場であるならば3Aはメジャー予備軍。2Aのようにボロボロエラーするような完成度が低い選手は少ないですが、その分自分の限界を感じ始めている選手も少なくありません。
メジャーとしても3Aはメジャーに怪我人など欠員が出たときの補欠置き場というふうに見ています。もちろん明日のメジャースターを目指す若手選手も半分くらいはいるのですが。
ただしそういう選手は完成度がまだまだなので、メジャー側がこのポジションの若手を育てようと選手枠をあけてくれない限りメジャー昇格はなかなかかないません。

ここで腐ってしまう選手もかなりいるようです。「俺のほうが能力をもっているのになぜあの選手が昇格なのか?」「ここまで這い上がってきたのになぜあと1段階が・・・」
しかしそれは間違っています。メジャー側としては大きな目でみて、選手の完成度を高め、自信をもってメジャーでプレーできるようにしないとその選手をつぶしてしまうことをわかっているからなかなか昇格させないのです。そして機を見て昇格をさせると(そういう期待の若手なら)できるだけたくさんチャンスを与えて早く結果を残させて自信をつけさせます。

これがメジャーにあがるまでの簡単な形です。

現在現役の選手でドラフト後マイナーを経験していない選手はJオルルッド選手だけです。あのボンズもAロドリゲスもみんなマイナーを経験しています。
マイナーを経験するということは野球人として、一社会人として技術面だけではなく精神面でも成長するために非常に重要なステップです。
ですからどんなに有望な選手でもドラフトされて社会経験が無い選手は(社会人野球と言うシステムが存在しないのです)できるだけマイナーに送り、どんなに早くとも3年はメジャーに上げないというのが基本的な構想です。
その選手の潜在能力を最大限引き出すためです。

あとメジャーデビューしても期待の若手は大事に大事に使われます。たとえば投手ならばできるだけプレシャーにかからない場面で登板させ、半年くらいやって自信をつけさせてから徐々に厳しい場面で登板させていく・・・という具合です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

FA システム」に関するQ&A: AP と GL って何?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故楽天はメジャーリーガーを獲れるのか

今年はジョーンズとマギーと言うメジャーリーガーを獲得して楽天は優勝しました
来季はマギーは抜けますが今度はユーキリスを獲得するらしいです
ユーキリスもバリバリのメジャーリーガーです

何故金持ち巨人ではなく楽天が大物メジャーリーガーを獲れるのでしょうか?

Aベストアンサー

ユーキリスはジョーンズなどからの
推薦みたいなものがあったのではないかと
私はおもいました。
契約金もかなり高額なので相当な期待はありますね!

これからさきも資金力のある
ソフトバンク、DeNA、楽天は大物メジャーリーガーをたくさんとるとおもいます。
そうすることで日本球界がさらに
盛り上がるとおもいます

Q野手の日本人メジャーリーガー第1号はイチローではない?

日系2世のDave Roberts選手は日本国籍を持っているのでしょうか、MLBの公式サイトで彼が日本人の1人として書かれています。

http://losangeles.dodgers.mlb.com/NASApp/mlb/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20061205&content_id=1751206&vkey=pr_la&fext=.jsp&c_id=la

Saito was the sixth Japanese player in Dodger history, joining Hideo Nomo, Kazuhisa Ishii, Masao Kida, Norihiro Nakamura and Dave Roberts, and became the 20th Japanese pitcher in the game's history to earn a victory in the Major Leagues.

もし事実なら野手の日本人メジャーリーガー第一号は(イチローではなく)Robertsだということになり、歴史がひっくりかえります

http://losangeles.dodgers.mlb.com/NASApp/mlb/team/player.jsp?player_id=150353

出生地が「沖縄」で「母親が日本人」これで日本国籍を有する条件を満たしているのでしょうか?

日系2世のDave Roberts選手は日本国籍を持っているのでしょうか、MLBの公式サイトで彼が日本人の1人として書かれています。

http://losangeles.dodgers.mlb.com/NASApp/mlb/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20061205&content_id=1751206&vkey=pr_la&fext=.jsp&c_id=la

Saito was the sixth Japanese player in Dodger history, joining Hideo Nomo, Kazuhisa Ishii, Masao Kida, Norihiro Nakamura and Dave Roberts, and became the 20th Japanese pitcher in the game's history to earn a v...続きを読む

Aベストアンサー

 彼が出生した1972年5月当時の日本の国籍法の概念は現在とは異なり「父系血統主義」でした。
当時のわが国の国籍法第二条によれば、出生のときに父が日本国民であれば日本国籍を取得できますが、母のみが日本国民の場合は、日本国籍を取得できません。当時はそのような法の下にありましたから、彼は生まれた場所が沖縄(日本)であっても、母親が日本人であっても、これらの条件だけでは生まれた時点でそのままでは日本国籍は持っていなかったということになります。

一方、父方のアメリカの国籍法の概念は一貫して「生地主義」です。
アメリカで生まれたならばアメリカ人とする(条件は諸々ありますが詳細はこの場合関係ないので省きます)、というものです。沖縄(日本)で生まれてしまったため、アメリカ国籍取得の条件においても彼の場合は該当しません。
(ケイン・コスギのように、親がどこの国の誰であってもアメリカで生まれた場合は自動的にアメリカ国籍を取得します)

ですから、結局のところデイブ・ロバーツはどこの国の人か? ということになりますと、生まれた時点では「無国籍」だったということになります。
旧国籍法の第三条には父親の行方や存在が知れない場合は、、、という条文もありますので、父親不在のいわゆる戦後のGIベビーのようなケースでは誰もがスムーズに日本国籍を取得しています。しかしデイブさんの場合、米国人の父親はちゃんと存在しているわけですから、こうしたケースなども当てはまりません。

こうした日米両国の国籍法の概念とその後の彼の学業の経歴などから推測しますと、彼は出生の後少なくとも高校生になるまでには日本を出国していたようで、またその間に日本で日本国籍取得のための当該手続きを行ったという形跡もなく、「無国籍」のまま両親と共に沖縄を離れてアメリカに移り住んだ後にあらためてアメリカ国籍を取得したものと考えられます。ですから彼は人生で一度も法的に「日本人」だったことはなく、無国籍→アメリカ国籍、という経緯をたどったものと思われます。
それでも日本の国籍法が「父母両系の血統主義」に改正された今日においては、母親が日本人であるデイブ・ロバーツさんが自ら望めば日本国籍取得は十分に可能です。が、そのようなことをやるとなればそれこそマスコミに取り沙汰されているのではないでしょうか?その昔の相撲の高見山やサッカー選手のロペスやサントスのように。日本のマスコミは「隠れ日本人メジャーリーガー」を黙ってほっておくとは考えられません。彼が日本人だったら、あるいは日本人となるべく帰化申請などを法務局で行っているとなれば、とっくの昔に「新たな日本人メジャーリーガーの誕生か!」みたいにTVや新聞で何度も何度も特集されて紹介されていたはずです。やれWBCには出場するのかしないのか、オリンピックはどうするか、今後日本でプレーする可能性は、、、、メジャーの先駆者としてイチローをどう見ているのか、、、松井をどう思うか、、、井口は、、、等々。
ドジャースの公式サイトの記述で日本人プレイヤーの一人としているのは全くの誤記と考えていいでしょう。一方でウィキペディアの国籍別メジャーリーガー一覧の中ではアメリカ国籍の中にちゃんとデイブ・ロバーツの名前は入っています。でも日本人の血が入っている、というだけで法的な国籍がどこであれ、彼に対して不思議と親しみが沸くものですね。

 彼が出生した1972年5月当時の日本の国籍法の概念は現在とは異なり「父系血統主義」でした。
当時のわが国の国籍法第二条によれば、出生のときに父が日本国民であれば日本国籍を取得できますが、母のみが日本国民の場合は、日本国籍を取得できません。当時はそのような法の下にありましたから、彼は生まれた場所が沖縄(日本)であっても、母親が日本人であっても、これらの条件だけでは生まれた時点でそのままでは日本国籍は持っていなかったということになります。

一方、父方のアメリカの国籍法の概...続きを読む

Q楽天がメジャーリーガー獲りまくってますが…

巨人から横取りしてまで現役メジャーリーガーを強奪…
先日ももう一人獲得してますね


果たして活躍するでしょうか?
メジャーリーガーなんだから 元巨人のマック並みの活躍はしてもらわないと☆

Aベストアンサー

マギーはともかく、アンドリュー・ジョーンズは無理でしょう。

アトランタ・ブレーブスでチッパー・ジョーンズと2人ジョーンズが並んでナリーグ東地区を連覇していた時代が絶頂で、それ以降は惰性で落ちてきた印象しかない。とはいえオリックスと楽天はまずマーケティング重視、売るための手段としてネームバリューを優先したのは否定出来ないでしょうね。気になるのはブレーブス在籍晩年時より急にパワーヒッターに変わってきていること。おかしな事がばれなきゃいいのに、という余計な心配さえあります。

ジョーンズと当時のシェーン・マックと比べるのは酷だと思いますよ?

というか仮にジョーンズかマギーかどちらでもマックの2年間の成績平均上げたら、楽天のCS進出はほぼ安全圏でしょうね。シーズン打率.280超えに年間140安打以上HR20本確実、十分打線の核として使えるでしょう。マックが他球団にとって脅威だったのは、この成績を上げる選手が1番バッターだったこと。2割8分打ってホームラン20本打つのが1番にいたら投手はきっと怖いと思いますね。

これを中古品のA・ジョーンズや、典型的なプロ野球における外人バッター(外低めの緩い変化球がまったく打てない)C・マギーに求めるのはまず無理かと。そういえばスポニチの記事にはマギーを阪神のマートンと比較出来るとありましたが、外角に決定的な弱点がある打者にわざわざ内角で勝負するマヌケなバッテリーが日本にいるでしょうかね(投手が勝手に内角投げて打たれる、ノーコンで逆球しか来ない投手が打たれるケースは今年も多かったですが)。おまけにジョーンズもマギーも守れないし走れない。正直楽天が戦力として計算したなら…疑問だと思いますね。

どちらもダメ害人の象徴ともいえるミッチェルやミセリのように梅雨時前に消えてなくなることがないように祈るばかりです。おそらく途中退団でも年俸全額保障は当然契約に入っているでしょうし。

マギーはともかく、アンドリュー・ジョーンズは無理でしょう。

アトランタ・ブレーブスでチッパー・ジョーンズと2人ジョーンズが並んでナリーグ東地区を連覇していた時代が絶頂で、それ以降は惰性で落ちてきた印象しかない。とはいえオリックスと楽天はまずマーケティング重視、売るための手段としてネームバリューを優先したのは否定出来ないでしょうね。気になるのはブレーブス在籍晩年時より急にパワーヒッターに変わってきていること。おかしな事がばれなきゃいいのに、という余計な心配さえあります。

ジ...続きを読む

Qメジャーではシーズン中の移籍がありますが、イチローと松井は無いのでしょうか?

メジャーリーグではシーズン中でも何でも移籍はステータスになっていると思います。移籍先から必要とされている証明ということでしょうか。
しかし、イチローや松井は活躍しているのに移籍はありません。
欲しい球団はたくさんありと思いますが、何故移籍が無いのでしょうか?
契約も問題であれば、今まで移籍した選手は移籍OKという契約をしていたのでしょうか?

Aベストアンサー

そういう契約を結んでいる選手もいるんです。
松井選手はそう。トレード拒否権がある。
トレード話があっても、彼自身の同意を得てからじゃないと話を進められない権利なんです。
ヤンキースは伝統的に契約に出来高をつけない。でも拒否権を付けられる契約は相当なビップ待遇なんですよね。
全く同じ額、同じ年数の契約のチームメイトのデーモン選手は拒否権がないんですよね。
ただ現実には大きな契約を抱える選手の移籍はそれを引き継ぐだけの金銭的に潤沢な球団しか難しいんですよね。
そうなると、どうしても頻繁には実現しないんですよね☆

Qいつからメジャーリーガーの給料はあがったんですか?

田中将大が160億円もらってますよね。昔のメジャーリーガーってそんなに高給取りでしたっけ?バブル期では高い給料を求めてアメリカから日本へメジャーリーガーが来てたように思います。それに選手によるストライキも起きてました。いつの間にメジャーリーガーは高給取りになったんですか?今、彼らの世界はバブルなんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカ人はスポーツに限らず、成功した人に大金を支払うことに寛容です。対して日本は、あまりにも庶民感覚と違う所得には嫉妬や嫌悪感を示す国民性があるようだと聞きました。
メジャーリーグは、当初から日本のプロ野球より高額なサラリーを支払っていましたが、さらに差がついたのはピーター ユベロスがコミッショナーになって以来ですね。ユベロスはロサンゼルスオリンピックの組織委員長でオリンピックの商業化を推進した人です。彼は独創的で聖火リレーを誰でも参加できるかわりに有料にしたり、オリンピック放映権料を巨額にするかわりに、テレビ局の意向を取り入れたプログラムや
オフィシャルスポンサーの採用などを実施してオリンピックの黒字化を果たしました。その功績からメジャーリーグのコミッショナーに推奨されました。メジャーリーグでもいろんな改革をします。テレビ放映権料を巨額にします。そして放映権契約はリーグで管理して球団単独では行わないようにしまして、その収入を各チームに分配しました。また、メジャーリーグのスタジアム管理費は、当該する市の負担にしました。さらに、サラリーキャップまではいきませんが、戦力の均等をはかり、面白い試合を増やすために、選手年俸総額が平均値を超えるチームはリーグにペナルティを払うようにしました。

これを現在の読売巨人軍にたとえれば、放映権料は読売巨人軍単独からリーグ全体に意向するかわりに、東京ドームの管理費は文京区または東京都に負担させる。選手年俸総額の多い読売巨人軍はリーグにペナルティを支払う。嫌なら、選手を平均値の低いチームにトレードする。こんな具合ですね。

メジャーリーグは運命共同体であるという経営方式です。従って、放映権は分配。年俸の多いチームはペナルティ。嫌なら年俸の少ないチームへトレード。ということで戦力均衡の面白い試合が展開され、地域密着を目指して地域にスタジアム管理費を負担させる。

また生中継は有料ケーブルテレビにしそれ以外のテレビ生中継はせず、野球をみたいならスタジアムへと促した結果、戦力均衡により緊迫した面白い試合が増えスター選手が各チームに分散されたので観客動員は増え、たいていの球団は黒字化が果たせました。

アメリカ人はスポーツに限らず、成功した人に大金を支払うことに寛容です。対して日本は、あまりにも庶民感覚と違う所得には嫉妬や嫌悪感を示す国民性があるようだと聞きました。
メジャーリーグは、当初から日本のプロ野球より高額なサラリーを支払っていましたが、さらに差がついたのはピーター ユベロスがコミッショナーになって以来ですね。ユベロスはロサンゼルスオリンピックの組織委員長でオリンピックの商業化を推進した人です。彼は独創的で聖火リレーを誰でも参加できるかわりに有料にしたり、オリンピ...続きを読む

Qメジャーリーガーでルーキーリーグからメジャーにはい上がってきた有名選手

メジャーリーガーでルーキーリーグからメジャーにはい上がってきた有名選手はどれくらいいますか?ルーキーリーグからメジャーまで上がってくる選手はあまりいないと聞いたので。

Aベストアンサー

私の知る限り、いません。

Q日本人メジャーリーガーの米での評判

日本人メジャーリーガーの日本での報道はよく観ていますが、実際、アメリカでの評判はどうなんでしょうか。
今までアメリカに行った日本人メジャーリーガーの評判
を教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。正直にお答えします。(ファンの方怒らないで!)
 先週ニューヨーク(正確にはニュージャージー)在住の友人がメッツの松井選手をはっきり「期待もしてなかったけど、いらない!」と断言していました。守備が悪かったのは良いとしても(あまり守備は重視しない)故障したのが不愉快なようでした。打撃に関しても「あの程度ならいくらでもいる!」との手厳しいご意見でした。

Q尋ね人メジャーリーガー

ジェイソンケンドールという1番を打つ捕手がいましたが現在どこのチームにいるのですか?

Aベストアンサー

今は、オークランド・アスレチックスに在籍しています。

参考URL:http://mlb.mlb.com/NASApp/mlb/team/roster_active.jsp?c_id=oak

Qメジャーリーガーの背番号に対する考え方

メジャーリーガーの背番号に対する考え方
メジャーリーグ名鑑を見ていると、4番を任せられるパワーヒッターが
背番号18だったり
サイヤング級のエースが背番号70番台だったりと
日本での背番号に対する考え方と違うようなんですが、メジャーリーガーは背番号に対する意識やこだわりってないんでしょうか?

Aベストアンサー

 メジャーリーグというか、米国の野球には「 レギュラーは一桁 」という
概念がありません。大学野球を見ても、番号とポジション、学年のあいだに
これといった相関性はとくに見出せません。
※ちなみに大学野球であっても、永久欠番があったりします。

 よって、一桁にこだわるのは、高校野球に端を発した日本特有の慣習では
ないかと考えます。なお、エースが18番を付けるのも日本独特で、歌舞伎の
「 十八番 」から来ているという説があります。

 メジャーリーグですが、自分が好きな数字を求めるケースが多いです。
数字の根拠ですが、クリスチャンだと聖書や賛美歌だったりしますね。
著名人がファンにサインを書くとき、「 5:21 」といった数字を添え書き
することがあります。これは聖書の「 第5章21節 」を意味しています。

※余談ですが、プロレスラーのスティーブ・オースティンには
 「 Austin 3:16 」という有名なキャッチフレーズがありました。
 これは「 オースチン伝 第3章16節 」という意味です。そんな
 伝記は聖書にはありませんが、米国人にはこれで裏の意味が
 すぐに通じるのです。

 また、ゲンを担ぐ米国人もけっこう多いです。彼らは、プロ入り後に
初めて付けた背番号に愛着を感じたり、実家の電話番号だったり、
それこそ誕生日を背番号にしたりもします。

 前述の聖書の例もそうですが、背番号にこだわる選手は移籍先チームに
同じ番号の選手がいると、「 その番号を1万ドルで売ってくれ 」なんて
交渉もしますね。大物になると、移籍時の契約に「 背番号は○番とする 」
と含まれていることがあります。その場合、番号を剥奪される選手も
いたりするわけです。

 メジャーリーグというか、米国の野球には「 レギュラーは一桁 」という
概念がありません。大学野球を見ても、番号とポジション、学年のあいだに
これといった相関性はとくに見出せません。
※ちなみに大学野球であっても、永久欠番があったりします。

 よって、一桁にこだわるのは、高校野球に端を発した日本特有の慣習では
ないかと考えます。なお、エースが18番を付けるのも日本独特で、歌舞伎の
「 十八番 」から来ているという説があります。

 メジャーリーグですが、自分が好きな数字を求めるケースが...続きを読む

Qメジャーリーガー デッドボール

メジャーリーグを見てると日本ではもんどりうって痛がるようなデッドボールを受けても平然としています。まるでそんな態度を見せたら死ぬほどの大恥をかくかの如くです。子供の頃からの指導でしょうが、洋画好きでかなり見てますが日本でのそれと特に異なるような事には気付きません。その他考えられるのは、キリスト教の教義に何か関係することが在るのでしょうか?欧米人の肉体が痛みに特に強い仕組みになってるとも思えません。昔からメジャーリーグを見てますが、守備でも怪我を全く恐れてないようなパフォーマンスを発揮してます。
勿論、それなりの保障がされてるでしょうが、昔から不思議に思っている事象です。
どうぞ宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

多分デッドボールについては国による価値観や習慣(?)の違いだと思います。
例えば、日本で先生のことを下の名前で呼ぶと、怒られるまではいかなくとも違和感があります。しかし米国で先生を[teacher]と呼ぶと怪訝そうな顔をされたり嫌味ととられたりします。
そういう風に、「理由」とかではなく根本的なずっと変わらない違いがあるのではないでしょうか。

それにあんまり執拗に痛がっていると、次の打席(もしくは仲間選手へ)の時にビーンボール(故意死球)を投げられてしまうとかもあるかもしれません。

あと肉体が強靭というのもあると思います。
広島のピッチャーのシュルツなんて、そこそこ強めのピッチャー強襲の球を素手で取って平然としてますから…
日本だったら絶対やらない、というかできないですよね…


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング