ある企業でISO14001の事務局を担当している者です。今度環境関連の法規に関する社内勉強会の講師をする事になりました。そこで、フロン回収破壊法に関する調べ物をしていたら、あるメーカー(フロン回収業務もしている)のHPで、代替フロン(HFC。R-134aやR-410A等)は今後冷媒として主流になるという記述がありました。但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?まあ、社内勉強会でそこまで説明しなくても良いとは思うのですが、気になって仕方ないので、どなたか教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。

そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?

ご指摘のとおりです。主流になるどころか、HFCは、CFC同様、いずれ国際的にも製造中止(R-134aは2005年だったと記憶しています。)になることが決まっています。

冷媒に関する世界の潮流は、某メーカーのHPの記述とは正反対の流れです。間違いなく主流はノンフロンです。EUでは、既にノンフロンが冷蔵庫の主流になっています。

無知のせいか、確信犯なのか、知る由もありませんが、そのメーカーの見識の低さには心底悲しくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。本当ですよね、どう考えてもそんなものが主流になるわけないですよね。(そう言えば前に載っていた愛車もR-134aが冷媒でした。平成5年車ですから)その某メーカーの代替フロン紹介ページの最後に、”2002年4月よりフロン回収破壊法が施行されます”とありました。それ以前遙か前に改訂したままのページなのでしょうか(笑)

お礼日時:2003/09/10 14:30

確かに、R134aやR410Aなどの代替フロンHFC類の地球温暖化係数は二酸化炭素やメタンに比べたら大きな値です。


しかし、特定フロンのCFC類と比べたら、地球温暖化係数においても同等ないしそれ以上ではないでしょうか。
http://www.jal-foundation.or.jp/html/TaikiKansok …

フロン回収破壊法の対象となるフロン類とは、オゾン層保護法の特定物質ならびに地球温暖化対策推進法のHFCです。
R134aやR410AなどのHFCは、地球温暖化対策推進法の対象物質であり、オゾン層保護法の対象物質ではないのですが、オゾン層保護法、フロン回収破壊法には規制があるのに対し、地球温暖化対策推進法は努力義務しかありません。
規制がない方、規制が緩い方に流れていくのはしかたのないことですので、これもHFCが主流である理由のひとつのように感じます。

と言いましても、HFCも京都議定書では削減対象物質となっています。
http://www.env.go.jp/earth/ozone/h14pamph/index. …
現在の技術水準では難しい部分もまだまだあるでしょうが、#3さんや#4さんもおっしゃるように、これからは代替フロンの代替物を探していくことになると思います。
    • good
    • 0

「代替えフロン」は温暖化係数が高いものですから,削減すべき物質リストに載っております。

企業として,もはや削減リストに載っている物質を使用することは,企業イメージに与えるダメージは大きいのではないかと思います。

化学のことは良くは知りませんが,「代替えフロン」の時代は,家電製品ではもやは主流ではなく,「ノンフロン」の時代なのではないかと思います。

「ノンフロン冷媒」には,オゾン破壊係数が「0」で,温暖化係数「3」のイソブタン(R600a)が適していることは早くから知られていましたが,引火性がある関係で技術的に家電屋さんは逃げていた向きがありますが,現在は主流になりつつあるのではと思います。

R600aで検索すると多数のURLがヒットするはずです。ご参考までに…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。やはりノンフロンが主流ですよね。あるメーカーのHPはメンテしていないのでしょうか(笑)

お礼日時:2003/09/10 14:32

オゾンの化学式はO3で、フロンガスの成分がオゾンの酸素と結合しやすいので、結果としてオゾン(層)がなくなるという事のようです。


代替フロンというのは、成分の中に酸素と結合しにくいものを使って同様の効果を出すというものです。
 フロンは触媒のほか、アルコールより安い洗浄剤として使われたほか、分子が細かいので「ガス漏れの原因であるピンホールや絞めつけの不備を調べる検査剤」としてもつかわれました。確か、ドイツで開発されたような・・・。
ちなみに、私が知っている工場では、ハンダの溶剤を落とす機械をガラス張りの部屋に囲って、空気中に蒸発したフロンまで回収できる仕様にした。ところが、自動ハンダ機
を掃除するのに、フロン液をバケツで押し開けて洗って・・・なんのこっちゃ。というわけで、まだまだ、危機感は薄いようです。(たいした、参考にならなくてゴメン)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR410A(代替フロン)について

企業で環境担当をしているものです。
代替フロンである、R410Aに関して質問です。実は、弊社の工場施設担当者と今後採用する冷媒(空調や冷蔵庫)の事でもめています。担当者はR410Aは安全と主張します。私はR410AはHFCであり、オゾン層破壊係数は無いが、地球温暖化係数は非常に高いと主張しています。又担当者は、どこのメーカーか知りませんが、カタログの写しを持ってきて(そこにはこれからの新冷媒とあり、非常に安全とある。勿論オゾン破壊に付いてのみ触れており、温暖化の言葉は無い。又京都議定書の記述もなく、モントリオール議定書のみ)主張します。
これを説得できるネタが欲しいのです。フロンのの種別や種類が一覧となったリストや、その危険性、削減計画が入ったものなど、どなたかいいHP知りませんか?(極力信頼できる団体や官庁のものが良いのですが)
又、現在の日本でのノンフロン冷媒(イソブタン、R600a)を採用している空調や冷蔵庫の普及状況等、詳しい方等いらっしゃいましたら教えてください。宜しく御願いします。困っています。

Aベストアンサー

空調業界に身をおく者です
フロンの問題に関してはkaichinさんのおっしゃるように
410Aは画期的なフロンというわけではありません
代替フロン登場の背景とそてはオゾン破壊問題がその発端でしたが、地球温暖化問題については確かに触れていません ただ、現状として地球温暖化問題を前面に出してしまうと 効率のよい冷凍機はなかなか無いものです
アンモニアを冷媒として採用したものもありますが
維持管理に関してその毒性からかなり大変なものとなります 
他としては冷凍、冷蔵には向きませんが
空調としてであれば 水を冷媒とした「吸収式の冷水発生機」があります 有名どころでは川重冷熱、荏原製作所、矢崎 などがあります
メンテナンス時の吸収液(臭化リチウム)に注意すれば
これから注目される装置かもしれませんね
公共施設などで大変活躍しているものです

専門的にはワタシにはこれくらいしかわかりません

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q熱交換の基礎式を教えてください。

熱交換器における基礎式を教えてください。
蒸気と水での熱交換を行う際に、入口温度と出口温度の関係、
それに流速等も計算のデータとして必要なんだと思うんですが、
どういう計算で熱量、流速を決めればいいのか熱力学の知識がないので
分かりません。
いろんな書籍を買って勉強していますが、難しくて分かりません。
それに独学ですので、聞ける人がいなくて困っています。
どなたか、簡単に熱交換の基礎式などを教えてください。

Aベストアンサー

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2種類有る。
 L:伝熱面厚み
 kav:伝熱面の熱伝導率の異種温度の平均、熱伝面内外で温度が異なり、温度によって変化する熱伝導率を平均して用いる。
 hは、流体の種類や流れる速さ(主な指標はレイノルズ数)によって変化します。
 hsは、どの程度見積もるか、、、設備が新品ならZeroとしても良いのですが、使い込むとだんだん増加します。
 更には、Aも円管で厚みが有る場合は、内外を平均したり、Δtも入り口と出口の各温度差を対数平均するとか、色々工夫すべきところがあります。

>冷却管はステンレス製(SUS304)です。
 →熱伝導度の値が必要です。
>冷却管の中の水の温度は入口が32℃で出口が37℃です。>流量は200t/Hr程度流れております。
 →冷却水が受け取る熱量は、200t/Hr×水の比熱×(37-32)になります。この熱量が被冷却流体から奪われる熱量です。=Q
>冷却管の外径はφ34で長さが4mのものが60本
>冷却管の外径での総面積は25.6m2あります。
 →冷却管の壁厚みの数値が計算に必要です。
 伝熱面積も外側と内側を平均するか、小さい値の内側の面積を用いるべきです。

 まあしかし、現場的な検討としては#1の方もおっしゃっているように、各種条件で運転した時のU値を算出しておけば、能力を推し測る事が出来ると思います。
 更には、熱交換機を設備改造せずに能力余裕を持たせるには、冷却水の温度を下げるか、流量を増やすか、くらいしか無いのではないでしょうか。

 伝熱の計算は非常に難しいのですが、「難しい」と言っているだけでは先に進みませんので、そのさわりを。
 基本式は、Q=UAΔtです。
 Q:交換される熱量
 A:伝熱面積
Δt:伝熱面内外の温度差
  (冷却水入出の差ではない)

 ここで曲者は、U(総括伝熱係数とか熱貫流係数とか呼ばれるもの)です。
 Uの内部構造は、1/U=1/h1+1/hs1+L/kav.+1/hs2+1/h2と表現され、hを見積もる事が大変難しいのです。
 h:伝熱面の境膜伝熱係数、内外2種類有る。
 hs:伝熱面の汚れ係数、内外2...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Q冷媒について、

冷媒についてわかりやすく教えてください。
冷媒とは何ですか?よく、冷媒R22が廃止になるとかよく耳にしますが、何ですか?また冷媒R22がいつ廃止になるのですか?それはなぜ?それに変わる新冷媒は何ですか? どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンの質問では無かったですね(汗)
失礼いたしましたm(__)m
詳しくないので、判る範囲での回答でお許し下さいね。

全て混合冷媒(R22と冷媒特性の近い単一冷媒が見つかっていない)で
いろいろな冷媒の中から、R22に似ていて、オゾン層を破壊しないとか、
地球温暖化を促進しないなど(あと安全性や安定性、経済性など)の理由で選ばれた物です。

R404A(低温機器)
(R125:R143a:R134a=44wt%:52wt%:4wt%)
蒸発温度が高い所でのCOP(Coefficient of Performance)が良い。
※COP=消費電力あたりの加熱能力

R407C(パッケージエアコン)
(R32:R125:R134a=23wt%:25wt%:52wt%)
R22と圧力特性が近く、長い配管への対応が容易であった。
(不安定である為、管理が難しくルームエアコンには不向き。)

R410A(ルームエアコン)
(R32:R125=50wt%:50wt%)
扱い易く効率がいい。圧力の関係でパッケージエアコンでは不向き。
(配管を肉厚にする必要がある。)

(質量百分率(wt%)です。)

エアコンの質問では無かったですね(汗)
失礼いたしましたm(__)m
詳しくないので、判る範囲での回答でお許し下さいね。

全て混合冷媒(R22と冷媒特性の近い単一冷媒が見つかっていない)で
いろいろな冷媒の中から、R22に似ていて、オゾン層を破壊しないとか、
地球温暖化を促進しないなど(あと安全性や安定性、経済性など)の理由で選ばれた物です。

R404A(低温機器)
(R125:R143a:R134a=44wt%:52wt%:4wt%)
蒸発温度が高い所でのCOP(Coefficient of Performance)が良い。...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QPTネジとPFネジの違い。

 PTネジ(管用テ-パネジ)とPFネジ(管用平行ネジ)の違いについて教えてください。それぞれどういう形状なのでしょう?又、どういう利点があるのですか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 管用ねじの使い方はおおむね2通りあります。

・平行=平行
 分解可能な構造用配管や、多少の漏れが気にならない流体用。

・平行=テーパ、テーパ=テーパ
 漏れがないように管を接続するためのねじ

になります。平行=テーパの場合、雌ねじが平行、雄ねじがテーパになります。また、テーパねじを接続するときは、ある程度長さが調整できます(2~3mmぐらいまで)。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Qmin-1の意味は?

回転数とは思うのですが、min-1はどういう意味で、また何の略で、どう読むのでしょうか。

RPMであれば、round per minutesで
1分間の回転数という意味ですよね。

min-1とRPMはイコール(=)なのですか?
またなぜー1とつけるのでしょうか。

分かる方、お願い致します。

Aベストアンサー

#1の方の回答の通りですが、ちょっと補足めいたことを。

読み方は「まいふん」だと思います。そう言ってます。

rpmは[revolutions per minute]1分間あたりの回転数ですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=rpm
もしかすると「round」という言い方もあるのかもしれませんので否定はしませんが、
「revolutions」と言う場合が多いと思います。

で、なぜRPMを使わないかというと、
単位の表示方法を世界的に統一しようという動きがあり、(SI単位系を使おー)
「revolutions」は「回」という、それを表す単位がSI単位系に無いため、
RPM → min^-1 となります。

天気予報の気圧を表すミリバールという単位がヘクトパスカルになったのも
SI単位系を使おーという動きのためです。

インチ、ポンド、フィートなども使うのを避ける方向になっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報