ある企業でISO14001の事務局を担当している者です。今度環境関連の法規に関する社内勉強会の講師をする事になりました。そこで、フロン回収破壊法に関する調べ物をしていたら、あるメーカー(フロン回収業務もしている)のHPで、代替フロン(HFC。R-134aやR-410A等)は今後冷媒として主流になるという記述がありました。但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?まあ、社内勉強会でそこまで説明しなくても良いとは思うのですが、気になって仕方ないので、どなたか教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。

そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?

ご指摘のとおりです。主流になるどころか、HFCは、CFC同様、いずれ国際的にも製造中止(R-134aは2005年だったと記憶しています。)になることが決まっています。

冷媒に関する世界の潮流は、某メーカーのHPの記述とは正反対の流れです。間違いなく主流はノンフロンです。EUでは、既にノンフロンが冷蔵庫の主流になっています。

無知のせいか、確信犯なのか、知る由もありませんが、そのメーカーの見識の低さには心底悲しくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。本当ですよね、どう考えてもそんなものが主流になるわけないですよね。(そう言えば前に載っていた愛車もR-134aが冷媒でした。平成5年車ですから)その某メーカーの代替フロン紹介ページの最後に、”2002年4月よりフロン回収破壊法が施行されます”とありました。それ以前遙か前に改訂したままのページなのでしょうか(笑)

お礼日時:2003/09/10 14:30

確かに、R134aやR410Aなどの代替フロンHFC類の地球温暖化係数は二酸化炭素やメタンに比べたら大きな値です。


しかし、特定フロンのCFC類と比べたら、地球温暖化係数においても同等ないしそれ以上ではないでしょうか。
http://www.jal-foundation.or.jp/html/TaikiKansok …

フロン回収破壊法の対象となるフロン類とは、オゾン層保護法の特定物質ならびに地球温暖化対策推進法のHFCです。
R134aやR410AなどのHFCは、地球温暖化対策推進法の対象物質であり、オゾン層保護法の対象物質ではないのですが、オゾン層保護法、フロン回収破壊法には規制があるのに対し、地球温暖化対策推進法は努力義務しかありません。
規制がない方、規制が緩い方に流れていくのはしかたのないことですので、これもHFCが主流である理由のひとつのように感じます。

と言いましても、HFCも京都議定書では削減対象物質となっています。
http://www.env.go.jp/earth/ozone/h14pamph/index. …
現在の技術水準では難しい部分もまだまだあるでしょうが、#3さんや#4さんもおっしゃるように、これからは代替フロンの代替物を探していくことになると思います。
    • good
    • 0

「代替えフロン」は温暖化係数が高いものですから,削減すべき物質リストに載っております。

企業として,もはや削減リストに載っている物質を使用することは,企業イメージに与えるダメージは大きいのではないかと思います。

化学のことは良くは知りませんが,「代替えフロン」の時代は,家電製品ではもやは主流ではなく,「ノンフロン」の時代なのではないかと思います。

「ノンフロン冷媒」には,オゾン破壊係数が「0」で,温暖化係数「3」のイソブタン(R600a)が適していることは早くから知られていましたが,引火性がある関係で技術的に家電屋さんは逃げていた向きがありますが,現在は主流になりつつあるのではと思います。

R600aで検索すると多数のURLがヒットするはずです。ご参考までに…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。やはりノンフロンが主流ですよね。あるメーカーのHPはメンテしていないのでしょうか(笑)

お礼日時:2003/09/10 14:32

オゾンの化学式はO3で、フロンガスの成分がオゾンの酸素と結合しやすいので、結果としてオゾン(層)がなくなるという事のようです。


代替フロンというのは、成分の中に酸素と結合しにくいものを使って同様の効果を出すというものです。
 フロンは触媒のほか、アルコールより安い洗浄剤として使われたほか、分子が細かいので「ガス漏れの原因であるピンホールや絞めつけの不備を調べる検査剤」としてもつかわれました。確か、ドイツで開発されたような・・・。
ちなみに、私が知っている工場では、ハンダの溶剤を落とす機械をガラス張りの部屋に囲って、空気中に蒸発したフロンまで回収できる仕様にした。ところが、自動ハンダ機
を掃除するのに、フロン液をバケツで押し開けて洗って・・・なんのこっちゃ。というわけで、まだまだ、危機感は薄いようです。(たいした、参考にならなくてゴメン)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q145/80R12のホイールに145/70R12のタイヤは付けれますか?

軽自動車のタイヤ交換をしたいのです。
今、145/80R12のタイヤです。
近所の買い物程度でしか使わないので、安いタイヤを探しています。
量販店等のチラシを見ると、145/70R12は、結構安く販売されていますが、今と同じ80は、見かけません。
今のタイヤのホイールに、145/70R12のタイヤを付け替えることは、出来るのでしょうか?
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(ANo.1様の仰る通りです。もう少し詳しく追加させて頂きます。)

ホイールには、直径と、幅とがあります。
直径は、12インチですね。
幅は、これもインチ表示でしてあるのですが、今回はまだいくつか分からないですね。

145/80R12 (直径 537mm / リム幅3.5~5インチ時のタイヤ幅外寸 140mm~155mm)
145/70R12 (直径 509mm / リム幅3.5~5インチ時のタイヤ幅外寸 140mm~155mm)

タイヤのほうには、そのサイズによって、ホイールの「この範囲なら使えますよ~。」というホイールサイズが決まっています。これを、[適用リム幅]などと言います。(http://www.bridgestone.co.jp/tire/sneaker/index.html)
145/80R12 と 145/70R12 は、たまたまですが、[適用リム幅]と、タイヤの幅の寸法までが完全に一致していますね。(上記寸法は、JATMA / ETRTOサイズです。タイヤごとの銘柄によって多少設計寸法から違う場合があります。)

つまり、ご質問者様のお車に付いているホイールが、3.5-12 ~ 5-12 の範囲でしたら、そのホイールに 145/70R12 のタイヤは、はめられる ということになります。

しかし、問題はここからで、直径が違いますよね。{直径違いは詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2613727.html)の ANo.2 と ANo.4 をご覧下さい。}

「可か不可か?」とかの話の前に、

今はまだ、家でチラシを見ている段階ですよね?

もしかしたら、ショップに行ってみたら、同じ値段で 145/80R12 もあるかもしれません。

そもそも、純正のタイヤサイズ(新車時に付いていた本来のサイズ)は 145/80R12 なのでしょうか?
もしそうでしたら、145/80R12 のほうを選んでおくことがベストですよね。多少価格差があっても、正しいサイズのほうが良いに決まっています。

まずは、ショップに行かれて、145/80R12 のほうはいくらなのか?から聞いてみて、

その結果、もしどうしても 145/70R12 のほうをご質問者様が欲しい場合は、大丈夫かどうかも含めて、専門家(ショップの人)に聞いて下さい。
(車検に必ず合格するかどうかは、必ず事前に確かめて下さい。)

(ANo.1様の仰る通りです。もう少し詳しく追加させて頂きます。)

ホイールには、直径と、幅とがあります。
直径は、12インチですね。
幅は、これもインチ表示でしてあるのですが、今回はまだいくつか分からないですね。

145/80R12 (直径 537mm / リム幅3.5~5インチ時のタイヤ幅外寸 140mm~155mm)
145/70R12 (直径 509mm / リム幅3.5~5インチ時のタイヤ幅外寸 140mm~155mm)

タイヤのほうには、そのサイズによって、ホイールの「この範囲なら使えますよ~。」というホイールサイズが決まっ...続きを読む

QR410A(代替フロン)について

企業で環境担当をしているものです。
代替フロンである、R410Aに関して質問です。実は、弊社の工場施設担当者と今後採用する冷媒(空調や冷蔵庫)の事でもめています。担当者はR410Aは安全と主張します。私はR410AはHFCであり、オゾン層破壊係数は無いが、地球温暖化係数は非常に高いと主張しています。又担当者は、どこのメーカーか知りませんが、カタログの写しを持ってきて(そこにはこれからの新冷媒とあり、非常に安全とある。勿論オゾン破壊に付いてのみ触れており、温暖化の言葉は無い。又京都議定書の記述もなく、モントリオール議定書のみ)主張します。
これを説得できるネタが欲しいのです。フロンのの種別や種類が一覧となったリストや、その危険性、削減計画が入ったものなど、どなたかいいHP知りませんか?(極力信頼できる団体や官庁のものが良いのですが)
又、現在の日本でのノンフロン冷媒(イソブタン、R600a)を採用している空調や冷蔵庫の普及状況等、詳しい方等いらっしゃいましたら教えてください。宜しく御願いします。困っています。

Aベストアンサー

空調業界に身をおく者です
フロンの問題に関してはkaichinさんのおっしゃるように
410Aは画期的なフロンというわけではありません
代替フロン登場の背景とそてはオゾン破壊問題がその発端でしたが、地球温暖化問題については確かに触れていません ただ、現状として地球温暖化問題を前面に出してしまうと 効率のよい冷凍機はなかなか無いものです
アンモニアを冷媒として採用したものもありますが
維持管理に関してその毒性からかなり大変なものとなります 
他としては冷凍、冷蔵には向きませんが
空調としてであれば 水を冷媒とした「吸収式の冷水発生機」があります 有名どころでは川重冷熱、荏原製作所、矢崎 などがあります
メンテナンス時の吸収液(臭化リチウム)に注意すれば
これから注目される装置かもしれませんね
公共施設などで大変活躍しているものです

専門的にはワタシにはこれくらいしかわかりません

Qエアコンのガスの違い? R12とR22

家の古いエアコンの効きが悪くなって色々なサイトを見たら、どうもガス不足の症状らしいという事が分かり、更に調べると
R22のエアコンにR12のガスを補充しても、大丈夫見たいな事を書いている所もあり、
余り深く考えず、余っていた旧車用のR12を家のエアコンに入れました。
結果的には、とてもよく冷える様になったのですが、今頃になって少し気になり質問して見ようと思いました。

一つ目、R12とR22は互換性が有るのでしょうか?又は、少しくらい混ぜても大丈夫?

二つ目、駄目な場合、近いうちにエアコンが壊れる可能性が高いでしょうか?(新しいエアコンを買う貯金をしなくてはならないので・・・)

下らない質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エアコン工事経験者です。

R12は塩素・フッ素・炭素が主な構成です。非常に安定しているのですが、オゾン層破壊係数が高いので、現在は廃止されています。

そのR12を使用していた機器の代替品として登場したのがR-22。先の構成のほかに、水素が含まれて、オゾン破壊係数はR-12の1/20と低くなっています。R-22も無くなりつつあります。

一昔前、R-12をR-22に入れ替えたことがありますから、その逆でも、細かいことは抜きにして使える事は使えます。

しかしながら、家庭用エアコンの冷媒が抜けてしまう、ということは、配管のどこかにガス漏れしている箇所が存在している事に他ならないので、その対策を施さないまま(配管交換など)追加充填しても、いつかはまたガス不足になります。それに規定量のガスでないと危険です。

新しいエアコンを買う為の貯金を始めたほうがいいと思います。R-22のエアコンだと、10年選手になっている可能性が高いです。現行商品に切り替えた方が電気代も安くなります。

ご参考までに。

Qフロン回収率はどうやって出す?

フロン回収率とは、何をフロンの回収量で割るのでしょうか?
特定フロンなどに関しては製造禁止になっているため、生産量ではないのか?と悩んでいます。でもその年初のストックだったら、年々回収率は半端なく上がっていきますよね・・・?
どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

また、そのような年次データがあればお願いします。環境省のDBを見てもあまりぱっとしたものがなかったため・・・(しかも古い)

Aベストアンサー

こんな疑問は担当の環境省に電話して聞いて下さい
教えてくれますから・・・
環境省地球環境局環境保全対策課フロン等対策推進室
電話:03-3581-3351(内線6753)

QホイールボルトでR12とR14が違った場合問題ありますか?

ホイールボルトでR12とR14が違った場合問題ありますか?
ホイールボルトを一部替えたいのですが、ホイールボルトの規格がM12、ピッチ1.5、首下27mmまでは分かったのですが、シート形状が球面タイプまでは分かったものの球面のR12なのかR14なのかがわかりません。
もしカーブの違うボルトを装着した場合、問題はありますでしょうか?
または、今付いているボルトがどっちか見分ける方法を教えて頂きたいのですが。
ご存じの方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>カーブの違うボルトを装着した場合、問題はありますでしょうか
ボルトとボルト座が合わないのですから密着ができず面接触になりません。ホイールのセンターが出ない為、線接触や点接触になり走行時に緩む可能性があります。線接触や点接触はボルトとボルト座に無理な力が加わり、特にボルトは折損の可能性が高くなるので絶対にしてはいけません。

>見分ける方法
Rが2mmも違えば見分けが付くと思いますが、つかない場合は、ボール紙にコンパスでR12とR14の円を描き、これを切り取ってボルト(又はボルト座)に当ててみます。1mm違っても見分けができるので2mmなら確実に見分けられます。

Q環境破壊や生態系の破壊

いつも大変お世話になってます!

環境破壊とか生態系の破壊ってどういう意味なのでしょうか。
本来の意味から考えるとちょっと理解しにくいので、どなたか教えてください。
環境とは何の環境なのでしょうか?
生態系という、生物と非生物が存在する系という概念が破壊されるというのもよく分かりません。

Aベストアンサー

どちらかというと、「破壊」という言葉のほうの問題だと思います。

ちょっと前に、「価格破壊」という言葉がはやったことがあります。でも、これってべつに「価格」というものがなくなるわけではなくて、既存の流通システムの一部を変えて、価格が大きく影響されることを言うんですね。「価格破壊」と聞いて、「ものにねだんがなくなっちゃうんだ、たいへんだぁ」と言った人がどの程度いるか、自分はよく知りませんが、自分の周りにはひとりもいません。

他に、「オゾン層破壊物質」だって、フロンガスが、オゾン層を完全になくしてしまうわけではありません。だからといって、「フロンはオゾン層破壊物質ではない」なんていう人もいません。

たしかに、「破壊」という言葉が、「壊滅させる」という意味で取ってしまうと、おかしな言葉と思われるかもしれませんが、自分は、特に「生態系」や、「地球環境」といったものに「大きな影響を及ぼす」ことを、「破壊する」と表現することは、あまり違和感はありません。
「破壊」とは、辞書で引くと「壊すこと」と出ていますが、「壊す」こととは、「もとの形を崩す」ということも入っています。単に壊滅させることだけでなく、やや程度の大きな影響を与えることも、「破壊」といって差し支えないと思います。(いわゆる「生態系の破壊」や、「環境破壊」が、「生態系」や「環境」に、大して影響を与えていないとお考えであれば、それはまた違う議論になるでしょう。)

また、これらの影響が、「人間にとってのみ」影響のあることであれば、たしかにまた問題を感じることもあるかもしれません。でも、オゾン層の破壊や、温暖化の進行は、人間に限らず、地球上に住む多くの生物たちにとって、全体としては悪い影響だという、少なくとも認識があるわけで、それをもって、「破壊」と考えることに、それほどおかしなことは無いのではないかと思います。

結論として、「破壊」という言葉を吟味すれば、それほどおかしなことは無いと思います。

どちらかというと、「破壊」という言葉のほうの問題だと思います。

ちょっと前に、「価格破壊」という言葉がはやったことがあります。でも、これってべつに「価格」というものがなくなるわけではなくて、既存の流通システムの一部を変えて、価格が大きく影響されることを言うんですね。「価格破壊」と聞いて、「ものにねだんがなくなっちゃうんだ、たいへんだぁ」と言った人がどの程度いるか、自分はよく知りませんが、自分の周りにはひとりもいません。

他に、「オゾン層破壊物質」だって、フロンガスが、...続きを読む

Q145/80R12のスタッドレスタイヤについて

現行アルト(夏用タイヤは135/80R12です)のスタッドレスタイヤを購入予定なのですが、155/65R13のタイヤを購入しようと思っていたら、知り合いが今までミニカライラにつけていた145/80R12を譲ってくれると言います(何でも車検に通らないので買い換えるためらしいです)。145/80R12のスタッドレスを取り付けることは可能でしょうか?もし可能なら、その場合は乗り心地などの点でどんな変化が予想されますでしょうか?無知なものでどなたかご教授ください。

Aベストアンサー

許容範囲だと思います。
幅が広がる分、燃費が少し落ちます。
今よりもう少しふわふわした乗り心地になります。

溝の半分まで使っていたら冬用タイヤとしては使えません。
http://www.jaf.or.jp/qa/advice/winter_qa/w01/w03.htm
賞味期限は3年から5年です。
http://www.omisebatake-isico.com/untiku/20051124.html

QISO14001:2004の解釈

2004年度版のISO14001、JISQ14001を解釈するのに役に立つ情報源をご存知でしたら教えてください。

日本規格協会など審査登録機関のセミナー、ISO WORLDは調査済みです。

Aベストアンサー

こちらを参照してみてください。
http://www.mc.ccnw.ne.jp/s_hills/sub31.html#2%20of%20sub31

参考URL:http://www.mc.ccnw.ne.jp/s_hills/sub31.html#2%20of%20sub31

Qクーラーガス R12

今はオゾンにやさしいR134??ガスですが、むかし使われていたR12ガスは製造禁止になって価格があがったとききますが今はだいたいおいくらぐらいですか??

Aベストアンサー

私が2年前に入れた時は1本、¥2800~¥3500くらいでした。
ガスが全く入ってない状態だと、これを1台分で、3~4本入れるので、1万前後になると思います。
近所の修理工場何件かに問合せられたらどうでしょう。在庫を持っているところも結構あると思います。

QISO14001での環境側面の評価方法

ISO14001での話ですが、環境側面を評価し、著しい環境側面を特定していきますが、その評価の仕方について質問です。
当社では全部署にコピー機が入っていて、全体ではけっこうな量を使います。でも部署毎ではたいした量ではないので、部署ごとで環境側面の評価をすれば、著しい環境側面になりません。ですので、環境目的にもあがってこないので環境マネジメントプログラムで、コピー用紙の削減、というものが出てきません。
全体でみればかなりの量になるので取り組みたいのですが、なにかいい用法はないでしょうか。環境側面の評価を部署ごとではなくて全社でみても問題は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。

環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価をする必要がありますね。
そのうえで,全体目標とそれに整合した部門目標そして対策ということでしょうか。

目標は全体だけでも評価基準さえはっきりしていれば問題ないと思います。
(そのように評価する・・と定められていれば)

コピー用紙にかぎらず,「紙」という考え方もあります。
(ペーパーレスに結び付ける手法:かなり難しいですが・・)
裏白の紙をいかに再利用しているかなど


必要なものと不必要な物が絶妙のバランスで存在しますので
なかなか,このコピー用紙の削減というのは難しいんですよ,実際

評価方法は,
1 紙のゴミの量
2 コピー用紙の購入量
3 コピー用紙の再利用量 等など

但し,コピー用紙自体が通常再生品ですから
(再生品を使っていないのならここから始めて下さい)

これの購入を減らす・・という事が=環境配慮
ではないということは誤認識下さい
(再生品の購入量は逆に増やす事が環境配慮です)

問題視するべきは,ムダに使用されている「コピー用紙」の量のはずです
この部分に最終的に着眼して下さい
(紙は無くせないんだから・・・)

あっ,それからコピー用紙で大きな目標設定すると後で自分の首を絞めますから要注意を・・

あまり,まともなアドバイスでは無かったですね・・

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。

環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング