式の導き方や使い方を教えてください。
リスク中立、デルタ、ガンマなどの意味するものは?
御願いします。

A 回答 (1件)

まず、デルタですがこの指標は原市場価格の変化がオプション価格に与える影響の度合いを見る指標で、原市場の価格が1単位動いたときに、オプション価格(プレミアム)が何単位動くかを示しています。

また、デルタはオプションの権利行使の可能性も示していることから、デルタヘッジとして利用することができます(ボラティリティーの売買に必須です)。例えば、デルタが0.5の場合、原市場価格が100円動いたとき、プレミアム価格は理論的に50円(100円 X 0.5 = 50円)動き、この時、オプションが権利行使される可能性は50%(0.5 X 100% = 50%)であるということ。

次にガンマですが、この指標は原市場の価格が1単位動いた場合、デルタ値がどの様に変化するかを示している。ガンマが大きいと言うことは、プレミアムの損益変化が大きいことを示している。通常、ガンマはアット・ザ・マネー(ATM)で大きく、イン・ザ・マネー(ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)になればなるほど小さくなる。

ベガは予想変動率が1単位動いた場合、プレミアムがどの様に変化するかを示している。ボラティリティーが1%変化したときに、オプション価格がいくら動くかを表している。通常、アット・ザ・マネー(ATM)で最も大きく、イン・ザ・マネー(ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)になればなるほどベガは小さくなる傾向がある。別名カッパーとも呼ばれている。

シータは時間の経過と共にオプションの価格がどの様に変化するかを見るための指標である。オプションの価格は、時間の経過と共にプレミアム(時間的価値の部分)が減っていくので、 1日にプレミアムがどれくらい減価するかをみるのに都合が良い。通常、オプションの満期日までの期間が長いほど小さく、満期日に近づくにつれて急速に大きくなる。また、アット・ザ・マネー(ATM)のシータは、イン・ザ・マネー (ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)に比べて大きな値をとる。私は良くこの指標によくお世話になっています。

ローは金利1単位の動きに対して、オプション価格がどの様に変化するかを見るための指標である。オプション価格に与える金利の影響は、その他のファクターに比べてわずかであるので商品オプションでは無視して考えても良い。

最後にラムダですが原市場価格のパーセンテージ変化に対するオプション価格のパーセンテージ変化の変化率で、オプションの期待投資効率を示す。オプションに投資することによりどのくらいレバレッジ効果が得られるかを示す指標である。ラムダの値が大きければ、それだけ投資効率が高いことを示している。イン・ザ・マネー(ITM)のオプションに比べ、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)のオプションの方がラムダは大きい。

詳しい数式は専門書を参考にして下さい。以前BS式でオプションのプレミアムを算出するプログラムをエクセルで作成しところがあります。もし必要であれば、知らせてください。HPからダウンロードできるようにしておきます。
以下のHPも参考になると思います。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~coms/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経オプション取引のセータ、ベガ、デルタ、ガンマ

まったくのど素人ですが日経225オプション取引をやってみたいと思っております。
しかしながら、本屋でオプション取引の本を読みましたが、さっぱり理解できませんでした。

そこで質問なのですが、セータ、ベガ、デルタ、ガンマはどのように有効利用すれば
よいかご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

幸い日本ではオプション取引は義務ではありません。
危険なものには手を出さないのも損をしない秘訣です。

Q日本経済は反日的なリスクがあるけど、大丈夫なのでしょうか? それと、今まで反日というリスクが有りな

日本経済は反日的なリスクがあるけど、大丈夫なのでしょうか?

それと、今まで反日というリスクが有りながら、頑張ってこれたのはなぜですか?

Aベストアンサー

「反日的なリスク」って、何をさしてますか?。それがわかりませんが。
多くの国で近隣諸国に対する反感のようなものはありますが(アメリカとメキシコとか)、
そんなあれこれもおりこんだ上でマーケットでの価格はついているわけで、
ここから特段、通常と異なった事態等になったりしない限り、現在のリスクは価格におりこまれていると判断していいと思います。

Q「長期運用すればリスクは少ない。」の意味?

「長期運用すればリスクは少ない。」の意味?

最近、資産運用について勉強を始めたばかりの初心者です。
宜しくお願い致します。

ネット等で「長期運用すればリスクは少ない。」と書かれているのをよく見るのですが、
これはどのような意味なのでしょうか?

例えば、MMF等で為替変動によって利率が変わり、損することもあると思います。
そういった時に、損を増やさないように慌てて解約するのではなく、利益が出るまでゆっくり待てということなのでしょうか?

Aベストアンサー

長期運用でも短期の運用でも,投資に対するリスクは同じなので,「長期運用すればリスクは少ない。」とおっしゃってる人がいるのであれば,その人自身も誤解していると思います。

私が思うに,長期間で運用すれば,相場としては上がったり下がったりする生き物ですから,いくら損失が出ていても,相場をひたすら我慢して観察し,自分の買値より上がるまで待てば,当然利益が出るわけです。
すなわち,長期運用派の考え方としては,長期間持つことによって,相場が上昇する時期を辛抱強く待っていれば,利益が出るようになるタイミングに遭遇できることによって,利益を得るチャンスが多いということになるのだと思います。

ドルコスト平均法も,相場の上下にかかわらず,一定間隔で同金額を買い付けることによって,買値を平準化することにより,自分の投資額より多い利益を還元できるという目的があるので,相場が下がりに下がっても,最後の最後に相場があがって利益が確保できれば,それまでの累積投資金額の効果によって,「長期で我慢していて良かった」と最後に思うことができる,という一種の考え方だと思います。

質問者さんの話を一部拝借すると,長期投資とは,「損を増やさないように慌てて解約するのではなく,損をしている間のうちに,平均購入価額を下げておき,将来の相場好転に備えることにより,最後の最後で(相場が好転して,自分の買値より上がったまで待てば)利益を得ることができる」というのが長期運用のメリットを最大限享受できる手法だと思います。

長期ということは,年数で定義されていないので,「自分の買値より上昇した時に売却すれば儲かる」という単純化した話にも直結できます。いつまで待てば良いのかが分からないところがミソです。

長期運用でも短期の運用でも,投資に対するリスクは同じなので,「長期運用すればリスクは少ない。」とおっしゃってる人がいるのであれば,その人自身も誤解していると思います。

私が思うに,長期間で運用すれば,相場としては上がったり下がったりする生き物ですから,いくら損失が出ていても,相場をひたすら我慢して観察し,自分の買値より上がるまで待てば,当然利益が出るわけです。
すなわち,長期運用派の考え方としては,長期間持つことによって,相場が上昇する時期を辛抱強く待っていれば,利益が出る...続きを読む

QIPOのように低リスクで儲かるもの

IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
当選すれさえすればほぼ儲かりますが、
IPOのように低リスクで
○○すれば儲かる確率が高い
といった感じで条件付で
儲かるものは他に何がありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
>当選すれさえすればほぼ儲かりますが、

2月13日 [ニホンフラッシュ]  800⇒740
2月14日 [東洋ドライルーブ]  2,500⇒1,800
2月15日 [スーパーバリュー]  2,000⇒1,480
2月20日 [インサイト]  1,000⇒770
2月26日 [大西電気]  1,000⇒1,211
2月27日 [モリモト]  3,400⇒3,210
2月29日 [セブン銀行]  140,000⇒168,000
2月29日 [博展]  95,000⇒131,000
3月27日 [テックファーム]  80,000⇒151,000

値上がり3つ、公募割れ6つ。最後の2つが落選しているとまず大損です。もはやIPOは確実に値上がりするものでは無くなっていると思います。
とIPOの話は置いといて・・・

>低リスクで○○すれば儲かる確率が高いといった感じで条件付で儲かるもの

ある程度の資金量が必要になりますが、スワップの異なる2業者間でのロングショートなんてありだと思います。
プラススワップの高い業者でロング
マイナススワップの低い業者でショート

為替がどちらに動こうと1日ごとに確実に資金が増えます。ただ、レバレッジを下げすぎると投資効率が悪くなりすぎるのでレバレッジはある程度かける必要があります。その上で、一方的に動くとどちらかがロスカットになる可能性があるので、そこはロスカットにならないように資金を流動的に動かす必要はあります。

>IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
>当選すれさえすればほぼ儲かりますが、

2月13日 [ニホンフラッシュ]  800⇒740
2月14日 [東洋ドライルーブ]  2,500⇒1,800
2月15日 [スーパーバリュー]  2,000⇒1,480
2月20日 [インサイト]  1,000⇒770
2月26日 [大西電気]  1,000⇒1,211
2月27日 [モリモト]  3,400⇒3,210
2月29日 [セブン銀行]  140,000⇒168,000
2月29日 [博展]  95,000⇒131,000
3月27日 [テックファーム]  80,000⇒151,000

値上がり3つ、公募割れ6つ。最後の2...続きを読む

Qグローバル視点での為替リスクの考え方

為替リスクの考え方について

日本円を中心に考えた場合、外貨を持つことは為替リスクを取ることになります。
しかし、グローバルに見た場合、日本円だけを持つことは、リスクを取るとも言えます。

日本円だけを持つリスクを避ける意味も含め、
複数通貨(ファンド・FX等)に投資したいと考えています。

しかし、為替は日々変動しています。
「結局、損しているの?得しているの?」と問うた場合、
どのように考えたらよいのでしょうか?

上記の考えに対するアドバイス、またはグローバルな視点でのリスクの基本的な考え方、
またはこれらについてよい情報源(書籍・サイト等)があればアドバイスをお願い致します。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

理屈とか考え方はいろいろあるでしょうけど、本質的には基準というものは、個々の投資家が自分自身で決定することです。
というと、基準はいくつもあるのかと戸惑うかもしれませんが、実際、いくつもあって良いのです。
それぞれの投資家にとっての基準は、その瞬間のそれぞれの投資家に於いて絶対です。
世の中にいくつも基準があることは問題ではなく、主流であるところの基準が、自分自身の基準と異なっていたとしても、何ら問題ではありません。
自分自身の基準というものも、自分の置かれている立場によって変容してかまわないのです。日本円金利が上がったとか、海外出張することになったとか、家を買って長期ローンを組んだとか、そういった事情によって自分の基準も変わるものです。
グローバルな視点というふうに拡散させようとするのではなく、自己における絶対基準に集約しようとすうる試みが必要です。


観念的には、円安になったときに円資産しか持たないことによって、グローバルな視点からの相対性で、自分の財産価値は減少してると考えることもできる。
しかし自分自身の現実は、年に1~2回観光旅行で海外にゆくぐらいであり、今のところ海外に移住しようとも考えていない。
また円安になっても物価が上昇している気配も無い。
そういう立場の人がいたとして、その人が円資産を価値基準にすることに、何も不合理性もありません。
「グローバルな立場からは」とかいって他人に「否定」されたって、その人の絶対基準に於いては関係ないことです。

リスクっていうものが、自分にとっては具体的にはどういうことが考えられるのか、ということと、同じような意味かもしれませんが、運用の成功した状態として自分は具体的にどのような状態を想定しているのか、ということから考えていけば、自分の立ち位置をどこに置くか検討することが出来るんじゃないでしょうか。

何事においても自分という主体を排除して物事を考えようとすると、何の結論も出ないです。

理屈とか考え方はいろいろあるでしょうけど、本質的には基準というものは、個々の投資家が自分自身で決定することです。
というと、基準はいくつもあるのかと戸惑うかもしれませんが、実際、いくつもあって良いのです。
それぞれの投資家にとっての基準は、その瞬間のそれぞれの投資家に於いて絶対です。
世の中にいくつも基準があることは問題ではなく、主流であるところの基準が、自分自身の基準と異なっていたとしても、何ら問題ではありません。
自分自身の基準というものも、自分の置かれている立場によ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報