式の導き方や使い方を教えてください。
リスク中立、デルタ、ガンマなどの意味するものは?
御願いします。

A 回答 (1件)

まず、デルタですがこの指標は原市場価格の変化がオプション価格に与える影響の度合いを見る指標で、原市場の価格が1単位動いたときに、オプション価格(プレミアム)が何単位動くかを示しています。

また、デルタはオプションの権利行使の可能性も示していることから、デルタヘッジとして利用することができます(ボラティリティーの売買に必須です)。例えば、デルタが0.5の場合、原市場価格が100円動いたとき、プレミアム価格は理論的に50円(100円 X 0.5 = 50円)動き、この時、オプションが権利行使される可能性は50%(0.5 X 100% = 50%)であるということ。

次にガンマですが、この指標は原市場の価格が1単位動いた場合、デルタ値がどの様に変化するかを示している。ガンマが大きいと言うことは、プレミアムの損益変化が大きいことを示している。通常、ガンマはアット・ザ・マネー(ATM)で大きく、イン・ザ・マネー(ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)になればなるほど小さくなる。

ベガは予想変動率が1単位動いた場合、プレミアムがどの様に変化するかを示している。ボラティリティーが1%変化したときに、オプション価格がいくら動くかを表している。通常、アット・ザ・マネー(ATM)で最も大きく、イン・ザ・マネー(ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)になればなるほどベガは小さくなる傾向がある。別名カッパーとも呼ばれている。

シータは時間の経過と共にオプションの価格がどの様に変化するかを見るための指標である。オプションの価格は、時間の経過と共にプレミアム(時間的価値の部分)が減っていくので、 1日にプレミアムがどれくらい減価するかをみるのに都合が良い。通常、オプションの満期日までの期間が長いほど小さく、満期日に近づくにつれて急速に大きくなる。また、アット・ザ・マネー(ATM)のシータは、イン・ザ・マネー (ITM)、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)に比べて大きな値をとる。私は良くこの指標によくお世話になっています。

ローは金利1単位の動きに対して、オプション価格がどの様に変化するかを見るための指標である。オプション価格に与える金利の影響は、その他のファクターに比べてわずかであるので商品オプションでは無視して考えても良い。

最後にラムダですが原市場価格のパーセンテージ変化に対するオプション価格のパーセンテージ変化の変化率で、オプションの期待投資効率を示す。オプションに投資することによりどのくらいレバレッジ効果が得られるかを示す指標である。ラムダの値が大きければ、それだけ投資効率が高いことを示している。イン・ザ・マネー(ITM)のオプションに比べ、アウトオブ・ザ・マネー(OTM)のオプションの方がラムダは大きい。

詳しい数式は専門書を参考にして下さい。以前BS式でオプションのプレミアムを算出するプログラムをエクセルで作成しところがあります。もし必要であれば、知らせてください。HPからダウンロードできるようにしておきます。
以下のHPも参考になると思います。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~coms/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデルタスカイクラブ? ゴールド会員 

私は現在デルタ航空のゴールド会員です。
ノースウェストとの合併の際にシルバーからステータスアップしました。

先日デルタ航空のほうからカードが送られてきました。
新しいメダリオンキットかと思いきや、デスタスカイクラブのカードでした。

スカイクラブに申し込んだ覚えはないのになぜ?と不思議です。
規定よりアジア圏在住のゴールド会員はスカイクラブの使用が可能です。だからスカイクラブのカードが送られてきた、ということなんでしょうか?
さらに、通常の会員証はデルタから日本語の文書と共に送られてきているのに、今回のスカイクラブカードは英語の文書です。
申し込んでいないのに、申し込んだことになっているんでしょうか。
それともデルタの好意なんでしょうか?文面にはcomplimentaryだとは書いてありませんが。

同じデルタゴールド会員でスカイクラブカードが送られてきた方、またはこれについて何かご存じの方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もユナイテッド航空ゴールドステイタスとのマッチングでデルタよりゴールド、またスカイクラブのカードが送付されてきました。これが送られてきてようやく納得しました。何故ならば、UAであればゴールドの資格を獲れば、スターアライアンス全てのラウンジに入ることができます。しかしデルタではそうではないことは皆さまもご存じのとおりです。UAゴールドと同等のステイタス獲得にはプラチナ、ダイアモンドにならなければなりません。つまりデルタはその点(サービスが劣っていること)を意識して、通常有償であるスカイクラブのカードを送付してきたのです。デルタはJALのスカイチーム入りを意識していました。特にアジアにおけるスターアライアンスの成功を学び、JALと提携し、そうすることで売上拡大を目指したのだと思います。いろいろな国行くと、デルタスカイクラブの効力が弱いことを実感されることと思います。悪口ではないですが、我々日本人にとってはUAと比べてどうかな?と私が実感していることです。
長くなりましたが、スカイクラブカードの無償送付は当然のことと思います。

Q日経オプション取引のセータ、ベガ、デルタ、ガンマ

まったくのど素人ですが日経225オプション取引をやってみたいと思っております。
しかしながら、本屋でオプション取引の本を読みましたが、さっぱり理解できませんでした。

そこで質問なのですが、セータ、ベガ、デルタ、ガンマはどのように有効利用すれば
よいかご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

幸い日本ではオプション取引は義務ではありません。
危険なものには手を出さないのも損をしない秘訣です。

Qアメックス・デルタスカイマイル・ゴールドカード

アメックスのデルタスカイマイル・ゴールドカードに入会すると、デルタ航空のゴールドメダリオンを付与され、サービスの一環として、空港のラウンジがエコノミークラス搭乗でも使用出来るとありますが、これは、デルタもしくはスカイチーム加盟航空会社以外のチケット(例えばユナイテッドや全日空など)でも使用可能なのでしょうか。

であればカード取得を検討しますが、でなければ、スカイチームは加盟が少ないしあまり乗らないのでやめておこうと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

航空会社ラウンジを無料で使えるのはスカイチーム加盟航空会社利用の場合のみです。

その他、アメックス会員としてカード会社ラウンジ(羽田等を除き、基本荷物検査前エリア)
後は無料のプライオリティパスに入会し、お金を払って航空会社ラウンジを使う方法も有ります。

私はこのカードは持ってませんが、スカイチームは良く使います。
旧ノースウェストを吸収したデルタ航空は日本路線が充実してますし、
中国東方航空やベトナム航空はエコノミー並みの運賃でビジネスに乗れるので、
アジア旅行に良く使っている次第です。

中々いいですよ。

Q日本経済は反日的なリスクがあるけど、大丈夫なのでしょうか? それと、今まで反日というリスクが有りな

日本経済は反日的なリスクがあるけど、大丈夫なのでしょうか?

それと、今まで反日というリスクが有りながら、頑張ってこれたのはなぜですか?

Aベストアンサー

「反日的なリスク」って、何をさしてますか?。それがわかりませんが。
多くの国で近隣諸国に対する反感のようなものはありますが(アメリカとメキシコとか)、
そんなあれこれもおりこんだ上でマーケットでの価格はついているわけで、
ここから特段、通常と異なった事態等になったりしない限り、現在のリスクは価格におりこまれていると判断していいと思います。

Q以前にタイとデルタ航空を利用したことがある方

タイ航空とデルタ航空を乗り継いで来週アメリカへ行きます!
以前にタイ・デルタ航空を利用したことがある方にお聞きします!
(1)過去にも似たような質問があったのですが、スプレー式の化粧水(evian)を手荷物の中に入れる(小1つ)、スーツケースの中に預ける(スーツケースの中にはスプレーを4つ入れます)可能なのでしょうか?
(2)デルタ航空についてですが、預け入れの荷物は2つまでで、1個に対して20kgまで2個で40kgまで。
タイ航空→デルタ航空に乗り継ぐ場合はデルタの方が荷物検査が厳しいので重量などはデルタを基準にした方がいいと教えてもらいました。
デルタ航空の公式HPには日本語のページが無かったので教えていただきたいです!

Aベストアンサー

(2)についてですが、デルタ航空のサイトをみてみました。

機内持込み可能荷物 
(1)ハンドバッグ等小さめのもの
(2)バッグ:56cm×35.5cm×23cmで18Kg以内のもの

預け入れ荷物
バッグ:縦+横+幅の計が157.5cm以内で22.5kg以内のものを2つまで無料

と書いてありました

Q「長期運用すればリスクは少ない。」の意味?

「長期運用すればリスクは少ない。」の意味?

最近、資産運用について勉強を始めたばかりの初心者です。
宜しくお願い致します。

ネット等で「長期運用すればリスクは少ない。」と書かれているのをよく見るのですが、
これはどのような意味なのでしょうか?

例えば、MMF等で為替変動によって利率が変わり、損することもあると思います。
そういった時に、損を増やさないように慌てて解約するのではなく、利益が出るまでゆっくり待てということなのでしょうか?

Aベストアンサー

長期運用でも短期の運用でも,投資に対するリスクは同じなので,「長期運用すればリスクは少ない。」とおっしゃってる人がいるのであれば,その人自身も誤解していると思います。

私が思うに,長期間で運用すれば,相場としては上がったり下がったりする生き物ですから,いくら損失が出ていても,相場をひたすら我慢して観察し,自分の買値より上がるまで待てば,当然利益が出るわけです。
すなわち,長期運用派の考え方としては,長期間持つことによって,相場が上昇する時期を辛抱強く待っていれば,利益が出るようになるタイミングに遭遇できることによって,利益を得るチャンスが多いということになるのだと思います。

ドルコスト平均法も,相場の上下にかかわらず,一定間隔で同金額を買い付けることによって,買値を平準化することにより,自分の投資額より多い利益を還元できるという目的があるので,相場が下がりに下がっても,最後の最後に相場があがって利益が確保できれば,それまでの累積投資金額の効果によって,「長期で我慢していて良かった」と最後に思うことができる,という一種の考え方だと思います。

質問者さんの話を一部拝借すると,長期投資とは,「損を増やさないように慌てて解約するのではなく,損をしている間のうちに,平均購入価額を下げておき,将来の相場好転に備えることにより,最後の最後で(相場が好転して,自分の買値より上がったまで待てば)利益を得ることができる」というのが長期運用のメリットを最大限享受できる手法だと思います。

長期ということは,年数で定義されていないので,「自分の買値より上昇した時に売却すれば儲かる」という単純化した話にも直結できます。いつまで待てば良いのかが分からないところがミソです。

長期運用でも短期の運用でも,投資に対するリスクは同じなので,「長期運用すればリスクは少ない。」とおっしゃってる人がいるのであれば,その人自身も誤解していると思います。

私が思うに,長期間で運用すれば,相場としては上がったり下がったりする生き物ですから,いくら損失が出ていても,相場をひたすら我慢して観察し,自分の買値より上がるまで待てば,当然利益が出るわけです。
すなわち,長期運用派の考え方としては,長期間持つことによって,相場が上昇する時期を辛抱強く待っていれば,利益が出る...続きを読む

Qデルタ航空のマイレージについて

10月にハワイにデルタ航空(ツアーですが)のビジネスクラスでの旅行を計画しています。デルタ航空のマイレージカードを作って、大韓航空の特典航空券に、交換可能でしょうか?(旅行後) それとも、最初から大韓航空のマイレージカードを、デルタ航空使用時に使うべきでしょうか? 韓国とかにも良く行くのですが、デルタ航空で付いたマイレージを無駄にしたくないので・・・。元々大阪~ハワイ間でのマイレージ加算数も知らないのですが・・・。どちら様か、その辺の所をご教示戴ければありがたいです。追記になりますが、AMEXで保有ポイントを倍のマイレージに(デルタ航空)に出来るキャンペーンがありますが、これは得なのでしょうか?長文になりましたが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

デルタと大韓航空は、同じスカイチームですので、どちらかのマイルを使って他方の特典旅行券をえることは可能です。

しかし、大韓航空だと日本-韓国が最安期3万マイル(その他中間と最高の3段階に分かれています)なのに対して、デルタは1.5万マイルになります。ただし、デルタのほうが特典席が少ないようです。
大韓航空で貯めて、デルタで使うということも出来ますが、その他のサービス(マイル有効期限、ショッピングマイル、カードポイントによる付与など)を総合的に勘案すると、大韓航空にメリットは多くありません。
韓国によく行くなら、大韓航空のマイレージも有りですが「よく行く」という頻度が分からないとなんともいえません。

ハワイから日本は片道3000マイル、往復で6000マイル程度です。ビジネスを利用する場合は150%もらえるのが普通ですので、9000マイル貯まります。ただしツアーによってはマイル付与無しの場合もありますので、確認してください。

AMEXのポイントを倍でマイルに交換できるなら、お得であることは間違いないのですが、最近デルタ航空は特典に必要なマイル数をかなり引き上げましたので、韓国に行くならお得ですが、それ以外の地域は損になることもあります。
このあたりは、飛行機に乗る頻度、マイルを使って行きたい場所など、総合的に判断することが必要ですので、ご自分で判断されるしかありません。

デルタと大韓航空は、同じスカイチームですので、どちらかのマイルを使って他方の特典旅行券をえることは可能です。

しかし、大韓航空だと日本-韓国が最安期3万マイル(その他中間と最高の3段階に分かれています)なのに対して、デルタは1.5万マイルになります。ただし、デルタのほうが特典席が少ないようです。
大韓航空で貯めて、デルタで使うということも出来ますが、その他のサービス(マイル有効期限、ショッピングマイル、カードポイントによる付与など)を総合的に勘案すると、大韓航空にメリットは多くあ...続きを読む

QIPOのように低リスクで儲かるもの

IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
当選すれさえすればほぼ儲かりますが、
IPOのように低リスクで
○○すれば儲かる確率が高い
といった感じで条件付で
儲かるものは他に何がありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
>当選すれさえすればほぼ儲かりますが、

2月13日 [ニホンフラッシュ]  800⇒740
2月14日 [東洋ドライルーブ]  2,500⇒1,800
2月15日 [スーパーバリュー]  2,000⇒1,480
2月20日 [インサイト]  1,000⇒770
2月26日 [大西電気]  1,000⇒1,211
2月27日 [モリモト]  3,400⇒3,210
2月29日 [セブン銀行]  140,000⇒168,000
2月29日 [博展]  95,000⇒131,000
3月27日 [テックファーム]  80,000⇒151,000

値上がり3つ、公募割れ6つ。最後の2つが落選しているとまず大損です。もはやIPOは確実に値上がりするものでは無くなっていると思います。
とIPOの話は置いといて・・・

>低リスクで○○すれば儲かる確率が高いといった感じで条件付で儲かるもの

ある程度の資金量が必要になりますが、スワップの異なる2業者間でのロングショートなんてありだと思います。
プラススワップの高い業者でロング
マイナススワップの低い業者でショート

為替がどちらに動こうと1日ごとに確実に資金が増えます。ただ、レバレッジを下げすぎると投資効率が悪くなりすぎるのでレバレッジはある程度かける必要があります。その上で、一方的に動くとどちらかがロスカットになる可能性があるので、そこはロスカットにならないように資金を流動的に動かす必要はあります。

>IPOは上場初日の初値が大抵UPするので
>当選すれさえすればほぼ儲かりますが、

2月13日 [ニホンフラッシュ]  800⇒740
2月14日 [東洋ドライルーブ]  2,500⇒1,800
2月15日 [スーパーバリュー]  2,000⇒1,480
2月20日 [インサイト]  1,000⇒770
2月26日 [大西電気]  1,000⇒1,211
2月27日 [モリモト]  3,400⇒3,210
2月29日 [セブン銀行]  140,000⇒168,000
2月29日 [博展]  95,000⇒131,000
3月27日 [テックファーム]  80,000⇒151,000

値上がり3つ、公募割れ6つ。最後の2...続きを読む

Q至急!デルタ航空のマイレージがよくわかりません

18日から10日間アメリカへ行きます。

成田→ニューヨーク
ボストン→ワシントン
ワシントン→オーランド
オーランド→デトロイト
デトロイト→成田

を全てデルタ航空で利用します。

今デルタ航空のマイレージと大韓航空のマイレージをもっていて
同じスカイチームだからどちらでもマイルが貯められるというところまでは知っています。

しかしデルタ航空に問い合わせてみたところ、デルタのアメリカ国内線に乗るのであれば、大韓航空のマイレージよりデルタ航空のマイレージのほうが、貯まりやすいといいます。

しかし特典交換の時にデルタ航空のマイレージは大韓航空の特典交換に不便、もしくは交換条件が厳しいとききました。

マイルが貯まった時に僕は韓国へ行きたいので大韓航空の特典に交換したいです。

だけど今回の旅行でマイルが貯まりにくいのはこまります。

結局デルタ、大韓航空、どちらのマイレージを利用するのがお勧めですか?

ちなみに今回は団体旅行です。

Aベストアンサー

特典旅行は、どちらにしても座席数が限られていることから、今後主にどこへ行くかで決めればよいと思います。大韓航空のマイレージは大韓航空に一定期間乗らないと問題があるようですね。
団体旅行であれば大韓航空ではマイレージの貯まらないクラスの可能性もあります。


また、マイレージをためなくても、韓国往復だけを考えればそんなに高額じゃないので、行くタイミングを大切にしたほうがよいかもしれませんよ。

ということで、デルタをお勧めします。

Qグローバル視点での為替リスクの考え方

為替リスクの考え方について

日本円を中心に考えた場合、外貨を持つことは為替リスクを取ることになります。
しかし、グローバルに見た場合、日本円だけを持つことは、リスクを取るとも言えます。

日本円だけを持つリスクを避ける意味も含め、
複数通貨(ファンド・FX等)に投資したいと考えています。

しかし、為替は日々変動しています。
「結局、損しているの?得しているの?」と問うた場合、
どのように考えたらよいのでしょうか?

上記の考えに対するアドバイス、またはグローバルな視点でのリスクの基本的な考え方、
またはこれらについてよい情報源(書籍・サイト等)があればアドバイスをお願い致します。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

理屈とか考え方はいろいろあるでしょうけど、本質的には基準というものは、個々の投資家が自分自身で決定することです。
というと、基準はいくつもあるのかと戸惑うかもしれませんが、実際、いくつもあって良いのです。
それぞれの投資家にとっての基準は、その瞬間のそれぞれの投資家に於いて絶対です。
世の中にいくつも基準があることは問題ではなく、主流であるところの基準が、自分自身の基準と異なっていたとしても、何ら問題ではありません。
自分自身の基準というものも、自分の置かれている立場によって変容してかまわないのです。日本円金利が上がったとか、海外出張することになったとか、家を買って長期ローンを組んだとか、そういった事情によって自分の基準も変わるものです。
グローバルな視点というふうに拡散させようとするのではなく、自己における絶対基準に集約しようとすうる試みが必要です。


観念的には、円安になったときに円資産しか持たないことによって、グローバルな視点からの相対性で、自分の財産価値は減少してると考えることもできる。
しかし自分自身の現実は、年に1~2回観光旅行で海外にゆくぐらいであり、今のところ海外に移住しようとも考えていない。
また円安になっても物価が上昇している気配も無い。
そういう立場の人がいたとして、その人が円資産を価値基準にすることに、何も不合理性もありません。
「グローバルな立場からは」とかいって他人に「否定」されたって、その人の絶対基準に於いては関係ないことです。

リスクっていうものが、自分にとっては具体的にはどういうことが考えられるのか、ということと、同じような意味かもしれませんが、運用の成功した状態として自分は具体的にどのような状態を想定しているのか、ということから考えていけば、自分の立ち位置をどこに置くか検討することが出来るんじゃないでしょうか。

何事においても自分という主体を排除して物事を考えようとすると、何の結論も出ないです。

理屈とか考え方はいろいろあるでしょうけど、本質的には基準というものは、個々の投資家が自分自身で決定することです。
というと、基準はいくつもあるのかと戸惑うかもしれませんが、実際、いくつもあって良いのです。
それぞれの投資家にとっての基準は、その瞬間のそれぞれの投資家に於いて絶対です。
世の中にいくつも基準があることは問題ではなく、主流であるところの基準が、自分自身の基準と異なっていたとしても、何ら問題ではありません。
自分自身の基準というものも、自分の置かれている立場によ...続きを読む


人気Q&Aランキング