2つのどちらかにお答え下さい。
(1)食べ物、飲み物に含まれる防腐剤はなぜ、体には良くないのですか?
(2)シャンプーに含まれる防腐剤は、なぜ体に良くないのですか?

以上よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

基本的には防腐剤は腐らないようにするものですので、腐るということは菌が増えるということですので、菌を殺す毒物ということです。


毒ですから、普通に考えて、体に悪いでしょう。
 食品に含まれる防腐剤は法律で認められたものですので、すぐに病気になるほどの毒性はありませんが、いつか疫学的に病気が増えることが証明される日が来るかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

菌を殺す毒。
説得力はありますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 22:45

>防腐剤として使用されている、エチルアルコールの量では、


成人ならばご指摘の通りでしょう。胎児や乳児を調べてみてください。
ただ.肝炎のアルコールの毒性は.積算量に依存しますから.普通の「安全と呼ばれている飲酒の範囲」内で飲んでいる人が.食品中のアルコールで限界を超えてしまう場合があります(1食500g.として.最大点かりょうでは.清酒100ccに相当します。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な数字を挙げていただきありがとうございました。ちょっと考えさせられました。
参考になりました。

お礼日時:2003/09/16 23:29

1.だけにしますか。


種類が多いので.一番制限が少なく.比較的簡単に使われている防腐剤というと.エチルアルコールですか。
書く事が面倒なので.ネットなどで検索してください。
アルコール性肝臓障害
これで.多分ヒットするはずです(自分で検索していないのでネットから入手できるか.不明。私は書籍から呼んだのですが.現在行方不明)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検索したところ、アルコール性肝臓障害は、蓄積された、アルコールが原因だと書かれていました。
ただ、防腐剤として使用されている、エチルアルコールの量では、そこまで行かないのではないか、というのが私の感想なのですが。どうなのでしょう。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 22:53

それが悪いと断定されてるものなら


蓄積されそれが肝臓や腎臓などの臓器に負担に
なるからでしょう。

短期の安全性が証明されても何10年も先の
影響は不透明だとおもいます。

自然界の物質なら分解酵素で比較的代謝されやすいん
でしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度ご回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2003/09/12 22:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング