ネットが遅くてイライラしてない!?

Control Voltage,Carrentっていったいどういうことなのですか? なにか装置があってそれに例えば12Vの電圧をかけたいときにCVの状態で12Vを設定し,接続すると電圧が下がって,電流が増加しCCのランプがついたりします..あれはいったいどういうことなのでしょうか?よくわからず電圧をかけたらいきなり電流が増加して,過電流で装置を壊してしまったぽいです..怖くて電源が触れないです..初歩的な質問だと思うのですがよろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

CCのランプが点灯するということは,電流リミッタが動作したのではないですか?電源装置の設定など諸条件がまったく同じならば,負荷が短絡したのかもしれません。

また,電磁ブレーキに詳しくないのですが,磁気回路に何か問題が発生したのではないでしょうか?

私の使ったことのある直流電源の場合で考えますと,CVはConstant Voltageで,定電圧制御です。負荷をつながない状態でCVのつまみを回すと,電源装置の出力電圧の範囲で任意の電圧が発生します。
一方,CCのつまみもあり,こちらはConstan Currentで定電流制御です。

CVで12Vに調整した状態で,CCの設定が2Aと仮定します。ここに12Ωの負荷を接続した場合ならば,電流は1Aしか流れないので問題はありません。しかし,4Ωの負荷を接続した場合,計算上3A流れる事になりますが,CCの設定が2Aなので,CVをいくら調節しても,8V以上の電圧は出ません。

以上ご参考にならないかもしれませんけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど,その場間といくら電圧のつまみをまわしても電圧は上がらないわけですね.少しわかったような気がします.アドバイスありがとうございます.

お礼日時:2003/09/18 16:56

何の装置に付いている電源でしょうか?


あるいは,何をしようとされているのでしょうか?

 この辺りを補足された方が適切な回答が得られるかと思います。

この回答への補足

すいません.補足させていただきます.電磁ブレーキを使いたいのですが,定格24Vの電磁ブレーキで6Vをかけて試運転をしており,はじめは直流電源のCVで6Vを出力すると,きちんとブレーキがかかっていました.あとからもう一度やろうとすると,6Vを出力しようと電源につないだ瞬間にCVがCCに切り替わり電圧が0V近くまで落ちてしまいました.違う電源で(大きなバイポーラ電源)もう一度6VでつなぐとまたCCになり今度は5Aという大きな電流が流れてしまいました.なぜCCで電圧を出力しようとしているのに,CCに切り替わって大きな電流が流れてしまったのかがわかりません.CVならば一定電圧が出るのではないのでしょうか?よろしくお願いします.

補足日時:2003/09/17 14:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路のGNDとマイナスについて

工学部の3年生です、恥ずかしくて今更誰にも聞けないのでここで教えてください。

実験等で使用する直流電源のGNDとマイナスが(下図のように)繋がってるのはなんでなのでしょうか?

+  -  GND
○  ○=○

そもそもGNDとマイナスの違いがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GNDは文字通り大地です。
GNDは必ず必要ではありません、ただし弱電機器等では非常に雑音を拾いやすくなります。
極〃一般的には電源のマイナス側をアース(GND)して、0Vとするケースが多いが、例として電源を抵抗等で分割して5Vの電位をアース(GND)すれば、電源のマイナス端子はー5Vになります。
一般に+端子に対して-(端子)と表現され、-端子に対する+端子の電位差を電圧と言っています(+端子に対する-端子の電位差は-〇Vです)。
乱暴な表現ですが、各パーツが+から供給された電気をどこに落とすか(各パーツ共通の電位へ)がGNDです、さらにそれを大地に接地すれば文字通りのGNDです。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q直流安定化電源の使い方について

いつもお世話になっております。
直流安定化電源についての質問です。

電源の端子が沢山付いている多出力電源では
(- COM + ) や (- GND +)
などといった端子があり、よく「-」と「COM or GND」を
接続して使います。ここで質問なのですが-端子とCOM/GNDを
つながない場合(フローティング)は-端子を基準として使いますが、
いまいち内部でどうなっているのかが分かりません。
COMやGNDはシャーシにつながっていると聞いたことがあるのですが
これは正しいでしょうか?

またCOMという端子は名前のイメージではこの端子に2.5Vを印加して
つまみを回すと+からは3.0V(2.5V+0.5V)、マイナスからは2.0V(2.5V-0.5V)
といったバイアスをかけたような電圧は出せるのでしょうか?

Aベストアンサー

内部回路の例は↓に有ります。

お使いの電源がどうかはわかりませんがこの例は両側同時可変です。
なお、GND/COMは外箱につながっていると思いますがゴム足で浮いているでしょう。
負荷側ののグランドとは接触させない方がいいと思います。

参考URL:http://www.kikusui.co.jp/catalog/pmm_j.html

Qコントロールセンターと制御盤

どなたか教えてください。

よく、プラントなどにコントロールセンターが設置されていますが、
コントロールセンターと制御盤の違いは何でしょうか?
また、制御する対象によって、コントロールセンターがいい場合と、
制御盤がいい場合があるのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

またまた登場しました。

【追加1点目】
そのように認識しています。ただし、焼損と言う単語は印象が悪いので使わず、ダメージとか劣化が宜しいかと・・・

【追加2点目】
主回路外部接続方式はJEM1195によれば3種類あります。また、ケーブル選定は短絡電流も考慮したサイズゆえダメージは少ないと考えますがMCCB2次の電線MCCBのAT値で選定することが多く、ケーブルよりはダメージの確率が大きいとはずです。

【追加3点目】
CC電源送りが増えることが悪いとは言っていません。このようなことになりますと認識ください。

【追加4点目】
走行式の機械は運転し易いように移動する装置の上に動力制御盤が設置される場合が多く、複数の電動機(上下・左右・前後など)で構成されるため通常キャブタイヤケーブル1本で電源を供給することが多いです。

PS:文章だけでのアドバイスの難しいですね・・・

Q電気泳動、定電流がいいのか定電圧がいいのかどっちでもいいのか?

よく話題になるのですがSDS-PAGEを行う際、定電流派と定電圧派がいますよね?議論はするんですけど結論が出なくて困っています。どなたか理解している方教えてください。

Aベストアンサー

定電圧設定:発生する電流は徐々に低下する。熱発生も抑えられる。再現性が得やすい。泳動時間が長い。

定電流設定:電圧が徐々に上昇する。発熱量が増加する。再現性が難しい。泳動時間が短い。場合によってはゲル板が割れることもある。

結果に関して:
定電圧: 高分子側の移動が早い。低分子側の移動が遅い。
定電流: 上記の逆。

 どちらも、一長一短で、使用する泳動槽、扱うタンパク質によって、これらを使い分けるのが賢明かと思います。

(参考:電気泳動なるほQ&A 大藤道衛 編 羊土社)

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

Q直流安定化電源 電流が流れない。

こんばんわ。どなたかお知恵を頂ければと思います。
アルインコEP3010(常時20A)を、車用のオーディオ機器が余ってきたので、ホーム用に5.1CHを構築して車用5.1CHプロセッサーとパワーアンプを繋いで使用しておりました。テレビを見ている時や、音楽を聴いているときの電流は常時1A強程度で、ボリュームを上げてサブウーハを結構大きめの音で鳴らしても3A弱程度に振れる程度でした。そのため、機器の容量的には余裕があると思って安心していましたが、先日テレビを普通の音量で聞いていると、突然音が出なくなり機器のメータをみると、電圧の針は正常に振れていますが、電流の針が振れなくなってしまいました。その後、試しにコンセントを抜いて配線を組みなおしてみても、機器のメーターで確認すると、電圧のみ正常に針が振れて、電流の針は振れません。プロセッサーとパワーアンプの両方電源が入らないので、確実に電流が流れていないと思います。これは単純な機器の寿命なのでしょうか。何らかの保護回路が働いたのでしょうか。それとも使用方法がそもそも間違っているのでしょうか。出来れば直したいと思っているので、知識のある方、お知恵を頂けますと有難いです。よろしくお願い申し上げます。

こんばんわ。どなたかお知恵を頂ければと思います。
アルインコEP3010(常時20A)を、車用のオーディオ機器が余ってきたので、ホーム用に5.1CHを構築して車用5.1CHプロセッサーとパワーアンプを繋いで使用しておりました。テレビを見ている時や、音楽を聴いているときの電流は常時1A強程度で、ボリュームを上げてサブウーハを結構大きめの音で鳴らしても3A弱程度に振れる程度でした。そのため、機器の容量的には余裕があると思って安心していましたが、先日テレビを普通の音量で聞いていると、突然音が出なくなり機...続きを読む

Aベストアンサー

通常安定化電源にはプロテクター回路が付いており出力のショート、過電流から保護されるようになって居ますので電源が壊れるとは考えにくいのですが一応電圧計は正常に振れている様ですのでテスターで出力端子に本当に電圧が出ているか確認してみて下さい。出来れば10オーム20W位のセメント抵抗を電源の出力端子に繋いで12Vなら1.2A流れるはずですのでご確認を。又は別の機器を繋いでみてどうなのか等でも確認出来ますが。
先ずテスターで当たるのが簡単でしょう。
電圧が出ていたら機器側の異常となるわけですが、すべての物が一度に壊れるのも考えにくいですし多分電源の出力端子に電圧が出ていない可能性が高いですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング