例年の朝顔が終わりに近づきました。

納屋の南側50×100cmほどの一角なのですが、何か育てやすい簡単なお花はありませんか。

敷地が限られているので背がある方が見栄えがいいかなと思っています。

ちなみに去年はスイートピーを植えて楽しみましたが暖かくなってアリとアブラムシにまみれてしまいました。

今から植えて(苗でも種でもかまいません)楽しめるものを教えてください。

庭にはオレンジのコスモスを植えて今真っ盛りです。
手入れの簡単な可愛いお花が希望です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これから植えるというよりは来年の夏から秋に咲く低木類ということで「ブッドレア」はいかがでしょうか。



 ブッドレアは別名「バタフライブッシュ」といって喋々類が一杯寄ってきますよ。 乾燥にはめっぽう強いので、当家では隣地との境の西側に列植しています。 あとは庭の所々にアクセントとして植えています。 元肥を十分やって、水はけの良いように土壌を改良して植えてやればほとんど世話なしで花が咲きます。 後はつる性の「クレマチス」一緒に植えて春先の花にすればよろしいのではないでしょうか。 

 決して「四季咲き」は選ばないように。 四季咲きの場合は絶えず管理をしないといけませんのでね。
http://www.ogis.co.jp/sub5s.htm#jumoku2
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=9373

 あとは低木類(草)としてハギでしょうか。ある程度の高さと広さはこれで占有できるでしょう。
http://homepage2.nifty.com/hagiitar/hagi-web/hag …

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろなアドバイスありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2003/10/03 19:11

こちらで「フラワーサーチ」してみてはいかがですか?


http://www.engei.net/flower-search/index.asp

気に入ったものがあれば、通販で購入も可能です。

参考URL:http://www.engei.net/flower-search/index.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPありがとうございました。参考にしたいと思います。

お礼日時:2003/10/03 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝顔の土を再利用してチューリップを植えたい

朝顔をプランターで育てていました。
昨日の日曜日にやっとつるを外したりの作業をして、チューリップを植えたいなと思い、植えよう!と意気込んでいるのですが
できれば、朝顔で使った土を再利用したいと思ってます。
網で土をカシャカシャして それから赤玉土?とかをいれたらいいと調べてわかったんですが、チューリップを植える場合、なにをどのくらい混ぜたらいいのか調べれば調べるほど、なんかこんがらがってしまって。【プランターの土】っていうのを朝顔を植えるとき買いました。それが8ℓくらい残ってます。種蒔き の土 はカモミールを一週間前植えたのでたくさんあります。

急にガーデニングに目覚めたというか
そんな素人なのでわかりやすくお願いします。
チューリップを鉢に植えたら ウイルス病に感染してる場合があるからその土は使わないほうがいい って書いてるとこもあったんですが、今年植えて来年の春咲いて
その土を他の花や野菜には使わないほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

土はそのまま使っても大丈夫です。
アサガオを植えたときに余っている土が有るなら、それを足してプランターに入れると、溢れちゃいますか?
あふれる一歩手前の量にして、化成肥料は888とかをコップ1~2杯を土に混ぜます。できれば、888等の緩効性肥料と、151515等の速効性肥料を混ぜて、植えつけてから、春に葉っぱが出るまで不足しないようにしっかり元肥として肥料をやって、球根の養分は花のために使えるように温存出来る様にしましょう。
球根を植えて、表には何も表れていなくても、頑張って生きています。
球根は、出来るだけ大きい玉を購入しましょう。

又来年の秋に同じ土に球根を植えようとすると、土にウイルスが有ると、花の咲かない物も有りますが、ウイルスフリーの球根も売っていますので、その辺は来年の秋の注意事項です。
来年の春なら、何かを植えても、問題無いかと思いますが、気になるなら、アサガオを避けて、別の花を植えましょう。

Q朝顔の葉っぱが黄色くなるのは?

朝顔の根元(下の方から)葉っぱが黄色くなるのは、その葉っぱの寿命ですか?

何か原因がありますか?

黄色くなりかけた葉っぱや枯れかけた葉っぱは除去していまいが問題はないですか?

Aベストアンサー

葉が黄色くなる原因は勿論、寿命もありますが日光に当てすぎたり水不足や水の遣りすぎ、土が固く根詰まりしている、強い風に当てた、光不足など色々考えられます。
ただ窒素肥料が欠乏すると葉緑素が減少して光合成を行う能力が衰えて成長が悪くなり、その症状は古い組織つまり下葉から現れ黄色くなりますが、遣りすぎても葉ばかり繁ることになりますのでとりあえず液体肥料を遣ってみましょう。
勿論、黄色くなりかけた葉や枯れかけた葉は光合成が出来ないだけでなく病気の原因にも成りますのですぐ除去しましょう。
下記参考URLもご参照下さい。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/basics/ferti1.html, http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kiso1.html

Q同じプランターで並べて育ててはダメな野菜はあるのですか?

今年の春からベランダでプランター栽培を始めました。
出来るだけ色々な種類の野菜を育てたいと、ひとつのプランター(65x23cmくらい)で2~3種類の野菜を植えています。
その内、パプリカとトマト(大)を一緒に30cm間隔で植えてますが、どちらも花は咲くのですが身が出来ません。
パプリカは花が咲くとすぐに根元から取れてしまい、トマトも実がなりません。
肥料は今は希釈液肥を週1~2回与えてます。
ピーマン系とトマトは同じプランターに一緒に植えてはいけないのでしょうか?
もしそうであれば他にもそういう組み合わせてはダメな野菜があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>同じプランターで並べて育ててはダメな野菜はあるのですか?


混植ですね・・・。
その主な要因&弊害としては、土壌の酸性度偏り、草丈の高い物や葉の密生する物が日陰を作るので好日性植物が萎縮や根腐れ、病害虫の発生、連作障害(昨年度栽培の跡の残土利用)、風媒花同士の為に隣接した植物との受粉で劣性遺伝とか変な交配等が起こったりします。

中には、人間の食い合わせと同じく、迷信や戒めの為の伝承もありますが、極力、避けた方が栽培が楽であり、植物のストレス防止にもなります。


※主な事例(混植:相性の良くない組み合わせ)

◇ウリ科野菜全般とナス科野菜

◇カボチャとほうれん草

◇ピーマン・オクラとナス・トマト

◇トウモロコシの横につる性野菜

◇マリーゴールドの近傍でマメ科野菜



※連作障害

◇前年だけでなく、3~5年間空ける植物や系統の植物を栽培した跡はダメというデリケートな野菜まである。
ジャガイモ・トマト・ミニトマト・ピーマン・ナス・キューリ



でも、基本的に生産効率を求められ、生計を掛けた農家ではなく、栽培過程を楽しく、子育てのように愛情込めて行い、安全安心な新鮮野菜を自産自消、それなりに収穫出来れば嬉しい・・・と、おおらかに家庭菜園を楽しむ心掛けであれば、余り神経質になる必要はない。

私の場合は→可能な範囲でプランターや鉢を分ける、収穫後の土は日光消毒と腐葉土・苦土石灰・鶏糞・腐葉土で再生利用する、多品種少量の栽培を計画的に行う為に→連作障害防止と混植防止を考えた、ローテーションプラン、コンパニオンプランツの利用を考えたプランターの栽培種選定&配置デザインを樹てる。
(このプラン・デザインが旅行計画と同じで、収穫の喜びとあわせ家庭栽培の醍醐味)

また、最初はホームセンターや園芸店で時期と栽培の容易さを相談しながら、極力発芽率の良い種、病害虫に強い接木苗を選んで栽培する。
そして、一番大事なのは日頃の世話:愛情(雑草取り、肥料・水遣り)である。


何れも→良くご存知、お調べの事と存じますが、念の為に参考になりそうなURLを下記に貼付しておきます。



<混植関連のURL>
http://d.hatena.ne.jp/a_i_o_i_o/20090610/1244653772

<連作障害のURL>
http://www.h6.dion.ne.jp/~sa3270/YA-rensaku.htm

<コンパニオンプランツ>
http://www3.loops.jp/~lwb/prevention/companion_plants/chapter04.html



naonaomisa様に於かれましては、皆様方からの情報やアドバイスを参考にされ、是非、楽しく美味しい家庭菜園にて安全安心野菜の収穫に成功されますよう、心より祈念申し上げております。

>同じプランターで並べて育ててはダメな野菜はあるのですか?


混植ですね・・・。
その主な要因&弊害としては、土壌の酸性度偏り、草丈の高い物や葉の密生する物が日陰を作るので好日性植物が萎縮や根腐れ、病害虫の発生、連作障害(昨年度栽培の跡の残土利用)、風媒花同士の為に隣接した植物との受粉で劣性遺伝とか変な交配等が起こったりします。

中には、人間の食い合わせと同じく、迷信や戒めの為の伝承もありますが、極力、避けた方が栽培が楽であり、植物のストレス防止...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報