木材加工および建築関係の会社です。棚卸の方法として、原材料は最終仕入原価法、仕掛品、製品は売価還元原価法としています(製品や仕掛品には「最終仕入原価法」はそぐわないと考え、また、当然ながら中小企業のため、個別の原価管理などは全くしていませんので)。

前期の経営成績は売上原価90%(粗利10%)、営業利益5%、経常利益2%で、在庫は木材製品のみで「製品価格」にして1000万円あります。

この場合、売価還元原価法による棚卸として、980万円を計上しました(実際の価値は980万円あると考えました)が、この計算はおかしいでしょうか?(900万円が正解なのでしょうか?)
アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

980万円と900万円では、900万円の方が正解に近いと思います。

しかし完全に正解とは限りません。そもそも売上原価90%は、期末棚卸高が確定しなければ計算できないはずですが・・。

製造業における売価還元法の原価率は
 分子=期首製品原価+期首仕掛品原価+当期材料費+当期労務費+当期経費
 分母=当期売上高+期末製品売価棚卸高+期末仕掛品売価棚卸高×完成割合
で計算します。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/07 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング