まったくの趣味的な範囲ですがポータブル(無電源)のファンヒーターを作っているのですが、燃焼器関係と熱交換器(排気のみパイプを使って屋外に排気)関係は、とりあえず問題なく動作するところまで来ています。燃料はガソリンもしくは灯油(燃料ノズルの交換で対応)を使用しアウトドアストーブで良くある気化器方式のブンゼンバーナーを使用した方式です。以前製作したものはスターリングエンジンを用いて燃料の加圧と送風を行っていたのですが、私の未熟な工作では精度が不十分なこともあり、どうしても騒音が消せません。それと、スターリングエンジンのヒーターが温まった後で起動させる必用があるなど操作が煩雑なことも悩みの種(バイメタルを用いてクランクをはじいて起動させる方式も考えましたが、安定度が今一で起動に失敗すると燃焼自体の安定にかかわります)です。そこで熱電対を用いてPCなどの冷却用のブラシレスファンを回せないかと考えたわけです。現在はDC12V 0.15Aのファン2台を外部電源で動作させることで安定して動作することの確認は出来ています。燃料の加圧も燃料タンク下部に設けたチャンバーにバーナーからの熱を導(ガソリン用と灯油用で熱伝導をする部分の断面積を変えています)くことで、燃料の蒸気圧を使うことで機械式のポンプを廃止することには成功しています。ここまでは問題ないのですが、出来ればDC15V 0.4A程度の電源を熱電対で確保できないかと考えたわけです。冷却用に用いるペルチェ素子では素子自体の耐熱温度低く温度制御に難があるので、計測用などに用いられるK型熱電対が使えないかと考えたのですが、この種の素子に関しては恥ずかしながらまったく無知なので、K型熱電対に詳しい方のご助力を願えればと考えた次第です。発生する電圧については安定化などのスキルはありますので問題なく対処できると思います。一般的なK型熱電対で得られる電力はどの程度なのか(温度は500℃程度は安定して確保できます)出来れば温度と電流・電圧の特性がわかると、設計する上で非常にたすかります。複数を直列ないし並列接続することなるので温度分布等も考慮しなければならないので・・・

測定用の熱電対の特性を見ても温度。電圧の特性はあっても。電流がどの程度取れるかがわからず難儀しています。また、安価で熱電対が購入可能な店舗などありましたら、あわせてお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

もう一度tanceです。


熱電対を電源にするというアイデアは奇抜ですが、あり得ないことでは
ないと思います。

筋からするとペルチェですが、ほとんどのものが半田で接続されて
いるので、500℃には耐えません。

また、あの薄い表裏の間に500℃の温度差を持たせるのは冷却(放熱)が
大変です。

普通に熱電対を買うと高くつくので、不要なガスコンロをばらして使うのが良いかも
しれません。ガスコンロで使われている熱電対は炎の温度で0.5Vくらい
出るようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの投稿ありがとうございます。
他の方からの投稿で、ペルチェの利用を再考してみることにしました、現物で試してみると使えそうな手ごたえがあり、以前、ペルチェの使用を考えて候補から外した一番の理由である最高使用温度の問題も、熱交換器を上手く設計すれば物になりそうな手ごたえもありますので、今回はまずペルチェでやってみたいと思います。さすがに大きな温度差を維持するのは難しそうなのですが、1つあたりの起電力が大きいので、冗長度の高い設計をすればと思っています。なにせ、趣味で作っているものですから、コストはある程度度外視できますので・・・
度々ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 20:12

ゼーベック効果の逆がペルチェ効果なのでペルチェ素子を使いましょう。


原理的には同じですが、
温度に対してなるべくリニアになるようセンサとしえ選ばれているものと、
熱エネルギから電気を多く得ようと選ばれているものとでは違います。
コストを気にするならペルチェ素子を選ぶべきと思います。

K型熱電対は500℃で約20mVです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなったことをお詫びします。
秋葉原に行って熱電対を買って来て実験したところ、やはり無理だというのがわかりました。ついでにペルチェも買って来て試したのですが、出力に関してはかなり手ごたえを感じました。後はペルチェの裏と表の温度差を維持する方法と、ペルチェの限界温度を超えないように抑える工夫が必要ですが、こちらは熱交換器の改良でどうにかできるかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 20:02

熱電対は、センサとして電圧を取り出すための素子ですから、


電流の形でエネルギーを取り出すのは無理でしょう。

エネルギーを取り出すのなら、ペルチェ素子を使うのはどうでしょうか。
ペルチェ素子は電気エネルギーから温度差を生み出す素子ですが、その原理であるペルチェ効果は、熱電対の原理であるゼーベック効果と対になっており、ペルチェ素子の構造は、大雑把に言えば熱電対を数百個直列にしたような形になってます。
ペルチェ効果とゼーベック効果は対になった可逆な反応ですので、ペルチェ素子に温度差を与えれば電気エネルギーを取り出すことが可能です。

個人での入手は難しいと思いますが、発電専用のモジュールなら、温度差250度から最大24Wを取り出すモジュールもあります。
http://www.kelk.co.jp/news/090128.html

市販のペルチェ素子を使った場合、
http://www.lec21.com/1/index.htm
こちらの実験例では、バーナーで炙ることで3.8V280mAが取り出せているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなったことをお詫びします。
秋葉原に行って熱電対を買って来て実験したところ、やはり無理だというのがわかりました。ついでにペルチェも買って来て試したのですが、出力に関してはかなり手ごたえを感じました。後はペルチェの裏と表の温度差を維持する方法と、ペルチェの限界温度を超えないように抑える工夫が必要ですが、こちらは熱交換器の改良でどうにかできるかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 20:01

熱電対が発生する電圧(起電力)は非常に小さいので、所望の電圧を得るには


多数直列にしなくてはなりません。K型熱電対では温度差が500℃のときに約
20mVの電圧が発生します。15Vを得るには750個直列にする必要があります。

取り出せる電流は、内部抵抗が小さいのでそれなりの電流がとれると思います。
1本の熱電対の内部抵抗は10cmで0.1Ωくらいのものが普通ですので
750本では75Ωとなります。これに15V 0.15Aの負荷をつなぐと、86mAくらい
しか流れません。電圧も8.6Vくらいに落ちてしまいます。

太い熱電対を使えば内部抵抗を1/10くらいにはできます。
直径3mmくらいのものだと750本で8Ωくらいになるでしょう。

ガスレンジには似たような仕組みが組み込まれているものがあるらしいです。
ガスに火がつくとその熱で熱電対が発電し、プランジャを引きます。
これにより、ノブから手を離してもガスが出続けるようになっています。
もし火が消えると熱電対の起電力もなくなるのでプランジャを引けずに
ガスが止まる、というものです。

ですが、普通は熱電対を動力源にするような使い方はしないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなったことをお詫びします。
やはり熱電対では厳しいようです。
実は秋葉原に行ってテスター用の熱電対を10本ばかり買って来て、起電力の試験してみたのですがこれは無理だという結果でした。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 19:57

 


http://www.tonetsu.co.jp/ti_004.html
熱電対の起電力一覧表です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなった事をお詫びします。
熱電対ではやはり起電力不足のようなので他の方法を考えて見ます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 19:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q示差熱電対

示差熱電対とは何?普通の熱電対とどのように違うのでしょうか?熱電対については、検索するとよく出てくるのですが、示差熱電対についてはでてきません。DSC法などに使われるようですが、どのようなものなのかよくわかりません・・・

Aベストアンサー

確かにあまり聞かれない名称です.
しかし,二箇所の温度の「差」を知りたいときに,一つづつの温度を測る場合はあとで引き算しなくてはなりませんが,qaz_qwerty_meさんが示されたような回路を組むと温度差が直接測定できます.この時の熱電対の使い方,回路全体を指して「示差熱電対」と言っているのではないでしょうか.

Q高周波電源を用いた100W投入と直流電源を用いた100Wは投入は効率的に同じになるのでしょうか。

家庭用プラグに電源のコンセントを差し込んでプラズマをつくり、太陽電池などの薄膜をつくるとします。よく論文で薄膜Aをつくるのに投入した電力は1000Wというような表現を見ます。

この投入電力というのは電源の電圧と電流をかけたものと理解しているのですが、高周波電源と直流電源でそれぞれ同じ投入電力で同じ質の薄膜Aをつくった場合、両者の薄膜作製効率は同じになるのでしょうか。つまり、家庭の電力計は両者とも同じ使用量を示すのでしょうか。

交流と直流での電力の比較の基本を教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

電源装置の効率が、直流電源と高周波電源で異なりますので、「投入電力」がどの点で測定した電力かで若干違いが出ます。

電源装置の出力で測定した場合には、装置全体の消費電力は電源の効率で除して算定する必要があります。大抵は、高周波電源の方が電源の効率(出力電力/入力電力)が低いでしょうから、高周波電源の方が消費電力は大きくなるかと思います。

電源装置の入力で測定した場合には、どちらも消費電力は同じになります。この場合、実際に薄膜生成に投入された電力には差が出ますので、「薄膜生成効率」という場合には、その分を考慮する必要があるかもしれません。

Q熱電対の色々な事

ご存知の方よろしくお願いいたします。
結構長距離の温度の計測をしないといけないのですが、下記疑問があります。
条件
距離 15mくらい
測定箇所 30か所
測定対象 塗装鉄板、空気
測定対象温度 10℃~80℃

1.熱電対ですがどれがよいでしょうか?k型かt型かな???
2.熱電対の先ですが、ネジってはんだ付けで良いのでしょうか??
3.補償導線ですが15m中の割合はどの程度でしょうか??
 極端な話、熱電対0.5m補償導線14.5mとかでも良いのでしょうか??
4.熱電対と補償導線の接続ですがネジってはんだ付けで良いのでしょうか??

初歩的な質問で大変恥ずかしいのですが来週物品を購入しないといけませんので
ご教示いただけると大変助かります。

質問内容がダメな場合、なぜダメなのかもご教示いただけると助かります。
常識です的なのはいらないです・・・

Aベストアンサー

半田付するなら、T型になります。
以下のリンクに詳しい解説があります。
http://www.agrmet.jp/sk/2010/A-4.pdf

Q銅コンスタンタン熱電対に対する温度と起電力の関係式

銅コンスタンタン熱電対に対する温度と起電力の関係式が分かりません。
誰か分かる人教えてください。
クロメル・アルメル熱電対に対する温度と起電力の関係式は分かりますが・・・。
できればその関係式が載ってるページなども載せていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

銅コンスタンタン熱電対はT熱電対のことかと思いますが、
JIS C1602「熱電対」に標準熱起電力表があります。
日本工業標準調査会のページで閲覧が可能です。
http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

Q熱電対温接点加工の基本的な質問

熱電対温接点加工の基本的な質問をさせて頂きます
装置内の温度(20℃程度)をロガーを使用し、
熱電対(K)で測定しようと思っています
熱電対温接点加工済みの熱電対はコスト的に高価なので
100m巻の熱電対を購入し必要な数量で切断して
使用したいのですが、熱電対温接点の加工は、
単純に素線をよじる程度でいいのでしょうか
もしくは専用工具や接着剤で接着や溶接が
必要なのでしょうか
まったく基本的な質問な質問で申し訳ありませんが
皆様はどのようにやられているかお教えください
また、専用工具や接着剤等が必要であれば参考メーカー等
お教えください
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

>単純に素線をよじる程度でいいのでしょうか

たぶん、出力が不安定になりますよ。

自作したことは無いですが、加工品を見たところ溶接のような感じに仕上がっています。

うちの会社では熱電対加工をしてくれるところに頼んでいます。
素線の無駄な在庫が必要なく、こちらの指示通りの長さで作ってくれ、市販品よりかなり安いので。

Q熱電対について

デジタル温度計は熱電対という道具を利用しているようなのですが・・・そもそも熱電対とはどんなもので、それを使うとなぜ温度を測定できるのでしょうか??

Aベストアンサー

熱電対(ねつでんつい)

デジタル温度計に限らず温度の測定用として
いろんな測定器に使用されています。

このページはわりと判りやすく解説されています
http://www.pref.aomori.jp/kokukagaku/05_science/055_zee.html


また、測定の温度や用途に合わせいろんなタイプがあります
多くは 白金-ロジウムとか
銅-コンスタンタンとか
クロメル-アルメルとかで

それぞれB型、T型、K型とかに分かれています。
詳しくはこちらを

http://www.motoyama.co.jp/enjineer/enji07.htm

参考URL:http://www.motoyama.co.jp/enjineer/enji07.htm

Q自作熱電対の測定不能の原因および解決方法について

熱電対に関する知識や、使った経験が全くない全くの素人です。

自作のT熱電対をはじめて作成いたしました。
測定点は熱電対線の被覆を取り接点をよじっただけのものです。
ロガーにて記録しております。

作成当初は、無事に動いておりましたが、
水温を測定するため水につけてしばらくしてから、
複数個の熱電対全てにおいて正常に測定されなくなりました。

これは、測定点を露出したままにしていることが問題なのでしょうか。(錆び等の問題)
被覆しなければならないようならその方法も教えてください。
ちなみに長期間に渡り水温を測定したいため、熱電対を常に浸水させておく必要があります。

Aベストアンサー

T熱電対は,銅と銅ニッケル合金の素線でできています。
この内,銅は同じ材質の10円玉を見てもらえばわかりますが,酸化しやすく導電性が失われがちです。
試しに熱電対の抵抗を測ってみてください。導電性が無い場合は,先端の接点の導電性が酸化皮膜の形成により失われています。

酸化(さび)を防ぐためには,被覆が一番です。熱収縮性のテフロンチューブなどを利用するか,先端を閉じたガラスチューブに入れて測定するなどの方法を採ってください。
なお,厚手のテフロンチューブを使うと,熱伝導率の関係で温度の応答速度が遅くなる場合もありますので,ご注意ください。

Q市販の電源の出力電圧可変範囲と、モータドライバの入力電圧範囲

お世話になっております。

AC/DC電源を使用してモータドライバに電圧24Vをかけたいと考えてます。

「AC/DC電源は出力電圧可変範囲が±10%・無負荷にて
 モータドライバの入力電圧は24V±10%」
とカタログにとあります。

この場合、電源にモータドライバをつなげるため、電源に負荷がかかってしまい出力電圧が±10%を超える。
モータドライバの入力電圧を超えるため、モータドライバが壊れてしまうのではないか。

この考え方は合っているのでしょうか?
こんな細かいことは考えないのか、もっとしっかりと考えないといけないのでしょうか?
ご存知の方がおりましたら、どうか教えてください。
よろしくお願いします。
また、

Aベストアンサー

ご心配の主旨はなんとなくわかりました。
まず、「AC/DC電源は出力電圧可変範囲が±10%・無負荷にて」
の意味ですが、「可変」と「変動」では全く意味が異なります。出力電圧可変とは、出力電圧を24±10%の範囲で設定できるということです。例えば、22Vで使いたいとか、26Vで使いたいとか、用途によって、出力電圧を変えて使うことが出来るという意味です。変動幅は別に記載がありませんか? 大概は、±0.5%程度には制御されていると想像しますが。
それから、負荷が増えた場合は通常は電圧は下がる方向なので、全負荷の時に電圧が上がるという心配は無用だと思います。
更に、定電圧電源には電流制限機能を有している製品も多く、それだと、負荷設備と電源の過電流を防止できます。
以上は現物を見ないで一般的に書いただけです。お使いの電源の仕様書を再度お確かめください。

 

Q熱電対の誤差

熱電対に加えられた温度と起電力の関係を調べる実験を行ないました。
標準熱電対をCA、被測定熱電対をICとしたとき測定した起電力が公称値よりも多少大きい値になったのですが、この誤差が生じた理由がよく分かりません。
教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

大学等の物理系の実験と推測して、回答します。

「熱電対は、異種金属を溶接して作り、接触電位差を利用して温度を測るツールである」
ということはご存知ですね?
ご存知なかったら、大学の先生にお願いして、線材とアーク溶接機を貸してもらって、3つくらい、熱電対を作ってみてください。特性は、非常にバラつくはずです。だから「較正」しないと使えません。

だけど、そのデリケートさが、
「正確な温度測定を行えるデバイス」
である所以なのです。

Q熱電対について

 今実験のため、自分で熱電対を作ろうかと思ってます。熱電対の基本的な仕組はわかったのですが、測定についてがあいまいなので教えてください!

・測定する際、測定箇所と反対側の接点の温度についてですが、その温度は温度計で測るということを考慮して、液体か氷を接点にするべきでしょうか?
 そうすると、熱電対の2線は、電圧計の端子に接続してしまうので水や氷には接することが出来なくなりますよね?そうすると接点温度は、どういう場所に設定し、どうやって電圧計と接続するかがよく分かりません。

 ・あとどのくらいの電圧で、どのくらいの温度差となるかは自分で実験で求めるか、それとも用いた材質で調べれば分かるのかどちらでしょうか?
 素人質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 測定箇所と反対側の接点の温度
これは冷接点と言いますが原理的には零度に保ちます。
やり方は金属の筒に入れ絶縁して氷水の中に漬けるのです。

実際に実用的に使うときにはこれでは不便なので冷接点補償器というのを使います。
冷接点の温度と0度の間に相当する電圧を発生させてこれを熱電対の出力起電力に足すわけです。

材質の組み合わせによる温度-起電力のデータは「理化年表」などに載っていますが、自作の場合校正したほうがいいでしょう。


人気Q&Aランキング