福島第一の原発の冷却機能が地震で失われてた早期に米から
冷却剤のオファーがあったようですがこの冷却剤はどのようなものでしょうか。
化学的な観点、なぜ冷却に有効なのか、釜に入れた時の配慮などいろいろな観点からの情報を下さい。

政治的なコメントは今回は必要ありませんのでご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1様の回答にちょっと補足です。


軽水というと特別なもののように感じますが、これは普通の水です。
水以外の冷却材はなさそうですね。調べてもまったく見当たりませんし、実際のところずっと水で冷却ができていますから。

詳しいことは以下のページを参考にしてください。
http://www.nisa.meti.go.jp/word/9/0302.html
http://www.atomin.go.jp/dr_atom_glossary/ra/re/r …
http://www.atomin.go.jp/yougo/syosai.php?type=2& …

「冷却に使うもの」という意味であればホウ酸(ホウ素)というものもありますが、ホウ酸自体は冷却効果はありませんので、「冷却材(冷却剤)」と書かれているものには該当しないでしょう。

ちょっと話がそれますが、そもそも冷却材提供に関する報道には怪しげなものが多いので注意しましょう。
唯一、確かな情報と見られるのはクリントン米国務長官の発言だけですが、これもアメリカ側での情報混乱による誤った発言だったようです。

冷却材、搬送せず=米(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031200285

クリントン米国務長官の発言は誤情報で、それ以外はほとんどデマだと思います。不確かな情報に惑わされないようにしましょう。

デマだと思う理由
1)情報源が「xx関係者」など不明確なものばかり
2)冷却材の具体的な名前が一度も出てこないのは不自然
3)冷却材が不足しているという話を聞いたことがない
4)わざわざアメリカから水を持ってくる必要がない
5)アメリカ側に真偽を確認した人がいないのは不自然
6)内容が非現実的(7000tもの量が輸送されたとか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
水なら非現実的だど私もおもいます。

お礼日時:2011/04/19 16:33

軽水炉の冷却水は軽水。



米軍が、その後に、福島に運んでくれた軽水のことで、現在それを使用していると思われる。 また、ホウ酸は核分裂をおさえる役目がある。 この場合、冷却材は、軽水で 核反応を抑える物質がホウ酸では思われる。

軽水は熱中性子に対する吸収断面積 (σ = 0.644) が大きいため中性子を吸収しやすく、重水 (σ = 0.001) は吸収しにくいという異なった性質があるため[4]、原子力の分野では区別されて扱われる。

したがって、これには配慮は必要がない。

長期間冷却する必要があるが、海水は、軽水にない塩分等が含まれ、弁の固着・原子炉内に体積して冷却機能が阻害されるなどの弊害がある。 金属を酸化させる(塩害)なども。 原子炉に、海水を注入するのはよくないらしい。配慮としてはできる限り軽水を使用すること。

当初は、日本政府は断ったが、アメリカ側の指導により、海水では困るということで、
アメリカ軍がタンクに入れて持ってきてくれる。

だと思うが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。実際持ってきてくれたんでしょうか、、、そのあたりが気になります。原子炉に流し込み続ける水、大量にいるわけですし空輸と言うのもげせないし、、、タンカーで1ヶ月かかるとかじゃないでしょうか。超純水とかでなければいけないのでしょうか。。。もう海水を入れている後に。

お礼日時:2011/04/19 16:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子炉冷却用の電力量は?

日本には2009年で5千万KWhの原子力発電設備があるそうです。日本の電力需要の2~3割をまかなう量だということです。これらの原子炉はそれ自体で発熱をしており、発電に使わなくても原子炉を冷却する必要があります。これら原子炉を冷却するための電力はどれほどなのでしょうか?この夏の予想電力需要の内の何割が原子炉冷却用の電力量なのかを教えて下さい。
 原子炉冷却用の電力のみを原子力発電する必要があるかもしれません。

Aベストアンサー

燃料棒の発熱は原子炉を停止した直後で定格熱出力の10%程度、その後は発熱量は中の放射線量と同時に急速に下がっていきます。(下がっていかないと燃料交換できないし)

ですから、停止している原子力発電所で燃料の冷却に消費されるエネルギーはそう多くはありません。

稼働中だって冷却のためのエネルギーが発電量の何割もあったら熱効率悪すぎますよ。
(しかも冷却のための構造は火力発電だって変わらないわけですし)

Q原子炉を冷却する以前に

素人考え燃料を取り出してしまえばいいんじゃないですか?

Aベストアンサー

>放射線で加熱され続けていると言うことは原子炉内に燃料がある限り冷却し続けなければならないと言うことですか?冷却の必要がない状態に持っていく事は出来ないんですか?

 "積極的に"冷却する必要がない状態に持って行く事は可能ですが、そのためには時間がかかり、その時間を短縮する方法は存在しません。
 放射性物質は放射線を出す事によって別の物質に変化して行きます。(これを崩壊と言います)
 つまり、放射線を大量に出せば、その分、放射性物質の量は減って行く訳です。
 そして、原子核の数に対する、単位時間あたりに崩壊する原子核の数の割合は、放射性物質の種類によって決まっていて、崩壊する速さは、放射性物質の原子核の数が、最初の半分の個数になるまでに経過する時間の長さによって表されます。
 この時間の事を半減期と言います。
 つまり、半減期に等しい時間が経過する毎に、放射性物質の量は半分になって行き、半減期の2倍の時間が経過すると最初の量の4分の1、3倍の時間が経過すると最初の量の8分の1になります。
 放射性物質の原子核が1個崩壊する時に発生するエネルギーは、放射性物質の種類によって異なりますから、例外も少なくありませんが、一般的な傾向として、半減期の短い放射性物質程、単位時間あたりに崩壊する原子核の数が多いため、熱の発生が激しくなる傾向があります。(短い時間で激しく燃える様なものです)
 よって、使用済み核燃料の発熱が特に激しいのは、半減期が短い放射性物質が多く含まれているからで、その含まれている割合は、時間と共に急速に減って行き、放射線の量も減りますから、それと共に単位時間あたりの発熱量も減ります。
 そして、充分な期間が過ぎれば、半減期の長い放射性物質が崩壊する際に発生する熱が主な発熱源となり、冷却水を循環させなくとも、封入容器の壁を伝わって放出される熱量だけでも、充分に放熱が可能になる程、単位時間あたりの発熱量が減る事になります。
 原子炉から使用済み核燃料棒を取り出せるレベルにまで、放射能が低下するのに必要な期間がどの程度になるのかは調べても判りませんでしたが、取り出した使用済み核燃料棒は、直ちに冷却水が循環している冷却用のプールに入れられて、放射能が充分低下するまで、冷却し続けられます。
 そして、密閉容器に封入されるまでには、10年位、冷却し続けられるそうです。

>放射線で加熱され続けていると言うことは原子炉内に燃料がある限り冷却し続けなければならないと言うことですか?冷却の必要がない状態に持っていく事は出来ないんですか?

 "積極的に"冷却する必要がない状態に持って行く事は可能ですが、そのためには時間がかかり、その時間を短縮する方法は存在しません。
 放射性物質は放射線を出す事によって別の物質に変化して行きます。(これを崩壊と言います)
 つまり、放射線を大量に出せば、その分、放射性物質の量は減って行く訳です。
 そして、原子核の...続きを読む

Q地震に強い原子炉

地震の多発する我が国では、原子炉の耐震性が問題になっています。
ある程度の地震が来ると、制御棒が自動的に挿入されて核分裂が止まるようです。
ですが、それなら、はじめから地震や、衝撃、揺れに強い原子炉は、造れないのでしょうか?

ロシアには、原子力砕氷船が何隻か運航しています。 この船の原子炉って、かなり過酷な
状況に耐えていると思います。 砕氷の衝撃、横揺れなど・・。
こんな船の原子炉って電力会社の原子炉と造りが全然違うのでしょうか?
耐震性と言う事で、見習うべき所があるのでは、ないでしょうか?

Aベストアンサー

耐震性は問題無かったのですよ。
あれだけの地震と津波を受けて、原子炉建屋は崩壊して居ません。
一部にひびが入った程度です。

良く映像で流されて居た建屋が破損して居る様に見えていたと思いますが、あれは、建屋本体では無く、建屋の上部を覆っていた単なる屋根部分です。
構造自体は、通常の工場の壁や屋根と同じ程度の物で、そんなに強度などは考えられて居ない部分が壊れただけなんですよ。
マスコミさんなどはそういうのも気にしないで、原子炉建屋が吹き飛んだように報道して居ましたけど、現実はほとんど影響受けていなかったという状況なんです。

ですので、耐震性と言う部分で見れば、特に問題無かったと言う状態になると思います。

その後の事故につながったのは、電源が無くなった事での冷却が出来無くなったと言う部分でしょう。
非常用発電機や燃料タンクが津波で流されてしまったと言うのが大きな失敗になると思います。

ですので、耐震性とは違う部分の話と言う事です。

Q【福島第1原発事故3号機】の原子炉が吹き飛んだ時に出動していた東京電力の正社員は全員帰還しましたが3

【福島第1原発事故3号機】の原子炉が吹き飛んだ時に出動していた東京電力の正社員は全員帰還しましたが30人?40人が行方不明になりました。

この行方不明という表現は死亡したという意味だと思いますが、30人?40人の作業員は誰だったのでしょうか?

東京電力の正社員以外に誰が活動していたんですか?

Aベストアンサー

事故の影響で亡くなって、建屋の地下で発見された東電の行方不明者は2人です。

Q原子炉容器

原子炉の容器は 耐応年数は どれほどですか この間テレビで 原子炉を運転している原子炉容器は 年々弱くなるそうですが 二十年 三十年 使い続けて大丈夫なのですか 又 廃炉に出来るのですか

Aベストアンサー

玄海1号はその試験片で危険な93度だと聞いています。限界は98度です。
それをどうゆうわけか実際の圧力容器は80度であると結論してますよね。
福島1号はすでに圧力容器に微細なひび割れがあって津波がなくても地震でこわれてたらしいです。60年というのは運転できる年数です。60年たった時、災害に耐えられる年数ではないと思います。

Q福島第一原発以外の地震のゆれ

福島第一原発では設計上の想定をこえた地震の揺れがあったと報告がありましたが、ほかの原発の揺れの実測値と設計上の想定値は分かりますでしょうか。

Aベストアンサー

原発 3基で想定を超える揺れ
4月1日 19時1分
東日本大震災の地震で、福島第一原子力発電所では、6基ある原発のうち3基で、観測された水平方向の揺れが設計上の想定を超えていたことが分かりました。
東京電力によりますと、先月11日の地震で、福島第一原発で観測された揺れの強さを示す値のうち最も大きかったのが2号機で、水平方向で設計上の想定をおよそ26%上回る550ガルを記録しました。また、いずれも水平方向の揺れが、5号機で想定をおよそ21%上回る548ガル、3号機でおよそ15%上回る507ガルとなり、6基ある原発のうち3基で設計上の想定を超えていました。一方、福島第一原発の残りの3基と福島第二原発の4基は、水平方向も垂直方向も設計上の想定の範囲内になっていましたが、中には想定の最大値に迫る値を記録した原発もありました。東京電力は「得られたデータをより詳細に分析し、改めて地震動の評価をしていきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110401/k10015051591000.html

<福島第1原発>周辺の津波 14メートル以上の可能性
毎日新聞 3月21日(月)20時17分配信
 東京電力福島第1原発周辺で、14メートル以上の津波が押し寄せた可能性があることを21日、経済産業省原子力安全・保安院が明らかにした。設計時に想定した津波の高さの3倍近い。東電と保安院は、津波が原発の安全の根幹にかかわる原子炉の冷却機能を喪失させ、今回の事故につながったとみており、他の原発でも再検証が求められるのは必至だ。
 保安院は同日午後の会見で、「津波の高さは一番高い所で(水が)触れたものを見れば分かる。未確認だが、14メートルの高さの駐車場を超えていると聞いた」と説明した。東電が同原発で設計時に想定した津波の高さは約5メートル。津波は浅い海岸付近に来ると波の高さが急激に高くなる特徴があるほか、連続して押し寄せるため、沿岸に到達した津波の高さ以上まで駆け上がる。
 今回、同原発では、3号機を襲った東西方向の揺れの強さが507ガル(ガルは加速度の単位)と、保安院が耐震安全の基準値として認めた数値の1・15倍だったのを除き、揺れはおおむね基準値を下回った。しかし、敷地内にある原発に送電するための鉄塔が倒壊。さらに津波の影響で、原子炉を冷やすための緊急炉心冷却装置(ECCS)を駆動する非常用電源が6号機を除いて使えなくなり、外部からの受電設備も水没して事態を悪化させたとみられる。
 東電は今回の事故を、設計時の想定を超えて炉心の損傷につながるような「過酷事故(シビアアクシデント)」と認めている。保安院によると、東電は複数の対策シナリオを国の指示で02年に作成したが、津波による被害は考慮されていなかった。国の「原子力白書」でもシビアアクシデント発生の可能性について「工学的には考えられないほど低い」などとしていた。【八田浩輔、山田大輔】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000087-mai-soci

原発 3基で想定を超える揺れ
4月1日 19時1分
東日本大震災の地震で、福島第一原子力発電所では、6基ある原発のうち3基で、観測された水平方向の揺れが設計上の想定を超えていたことが分かりました。
東京電力によりますと、先月11日の地震で、福島第一原発で観測された揺れの強さを示す値のうち最も大きかったのが2号機で、水平方向で設計上の想定をおよそ26%上回る550ガルを記録しました。また、いずれも水平方向の揺れが、5号機で想定をおよそ21%上回る548ガル、3号機でおよそ15%上回...続きを読む

Q壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

毎日新聞 10月27日(木)2時30分配信の毎日新聞の記事で、「<福島第1原発>1~4号機の廃炉まで30年以上」と言うものが掲載されていました。
その中で、『報告書案によると、廃炉措置は原子炉の「冷温停止状態」を年内に達成したうえで』と言う一文があります。そもそも、福島第一原発の原子炉って、津波で壊れてしまっていますが、「冷温停止状態」ってありえるのですか?

「冷温停止状態」の定義とは、「原子力発電所などにおいて、原子炉内の温度が100度未満となり原子炉が安定的に停止した状態のこと。」と、書かれていました。
私は、「冷温停止状態」と言うのは、「正常に稼動している原子炉の一つの状態」を表しているという理解なのですが、壊れてしまった原子炉にも適用される言葉なのでしょうか?

メディアでも、時折「福島第一原発が冷温停止状態に~」と伝えられるのですが、これはありえる状態なのでしょうか?

可能であれば、専門家の方の意見を聞きたいと思ったのですが、どこに質問すればよかったのかわからないので、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけないでしょうか?

壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

毎日新聞 10月27日(木)2時30分配信の毎日新聞の記事で、「<福島第1原発>1~4号機の廃炉まで30年以上」と言うものが掲載されていました。
その中で、『報告書案によると、廃炉措置は原子炉の「冷温停止状態」を年内に達成したうえで』と言う一文があります。そもそも、福島第一原発の原子炉って、津波で壊れてしまっていますが、「冷温停止状態」ってありえるのですか?

「冷温停止状態」の定義とは、「原子力発電所などにおいて、原子炉内の温度が100度未満...続きを読む

Aベストアンサー

東京電力も福島第一に従来の冷温停止状態という定義があてはまらないことは重々承知しています。

そのため、福島第一に対しては冷温停止ということについては

1、圧力容器下部の温度がおおむね100度以下になっていること
2、格納容器からの放射性物質の放出が管理され被ばく線量が大幅に抑制されていること

という特別な定義づけをして、その状態に年内に持っていくことを目標としています。

Q福島第一原発の送電線を復旧させては?

福島第一原発の送電線を復旧させるしかないと思うのですが、今やっていますか?
やっているとしたらどこからどこに電線が走っていて、復旧にどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

>原子炉の冷却に、外部電源で本来のポンプを使う必要があるということです。
>非常用ディーゼルが使えない以上、他の都市から福島第一原発に必要な電気を供給するべきでしょう。

昼ごろのニュースでは工事中で今日中には完成させるそうです

情報が少ないのでいたし方ありませんが、素人が思いつく程度のことはすでに検討されている/効果が期待できて対応可能ならば着手しています

Q「原子力船むつ」の解体された原子炉は今何処に?

 むつは原子炉が撤去され「輸送船」として再生したようですが、肝心の放射能漏れを起こした
原子炉や燃料は今何処にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それが防衛省の管轄の原子力船むつなら真相や解体された原子炉格納容器や原子炉圧力容器や炉心や燃料集合体は、どこの行ったがは、ほとんど不明
理由は、防衛省の秘密のベール(機密扱い)で幽霊を探す見たいに機密文書にしか解体、処理された行き先は、絶対不明



福島第一原発は、1号機~4号機までは、不純物が入った海水を使っちゃったからもう廃炉でしょう
でも冷却装置を復旧さして炉心を百度以下にしてから使用済み核燃料集合体を3年~5年間最終冷却して使用済み核燃料再処理工場に送られます。
原子炉は、じょせん作業して約20年~30年かけて放射性物質や放射能や放射線を完全除去してから原子炉建屋次原子炉格納容器次原子炉圧力容器を解体します。
費用は、何百億円もかかります。
大体市(政令指令都市や大都市を除く)の一年の予算に当たります。
原発一基を解体するのに約30年
福島第一原発は、約40年は、軽々超える見透視である
東京電力は、上場を廃止するして事実上国有化して再建するかそのまま上場し続けて特別優先株を発行して事実上国有化にして再建するか
解説
上場て言いますとテレビでよく出てる東証第一部に出てる大手企業(トヨタやホンダや王子
特別優先株は、政府が買った株式だけに株主総会に出る権利が与えられます。普通株より優先株の方が優先的に配当が普通株より多く配当を受けられます。
国有化は、昭和の時代に日本電信公社や日本国有鉄道や日本郵政が挙げられます。
今は、民営化されてます。
防衛省は、総理大臣から防衛大臣から総合幕僚長から航空幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長から各部隊長から命令がでます。
有事のさいこの命令系統で国防します。

それが防衛省の管轄の原子力船むつなら真相や解体された原子炉格納容器や原子炉圧力容器や炉心や燃料集合体は、どこの行ったがは、ほとんど不明
理由は、防衛省の秘密のベール(機密扱い)で幽霊を探す見たいに機密文書にしか解体、処理された行き先は、絶対不明



福島第一原発は、1号機~4号機までは、不純物が入った海水を使っちゃったからもう廃炉でしょう
でも冷却装置を復旧さして炉心を百度以下にしてから使用済み核燃料集合体を3年~5年間最終冷却して使用済み核燃料再処理工場に送られます。
...続きを読む

Q福島第一原発の4号機と5号機と6号機について

福島第一原発の4号機と5号機と6号機は定期点検中でした。
それなのに、15日あたりに使用済みの燃料棒の温度が少しずつ上昇しました。
その理由は何だったのでしょうか?
テレビを見ていても理由については触れていなくて気になっています。

原発には無知なのですが以下のように予想してみました。
(1)使用済みの燃料棒のためのプールにも常に水をポンプで送って冷却を続けないといけないのに、途中でポンプか電源が壊れた。
(2)プールは通常は一定温度に保たれているのだが、1~3号機のいずれかで発生した中性子が飛んできて、核分裂が起こって水温が上がった。

どちらかが合っているでしょうか?それとも全く違うのでしょうか?

原発に詳しい方、あるいは
テレビ、新聞、インターネットなどの情報でも、
ご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

> (1)使用済みの燃料棒のためのプールにも常に水をポンプで送って冷却を続けないといけないのに、途中でポンプか電源が壊れた。
・ピンポン!
大当たり。

> (2)プールは通常は一定温度に保たれているのだが、1~3号機のいずれかで発生した中性子が飛んできて、核分裂が起こって水温が上がった。
・コレは、絶対にない。

核燃料は、我々が普通に使う石油や石炭とは全く違う性質があります。
核燃料は、非常に不安定な物質で、常に安定物質に変わろうとする性質があります。

例えば、二酸化炭素は気体状態が安定物質です。
二酸化炭素を水に溶かして炭酸にすると、二酸化炭素は不安定な液体になります。
炭酸水の炭酸(水に溶けた二酸化炭素)は、何もしなくても、勝手に大気中に抜けて行き、やがてただの水に戻ります。
コーラを抜栓し数日放置すると自然に炭酸が抜けるのと同じです。

核物質は、困った事に、不安定な状態から安定な状態に変わる際に、放射線と熱を発生させる物質です。
しかも、その反応は、水中よりも大気中の方が激しい。
水中では、比較的ユックリと反応する。
核燃料(子供の小指大ペレット)一個は、最低でも3年間は水に浸して冷却する必要があります。
核燃料の集合体をもしも冷却しなければ、数千度まで自然に加熱し、周りの設備を溶かす事になります。
このため、核燃料は、しっかりと水で冷却する必要があり、自衛隊や消防で必死に水を掛けていたわけです。

> (1)使用済みの燃料棒のためのプールにも常に水をポンプで送って冷却を続けないといけないのに、途中でポンプか電源が壊れた。
・ピンポン!
大当たり。

> (2)プールは通常は一定温度に保たれているのだが、1~3号機のいずれかで発生した中性子が飛んできて、核分裂が起こって水温が上がった。
・コレは、絶対にない。

核燃料は、我々が普通に使う石油や石炭とは全く違う性質があります。
核燃料は、非常に不安定な物質で、常に安定物質に変わろうとする性質があります。

例えば、二酸化炭素は気体状態が安定...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報