痔になりやすい生活習慣とは?

よく日照り続きで、水不足だとやれいいますが、


なぜ、海の水を使わないのか?

あれを、塩を抜いて、空中から降らせたり、スプリンクラーで噴射させて気温を和らげたりいろいろ方法はあります。


なぜそうしないのでしよう?

ダムの水だけでは、頼りないではないですか。

海まで行かなくとも、川でも豊富に水はあります。

活用しきれないのでしょうか?
技術が追いつかない?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

海にも沸き水があるんですよ。


ミネラル水として売られている深層水は良い水だなんていうのはそのあたりかと・・

また淡水化プラントは、水不足の島々で既に始まっています。ただし、ろ過フィルターの効率が非常悪く、交換頻度やコストも生産ラインではないらしく、事情があるエリアだけに留まっている感じでしょうか。(私は、詳しくは分かりませんが、作っている企業や市町村区役所でも教えてくるれると思います。)

ダムの水で不足気味なのは、近年の干ばつ状況からも分かります。
企業開発の進展や生活の向上や異常気象などが原因だと思います。

ダムも立地条件や技術により、ピンきりなのですが、ただダムは、ある時は常に放水し続けています。

そのような水の再利用が出来れば良いのにって思うことはあります。川の水も、井戸水も地下水湖の水も、利権者により取水制限がかけられいることが一般的です。農業用水や工業用水の確保とかが歯止めになっているように思います。

飲料水と、雑用水と分け、生活水を作り出す方法はあります。ムダに消費させない方法もあります。どちらも実行するのは人です。

原発に使う予算はあっても、そのような技術開発に使う予算は確保され難いのが現状だと思います。矛盾です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:03

http://ja.wikipedia.org/wiki/海水淡水化
に技術は解説されています。

脱原発で生じる多額の燃料費を払う気持ちがあるお金持ちの日本人たちならば海水から水を作る費用は払えるかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:00

店頭の深層水はコストに何倍もの利益が乗せられているので、単純計算はできませんが、ダムに深層水を貯めるコストがどれほどのものかを考えなければなりません。

河川にも水が溢れ、田畑を潤すためのコストは膨大になります。

乾燥地域や離島などでは生活に必要な最低限度の海水を淡水化しているにすぎません。砂漠を密林に変えるには至っていません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:00

ダムに水がないってことは川も水がない


海水から塩分を抜くのはおそろしいコストがかかる
降らせたりするなど論外、水道料金を10倍にしてもたりない

以上です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:00

>海まで行かなくとも、川でも豊富に水はあります。



川の水は、水利権がなければ取水できません。
勝手に取水してはいけないのです。

ダムについても、ダムをつくることによりいつもより余分に水が使えるようになった分だけ取水が認められています。
http://www.mlit.go.jp/river/riyou/main/suiriken/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:01

> なぜ、海の水を使わないのか?



簡単な話しで、日本は水に困ってないからです。
日本は水資源が豊富な国で、海水などを使う必要は、全く無いです。

水が「枯渇」したら、概ねの生物は生きられませんので、真剣に考えなきゃなりませんけど、単なる「不足」だから。

実際、水利が悪い中東の各国などは、海水の淡水化プラントなどを建設し、高~い水を利用していますよ。
ただ、そう言う国は、石油より水が高い様な状況で、わざわざ水を作ってもビジネスとして成立するとか、石油による利益で潤ってるので、行政が提供するインフラ事業としても成立するワケです。

シンガポールなども、近隣国から水を輸入しているなどと聞いたコトがありますが。

一方、「枯渇することは無いレベルの水不足」の我が国では、極論すりゃコンビニでペットボトルの水を買い、その水をダムに注ぎ込む様な真似は、不経済極まりないし、赤字財政を押してまで、やる必要もありません。
コンビニとかで水が品切れで、国民が水を奪い合う様にでもなれば別ですが。

しかし日本じゃ水不足と言っても、たま~に公園の水のみ場が使用禁止になる程度でしょ?
逆に言えば日本と言う国は、普段は水くらいは、タダでいくらでも手に入る様な国であり、お金を掛けて作る様な必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:01

日照が続くと、畑に水をやる必要がありますが、この水は水道水ではありません。


田舎ではやむを得ず、地域の簡易水道を利用することもあるかもしれません。

田の水は、ため池や川の水を直接あるいはポンプで揚水して使っています。
ポンプで川から揚水すると水はちゃんと供給できますが、雨水を溜めるため池は雨が頼りです。

畑の場合は、主に降水により自然に水分を補給できますが、雨が降らない日が続くと水を用水路で人工的に運ぶ必要があります。その用水路の水がなくなると困ります。小さな川だと水枯れしたりもあります。

都市部の場合は、河川の水を浄化して水道水を作りますがこれも河川の水が少なくなると困難となります。
田舎でも大きな河川のない市町村では他市町村から水を買います。

ダムの水は山間部にあるために水道には直接利用できません。あれは水を蓄える機能と大雨のときに蓄える機能です。
そのため大雨の前から河川に放流します。水道局は人口の多い下流部で河川の底から汲み上げています。


■海まで行かなくとも、川でも豊富に水はあります。
活用しきれないのでしょうか?
技術が追いつかない?

>>河川の下流部は、満潮時にはなみなみと水があるように見えますが塩水です。
干潮時やすこし上流部を観察してください。
水は、渇水時にあわせて消費すべきであると考えます。
河川の水がなければ漁業も成り立ちません。

現在の河川の流量は50年前の1/3程度しかないようです。
それは、森林伐採と、杉などの植林による山の保水力の低下が原因です。
水不足になることを予想しないで、森林を伐採したり、植林を進めたことが水不足の原因です。
大規模な洪水も保水力不足も関係しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:01

>活用しきれないのでしょうか?



活用する予算がないから活用されない。
お金があまっているドバイなどでは、海水を真水にして供給しているそうです。

>技術が追いつかない?

技術は追いついています。
日本の化学メーカーの限外濾過膜は世界一の性能で、海の水でも、どぶの水でも、飲み伊豆にしてくれます。
原子力潜水艦には必ずついています。生命維持装置ともいえますね。

http://www3.scej.org/education/kaitan.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:01

塩分が含まれていますから、そのまま使うとすぐノズルが詰まります。


1日と持ちません。

先に脱塩すればいいですが、その費用は水道代より高くなります。

ダムが渇水してる時は川も渇水していますから、安定して供給できません。

活用するには途方もないお金が掛かるんです、あなたが毎年4億円ほど寄付してくれるんだったらいいけど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:02

 技術的には可能だけど、どうも水の権利の問題もあります。

結構複雑みたいです。川があるからそれを使える訳でもないようです。

 ちなみに、長崎の方で塩を作っている過程で水が出来るので、それを水道水や温水をプールにつかっている事も可能です。ただ都心だと海水が綺麗ではないので、ゴミとか相当だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thankyou

お礼日時:2013/08/01 08:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海水を水道水として利用することはどうしてできないのでしょうか?

現在、沖縄では水不足が伝えられていますが、なぜ海水を真水にする技術を使って、水道水を供給しようとしないのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

少量の淡水化装置ならすぐ間に合いましょうが、かなりの人口をまかなう「恒常的な淡水化プラント建設」となると話は別です。
充分「雨」が降れば、いらなくなって「公共事業のムダ遣い」と言われそうですし(笑)
船で飲料水だけでも輸送する方が、現実的でしょう。
今後のことを考えると、古い小型タンカー(輸送量に応じた)を改造すれば充分です。日本中が「水不足」ということはまずないでしょうし。

#1さんのお答えの「コストが高い!」ということに関しては、参考URLによると「工業用水」レベル(=浄水場入り口と同じと仮定して)で、約85円/tとのことですから、ウチ(約20t/月)なら単純に約4割アップという計算もなりたちますね。

川やダムからの取水(原水のコストは雨なのでタダ)に比べ、かなり海の深いところからポンプで汲み上げなきゃいけないようだし、ダムの建設費も高いですが「大雨のときの洪水調節機能」や「農業用水」・「水力発電」も担っているわけですから、そういう社会全体の経済効果も無視できません。

「水不足」で有名な香川県在住ですが、ウチの子供達が通っていた小学校の体育館の改修工事の際に、雨水の貯水タンクを造って、雑水として利用できるようにしたそうです。
日本は水資源が豊かだったせいで、庭の花壇に「飲料水」を撒くという、雨の少ない外国からみると「とんでもないこと」を平気でやってるわけで、水は「タダ」じゃないんですがね・・

参考URL:http://www.toray.co.jp/news/water/nr031019.html

少量の淡水化装置ならすぐ間に合いましょうが、かなりの人口をまかなう「恒常的な淡水化プラント建設」となると話は別です。
充分「雨」が降れば、いらなくなって「公共事業のムダ遣い」と言われそうですし(笑)
船で飲料水だけでも輸送する方が、現実的でしょう。
今後のことを考えると、古い小型タンカー(輸送量に応じた)を改造すれば充分です。日本中が「水不足」ということはまずないでしょうし。

#1さんのお答えの「コストが高い!」ということに関しては、参考URLによると「工業用水」レベル(=...続きを読む


人気Q&Aランキング