等温変化のときdU=0
dQ=dW=PdV―(1)
PV=nRTからP=(nRT)/V―(2)

(1)式と(2)式から
dQ=dW=nRT・dV/V=nRT・ln(V2-V1)―(3)
であることは分かります。

何故(1)式から(2)式を使わずに
dQ=dW=PdV=P(V2-V1)―(4)
としてはいけないのでしょうか?

(3)式と(4)式の違いが分かりません。
分かる方がいらっしゃるのであれば教えてください。

A 回答 (2件)

圧力が定数ではなく体積の関数だからです。



それと、おそらく(3)式の左辺は微少量をあらわすdQ, dWではなく、総量であるQ、Wのはずです。積分も忘れずに。ちゃんと書くと

>(1)式と(2)式から
>dQ=dW=nRT・dV/V

となりこれを積分して、

Q = W = nRT∫dV/V = nRT・ln(V2-V1)―(3')
    • good
    • 1
この回答へのお礼

> 圧力が定数ではなく体積の関数だからです。
この一言で理解しました。ありがとうございます。

あともう一方が注意してくれましたが、
ln(V2-V1)でなくてln(V2/V1)の間違いでした。

お礼日時:2011/04/11 16:05

なぜ、式(2)を持ってきたのか です。


温度一定で体積を変えれば圧力も変わってしまう、
それが分かっていてこの式を考えたのではないですか。
そういうことが分からずにただ本に書いてあるからというだけですか。
この式は「ボイルの法則(1662年)」です。
江戸時代の初めごろに見つけられた法則の意味がいまだに理解できてないということはないでしょう。

積分操作を加える前の表現と後の表現の区別ができていないというのも悲しいですね。
おまけに積分も間違っています。
dQ=dW=nRT・dV/V
Q=nRT∫dV/V=nRTln(V2/V1)

ln(V2-V1)ではありません。
lnV2-lnV1=ln(V2/V1) という変形をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今更ですが、お礼をつけていないことに気づきました。ありがとうございます。
(3)式と(4)式の違いが分かりません。
と聞いているので"この答え"が知りたかったのですが、余計な回答は要りません。
答えて貰っていながらこんなことを言うのもなんですが、質問に答えるという常識を知って頂きたいです。
邪魔な回答は正確な回答をして下さる人に対して本当の意味で邪魔にしかなり得ません。

お礼日時:2012/08/27 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

QdU=TdS-pdVはどうやって出てくるの?

質問の通りですが、導出過程がわかりません。
U=Q-Wを微分して求めると思うのですが、
Q,Wはそれぞれどうなるのかわかりません!!!

Aベストアンサー

>U=Q-Wを微分して求めると思うのですが、

この式を微分することはできません。

第一法則はエネルギー保存則です。
変化について述べている法則です。
内部エネルギーの増加は外部から入ってきた熱量と外部からされた仕事の和であるというものです。
△U=Q+W
仕事が体積変化に伴うものだけだったとすると圧力一定として
W=-p△V
圧力が変化する場合には圧力が一定とみなせる範囲で△Vを考えて足し合わせます(・・・積分するということです)。
Qは微小量を考えることはできますが微分は出来ません。状態量ではないからです。
系に入ってきた熱量Qとエントロピー変化との関係は△S≧Q/Tです。等号は準静的過程について成り立ちます。上の第一法則の式を入れます。
T△S≧Q=△U-W=△U+p△V
従ってご質問の式は準静的過程での微小変化に対して成り立ちます。

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません

電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません。
物理で、抵抗R、コンデンサC、スイッチSが閉じる回路があり、コンデンサCの両極に±Qの電荷がある。
このとき、スイッチを閉じ抵抗Rを通じて放電するときの電流の時間変化を求める問題において、I=-dQ/dtとして、微分方程式を立てて解くことみたいです。そのとき、なぜ、電流をI=-dQ/dtとするのがわかりません。下記のページ↓を見ても、なぜこの問題においてI=-dQ/dtとするのかわかりません。わかりやすく教えてください(+o+) お願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222281602

Aベストアンサー

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上の電荷の意味です。
だからこの式は方程式なのです。(定義式ではありません。)
(この場面でI=dQ/dtは出てきません。電荷が増加する方向に電流が流れるということが起こらないからです。起こるとしたら電池を接続しての充電の場合です。#2の図でいえばスイッチの入っている方向が違うのです。1つの場面に両方の式が出てくるということはありません。)

極板に電荷がたまっていればQ=CVで決まる電位差が存在します。
電流Iはこの電位差とも関係します。I=V/Rです。
I=Q/(CR)ですから微分方程式は Q/(CR)=-dQ/dtになります。
変数分離で解くと初期値をQoとして
Q=Qoexp(-t/(CR))

放電によって電荷が(指数関数で)減少するという結果が出てきました。
-をつけた式で考えたので矛盾のない結果になったのです。

充電の場合でしたら
I=dQ/dt
Q=CV
I=(E-V)/R  ・・・  (Eは電池の起電力)

t=0でQ=0という条件で解くと
Q=CE(1-exp(-t/(CR)))

t→∞でQ=CEです。
充電できました。

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上...続きを読む

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

QPV=nRTが納得できません。

気体の温度と圧力の関係に関する質問です。
気体の分子のひとつひとつの運動が速ければ、温度が高いということになりますが、その速度で動いている分子の密度が大きい場合は温度が変わらず圧力が上がります。疑問を持つべき場所では無いのかもしれませんが、やっぱり納得できません。速い分子の数が1個だけの場合と比べて、たくさんある場合の方が「熱い!!」と感じないのでしょうか。

Aベストアンサー

それは、確かに「熱い」と感じるだろうと思いますよ。

ある温度の気体に指を突っ込むとするでしょう?中の分子の数が多ければ多いほど、指にぶつかってくる分子が多いから、指の温度が早く上がりますし、その気体は指によって冷める度合いが少ないでしょう?
これがあなたの想像の「熱い!!」です。

分子ひとつの中に指入れても、分子ひとつ指にぶつかって、それでその気体は冷めてしまいます。また、分子ひとつ分のエネルギーで指の温度がどれくらい上がるものか・・・・つまり全然熱くないはずです。
計算してませんが、分子ひとつなら、2000℃の"気体"に指入れたって、痛くも痒くもないんじゃないかな。

気体の状態方程式でいう温度は、そういうふうに温度を測る指なり器具が、奪う温度を考えていません。
#2の方のご説明にもあるとおり、分子がひとつであろうが、10000000個であろうが、それぞれが100℃なら、全体も100℃となるわけです。

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q濃度と圧力の関係(PV=nRT)

体積・温度一定の場合に、
圧力が高くなった場合は、ある気体Aの濃度は高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

考えている気体によります。
普通のボイル・シャルルでは、VとT一定ならPも一定ですが、
たとえば、N_2 O_2 ⇔ 2NO
のように総モル数が変化する化学変化が起きるか、
気体を注入してnを増やせば、そういう現象もありうるとおもいます。

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q状態方程式 pV = nRT(1+BpT)

大学院の問題に次のような状態方程式がでてきたのですが・・

pV = nRT (1+BpT)
Bは正の定数 Rは気体定数

これはどのような気体(モデル)に対する状態方程式なのでしょうか。
物理学に詳しい方、ご回答いただければありがたいです。

Aベストアンサー

理想気体の状態方程式は
(1) pV = nRT
ですが,現実の気体は多かれ少なかれ理想気体とは異なります.
その効果を逐次補正的に入れようというのが質問の状態方程式
(2) pV = nRT (1+BpT)
で,ビリアル展開と呼ばれています.

でも,なんだか変です.
右辺( )内の第2項は B_p p (B_p は B に下付 p)ではないでしょうか(つまり,B_p と p の積).
B_p は温度 T と気体の種類によって決まりますので B_p(T) と書くこともあります.
普通は
(3) pV = nRT (1+B_p p)
と書かれます.

T に比例する補正を入れてはいけないのか(あるいは補正を T に比例するように書き直せないのか)?
それはまずいです.
理想気体からのずれは温度が低いほど,圧力が高いほど,顕著になりますから
温度で補正を入れるなら補正項は 1/T に比例するようにしないといけません.

ビリアル展開,ファンデルワールスの状態方程式,などで調べてみて下さい.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング