電磁波は電界と磁界が交互に変化してるのが波動として伝わっているみたいですが、交互に変化しているなら縦も横もないような気がします。
しかし、電磁波は横波だと聞きました。一体何を基準に縦波か横波かを決めているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

多分、電場と磁場がベクトル量だということをご存知ないのではないでしょうか。


ベクトル量というのは、色々言い方がありますが、「向きと大きさを持つ量」です。あるいは、簡単なイメージとしては、「ベクトルとは矢印のこと」です。矢印の向きがそのベクトルの向きを表し、矢印の長さがそのベクトルの大きさを表します。
電場というのはベクトル量、より正確には「ベクトル場」です。空間の各点に、ベクトルが定められています。磁場も同じです。その変化の伝播が電磁波です。

空間のベクトルは、一般に3つの数値、すなわちx成分、y成分、z成分で表すことができます。というのは、矢印の始点を座標原点に置いてみたときの、終点(矢印の先端)の座標(x,y,zの3つの数字)を使うことで、その矢印の向きと大きさを表すことができるからです。
いま、たとえば「z方向に進行する電磁波」があったとします。このとき、電場のx成分、y成分は空間的・時間的に振動している(波として伝播している)のですが、電場のz成分は変化していません。
これが電磁波が横波であるという意味です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

え?電場と磁場ってベクトル量だったんですか?
なるほど、それなら電磁波に縦波と横波の概念があるのも頷ける。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/14 08:26

進行方向に対して進行方向に変化が起きる場合を縦波と言います。


電磁波どうか言えば電磁場の変化ですから空間として進行方向の変化とはとてもいえません。
つまり進行方向のような1次元空間での変化でなく別の次元の変化であることから横波という表現を使います。
これを水の表面の波のような進行方向に対して直角方向の変化としての横波と考えるのは間違いと思ったほうが良いでしょう。

「電磁波は電界と磁界が交互に変化してるのが波動として伝わっている」と言う見方は古典的な表現であって正しいものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電界と磁界が交互に変化しながら進んでると縦波も横波も関係無いような気がしていたのですが、どうやら自分は電場と磁場がベクトル量である事を知らなかっただけのようです。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/14 08:28

スポーツ観戦をしている時にウエーブが起きることが有りますよね。


「ウエーブ」つまり波です。
この時の波の進み方と人の頭の動きを見ると、波は右から左(又は逆)に動くのに頭は上下に動きます。
波の進行方向と波を作っている頭の動きの方向は直角になっています。これは横波です。

それでは、座ったままで頭を前後に揺らす波はどうでしょうか。
これを上から見ると波の進行方向と頭の動きが直角になっているので横波です。

次に頭を左右に揺らす波はどうでしょうか。
この場合、波の進行方向と頭の動く方向は同じですので縦波になります。

「ウエーブ」の場合、横から見ると頭が上下に動きますが真上から見ると左右には動いていません。見る方向によって動きが変わります。
左右に揺らす波の場合は横から見ても上から見ても動いているのが見えます。

進行方向に対して波を作っているものが直角に動いているものが横波で、同じ方向に動いているのが縦波です。
ちなみに、電磁波以外で横波が伝わる事が出来るのは固体中に限られます。
空気中を伝わる音波には縦波しかありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
縦波と横波の違いとしては分かりやすかったです。
だけど、自分にはその波を電磁波に当てはめて考える事が出来ないんですよ。

お礼日時:2011/04/14 08:09

偏光板は光が横波であることを説明する時によく使われます。


でも偏光板の構造は目に見えません。構造から性質を説明するのはやはり無理があるでしょう。

2枚の偏光板を重ねて光の通り方を見た場合、偏光板の重なり方によって光の透過度が異なります。
片方を固定して他方を回転させて行きます。明るさが大きく変わります。ほとんど光が通らなくなる角度とよく光が通る角度が90°ごとに出てきます。
これから言えることは「縦波だったらこういうことは起こらないだろう」ということだけではないでしょうか。
「光を通す物質の状態が進行方向に垂直な方向で変化したとしても縦波だったら影響を受けないだろう」ということです。「縦波でなければ横波だ」ということになります。

高校物理の教材に「マイクロ波発生機」というのがあります。「兄」という漢字の足の部分が横に伸びたような形の発信アンテナ(棒アンテナ)が付いています。棒の延びている方向は電波を送る方向に対して垂直です。後ろに放物線の形をした送信反射板が付いています。
そこから出た電波を別のアンテナで受け取ってアンプに通します。電波を受けとるとスピーカーから音が出ます。
棒アンテナですから棒の方向に電界が振動します。空中を伝わる電波もこの方向に振動しています。
途中に枠に金属棒を平行に取り付けた「すだれ」を置きます。枠の大きさは新聞紙1ページぐらいです。金属棒の間隔は5cmほどです。
すだれの金属棒の向きを発信アンテナの棒の方向に対して回転させて行きます。マイクから聞こえる音の強さが変化します。金属棒の向きと発信アンテナの棒の方向が平行の時にマイクから聞こえる音が一番小さくなります。垂直の時に一番大きく聞こえます。
平行の時にはすだれの棒がアンテナの役割をして電波を吸収するからです。発信の時と同じ方向の電界の振動が金属棒で起こることが可能だからです。(穴を通るというイメージではないというのが分かるので生徒は感心します。)
この装置は偏光板の(目に見えるスケールへの)拡大版になっています。

おまけ
2枚の偏光板の間にセロファン紙を重ねたものを挟みます。片方の偏光板を回転させていくとセロファンの部分が虹色に変化します。万華鏡の色の変化のようにも見えます。セロファンの重なり具合の違いで色の違いが生じます。これはセロファンの材料である物質の示す「旋光性」によるものです。1枚目の偏光板を通過してきた光は偏光しています。その偏光面を回転させる働きが旋光性です。その性質の強さが波長ごとに変化するので重なり具合の違いで色の分散が生じることになります。

偏光板が手に入るようであればやってみて下さい。
ポリエチレンの袋の断片を引き延ばしたものを間に挟んでも同じような色の変化を見ることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイクロ波発生機などの機材は見たことがないので実感がわきませんが、アンテナの例はなんとなくですがイメージ出来ました。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/13 05:08

コメントにお答えします。



>>>偏光板が「縦方向に電気が振動する電磁波は通りやすく、横方向に電気が振動する電磁波は通りにくい」になる事がよく分かりません。

牢屋の鉄格子の外にいる人から中にいる人に、刀や棒などの長細いものを受け渡すとき、鉄格子と平行にすれば通り、垂直にすれば通りません。
それと本質的に同じことです。

>>>そもそも「縦方向に振動する電磁波」「横方向に振動する電磁波」がよく分かりません。
>>>電磁波に進行方向があるのは理解出来るのですが、電磁波の振動に向きがある事が理解出来ません。

はい。私自身も大学を卒業するまで理解できませんでした。
一応、有名大学の学生だったんですけど、そんなもんです。
理解できたのは、会社で液晶パネルの仕事をしたときです。

人間は一般に、自分の目に見えることを信じ、見えないことは「理解できない」と感じるものです。
「光は横波」と言われても、目に見えないから「難しい」と感じます。
その一方、物体に色があること、物と物がすり抜けることができずぶつかること、1気圧というとんでもなく大きい圧力の中で人間が死なずに過ごせること、氷が水より軽いこと、・・・
当たり前のことだと我々が思っていて実は理屈が難しいという例は、身の回りに数えきれないほどたくさんあります。
そして、それらは「光が横波」という単純なことより、はるかに説明が難しい物理現象なのです。

つまり私が言いたいことは、「なぜ光(電磁波)は横波なのか」という疑問を持つ前に、光が横波だという事実を受け入れることから始めるべきであるということです。
すると、偏光板の件も、「光が横波だから、当然だよな」と考えることができます。
それが私自身がたどったプロセスでもあります。

ちなみに、電磁気の現象のすべては、マクスウェル方程式と呼ばれる4つの方程式だけで説明されます。
(ただし、量子力学は除く)
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k4housok …
横波である電磁波の存在は、上のリンクの第3、第4の式から導かれます。
面食らうと思いますが、これでも物理学の中では比較的簡単な部類に入ります。
解けない人は、難しいことを考えずに事実を受け入れるしかないです。
私自身も最初はそうでした。
物理現象の理解というのは、理論から入るより、現象から入るほうがいいです。

なお、偏光板に関するわかりやすい図を探して見つけましたので、リンクを貼っておきます。
図を見ることで、あたかもわかってしまったような気になれれば成功です。私もそうでした。

http://tsukuba-ibk.com/omosiro/2010/01/post-50.h …


http://www.optlab.co.jp/hpgen/HPB/entries/48.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あんなに難しいマクスウェル方程式でも物理では簡単な方ですか。
リンク先のサイトを見て、なんとなくですが分かったような気にはなりました。
マクスウェル方程式はある程度物理が出来るようになってから学習したいと思います。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/12 17:53

こんにちは。



「電磁誘導」とか「右手の法則」とか「左手の法則」って聞いたことありますよね?
これを簡単に表現すると、
・「電気が変化すると、それと垂直な方向で磁気が変化する」
・「磁気が変化すると、それと垂直な方向で電気が変化する」
ということになります。

直線の導線に電気を流すと、その周りに円を描くような磁気が発生しますが、それも、電気と磁気の関係が垂直だからです。

電気の変化が磁気の変化を生み、そして生まれた磁気の変化が電気の変化を生みます。
連鎖反応的に電気と磁気が振動し、延々とその繰返しになります。
電磁波の進行方向に対して、たとえば上下方向に電気が振動し、左右方向に磁気が振動します。
ですから「電磁波」と言いますし、横波です。

・・・と言っても、わかりにくいですか?

電磁波が横波であることを如実に表すものがあります。
それは、偏光板です。
偏光板というのは、染料で染めた樹脂の板を強制的に一方向だけに引き伸ばして作るものです。
引き伸ばすと、いわば、グラフ用紙のマスが正方形から長方形になったのと同じことになります。
すると、たとえば、「縦方向に電気が振動する電磁波は通りやすく、横方向に電気が振動する電磁波は通りにくい」ということになります。
偏光板を2枚重ねると、1枚目の偏光板と2枚目の偏光板の「長方形」の向きがそろっていれば、1枚目で50%がカットされ、2枚目ではカットはされず、結果として50%の電磁波が通過します。
これが、1枚目と2枚目の「長方形」の向きが90°の関係になると、1枚目で50%通過した電磁波は2枚目を通ることができず、結果として通過する電磁波は0%となります。
もしも電磁波が縦波ならば、このように偏光板の角度によって通りやすい・通りにくいという現象は発生しません。

もしも偏光板、あるいは、偏光レンズの眼鏡(釣りをやる人なら持っているかも)を持っているようでしたら、液晶モニターや液晶テレビの前で、偏光板や眼鏡の角度を変えながら見てみる実験をするとよいです。
液晶パネルから出てきている光は、偏光板を通して出てきている光ですから、偏光板の角度を変えると、画面が暗くなったり明るくなったりします。

この回答への補足

偏光板が「縦方向に電気が振動する電磁波は通りやすく、横方向に電気が振動する電磁波は通りにくい」になる事がよく分かりません。
そもそも「縦方向に振動する電磁波」「横方向に振動する電磁波」がよく分かりません。
電磁波に進行方向があるのは理解出来るのですが、電磁波の振動に向きがある事が理解出来ません。

補足日時:2011/04/11 02:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、自分には偏光板の例を用いても理解出来ませんでした。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/11 02:46

縦波と横波の意味を取り違えているようですね。

ここで言う縦横は水平・垂直のことではないんですよ。
波のふれる方向が進行方向に対して直角なものを横波といい進行方向に対して平行なものを縦波といいます。縦波代表は音波でしょう。音もご存知の通り波ですが、空気の圧力の変化が進行方向と同じ方向で変化しているので縦波といいます。進行方向に対して縦か横かということで水平垂直とは無関係です。

横波の場合水平・垂直があるのは確かですが、これは縦横という言葉使わずに偏波という言葉を使い電場の変化する方向が水平なものを水平偏波、垂直なものを垂直偏波と呼びます。

この回答への補足

「電場の変化する方向が水平」とはどういう事でしょうか?
「電場の変化する進行方向」ならまだ分かるのですが、電場の変化に水平・垂直の向きがある事が理解出来ません。

補足日時:2011/04/11 02:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、何が違うんだろう?
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/11 02:19

縦波=疎密波 です。

気体や液体中も伝わる音波みたいなやつ。進行方向と振動方向が一緒ってやつです。

横波は進行方向と振動方向が直角をなし、(電磁波除き)固体中を伝わるもの。これはわかりますよね。

で、電磁波は偏光や偏波なんていうものがありますから、振動方向と進行方向が直角ですね。通常の光は進行方向と垂直な面上のあらゆる方向に振動する波を均等に含んでいると考えます。

電波の場合では送信側アンテナの形状によって垂直偏波、水平偏波が変わりますから、横波であることが実感しやすいのでは?どちらにしろ送信局の方向に対し、アンテナ素子が垂直になるよう設置するでしょう?

この回答への補足

電磁波の振動方向ってどういうものでしょうか?
電界>磁界>電界>磁界と変化しながら進んでいるとしても、その進行方向に水平な振動や垂直な振動があるというのが理解出来ません。

補足日時:2011/04/11 01:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~ん、どうして振動方向と進行方向が直角だと分かるんだろう?
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/11 01:54

電磁波は横波です。

しかもお互いに直行する二つの波が重なったものです。一つは電界の波、もう一つは磁界の波です。これの証明はベクトル幾何学を使いますがこれはちょっと難解です。信じて貰うしかないかなと思いますよ。納得が行かないときは下記を参照して下さい。かなり手強いですよ(^_-)

参考URL:http://www.jsimplicity.com/ja_Report_Electromagn …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。しかし、サイトを見てみましたが全く理解出来ません。
数学は得意な方だと思うのですが、それでも見ただけで目眩が・・・

お礼日時:2011/04/11 00:41

自分で調べないのですか?

この回答への補足

ネット上では縦波と横波の違いについて解説しているサイトはいくらでもあるが、電磁波に縦波と横波が存在する理由について解説しているサイトはありませんでしたよ。

補足日時:2011/04/11 00:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてから質問したのですが・・・

お礼日時:2011/04/11 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電界と磁界が直交すること

いつもお世話になっています。
自由空間を伝搬する電磁波の電界と磁界のベクトルがなぜ直交するのか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

今z軸方向に伝わる電磁波を考えてみましょう。
光は横波なので電場の振動はx軸方向で起こることにします。

すると電磁波の電場成分は
Ex=f(z-ct)+g(z+ct)
Ey=0
Ez=0
となります。

ここでマクスウェル方程式の一つ
rotE+∂B/∂t=0
を使います。

この式を成分ごとに分けて先ほどの式を代入してやると次のような3つの式が出てきます。

∂Bx/∂t=0
∂By/∂t=-∂/∂z(f(z-ct)+g(z+ct))
∂Bz/∂t=0

ここで2番目の式のみを考えると
∂By/∂t=-∂/∂z(f(z-ct)+g(z+ct))
の右辺はzでの偏微分となっていますが、結局のところ変数はzとtのみなので、この式は単純に
∂By/∂t=-f'(z-ct)-g'(z+ct)
という形になります。

こいつの両辺をtで積分すると、
By=(1/c)(f(z-ct)+g(z+ct))
となります。

これを見れば磁場の振動が電場の振動と垂直なことは明らかです。
さらに言えるのは電場と磁場は同位相で伝播していくのです。

今z軸方向に伝わる電磁波を考えてみましょう。
光は横波なので電場の振動はx軸方向で起こることにします。

すると電磁波の電場成分は
Ex=f(z-ct)+g(z+ct)
Ey=0
Ez=0
となります。

ここでマクスウェル方程式の一つ
rotE+∂B/∂t=0
を使います。

この式を成分ごとに分けて先ほどの式を代入してやると次のような3つの式が出てきます。

∂Bx/∂t=0
∂By/∂t=-∂/∂z(f(z-ct)+g(z+ct))
∂Bz/∂t=0

ここで2番目の式のみを考えると
∂By/∂t=-∂/∂z(f(z-ct)+g(z+ct))
の右辺はzでの偏微分となっていま...続きを読む

Qマイケルソン干渉計の歴史的意義って?

マイケルソン干渉計の歴史的意義って何でしょうか?
教えてください!

Aベストアンサー

まず、光波の速さは何に対して決まるかです。

次の3つです。
(1)光源に対して一定c
(2)媒体(エーテル)があるとして、媒体に対して一定c
(3)観測者(つまり、万物)に対して一定c
((3)は観測光速が常に一定cである事実から考えられた、普通には理解しがたい考え。
万物としたのは、全ての物は観測者と考えることが出来るから。)

それで、
マイケルソンの干渉計の実験は、(2)の媒体(エーテル)の考えを否定しました。

結果、(1)と(2)(アインシュタイン特殊相対論)を残したというのが歴史的意義です。

Qヤング率の実験(測定)について

ユーイングの装置を使用して、ヤング率を測定しました。
その時に、おもりを1つずつ増やしていったのですが、
最初の測定値(ユーイング装置のスケールの目盛り)は、吊金具に重りをつけていない状態ではなく、最初から重り(250g程度)をつけて測定しました。

これはなぜでしょうか?
重りをまったくつけていない状態を最初の値として、それからおもりを増やしていくのでは不都合があるということですか?
宜しければ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基礎物理実験を思い出しました。ユーイングの装置を使いました。
昔の話です。
下記URLに同じ様な質問が有ります。参考にしてください。
http://hooktail.maxwell.jp/bbslog/5050.html
http://hooktail.maxwell.jp/bbslog/7703.html

回答者の答えに付け加えて、初期に錘を載せて測るのは、
測定する棒の捻れや変形などにより置き方が不適切になることが有り、
それを除去するためではと考えます。
初期非線形領域という意見もありますが、これは???と考えます。
引っ張り試験とユーイングの装置の試験に付いての感想が有りますが、
測定に電子機器が使えない時代は光テコを使ったこの装置の方が
より高い精度でヤング率を求めることが出来たのではないかと思います。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q磁場と磁束密度の違い

磁場Hと磁束密度Bの違いとはなんですか?
使い分けは出来るのですがよくわかっていません。
具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

追加です。

「EとH,DとB」という本が共立出版・物理ワンポイントシリーズにありました。
1冊の本になるくらいBとHの区別は難しい,というか私も理解に苦労した記憶があります。

B=μH 磁束密度B[Wb/m^2],透磁率μ[H/m],磁界H[A/m]
D=εE 電束密度D[C/m^2],誘電率ε[F/m],電界E[V/m]
J=σE 電流密度J[A/m^2],導電率σ[S/m],電界E[V/m]

これらの式は数学的には同じ形になり,ポアソン方程式の境界条件なども同じ形になります。

私もしばらく,B,H,D,Eという物理量の違いが理解できず,悶々としていました。
これらの中で
「導電率σの物質に電界Eをかけると,電流密度Jで電流が流れる」という,
微視的なオームの法則が一番イメージがわきやすかったです。

すなわち,
EやHは流れを作り出す「界」の大きさで,長さあたりの傾斜
J,B,Dはできた流れを,タバとしてみた「束」の面積あたりの密度
というイメージです。

EやHに,平行な長さをかけて積分した起電力[V],起磁力[A]
BやDやJに,垂直な断面積をかけて積分した,磁束[Wb],電束[C],電流束[A]

これらは同じ性質を持つことになります。このうち電圧(起電力),電流は電気回路の考え方に従い,
直列や並列に接続したときの性質がよく分かっています。

これを手がかりにして,

磁束や電束は流れる量で,電流と同じく「束」として一続きの糸のようにつながっている。
磁界や電界は流れを作るポテンシャル勾配「界」で,ぐるりと一周線積分すると起磁力,起電力になる,

というイメージがつかめました。

追加です。

「EとH,DとB」という本が共立出版・物理ワンポイントシリーズにありました。
1冊の本になるくらいBとHの区別は難しい,というか私も理解に苦労した記憶があります。

B=μH 磁束密度B[Wb/m^2],透磁率μ[H/m],磁界H[A/m]
D=εE 電束密度D[C/m^2],誘電率ε[F/m],電界E[V/m]
J=σE 電流密度J[A/m^2],導電率σ[S/m],電界E[V/m]

これらの式は数学的には同じ形になり,ポアソン方程式の境界条件なども同じ形になります。

私もしばらく,B,H,D,Eという物理量の違いが理解できず,悶々としていました...続きを読む

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q波動方程式の解→横波

真空中を伝わる電磁波、E=(E_x,E_y,E_z), H=(H_x,H_y,H_z)には、
∇×E=-μ∂H/∂t, ∇・E=0, ∇×H=ε∂E/∂t, ∇・H=0
が成り立っている。

(∇^2-εμ∂^2/∂t^2)E=0 の3次元の一般解を求め、波が縦波であるか証明せよ、最後にこの結果から言える物理的現象を記述せよ。


初期条件は書かれていないので、一般解は偏微分方程式を変数分離法で解くとそのまま文字が残って、
E=((A_1)cosω′t+(A_2)sinω′t)×((B_1)cos(ω_1)x+(B_2)sin(ω_1)x)×((C_1)cos(ω_2)y+(C_2)sin(ω_2)y)×((D_1)cos(ω_3)z+(D_2)sin(ω_3)z)

となりますが、ここから横波であることを証明するにはどうすればいいのでしょうか?
それとも、指数形で答えを出した方が考えやすかったですかね?


また、最後の物理現象ですが、「電場と磁場が互いに直交する」ということだと思ったんですが、この解から言えますか?

教えてください。

Aベストアンサー

まず修正です。

>v: 波の速度ベクトル。

vはスカラーでした(^^;

E ですが、これは特定方向に任意形状のベクトル場が特定方向に向かう解が知られています。
私の示した解が波動方程式を満たすことはお分かりになると思います。

議論は横波かどうかという話でしたので、このような波に進行方向の変化成分が無いことを示しました。

より一般的な形状の波に対して、横波か縦波か示す方法は知りません。
多分もっと微分的な取り扱いが必要です。

Q放射性元素の崩壊のような

放射性元素の崩壊速度は
-dN/dt=λN(λ=比例定数、Nそのとき存在する原子数)
であらわせて、この式によると、減少する速度が、存在する原子数と比例していると思うのですが、

ほかの現象で、減少する速度が存在する数や量に比例するようなものはあるのでしょうか?
個人的に珍しい現象のような気がしたので、ほかにも似たような例があるのか気になります。

Aベストアンサー

「熱の流れ」もそうじゃなかったっけ.

Qカットオフ周波数とは何ですか?

ウィキペディアに以下のように書いてました。

遮断周波数(しゃだんしゅうはすう)またはカットオフ周波数(英: Cutoff frequency)とは、物理学や電気工学におけるシステム応答の限界であり、それを超えると入力されたエネルギーは減衰したり反射したりする。典型例として次のような定義がある。
電子回路の遮断周波数: その周波数を越えると(あるいは下回ると)回路の利得が通常値の 3 dB 低下する。
導波管で伝送可能な最低周波数(あるいは最大波長)。
遮断周波数は、プラズマ振動にもあり、場の量子論における繰り込みに関連した概念にも用いられる。


ですがよくわかりません。
わかりやすく言うとどういったことなのですか?

Aベストアンサー

>電子回路の遮断周波数: その周波数を越えると(あるいは下回ると)回路の利得が通常値の 3 dB 低下する。
>導波管で伝送可能な最低周波数(あるいは最大波長)。
>遮断周波数は、プラズマ振動にもあり、場の量子論における繰り込みに関連した概念にも用いられる。

簡単にいうと、一口に「カットオフ周波数」と言っても分野によって意味が違う。
電子回路屋が「カットオフ周波数」と言うときと、導波管の設計屋さんが「カットオフ周波数」と言うとき
言葉こそ同じ「カットオフ周波数」でも、意味は違うって事です。



電子回路の遮断周波数の場合
-3dB はエネルギー量にして1/2である事を意味します。
つまり、-3dBなるカットオフ周波数とは

「エネルギーの半分以上が通過するといえる」

「エネルギーの半分以上が遮断されるといえる」
の境目です。

>カットオフ周波数は影響がないと考える周波数のことでよろしいでしょうか?
いいえ
例えば高い周波数を通すフィルタがあるとして、カットオフ周波数が1000Hzの場合
1010Hzだと51%通過
1000Hzだと50%通過
990Hzだと49%通過
というようなものをイメージすると解り易いかも。

>電子回路の遮断周波数: その周波数を越えると(あるいは下回ると)回路の利得が通常値の 3 dB 低下する。
>導波管で伝送可能な最低周波数(あるいは最大波長)。
>遮断周波数は、プラズマ振動にもあり、場の量子論における繰り込みに関連した概念にも用いられる。

簡単にいうと、一口に「カットオフ周波数」と言っても分野によって意味が違う。
電子回路屋が「カットオフ周波数」と言うときと、導波管の設計屋さんが「カットオフ周波数」と言うとき
言葉こそ同じ「カットオフ周波数」でも、意味は違うって事です...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報