最近気づいたのですが、愛犬(10歳のプードル)の瞳の部分が少し
白濁してきました。これが白内障の症状なのでしょうか?
良い治療法はあるのでしょうか?
 (60歳、女性)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

白内障かもしれません。


でも、核硬化症という可能性もあります。
瞳が白濁し白内障と思っていた(診断もされた)けど、
実際は核硬化症で本当の白内障は少ないそうです。
実は私の犬も白内障かと思って病院で診てもらったところ核硬化症でした。
病院は眼科に強い先生がいらっしゃるところがお勧めです。

http://www.masunaga-vet.net/byouki/03.html
http://tomoda-k.com/yobou/eye.html
http://yaplog.jp/aipetclinic/archive/6
    • good
    • 7

Q、良い治療法はあるのでしょうか?


A、それは眼科専門の獣医師に聞かれたし。

我が家のM・シュナウザーは3歳でほぼ失明しました。
その際、幾つかの動物病院を回りました。
で、結局は、最後は眼科専門の獣医師にたどり着きました。
九州全体では、眼科専門の獣医師は10人程度です。

白内障自体は、不可逆的に進行する病気です。
で、眼内レンズを入れれば見えるようになります。
費用は、およそ26万円前後。
ですが、これも白内障のタイプと進行の程度によるとのこと。

お住まいの地区が不明ですが、可能であれば、早急に眼科専門の獣医師の診断を。
すべては、それからだと思います。

お大事に!
    • good
    • 0

白内障の可能性が高いですね。


盲目の原因になる病気で最も多いのは白内障で、特に老齢性のものです。だいたい8~10歳以上になると白内障にかかる犬が増えてきます。特にプードル、コッカー・スパニエル、ミニチュア・シュナウザー、アフガン・ハウンドなどは白内障の好発犬種と言われています。

老齢性白内障は手術が可能な場合がありますが、よく言われているほど手術効果が上がるわけではありません。通常、白内障が発症して半年以内であれば多くの場合は手術は可能となりますが、半年から1年以上経過している場合は、手術をしてもあまり効果はないようです。

一般論とすれば、早期でなければ手術をしてもうまくいかない場合が多いと言えますが、多少遅くても手術をすればうまく行くケースもあります。遅れると手術の効果が出ないのは、眼の網膜の部分が冒されていると手術をしても、眼の機能の回復ができないからです。


犬は元来視力の弱い動物で、人間で言えば近視に当たります。人間ほど視力に対する依存度は強くないので、犬が盲目になっても、飼い主がすぐに気づかないことも往々にしてあります。特に片方だけの盲目の場合は、飼い主が生涯それに気づかないこともよくあります。

家庭でできる最も簡単な視力のテスト法があるので、覚えておくと便利です。綿やティッシュぺーパーを丸めて犬の頭の上から落とすという方法です。できれば犬を台の上に置いてあげるといいでしょう。これを左右両方の眼についてテストします。

つまり、丸めた綿やティッシュペーパーを、まず右側の眼の前を通過するように頭の上から落とすと、通常であれば犬はそれを眼で追うはずです。しかし、眼が見えていなければ、落ちるものを追いません。左眼についても同様のことを行ないます。ただし、落としたときに音がすれば、犬はその音によって気がつくことがあります。ですから、落下音がしないように気をつけてください。たとえば、ティッシュでも固く丸めると落下音がしますから、なるべく柔らかい場所に落とすようにしましょう。
    • good
    • 0

10歳ということでしたら、白内障の始まりかな、と思います。


親戚の家の犬(小型犬)も10歳を過ぎた頃から、じわじわと白くなり、白内障になりました。
病院で聞くのが一番なので、動物病院で診断を受けて下さい。

親戚の家の犬を診てくれている獣医さんは、治療法はあると言っていました。
犬の年齢や体力など関係すると思うので、獣医さんに聞いてみてください。
 
    • good
    • 0

白内障だと思います。



実家のワンコもそれくらいで目が白くなり始めたと
思います。

とりあえず、病院に行きましたが、手術は勧められませんでした。
理由は、術後、こまめに目薬をささないといけないことと、
あまり変わらないって理由だったと思います。

ただ、見えにくくなるので、家具などの配置を変えないように
指導を受けました。

手術なしで、元気に18才までがんばりましたよ。
    • good
    • 1

早めに病院に行くことを勧めます

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛犬の目が急に白濁してきた

フレンチブルドックのオス5歳を飼っています。
昨日のお昼にシャンプーへ連れて行き、
1時間後に引き取り、車に乗せて帰る途中で、
顔を見ても目を合わせてくれず、そのうち
まるで猫のように手で左目をこする仕草をしました。
私が何度か両手で顔を持ち上げてこちらを見るようにさせましたが、
両目を開けてくれませんでした。
家へ着くと左目を閉じている状態で、開けてもすごく眩しそうな目つきで、
ものすごくロンパリでした。(いつもの黒目の位置ではなかったです)
心なしか目の周りが腫れているようにも感じられました。
15時に母親が病院へ連れて行きましたが
「異常ない」と言われ目薬だけ貰ってきました。
今朝も左目は開けにくそうにしており、私は今仕事から帰ってきましたが
目の白濁が昨日より進んだように感じます。
昨日から元気もありません。
今、目の病気なども調べてみましたが、ぶつかりながら歩いたりする様子もありません。

シャンプー液でも入っただけならいいですが、
ドライヤーを目に当てられたのでは?とか考えるととても心配です。

病院の先生が見落としていたなど、
何か考えられる病気などあれば教えてください。
また、これから注意して見ていくべき点があれば教えてください。

フレンチブルドックのオス5歳を飼っています。
昨日のお昼にシャンプーへ連れて行き、
1時間後に引き取り、車に乗せて帰る途中で、
顔を見ても目を合わせてくれず、そのうち
まるで猫のように手で左目をこする仕草をしました。
私が何度か両手で顔を持ち上げてこちらを見るようにさせましたが、
両目を開けてくれませんでした。
家へ着くと左目を閉じている状態で、開けてもすごく眩しそうな目つきで、
ものすごくロンパリでした。(いつもの黒目の位置ではなかったです)
心なしか目の周りが腫れてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

とても心配ですね。
違う病院へもう1度行ってみてはどうでしょうか?

お散歩仲間に病院の情報を聞いたり出来ませんか?

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Q成犬のおしっこの回数

シェルティー雌2歳半を室内で飼っています。

年齢などで違うとは思いますが皆さんのワンちゃんは一日何回ぐらいおしっこしますか?

家の犬は一日5回です。
私がいつも家にいるので大体4時間に一回。散歩の後で水を沢山飲んだ時は2時間後に外に連れて行っておしっこをさせています。

家のワンコは定期的におしっこに連れて行く為かオシッコをしたいとゆう意思表示をしません。
なので一日に5回が少ないのかが分かりません。
もう少し頻繁にオシッコをさせた方が良いでしょうか?

皆さんのワンちゃんは一日何回ぐらいオシッコするか教えてください。
雌犬限定でお願いします。

Aベストアンサー

成犬のオシッコ回数は、ワンコ自身の要求というよりも、「どのくらいトイレに行ける環境で育っているか?」が大きく関わってきます。
室内トイレがあったり、頻繁に外に連れ出してもらえるなら、頻繁に排泄します。
成犬は排泄を自分でコントロールでき、「したい!」と思っていなくても、外に出たりすれば「じゃ、しておこうかな」と排泄しますし、
逆に排泄できない場所にいれば長時間我慢できます。
排泄タイミングは、少ない場合で1日2回でも十分です。

ただ、頻繁にトイレにいけるのが普通で育ったワンコですと、急に回数を極端に減らすのはあまり良くありません。
1日5回、外に出してあげることができるなら、それはそれで幸せなワンコだと思いますよ。

仔犬の場合は、個体差もありますが、「月齢+1時間」が排泄を我慢できる目安です。

ちなみに、うちの犬は残念ながらオスですが、散歩時に朝晩2回の大小と、室内トイレで小のみ2~4回ほどしていますね。

Q老犬の最期

我が家のシーズー14才。心臓病に肺水腫、肝臓病と腎不全があります。
病身ながらそれなりに食べて体力を維持していたのですが、一切の食べ物を受け付けなくなって3日目。

昨日から飲む水の量が減り、今日は一切水を飲んでいません。
その子の体力にもよると思われるのですが、水を飲まなくなったら危ないと獣医からも言われました。

死期が近いと思われますが、小型犬の場合、水を飲まなくなってからどれくらいで寿命が尽きるものなのでしょう。

どなたか経験された方が有れば幸いです。
死の間際には側に居てやりたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

つい先日、我が家のシーズーも15歳でいなくなりました。

具体的には

10月末 ご飯を食べる量がかなり減った
月曜日  ご飯を一切たべなくなった、お水もあまり飲まなくなった
金曜日 お水を一切飲まなくなり、注射器で経口で無理やり与えました。
日曜日 呼吸がかなり変になりました
月曜日 お昼に眠るように、虹の橋を渡りました。

同じ犬種、似たような境遇で結構残酷かもしれない回答ですが。。
お水の量が減ってから、だいたい1週間くらいでした。

なるべく一緒にいてあげてください。
わたしは、仕事があったので、心配でしたが出勤したら...でしたので。

Q水と点滴のみで頑張っている13歳の犬なのですが

ずっと病気と闘って頑張っている私の犬なのですが
心臓や色々な所が悪くなり、しょっちゅう病院へ行き薬を与えていました。
しかし夏のはじまりにもっと調子が悪そうになってしまい、再度色々と検査をしてもらった所
ずっと飲んで来た薬の影響で今度は肝臓が悪くなり肺にも水がたまっているそうです。。
目は黄疸し、「もう手の施しようがありません」と言われてしまいました。
もう食べ物は口にせず、立たせても数秒で倒れてしまうような状況です。
一人暮らしの上車もありませんので抱きかかえて午前中歩いて10分程の病院に点滴をさせに行き、
夕方に迎えに行っている毎日なのですが 重くて重くてどうしても何度も抱え直したりしてしまい、今は頭も自分で支えられませんのでグラグラとしてしまいますし
暑さもあり、点滴の為の移動のせいで余計に苦しそうになってしまいます。
点滴をさせてはいるけれど負担をかけてしまっていて毎日毎日苦しそうなこの子をどうしたらいいのか..
点滴に行くのをやめて毎日涼しいこの部屋で寝かせていてあげようかとも思ったけれど
点滴をやめる事はこの子の死期を早めるのかもしれないし とはいえ回復の見込みはなく、頭が混乱してしまいます。
皆さんに何を答えて欲しくて今 この文章をかいているのかもよくわかってないのですが
何かご意見やお言葉をいただけると嬉しいです。
まとまりなく乱雑分ですみません。

ずっと病気と闘って頑張っている私の犬なのですが
心臓や色々な所が悪くなり、しょっちゅう病院へ行き薬を与えていました。
しかし夏のはじまりにもっと調子が悪そうになってしまい、再度色々と検査をしてもらった所
ずっと飲んで来た薬の影響で今度は肝臓が悪くなり肺にも水がたまっているそうです。。
目は黄疸し、「もう手の施しようがありません」と言われてしまいました。
もう食べ物は口にせず、立たせても数秒で倒れてしまうような状況です。
一人暮らしの上車もありませんので抱きかかえて午前中歩...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。投稿の内容を拝見し、とても切ない気持ちになりました。

私は、ちょうど一年前、あなたと同じ状況でした。
7歳の愛犬は末期の肺ガンで、毎朝・毎夕点滴を打ちに病院に通いました。
また、痛みを和らげるために注射も打って貰っていました。
一時的に痛みが和らぎ、元気になっているうちはよかったのですが、
本人(愛犬)が通院行為自体苦しそうになった時、家族で話しあいました。
結局、真剣に話し合った結果、通院回数を一日二回から一回に
減らしてもらいました。
その数日後、私の愛犬は7歳の若さで息を引き取りました。

結局は質問者様の気持ち次第かもしれません。
もう手は尽くした。この子を苦しめたくないってお思いでしたら、
延命治療を止めてもいいし、
この子を一日でも長くこの世界にとどめてあげたいとお思いでしたら、
延命治療を続けたらいいと思います。

文章を読んでいて思いましたが、本当に愛犬思いの頑張りやさんだなって
思いました。きっとワンちゃんも、質問者さまに感謝してると思いますよ。
ちなみに、私は愛犬とのお別れが本当に辛かったのですが、
一生懸命看病したことで、少しは悔いが少なかったように感じます。
どうか、質問者様自身が看病疲れで体を壊さないように気をつけてくださいね。

こんにちは。投稿の内容を拝見し、とても切ない気持ちになりました。

私は、ちょうど一年前、あなたと同じ状況でした。
7歳の愛犬は末期の肺ガンで、毎朝・毎夕点滴を打ちに病院に通いました。
また、痛みを和らげるために注射も打って貰っていました。
一時的に痛みが和らぎ、元気になっているうちはよかったのですが、
本人(愛犬)が通院行為自体苦しそうになった時、家族で話しあいました。
結局、真剣に話し合った結果、通院回数を一日二回から一回に
減らしてもらいました。
その数日後、私の愛...続きを読む

Q犬の皮膚病治った方いますか?

7歳のMダックスの女の子です。

2年ほど前から皮膚病になりました。赤くなって毛が抜け落ち、かゆみもすごいです。

しばらくするとかさぶたになり黒くなります。体のあちこちにできました。

初めはステロイド系のお薬をもらってスッキリ治ったんですが、しばらくするとまた全身に出ます。

原因は獣医さんによると、ノミやダニではない。アトピーでもない。もともと持っている菌に皮膚が負けてしまっているのでは?との事です。
なので薬で治ってもその時だけでまたかゆくなるので清潔にするしかないようです。
おなかが弱いと言うこともありあまり薬を飲ませたくないのでノルバサンシャンプーという薬用シャンプーやオールナチュラルシャンプーでひどい時は週1で洗ってあげてます。

ごはんは、ずっとドライフードをあげていましたが、それが原因かもと思い最近手作りに変えました。
しかし治りません。もうどうして良いやら。。。
何か良い方法をご存知の方おられますか??

Aベストアンサー

かかった獣医は1カ所だけですか?
皮膚病は、簡単な様で、実は先生の思い込みが激しい病気です。
成果主義で薬を使いたがる獣医や、得意分野の治療に固執する獣医も多い様に見受けられます。
「アトピーと言われ何年も治らず、違う病院で調べたら只の疥癬だった」とか、
「カビと言われ薬を塗ったら、アトピーで悪化してしまった」とか良くある話です。
「ステロイドを塗ると症状は治まるので、取りあえず処方しておく」なんて獣医は五万といますよ。
推測ですが、菌が原因と言っていながら抗真菌剤ではなくステロイドの塗布と言うのも、ちょっと疑問を感じますね。
シャンプーのし過ぎも、悪循環を招いている場合がありますし・・・。

色々な病院で話を聞いてみるのも、案外 早い解決の方法なのかも知れませんよ。

Q泣き止まない老犬

泣き止まない老犬

いつもお世話になっています。
今回は飼っている老犬♀(14歳)の件で質問させてください。

2ヶ月程前に癲癇の痙攣を起こしてから、足が思い通りに動かなくなり始め、昨夜とうとう自分の力では立てないようになってしまいました。

尿は垂れ流し状態で、水やご飯は体を持ち上げてやって口元に近づけてやるとなんとか食べてくれるのですが、立てなくなってから今までずっと鳴き続けています。

あまりに大声で鳴くので(アパートの廊下中に聞こえる程)、軽く口を手で押さえても、寂しい時特有の「キューン」という泣き声で、黙らせることが出来ません。
また、事情があって実家で飼っていた犬を一人暮らしの私が引き取って面倒見ていたので、これから昼間などは一人ぼっちで鳴き続け、アパート中の人にも迷惑をかけてしまうと思います。

そこで同じような老犬を介護している方に質問したいのですが、どうにか鳴きやませる方法はないでしょうか?

本当に困っています。
どうか助けてください。

Aベストアンサー

アパートの全室の方に、品物持参で、事情を説明して頭をさげて回ってください。
人間ってみんなやさしいから、誠意を持ってすれば通じます。
ここまで来れば、もう躾もくちわも手術もかわいそうなだけです。
事情がわからなければ「うるさい」と感じるかもしれませんが、やむをえない事情があることを知れば「うるさくてもがまんしよう」と思えるものです。
もしそれでも理解が得られない場合はくちわをはめるとか、入院させるとかになるかもしれませんが、
それでもまずはダメもとでも、お願いしてみてください。
私が隣人なら必ず応援します。
ワンちゃん、どうかお大事に。

Q犬の眼科医院はありますか?よろしくお願いします!!!!

愛犬(白色の中型犬で11歳)の目の事で質問します。だいぶんと若い頃から目の表面の中央が白濁し始めましたが、そのときの獣医は「角膜異栄養症だから問題ない」と言いました。その後、目の周りが黒ずんだり、涙が止まらなかったり、目を私たちの服に押し付けてきたり(痛いのか痒いのかわかりません)、苦しそうに必死に目を掻いたりしています。白目は充血しているようですし、目の表面はかなり白濁してしまいました。今の獣医さんがくれる炎症を抑える目薬も全く効きません。白濁は白内障と言われましたが、インターネットで調べると、角膜炎でも白濁するとのこと。ではなぜ目薬で治らないのか・・・と気を揉んでいます。このような犬の症状を経験された方、お勧めの関西圏の犬の眼科病院又は、眼科に詳しいお医者様をご存知の方、どうか助言をお願いします。

Aベストアンサー

ご心配ですね。関西圏・・大阪になりますが、うちの12歳の犬の白内障の手術のときにずいぶん調べました。獣医師会にも連絡したり、近畿圏や他府県のあちこちの獣医さんに問い合わせたりした結果、必ず名前のあがるところは、箕面市の奥本動物病院と八尾市のおり動物病院でした。うちの場合は、それまでのかかりつけの獣医さんからの紹介もあり八尾市の「おり動物病院」にかかりました。
うちは白内障でしたから、donnamartinさんのワンちゃんの症状についてはわからないのですが。いちどご相談に行かれてみてはいかがですか?ちなみにおり動物病院では眼科の診察室があって眼の検査の機具もかなりそろっていたようです。うちの犬はご近所の人間の眼科医の方にもアドバイスをいただいてたので手術前から後まで診ていただきましたが状況等まさにいうことなく。という感じでした。人間もかかる白内障や角膜炎など眼の治療法や薬は根本的には、人間と同じらしいので、もしdonnamartinさんがかかってらっしゃる眼科があれば・・先生に・・チラッと聞いてみるとか・・・怒られちゃいますかね。すいません。
それから、人間がお医者にかかるときとおなじで獣医さんも相談しやすいとかいろいろの相性もあるかと思います。
うちも白内障が進行する前に上まぶたに腫れ物が出来たことがありすぐ獣医にかかり点眼薬での治療を続けましたが、徐々に大きくなって、ほんまに大丈夫なのか?と思ってたらある日血が眼の表面に滲んで・・ビックリしました。結局、別の獣医さんに切開して切り取ってもらいました。実はその時も人間の眼科医の方に点眼では治らないはずだから早く切った方がいいとアドバイスしていただきました。えー、なので人間の医者に相談しろ、ということではなくてーいろいろな獣医さんに診てもらった方が良い場合もあるということです。はじめにかかった獣医さんも老犬ではあるし手術というリスクより眼の出来物くらいなら、ということだったかもしれませんし。
なにより、ワンちゃんが早くよくなられますよう。

ご心配ですね。関西圏・・大阪になりますが、うちの12歳の犬の白内障の手術のときにずいぶん調べました。獣医師会にも連絡したり、近畿圏や他府県のあちこちの獣医さんに問い合わせたりした結果、必ず名前のあがるところは、箕面市の奥本動物病院と八尾市のおり動物病院でした。うちの場合は、それまでのかかりつけの獣医さんからの紹介もあり八尾市の「おり動物病院」にかかりました。
うちは白内障でしたから、donnamartinさんのワンちゃんの症状についてはわからないのですが。いちどご相談に行...続きを読む

Qペットの血液検査でわかること。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみたら、肝臓の表面にガンがあり、にじむような大量の出血だったそうです。

ただ、たまたま3週間前におこなった血液検査での異常は
「年齢のせいもあるかな」程度で、元気ですよ!といわれましたし、
手術前の血液検査でも、肝臓に関する数値はさほどでもない、とのことでした。
先生も、お腹をあけてから、肝臓が悪い事がわかったと言っているほどです。

そこで質問ですが、血液検査ではどこまで病気の事がわかるのでしょうか?
また、病気の早期発見のためには、何をしたらよいでしょうか?

ガンによるあまりにも突然の死だったので、自分で納得ができず、こまっています。
よほどガンがひどくならない限り、血液検査ではわからないものなんでしょうか?
まだ、猫を3匹かかえているので、今後の為にも、
ぜひ、おしえてください。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来るとも限りません。肝臓や腎臓などの臓器が冒された場合は何らかの異常があらわれる可能性はありますが、ケースによって違いますので一概には言えません。脾臓にできやすい腫瘍の場合、脾臓に特異的な血液検査項目というのはありませんから、やはり異常を見つけることは難しいでしょう。消化管にできる腫瘍の場合は下痢や嘔吐などの症状が現れますので、そうしたことから病気を疑うことができます。
 血液検査というのは万能な検査ではありませんから、血液検査さえすれば安心という、依存した考え方は良くありません。やはり生活の中での些細な変化や、身体の変化、お腹の張り具合などの変化を観察することは大切です。異常が疑われれば血液検査と合わせてレントゲンやエコーなどの画像診断によって、血液検査では分からない、実際の形を判定することで、病気を早期に見つけることはできるかもしれませんね。それから年齢というのはやはり重要な要素です。歳を取ってくればそれだけ病気が多くなることは常に考えておくべきでしょうね。
 ですから結局の所は定期検診を受けると言うことと、明らかな異常がある場合はなるべく早期に受診すること、この基本に尽きると思います。

 しかしこれだけは申し上げておきますが、お腹の中の腫瘍の場合、残念ながら発見されたときには大分進行しており、治療が困難であるケースは非常に多いのです。飼い主さんにとっても、獣医師にとってもつらく残念な事ですが、現段階での獣医療の限界があるのかもしれません。ですから、anponさんが怠慢な飼い主であったということは決してありません。いまは納得できず自問自答されているかもしれませんが、ご自分を責める必要は一切ありませんし、ワンちゃんもそんなことは望んでいないはずです。いままで愛情を持って飼ってくれたことに関して、感謝しているはずですよ。

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来る...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報