耳の肥えた方に質問です。
昔MP3が出始めた頃、たぶんビットレートは128kbpsだったと思うのですが、信じられないほど音質劣化が感じられました。
それから10年以上の月日がたち、iPodを買ったので今iTunensで比較してみたのですが、ロスレスと標準設定のAAC 256kbpsの差が全くわかりません。
試しに128kbpsも試したのですが、「んー? ちょっと・・・違う・・・か・な???」程度。
波形を見比べると256kbpsはほぼ差がなく、さすがに128kbpsは乱れが確認できる。
ヘッドホンはSONY MDR-CD900STを使用。
昔はこれで聞いたときは愕然とし、MP3が入ってるフォルダごとゴミ箱へ投げ捨てましたが、この10年で圧縮技術が進歩したと言うことなのでしょうか?
それとも私の耳がバカになってしまったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>マスターCD及びAppleロスレスエンコーダーとAAC 256kbps及びMP3 192kbps or 256kbpsを聞き比べて明確な差を感じることができますか?



正直256kbpsくらいまで上げれば、それが無圧縮なのか可逆圧縮なのか非可逆圧縮なのかブラインドテスト(※)でやると殆ど解りません。
192kbpsだと曲によっては差を感じない事もないが、絶対的な自信を持って断言はできない。
※先入観を排除する為に別の人にどれで再生しているかを知らされないで聴く。

実際これと同じ方法で実験すると多くの人が判別出来ないのではないかと思います。
つまり、ネットの(特にアンチアップル派の)iPodは音が悪いだの、iTunesのMP3エンコーダーは質が悪いだのと言った情報により、自分の耳で確かめたのではなくそういうフィルターをかけて聴いてしまっている。
要するに偽薬効果と同じ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こういう意見を聞きたかったです。
そうなんですよ、ブラインドテストでわかるかどうかって重要だと思うんです。
最初から知らされてると、思い込みによる先入観で評価しがちになりますからね。
私の感覚もcliomaxi様と同じです。

残る謎はMP3が出始めた頃、なぜあんなに音が悪かったのかが不思議ですが、おそらくすごく低いビットレートに設定してたのでしょうね。

回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 12:17

>マスターCD及びAppleロスレスエンコーダーとAAC 256kbps及びMP3 192kbps or 256kbpsを聞き比べて明確な差を感じることができますか?



申し訳ありませんが、私が回答できるのは可能性についての議論のみです。
上記質問に対して私がどのような回答をしても意味が無いと考えています。

その理由は視聴結果を客観的に表す指標を私が持ち合わせていないからです。
単に主観的な感想を述べたところでそれは私個人の感想です。
それは私には何かしら意味のある内容でも他の人には全く意味を持たないと考えます。

それならば最初から回答するのがおかしいと思われるかもしれません。
この点に関しては言葉足らずでしたのでお詫びします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに主観でしか判断できない事ですよね。
質問自体が意味をなさなかったのかも知れません。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 12:13

エンコードエンジンの違いかと思います。



iTunesのエンコードで話をしますと
MP3でエンコードした場合はビットレートを上げても16KHz以上の周波数がカットされます。
一方AACの場合は上限の20KHzまで含まれます。

良い意味で解釈すればMP3は16KHzより上の周波数をカットすることで低い周波数の再現性を高めていると言えるかもしれません。
(MP3の圧縮は高周波成分の削除以外にマスキング効果を利用した情報の削除を含んでいます)

iTunesのMP3エンコーダーは評判がよろしくなく、拘る人はLAMEで変換してました。
今はHDDの容量が大きいので音質に拘る人は非可逆圧縮は使わないと思いますけど。

LAMEのウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/LAME
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
MP3のハイカットされる現象は知っています。
にも関わらずクラシック、ジャズなど幅広い音域を使うソースでも差が感じられません。
その他いろんなソースで試しましたが、どれも同じ結果です。
それはAACでもMP3でも同じです。

過去を再現するために、当時使っていたCD2WAV32+午後のこ~だ(と言っても当時のバージョンではなく最新版でテスト)で、MP3変換してみましたが、ビットレートを128kbpsまで落としてもマスターCDとの差がほぼ判別できません。
当時はあり得ない音質劣化を感じることができたのですが・・・。
なんとも言えない低ダイナミックレンジな音、解像感も何もない音、そんな印象だけが残ってます。

確かに最近のHDDの容量を考えると圧縮するメリットはないでしょう。
実際、今持ってるCDを全てイメージに変換してHDDにバックアップを取ってます。
1枚が最大容量の700MBとして1000枚あってもたかが700GBですからね。
私自身、今回のテストを行うまでは完全に圧縮音源否定派だった訳ですが、今それがわからなくなっています。
それとは別にiPod touchで聴くためにiTunesにインポートしているわけですが、PC側は容量を無視できるレベルですがiPod touch側ではロスレスと比較して約60%も容量が削減でき、音質に差違がないのであればAACでいいのではないか?と考えているところです。

質問内容をもっとシンプルにさせていただきます。
マスターCD及びAppleロスレスエンコーダーとAAC 256kbps及びMP3 192kbps or 256kbpsを聞き比べて明確な差を感じることができますか?
条件として、プレーヤーとスピーカーorヘッドホンは同じものとさせていただきます。(でないと比較になりませんし)

お礼日時:2011/04/21 19:45

エンコーダーは何ら変わってません。


iPod は音楽再生機器としては、それ程良い物ではないので、
その為、128Kbsで違いが解りずらいのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
iPodのアナログ出力の品質の悪さは知っています。
なのでiPodとPCの両方で聞き比べました。
過去にPCにヘッドホンをつないで聞いたときは絶望的なほどの差を感じることができた以上、これで差を感じられないとは考えられません。

お礼日時:2011/04/21 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QaptXとAACオーディオコーデックについて

現在、Creative T12かCreative T15の購入を検討しています。
双方の大きな違いとして、オーディオコーデックの違いがあります。

具体的には、
・T12⇒SBC,aptX
・T15⇒SBCのみ
となっています。

オーディオコーデックについて自分なりに調べたのですが、果たしてaptXとAACコーデックがあるのとないのとどれぐらい違うのかがわかりませんでした。

aptXはAndroid系、AACはapple系で採用されているようですが、例えばaptXはAndroid携帯(aptX対応)⇒Creative T12スピーカーの場合のみ、コーデックがSBCではなくaptXが優先(?)されるのでしょうか。
AACが採用される場合は、AAC対応機種のipodやiphoneなど⇒AAC対応スピーカーの場合のみ。

主に用途はPC⇒スピーカーのため、PCからの再生が全てSBCになるのであればT15で良いのかなと思っているのですが、aptXやAACが生きる場面は上のような場合だけなのでしょうか?

知識が浅いため意味不明な質問になっているかもしれませんが、ご回答を頂けると幸いです。

現在、Creative T12かCreative T15の購入を検討しています。
双方の大きな違いとして、オーディオコーデックの違いがあります。

具体的には、
・T12⇒SBC,aptX
・T15⇒SBCのみ
となっています。

オーディオコーデックについて自分なりに調べたのですが、果たしてaptXとAACコーデックがあるのとないのとどれぐらい違うのかがわかりませんでした。

aptXはAndroid系、AACはapple系で採用されているようですが、例えばaptXはAndroid携帯(aptX対応)⇒Creative T12スピーカーの場合のみ、コーデックがSBCでは...続きを読む

Aベストアンサー

私自身詳しいわけじゃないですが、後々のことを考えればaptX対応がいいのではないでしょうか。(アップル製品使うならAAC対応も)
PCでaptX対応にするのは少々問題もあるみたいですけどね。(ドライバの出来がよくないとか?)

http://www.phileweb.com/review/article/201502/27/1543.html

Q256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

最近、SONYのNW-A847を買いました。
元はSシリーズを買う予定でしたが、音質がやはり良かったこと、容量が大きかったこと、何より型落ちで安くなっていたための(予算ちょっとオーバーの部分で)衝動買いです。
Sシリーズのつもりだったときは、どうせ携帯プレイヤーなのだし……ということでMP3で統一しようと思っていたのですが、うっかりAシリーズを買ってしまったため、多少の音質向上が見込めるのではないかと欲が出てしまいました。

そこで俄か勉強でネットの情報を漁ってみたのですが、どうにもわからなくなってしまい、ご相談させて頂きたく書き込ませていただきます。

今現在の私の認識としては、
・音質追求ならWAV(但し容量は食う)
・MP3もATRAC3もWMAも、ビットレート256kbps程度まで行けば音質に大きな差はない。
 (此方のサイトより http://aok3.web.infoseek.co.jp/enco_matome.htm )
・ATRAC3はPC間コピーなどの自由度が低いので、複数PCでの運用に難あり。
という感じです。

購入当初はATRAC3を基準に、クラシックやヒーリング系の歌メインのもののみ、ATRAC3losslessにすればいいや、と軽く考えていたのですが、上記のコピーの自由度の低さでちょっと引っかかってしまいました。
ならばWAVにすれば……と思えば、今度はSONYの管理ソフトのXアプリがWAVに対応はしているのですが、Walkmanとの同期に難ありという情報をみつけてしまい……。(転送の際に拡張子が変わってしまうらしく、同じ曲と認識されず何度でも同じ曲が転送されてしまうらしい)
また、64Gとはいえ、WAVでは少々容量を食い過ぎるかな、と思うところもあり、動画などもそれなりに入れたいので、容量を食うのはできれば避けたいと考えています。


そこでご相談なのですが。

まず、上記サイトの検証結果は正しいのでしょうか?
サイトによると、MP3もATRACも256kbpsまで行けばCD音質と言っても差し支えないレベルとのことなのですが……。(その分容量も大きくなりますが、それでもWAVよりは小さいようです)
また、256kbps、或いはそれ以上のビットレートのMP3やATRAC3は、WAVに比べてどの程度音質が落ちますか?
もしWAVに比べてあまり大きな差がなく、サイトの結果が正しければMP3の256kbpsで統一してしまおうと思います。


本当は自分で聞き比べて、容量か音質か自由度かの妥協点を決めるべきなのでしょうが、本体を購入したばかりでまだヘッドフォンまでは購入できずにおります。付属のイヤホンで聞き分けができる自信はありません……(ヘッドフォンは予算2万弱程度のそこそこのものを買いたいと思っています。いまのところ第1候補はBOSSです)


最後になりましたが、使用する状況ですが、基本は室内使いです。
外にも出しますが、そのときはそこそこのイヤホンで済ませるので音質は気にしません。
室内の際、ゆくゆくは上記の通りそこそこのヘッドフォンを使用するつもりなので、そのときに再取り込みをせずにすむように、ここで決めてしまいたいのです。
(ちなみに、現在コンポ等のプレイヤーの類がもろもろ全損しており、PCでしか音楽が聴けない状況です。コンポの買い換えは、マンション住まいでどうせヘッドフォンになるため見送りました。今はPCでしのいでいますが、サウンドカードも入っていないPCですし、PC上で他の作業をするときに主にメモリ的負荷がきついのと、音楽を聴きたいときだけのためにPCを立ち上げなければならないのが面倒で、今回の購入計画に踏み切りました)


長文で上手く伝わらなかったかもしれませんが、質問への回答の他、どういう運用が私に向いているのか、ご意見を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

256kbps以上のMP3やATRAC3と、WAVの音質の差は?

最近、SONYのNW-A847を買いました。
元はSシリーズを買う予定でしたが、音質がやはり良かったこと、容量が大きかったこと、何より型落ちで安くなっていたための(予算ちょっとオーバーの部分で)衝動買いです。
Sシリーズのつもりだったときは、どうせ携帯プレイヤーなのだし……ということでMP3で統一しようと思っていたのですが、うっかりAシリーズを買ってしまったため、多少の音質向上が見込めるのではないかと欲が出てしまいました。

そこで俄か勉強でネッ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です
この解釈であっているとして・・・まではそうです

>LAMEと比べて使い物にならないレベルでしょうか?
以前VBRですので比較は出来ませんが同じ様なレベルと思います
(VBRは容量の節約の為にコメントしました)

>・ドラッグ&ドロップの場合、ジャケット写真や歌詞表示
Macで使ってる人(iTunesからコピペ)
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-490.html

>歌詞については自分でも試せるので
WAVだとカラオケの様に自動表示される歌詞表示は無理です(iPodは手動)
作り方(自作では無料・・・当たり前ですね)
http://www.sony.jp/support/walkman/products/sync-lyrics/index.html?spdir=A840S&spdata=menu

Lyrics Master (歌詞取得)
http://www.kenichimaehashi.com/
参考サイト(歌詞関係とLAME)
http://kkkkk.net/
Transcendのサイト
http://www.transcend.co.jp/support/faq/JP/FAQ_510_jp.htm

WAVで取り込みは別としてエンコーダにも左右されると言う事です
音質はWALKMANが正解・・この下のスレはiPodから乗り換えた人です
(イヤホンも高価なのを使ってたみたいです)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6295696.html
高級イヤホンでiPodとの違い(WALKMAN借りて試した人)
http://blogs.dion.ne.jp/109nissi/archives/8979920.html

X1000シリーズもホワイトノイズが多めとWikiでありますが
BOSEのイヤホンとヘッドホン共に見受けられません

それとiTunesでも使うAACはSONY(5社)の特許です
その特許を有する企業はAT&T、Dolby、Fraunhofer IIS-A、SONY、NOKIAの5社
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20060605/dal238.htm

ジャケット画像、当方はAmazonからです(大きさは300x300)
http://www.amazon.co.jp/%E9%9F%B3%E6%A5%BD-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF-CD/b?ie=UTF8&node=561956

ジャケット写真を登録
http://www.sony.jp/support/pa_common/x-appli/howto/artwork.html

>ネットにデータのあるものはxアプリが自動でセットで取り込んでくれるようなので……。

なので既に取り込み終了してるので
Xアプリ(iTinesやWMP)の保存先からドラッグです
(要は楽曲本体に画像は埋め込みされてますから)ID3タグ
それとWAVファイルはどのソフトでも無理です

#1です
この解釈であっているとして・・・まではそうです

>LAMEと比べて使い物にならないレベルでしょうか?
以前VBRですので比較は出来ませんが同じ様なレベルと思います
(VBRは容量の節約の為にコメントしました)

>・ドラッグ&ドロップの場合、ジャケット写真や歌詞表示
Macで使ってる人(iTunesからコピペ)
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-490.html

>歌詞については自分でも試せるので
WAVだとカラオケの様に自動表示される歌詞表示は無理です(iPodは手動)
作り方(自作では無料・・・...続きを読む

Q音声コーデックのAAC

音声コーデックのAACはどこからダウンロードしたらいいでしょうか。
ffdshowで項目があったんですが、disableしか選べませんでした・・・

Aベストアンサー

記憶が定かではないのですがwinampはAAC対応していたような気がします。→winampに同梱されている

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/2451/jpatch.html

QAACからAppleロスレス

分かりにくいかもしれません、申し訳ありません。

iTunesで、元々AAC形式でCDから取り込んでいた曲を、
右クリックで出る「appleロスレスバージョンを作成する」を押すことによって、
確かにAppleロスレスバージョンのコピーがひとつ出来るのですが、

どこかのサイトで、
「圧縮とは、圧縮ふとんの圧縮とは同義ではなく、
削減に近い」という表現見てから、

ちょっと疑問が起こりました。

不可逆?の性質を持つAACとして一度圧縮していれたはずの曲を、
圧縮したぶんのデータを復元し、
ロスレスに変換するなんてことが、
果たして可能なんでしょうか?

一度無くしたものをこじつけで錬成するような感じがして、どうも納得がいかないです・・・

Aベストアンサー

非可逆圧縮されたAAC音源を、Appleロスレスに変換したところで、消えてしまったデータが復元できるわけではありません。ご認識のとおりです。

あくまで"形式上"ロスレスのフォーマットになったに過ぎず、元のAACから良くなることはありません。
つまりデータ量が増えるだけで、無駄が多いということになります。

QコーデックAACについて教えて下さい。

ニコンcoolpix s9100で撮影した動画(mov)を、キャノンのソフトZoomBrowser EXでaviに変換したら画像は見られますが、音声がでません。
RealPlayerで変換したところ音声はでますが。画質が著しく低下しました。

ニコンの動画(mov)を真空波動研SuperLiteで調べたところ、音声コーデックはAACでした。

そこでNeroAACCodec-1.5.1をダウンロード、解凍して、ZoomBrowser EXでaviに変換してみましたがやはり音声がでませんでした。

NeroAACCodec-1.5.1を解凍後どのように操作すればよいでしょうか。
あるいは、NeroAACCodec-1.5.1ではだめなのでしょうか。
音声がでない問題を解決する方法を終えて下さい。

コーデックという言葉を知ったのも今日が初めてで、インターネットで調べながらここまでやってきた初心者です。よろしくお願いします。

なお、movをaviに変換するのはVideoStudio X3で、動画を編集したいためです。

Aベストアンサー

再生プレイヤーはなんですか、(Windows media Player)?

XMedia RecodeでAVIに変換してみては如何ですか?

Q「wav」と「appleロスレス」、「mp3」と「aac」の音質について

音楽のファイルについて質問させてください。

(1)wav(無圧縮)とappleロスレス(可逆圧縮)ではiPod等で聴いた時に音質の差は出てくるのでしょうか?

(2)mp3とaacでは同じ圧縮率の場合aacの方が音質が良いと一般的に言われてますが、
192や256kbpsのように圧縮率を下げるとmp3の方が勝るという話も聞きました。実際はどうなんでしょうか?

(3)mp3に圧縮する場合iTunesのエンコーダは評判が悪いと聞きます。
現在はWMPで圧縮してますが、もっと良いmp3エンコーダはありますか?(ま、一概にアレが良いとは言えないと思いますが・・)

(4)wav⇔appleロスレスの変換を繰り返した場合、音質劣化はありえるのでしょうか?


いきなり4つもの質問をして申し訳ありません。
答えられる項目だけでも回答をいただけませんでしょうか?


また当方、PCにスピーカーを繋げて聴く・iPodで聴く の2通りしか考えていません。
PCもiPodもそれなりにハード容量があるので、できるだけ高音質で聴きたいと思っています。
PCではwavかappleロスレスでマスター音源を保存し、iPodでmp3かaac余裕があればappleロスレスで聴く予定です。
iPodはDockコネクタに接続して聞く場合が多いのでバッテリーに関しては余り気にしていません。

よろしくお願いします!

音楽のファイルについて質問させてください。

(1)wav(無圧縮)とappleロスレス(可逆圧縮)ではiPod等で聴いた時に音質の差は出てくるのでしょうか?

(2)mp3とaacでは同じ圧縮率の場合aacの方が音質が良いと一般的に言われてますが、
192や256kbpsのように圧縮率を下げるとmp3の方が勝るという話も聞きました。実際はどうなんでしょうか?

(3)mp3に圧縮する場合iTunesのエンコーダは評判が悪いと聞きます。
現在はWMPで圧縮してますが、もっと良いmp3エンコーダはありますか?(ま、一概にアレが良いとは...続きを読む

Aベストアンサー

私はiPodユーザーというわけではないですが。

1、電池消費はロスレスの方が多いと思いますが、音質は変わらないのでは?

2、iTunesで取り込む場合、128kbpsで比べた場合は、MP3エンコーダよりもAACエンコーダのほうが良いです。
256kbpsや320kbpsではAACよりもMP3の方が良いというのは一種のネタですね。
過去のバージョンのiTunesのAACエンコーダーにはステレオイメージの再現性に問題があったのは事実ですが、
現在のバージョンでは多分起こらないと思います。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/StandUp/index.html
上記の音源で、最近のバージョンのAACエンコーダーで圧縮した場合、下記の画像ほど左右の信号が削られないことを確認できると思います。
ttp://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/StandUp/SS_S_StandUp_12.0-19.8_iTunes6.0.2.23-AAC-VBR128.png

3、iTunesやWMPのMP3エンコーダーは音質で問題があるといわれています。
LAMEは音質で他のMP3エンコーダーよりも優れているといわれており、LAMEのVBRなら、-V5程度でもある程度の音質になるといわれています。
-V2程度で、多くの人が圧縮前特別できないのではないでしょうか?
(試聴テストでは、LAME3.97beta2の-V5 --vbr-newでも多くの人が圧縮前と区別できなかったようです。)
iTunesやiPodで使用する場合、正しくギャップレスで再生できるのはiTunesで取り込んだものか、LAMEでエンコードされたMP3ファイルといわれているので、
ビットレートを抑えたい場合はAACの128kbps VBR、
MP3で音質も求める場合は、LAMEで-V2程度を使用するのがいいと思います。

4、それはないです。

私はiPodユーザーというわけではないですが。

1、電池消費はロスレスの方が多いと思いますが、音質は変わらないのでは?

2、iTunesで取り込む場合、128kbpsで比べた場合は、MP3エンコーダよりもAACエンコーダのほうが良いです。
256kbpsや320kbpsではAACよりもMP3の方が良いというのは一種のネタですね。
過去のバージョンのiTunesのAACエンコーダーにはステレオイメージの再現性に問題があったのは事実ですが、
現在のバージョンでは多分起こらないと思います。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co....続きを読む

Qコーデックについて

Bluetoothの製品の中にapt-X、AAC、SBCコーデック対応というのがあるのですが、このapt-X、AAC、SBCコーデックというのはBluetooth 機器間の通信規格のことを言っているのででしょうか?

それとも音声コーデック(MP3も?)のことを言っているのでしょうか?

スマートホンでA2DPプロファイルの標準コーデックとしてSBCを使っていると思うんですが、音楽再生はMP3を使用しています。

なんかよくわからないので詳しくご存知の方、ご教授ください。

Aベストアンサー

apt-X、AAC、SBCは、音声コーデックの事です。

そのコーデックで音声データをBluetoothに流せば、受信側でデータをデコード可能ですよ、と言う事です。

>音楽再生はMP3を使用しています。

音声ソースのコーデックは無関係です。

スマホでBluetoothで飛ばす際に「相手の機器がサポートしているコーデックに変換し直して送るだけ」なので。

もちろん「元から、相手の機器がサポートしているコーデックのままの音声データ」なら「無変換でそのまま送る」だけです。

QMP3→apple ロスレス

今までCDをレンタルした時
ITunesのMP3エンコーダですべてインポートしてしまったのですが
音質を向上させたく、apple ロスレスエンコーダに変えました。
しかし、もうMP3エンコーダでMP3にしてしまったものは
apple ロスレスエンコーダでインポートした音質には修復できないのでしょうか?

あと、appleロスレスとMP3では
やはりイヤホンで聞いても音質の差はあるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

MP3は非可逆圧縮という方式なので、一度圧縮して失った部分は2度と回復しません。ですから、MP3にしてしまったものをどのような形式にしようと音質的に向上することはありません。

>やはりイヤホンで聞いても音質の差はあるのでしょうか?

ご自分で聞いて差があったからロスレスに変更したのではないのですか?
他人がどう言おうと、あなたの耳で判断できないのならその差はないのと同じです。聞き比べていないのでしたら早速ご自分の耳で聞き比べ、ロスレスにする必要があるのか、MP3でも例えば192kぐらいなら十分なのか、といったことを判断してください。
ただし標準や千円程度の安いイヤホンなどでは違いは判らない可能性大ですので注意しましょう。

QMediaCoderでm4aをAACに変換したい

Windows7、MediaCoder0.8.21.5399 64bitを使っています。
MediaCoderでm4aをAACに無劣化で変換することはできますか?
オーディオタブで形式LC-AACやHE-AACを選んでいるのですが、
m4a→m4aとなってしまいます。
MP3DirectCutで編集したいのですがm4aは対応してないのでAACにしたいです。

わかる方いらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問への回答とはちょっと違いますが、本来の目的には沿うものですので、前回質疑のフォローをしときます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8081663.html

m4aとaacのファイル形式変換には、dBpoweramp Music Converterを勧めます。
ただ、何故か現在、上記の変換機能の追加コンポーネント配布が停止してるようです。

こちら(過去のページの保管倉庫、2013/1/16のもの)からダウンロード可能で、インストールも利用も問題なくできるようです。
http://web.archive.org/web/20130116025817/http://www.dbpoweramp.com/codec-central-m4a.htm
一番下にある「m4a Utilities Release 1」です。
これを入れると、変換項目に「aac to m4a」、「m4a to aac」、「m4a optimize」の3つが追加されます。

音声データのエンコードは行わないので劣化はなく、タグも引き継ぎます。このタイプの変換ができる変換ツールは幾つかあったと思いますが、タグが正確に引き継げるものは稀ですので貴重です。

質問への回答とはちょっと違いますが、本来の目的には沿うものですので、前回質疑のフォローをしときます。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8081663.html

m4aとaacのファイル形式変換には、dBpoweramp Music Converterを勧めます。
ただ、何故か現在、上記の変換機能の追加コンポーネント配布が停止してるようです。

こちら(過去のページの保管倉庫、2013/1/16のもの)からダウンロード可能で、インストールも利用も問題なくできるようです。
http://web.archive.org/web/20130116025817/http://www.dbpoweramp.c...続きを読む

QAppleロスレスとMP3について

みなさんこんにちは。
私は普段パソコンにスピーカーを接続して、iTunesで音楽を聞いています。
外出先ではiPodを使っています。

最近「出来るだけいい状態でパソコンに保存しよう」と思い、Appleロスレスでパソコンに音楽を入れるようになりました。
本当はWAVというのがいいらしいようですが、ロスレスとWAVをエンコードで変えても音質は変わりなく、しかもロスレスの方が容量が小さいと、検索して調べたからです。

最近外付けHDDを買ってみて、それに保存しているのでパソコンで聞く場合は容量の問題もなくて良かったのですが、いざiPod(touch16GB)に入れたら、ほとんど曲が入りませんでした。
Appleロスレスとして音楽を保存する前に、MP3の320kbps(?)で保存をしていたら、汎用性があり、音もそれなりによくて容量も小さくて便利でした。
なので、一つのiTunesの中に、自宅用にAppleロスレス、iPod用にMP3(320kbps)と2種類保存することにしました。
※詳しいことが分からなくて、とんちんかんなこと言ってるかもしれませんが、ご了承ください…。

ですが、CDを読み込む際に2回も読み込むのが面倒なので、Appleロスレスで読み込んで、iTunesでMP3にエンコードすればいいかな?と思っているのですが、「可逆圧縮」とかいう難しい言葉の意味や、形式の詳細が(調べても)全然理解出来ないので、「Appleロスレス→MP3(320kbps)」というエンコードは理論(?)的に大丈夫なのか良くないのか、お伺いしたくて書き込みさせていただきました。

素人で申し訳ないですが、教えていただけるとありがたいです。
どうかよろしくお願いします!!

みなさんこんにちは。
私は普段パソコンにスピーカーを接続して、iTunesで音楽を聞いています。
外出先ではiPodを使っています。

最近「出来るだけいい状態でパソコンに保存しよう」と思い、Appleロスレスでパソコンに音楽を入れるようになりました。
本当はWAVというのがいいらしいようですが、ロスレスとWAVをエンコードで変えても音質は変わりなく、しかもロスレスの方が容量が小さいと、検索して調べたからです。

最近外付けHDDを買ってみて、それに保存しているのでパソコンで聞く場合は容量の問題...続きを読む

Aベストアンサー

可逆圧縮:圧縮しても内容が変化しない方式
内容を100%変化させずに済む。
zip等の一般的なファイル圧縮によく利用される。
新聞等の記事を圧縮して、解凍したら内容が要約されていたり、オンラインで配信するソフト圧縮して解凍したら性能落ちたりしていたら大変です。

AppleLossLessも可逆圧縮。

ちなみにWAVEやAIFFは未圧縮です。
WAVEでもAppleAlossLessでも基本的にCDと同じ音質です。


非可逆圧縮:圧縮すると内容が微妙に変化(劣化)する方式
可逆圧縮よりも圧縮率が高い。
MP3やAAC、JpegやMpeg等の音声/画像/動画といった多少ぼけても問題の少ないものに使われる。
人間の目や耳は結構いい加減で、余計な部分を削る等して多少輪郭がぼけても誤摩化される点を利用しています。
音声なら、聞こえにくい低音や高音を削っていますし、画像なら隣接する近い色をぼかしてしまうとかしています。
音よりもJpeg画像を拡大してみれば如実にわかります。


> 「Appleロスレス→MP3(320kbps)」というエンコードは
可能です。
理論上はAppleLossLessはCDと同じレベルですから音質も変わりません。

MP3は192kbps超えた辺りで判別するのは極めて難しくなります。
曲を楽しむのではなく高級機材使って粗探しするとか、初めからMP3だという悪い先入観もっていなければ分かりませんね。
128kbps未満だと明らかに音悪いのわかるけど。

数種類の形式で保存する事もできますけど、取り込みや管理が面倒なだけですから、256kbps程度のMP3で統一したほうが無難でしょうね。
音質気にするなら、AACにするかLIME系のMP3エンコーダー(午後のコーダーとか)を使うといいです。
汎用性考えればMP3です。
iTunesのMP3エンコードエンジンは一癖あります。波形テストの結果見たりして、言われなければ分からないですけど。

可逆圧縮:圧縮しても内容が変化しない方式
内容を100%変化させずに済む。
zip等の一般的なファイル圧縮によく利用される。
新聞等の記事を圧縮して、解凍したら内容が要約されていたり、オンラインで配信するソフト圧縮して解凍したら性能落ちたりしていたら大変です。

AppleLossLessも可逆圧縮。

ちなみにWAVEやAIFFは未圧縮です。
WAVEでもAppleAlossLessでも基本的にCDと同じ音質です。


非可逆圧縮:圧縮すると内容が微妙に変化(劣化)する方式
可逆圧縮よりも圧縮率が高い。
MP3やAAC、Jpe...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報