運転中に変圧器の絶縁油が低下したり無くなった場合やは地絡、相間短絡を起こすのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

定格に近い運転中なら、油を介した放熱が十分に行なわれず、巻線が高温になり油の変質や絶縁破壊を起こすことが予想されます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指導ありがとうございました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2011/08/23 09:50

No.1の方が仰る通り、絶縁油の第一の目的は冷却と言われています。


名前は絶縁油ですが、絶縁は二番目になるそうです。
その為冷却が損なわれると、短絡、地絡というより、絶縁油の沸騰の方が心配になりそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指導ありがとうございました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2011/08/23 09:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空脱泡機についておしえてください

どうも、当方このたび真空脱泡機を導入しました。直径30cm高さ30cmくらいの小さい10万円ほどのやつですが、どうもよくわかりません。と申しますのは、シリコーンゴム型をセット、レジン(普通のWAVEなどの無発泡ウレタン樹脂)を注入、ふた閉めて減圧してレジンから泡がごぼごぼごぼって出てきて、とここまではいいんですが、この状態で固まってしまうと、成型品が気泡だらけになってしまいます。脱泡機を使ったほうが気泡が入るって…(泣)。どうしてこうなるのでしょうか、他の方々はどんな風に脱泡機を使っているのでしょうか、この気泡ボコボコを回避する方法はないでしょうか,教えてください。

Aベストアンサー

>普通のレジン(WAVEの無発泡ウレタンのアイボリー)なら硬化は普通5分くらいですが
そんな速硬化タイプだったんですか。想定していませんでしたが、ならありえますね。
硬化が速い樹脂は装置内に硬化剤と主剤を別々にセットして真空内で混合攪拌し、すぐ型へ流し込む必要があります。機器のサイトを見ましたがその作業が出来るタイプではないようです(出来るタイプもありますがひとけた高価でしょう)。
現状での最善の方法は、型の注入口に押し湯が出来る受け口(じょうろのようなもの、紙などでざっと作る)をこしらえ、真空内で注入してあらかた脱泡が進んだ時点で(固まらないうちに)真空を切り、押し湯から泡が極力戻らないようにしつつ製品内の泡を潰すことです。これでもずいぶん意味のある作業になると思います。

Q屋外変圧器の絶縁油

この油が第4類第三石油類です。危険物取扱者の法令上では屋外に施設するタンク等は防油堤でタンク容量の110%で囲むようにするとなっていますが、屋外変圧器の油容量10kリットルのものにもその110%分の防油堤を置かないとダメなんでしょうか!
  電気設備の技術基準を調べてみたんですが、このあたりが見つけられませんでした。
誰かわかる方教えてください!!

Aベストアンサー

まず変圧器は製品であり、貯蔵施設ではないので、危険物の規則に関する政令 第2条 貯蔵所の区分の条文に当てはまらないと思います。
その他、第27条の取扱いの基準の条文も給油に対してなので、当てはまりません。
つまり、設置された変圧器に対しては、消防法は当てはまらないように思います。

しかし、電気設備技術基準 第19条では、公害等の防止についての条文があります。
水質汚濁防止法に当たるそうなので、こちらの方が適用されるようです。

参考URL:http://www.daihen.co.jp/environment02/env_51.html

Q変圧器の絶縁油について(6KV)

運転中に変圧器の絶縁油が低下したり無くなった場合やは地絡、相間短絡を起こすのですか?

Aベストアンサー

定格に近い運転中なら、油を介した放熱が十分に行なわれず、巻線が高温になり油の変質や絶縁破壊を起こすことが予想されます。

Q地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?
(オーム社さんのP29ページ25番には漏電遮断器(過電流保護付)
と書いてあります。しかしながら、別のテキストには過電流素子
付漏電遮断器」とも書いてありました。どちらが正しいのでしょ
うか?

以上3つの質問ですが、電気に詳しい方、回答よろしくお願いし
ます。

Aベストアンサー

>漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

従来はその色でしたが、1999年からは国際規格に沿って灰色に推奨されているみたいです。  

>また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

別にどちらでもかまわないが、過電流素子付はアンペアフレームも書くみたいです。

>最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?

同じですよ。

Q絶縁油の絶縁破壊電圧試験について

絶縁油の絶縁破壊電圧試験を行ったのですが、資料対象の絶縁油を、5回放電させ、初回の放電電圧の値をデータから取り除くと実験書には書いてあります。それはなぜなのかが分かりません。どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

絶縁破壊電圧(火花電圧)は電極表面の状態の影響を強く受けます。
最初の放電のときは、電極表面の状況によるばらつきが大きく、データから除外することが多いです。
二度目以降は、前回以前の放電が電極コンディショニング(表面洗浄や細かいひげの消去)の効果を出すので、放電電圧が安定になります。

Q変圧器の更新に伴う新たな変圧器選定方法について

御世話になります。
名称容量高圧油入自冷TR 容量200KVA インピーダンス(%)3.13
製造 日立 型式SOU-CR 製造年月1985 相数1 電圧(V)6600/210
電流952(A) 油量(L)120 総重量(kg)528

上の単相変圧器三台をデルタ結線で動力にて使用しています。

年間約104日ほど休日の為無負荷になります。
通常は各相とも約850A一日17時間ほどの使用になります。

変圧器1台にして効率を上げて電気料金を下げたいのですが高効率になればなるほど高いですがどのあたりの変圧器がベストなのか
分からないで困っています。
お勧めの変圧器で年間このくらい電気料金が安くなると言う計算方法と変圧器があればご指導願いたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

計算方法は単純ですが、基礎となる効率のデータが無いので、仮の数値で概算して判断すればいいでしょう。
現状の変圧器の損失を、定格の3%と仮定する。
一番効率の良いアモルファス鉄心式を使うと、鉄損が1/6、銅損が1/2となる。鉄損が特に少なくなるので、負荷の大小に拘わらず、損失はおよそ半分くらいになると想定されます。無負荷日が100日もあるので、これがお奨めです。
損失減を定格の1.5%と仮定すると、年間で78,000[kWh]程度の省エネ効果があります。後は電気料金と投資額から判断してください。

Q変圧器の絶縁油入替えについて

御世話になります。
変圧器の絶縁油を入替えるのですが入替え後に耐圧試験は行った方が良いでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一般論で言えば、新しい油に取替えたのだから、その必要は無いでしょう。但し、取替える前の状態が極端に劣悪な状態であった場合は、一部残っている可能性もあるので、念のため確認しておくことは無駄では無い場合もあります。
極端な事例ですが、工場の片隅で保守計画から漏れていた雑用の変圧器が発見されて、操業以来20年間ぶりに点検したところ、絶縁油が真っ黒でどろどろの状態になっていました。こういう場合は油を交換しても局所的に残っているので、再立ち上げは万全を期して慎重に行いました。

Q変圧器の絶縁抵抗測定について

スター-スター接続の変圧器(66kV/6kV)の絶縁抵抗測定で、回路から外された状態(単体)で高圧側-大地間と低圧側-大地間と高圧側-低圧側の測定をします。試験手順(先輩のメモ)には、高圧、低圧を三相短絡して一括にて測定すると書いてありました。スター接続のため短絡しなくても1相にて試験ができると思うのですが、何か理由はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

耐圧試験時も同様の接続を致しますが私も同様の疑問を持ち先輩に訊いたことがあります。なるほどとその時思った記憶があります。

さて、中学校の理科でコイルに磁石を近づけたり遠ざけたりしたときのコイルの電流の流れる方向はどちらかという授業を受けた記憶はありませんか?

確か磁束の変化を妨げる方向にコイルに電流が発生するというものです。
N曲を近づければコイル内の磁束を増やさない方向に電流を流そうとするあれです。

メガーの出力も電池で発生する直流ですからリード線をさわるとき、外すときは磁束の変化を引き起こします。そうすると高圧を発生するおそれが・・・と考えられないでしょうか?ちなみに私は電気管理技術者です。(新米ですが・・・)

Q絶縁油処理

電気絶縁油のPCB分析でPCBは入っていないということを言われたのですが、その後の処分はどのようにするのでしょうか。 機器と一体で産廃処分して良いんでしょうか。 鉄と廃油にわけるん

Aベストアンサー

 PCBが入ってない絶縁油入りのしゃ断器なり、トランスなりは
産業廃棄物処理業者が受け取ってくれるならば、そのまま処理
してもらっても問題ないと思いますが、念を入れるならば、
しゃ断器やトランスからオイルを抜いて、空きのドラム缶に入れ
て「廃油」として産業廃棄物処理業者に引き渡し、油を抜いた
機器はそのまま金属引き取り業者に売却して良いと思います。

QELBの相間絶縁について

電気工事経験少ない初心者です。
FUJIの漏電遮断機FAB SA103CLの2次側の相間絶縁をメガーで500ボルトレンジで測定したところR-T相が0Ω(R-S・S-T間は∞で正常)を指して短絡状態になりますがテスターの導通で測ると18MΩになります、どうゆうことでしょうか?メーカーホームページではメガテストスイッチが主接点と連動して相間絶縁が測定できるように書かれていますが、主接点が開いている状態で上記のような短絡状態になります。
明後日までに判明しないと送電できなくなり大変困ってます、皆様がたの御回答頼りにしています、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「FUJIの漏電遮断機 FAB SA103CL」と書かれていますが、このの名称と形式が合っていません。漏電遮断器であれば、略称はECB、形式はEG□□3/□□□ or SG□□3/□□□とかになると思います。どの様な機種、シリーズ、形式でしょうか?

漏電遮断器だと仮定して考えますと、機種やシリーズにより異なるかも知れませんが、一般的な機種の場合、この「メガテストスイッチ」は注文により取付ける機能だろうと思います。機種、シリーズ、形式を調べて、発注時(発注担当者や販売店・富士電機など)にどの様に指定したかを調べる必要があります。
なお、測定した時の状況(二次側を測定)から推定しますと「メガテストスイッチ」が内蔵されていない機種と思われます。

(1)「メガテストスイッチ」が内蔵していない機種の場合
・漏電遮断器の内部には漏電電流を検出して増幅する回路が内蔵されています。この回路の電源は"二次側(=負荷側の端子部)"から取り出していますので、この影響で二次側をメガテストやテスタで測定しますと導通があることになります。

・漏電遮断器をOFF状態にしますと、電子回路は切り離されますので、漏電遮断器の電源側からはメガテストすることができますが、二次側(=負荷側)でのメガテストを行いますと内部回路のサージ吸収素子が動作して、絶縁抵抗が0Ωになります。テスターの場合は電圧が低いのでサージ吸収素子が動作せず、所定の抵抗値を示すものと思います。

・富士電機機器制御株式会社のホームページにある[技術情報]→[漏電遮断器]→[FQA(良くある質問)]のFQA00094の「漏電遮断器で絶縁抵抗を測定できない場所はどこですか?」を参照されると良いと思います。(このFQAを読むには、会員登録が必要のようです。)

(2)「メガテストスイッチ」が内蔵されている場合
・漏電遮断器の二次側以降の線間にランプやその他の部品が接続されている可能性もあります。
・直接的な要因として漏電遮断器の内部部品の不具合が考えられます。

「FUJIの漏電遮断機 FAB SA103CL」と書かれていますが、このの名称と形式が合っていません。漏電遮断器であれば、略称はECB、形式はEG□□3/□□□ or SG□□3/□□□とかになると思います。どの様な機種、シリーズ、形式でしょうか?

漏電遮断器だと仮定して考えますと、機種やシリーズにより異なるかも知れませんが、一般的な機種の場合、この「メガテストスイッチ」は注文により取付ける機能だろうと思います。機種、シリーズ、形式を調べて、発注時(発注担当者や販売店・富士電機など)にどの様に指定したかを調べる必...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報