脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(脅迫)


第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
害悪告知がポイントなんですね。

確かにそうでなければ、コワモテの人は何をしても脅迫罪になってしまいますね

お礼日時:2011/04/23 15:28

1,脅迫罪ですが、若い者を行かすぞ、は脅迫罪に


  なりますよ。
  脅迫罪は意思の自由を侵害する罪です。
  従って現在では、吉凶禍福については脅迫罪は
  成立しないことになっています。

例)俺にそんな態度をとると大地震が来るぞ。
  天罰が下るぞ。
などは脅迫罪になりません。
天罰を下してやる、てのも脅迫罪になりません。
現代人にこんなこと言っても、不安には思っても、意思の自由を侵害する
ことはない、と考えられているからです。
更に
例)そんな態度だと○×組のヤクザが来るぞ、と
いうだけでは、脅迫罪になりません。
そのヤクザが自分の影響下にあることを伝えなければ
脅迫罪になりません。

2,100万払え、てのは恐喝罪ですね。
恐喝罪が成立するときは、強要罪は成立しませんよ。

詳しくは、刑法コメンタールでも読んで下さい。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

天罰を下してやる! ってのは宗教関係の人がいいそうですね。
で、天罰と称して、自分たちで危害を加えたりして。
で、「ほーら、私の言うことを聞かないから天罰が下ったでしょ。これからは私の言うとおりにしなさい」なんてね。
これって脅迫、強要にならないでしょうか? というかすでに実力行使をしているから、単なる傷害、暴行、器物破損ですね。

例)そんな態度だと○×組のヤクザが来るぞ、と
いうだけでは、脅迫罪になりません。
そのヤクザが自分の影響下にあることを伝えなければ
脅迫罪になりません。

ああ、そうですか。これは知らなかった

お礼日時:2011/04/23 15:34

●脅迫罪



成立 = 「殺すぞ、こら!」「てめぇの家に押しかけんど、おらぁ!」等と、客観的に誰が見ても明らかに相手を恐怖に陥れる言葉を発した者。或いは「子供を預かってる。1000万用意して欲しい」という営利誘拐をした者。或いは「近所にばらすぞ」「やらせなかったら、てめぇの裸の写真、ネットに流すぞ」という当該被害者の名誉を著しく傷つけられる可能性がある言葉を発した者。又はそれらを文書で伝えた者。

成立しない = 脅迫を受けた者が恐怖を感じずに「来るなら来いや」「やれるものならやってみろ」と対抗した場合。

★「脅迫罪」の場合は「当該被脅迫者が命に危険を感じたり、或いは羞恥心を感じたり、それが原因で自殺した場合」に成立します。「恐怖心」がポイントです。


●強姦罪

成立 = 相手(女性)の合意無しに無理矢理、性行為を実行した場合。

成立しない = 無理矢理犯したとしても、次の項に該当すれば「強姦罪」は適用されません。「和姦」と見なされます

1)相手とラブホテルに入った場合
2)屋外であれば、女性が思わず自分のお尻の下にハンカチを敷いた場合
3)自分で和服の帯を解いた場合
4)事後、一緒に飲食した場合
5)示談が成立した場合

よくあるケースは1)と4)です。特に1)は軽率な行動と思われてもこれ仕方が無い事です。大の大人ならばラブホに入れば目的は解る筈。それを承知で一緒に入って「強姦」されても、100%「和姦」になります。ただし酔いつぶれた女性をラブホに連れ込んで犯した場合、或いは薬で女性を眠らせたり淫靡な気持ちにさせた場合は「準強姦罪」が適用されます。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

せっかくですが強姦罪については縁がないので必要がない知識です。

お礼日時:2011/04/23 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脅迫罪・強要罪の成立要件について

脅迫罪や強要罪は「弱みにつけこむ」だけでは成立しないのでしょうか?
身体や財産、生命の危機とかでないと・・

また、しないとしたら、他に罪状はあるでしょうか? 

Aベストアンサー

弱みにつけ込んで何かをさせようとする行為は、まさに脅迫罪です。

「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知」がまさに「弱みにつけ込む」行為と判断され、なおかつそれによって何かをさせようとすれば脅迫罪、

もしくは暴行して、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した」場合は強要罪です。

刑法の構成要件をよく見てみましょう。
客観的に「脅し」と判断されれば脅迫罪、さらにそれをもって無理強いさせればもしくは暴行して無理強いさせれば強要罪です。

Qこの場合は、強要罪(もしくは脅迫罪)が成立しますか?

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入るまで待って欲しい」との旨を相手に伝えました。

ところが相手側からの返事は、「消費者金融に借金してでもいますぐ返せ」というものでした。

しかもその際に私の人格を否定するような内容の文言も書いてあったり、同じ内容のメールを一日何回も送りつけてきたりと、非常に困り果てています。

私としてもあまり事を荒立てたくはないのですが、こういった場合、脅迫(強要罪)は成立するかどうか教えてください。

また、文章はメールで送られてきてますので、すべて残っています。

個人間の金銭トラブルで、メールで脅しみたいなのを受けてるのですが、この場合脅迫罪(もしくは強要罪)が成立するのか判らないので、質問させていただきます。

1年ほど前に、私がある友人からお金を借りました。
その際、借用書などは書かないでもいいし、返済期限も特に設ける旨の通知を受けませんでした。

ところが、最近になって「全額今すぐ返せ」とのメールが届きました。
私としても返済はしたいのですが、収入も減って生活にも事欠くような状況でしたので、「新しく始めたアルバイトのお金が入...続きを読む

Aベストアンサー

まず、強要罪とは、「人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害し(刑法223条)」ようとしなければ成立しません。
そして、あなたは返還期限を定めずにお金を借りたのですから、「貸主は、相当の期間を定めて返還の催告をすることができ(民法591条)」、あなたはそれに対して借入金を返済する義務があります。義務のあることをさせようとしているのですから、強要罪にはあたりません。

また、脅迫罪が成立するのは(強要罪もそうですが)相手またはその親族の「生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫」した場合です。
「借りてでも(あるいは身の回りのものを売ってでも)金を返せ」という程度であればとても脅迫とはいえませんし、あなたに対する個人攻撃をいくら送りつけてきても名誉毀損や侮辱には当たりません。

文章の内容にもよりますが、まず犯罪は成立しないでしょう。
なお、万が一友人の行為が犯罪行為であったとしても、貴方が一週間程度の内に返済しなければならないということに変わりはありません。

Q不正アクセスと脅迫罪の成立・不成立について

長文になりますが、よろしくお願いいたします。

先日、友人宅で友人の下着と、(友人宅に泊まった際に置き忘れた)
私の下着が盗難に遭いました。(ベランダに干した洗濯物)

後日、友人宅に置手紙と下着が届き、手紙には

・(差出人の友人が)干してある洗濯物から下着を盗んだ。
・(差出人の友人の)罪を償う意味で下着を送ります。
・何かあればメールが欲しい。(携帯フリーメールアドレスが記載)

との内容がありました。

我々は恐怖を感じまたイタズラかとも思い、
すぐに警察への相談を考えましたが、冗談とも思い、
まずは相手を出来るだけ知る為に、
記載のフリーメールアドレスサービスのサイトに自身の携帯で
アクセスし、相手のアドレスと四桁のパスワードを入力して
ログインし、相手の携帯アドレス情報を入手しました。

尚、パスワードは、何度も試そうとした訳ではなく、
何となく、フリーアドレスのアカウントから想像できるものを
入力したところ、一度目でいきなり認証できてしまいました。

相手のアドレス→aa4321@xxxx.jp
パスワード→4321
(アドレスとパスワードは、「仮定」です。)

尚、このアクセスは、
警察へ下着の被害届を出す際にサブアドが削除されていては困るので
本アドレスを紙にひかえておいただけで、危害を与えたり、
情報を利用して利益をあげようとしたわけではありません。
また、改ざんは一切行っておりません。

アクセスを試みた第一の理由は、下着盗難にとどまらず、
他の犯罪につながってからでは遅いと考えたからです。


その後、再度下着が届きましたので、
私より相手のフリーでないアドレスに

・追いかけたり、訴えたりしないので、
 今後我々に何事も干渉しない欲しい。
・今後、このような犯罪行為を止め、反省して欲しい。
・私の友人の被害額は2万円程度なので、下着を送ってくるのではなく
 送ってきたものの差分だけでも金額返還してあげてほしい。
 (私の被害に関しては、下着一枚ですので触れておりません。)

との内容で、メールしました。
この際、私はPC用フリーアドレスを使用しました。

すると相手から、
「脅迫・恐喝、不正アクセスと判断し、第三者機関に相談する」
との返信をしてきました。

その後、こちらは一度として敵対的な対応をしてない旨を伝え、
話を大きくしたくない事、平和的解決を要望し、
また相手を追い詰めないようにと、
お互いに干渉しない旨の誓約書を交わそうと
十分相手に配慮したメールを送信しましたが、
相手は数回に渡り、

「弁護士の指示で、警察に相談し刑事事件として起訴する。」
「被害額は弁護士を通して返還する。」
「既に、自身の携帯アドレスに対する差出人(私)は
 警察が特定した。」
「そもそも下着を盗んだ事が発端という事は警察に伝えてある。」

等と、「弁護士・警察」という言葉を連呼し、
逆に我々を恐喝しているのでは?と思われる程の
(私の主観ではありますが)なメールを繰り返してきています。

ちなみにこれは、私が相手にメール送信し、
次の日の昼頃に来たメールで、私は逆に
「こんなに早く、しかも事実確認も無しに警察は動くものなのか?」
と矛盾を感じると共に、夜道を歩く事等に対して不安な気分に
なりました。

そこで、

1. 下着の盗難、後の下着の送付の異常性に恐怖を感じた私の行った
  携帯本アドレスの書きとめは不正アクセスに該当するのか、
  情状酌量はないのか
2. 私の送ったメールが相手を脅迫・恐喝している事になるのか
3. 盗難被害者(友人・私)の事実確認無しに、
  警察が捜査を進める事はあり得るのか
  (現状は、全く連絡がありません。)
4. 私への事実確認無しに、
  警察が「メールの差出人がわかった」等と発言する事は
  あり得るのか
   ※私は、LAN内より相手にメールしましたので、
    私を特定する為には、警察がLAN管理者に問合せを行い、
    LAN管理者が私に事実確認を行うものと考えております。
5. むしろ、盗難したグループの手紙差出人こそ、
  我々に対する恐喝に当たらないのか
6. 常識的に考え、私達は被害者からスタートした訳ですが
  相手に弁護士が付いているとして、このような方向に
  弁護士が導く可能性はあるのか

を教えて頂きたく思います。

各方面の知人・友人に相談したところ、
警察への相談を勧められましたが、私も(「恐喝」は
該当しているとは思いませんが)不正アクセスを試みた事は
事実ですので、まずはご意見を伺えればと思っております。

よろしくお願いいたします。

長文になりますが、よろしくお願いいたします。

先日、友人宅で友人の下着と、(友人宅に泊まった際に置き忘れた)
私の下着が盗難に遭いました。(ベランダに干した洗濯物)

後日、友人宅に置手紙と下着が届き、手紙には

・(差出人の友人が)干してある洗濯物から下着を盗んだ。
・(差出人の友人の)罪を償う意味で下着を送ります。
・何かあればメールが欲しい。(携帯フリーメールアドレスが記載)

との内容がありました。

我々は恐怖を感じまたイタズラかとも思い、
すぐに警察への相談...続きを読む

Aベストアンサー

1.
よっぽど命がかかっているという状況でなければ緊急避難的とはみなされませんので、残念ながら不正アクセスです。警察に任せればよい話だし、本アドレスでないといけない理由もないですよね。パスワードが簡単に推測できた事は関係ありません。

2.
脅迫罪にはあたらないかと。

3.
無い事はないでしょうが、8割ハッタリかと。状況証拠だけでそのような発言をすることはありえません。

4.
捜査状況を教えることはまずないかと。で、LANの管理者にしてもPCは特定できたとしても操作していた差出人はわからないはずで。

5.
その気もないのに○○しなければ告訴する、というのは強要罪です。
脅迫罪や恐喝は主に金品の略取を目的としています。

6.
いろいろな弁護士がいるのでわかりませんが、その「ご友人」は善意の第三者ですので、その人の本アドレスを不正な手段で入手したという事実は変わりません。その人自体は何もしていないですし。なんともいえません。

Q脅迫罪か強要罪か

知らない人からメールが来ました。
俺の彼女のAさんと性的関係を持ちましたね。話がしたいから○時に○○(地名)に来てくださいと言う内容でした。
フリーアドレスで、その方の年令名前一才不明です

Aさんとは性的関係を持つ仲でしたが、彼がいるとは知りませんでした。

マンガ喫茶のパソコンから送ったとの事ですが、警察に被害届を出し、捜査してもらった場合どれくらい時間がかかるのですか?未だに身分証明いらないところ多いし。

またこれは脅迫罪になるのか強要罪になるのか それ以外なのか、も教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>知らない人からメールが来ました。
>フリーアドレスで、その方の年令名前一才不明です
情報何一つ提示しない相手は無礼ですし、サイバー犯罪課で相談されては。

>話がしたいから○時に○○(地名)に来てくださいと言う内容でした。
会って話をする前に殺される時代です。私なら、見知らない相手には会いません。
どうしても話をしたいのであれば、警察などに身辺警護を要請するべきです。

Aさんにそのアドレスを知っているかを聞くのも手ですね。
現時点では、法律に抵触していません。

Q脅迫罪強要罪について!

境界確定訴訟で被告の立場で裁判を受けました。本人訴訟で応対しました。裁判も終盤のころ、現地調停の場がもたれました。境界確定とはご存知のように公法上の境界を争う裁判です。裁判官は現地に来るなり、私(被告)に「このまま裁判を続けても仮に勝訴しても分筆費用等で200万かかりますよ、このまま土地を明け渡した方が得ではないですか。」といわれ 200万発言にびっくりし顔面蒼白となりました。あとで考えれば現地調停には司法委員として土地家屋調査士が任命され同行していましたので裁判官も金額を確認することは容易であったことです。後で調べましたが20万前後の費用と判りました。応じはしませんでしたが裁判官の心証の範囲とはいえ、常識を逸した金額で強要をしいられた気持ち一杯でした。上級裁判所へ不満を述べましたが(忌避申立)その様な事実はなく、仮にあったとしても裁判官の心証の開示の一部に過ぎないとされ却下となりました。裁判官が経済的損失と対比させ発言されるのは被告の利益を考えるところで当然でしょうが 10倍もの法外な金額は強要脅迫としか受け取れません。刑事告訴も考えますが犯罪の事実に該当するでしょうか。付け加えますと本裁判は30年まえに原告で法17条地図作成測量作業の公務妨害があったもので負けられない裁判です。皆さんのご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。判決には不満があり控訴審で審理中です。

境界確定訴訟で被告の立場で裁判を受けました。本人訴訟で応対しました。裁判も終盤のころ、現地調停の場がもたれました。境界確定とはご存知のように公法上の境界を争う裁判です。裁判官は現地に来るなり、私(被告)に「このまま裁判を続けても仮に勝訴しても分筆費用等で200万かかりますよ、このまま土地を明け渡した方が得ではないですか。」といわれ 200万発言にびっくりし顔面蒼白となりました。あとで考えれば現地調停には司法委員として土地家屋調査士が任命され同行していましたので裁判官も金額を確認...続きを読む

Aベストアンサー

全文を拝読しまして、一番に感じられることに「負けられない裁判」あまり本旨から逸脱した思いが多いようです。
200万円発言のようなことは日常茶飯事です。
それを一々忌避申立などしていたのでは、他から見て「賽の河原」と云う他ありません。
もっと、本旨に力をそそくべきです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報