園芸初心者です。
ベニバナトキワマンサクを生垣に使いたいと思っているのですが
その場合、支柱とかは必要なのでしょうか。
あと、植える季節はいつがよいのでしょうか。
その他、注意点があれば教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは、注意点ですが、花色と葉色に十分注意して好みのものを選んで下さい。

最初は支柱と横に竹1本有ったほうがいいです。生垣になる頃支柱と竹は自然に枯れて外せます。

★まず花色ですが、赤の濃いもの~パープル・桃色まで有ります。購入時に好みを言って下さい。
★葉色ですが、「青葉」と「赤葉」タイプが有り、
 ・「青葉」は芽だしは赤で夏に緑になります。冬はやや赤っぽくなってきます。
 ・「赤葉」は芽だしは赤で夏は薄赤褐色~やや緑で環境によっても大きくばらつきます。冬は完全に赤褐色です。
※好みで選んで下さい。生垣は「赤葉」のほうが多く見かけますが、コントラストを味わいたいなら「青葉」。購入店とよく話をされ、好みのものがないなら別のお店で。妥協しないで複数のお店と交渉するのも後々の満足度に影響します。
ネット通販は安価ですが、やっぱりきちんと話を聞いてから購入して下さい。

◆購入する苗木ですが、「生垣用」で下枝の充実したものがいいでしょう。
◆何mくらい植えるか判りませんが、すぐに生垣にしたいなら1mに3本でやや大きめの苗木。紅花トキワマンサクなら通常40cm間隔くらいでいいと思いますけどね。(植木屋さんは1mに3本を薦めると思いますけど・・・)
※横にも広がりますから、生垣が長い場合や、急がなければやや大きめで下枝の出たものを50cm間隔でもいいでしょう。いずれにしても選ぶ苗木の大きさや横への広がい具合にもよりますので、樹形は下記リンクを参考に選定してみて下さい。
◆植栽時期は春(4,5月)、秋(9,10月)がいいですが、春は3月下旬~6月、秋は11月くらいでも大丈夫です。
◆わりと自然に樹形も整って、選定は楽な部類です。

●支柱について <生垣の作り方>
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hana-online/ikegak …

<花色> ※もっとパープル系も有り。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/t/tokiwa …
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/c/00000046 …
http://flower365.web.infoseek.co.jp/15/228.html

葉色:青葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0023420223.h …
葉色:赤葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301330.h …
http://item.rakuten.co.jp/oniwahonpo/a150p37467/

<管理・育て方>
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301328.h …
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/niwaki_tok …
http://yasashi.info/to_00009g.htm

↓参考:この生垣は「青葉紅花」かな・・・
http://item.rakuten.co.jp/shikinosato/gs_u-j_t00 …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

花色がそんなにたくさんあるとは知りませんでした。
すごくすごく参考になりました。
とても詳しく親切丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/23 15:16

>ベニバナトキワマンサクを生垣に使うには…




地域や土壌で少し違うかもしれませんが、10月ごろか4月ごろの樹木のストレス・負荷が少ない時期を選びます。
その時に将来の樹形を考えますと枝張り・根張り・樹高からは支柱を立て剪定を行うと良いでしょう。
放任しても大丈夫ですが、生垣としてはマバラに成ったり、整然と揃わない事と風の影響や日差しの強弱で成長スピードや樹勢の強弱で葉色や形が不揃いに成る可能性が強いです。
それ以外は育て易く、丈夫で美しい樹木ですから安心です。

花市場のURLより

◇トキワマンサクの育て方


植え付け時期
基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。


植え付け用土
水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、バーク堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、夏の西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。


水管理
雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


剪定方法
刈り込んで樹形を仕立てたり、生垣に用いたりと用途は多様です。剪定せずに放任しても美しい大株に生長します。主幹を切ると横枝が伸びやすくなります。まっすぐすらっとした樹形を望む場合は立ち上がる枝を1本選び、支柱で上に伸びるように仕立てると良いです。


肥料
2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。


病害虫について
あまり病害虫は心配ありません。時々つくようですが、経験上大発生して困ったことはありません。1~3匹毛虫がのそのそ枝を這っているのを見つけたことがある程度です。


冬の落葉について
秋の始まりと秋の終わり~初春にかけて、ゆっくりゆっくり葉が減っていきます。葉色が薄くなったり、黄色くなりつつ容易にハラハラと葉が落ちます。常緑性では有りますが、季節的に葉が生え変わる時期です。
5月ごろから本格的に葉が入れ替わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。
とても助かります。
楽しみです!!!

お礼日時:2011/04/23 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトキワマンサク生垣が早く密に茂る方法は?

トキワマンサク白花の生垣を約15m程、植栽したのですが、現在スカスカの状態です、できるだけ早く密に茂るようにしたいのですが、良い方法を是非教えてください。ちなみに、白花は赤花より、育ちが悪いと言われてます。
a.植木苗は現在1.6m高さ位
b.植えて約6ヵ月
c.花が多く咲かなくても、かまいません。
d.生垣は南向きと西向き道路沿いで、日当たり良好
e.ただし土壌はあまり良くない。
f.植木苗の間隔は約30cm

Aベストアンサー

No.1です。我が家(福岡県)の生垣はありふれていますがカナメモチを植えました。この木は成長が早いのですが、やはり3年かかりました。その間は、別に3段積みのブロックの上に高さ50cm程のアルミフェンスがあるので、それに小さいすだれを棕櫚縄でくくり付けて目隠しにしました。20~30枚ほど必要でした。(2年は持ちました)目隠しが目的なら板塀やラティスが必要でしょう。ラティスは価格は安いのですが、見た目があまり良くないですよね。スペースが許すなら、一時的な目隠しと考えずウエスタンレッドシダー等の2×4材で塀を自作するのも家の外観が変わって良いかもしれません。質問の内容とかけ離れてすみません。

Q4月にベニバナトキワマンサクを植えましたが枯れてきています。買った当初

4月にベニバナトキワマンサクを植えましたが枯れてきています。買った当初、少し新芽や花も咲いていました。花が終わりしばらくして、芽がふぶいてくる様子もなく、枝の元気もありません。素人の私が植えたので心配です。もうダメなのでしょうか?

大きな穴を掘り、腐葉土をすきこみ植えました。

枝を折って中を見るとまだ緑色をしている部分もあります。

もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。その際の注意などもおしえてください。

気に入って植えたので何とかまた来年お花を咲かせたいです。

Aベストアンサー

>もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。

実物を見ていないので確実なことは言えませんが、植物にとって今までの生育環境から新しい環境になったことはただでさえ多少のリスクはある訳ですから、植え替えの季節でない今、再度の植え替えはさらにリスクを伴いますがその上での回答を。

【ベニバナトキワマンサクの枯れ易い要因】
 (1)ベニバナトキワマンサクは西日向きの植物ではない。
  朝日と昼までの日差しが特に重要な木です。西側の植栽は少し不向きです。
 (2)植樹の際、根の部分の土を十分根に馴染ませられなかったことから根つきが悪くなっている。そのため根から十分な水分(養分)が吸い上げられていない。
 (3)当然植え痛みの影響も少しあるでしょう。
 (4)水はけのよい肥沃な土壌に植えるようにする。
 (5)植え付け直後の養生中は強い直射日光を避け、 根が容易に張り出すように真昼は半日陰で養生。
その他参考に:http://www.yasashi.info/to_00009g.htm

◆肥料や水やりは特に枯れるような問題があったようには思えません。上記のいずれか複合要因なのでしょう。

【今後の対応】
 >枝を折って中を見るとまだ緑色をしている部分もあります。・・・とありますが中は全部ミドリ色でないと復活は困難です。
 ベニバナトキワマンサクは、アジサイ・ブルーベリー・バラ、などと同じように根の付け根付近からも新しい芽を出す植物ですから思い切って切り詰めます。このまま枝を残していると枯れるのをただ見ているだけになります。
従ってまず幹(枝)を上から少しずつ切り下げながら、生き生きしている部分まですべて切ってしまいます。場合によっては根の近くまで切り詰めることになるかもしれませんが、生命力が強ければ根元から新しい芽が出てきます。枯れかかった葉も落とします。

生命力が強ければ復活しますが、もし復活することができたら今年はこのまま養生します。その後は肥料には油かす・ 骨粉などを与えるといいでしょう。来年春先にはできれば午前中の日光が当たるような日当たりのよい所に植え付けます。ベニバナトキワマンサクはトキワマンサクに比べても日差しが多いほうが葉の色・花付きが良くなります。(真夏の強い日差しには半日陰にするのも有効です)。最悪復活がならなかった場合は新しい苗木は植える場所もよく検討してみて下さい。

>もう一度掘り起こして、植え替えしようか迷っています。

実物を見ていないので確実なことは言えませんが、植物にとって今までの生育環境から新しい環境になったことはただでさえ多少のリスクはある訳ですから、植え替えの季節でない今、再度の植え替えはさらにリスクを伴いますがその上での回答を。

【ベニバナトキワマンサクの枯れ易い要因】
 (1)ベニバナトキワマンサクは西日向きの植物ではない。
  朝日と昼までの日差しが特に重要な木です。西側の植栽は少し不向きです。
 (2)植樹の際、根の部...続きを読む

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)

Q垣根にトキワマンサクを植えるのですが・・

家の垣根として、トキワマンサクを植えるつもりです。
青葉と赤葉があり、初めは赤葉がいいかな~と調べていたのですが、
写真では、なんとなくくすんだ緑系の赤って感じで生き生きした感じがしませんでした。
でも、色んなHP見ると真っ赤な葉の時もあるようで、実際はどんな感じなのかと思ってます。

赤葉と青葉、、決定的に違うものでしょうか?
これを植えた方はどちらにしましたか??
また赤花、白花がありますが、白花もきれいでしたか?

良ければ教えてください。 参考にしたいです。

Aベストアンサー

赤葉の場合、赤い色素と葉緑素の比率で色が変わります。赤は一定なので、葉緑素が少ない時期は真っ赤になりますが、増えるにしたがって、緑が強くなります。地の色が赤、という感じですね。レッドロビンではないカナメモチと同じような色を思い浮かべていただければいいかと。

Q植栽(生垣)を植えるのに適切な時期

自宅の植栽(主に生垣)を、業者様に植え替えして頂く予定にしております。
具体的に言いますと、サザンカ&ヒイラギを抜いて、全てレッドロビンに植え替える予定です。

そこで質問させて頂きたいのですが、
植栽を植え替えるのに適した時期というのがあると思うのですが、これからの時期の植え替えは、いかがなものでしょうか?

1年を通して、植えるのに
○「絶対適切でない時期」
○「あまり適切でない時期」
○「適切な時期」
を具体的に教えて頂けると助かります。

当方 近畿に在住しております。
ご存知の方、どうか御教授頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レッドロビンはモチノキ科の常緑小高木で、基本的に3m以上には生長しま
す。英字が使われていますが原産地は日本で、正しくはベニカナメモチノキ
と言います。暖地性の樹木ですが、意外と寒さには強い樹木ですから、関東
から南の地域でしたら問題無く生育します。もちろん生垣も適しています。

植栽時期は4月から5月上旬と、9月から10月上旬が最適です。一番良い
時期は4月から5月上旬です。日当たりと排水性と保水性の良い肥沃な場所
を好みます。現在植えてあるヒイラギとサザンカを撤去したら、バーク堆肥
を多めに混ぜて良く土と混ぜて土壌改良をしてから植え付けます。
適切な時期は上記に書いた通りの中で4月から5月上旬で、あまり適切では
ありませんが植栽は出来る時期は9月から10月上旬と考えて下さい。
それ以外の時期は不適切だと認識して下さい。
レッドロビンの場合は冬場は休眠するので、休眠から覚めて活動を再開しよ
うとする前に植栽をした方が、良く根張りをするからと言うのが理由です。

植栽をする時に常に考えて欲しいのは、失敗を少なくするために植栽時期は
必ず守る事、植栽前には必ず土壌改良をする事、樹木に最適な場所に植える
事、元肥を入れる時は必ず被せ土をする事、穴を掘って埋めれば勝手に育つ
とは思わない事、苗の場合は必ず支柱を立てる事です。

生長して生垣に仕上がった時の状況を予め予測し、最初から狭めて植えない
事です。サツキやタマツゲのような低木は30~40cmの間隔で十分です。
レッドロビンのように2m程度の生垣にするような樹木は、70~80cmは
間隔が必要です。また支柱は必ず必要で、180~200cmおきに杭を打ち
込む必要があります。その杭を利用して竹を横にして固定し、この竹に苗の
幹をシュロ縄で縛って固定します。
杭や支柱が必要な理由は、風が吹いて根が踊って(根元がグラグラする事)
しまい、活着(根張りの事)が悪くなり根付かなくなるので必要な訳です。
完全活着までは2~3年は必要です。完全に活着すれば杭も支柱も不要にな
りますから、完全に活着すれば取り除かれて構いません。杭は確実に打ち込
む事が必要です。杭と竹は釘で固定しますが、竹と苗の固定は結束帯を使用
して、軽く締めるようにすれば楽だろうと思います。

まだ苗は購入してませんよね。もし購入しているなら、今は植栽が出来ませ
んので、とりあえずは仮植えにして植栽時期まで管理をします。
まず庭の何処でも構いませんから、浅い溝を苗が入る長さ分だけ掘ります。
苗の根に麻布が巻いてある時は、麻布を取らないで穴に入れて土を被せて下
さい。ポットに入っている時は、ポットのままで埋めます。
時期が来たら掘り起こして上記に書いた方法で植栽をします。
麻布は既に朽ちていますから、取り外さなくても鎌みませんが、ポットは腐
りませんので、必ず取り外します。
まだ苗を購入していないなら、購入店に3月下旬頃に注文をして、4月上旬
の植栽に間に合うように仕入れて貰います。この方が確実です。

元造園土木の会社に勤務していて、その時の経験から回答させて頂きました
が、分かりにくい点があれば再び質問をして頂けたら、その事に対して回答
をします。

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レ...続きを読む

Qトキワマンサクの中心が枯れているのですが

生垣として植えて1ヶ月ほどの白花トキワマンサクですが、ほとんどが元気に育っているようですが、なかに1、2本、写真にあるような「枯れ」がみられます。

下のほうからは緑の葉がついた枝が伸びていて、上のほうも一部緑があるのですが、こういう場合、枯れた部分はどのようにしたらよいでしょうか。

枯れている部分の枝を根本から切るとしたら、ほとんど枝の残らない木になりますが・・・。

何が原因でしょうか。
枯れというより、古葉との入替わり(?)でしょうか?

また、トキワマンサクは消毒するのに何の薬がいいのか、登録がないようで調べても載っていないのですが、年に何回くらい、どういった薬を散布したらよいでしょうか。

アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

画像で見る限り、その2本は元々根の張りや根の状態が悪かったとかの個体不良、あるいは植え付け不良です。
少なくとも、古葉との入れ替わりのような枯れ方ではありません。
外構工事屋=プロの業者と考えるのは早計です。私が見るところ植栽に関しては、大した業者でも無さそうです。

ここしばらく不動産業界の不況をかんがみるに、下請けのエクステリア業者も低予算、低コスト化でやる事をしいられているでしょう。
そこら辺の事情も、つまり常日頃あまり利益の出ない仕事ばかりやらされているといった事も、考慮しておかないといけません。

とにかく今は自分で手を加えず、その業者に電話して現状を見に来させ、別の苗を植えさせるなどの対処させた方がよろしいです。
まだ1ヶ月しか経っていないし、30本中2本の事だし、当然でしょう。

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Q常緑低木で生け垣に使えそうなものを探しています

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
・ライムライト(グミ)
・オールドゴールド
です。

この中ででも、他でもオススメがあればおしえてください。

今のところ、グミ系が上の条件にあてはまっているのかな?
と思っています。
初めはボックスウッドにヒトメボレだったのですが、
冬に紅葉するのと、害虫がつくと聞いたので躊躇しています。

アベリアは斑のはいった「ホップレイズ」というものも
キレイだなと思っていますが、斑が入っていると弱いとか
ないのでしょうか。あと、冬は落葉しますか?

初心者なので、手がかからないものがいいのですが
いろいろとおしえてください。

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

低木の生垣ですか。お洒落ですね。

リストの植木の中ですとボックスウッドは確かに殺虫剤の散布が必要です。一本だけ敢えて風通しの悪い場所に植えてみて、試してみても良いかもしれません。
ギルドエッジは最初に植える時の大きさにも拠りますが成長は遅いです。
オールドゴールドは知らないです。すみません(汗)。

ホップレイズ(ホープレイズのほうが通りがいいかも)は伸びないです。アベリアは所謂ハナゾノツクバネウツギかエドワードゴーチャ以外、冬場は見る影もありません。日当たりも必要ですが、それにしても伸びません(泣)。勿論落葉します。

おすすめはベニバナトキワマンサクをあげておきます(ちょっと背が高いかな)。普通のトキワマンサクも良いですね。刈込が手間ですが枝は柔らかめなので、楽しく手入れ出来ると思います。
「お前の回答はそればっかり。」とか「回答者はトキワマンサク信者」とか云われそうですが・・・。

Q洋風住宅の目隠しになる木

家を建てたあと道から、かなり見える状態なので、木を植えようと思います。
希望は、常緑樹、虫が付きにくい、高さ1.5m~2mくらいで保てるものです。
家は、一部タイルを使った洋風で、それに合わせたモルタル笠木タイル付きの門、塀があります。
何がいいでしょうか。
私は、コニファ-などがいいかなとも思うのですが、かなり大きくなるとも聞きますので、その場合、地下植えせず、テラコッタ風の鉢植えのまま5~6本置いたら・・変でしょうか。

Aベストアンサー

コニファーといわれる針葉樹類は剪定をしないとドンドン大きくなって、内側(幹に近い方)の葉が枯れていき、枯れた枝からは新芽が出ません。水切れにも弱いので夏の水管理は十分な注意が必要です。
 我が家は、洋風鉄筋コンクリート住宅。目隠しにはスカイペンシルという柘植の仲間でまっすぐにのびるのを植えています。虫も付かず、成長も遅く、常緑(濃い緑)ですので締まって見えます。大きさにもよりますが植木屋、園芸店などにまとまった数を頼むのならそんなに高くないはずです。

Q生垣の木の種類について

こんにちは。
今、庭の生垣の木の種類を選定中です。
おすすめの木を教えていただけないでしょうか?

希望は、
・伸びが遅い(いかにも生垣!といものではなく、ちらっと中が見えるくらいがいいのです。高さも2m程度でよいです)
・虫が付きにくい
・常緑(できれば色自体も緑系がいいです。赤とかにならないほうがよいです。)
・日向に耐える
・安価
です。

こちらや他のサイトでいろいろと調べて、ヒイラギナンテンがいいかなとおもったのですが、日向だと赤黄色になってしまうということで、迷っています。
目的は目隠しということもありますが、庭と道路の境界としての役割も強いので、密生しなくてもかまいません。
手入れの要らないフェンスも検討しましたが、予算があいませんでした。

お知恵をお貸しください!よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

生垣に向く樹木の多くは生長が早いものが多いです。
生け垣の代表のマサキやウバメガシなどは成長が早くて刈込みが必須です。
生長が遅いというとツバキかサザンカになります。ただし西日には弱いです。
安価かどうかわかりませんがキンモクセイを何本か並べるというのが良いように思います。
成長も速く虫がつきにくく常緑で日向にも耐え、しかも秋に良い香りがします。

私が今まで見たヒイラギナンテンは背が低いものばかりで生垣で見たことはありません。
ヒイラギモクセイは生垣で見かけます。
ヒイラギモクセイなら意外とすべての条件を満たすかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング