中小企業診断士の受験準備で経営法務の過去問を解いています。平成17年第5問に実用新案登録出願後に特許出願する問題がありますが、ここで何故実用新案技術評価の請求があるとその後特許出願ができなくなるか理由がわかりません。どのような理由なのでしょうか?

1)たとえば、本人が実用新案技術評価の請求した場合、特許としての技術用件を満たしていると評価された場合に、特許出願できなくなるとすると本人が評価請求する意味ないのでは?
2)第三者が実用新案技術評価の請求して特許としての技術用件を満たしていると評価された場合に、30日の猶予期間を過ぎるともう特許出願できないのは、どのような背景から?酷なのでは?
またこの時第三者の評価請求した結果は、出願者に通知されるのでしょうか?

よくわかってないかも知れません。初心者ですので、優しく教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

実用新案にするか特許にするかは本来出願の時に決めておくべきものですが、その判断が難しくて、とりあえず手数料の安い実用新案で出願したが、はやり特許にしたい、という場合に柔軟に対応するため、実用新案登録出願の特許出願への変更(と実用新案登録に基づく特許出願)が可能になっています。

しかし、実用新案技術評価をしてさらに特許の審査をするとなると、特許庁は二重の審査をすることになるので、それを避けるために、実用新案技術評価の請求による条件をつけています。

本人が実用新案技術評価の請求をする目的は、評価結果を示して警告し権利行使をするためです。特許ではなく実用新案でいく、という意思は明らかなので、特許出願への変更を認める必要はありません。一方、第三者の請求で特許への変更の道がなくなるのは本人には酷です。しかし、第三者の請求は例外とすると、本人が第三者になりすまして評価請求をして…ということもありえます。そこで、猶予期間を設け、特許出願にすることができるようにしています。第三者が実用新案技術評価を請求したことやその結果は、出願者(権利者)へ通知されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

liq様 ご回答ありがとうございます。なるほど理にかなっていますね!それにしても特許庁の都合というか、何度も審査をする可能性を避けるためとは思いませんでした。まあそんなことはないのかも知れませんが、あー、あの時特許出願しとけばよかったみたいな人はいないんでしょうね(笑)

初歩的な質問にもかかわらず、丁寧なご回答、重ねて感謝いたします。

お礼日時:2011/04/25 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q情報処理試験のうち、中小企業診断士に近いのは?

応用情報取得済みなので、中小企業診断士は一科目免除です。

私は中堅SEですが、将来のキャリアプランとして
社内企業診断士になることを目標にあげています。
なので、自己啓発で中小企業診断士の通信教育を受けています。

私の上司は、部長などから
「とにかく若手に情報処理の資格を取らせ、ほかの部署にまけないようにさせなさい」と
言われているらしく、上司は私にもその話をしに来ました。

今の部署は20人くらいいますが、応用以上の資格取得者は私を含めて2人。
上司があせっているのもわかります。
中小企業診断士に似ている資格、何かみつけて受験してほしい、とのことでした。
私も、皆さんの期待にこたえて差し上げたいのですが・・・

できれば中小企業診断士の勉強内容に似ている
(私にあまり負担のかからない)試験を選んでいただけないでしょうか?
今のところは、春であれば「プロマネ試験」が近いのかなあと思っています。
上司もあまり、試験のことを詳しくないようなので、ここで相談させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中小企業診断士に近いのは、情報処理技術者試験の中では、ITストラテジスト試験です。
実際、ITストラテジストで中小企業診断士という方が多いです。

なお、診断士で情報処理の免除は使わない方が得策です。
診断士一次は、「受験した科目の平均」が60点以上で合格です。

多くの場合、免除科目は得意科目でしょうから、免除せずに7科目を受験して高得点を取れば、全体の平均点を吊り上げることができます。(不得意科目の点数を、得意科目で穴埋めできます)

免除にしてしまうと、6科目で平均60点を取る必要があるので、辛くなります。(もちろん、不得意科目なんかない、という方は免除してよいです。)

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q「中小企業診断士」の試験各科目の勉強量についてお聞きします。

「中小企業診断士」の試験各科目の勉強量についてお聞きします。
1.「中小企業診断士」試験7科目を、1次試験合格のために必要な勉強量の多い順にどうか並べてください。
2.それぞれ、最も勉強量の少ない科目の勉強量を1.0とした場合、残りの6科目の勉強量が凡そどの程度になるかについても、どうぞお考えを自由にお聞かせください。

〔試験7科目〕
A 経済学・経済政策
B 財務・会計
C 企業経営理論
D 運営管理( オペレーション・マネジメント )
E 経営法務
F 経営情報システム
G 中小企業経営・中小企業政策

どなたか、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になるか分かりませんが、個人的経験で回答致します。

個人の経験なども考慮する必要があると思いますが、
私の場合は、
・四年生大学経営学部出身(F,G以外は履修済)
・SE経験3年(Fだけ関係有り)
・ITコンサル経験2年(経理業務改善)
で1次合格(2009年度)しましたが、以下のような配分です。

2.0 B 財務・会計
1.5 E 経営法務
1.2 C 企業経営理論
1.0 A 経済学・経済政策
1.2 D 運営管理( オペレーション・マネジメント )
1.0 G 中小企業経営・中小企業政策
1.0 F 経営情報システム


私の場合は、財務・会計は2次でも利用するので注力し得点源としました。
なので、そこまでやらなくても合格できると思います。
ただ、個人的オススメとしては、得点源にするなら、財務と経済と思います。

理由は、、、
前者は、論点がほぼ普遍で勉強した分だけ得点に結びつきます。
IFRSで論点は変わる可能性はありますが、強制適用も2015年と先で、また中小企業向けコンサル資格なので、当分は出題に含まれる可能性は低いと思います。
また、二次試験で唯一、運の入り込まない勝負ができる科目であり、二次でも安定した得点が見込めることも魅力です。

後者も、論点がほぼ普遍で勉強した分だけ得点に結びつきます。
内容が小難しいですが、理解できなくても暗記さえしてしまえば得点源です。

逆に、いくら勉強しても本番で期待した結果が出ない可能性があるのは、E,Gと思います。
法改正や時事系問題などからマニアックな論点が出る可能性があるからです。
Fも近年は同様の傾向があり、難易度が上がっているようです。

足きりもあるので、手抜き科目なしでまんべんなく、個人の趣向で得点源科目を持つことが良いかと思います。

参考になるか分かりませんが、個人的経験で回答致します。

個人の経験なども考慮する必要があると思いますが、
私の場合は、
・四年生大学経営学部出身(F,G以外は履修済)
・SE経験3年(Fだけ関係有り)
・ITコンサル経験2年(経理業務改善)
で1次合格(2009年度)しましたが、以下のような配分です。

2.0 B 財務・会計
1.5 E 経営法務
1.2 C 企業経営理論
1.0 A 経済学・経済政策
1.2 D 運営管理( オペレーション・マネジメント )
1.0 G 中小企業経営・中小企業政策
1.0 F 経営情報システム


私の...続きを読む

Q建築士の願書配布と出願について

建築士の願書配布と出願についてなのですが、
どちらも平日の昼間しか受け付けてもらえないようです。
私は平日働いているので、そのためだけに有休をとりたくないのですが、
みなさんはどうされているのでしょうか?
良い方法や情報をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

再び#1です。

既にご存知かもしれませんが・・・
H16年受験申し込みはH15年受験者に限りインターネットで受験申し込みができるそうです。(4/19~4/30受付)

これって朗報ですよね。ご参考下さい。

参考URL:http://www.jaeic.jp/1k-youryou-net2.htm

Q来年から、中小企業診断士試験の内容が大幅に変わるという噂を聞きましたが

来年から、中小企業診断士試験の内容が大幅に変わるという噂を聞きましたが、どう変わるのでしょうか?
易しくなるのでしょうか難しくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

その「噂」をどこで聞かれたのでしょうか?

出所が平成17年以前の書籍で、来年が「平成18年度」のことを指していたりはしませんか?

Q耐震診断士

一般耐震診断の講習を終了しました。
大阪や近辺の兵庫等で登録すれば府県での登録診断士になれるのでしょうか?
大阪府のHPや士会のHPを見ても出ていません。
登録診断士として自治体への登録等の方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

耐震診断士という資格はありません。
建築士が日本建築防災協会の講習などを受けて地方公共団体などに登録すれば、
各自治体で行っている無料(?)耐震診断の要員として依頼が来ます。
地域によって仕組みは違うと思われますので、直接聞かれてはいかがでしょうか。
耐震診断だけで、耐震補強の仕事を取らなければ割に合わないと思います。
半ボランティアでやってらっしゃる方がほとんどではないでしょうか。

耐震補強の補助金については、日本防災協会のプログラムに従い、
1.0以上の数値を上げる(木造の場合)などであれば、一般の建築士であれば手続きはできます。
私の地域では、次年度からwee2012版に変わります。
参考
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/index.html

Q中小企業診断士試験に簿記2級は必要?

 こんにちは。今年の秋から某資格学校の通信DVDで中小企業診断士の講座(初学者コース)を初めて受けようと思っている者です。現在販売士2級と簿記の3級を取得しておりこの6月に簿記2級の試験を受けようか迷っています。2級の内容は参考書を買いDVD簿記講座などを見て勉強しております。学校に確認したら「簿記3級で充分ですよ。講座の中でも簿記の学習をしますしね。」とおっしゃってました。確かに簿記2級を持っていると有利だと思いますが目標はあくまで中小企業診断士なので無理に試験を受ける必要は無いのかなとも考えてます。(実際合格できるかどうかは微妙なラインです)簿記試験の申込受付が5月2日なのでできれば早めに皆様の御意見をお聞かせいただければ幸いです。文章が長くなり申し訳ございません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

診断士試験の財務会計と簿記2級の工業簿記の分野などかぶる領域もあるので簿記2級を勉強することは診断士試験でも役に立ちます。簿記2級に合格するしないに関わらず余裕があれば勉強されるよいと思います。
簿記2級ぐらいまで勉強しておくと診断士の財務会計の会計分野は結構理解が進みます。ただ、診断士試験の財務はファイナンス分野もありますし、その他の科目も勉強量が半端ではないのでその辺のバランスを考えて勉強されるとよいと思います・

Qビジネス実務法務検定試験

私は、今年12月のビジネス実務法務検定試験2級を受験しようと思っているのですが、どの参考書が一番分かり易いでしょうか?
経験者の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、東京商工会議所から出ている公式テキストを使いました。「公式」につられただけでしたが・・・。テキストの内容は、可も無く不可も無くといったところでしょうか。
まったくの初学者の方がそのテキストだけで勉強しようというのは無理があると思いますが、質問者の方は初学者ではないようですので、そんなにこだわらなくても大丈夫だと思いますが・・・。
頑張ってくださいね。

Q中小企業診断士試験の解答の公開

今年から、中小企業診断士試験(1次)の解答例が中小企業診断協会から公表されると聞いたんですが、本当でしょうか?

中小企業診断協会のホームページを見てもそれらしいことはどこにも書いてないようなのですが。。。

もし本当だとしたら、どこでいつ公開されるか教えてもらえないでしょうか?

あと、個人の得点も分かるようになるという噂も聞いたんですがこれも本当でしょうか?

Aベストアンサー

ホームページに掲載されていますよ

参考URL:http://www.j-smeca.or.jp/exam/su0814.html

Qビジネス実務法務検定の受験会場

12月のビジネス実務法務検定を受検する予定の者です。
都内で受験したいのですが、申し込みの段階では受験会場がハッキリしません。
過去の試験ではどういうところが受験会場になったのでしょうか?
この手の試験だとよく早稲田大学とか立教大学とかが会場になるかと思うんですが、ビジネス実務法務検定も同じでしょうか?

Aベストアンサー

3~4年前の夏の試験で受験したときは、
早稲田大学で受験しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報