パックの団体旅行で,イタリア各地を8日間尋ねます。夏時間で割と早くホテルに入るみたいですが,ちょっと外出は危険でしょうか。カフェみたいなものがあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

イタリア在住者です。



まず、パック旅行の場合ホテルは郊外のことが多く、田畑の真ん中にホテルがポツンと建っているような場所で、徒歩圏内にバールさえないことも多々あります。

ホテルが街中の場合、当然外出はできますが日没までは特に危険ということはありません。現在は8時頃まではまだ明るいですね。
夕方であれば、バールなどでアペリティーボ(ハッピーアワー)といってドリンク代のみで軽食が頂けます。仕事帰りのイタリア人が集まり、いかにもイタリアらしい雰囲気ですので、良さそうなバールがあれば入ってみることをオススメします。

人種差別をするわけではありませんが、北アフリカや中東系の外国人がたむろしているような場所は通るのを避けた方がいいです。 何か起こるというわけではないのですが、万が一起きてからでは遅いですから、現地の人でも(特に一人歩きや女性のみの時)避けます。 心配な雰囲気の場所であれば、夜は早く寝て早朝・チェックアウト前の外出のほうがいいかもしれません。 バールで朝食をとるイタリア人も多く、こちらの清々しい雰囲気もオススメですよ。

楽しく安全な旅行になるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてのヨーロッパということで分からないことだらけです。旅行本では分からないことを教えていただきありがとうございます。国内でのようにノー天気でなければ大丈夫そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 10:58

去年10月ツァーでローマ、フィレンツェ、ヴェネツイァにゆきました。


ローマでは、ホテルはテルミニ駅の近くでしたが、夕刻近くに、バールで軽い夕食をとりました。食事していたのは地元の人ばかりでした。おいしかったですよ。

フィレンツェでは、主人が腰痛がひどくなってしまい、食事に出られなくなったので、COOP(スーパーです。)で夕飯を調達しました。まだ、明るいうちでしたが、道に迷ってしまい3人ほどに道をたずねましたが、みなさん親切に教えてくださいました。中には「もう少しだから、元気をだして。」と励ましてくださった方もおりました。

イタリアの方はとても親切ですよ。

私が、運よく、アブナイ人に合わなかっただけかもしれませんが。

明るいうちに、外出なさったほうがよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本と同じように,見知らぬ土地で出会う逢う人は親切なことが分かりました。危険に出会う確率があるのはどこでも同じということも分かりました。ただ,起こったときにどうするのかの備えが必要と言うことですね。ところで私はかなりの方向音痴なのを忘れていました。このことも考えておかなければなりませんね。明るいうちに行動するようにします。ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/09 08:20

中年夫婦です。


5年前ローマ~ミラノを3週間、一昨年ローマ~シチリアを4週間旅行しました。
個人旅行ですので晩飯を食べにホテルから出歩くのは必須です。
2回目の旅行ではスパッカナポリ(ナポリの下町)のど真ん中に4泊でした。
夜10時近くまでウロウロしていましたが別に何も起きませんでしたね。
イタリアは銃器による犯罪は少ないと聞いています。
人通りの少ない所、暗がりには近づかない等の常識があればそんなに心配は要らないと思います。

個人旅行なので立地を最優先に宿を決めていますが、パック旅行はご自分で決められないのでどこにあるのか心配ですね。
Googleマップのストリートビューでお泊りになるホテルの周辺を見られたらいいかと思います。
(ここ20年以上パックツアーには行ってません。最近はネットで検索・予約できるので大変ラクになりました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

常識的な行動すればいいことが分かりました。
やはり個人旅行がいいでしょうね。こちらの格安パック旅行は,修学旅行以上でしょうね。俄然2回目は個人旅行にしたくなりました。これからの指針もいただきありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 10:42

シニアです。

 数十回の個人旅で、初めて 雲助Taxi・スリ・偽警官 に Italy で遭遇。<昨 11月 Italy~France旅の途中>
France,Austria,Swiss の隣接国、Germany 他に比べ、Italy は西欧の中では治安の悪さを感じます。

夕刻以降 歩かれたいなら、<Roma 以南は、特に注意>
(1) 複数人で (2) バック等は持たない (3) 現金は小銭程度で (4) 小路には入らない
(5) Taxi 利用の場合は、Hotel で呼んでもらう。

 イタリア政府観光局(ENIT)Sites で、店舗等の営業時間。<レストラン・バール--Bar--を除き ~20:00>
http://www.enit.jp/general/shopping.html
 ENIT Sites に、昨 09月 Taxi ついての情報を掲載、それだけ Taxi の一部に問題が有るという事だと思います。
残念ながら Sites に掲載されている 正規ステッカー等が貼られている Taxi に、昨 11月 空港から Roma Termini 近くの Hotel へ乗車した際、悪質運転手に出会い、規定の数倍の料金を請求されました。
http://www.enit.jp/blog/2010/09/assotaxi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なデータで示していただきありがとうございます。
やはり,ちょっと冒険をしようとすると何かあるという覚悟は必要なことが分かりました。タクシーもどれくらい掛かるか知識が必要でしょうね。お世話になりました。

お礼日時:2011/04/30 10:38

イタリアですと今のところローマ辺りで20時半くらいが薄暗い感じです。


北に行くほど日の入りは遅くなり、南に行くほど早くなります。

パックの団体旅行ですと、ホテルの場所が郊外になることが多いです。
大体車で15分から50分。
そこにたどり着く公共交通機関はちょっとガラがよろしくないなんてもあります。

市内の繁華街に近いホテルでしたら、これからの時期夜遅くまで人が歩いていて、
野外パフォーマンスなんかもやっていますので、そんなに心配は無いと思います。

イタリアのお店は大抵19時半に閉まります。
バールカフェも20時くらいまでです。
夜遅くまでやっているバール(お酒中心)は夕方からアペリティーヴォというのをやっています。
ドリンクを頼んで、ブッフェは無料です。

タクシーに乗るのなら必ずタクシー乗り場から乗ることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たぶん私たちも郊外宿泊でしょうね。ちょっとアバンチュール(古いですね)と思っているのですが,やはり気をつける必要がありそうですね。タクシー情報ありがとうございます。気をつけて行って参ります。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 10:29

日本と比べれば危険です。


少なくとも女性ならショルダーなどは辞めて、服装もカジュアルなものにして、
常に危機管理意識を強くもって、誰かと一緒に歩けばそう怖い目には遭いません。

また、何月の何時頃かにもよります。
女性だけなら暗くなったら必ずタクシーを使うことです。

ちなみに、一昨年パリ行った時は、7月で22時くらいまで明るかったです。
旅行ガイドブックにもそのあたりのっていますので確認された方がよろしいかと。

それからお薦めは朝ですね。朝かなり早く起きてでかけてもやってるカフェはやってます。
基本的に悪いことは夜起きます。朝は割と安全です。

ただやっぱりガイドさんは禁止したがります。
何かあったら自分たちの責任、しかもガイドさんはHISとか大きな旅行会社の社員ではなく、
そのほとんどが派遣社員です。だから責任問題となると大変なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。格安の38名ご一行様ですから,ガイドさんの立場になれば,禁止は当たり前でしょうね。
命を取られるほどは怖くないということが分かりました。朝がいいのですね。有益な情報をありがとうございました。

お礼日時:2011/04/30 10:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qイタリアの治安はそんなに悪いの?

10月上旬にツアーでイタリアへ8日間の旅行に行きます。

今一番気になっているのは、イタリアの治安の悪さです。

スリが多いということなのですが、どのような点に気をつければいいのでしょうか?
リュックで行こうと思っているのですが、ショルダーバッグのほうが安全でしょうか?
海外旅行は、台湾、タイ、サイパンに行ったことがあるのですが、割と安全だったように思います。
貴重品の管理の仕方など、安全に関することについてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はいないようなので・・・。

自由行動もあるのでしょうか。
町中でバチバチ写真を撮らない、
財布を出さないようにしましょう。

特にローマ!
地図を見るときは
小さく折りたたんで、周りを注意したり、
お店に入って確かめましょう。
買い物したら店の中できちんと財布を
しまいましょうね。
常に他人に見られているかも、と
注意するにこしたことはありません。
地下鉄でも出入り口付近は要注意です。

ヴェネチィアはスリが多いですし、
ローマは特に多いです。
スペインのような凶悪な強盗はあまりいませんが
スペイン階段あたりには公衆の面前でも
大胆不敵に体をすり寄せてくる輩がいます。
子どもの団体にも注意です!!

また、バカンス時期でもないのに
キャンピングカーで移動している
団体にはそばに近寄らない方がいいです。

何気なく近寄ってくる人、話しかけてくる子ども
からはすぐ離れましょう。

おどすようなことばかり申し上げましたが
びくびくせずに、さっそうと街を歩く態度は
スリをおびき寄せないようですよ。

怖がってばかりいないで、十分注意して
素晴らしいイタリア旅行を楽しんで来てくださいね。

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はい...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q女性(20代)の一人ローマ観光は危険?

4月にローマを観光するのですが,
女性(20代)で一人というのは
どのくらい危険でしょうか?
いくのがこわくなってきました。

Aベストアンサー

 ローマという街は不思議なところです。とても濃厚な魅力に満ちている素晴らしい街ですが、同時に、たしかに危険が一杯な街でもあるからです。ただ、どのぐらい危険か?・・・・と問われたら、これは回答する人によって大きく違ったものが出てくるでしょう。
 なぜなら、滞在期間中なにも起きなかったし、恐いと思ったことなど一度もなかった。夜歩きも地下鉄も危険危険と言うがそんなことはない・・・と言う人も多いし、これまでのご回答にあったような大変な目にあった方も少なくないからです。まさにそれがローマの不思議なところです。
 ただ、これまでに耳にした主な「危険」をここで並べて見ますと次のようなものでしょうか。こうした犯罪はたしかにローマでは多いと感じますから。

1.街中の窃盗手口
 (1) 引ったくり・・・歩道の際を歩いていて後から来たバイクにバッグを引ったくられ、転倒して怪我をした。
 (2) スリ・・・バッグをいつのまにか切られて、中身を盗まれていた。あるいは、取り囲まれて無理矢理中身を抜き取られた。
 (3) ジプシー・・・子供たちがワッと近づいてきて取り囲まれ、持ち物を無理矢理持ち去られた。これへの対策は、とにかく彼らが見えたら近づかないことと、近寄られたら「ノー!」と叫ぶことです。これだけでかなり違います。
 (4) アイスクリーム・・・アイスクリームやソフトクリームを衣服につけられて、怒ったり拭き取ったりしている間に持ち物が無くなった。この手口、ことにローマの名物です。
 (5) カメラ・・・「写真を撮ってあげましょう」と言われてつい手渡したカメラ、数秒後にはその悪人の手からも消え去って・・・。
 (6) 置き引き・・・これはなにもローマだけの「専売特許」ではありません。日本を一歩出たら、持ち物が自分の手から離れたらもう永久に戻ってこないものと心に銘じておいて下さい。

2.押し売り・インチキ商売
 (1) 客引き・街頭写真・・しつっこい客引きもローマ名物です。毅然とした態度で無視しなくてはなりません。日本人はとかくニッコリしながら会釈して断ろうとしますが、それは相手に希望を抱かせるだけ。
 (2) 道案内・・・地図を広げていたりするとご案内しましょうと近寄る男性、あるいは道を聞きたいと、わざと地図を広げながら近づく男性。意味不明のままあなたに近づこうとする男性はすべて危険な存在です。ロマーナ(ローマの女性)たちは知らない男性にはツンとしていてお義理程度の微笑みすらも見せません。
 (3) インチキ商売・・・露天で売っているものはまず100%インチキなもの、これは日本でも同じこと。かならずサクラがいて、いかにもいい買い物をしたといった演技をしますが、その手に乗らないこと。のぞいて見ることすらも時と場合では危険です。あなたの後ろにスリが。

3.お買い物でのトラブル
 (1) お釣りの誤魔化し・・・ことに多いのがこれ、しかも日本人が引っかかりやすいのもこれです。ジュース一本、アイスクリーム一個、こんな買い物のために高額の紙幣を出すのはとても危険です。お金を渡したとたん「はい、ちょうど頂きました」と言われてしまっては、「お釣りは?」と聞いても、「いえ、ちょうど頂きましたから」とニッコリ、そうなったらもう後の祭り。
 (2)トラベラーズチェック・・・これに似たのがトラベラーズチェックのトラブル。店頭でサインしたら、ついつい、そのまま相手に差し出してしまうのが日本人。とかく高額なだけにかならず商品と引換えで。

4.危険なところ
 狭い路地に入ること、ほかに人がいないところに居ること、夜の一人歩き、深夜の地下鉄、地下鉄のドア付近に立つこと、階段の途中、こんなことは当然注意しなくてはなりません。夜のローマはとても素敵ですが、くれぐれもお一人で出かけないこと。

5.危険な人
 ローマという街、悪人も善人もみんな等しく親切でニコニコ、かなり慣れていてもさだかには見分けがつきません。間違ってもハンサムなロマーノ(ローマの男性)とひと時を楽しみたいなどと考えないように。ひどい例では、ちょっとしたアバンチュールを期待したために、両手両脚を切断されて北アフリカの売春宿に売られていた娘さんのことも知っています。

 こうした街中の犯罪はたしかに日常茶飯事のようですが、いずれもローマだけのことでもありません。対策をよく考えて、どんな時でも心掛けているだけでかなり被害に合う確率は下がります。おかげで急性の人間不信に陥ったり、気をつけるあまり胃痛か消化不良になるかもしれませんが・・・。ちなみに、胃に来たら街のどこにでもあるファルマチア(薬屋さん)に飛び込んでドット―レ・ウノ・ダイジェステーヴォ!(先生、消化剤ひとつ!)と叫びましょう。

 あとは、出来るだけローマに留学でもしているといった装いと態度をお勧めします。間違っても地図とカメラを手にして観光客然とした姿でブラブラ歩かないこと。ショルダーバッグも持たないぐらいの気持ちで。秘伝のコツをお教えしますと、わたくしなどは、わざわざ大きな楽譜を二冊ほど小脇に抱えて歩いたこともありますが、ビバルディかベルディか、その中には地図や案内書が挟んであったりして。

 それと、イタリア語、発音も日本語と似ていますし簡単ですから、必要最小限のものを覚えて、その場その場でどんどん使うということでずいぶん安全性が高まります。

 (1) グラチェとノー・グラチェ・・・これらはもうご存知の「有難う」と「結構です」、これはどんどん使いましょう。
 (2) スクージ・・・英語で言えばパードンぐらいの意味、街角で人とぶつかりそうになった時や脇を追い越す時、電車の中で乗客をかき分けてドアに向かう時、ボーイさんや店員さん、ホテルマンなどに呼びかける時、とにかくどこでも使える軽い詫びの言葉としてとても便利です。
 (3) ミ・スクージ・・・こちらはエクスキューズ・ミーと同じぐらいの意味でやや丁寧に詫びる時に使います。
 (4) プレゴ・・・「どういたしまして」というぐらいの意味。相手からスクージと言われたり、グラチェと言われたらすぐプレゴと返しましょう。
 (5) ペルファボーレ・・・英語のプリーズと同じ意味。お料理や飲み物などを注文する時などに使えます。「ウノ・カプチーノ・ペルファボーレ(カプチーノひとつお願いします)」などと。
 (6) ヴァ・ベーネ・・・「いいんですよ」といったぐらいの意味、お料理が間違えて運ばれた時、出てくるのが遅れたとき、相手がミ・スクージなどと詫びたらなどと使う機会は多いものです。
 (7) チャオとアリベデルチ・・・チャオは出会いや別れのいつでも使える簡単な挨拶、アリベデルチは「さようなら」の意味、無事に楽しく過ごせたローマだったらアリベデルチ・ローマ!と投げキッスをしましょう。
 (8) クェ・クワント・コスタ?・・・「お幾らですか」、これも必要なイタリア語。ぜひ使ってください。

 (9) 数字・・・なにか買うにも、注文するにも、フロントでルームのキーを貰うにも数字は欠かせません。簡単ですから覚えてください。1=ウノ、2=デュエ、3=トレ、4=クワトロ、5=チンクェ、もうこのぐらい覚えているだけでもお一人ならけっこう使えます。
 ちなみに10のケタは「アンタ」、例えば50ならチンクワンタと。100のケタは「チェント」、例えば200ならデュエッチェント。1000のケタは「ミッレ」、例えば7000ならセッテミッレと。こうして頭に入れておいただけでもずいぶん違います。
 たとえば555号室のルームキーを受け取りたい時などは「キアービ(鍵)・ペルファボーレ・・・ニュメロ(番号)・ディ(の)・カーメラ(ルーム)・チンクェチェント・チンクァンタ・チンクェ(555)・・・・といった程度のまだまだ半端なイタリア語でも十分通じますし、こんな程度のイタリア語を使っただけでホテルマンの態度はとても親しく親切なものに変わりますよ。それだけでなく、ちょっとしたこんなイタリア語を口にしただけで、それが聞こえたスリやジプシーなんかもこの女性は観光客ではなさそうと近寄らないものです。

 まだまだ書きたいことは尽きませんが、たしかに気を緩めると危険が一杯なローマ、しかし、ちゃんと姿勢を正し、常に気をつけ、危険には近づかない・・・・そして、少しでもイタリアに馴染む姿勢を持っていさえすれば、そんなに恐ろしいことに遭遇することもないでしょう。いい思い出になる旅を期待しています。 
 

 ローマという街は不思議なところです。とても濃厚な魅力に満ちている素晴らしい街ですが、同時に、たしかに危険が一杯な街でもあるからです。ただ、どのぐらい危険か?・・・・と問われたら、これは回答する人によって大きく違ったものが出てくるでしょう。
 なぜなら、滞在期間中なにも起きなかったし、恐いと思ったことなど一度もなかった。夜歩きも地下鉄も危険危険と言うがそんなことはない・・・と言う人も多いし、これまでのご回答にあったような大変な目にあった方も少なくないからです。まさにそれが...続きを読む

Qフィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前

フィレンツェからベネツィアの電車移動の時間・料金を教えてください。午前9時くらいにフィレンツェを出発し、食事をベネツィアですませ観光をしながら夕方の列車にてフィレンツェに戻る予定ですが、日帰りは可能ですか?

Aベストアンサー

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って水上バスか水上タクシーの利用となります。資金が潤沢であれば待ち時間もほとんど要らない水上タクシーがお薦めですが、その分料金はかなり高額です。一番ポピュラーかつ安価(といっても結構高い)な方法としては水上バスですが、慣れていないと逆方向に乗ってしまったり(山手線を逆方向に乗るようなものでいつかは到着するが滅茶苦茶時間がかかる)、乗り場がわかり難くて右往左往して時間をロスする可能性もあります。列車と水上バスの連絡も良いわけではないので、ヴァネツィアのサンタ・ルチア駅に着いてからがまた結構時間がかかるということを頭に入れて置いてください。

ちなみに私は昨年の夏に実際フィレンツェから9時30発のESでヴェネツィアに移動しましたが、夏休み期間で観光客が多い時期だったせいもあって水上バスの切符の販売窓口は長蛇の列。切符を購入するだけでもかなりの時間をロスし、そこから水上バスの到着待の時間、実際の乗船時間を含めるとサン・マルコ広場の最寄の水上バス乗り場に到着した段階で13時近くになっていました。

帰りはヴェネツィア サンタ・ルチア駅18時27分のESに乗るとフィレンツェSMN駅に20時30につきます。フィレンツェ行きの最終は19時27分発ですが、最終に乗り遅れる二進も三進も行かなくなるので、保険という意味で最終の一本前を利用することをお薦めします。

復路も駅までの移動の時間等あるので、実際の観光に使えるのは17時半ぐらいまで。フィレンツェからヴェネツィア サンタ・ルチア駅までで考えるなら現地滞在時間は約7時間ほどですが、駅到着後中心部への移動時間等を差し引くと厳密に観光に使える時間は5時間強。食事は列車の中でパニーノなどで済ませるなら、サンマルコ広場で写真でも撮って、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿の入場観光かあるいはゴンドラクルーズのうち2つくらいはできるでしょうが、ヴェネツィアの本来の魅力である迷路のような街並みを探索するには残念ながら時間不足でしょう。
ヴェネツィアで食事をするつもりなら、ランチでも2時間弱はかかりますから、観光は入場観光はどこもせずに外観のみが精一杯ではないでしょうか。

運賃は割引なしで一等59ユーロ、二等42ユーロ。時間的に余裕があるなら、FSのHPから事前購入の場合、旅行者でも利用できるmeno30やmeno15といった早割り的な割引サービスがあります。
meno15:7日前まで購入可。通常料金から15%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
meno30:15日前まで購入可。通常料金から30%off、出発24時間前までの一回のみ変更可、一部払戻可。座席数に限りあり。
万が一、指定の列車に乗り遅れた場合、少し手数料がかかりますが、席さえあれば次発の同等列車に変更してもらえます。

個人的には、往復に6時間もかけて5時間かそこらの観光しかできないヴェネツィアに行くのであれば、フィレンツェ近郊のアレッツォやシエナ、オルヴィエートといった街(それぞれとても美しく趣があります)に行くことをお薦めしたいところです。

参考URL:http://www.ferroviedellostato.it/homepage_en.html

可能か不可能かだけ言えば可能です。

フィレンツェSMN駅9時30分発のES(これがヴェネツィア行きの始発です)に乗ると、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅に11時33分に着きます。ただ、ご承知のこととは思いますが、ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅は島の入り口に過ぎず、実際のヴェネツィア観光の中心部であるサン・マルコ広場まではここからまた徒歩か水上バスか水上タクシーで移動が必要です。街全体が迷路のヴェネツィアで時間がない上に土地勘も無いとなれば移動手段として徒歩は無理があるでしょう。従って...続きを読む

Qイタリアのホテルのチェックインの時間

ローマのホテルのチェックインの時間について経験のある方教えてください!

個人旅行でフィレンツェとローマを予定しております。スケジュールを組むのが難しくて悩んでいます・・・

ローマのホテルで「コロンナ パレス」というホテルに泊まる予定なのですが、チェックインが12時以降です。(確か・・・・)
先にフィレンツェで3泊してからユーロスターで移動してローマにと考えています。
できるだけ早くにローマに入りたいのですが12時以前にチェックインまたは、スーツケースだけ預かってもらえることは出来ないでしょうか?

ご経験のある方いらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

まず、スーツケースの預かりは予約の確認の上、行なってもらえます。ホテルによりますが、到着時にチェックイン(宿泊の登録)だけ済ませ、部屋の準備が出来た時点でその部屋にスーツケースを入れておいてもらうことも出来ます。

チェックインについてですが、多くのホテルは15時チェックイン、12時チェックアウトというシステムをとっています。これは12時のチェックアウトの後、部屋の掃除を行い、15時に客を迎えるというシステムです。
もし部屋が毎日満室となり、全ての部屋のチェックアウトが12時になされれば15時までに掃除を完了できない部屋が出てくるはずです。しかし、実際にはそのようなことにはなっていません。満室になる事はピークシーズンだけでしょうし、早朝にチェックアウトする人もいるでしょう。
そのような場合、前日使用されていない部屋が15時以前にチェックインする人に割り当てられることになります。(もちろん、予約した部屋と同じグレードの部屋であることが基本です。時にはグレードの高い部屋を割り当ててくれるケースもありますが)

つまり、午前中にローマ入りされホテルに到着された場合、予約されたグレードの部屋の準備が整っていれば、その場でチェックイン、部屋に入れます。まだ部屋の準備が整っていない場合、予約を確認し、(もしくはチェックインのみ済ませ)、スーツケースを預かってくれます。

チェックアウト後、観光し、ローマを離れるまでの間もスーツケースを預かってもらうことも出来ます。また、一旦ローマから離れ別の都市に宿泊し、またローマに戻ってくる場合には、別の都市での宿泊に不要なものはローマのホテルで戻ってくるまで預かってくれます。(もちろん、何らかのケースに入れておく必要あります。ケースのアレンジもお願いするれば対応してくれるホテルが殆どです。)
このシステムは世界共通です。その信頼性はホテルのグレード、お国事情に大きく左右されます。

まず、スーツケースの預かりは予約の確認の上、行なってもらえます。ホテルによりますが、到着時にチェックイン(宿泊の登録)だけ済ませ、部屋の準備が出来た時点でその部屋にスーツケースを入れておいてもらうことも出来ます。

チェックインについてですが、多くのホテルは15時チェックイン、12時チェックアウトというシステムをとっています。これは12時のチェックアウトの後、部屋の掃除を行い、15時に客を迎えるというシステムです。
もし部屋が毎日満室となり、全ての部屋のチェックアウトが12時になされ...続きを読む

Qイタリア旅行:服装や注意事項について

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

自由時間にはブランドショップにも行ってみたいので,Tシャツ+ジーンズ+スニーカーだけ用意するのもマズイかな?とも思っておりますが,なるべく荷物は増やしたくないという気持ちもあります。

夕食も普通のレストランに行く予定ですが,色々調べると,夕食時には着替えるという文化?があるとかで,せめて襟付きのシャツやポロシャツにスラックスなど,ジーンズ以外の服装も用意した方がいいというアドバイスもありました。

一番の心配は,妻の服装で,あまり派手な格好で,スリなどに狙われるのも嫌ですし,男性の私が色々調べても良く分からないのが現状です。

また,スリ対策として貴重品は首掛けのポケットをぶら下げ,カメラやガイドブックは,小さなショルダーバッグをタスキ掛けにして行こうかと思っております。
何か他に注意した方が良いことや,お勧めのグッツがありましたらアドバイスお願い致します。

乱文にて分かりにくいかと思いますが,どうかよろしくお願いします。

新婚旅行でイタリア(ミラノ・ベニス・フィレンツェ・カプリ島・ローマ)へ行きます。(8/25~10日間)

私はTシャツまたは半袖シャツ+ジーンズ+スニーカーのスタイルメインで行こうかと思っており,妻はまだ未定です。

教会・寺院の観光がかなり多めですので服装が気になっています。「肌が露出してはいけない」とありますが,半袖のシャツや,短パン,スカートなどでもNGなのでしょうか?

また妻はTシャツやジーンズを持っていないので,かなり心配です。(スカートや花柄のワンピースばかりです。)

...続きを読む

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな格好をされていますね。
T シャツ+ジーンズ、短パンはまわり多くの人の格好なので特に問題は無いと思います。

サングラスはあったほうがいいですよ!

それと外はとても暑くても女性は羽織モノを持っていったほうがいいと思います。冷房の聞いた室内(レストランやバス)に長くいると冷えてきますし、教会に入る為にも。

私はカジュアルな布トートひとつでふらふら歩き回っていましたが、肩からバッグを提げ簡単にはすれない状態にしているので一度も危険にあった事はありません。
気持ちさえ引き締めていれば大丈夫ですよ。

スカートでも派手な格好でもたいてい問題ないと思いますが、とにかく靴は歩きやすいもので底の厚いものをお勧めします。

いってらっしゃ~い。

ご結婚おめでとうございます。
新婚旅行楽しんでください。

で、イタリアですが、この時期とにかく暑いです!!!
靴底の厚いものを用意されることをお勧めします。
なにしろ石畳(とか)ばかりの国。一日歩き回っているうちに足裏が暑くなってスニーカーを買ったことがあります。
青の洞窟では他の方が書かれているように、入口前で小さなボートに乗り移るので、このときはスカートだとちょっと不便だと思います。
観光立国イタリアには欧米諸国他とにかくツーリストが多く、他の国の人達はかなりラフな...続きを読む

Q靴は燃えるごみですか?

靴はどのように捨てればいいんでしょうか?可燃物なのか不燃物なのか、よくわかりません。

具体的には
・バスケットシューズ
・スニーカー
を捨てようと考えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしのところの「ごみの出し方」というパンフレットを見ると、
金属部分だけが「燃えないごみ」となっています。で、皮のカバンや革靴など、金属がついていれば「燃えないごみ」扱いです。
金属のついていないゴムの長靴や、革・布の靴は「燃えるごみ」です。
だから厳密に言えば、金属の部分だけちぎり取って「燃えるごみ」にするか、金属部分がついているまま「燃えないごみ」にするか、どちらでもいいようです。

Qフロントに鍵をあずける時

教えてください。
国外のホテルに滞在中、外出の際にフロントに鍵をあずけるとき英語で何と言ったら良いでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

こちらでフロントにキーを預ける人はほとんどいないと思いますよ。 まだカード式でなかった頃でもポケットに持って外出しています。 めんどくさいと言うこともあるでしょうが。 今ではほとんどがカード式なのでポケットに入れて外出します。 なくしたらフロントに言って新しく作ってもらいます。

よって、預けるときに聞く質問は、預けた方が良いですか、と言う表現になるのではないかと思います。 I'm going out now. Should I leave my key with you?と言う感じですね。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Qスーツケースの大きさ。ヨーロッパに72センチはでかすぎ?

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…。

ちなみにいっしょにいく友人は、
ナイロン素材?の安いスーツケースの72センチをもっていくそうです。それ+大きなトートバックももっていくそうです。

私は女性で22歳で、それなりにブランド物も一つくらい欲しいし、なにより雑貨が大好きなのでおみやげは多いと思います。

ヨーロッパに旅行された方、スーツケースがでかすぎて後悔した。。なんてことはありますか?
また、スーツケースが重過ぎて、料金を撮られたりも心配です。

なお、旅慣れた相方ですので、増えた荷物は向こうの郵便局から日本に送ったりもしているそうです。。

よろしくお願いいたします。

今現在もっているスーツケース。
・72センチより一回り小さいハードのスーツケース
・↑よりもういっこ小さいハードケース
・安い素材のもっとちいさなやつ(モノコムサ)

姉のものなど総合してこれだけもっているのですが、
72センチは持っていません。

今度の旅行でロンドンベルギードイツフランスと
5泊7日で旅行に行くのですが、72センチのスーツケースは妥当ですよね?
新たに購入しようと思うのですが、母が反対してます。ヨーロッパは確かに階段が多いし、持ち運びも大変だろうからと…...続きを読む

Aベストアンサー

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
移動するには楽です。両手がふさがることもないし
背中に負っているのでずいぶん楽だと思います。
わたしも10日間で3カ国(オランダ、ベルギー、ドイツ)
を移動した時に使いましたけど、これがあってとても重宝しましたね。
ちなみにソフトケースは60cm以内の物を使いました。
それでも石畳をゴロゴロ、トラムや列車の乗り降りに
だんだん重くなっていくケースを上げたり下ろしたりは
きつかったですね。同行者が夫だったのでずいぶん
助けてくれましたが、女性のみならなるべく荷物は
少なくを強くお勧めします。

それと他の方も同じことを書いてくれていますが
列車で移動する分には超過料金などの心配はないんですけど
ライアンエアー、など格安エアーはどんな荷物ひとつ
からでも預け荷物に対して料金を取るようになりましたし
重さによっても料金が違ってくるので飛行機で移動
するのでしたら十分考慮したほうがよさそうですよ。

あとは持って行く荷物自体を減らすこと。
下着類は旅行日数の半分にして、夜お風呂の時に
手洗いして室内に干しておく。
こうすると夏場でも冬場でも乾燥が厳しい場所なので
一晩で乾きます。洋服も着まわせる物を厳選して
持って行く。化粧品類は試供品などがあればそれを
中心に持って行くなどすれば荷物が減らせますし
かばんが小さくてもお土産を入れるスペースは確保
できるようになります。
確かに現地から郵便で日本へも送れますけど
そんなに安い料金ではありませんし、安い船便となると
1ヶ月くらいかかってしまうことも少なくはないです。

どうぞもう少し工夫なさってみてください。
快適な楽しいご旅行になりますように☆

恐ろしいほどのハードスケジュールを組まれましたねー。
これじゃ半日は移動時間というような日もたくさん
ありそうですよね。
ま、決めちゃったものはしようがないとして・・・

スーツケースはなるべくなら小さめの物にしておく
ほうがいいですよ。
これだけ移動が多いと思ったよりもはるかに重労働に
なってきますので、ケースもナイロン素材の軽いもの
というのも正解です。加えてリュックがあると
なおいいと思います。貴重品は入れなくとも
リュックがあると後々増えてくる荷物なんかを入れて
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報