知人に数年前からお金を貸しています。
しかし現在その知人には返すお金もその他財産もないため返済が見込めません。
財産がないため本人に対し差し押さえもできない状況です。

そのためすぐに返してもらうことを諦め、将来知人の父親が亡くなったとき
知人が相続した財産を差し押さえたいと考えています。

この方法で貸したお金を返してもらうことが可能でしょうか?
相続した財産を持って逃げられた場合どうなるんだろうと不安に思っています。
わかる方がいましたら注意しなければいけない点や差し押さえを行う
タイミングについてご教示ください。
知人の手に(物理的な意味で)財産が渡る前に差し押さえを行い
持ち逃げできないような状況にできたらと思っています。

部分的でも構いませんのでアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

不確定な要素を考えてもしょうがないと思います。



知人が認めているのであれば、公証役場で金銭貸借の証拠となる文書(公正証書)を作成することですね。
お金の貸し借りなどを証明しないと、差し押さえも無理でしょうからね。
借用書などがあっても、不正作成などを疑われれば、争いになってしまうでしょうからね。
非協力的であれば、裁判でも起こして判決を取るなどすべきでしょうね。

ただ、証拠を残すことが相手に伝わることですし、相手が対策を練ることも可能でしょうね。
知人の親が生前贈与すれば、あなたが知らないところで差し押さえようと考える財産が消えているかもしれません。また、遺言などで知人以外の相続人に相続させることが記載され、知人の方が遺留分請求しなければ、相続財産はありませんから、差し押さえは難しいでしょう。相続放棄する可能性もありますしね。

お金の貸し借りの証拠を残し、時効により消滅しないように定期的な法的証拠力のある請求をし、知人が財産を得るようなことがあったら請求・差し押さえなどと出来るように、目を光らすぐらいでしょうね。
働いているのであれば、給与を差し押さえることも出来るでしょう。差し押さえできるものを常に探さないといけませんね。
    • good
    • 1

>実際に相続が発生したときに私がどのように立ち回れば良いのかその点についてアドバイスを頂きたく今回質問させて頂きました。



相続発生後ならば、債権者代位で債権者が単独で相続登記できます。
相続登記後に債務者の持分権を差押え、競売して回収すればいいです。
    • good
    • 0

>知人の手に(物理的な意味で)財産が渡る前に差し押さえを行い持ち逃げできないような状況にできたらと思っています。



そのようなことはできないです。
まだ知人の父親が亡くなっているわけでもないし、もしかして、父親の亡くなる前に知人が死亡するかも知れません。
誰がどうなるかもわからない段階では手の打ちようはないです。
相続は死亡によらなければはじまらないです。(民法882条)

この回答への補足

”物理的な意味で”とあえて書いたのは
例えば、知人の父親が亡くなり知人が預金を相続したならその預金を知人が引き出す前に
預金口座自体を差し押さえて引き出しできないようにしたいという意味です。

相続が発生しない限り差し押さえができないことは
一番始めにご回答下さった方への補足にも書いたとおり承知しています。
実際に相続が発生したときに私がどのように立ち回れば良いのか
その点についてアドバイスを頂きたく今回質問させて頂きました。

補足日時:2011/04/27 12:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/27 12:58

父親に所有不動産に抵当権設定することを承諾してもらう。


ただし、抵当権設定行為は時効の中断事由ではないので、注意です。
    • good
    • 0

現実に相続が発生してなければ、差押するものがありません。


相続権という権利は差押不能だからです。
それまでに持ってる債権が消滅時効にかかってしまわないように時効の中断措置をしておくべきでしょう。

この回答への補足

説明不足で申し訳ありません。
相続発生前に差し押さえできないことは承知しています。

いざ相続が発生した段階で確実に差し押さえを行うためにどのように行動すれば一番良いのか
この部分を注意点やタイミングなども含めて教えていただけると嬉しいです。

補足日時:2011/04/27 00:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
債権が消滅しないよう気をつけたいと思います。

お礼日時:2011/04/27 00:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税 発生しないときは申告不要?

昨年、預貯金7000万・土地借地権3000万を7人で相続しました。相続人が7人なので1億2000万までは相続税がかからないということですが、相続税の申告そのものもしなくて構わないのでしょうか?
土地借地権売却に関しての譲渡所得税の申告は、今年2月に済ませてあります。
今更ですが、預貯金の相続分600万(私の分)は、所得として譲渡所得税の申告時に申告すべきものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

>相続税の申告そのものもしなくて構わないのでしょうか?

相続財産が基礎控除以下の場合は相続税が発生せず、申告の必要もありません。

>預貯金の相続分600万(私の分)は、所得として譲渡所得税の申告時に申告すべきものだったのでしょうか?

譲渡所得税と相続税は違う種類の税金なので「譲渡所得税の申告時に申告」する必要はありません。譲渡所得税の申告をきちんと行っていらっしゃるのであれば問題ありません。

Q知人にお金を貸したのですが。。返す気があるのか分かりません

知人にお金を少しですが貸しました。
金額的には自分が困らない程度なので、負担にならない程度に返してくださいといいました。
貸す=返ってこない可能性も承知の上で貸したのですが
ことあるごとに貸して欲しいと来ます。
これ以上お金にだらしなくなってほしくないのですが
口約束と、メールでの頼まれごとなので、きちんと返済してもらうことは出来るものなのかと思っています。
法的な手段など取ろうと思ったらとれるのでしょうか?

Aベストアンサー

法的な手段をとるためには、曲りなりにでも証拠が必要です。
何月何日どこで何円、利息幾らの約束で貸した、などの客観的事実を明らかにできなければ、
法的手段に訴えるだけ手間隙が無駄になります。

Q相続税で土地、不動産、現金を相続した場合、相続税を支払った後、もらった資産についての確定申告のことを

相続税で土地、不動産、現金を相続した場合、相続税を支払った後、もらった資産についての確定申告のことを教えて下さい。


相続人が配偶者以外2人の場合、話し合いで相続分与を決めてよいのですよね。
相続税が発生しない金額の場合も確定申告は必要ですか?また、相続税ご発生する場合は相続税を支払い、確定申告をして追加でさらに税金を払い、次の年には、市県民税や健康保険も高くなると聞きました。例えば1000万を現金で相続した場合と、土地が1000万の場合とでは、どう違うのですか?

Aベストアンサー

>相続人が配偶者以外2人の場合、話し合い
>で相続分与を決めてよいのですよね。
『配偶者以外2人』に限らず、自由に決めて
よいです。

>相続税が発生しない金額の場合も
>確定申告は必要ですか?
相続税が発生したとしても確定申告は
必要ありません。

>相続税ご発生する場合は相続税を支払い、
>確定申告をして追加でさらに税金を払い、
>次の年には、市県民税や健康保険も高く
>なると聞きました。
いいえ。誤解です。そんなことはありません。

所得税、住民税が発生する、健康保険料が
上がるケースとしては…
①不動産を相続し、それを売ったら、故人が
 買った時より儲かった場合。

②相続した不動産を賃貸等していて、不動産
 収入が相続人に入ってくる場合。

③同様に株や投資信託等を売却して、
 儲かった場合。

④株や投資信託を相続して、配当所得等を
 発生した場合。

つまり、相続したもので、その後儲かれば
別に税金が発生します。
ですから相続とは別の話です。

>例えば1000万を現金で相続した場合
>土地が1000万の場合とでは、
>どう違うのですか?
上述の①や②が土地の場合、発生することが
ありえますね。

また、土地は現金ではないのですから、
相続税をそこから払うことができません。

さらに土地なら固定資産税を払う必要が
出てくるでしょう。

それは相続とは関係ない話です。

被相続人(故人)がやっていたことを
受け継ぐことになるだけだったり、
現金化したら、以前より高く売れて
儲かったりしれば、税金はかかります。

少なくとも相続で、所得税や住民税や
健康保険料がかかるというのは誤解です。

>相続人が配偶者以外2人の場合、話し合い
>で相続分与を決めてよいのですよね。
『配偶者以外2人』に限らず、自由に決めて
よいです。

>相続税が発生しない金額の場合も
>確定申告は必要ですか?
相続税が発生したとしても確定申告は
必要ありません。

>相続税ご発生する場合は相続税を支払い、
>確定申告をして追加でさらに税金を払い、
>次の年には、市県民税や健康保険も高く
>なると聞きました。
いいえ。誤解です。そんなことはありません。

所得税、住民税が発生する、健康保険料が
上がるケース...続きを読む

Q貸したお金を返して欲しい、現在訴訟中

現在数年前の貸金について訴訟中です。個人間で、時効はきていません。
借用書など明確な証拠がなく、相手は男女関係の精算金、慰謝料だと答弁してきました。
貸した後に私が返済を求める文書のメールや、友人に「貸したのは~円だよ、今年から返すって言ってたのに」と送ったメールは証拠に成りえますか?
因みに現時点ではお互い本人訴訟です。
期日が来週末と迫っています、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ひとつの証拠にはなるでしょう。友人については、証人になってもらうことも可能と思いますが、相手に返済を求めるメールはどうやって証拠として提出するのかわかりません。また、金銭の返還の合意を立証しなければなりませんので、あとで請求したというだけでは十分に立証できない気がします。

ところで、金銭消費貸借による貸金返還請求が認められなかったとしても、不当利得による返還請求が認められる余地があるのではないかと思います。

Qこの場合に相続税の申告は必要でしょうか?

この場合に相続税の申告は必要でしょうか?
死亡生命保険非課税限度額は法定相続人1人に500万円とされています

仮に、被相続人の遺産総額が7000万円、法定相続人が2人、死亡保険金が500万円x2人=合計1000万円とした場合、次の(1)と(2)の何れが正しい税務処理方法なのでしょうか?

(1)相続税控除額は7000万円と計算されるので、相続税の申告は行わない

(2)総額8000万円のうち1000万円の死亡保険金は「みなし相続財産として非課税扱い」の申告を   行う

(1)と(2)何れも相続税は発生しない点では結果は同じことですが、(1)申告しないと(2)申告する とでは処理に掛かる費用(特に税理士など専門家に依頼)や手間は大きな違いが出るように思われます

Aベストアンサー

前のご回答と重複しますが、申告不要です。

申告書の提出義務者は、相続税の課税価格の合計が基礎控除額を超え、かつ納付すべき税額がある者に限られます。(相続税法27条1項)

ただし、相続人の範囲や財産の評価が正しいという前提です。また、配偶者の税額軽減等申告要件がある場合は別ですが、ご質問のケースでは関係ありません。

ちなみに、みなし相続財産の生命保険金の非課税取扱いは申告要件ではありません。

従って、ご質問文を素直に読めば申告不要となります。

Q元彼にお金を貸したら返すと言って返ってきません

元彼にお金を貸しました。
(合計で50万くらい)最初は全額返して欲しいと訴え続けましたが
俺もお前に払ってきたんだからその分は払わないと言われ最後に貸した15万だけ返すといわれたんですが
先日返してと言ったら借りた覚えがない脅迫だと言われました。
どうやったら返してもらえるんでしょうか?

Aベストアンサー

まずはじめに
「金の貸し借りは友達なくす」とも言います。
今回のように貸し借り自体の水掛け論になるのは勿論、
そうならないために借用書を書こうとしても「俺のことを信用していないのか」と喧嘩の原因になります。
今回のことで勉強になったと思います。

さて
このような相談をしていることを考えると、借用書の類は取っていないのですね。
だとすると、貸した証拠を集めるのが難しくなります。
考えられるものは……
・あなたの預金
貸したお金を預金から下ろしているのなら、そのあたりの明細が必要になるでしょう。
・あなたの家計簿
上で下ろしたお金が、家計に入っていないことを示す必要があるでしょう。
ここに「元彼に○円貸す」などと書かれていれば尚良し、です。
・元彼の家計簿
あなたがお金を貸したときに、彼が同程度の金額を使った証拠が欲しいです。
家計簿と書いていますが、お金を使った証拠になるのなら何でもいいです。
・彼の給与明細
上のお金が彼の給与から出たものではないことを証明せねばなりません。
収入と支出があっているか確認しましょう。

などでしょうか。
とはいえ、こんなこと素人に出来よう筈もありません。
少なくとも、あなたの側の証拠は揃えられるでしょうから、それを持って弁護士さんに相談するのがベターでしょう。

まずはじめに
「金の貸し借りは友達なくす」とも言います。
今回のように貸し借り自体の水掛け論になるのは勿論、
そうならないために借用書を書こうとしても「俺のことを信用していないのか」と喧嘩の原因になります。
今回のことで勉強になったと思います。

さて
このような相談をしていることを考えると、借用書の類は取っていないのですね。
だとすると、貸した証拠を集めるのが難しくなります。
考えられるものは……
・あなたの預金
貸したお金を預金から下ろしているのなら、そのあたりの明細が...続きを読む

Q相続税無申告の摘発について

国税庁のホームページをみていたら、相続税無申告事案が1,050例調査されたとありました。通常、相続が発生すると、相続税がかかりそうな人には「相続についてのお尋ね」なるものを送って、申告を促すと聞いておりますが、税務署はどのようにして相続税の無申告者を探しあてるのでしょうか?

Aベストアンサー

役所に「死亡届」が出されると、役所はその情報を税務署に報告します。
税務署は、亡くなった人の土地・建物の登記内容を調査し、その遺産額を計算します。
なので、相続登記(所有権移転登記)がされた、されないに関係ありません。
そして、相続税がかかりそうな人には「相続についてのお尋ね」を送ります。

なお、土地・建物がない、もしくはその遺産額が少なくて、預貯金や現金を多額に持っている場合は把握できないこともあるでしょうね。

Qやくざと関係がある男の人にお金を貸したのですが返って来ません。それどころかどんどん貸してくれとゆう連

やくざと関係がある男の人にお金を貸したのですが返って来ません。それどころかどんどん貸してくれとゆう連絡がきます。この前は返さないと家族がどおなっても知らないと脅されました。こうゆうときはどおしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

NO1です
こんがらがってますね

被害届は、何らかの被害を受けた場合届け出をして刑罰を決めることです
この場合は、恐喝でしょうか、脅されて金をとられたなら恐喝ですが、相手は捜査対象になります、あとは警察が事件を捜査します、お金は返ってきません
民事で何かを法律で決めてもらうのが告訴です、金を返して欲しければ少額起訴がありますが、事件にしたいのか金を返して欲しいのかはっきりさせましょう

Q相続税の申告について

よろしくお願いいたします。

複数の相続人がいる場合の相続税の申告ですが、一般に共同で申告を出されることかと思います。
ただ、相続人それぞれが個別に申告を行うこともある申告かと思います。

そこで疑問なのですが、相続税は相続税の総額を算出し、相続人などの相続した財産の金額に応じて按分する計算が含まれていたと思います。個別に申告をした場合、相続人や遺産の内容については、遺産分割協議書などに基づくことから、限りなく漏れなどはないことでしょう。しかし、不動産をはじめとする財産評価においては、考え方や判断により計算方法が異なることもあろうかと思います。
このようなことから、同一遺産で申告をしたとしても、必ずしも納税額の計算が同じ計算方法で進められないこともあるかと思います。

相続人が個別に申告を行い、その計算方法などで個別の判断が分かれるような申告となってしまった場合には、税務署はどのように取り扱うのでしょうか?
個別にみて計算が合っていれば、問題にしないのでしょうか?

税理士の方、税務に詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非公開株式の評価額、不整形地の評価額、広大地か否かの判断などで、相続財産評価額は「誰がやっても同じ額になる」わけではありませんので、相続人各自が相続税申告書を提出した場合には、当然評価額が異なってる可能性があります。
税務当局としては申告内容を尊重するとともに「誤りは訂正してもらう」態度になるでしょう。

同一不動産を1000万円で評価してる者と800万円で評価してる者がいて、それぞれに相続税申告書を提出してるとします。
すると「相続税総額」が二つ存在することになり「法令の定めに基づいて申告書が作成されてない」ことになりますので、税務署長は職権で更正することになります。

その際に、1,000万円の評価が正しいか800万円の評価が正しいかの判断を税務署長がすることになるのでしょうが、納税者有利の原則から800万円を採用しての更正となる可能性大です。
更正には納付額が増加する「増額更正」と納付額が減少する「減額更正」があります。

更正をする前に、相続人各自から事情を聞くことは必ずするでしょう。
例えばAは税理士作成の申告書で、Bはそうではない申告書でしたら、財産評価額はAの申告書のものが「より信頼できる」でしょう。しかしBの評価にもそれなりの理由があり、法令で認められてる評価であるならBの評価が採用されるべきです。税理士が作成したから、その評価が絶対だということはないからです。
現実には相続税申告書は素人では手に負えないところがありますから、両者ともに税理士に依頼して財産評価と申告書の作成提出を依頼してるケースになろうかと存じます。

国税当局は、両方の税理士に「評価額が異なってるが、税理士同士で話あって同額の評価にしてくれんか」と持ちかけると思います。
結果としては「評価額の小さい方を選択する」はずですので、税理士を通して「更正の請求」がされることのなると思います。
評価額の高い方を選択せよという指導は、税務署では(この段階では)できませんので、修正申告書提出の指導はされないはずです。

以上は遺産内容が同一のケースで、なんらかの事情で相続人各人が相続税申告書を単独で提出した場合に財産評価額が異なっている場合の話です。
 財産評価額については、「税理士が複数人で評価したら、それぞれ違う額が出る」不動産もあります。不整形地だとかがけ地だとか賃借権が付いてるとか、面積に路線価をぶっかけたら価格が出るという単純なものではないからです。
 路線価評価で2千万円の土地が評価で500円(500万円のうち間違いではありません)というケースもあります。
 現実の土地を見て評価額を比べあうという「評価勉強会」をしてる税理士も存在してますので「「人によって異なることはないはず」という意見は、現実を知らないご意見だと感じました。

非公開株式の評価額、不整形地の評価額、広大地か否かの判断などで、相続財産評価額は「誰がやっても同じ額になる」わけではありませんので、相続人各自が相続税申告書を提出した場合には、当然評価額が異なってる可能性があります。
税務当局としては申告内容を尊重するとともに「誤りは訂正してもらう」態度になるでしょう。

同一不動産を1000万円で評価してる者と800万円で評価してる者がいて、それぞれに相続税申告書を提出してるとします。
すると「相続税総額」が二つ存在することになり「法令の定...続きを読む

Q彼氏にお金を貸して返すと言って返してくれない

付き合っている彼氏に「必ず返すから」というので、信じて
お金を20万くらい貸してしまいました。
どうしても貸さなきゃいけないなら、
貸す前に調べておけばよかったと後悔。

先日「とりあえず半分返すね」と電話で言ってくれたので、
振込先を教えたのですが、
今日は電話をかけても電源が切られている状態・・・。
ATMは21時までなので、今日はもう確認できませんよね?

借用書がないとやっぱり返してもらうのは無理なんでしょう?
現金振込しているので、その時の控えはとってあるのですが。
貸すという内容は「口約束」で、返すという内容は「メール」
でしか残っていません。

なんだかもう、何も信じることができません・・・。
信じていただけにショックです。

振込先を教えてしまったのですが、
コレを悪用されることってありますか?

とりあえず、待っている状態なので・・・
その間に返ってこない場合も考えて、
検索したら「法テラス」「少額控訴」「内容証明郵便」など出てきたんですが、
無料でできるんでしょうか?
法律とかよくわからない私でもなんとかなるんでしょうか?

よろしくお願いします。

付き合っている彼氏に「必ず返すから」というので、信じて
お金を20万くらい貸してしまいました。
どうしても貸さなきゃいけないなら、
貸す前に調べておけばよかったと後悔。

先日「とりあえず半分返すね」と電話で言ってくれたので、
振込先を教えたのですが、
今日は電話をかけても電源が切られている状態・・・。
ATMは21時までなので、今日はもう確認できませんよね?

借用書がないとやっぱり返してもらうのは無理なんでしょう?
現金振込しているので、その時の控えはとってあるのですが。
貸すという内容...続きを読む

Aベストアンサー

残高の確認だけなら、深夜営業のATM(コンビニなど)が使えれば確認はできます。でも、銀行振込は、基本的に営業時間中でないとお金が動きません。
今日の営業終了後に頼んだ振込は、明日の朝から頼まれた順で処理されますから、午前中くらいには白黒はっきりするでしょう。

振込先だけで悪用は、あまり心配しなくていいです。
ただ、覚えのないお金が振り込まれたら、使わずに銀行にすぐ相談してくださいね。場合によっては警察でもいいかもしれません(相手が脅してきたりした場合)。

法テラスでの無料相談は、条件があったと思います。まずは電話で問い合わせてみるとよいかと。
少額訴訟は、ある程度の知識がないと難しいでしょう。費用も少々かかります。
内容証明郵便も、料金がかかりますし、「こんな内容の手紙をいつ、誰宛に送ったよ」ということを郵便局が証明してくれるだけなので、内容が大事です。

法律とかよくわからないなら、困ったときは専門家に相談しなさい。

ちなみに、口約束も立派な約束、法的にも有効なんですが・・・証拠が残りません(録音でもすれば別だけど、相手の了承なくこっそり録音したものは証拠として有効でないこともありますので)。言った、言わないの争いになれば・・・ね。

とりあえず、彼にいつ、いくら貸したか、そのお金はどうしたか(振込なら伝票があるでしょうし、現金で渡しても引き出した記録などあればそれも)、どういう約束をいつ、どこでしたのか。返済を受けたらいつ、いくらもらったか。
このあたりはメモを作って、日時を追ってどういうお金のやりとりがあったか、どういう約束をしたかを後から確認できるようにしておくことです。
貸した側だけの主張でも、客観的な証拠と曖昧でない説明があるほうがいいので。

残高の確認だけなら、深夜営業のATM(コンビニなど)が使えれば確認はできます。でも、銀行振込は、基本的に営業時間中でないとお金が動きません。
今日の営業終了後に頼んだ振込は、明日の朝から頼まれた順で処理されますから、午前中くらいには白黒はっきりするでしょう。

振込先だけで悪用は、あまり心配しなくていいです。
ただ、覚えのないお金が振り込まれたら、使わずに銀行にすぐ相談してくださいね。場合によっては警察でもいいかもしれません(相手が脅してきたりした場合)。

法テラスでの無料相談は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報