ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

恐竜はなぜあんなに巨大なのでしょうか?

草食恐竜で首のすごく長い種類のものとかいますが、草でエネルギーは得られませんよね?

首を支える為の筋肉などはどのような仕組みになっているのでしょうか?

巨大なのでそれだけ多く食べるということなのでしょうか?

人や今生存している動物と比べるとあまりにも大きいのでとても不思議です。

ごくごく単純な質問なのですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

恐竜は、体の構造的にはトカゲの仲間よりは鳥類に近いと考えて下さい。


鳥類と共通しているのは、恒温動物であること、気嚢をもっていること、羽毛をもっていること、があります。
羽毛に関しては、すべての恐竜ではなく、中小型恐竜にあったと考えられています。
現在の哺乳類でも大型の種類は、毛が乏しいのと同じようにです。

気嚢があったことが大型化の秘密だったと思われます。
気嚢は骨の中に潜り込み、肺の機能を強化するとともに骨の重量を軽くしています。
このおかげで、恐竜の体重は見かけより軽かったのです。
当時の重力は現在とほとんど同じと思います。
赤道上では自転の遠心力で0.5%程度重力が見かけ上弱いですが、恐竜の時代は現在とほとんど変わらないと思います。

われわれの肺は、呼吸したときに残気量がありますが、恐竜は気嚢のおかげで空気が完全に入れ替わることができるので、あんな首ながのデザインが可能で、哺乳類では成立しません。

あの長い首は、構造的に吊り橋のようになっていて、常にテンションがかかっています。
だから、死んだ恐竜が化石で発見されるとき、大きくのけ反った格好で見つかることが多いのです。
    • good
    • 0

 恐竜といっても大きなものばかりではなく、鶏くらいの大きさの恐竜もいたわけですが、まあ太古から現代に至るまでの陸生動物の大きさランキングをやれば、おそらく上位を恐竜が占めることになるのでしょうね。



 まず草でエネルギーが得られないというのは間違いです。現在の草食動物は草からエネルギーを得ていますよ。

 彼らは爬虫類です。恐竜も恒温動物だったという説もありますが、少なくとも現在のほ乳類と同じ複雑で高度な体温調節システムではなかったでしょう。
 ほ乳類の体温調節システムというのはすごく大雑把な言い方をすると、とにかくガンガン食べて代謝して熱を産生し、「余分な熱をどうやって上手く捨てるか」という戦略で体温調節をしています。寒冷時など体温が低下する際は捨てていた熱を保持すれば良いわけです。

 ですから冷血動物は基本的に「身体の大きさの割にはエネルギーの要求量が小さい」わけです。
 なので大型恐竜でも、大きさの割には食物の必要量が少なかった可能性があります。

 恐竜が生きた時代は全地球的にかなり温暖でしたから体温維持に要するエネルギー量も低かったでしょう。

 もちろん大型化は寒冷適応にも有利な点はあります。体積に対する表面積は大型化するほど小さくなりますから、単純に大型化は「放熱しにくい」わけです。
 とはいうものの、大きな体を維持するためには絶対的には大量の餌を必要とするわけで、餌が豊富にある環境では止めどがなく大型化した種も、環境の変化には弱いということは言えると思います。

 なお、「重力」は地球の質量に大きな変化がない限り一定で変化しません。
 自転の速さが変われば遠心力の影響で僅かな影響はありますが、その影響は微々たるものです。
 酸素濃度の方は中生代を通してみると現代より低かった時代もあります。
 それに酸素自体がエネルギー源というわけではないので、酸素濃度が高ければ代謝が高くなると言うわけでもありませんし、それ以前に代謝が高くなれば食物も多量に必要になります。
    • good
    • 0

>草でエネルギーは得られませんよね?



殆ど「牧草」を食べている「牛」は、ちゃんとエネルギーを得ていると思いますよ。
もしも、一年中温暖で、牧草がタップリ食べられ、外敵にも襲われない土地が有れば、牛だって巨大化して行くかも知れません。

恐竜が巨大化したのは、「中生代」という時代そのものが割りと温暖で、食物が豊富だったかららしいです。
もっとも、一口に「中生代」と言っても「1億年以上」で非常に長く、恐竜も巨大なモノばかりでは有りませんし、色々な種類が絶滅したり誕生したりしているのです。
6500万年前には、殆どの恐竜が姿を消してしまいましたが、有力だとされている説が「小惑星衝突説」ですね。

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10098/dic/z …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1% …

「首を支えていた筋肉」と言っても、特別な筋肉では無いでしょう。
URLのイラストを見ても解るように、中央の胴体が巨大で、筋肉も太いから長い首や尾を支えられるのです。
お気づきのように、首と尾の長さは、胴体を中心に「ほぼ釣り合う」ような長さに成ってますよね?。
これで、体のバランスが取れているのです。
    • good
    • 0

体の大きな草食恐竜はほぼ一日中食べているような状態であり、またエサとなる草も豊富でした。

その代わり動きが遅く、行動範囲も狭かったのでエネルギーはそれほど消費しなかったと言われています。

太古の生物はほとんどのものが大きかったのです。今でいうネズミすら1m以上ありました。しかし、その後大型生物は絶滅していったので体を小さくすることが進化になりました。

ですから、今思えばなんであんなに大きいのかと思えますが、昔はそれが当たり前で進化して小さくなったという事です。
    • good
    • 0

正しいかどうか分かりませんが、


昔は今より重力が小さかったことと
酸素濃度が高かったと聞いたことがあります。

重力が小さいから重い体を支えられたし
酸素が多いから代謝がよくて大きな体でも
生活できたのではないかと思います。
あくまで推測ですが・・・
    • good
    • 0

食い物が豊富だったからです。

少ししか食わないのは、体も小さいです。
相撲取りの食事をお調べなっさい。食うからでかくなります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗り絵用のイラスト

季節の花や果物など、塗り絵ができるイラストが掲載されているサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
大人のかたが使われるのでしょうか?
検索してみましたが子ども用の絵が多いような気がしますね。
こちらはどうでしょうか。

http://coloringbookfun.com/
↑FlowersやFlowers 2に花の塗り絵があります。

http://www.angel.ne.jp/~asrgt/sktop.htm
↑ご希望にあったものがあるかわかりませんが種類は多いです

http://urawa.cool.ne.jp/chon_2/pc/pc2.htm
↑リンク集です

Q古生代に生きた恐竜たちの中で1番大きい恐竜はなんですか?

僕は恐竜について調べている途中です。なので恐竜の中で1番大きい恐竜を知りたいと思っています。お願いします!

Aベストアンサー

古生代にはまだ恐竜は居ませんから無し、となります。

http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/dino/faq/0043.html


恐竜が出てきたのは中生代ですよ(^_^;

骨が発見されて、最大と言われてるのが、セイスモサウルス

最大だろうと言われてるのがアルゼンチノサウルス(すべての骨が発見されていないので、想像が含まれています)

Q1970年代の子供向けの本や雑誌、図鑑などの恐竜の本で、よく恐竜の想像図のイラストがでてきましたが、

1970年代の子供向けの本や雑誌、図鑑などの恐竜の本で、よく恐竜の想像図のイラストがでてきましたが、

とてもよく描けていた記憶があるのですが、名のある方のイラストなのでしょうか?

Aベストアンサー

70年代によく紹介されていた、ブリアンという方でしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/cubox_99/238776.html

Qイカの眼は、なぜあんなに大きいのですか?

イカの眼は、なぜあんなに大きいのですか?

Aベストアンサー

暗い深海で獲物を探す為でしょう。

Qこの恐竜フィギュアが欲しい!!どこのメーカー製か分かりますか?

この恐竜フィギュアが欲しい!!どこのメーカー製か分かりますか?

Aベストアンサー

あごが動くところや色合いからするとこちらと同じものでしょう。
http://www.kaseki7.com/items_fossil/ot/279.html

たぶんSchleich(シュライヒ)製。
https://www.amazon.co.jp/dp/B0073RSVMC
https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-425789800
https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-479550400

Q草食恐竜のえさ

草食恐竜は何を食べていたんですか。その時代に、生えていた植物だとは思うんですが。あのような巨体を植物だけで維持するのであれば相当な量がいると思うんですけど。しかも、何種類もいるし一種類あたりの数も相当いるでしょうし。当時の植物はとても栄養価が高くてちょっとで足りたのでしょうか。それとも、牛等のようにはんすうしていたのでしょうか。または、当時の植物は今のものに比べて成長が早くて、食べられてもすぐに生えてきたのでしょうか。

Aベストアンサー

これは,恐竜が爬虫類に近いと言われていた頃の説ですが,
基礎代謝の低さがあげられます。1mを越えるアオダイショウでも,
週に一度マウスを与えるだけで十分成長します。
 また,巨大化するほど体重辺りの基礎代謝が低くなることも知られ,
冬眠で中は,さらに低くなるでしょう。

 また,恐竜が鳥類に近いとしても,ともにイクチオステガあたりが
共通祖先。肉食恐竜はその運動量確保のため,また,筋肉を暖めて
おくため,基礎代謝が真っ先に高くなった種が生存に有利だったで
しょうが,草食の方はどうだったでしょうか。

 また,渡りを証明する化石もあったと思います。
 現在でも,あの生産性の低いサバンナで,大型草食獣が渡りにより
生き残っています。
 このような学問は,rkox様のような素晴らしい疑問から発展してき
ました。私も見たことのない世界ですが,いろいろ考えることは素晴
らしいことと思います。

 最後に反芻ですが,シダ類の主な貯蔵物質は炭水化物で,これを主
食とする草食動物は,窒素同化細菌や窒素固定細菌と共生する必要が
あります。反芻は,ウシ・ラクダ・ラマ・ヤギ・ヒツジ・キリン・
バイソン・シカ・ヌー・アンテロープなど,窒素同化細菌や窒素固定
細菌を,4つある胃(のひとつ)でより活発に活動させる行動で,
窒素同化細菌や窒素固定細菌を腸で活動させる,例えば馬にはありま
せん。このような動物では,盲腸が発達しています。盲腸は,爬虫類
以上にあります。また,鳥類も爬虫類も丸呑みし,その後鳥類と恐竜
では胃石ですりつぶすことが知られています。うまくいえませんが,
反芻は難しいかもしれません。          ではでは

これは,恐竜が爬虫類に近いと言われていた頃の説ですが,
基礎代謝の低さがあげられます。1mを越えるアオダイショウでも,
週に一度マウスを与えるだけで十分成長します。
 また,巨大化するほど体重辺りの基礎代謝が低くなることも知られ,
冬眠で中は,さらに低くなるでしょう。

 また,恐竜が鳥類に近いとしても,ともにイクチオステガあたりが
共通祖先。肉食恐竜はその運動量確保のため,また,筋肉を暖めて
おくため,基礎代謝が真っ先に高くなった種が生存に有利だったで
しょうが,草食の...続きを読む

Qプールバッグから水着を出さない子供。どうしてますか?

小5(女)小1(男)1歳(女)の3人の子供を持つフルタイム勤務の母です。
同じような境遇の方にアドバイスいただきたいと思います。
仕事もしていて、子供が3人もいて、どうしたらうまく子育てができるのかが最近の私の悩みです。

小学生二人は最近ガミガミ言ってばかりの私の言うことは聞かなくなってきました。

そこで、昨日のことですが、小5娘のプールバッグがずっと床に転がったままなので「水着早く出してね」と何度か言いました。
が、結局わたしが起きている間には出さず、22時以降、自分で水洗いしたらしく、タオルと水着がずぶ濡れでバケツに入っているのを朝発見しました。
今日もプールなんでしょ!?
と、手は出さないつもりでいた私も、脱水機にかけたり、タオルだけは乾燥機にかけたり、朝からバタバタするはめに。
完全には乾かず湿ったタオルと水着を持って行った娘。
こんなにしてやったのに娘は「まだ濡れてるよ!」と文句を言いました!!娘の神経が信じられません!!
当然私はキレて言い返しましたが。

私が水着を出してあげてしまえば、ガミガミ言うこともなくなるし、楽なんですが、自分で出させたい、失敗から学ばせたい、言われたらすぐやらないと忘れる、ということをたたきこみたいという気持ちから、私は言うだけで、手は出したくないのですが、結局今朝のようなことになるなら私が出して洗濯してしまえばよかった・・・
と疲れ果てています。

同じようなお子さんがいらっしゃる方はどのようにうまく子育てしてらっしゃいますか?

小5(女)小1(男)1歳(女)の3人の子供を持つフルタイム勤務の母です。
同じような境遇の方にアドバイスいただきたいと思います。
仕事もしていて、子供が3人もいて、どうしたらうまく子育てができるのかが最近の私の悩みです。

小学生二人は最近ガミガミ言ってばかりの私の言うことは聞かなくなってきました。

そこで、昨日のことですが、小5娘のプールバッグがずっと床に転がったままなので「水着早く出してね」と何度か言いました。
が、結局わたしが起きている間には出さず、22時以降、自分で...続きを読む

Aベストアンサー

結局余計に面倒くさいことになるなら、妥協点を見つけるのはいかがでしょう。
私も基本的に水着だの、体操着だのは自分で出させます。中学生になってお弁当になってからは、お弁当箱を洗うのは本人の役目に決めました。お弁当箱は洗ってなければ、作ってあげないしお弁当代も上げないから自分のお小遣いで何とかしなさいと言ってあるので、子どもも必死ですから、余程のことがなければ必ず洗ってます。
水着は、小さい頃からスイミングスクールに行っていたせいか、一応自分で出すのは習慣にはなっていました。ただ、その習慣も「出しておいてねー」と言うだけでなく、洗濯機の前で「持ってきなさい」と言うとか、洗濯を始める時に「出してないなら入れないと知らないよー」と脅してみたりという地道な努力はしました。
あと、1回出し忘れて、私も気がつかなくて一週間後に気がついたという恐ろしい事態を経験したのも良かったかも。
お母さんが出してあげないまでも、本人が出すのを確認するところまでは、やってあげるといいかもしれませんね。中学生くらいになれば、大概の子がしっかりしてきますので、もう少しの辛抱だと思います。意外といきなりしっかりしてきてこっちが驚かされます。

どうしても現時点で自分で全部気がついて、やるようにさせたいのなら、やはりお母さんが朝手伝ったりはしない方が良いと思います。
結局お母さんがどうにかしてくれると思っているうちは、やはり中々身につきません。

先日私が夜疲れ果てて寝ていると、下の子が「お母さん体操着が二枚とも洗濯カゴの中にある」と訴えてきました。洗濯のローテーションの狭間でそんなことになってしまったようです。
これは私が悪かったので、慌てて洗濯機を回して朝仕上げにアイロンをかけました。
そんな自己申告が出来るまでになりますよ。

結局余計に面倒くさいことになるなら、妥協点を見つけるのはいかがでしょう。
私も基本的に水着だの、体操着だのは自分で出させます。中学生になってお弁当になってからは、お弁当箱を洗うのは本人の役目に決めました。お弁当箱は洗ってなければ、作ってあげないしお弁当代も上げないから自分のお小遣いで何とかしなさいと言ってあるので、子どもも必死ですから、余程のことがなければ必ず洗ってます。
水着は、小さい頃からスイミングスクールに行っていたせいか、一応自分で出すのは習慣にはなっていました。...続きを読む

Q象は一日中食べてばかりいるらしいのですが、大昔にいた巨大な恐竜は象の比じゃないぐらいに食べまくってた

象は一日中食べてばかりいるらしいのですが、大昔にいた巨大な恐竜は象の比じゃないぐらいに食べまくってたのでしょうか?

Aベストアンサー

>象の比じゃないぐらいに食べまくってたのでしょうか?
 だろうね。
 クジラだって500kg/日の食事をするっていうから。

Q折り紙関係の仕事について

宿題で仕事について調べることになりました。
折り紙が大好きなので折り紙関係の仕事を探しているのですが、全然見つかりません。
折り紙士とか折り紙創作家などは聞いたことがありますが、仕事になるのでしょうか?
折り紙指導の資格などをとれば仕事ができるのでしょうか?
調べるためのヒントをください。お願いします。

Aベストアンサー

折り紙作家として本を出したり、作品を発表したりして活動している人を3人ほど知っていますが、他に技術的な職業でお勤めをしていたり、主婦であるとか、デザインや美術の仕事をいろいろしているうちのひとつの活動が折り紙だったり、そういう感じです。

折り紙の創作や指導だけでは食えないという予測が妥当だと思われます。
私は「折り紙一本で絶対喰うんだ」というような姿勢も折り紙に似合わないような気もするのですが、どうなのでしょうか。
実際見ているとその人達は折り紙でもうけていると言うより、自分でお金や時間を工夫して、好きな折り紙の活動をして息抜きをしているようにも見えます。

折り紙作家の名前で検索をしてみると、その人の個人サイトがわかったり、連絡もつけられると思います。折紙が好きでやっているのでしょうから、まじめな質問などには答えてくれると思いますよ。

http://origami.gr.jp/
こちらのメンバーの方など。

Qなぜ犬は体の小さい方が大きい方より寿命が長い?

犬は体の小さなチワワなどの方が、大きいレトリーバーなどより寿命が長いと聞きました。
動物全体で見てみるとゾウなど大型の動物の方が寿命が長いのに、犬はどうして小さい方が長生きなのでしょうか。

Aベストアンサー

ご指摘の通り哺乳類の異種間では大型の動物の方が寿命が長い傾向にあります。体重と寿命の関係をネズミ-ゾウ曲線と言います。詳しくは「ゾウの時間ネズミの時間」(本川達雄,1995)をご覧ください。

イヌ,ヒト,ウマなどの哺乳類の同種の場合には,反対に体の小さいい動物が寿命が長い傾向があります。これは成長に関与するインスリン/インスリン様増殖因子経路が抗酸化酵素活性の調節を介して寿命を調節していることが,動物に広く存在することが原因のようです。詳しくは下記URLをご覧ください。

○体の大きさと寿命・老化 -老化の本質を垣間見る- 近藤 昊 東京都老人総合研究所・細胞認識部門
http://www.tmig.or.jp/jsbg/yousi5.htm


人気Q&Aランキング