とある本には「でんぷん,たんぱく質,脂肪を三大栄養素という。」と書かれてありました。
しかし、自分は三大栄養素は「たんぱく質,炭水化物,脂肪」だったと記憶しているのですが、もしかして自分の記憶違いだったのでしょうか?
炭水化物は三大栄養素に含まれないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

炭水化物とは食物繊維と糖質の総称で、世間一般で炭水化物と言った場合は糖質を指していると思って良いでしょう。



デンプンはブドウ糖がたくさん結合している糖質(炭水化物)ということです。

糖類は糖質のうち、「単糖類または二糖類で糖アルコール以外のもの」を指すので、多糖類であるデンプンは糖類にはなりません。

炭水化物・糖質 http://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

糖類と糖質は別物なんですね。
名前だけ聞くとどっちも糖だから同じ物を指していると思ってました。
このサイトは図も載ってあって非常に分かりやすかったです。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/30 09:00

その本の書き方が間違ってるんですよ。


三大栄養素は「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」です。
これに「ビタミン」「ミネラル」を加えて五大栄養素といいます。
でんぷんは炭水化物の一部を考えれば良いでしょう。詳しくは他の回答のとおり。
はっきり言ってその本の著者は勉強不足なので、それに書かれていることすべてが疑わしいですね。参考にせず捨ててしまった方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その本は小学校の参考書だから仕方が無いですよ。
NO.1さんの言う事が確かならば「小学校では炭水化物という用語は扱わないから仕方なくデンプンと書いた。」と解釈する事が出来ますから。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/30 17:56

補足です。



>デンプン(多糖)だけだとグルコースなどエネルギーになる単糖が含まれておらず、

これはデンプンがグルコース以外の糖で構成されているという意味ではなく、
デンプンとは高分子状態のグルコースを指すのであって、
単糖状態のグルコースは指さないということです。
結果的には消化されてグルコースになるわけですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グルコースについてよく分からなかったのでネットで調べてみると「ぶどう糖」と書かれてありました。
つまり、デンプンはぶどう糖が集まって出来てはいるが、ぶどう糖そのものをデンプンとは言わないという事ですね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/30 17:48

なお、デンプンは単糖であるブドウ糖(グルコース)がたくさん結合したものですから、消化酵素の働きで消化されるとブドウ糖そのものになります。



したがって、デンプンにはグルコースなどエネルギーになる単糖が含まれていない、ということではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デンプンはブドウ糖が集まって出来ているという事ですね。
再度有難うございました。

お礼日時:2011/04/30 17:33

でんぷんはα-グルコース(単糖)が枝分かれしたり鎖状に長く繋がったりしたものです。


ジャガイモとかはこれを多量に持ってます。

炭水化物は基本的に分子式が CmH2nOn で表され、Cm(H2O)n と表せるものです。
ブドウ糖(グルコース)分子はC6H12O6と表しますよね。
例外ももちろんあります。ホルムアルデヒド(CH2O)などは炭水化物には入りません。
ま、単分子であろうと高分子であろうと糖や糖から派生する分子の総称ですね。
つまりデンプンは炭水化物のなかに含まれます。
また食物繊維の成分であるセルロースはβ-グルコースが連なったものです。
人間の場合、αとβは単分子であればエネルギーとして使えますが、
連なって高分子になった場合、人間はαグルコースで出来た鎖を切る酵素しか持っていません。
なので食物繊維(セルロース)は人間には分解できないのです。
でも構成単位は糖ですので炭水化物です。

三大栄養素の炭水化物はデンプンでも糖でもOKです。
デンプン(多糖)だけだとグルコースなどエネルギーになる単糖が含まれておらず、
炭水化物、糖の中にはエネルギーにならないものも含まれることを
覚えておくといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

炭水化物の分子式はCmH2nOnなんですか。
ついでにでんぷんの分子式も調べてみたら(C6H10O5)nとなっていました。
確かに炭水化物に含まれていますね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/28 21:36

澱粉(デンプン)とは、炭水化物に含まれてる「糖類」を指すので、澱粉と炭水化物は同じ栄養素です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応でんぷんも炭水化物なんですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/28 20:31

「でんぷん,たんぱく質,脂肪を三大栄養素という。

」と書いてある本は小学生向けなんでは?
 小学校では炭水化物という用語使わないです。 
「炭水化物、タンパク質、脂肪」で間違いないです。炭水化物を糖質と書いてある本もありますが、ほぼ同じことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、その本は小学生向けです。
小学校理科の本に書いてあったんですよ。
だけど、まさか小学校で炭水化物という用語を使わないとは・・・

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/28 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭水化物は三大栄養素じゃないの?

とある本には「でんぷん,たんぱく質,脂肪を三大栄養素という。」と書かれてありました。
しかし、自分は三大栄養素は「たんぱく質,炭水化物,脂肪」だったと記憶しているのですが、もしかして自分の記憶違いだったのでしょうか?
炭水化物は三大栄養素に含まれないのでしょうか?

Aベストアンサー

炭水化物とは食物繊維と糖質の総称で、世間一般で炭水化物と言った場合は糖質を指していると思って良いでしょう。

デンプンはブドウ糖がたくさん結合している糖質(炭水化物)ということです。

糖類は糖質のうち、「単糖類または二糖類で糖アルコール以外のもの」を指すので、多糖類であるデンプンは糖類にはなりません。

炭水化物・糖質 http://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ing_carbohydrates.html

Q三大栄養素の消化について

糖質・蛋白質・脂質は、口腔・胃・小腸・で
どのような消化酵素の働きで、どこまで分解されるのでしょうか?
糖質の分解課程はなんとなくわかるのですが、
蛋白質は膵液によって、どこまで分解されて
腸にいくのかわかりません。
(糖質)
口腔では
アミラーゼの作用によって
     ↓
    デンプン
     ↓
    二糖類
膵臓では
膵アミラーゼの作用によって
    炭水化物→二糖類
腸液では
   スクラーゼ・マルターゼ・ラクターゼによって
           ↓
      すべての二糖類を単糖類に
 
このように、蛋白質・脂質も器官によって
分解されるレベルがあると思うのですが・・・

誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

no2です。
>糖質での二糖類分解酵素は→スクラーゼ・マルターゼ・ラクターゼが主であると考えてよいでしょうか?

はい。その通りです。量的にはマルトースが一番多いのでマルターゼが中心ですね。次はスクラーゼです。ラクターゼが一番少ないでしょうね。

たんぱく質は
>胃液では、塩酸の作用でペプシノーゲンをペプシンに
かえてから、大まかに分解されるのでしょうか?

その通りです。説明を省略してしまいました。もし、初めからペプシンの状態で分泌されると胃壁やペプシンをつくっている細胞のたんぱく質が分解されるおそれがあります(自己消化)。これをふせぐために活性をもたないプロ酵素(ペプシノーゲン)の形で分泌され塩酸の影響により活性化されるわけです。ペプシノーゲンは塩酸だけでなくペプシンによっても活性化されます。

>大まかとは、たんぱく質→ポリペプチドぐらいでしょうか?

ポリペプチドからオリゴペプチド程度だと思います。(実験的に確認したわけではないのですみません)

>カルボキシペプチダーゼは膵液ではなくて腸の分類になるのですか?膵液中には含まれていないのでしょうか?

済みません送信してから気づきましたが膵液中ですね。

>膵液では、ペプシンによって大まかに分解とありますが、ポリペプチドと考えてよいでしょうか?

オリゴペプチドくらいでしょうね。オリゴペプチドはアミノ酸が2~10数個結合していますからジペプチドやトリペプチドも当然存在すると思われます。

>脂質は
胆汁で乳化され、膵液の膵リパーゼの作用で
両媒性のグリセロールと脂溶性のモノグリセリドに分解されるのでしょうか?

グリセロール(グリセリン)は実験的には生じると思いますが人体内では発生しにくいと思います。
いわゆる油脂(脂質)は3つの脂肪酸とグリセロールが結合したものですから膵リパーゼの作用で2つの脂肪酸と1つのモノアシルグリセロール(モノグリセリド)を生じます。

脂肪酸は脂溶性ですがモノアシルグリセロールは両親媒性です。いわゆる乳化剤に利用されています。
補足に出てきましたグリセロールですが水酸基が3つある分子ですから水溶性と考えた方がいいと思います。

no2です。
>糖質での二糖類分解酵素は→スクラーゼ・マルターゼ・ラクターゼが主であると考えてよいでしょうか?

はい。その通りです。量的にはマルトースが一番多いのでマルターゼが中心ですね。次はスクラーゼです。ラクターゼが一番少ないでしょうね。

たんぱく質は
>胃液では、塩酸の作用でペプシノーゲンをペプシンに
かえてから、大まかに分解されるのでしょうか?

その通りです。説明を省略してしまいました。もし、初めからペプシンの状態で分泌されると胃壁やペプシンをつくっている細胞の...続きを読む

Qデンプン(澱粉)を固める

子猫やハムスターなどに食べても大丈夫な家を作ろうと思っています。
そこで、デンプンを固めたものを材料にしてみようかと考えています。

多少かじられても、大丈夫なくらいにデンプンを固めたいのですが、
何かいい案、ありませんか?

Aベストアンサー

正直、細工加工する硬さと面積をデンプンで作るのは難しいとおもいます。
私なら戯れに、生春巻きのライスペーパーで試すと思います。
これならプラ板に似た加工ができそうです。

Qたんぱく質、でんぷん、糖質、脂質(トリグロセリド)の消化・吸収・過熱による変化について

どうしてたんぱく質、でんぷんは高分子の状態で貯蔵されているのですか。アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?脂肪酸はグリセリンと結合して貯蔵されているのですか?
また、わざわざ消化吸収後に貯蔵のため再合成した上記の栄養素を使用する際に、消化(加水分解)しなければいけないのですか?
また、たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

どこら辺の分野の参考書を調べればいいのか、というヒントだけでも大歓迎です。できる限り大至急、お力添えをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>アミノ酸やグルコース(低分子)で貯蔵しないのですか?

 アミノ酸やグルコースは水に溶けますよね。
 生体内で貯蔵するのに水に溶ける物質は適しているでしょうか?

>たんぱく質・糖質・脂質(トリグロセリド)を加熱するとどんなメリットがあるのでしょうか?

 質問の意味がわかりません。何のために加熱するのですか?

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

QRNAとたんぱく質

生命の誕生に際して、RNAがたんぱく質より生命の基本物質として有利な点をどんなことでもいいので教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

RNAは熱変性しても温度が下がると元に戻る。
RNAはそれを鋳型としてコピーできる。

逆に蛋白質が有利な点は、
側鎖の形大きさ性質にバリエーションがあるのでさまざまな機能を作れる。
そのままコピーできないので勝手に増殖したりしない。

ぐらいでしょうか

Q米のデンプンですが、炊飯前はβでんぷん、炊飯後はαでんぷん、炊飯後、冷

米のデンプンですが、炊飯前はβでんぷん、炊飯後はαでんぷん、炊飯後、冷却しもとに戻ると「β’デンプン」ととあるテキストになっていました。「 β’デンプン」これはどう読んだらよろしいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

β’(ベータダッシュ)デンプンです。

Q小学校理科でもデンプン,ブドウ糖,タンパク質などと表記すべきだと思いま

小学校理科でもデンプン,ブドウ糖,タンパク質などと表記すべきだと思いますか。

Aベストアンサー

思います。

Q肉の脂の部分は、三大栄養素の脂質と関係はないのですか?

肉は、三大栄養素でタンパク質に分類されています。
けれど、肉には脂の部分があります。
脂ってけっこう高カロリーですが、三大栄養素の脂質と関係はないのですか?

もし関係があるなら、たんぱく質や脂質は炭水化物の役目もすると聞いたことがあるので、これだけとらえると肉だけ食べれば三大栄養素がすべてOKになりそうな気がするのですが。
肉食動物って、そういう感じなのかなと思ったりもしました。
やっぱり違いますか?

Aベストアンサー

>脂ってけっこう高カロリーですが、
 確かに数値的には、タンパク質と糖質が4kcal/1gに対して脂質は9kcal/g・・
>三大栄養素の脂質と関係はないのですか?
 糖質・タンパク質・脂質の名前だけ知っていたって意味ない(^^)。糖質は炭水化物ともいうけど、この場合は消化吸収できる炭水化物、タンパク質はアミノ酸のポリマー、脂質は高級脂肪酸とグリセリンのエステル。・・・とまあ、ここまでは理科で学んだはず。

 脂肪はもちろん、高級脂肪酸とグリセリンのエステルである油脂です。

 植物は光合成でこれを合成し、デンプンやセルロースとして蓄える。そして、動物が消化可能な糖質は、基本単位のグルコース(ブドウ糖)まで分解されてエネルギー源となる。
>たんぱく質や脂質は炭水化物の役目もする
 元々、人類の遠い祖先が原始的なサルであったころは、炭水化物はほとんど摂取する機会はなかった。せいぜい果物とかです。だから、糖質をとらなくても、脂質や飢餓ならタンパク質もエネルギー源、すなわちグルコースとして利用できる。
 ですので、糖質は本質的にはなくてもよい。

★糖質は最終的には、グルコースに分解されてエネルギーとして使われる。
 余ると、一部は蓄えられるが、基本的には優先して使われる。
 よい例がアルコール、これは栄養素でも何でもない毒なので体は、何よりも優先してアルコールを消費する。そのために、エネルギーとして使われるはずの糖質、脂質が消費されないために太る。

★脂質やタンパク質は、それぞれ脂肪酸やアミノ酸に分解されて利用されるが、必須脂肪酸、必須アミノ酸のように、食餌からでないと摂取できないものがある。

>これだけとらえると肉だけ食べれば三大栄養素がすべてOKになりそうな気がするのですが。
 基本的にはそうですが、肉食動物と異なるのは、人類が肉食になって大きく寿命を延ばしましたが、それ以前に草食の時代があったということ。そのために、肉食動物なら体内で合成できる多くの栄養素が自身では合成できなくなってしまっている。代表的なものはビタミンCですが、胃や猫は体内でビタミンCを合成できますが、ヒトは体内合成できないので、果物や野菜を食べなければならない。
 糖質はとらなくてもよいですが、それ以外のもは肉以外も取らなければならない。

>脂ってけっこう高カロリーですが、
 確かに数値的には、タンパク質と糖質が4kcal/1gに対して脂質は9kcal/g・・
>三大栄養素の脂質と関係はないのですか?
 糖質・タンパク質・脂質の名前だけ知っていたって意味ない(^^)。糖質は炭水化物ともいうけど、この場合は消化吸収できる炭水化物、タンパク質はアミノ酸のポリマー、脂質は高級脂肪酸とグリセリンのエステル。・・・とまあ、ここまでは理科で学んだはず。

 脂肪はもちろん、高級脂肪酸とグリセリンのエステルである油脂です。

 植物は光合成でこれ...続きを読む

Qたんぱく質のアミノ酸配列

どなたかたんぱく質のアミノ酸配列を検索できるサイトか配列が載っている参考書があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

↓のサイトは国立遺伝学研究所のデータベースDDBJのデータ検索ページです。
ここから世界各国のデータベース(SWISSPROT, PIR, PDBなど)につながっていて、世界のどこかで登録された配列データは、すべてここで検索できるようになっています。
DNAの塩基配列でもタンパク質のアミノ酸配列でも検索できます。
タンパク質の場合は、上の方の
Search (A) for (B)
の(A)をProteinにして、(B)のところに検索するタンパク質の種類を英語で(例えばアミラーゼならばamylase)と入れて、Goをクリックすれば、すぐにデータが出てきます。
アミノ酸配列データは一番下の方に、1文字コードで出てきます。

参考URL:http://www.ddbj.nig.ac.jp/cgi-bin/namazu.cgi?query=amylase&lang=ja&max=20&result=normal&sort=score


人気Q&Aランキング