be used to doing~ の由来も教えてください。「使う」から発展したものなのでしょうか?
used to do~ はどうなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

use はラテン語の uti という動詞から来ています。

この動詞は「使う」の他「慣れいてる」という意味もあり、その名詞形である usus がフランス語を経て英語に入ってきました。過去分詞も usus で、結局、uti の系列は途絶え、usus が英語やその他に引き継がれ、動詞や名詞となりました。今ではあまり使いませんが名詞の use には「習慣・慣れ」という意味もあります。

Use makes perfect. 習うより慣れよ(慣れが完璧をなす)
Use is a second nature. 習慣は第二の天性

動詞の use にも今は使われない意味として「習慣的に行う」と「慣らす」があります。

use to do 「習慣的に…する」

use XX to YY 「XXをYYに慣れさせる」

前者の過去形が used to do 「よく(習慣的に)…した」、後者の受け身形が be used to 「…に慣らされている→(繰り返しや練習によって)自身を慣れさせた→慣れている」で、この形だけが生き残ったものです。決まった形しか使わないため ed のところが t に同化して無声音にあり、その前の s も無声化し [ju:st] のようになりました。


以上のように use に「使用」と「習慣」という意味があったため、一見無関係に見える表現が生まれたわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/16 12:27

http://www.etymonline.com/index.php?search=use&s …を参照。
「used
"second-hand," 1590s, pp. adj. from use (v.). To be used to “accustomed, familiar” is recorded by 1520s. Verbal phrase used to "formerly did or was" (as in I used to love her) represents a construction attested from c.1300, and common from c.1400, but now surviving only in past tense form. The pronunciation is affected by the t- of to.


参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/16 12:27

be used to 名詞(doing)は use の過去分詞から


used to 原形の方は use の過去形から
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Qto be or not to beの訳  do? should be? will be?

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意味なのでしょうか。
それとも今の状態から脱出すべきか否かという意味でしょうか。
それとも存在し続けていいものか否かという意味でしょうか。
to be と not to be でハムレットが決行したのは今のまま(to be)でダメだからnot to beの道を選んで悲劇になってしまったという解釈でいいのですか?それとも正反対でしょうか。。

ハムレットの主題やこれまでの経緯を踏まえて、説明調の文体でいいので、わかりやすい訳を思いついたら教えてください。

検索かけたら出てきたのですが、いま一つわからない部分があったので質問させてください。

ハムレットが決断する場面のせりふだったと思いますが、生きるべきか死ぬべきか っていう意味がわかりません。

live on or dieという意味だったらto die oe not to dieでto do or not to doだと思うのですが。
また殺し(でしたっけ)を決行するのかしないのか、でもto do になると思います。
それとも今の状態であるべきか否かというshould beなのでしょうか。
それとも未来にこうあらなければならないという意...続きを読む

Aベストアンサー

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと訳すことが出来ます。誰が訳してもこれ以外に訳はありません。

端的にいえばbeとは人や物が存在(生きて)していることを表すと考えていいでしょう。

訳例
*ながらふべきか但し又 ながらふべきに非るか 爰が思案のしどころぞ。  矢田部良吉訳

*世に在る、世に在らぬ、それが疑問じゃ。坪内逍遥

*生か、死か、それが疑問だ。 福田恒存

*このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。 小田島雄志訳

ハムレットのこの独白は演劇用のセリフを500年前の英語で書かれているので、現代人が解釈するのは困難ですが、明治時代から多くの人が挑戦し、名訳、定訳といわれるものがあります。そのひとつが「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」です。

英語の基本動詞BEにはexist, live, occupy a place,continue などたくさんの意味があります。日本語には欧米語と違ってBeと同じ意味で一語の動詞がないため、用途に応じて適切な訳語を決める必要があります。スペイン語ならBe=Serなので簡単にSer o no serと...続きを読む

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

QDo I have to~、Do we have to~の違いとは・・

もうすぐ留学するので英語の勉強を頑張っているのですが、Do I have to~と
Do we have to~の違いにつまずきまして・・。
「we」の場合は、ルールとか規則を聞く時と書いてあって、なんとなくわかる
のですがいまいち・・。それは「I」の場合では聞けないのかとか、意味的には
聞けるんじゃないかとか。
頭ん中には少し?があります。
なにかはっきりした違いなどあるなら教えてください!

Aベストアンサー

たしかに,状況次第で同じような意味になることも多いかと思いますが,I と we のちがいは,しっかりと意識しておかないと,質問する場合も答える場合も,誤解が生じたり,意味があいまいになったりする恐れがあります。

具体的には,生徒が Do I have to stay here?「ここに残らなくてはいけませんか」と聞いても,先生は,残る必要がある生徒には Yes と答えるし,その必要がない生徒には No と答えるでしょう。もし,Do we have to stay here? と聞くと「私たちは(全員あるいは,特定のグループなど)ここに残らなくてはいけませんか」と聞くことになり,最初の質問とは違った内容になります。

とにかく I というのは「話者=自分」,we というのは「話者を含む複数=自分を含むのはもちろんだが,相手を含む場合と含まない場合がある」ことを意識すべきです。また,we は,自分と相手を指す場合,自分を含む特定のグループを指す場合,日本人全体を指す場合,人類全体を指す場合など,状況によってずいぶん違ってきます。

こう書くと,ややこしそうに見えますが,日本語で「私」「私たち」という場合にも同じことが考えられますよね。だから,Do I have to と Do we have to が同じような意味になる場合があるのは確かですが,それもまた日本語と同じです。そういう意味では,そんなに難しい違いではありません。

たしかに,状況次第で同じような意味になることも多いかと思いますが,I と we のちがいは,しっかりと意識しておかないと,質問する場合も答える場合も,誤解が生じたり,意味があいまいになったりする恐れがあります。

具体的には,生徒が Do I have to stay here?「ここに残らなくてはいけませんか」と聞いても,先生は,残る必要がある生徒には Yes と答えるし,その必要がない生徒には No と答えるでしょう。もし,Do we have to stay here? と聞くと「私たちは(全員あるいは,特定のグループなど)ここ...続きを読む

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

Q“going to be doing” と “going to do” の相違

NHK英語講座、しごとの基礎英語 ケース322に次のフレーズがありました。

--------------------------------------
May; Aki, what exactly are these exectives going to be doing here?

メイ; アキ、重役の視察って、ここで一体どんなことをやるの?
-------------------------------------- 
(以上テキストから)

 上記の文章は、後日、自社のアメリカにいる重役が日本のアキのいる職場に仕事ぶりや
 開発商品の視察にやってくる、という状況での会話です。
 ここで、 “going to be doing” ですが、“going to do” とする場合とどのように違う
 のでしょうか? 単に “going to do” で良く、訳文も “going to do” に対応する訳文に
 なっていると思えるのですがいかがでしょうか。
 どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>どのように違うのでしょうか?

be going to~ 意志・予定は2つに共通です。

>what are S going to be doing

進行形は「目の前で、確かにリアルに」進行する語感があります。
メイは、後日のことを今目前で進行するかのごとく感じているということです。
下は未来の予定を訊ねているだけであるのに対して、上は身近に引き寄せての表現です。
この差を訳出するのは難しいです。

>what are S going to do

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Qbe reluctant to do~ について。

be reluctant to do~ について。

He was reluctant to give up smoking.

といった場合、「彼は禁煙するのを嫌がった(禁煙しなかった)」になるのか「彼は嫌々ながらも禁煙した」となるのか?これは文脈判断なのでしょうか?それとも後者の意味になるのは、その後に「結局禁煙することになった」という文脈が続く場合ということでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

ジーニアス英和辞典の unwilling の項に
She was unwilling to give any information.「彼女は情報を提供するのをしぶった」とあり,
提供しなかったことを含む。She was reluctant to だと,「しぶしぶながら提供した」ことを含意する」
とあります。

すぐに日本の辞書はあてにならないとか間違いだらけという人がいます。
確かに100%正しいわけではありませんが,単に自分の考えと違うだけでそうだと決めつけるのはいかがでしょうか。
辞書の編集にはネイティブの校正,チェックが加わり,インフォーマントと言われる人々の意見が反映されています。

我々のような一般人とは比べ物にならないくらいの知恵の結晶であり,それを何の根拠もなく否定するような方がいらっしゃればそれなりの根拠を示していただきたいものです。
何の根拠もなく否定することは,辞書にかかわる編者,出版社の方の名誉を棄損するもので,それなりの覚悟が必要だということをご理解いただきたいと思います。

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Q"Do as you would be done by/to." の by と to

「己の欲せざるところ人に施す勿れ(論語)」にあたる英語には次のようなものがあるとされています。
1.Do unto others as you would have them do unto you.
2.Do as you would be done by.
3.Do as you would be done to.

文法的にこの1は理解できるのですが、2のbyと3のtoがこの文のなかでどのような役割をしているのかがわかりません。用いなくてもいいのではないのかな(?)とも思えます。
nativeにも伺ってみました。byやtoは必要だというのですが、それはなぜかと尋ねると、私の英語力の問題もあって要領を得ません。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、面白いご質問ですね。

>2. Do as you would be done by.
>3. Do as you would be done to.

byやtoが無いと,受身の文として意味が完成しないからと言うのはどうでしょうか?
日本語で考えると、「己の欲せざるところ人に施す勿れ(論語)」は、「自分が他人にやって欲しいと思うように他人にしなさい」であり、
as you would be done by/to は、「自分が他人にやって欲しいと思うように」の意味です。ところが、
as you would be done だけですと、「自分がされるように」とか、「自分がやられるように」とかの意味だけであり、「他人に」の部分が抜けてしまうのではないでしょうか?

ただ、by や to が「他人に」の意味を表しているかと言えば、正確にはそうではなく、一種の省略表現で、次のようなニュアンスだと思います。

>2. Do as you would be done by.
単純に by someoneの省略と言うよりも、by the way/priciple/behavior のように、物事のやり方とか、物事の考え方のような意味が略されているように感じます。

>3. Do as you would be done to.
このtoも、to the rule/principleのように、何かの原則に沿ってのようなニュアンスがあるのではないでしょうか?

こんにちは、面白いご質問ですね。

>2. Do as you would be done by.
>3. Do as you would be done to.

byやtoが無いと,受身の文として意味が完成しないからと言うのはどうでしょうか?
日本語で考えると、「己の欲せざるところ人に施す勿れ(論語)」は、「自分が他人にやって欲しいと思うように他人にしなさい」であり、
as you would be done by/to は、「自分が他人にやって欲しいと思うように」の意味です。ところが、
as you would be done だけですと、「自分がされるように」とか、「自分が...続きを読む


人気Q&Aランキング